Justification by Faith他力本願

General Information 総合案内

In Christianity, salvation is variously conceived.キリスト教では、救いは、いろいろ考えています。 One prominent conception emphasizes justification-- the process through which the individual, alienated from God by sin, is reconciled to God and reckoned just or righteous through faith in Christ. 1つの正当性を強調する著名な概念-これは、個々のプロセスを通して、神から疎外された罪は、神と和解しては無視や正義だけで、キリストを通して信仰です。

Second only to belief in the Bible as a mark of Protestantism is the conviction that humans are not saved by their merits or good works, as the 16th-century reformers heard Catholics claiming, but only "by grace, through faith." According to Protestants, God took the initiative in saving the world from sin through his activity in Jesus Christ, and even the faith that led people to believe in this activity was a gift, not an achievement. Nonetheless, however consistent Protestant teaching on this subject may be, Protestant cultures have often produced earnest strivers after God--sober and hard-working people who try to prove that they are God's elect (Predestination) and preachers or other leaders who seem as legalistic in their approach to church life as the 16th-century Catholics were. 2番目は、聖書のみを信仰の印としてプロテスタントは、人間ではないと確信して保存されて自分の長所や良い作品は、 16世紀の改革派としてのカトリック信者を聞いたと主張し、只々 "の恵みによって、信仰を介しています。 "によると、プロテスタントは、神が世界で主導権を保存してからの彼の活動はイエスキリストを通して罪、そして人々でさえ、信仰を主導していたと思われるが、この活動の贈り物は、業績ではありません。にもかかわらず、この問題について教えるしかしプロテスタント一貫かもしれないが、プロテスタントstrivers後に本格的な文化が作らしばしば神-ハードに働いている人やまじめなことを証明してみてください彼らは、神の選出(宿命)と説教師や他の指導者としての律法を彼らのようなアプローチを1 6世紀の教会で、カトリック教徒としての生活れた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Additional Note from BELIEVE's Editor注記からのエディタを信じる

Among the large amount of e-mail that BELIEVE receives is a significant amount from non-Protestants who cannot understand how or why someone might get into Heaven without having done a long list of Good Works.のうち、大量の電子メールを受信することを信じる以外からは、かなりの量の人のプロテスタントまたはなぜどのように理解させることはできないかもしれない天国に入ることなく行わ長いリストが良い作品です。 A brief overview is that Protestants recognize that the Original Sin of Adam and Eve caused every one of their descendants (us) to be irresistably sin-filled.プロテスタントの概要を説明していることを認めるのは、原罪のアダムとイブごとに1つの原因とその子孫(私たち)にたまらなく罪で満たされた。 Zwingli and Luther and all of the following Protestant leaders have seen this situation as being totally "hopeless" for mankind, that absolutely nothing that any human could ever say or do could possibly overcome Original Sin.ルターツウィングリとプロテスタントとは、以下のすべての指導者としてこのような状況が見られる完全に"絶望"人類にとっては、絶対に何もないことまで言ったりして任意の人間の可能性を克服することとなる可能性が原罪。

Since Adam and Eve had broken a Covenant with God, some resolution would therefore be necessary in order to allow ANY humans to avoid Hell.アダムとイブが壊れて以来、神の約束して、そのためにはいくつかの解決を可能にするために必要なすべての人間を避けるために地獄です。 Therefore, to resolve that broken Covenant, God Sacrificed His Son, Jesus.したがって、壊れて誓約を解決することは、神の犠牲になる息子、イエスです。 Jesus' Death therefore Atoned for each person's (previous) sins as of the moment they are Saved.イエスの死atonedしたがって一人一人のために(前の)罪として彼らは、その瞬間に保存されます。 Through absolutely no merit of their own, people are Saved completely and solely by God's Grace.全くないには、独自のメリットを通じて、人々が完全に保存するだけで、神の恵みです。 In order to request this Grace, a person must ONLY express Faith in Jesus as Savior.グレースためには、このリクエストは、人間としてのイエスへの信仰を表明する必要があります救い主のみです。

Non-Protestants (and a lot of Protestants, too) see this as resulting in an over-population of Heaven, by a lot of people who probably don't really belong there.非プロテスタント(プロテスタントとなり、多くのは、あまりにも)を参照して、この結果は、以上のように、天の人口は、多くの人々によって、おそらくそこに属していない本当に。 After all, if a mass-murderer would end a killing spree with a statement "I believe and accept Jesus as Savior", it's hard to imagine how or why that person would belong in Heaven!結局のところ、大量殺人犯の場合は、殺人事件との声明を終わらせる"と信じ、救い主としてイエスキリストを受け入れる"とは、どのようにそれを想像するのは難しいかなぜあの人は、天国に属して!

But Protestants see the alternative, of each individual doing many Good Works, essentially trying to "score points", as being a non-Scriptural method of getting to Heaven.しかし、プロテスタントの代替を参照して、多くの優れた作品に、個々のことは、本質的にしようとして"スコアポイント"は、聖書以外の方法として取得を天に向かっている。 Such a situation seems to imply that an absolutely sin-filled person could somehow "overcome" Original Sin and come to merit being in Heaven on his/her own.このような状況を意味するようにして、絶対に罪で満たされた人が、何らかの理由で"克服"原罪と天国にして来ているメリット彼/彼女自身だ。 Protestants have real problems with the consequences of such a possibility!プロテスタントが、本当の問題が、このような結果をもたらす可能性! Therefore, the concept of Justification by Faith arose and is now central to Protestant beliefs.したがって、他力本願という概念が生じたとは現在、中央にプロテスタントの信念だ。 Technically, the correct name should be "Justification BY God's Grace, as a response to a person's Faith".テクニカル的には、正しい名前をしなければならない"と正当化された神の恵み、人の反応として信仰" 。 This view eliminates any good or bad a person might do from affecting God's Grace.このビューを排除する良いか悪いか、どんな人に影響を与えるかもしれないことから、神の恵みです。

Critics fairly point out Scriptures such as Rev.聖書を指摘するなど、かなり批判的な牧師 22:12 and Matt. 22時12分マットです。 25:41 seem to suggest that, once in Heaven (or Purgatory), people are then judged by God and then possibly sent to Hell. 25:41ように示唆して、一度、天国(あるいは煉獄)は、当時の人々は神に判断される可能性が、それから地獄に送られる。 Those Verses (and others) seem to support the Catholic position of REQUIRING Good Works in order to first be Saved.これらの印(その他)のように、カトリックの立場を支持するために必要な優れた作品を最初に保存されます。 (Protestants read from James that Good Works ARE A RESULT OF a Saved person learning to become more Christ-like. (プロテスタント良い作品を読むことからジェームズは、学習の結果を保存する人より、キリストのようになっています。


Justifica'tion justifica'tion

General Information 総合案内

Justification is a forensic term, opposed to condemnation.任期は、法医学的正当化は、非難を反対しています。 As regards its nature, it is the judicial act of God, by which He pardons all the sins of those who believe in Christ, and accounts, accepts, and treats them as righteous in the eye of the law, i.e., as conformed to all its demands.その性質に関しては、それは神の行為の司法制度は、 すべての罪を赦免される彼のキリストを信じる人々 、およびアカウントでは、受け入れたら、正義とは、目として扱われることは、法の趣旨、すなわちすべてのように適合してその要求します。 In addition to the pardon (q.v.) of sin, justification declares that all the claims of the law are satisfied in respect of the justified.加えて、罪の赦免( qv )は、すべての主張の正当性を宣言してこの法律の正当性を尊重するには満足しています。 It is the act of a judge and not of a sovereign. The law is not relaxed or set aside, but is declared to be fulfilled in the strictest sense; and so the person justified is declared to be entitled to all the advantages and rewards arising from perfect obedience to the law (Rom. 5:1-10).それは、裁判官の行為ではなく、国家主権のです。 この法律ではないリラックスしたり空けておくが、宣言しては、厳しい感覚が果たされる;ので、人とは、正当な権利を宣言して発生するすべての利点と特典より完璧な法律に従って ( rom. 5:1-10 ) 。 It proceeds on the imputing or crediting to the believer by God himself of the perfect righteousness, active and passive, of his Representative and Surety, Jesus Christ (Rom. 10:3-9).それは、収入やクレジットimputing自分自身を信じる人によっては、完璧な神の正義は、パッシブ、アクティブとは、彼の代表者や保証人は、イエスキリスト( rom. 10:3-9 ) 。

Justification is not the forgiveness of a man without righteousness, but a declaration that he possesses a righteousness which perfectly and for ever satisfies the law, namely, Christ's righteousness (2 Cor. 5:21; Rom. 4:6-8). The sole condition on which this righteousness is imputed or credited to the believer is faith in or on the Lord Jesus Christ. 正当ではない容赦なしに一人の男の正義ではなく、正義を宣言して彼が保有するまで完璧に満たすために、法とは、すなわち、キリストの義 ( 2うわっ。 5時21分; ROMのです。 4:6-8 ) 。単独では、この条件は、正義の信奉者に帰属またはクレジットされている、または信仰は、主イエスキリストです。 Faith is called a "condition," not because it possesses any merit, but only because it is the instrument, the only instrument by which the soul appropriates or apprehends Christ and his righteousness (Rom. 1:17; 3:25, 26; 4:20, 22; Phil. 3: 8-11; Gal. 2:16). The act of faith which thus secures our justification secures also at the same time our sanctification (q.v.); and thus the doctrine of justification by faith does not lead to licentiousness (Rom. 6:2-7). Good works, while not the ground, are the certain consequence of justification (6:14; 7:6). と呼ばれる信仰は、 "条件は、 "何の利点も保有していないので、それはその楽器のためだけに、これだけの楽器で、キリストと彼の魂appropriatesまたはapprehends義 ( rom. 1時17分、 3時25分、 26 ; 4時20分、 22 ;フィル。 3 : 8-11 ;ギャル。 2時16分) 。 このように固定し、我々の信念に基づく行為を正当化固定もそれと同時に私たちの神聖 ( qv ) ;こうして他力本願の教義鉛にはない放逸( rom. 6:2-7 ) 。 優れた作品は、地面の中には、正当な理由が、特定の結果 ( 6時14分、 7時06分) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Justification正当化

Advanced Information 高度情報

The basic fact of biblical religion is that God pardons and accepts believing sinners (see Pss. 32:1 - 5; 130; Luke 7:47ff.; 18:9 - 14; Acts 10:43; 1 John 1:7 - 2:2). Paul's doctrine of justification by faith is an analytical exposition of this fact in its full theological connections. As stated by Paul (most fully in Romans and Galatians, though see also 2 Cor. 5:14ff.; Eph. 2:1ff.; Phil. 3:4ff.), the doctrine of justification determines the whole character of Christianity as a religion of grace and faith. It defines the saving significance of Christ's life and death by relating both to God's law (Rom. 3:24ff.; 5:16ff.).聖書の宗教の基本的な事実を受け入れるのは、神を信じると罪人赦免( pssを参照してください。 32:1 -5 ; 1 30;ルークF Fの午前7時4 7分です。 ;午前1 8時0 9- 14 ;行為10 :43;1ジョン1時0 7分- 2 : 2 ) 。 ポール他力本願の教義の分析は、このような事実は、完全に万博の神学的接続を確立します。に記載されたポール(ローマ人への手紙やガラテヤ人への手紙で最も完全では、 2うわっ!かかわらずも参照してください。 FFの午前5時14分です。 ; eph 。 2 : 1ff 。 ;フィル。 FFの3時04分です。 )は、全体の学説の正当性を決定するキャラクターとして、キリスト教の宗教と信仰の恵みを受けています。 定義して保存することの意義をキリストの生と死の両方に関連して、神の律法 ( rom. 3 : 24ff 。 ; FFの午前5時16分です。 ) 。

It displays God's justice in condemning and punishing sin, his mercy in pardoning and accepting sinners, and his wisdom in exercising both attributes harmoniously together through Christ (Rom. 3:23ff.).神の正義が表示されます罪で処罰を非難し、彼のなすがままに受け入れることが罪人赦免とは、彼の知恵と共同で調和の行使を通じて、キリストの両方の属性( FFのrom. 3時23分です。 ) 。 It makes clear what faith is, belief in Christ's atoning death and justifying resurrection (Rom. 4:23ff.; 10:8ff.), and trust in him alone for righteousness (Phil. 3:8 - 9).信仰は、どのようなことを明確にすることは、キリストを信じることの正当性atoning死と復活( rom. FFの午前4時23分。 ; FFの10時08分です。 )は、彼一人のために正義と信頼( phil. 3時08分-9 ) 。 It makes clear what Christian morality is law - keeping out of gratitude to the Savior whose gift of righteousness made law - keeping needless for acceptance (Rom. 7:1 - 6; 12:1 - 2).どのようなことを明確にすることは、キリスト教道徳の法則-を維持するの救い主の贈り物に感謝の念を前に、正義の法則-を維持するために不必要な受入れ(r o m.7時0 1分- 6 ;午前1 2時01分-2 ) 。 It explains all hints, prophecies, and instances of salvation in the OT (Rom. 1:17; 3:21; 4:1ff.).すべてのヒントを説明し、予言し、救世のインスタンスは、 ot ( rom. 1時17分、 3時21分; FFの午前4時01分です。 ) 。 It overthrows Jewish exclusivism (Gal. 2:15ff.) and provides the basis on which Christianity becomes a religion for the world (Rom. 1:16; 3:29 - 30).それoverthrowsユダヤ教の排他主義( gal. FFの2時15分です。 )とキリスト教を提供して基礎資料となるため、世界の宗教( rom. 1時16分、 3時29 -3 0) 。 It is the heart of the gospel.それは、福音の中心です。 Luther justly termed it articulus stantis vel cadentis ecclesiae; a church that lapses from it can scarcely be called Christian.ルーサー公正呼ばれることarticulus stantis vel cadentis ecclesiaの複数;教会の有効期限が切れたことからキリスト教と呼ばれることがほとんどです。

The Meaning of Justificationの意味を正当化

The biblical meaning of "justify" (Hebrew, sadeq; Greek, LXX and NT, dikaioo) is to pronounce, accept, and treat as just, i.e., as, on the one hand, not penally liable, and, on the other, entitled to all the privileges due to those who have kept the law.聖書の意味"を正当化する" (ヘブライ語、 sadeq ;ギリシャは、 70とNT 、 dikaioo )は、発音、受け入れる、と治療としてだけでは、すなわち、として、片手ではなく、刑法上責任を問われると、他の上、権利を有するすべての権限を持っている人は保管のために定められています。 It is thus a forensic term, denoting a judicial act of administering the law in this case, by declaring a verdict of acquittal, and so excluding all possibility of condemnation.このようにすることが法医学の任期は、司法の行為のしるしを投与し、同法この場合、無罪の評決を宣言を行うことにより、すべての可能性といったような非難を除く。 Justification thus settles the legal status of the person justified.こうして正当化の法的地位のある人が和解正当化した。 (See Deut. 25:1; Prov. 17:15; Rom. 8:33 - 34. In Isa. 43:9, 26, "be justified" means "get the verdict.") The justifying action of the Creator, who is the royal Judge of this world, has both a sentential and an executive, or declarative, aspect: God justifies, first, by reaching his verdict and then by sovereign action makes his verdict known and secures to the person justified the rights which are now his due. ( deutを参照してください。 25:1 ;地方17:15 ; ROMのです。 8時33 -3 4。でのI SA。 4 3:9、 2 6日、 "正当化される"という意味"との評決を取得します。 " )の行動を正当化のクリエーター、この判事は、王室の人の世界では、両方の命題とは、役員、または宣言は、アスペクト:神の正当化は、第一に、彼の評決に至るとされる主権それから彼の行動を知られるとの評決を固定している人の権利を正当化今や彼のためだ。 What is envisaged in Isa.のISA何が想定されます。 45:25 and 50:8, for instance, is specifically a series of events which will publicly vindicate those whom God holds to be in the right. 45:25 、 50:8 、例えば、一連のイベントは、具体的には、それらの神を公然と正当性を立証する権利を保持されています。

The word is also used in a transferred sense for ascriptions of righteousness in nonforensic contexts.その言葉の意味でも使用されて転送さascriptionsの正義のためにnonforensicコンテキストです。 Thus, men are said to justify God when they confess him just (Luke 7:29; Rom. 3:4 = Ps. 51:4), and themselves when they claim to be just (Job 32:2; Luke 10:29; 16:15).このように、神を正当によると、男性は彼に告白するときにだけ(ルーク7 : 29 ; ROMのです。 3時04分=しまう。 51:4 ) 、そして自分だけだと主張するときに(仕事32:2 ;ルカ10:29 ; 16:15 ) 。 The passive can be used generally of being vindicated by events against suspicion, criticism, and mistrust (Matt. 11:19; Luke 7:35; I Tim. 3:16).受動的に使用できるのvindicatedされている通常のイベントに対して疑い、批判し、不信感( matt. 11:19 ;ルーク7 : 35 ;私のティムです。 3時16分) 。

In James 2:21, 24 - 25 its reference is to the proof of a man's acceptance with God that is given when his actions show that he has the kind of living, working faith to which God imputes righteousness.ジェームズ2時21分で、 24 -2 5、リファレンスは、一人の男の証明書を受諾して、神が与えられたときに、彼の行動で示すことは、彼にはそのような生活は、神を信仰i mputes正義働いている。 James's statement that Christians, like Abraham, are justified by works (vs. 24) is thus not contrary to Paul's insistence that Christians, like Abraham, are justified by faith (Rom. 3:28; 4:1 - 5), but is complementary to it.ジェームズの発言は、キリスト教徒は、アブラハムのように、作品には正当化される(対24 )は、このように反していないと主張しパウロのキリスト教徒は、アブラハムのように、信仰は正当化される( rom. 3時28分、 4時01分-5 )が、補完しています。 James himself quotes Gen. 15:6 for exactly the same purpose as Paul does to show that it was faith which secured Abraham's acceptance as righteous (vs. 23; cf. Rom. 4:3ff.; Gal. 3:6ff.).自分自身を正確に引用符を15時06分ジェームス大将ポールと同じ目的ではということを示すことがアブラハムの信仰を担保として受け入れることを畏れる(対23 ; cf 。 ROMのです。 4:3 FFのです。 ;ギャル。 FFの3時06分です。 ) 。 The justification which concerns James is not the believer's original acceptance by God, but the subsequent vindication of his profession of faith by his life.ジェームズの正当性を懸念信者ではないのオリジナルの受諾によって、神は、彼の弁護しかし、その後の彼の人生な信仰告白した。 It is in terminology, not thought, that James differs from Paul.それは、専門用語ではなく、思想、違うことジェームズポールです。

There is no lexical ground for the view of Chrysostom, Augustine, and the medieval and Roman theologians that "justify" means, or connotes as part of its meaning, "make righteous" (by subjective spiritual renewal).グラウンドがないため、ビューの語彙クリュソストモス、アウグスティヌスは、ローマや中世の神学者とは、 "正当化"の手段、またはconnotesの一環としての意味は、 "作る正義" (主観的精神的な刷新された) 。 The Tridentine definition of justification as "not only the remission of sins, but also the sanctification and renewal of the inward man" (Sess. VI, ch. vii) is erroneous. tridentineの定義としての正当性"だけでなく、罪の赦し、清浄化や再生だけでなく、その内側に男" ( sess. viのは、チャンネルです。 7世)は、誤りです。

Paul's Doctrine of Justificationポールの教義の正当性

The background of Paul's doctrine was the Jewish conviction, universal in his time, that a day of judgment was coming, in which God would condemn and punish all who had broken his laws.ポールの背景には、ユダヤ教の教義信念を持って、自分の時間を普遍的には、審判の日が来ることを、神には、すべての人を非難し処罰する法律が壊れています。 That day would terminate the present world order and usher in a golden age for those whom God judged worthy.その日が終了すると、現在の世界秩序の黄金時代の到来を告げるために、これらの神に値すると判断した。 This conviction, derived from prophetic expectations of "the day of the Lord" (Amos 5:19ff.; Isa. 2:10 - 22; 13:6 - 11; Jer. 46:10; Obad. 15; Zeph. 1:14 - 2:3, etc.) and developed during the intertestamental period under the influence of apocalyptic, had been emphatically confirmed by Christ (Matt. 11:22ff.; 12:36 - 37; etc.).この信念を持って、予言の期待から派生した"とし、主の日" (アモスFFの午前5時19分です。 ;のISAです。 2時10 -2 2;午前1 3時0 6- 11 ;j e r。4 6 :10;o b ad。1 5 ;z e ph。1 : 14 -2時0 3分など)との間で開発旧約新約間の時代の影響下にある終末論は、キリストによって確定される強調していた( F Fのm att.1 1:22。 ; 1 2:36- 37 ;等) 。 Paul affirmed that Christ himself was the appointed representative through whom God would "judge the world in righteousness" in "the day of wrath and revelation of the righteous judgment of God" (Acts 17:31; Rom. 2:16).ポール自身断言し、キリストを通して神の代表に任命されたのは、 "世界の正義を判断する"とし"この日の怒りと神の啓示は、正しい判断力" ( 17時31分行為; ROMのです。 2時16分) 。 This, indeed, had been Christ's own claim (John 5:27ff.)このため、実際には、キリストが自らの主張( FFのジョン5時27分です。 )

Paul sets out his doctrine of the judgment day in Rom.ポールセット日間のうちに彼の学説は、 ROMの判断だ。 2:5 - 16. 2時05 -1 6。 The principle of judgment will be exact retribution ("to every man according to his works," vs. 6).正確な判断をされるという原則報復( "をすべての人によると、彼の作品は、 "対6 ) 。 The standard will be God's law.神の律法は、標準される。 The evidence will be "the secrets of men" (vs. 16); the Judge is a searcher of hearts.その証拠に"男たちの秘密" (対16 ) ;裁判官は、人の心を究める。 Being himself just, he cannot be expected to justify any but the righteous, those who have kept his law (Rom. 2:12 - 13; cf. Exod. 23:7; 1 Kings 8:32).自分自身だけで、彼はすべてを正当化することはできませんが、正義の予想は、自分の持っている人は保管法( rom. 2時12 -1 3; c f。 e xod。 2 3: 0 7; 1キングス8時3 2分) 。 But the class of righteous men has no members.しかし、クラスの男性には会員が正しい。 None is righteous; all have sinned (Rom. 3:9ff.).なしは正しい;すべては罪を犯しました( rom. FFの3時09分です。 ) 。 The prospect, therefore, is one of universal condemnation, for Jew as well as Gentile; for the Jew who breaks the law is no more acceptable to God than anyone else (Rom. 2:17 - 27).その埋蔵量は、したがって、 1つの普遍的な非難は、ユダヤ人のためだけでなく、ジェンティーレ;休憩のための法律ではないユダヤ人より多くの人に受け入れ可能なほかの誰よりも神( rom. 2時17 -2 7) 。 All men, it seems, are under God's wrath (Rom. 1:18) and doomed.すべての男性には、それは、神の怒りの下には( rom. 1時18分)とおしまいだ。

Against this black background, comprehensively expounded in Rom.この黒の背景に対して、包括ROMを詳しく説明しています。 1:18 - 3:20, Paul proclaims the present justification of sinners by grace through faith in Jesus Christ, apart from all works and despite all demerit (Rom. 3:21ff.). 1時18分-3 :20、ポールp roclaims罪人では、現在の正当性を信じているイエスキリストの恵みは、すべての作品とは別にデメリットにもかかわらず、すべての( r om.F Fの3時2 1分です。 ) 。 This justification, though individually located at the point of time at which a man believes (Rom. 4:2; 5:1), is an eschatological once - for - all divine act, the final judgment brought into the present.この正当性が、個別に位置する時間はどの時点では考えて一人の男( rom. 4時02分、 5時01分)は、一度は、終末論--すべて神の行為は、現在の最終的な判断を持ち込んだ。 The justifying sentence, once passed, is irrevocable.判決の正当性は、一度に渡さは取り返しのつかない。 "The wrath" will not touch the justified (Rom. 5:9). "怒り"の正当化に触れることはありません( rom. 5時09分) 。 Those accepted now are secure forever.今は、永遠に利用者を確保する。 Inquisition before Christ's judgment seat (Rom. 14:10 - 12; 2 Cor. 5:10) may deprive them of certain rewards (1 Cor. 3:15), but never of their justified status.異端審問の判断をする前に、キリストの座席( rom. 14:10 -1 2; 2うわっ。 5時1 0分)の可能性を剥奪して、特定の報酬( 1うわっ。 3時1 5分) 、しかし、彼らは決して正当化ステータスを表示します。 Christ will not call in question God's justifying verdict, only declare, endorse, and implement it.キリストは、神の正当性を電話で質問評決は、宣言のみ、是認し、それを実施する。

Justification has two sides正当には2つの側面

On the one hand, it means the pardon, remission, and nonimputation of all sins, reconciliation to God, and the end of his enmity and wrath (Acts 13:39; Rom. 4:6 - 7; 2 Cor. 5:19; Rom. 5:9ff.).片手では、恩赦ことを意味し、寛解、およびnonimputationのすべての罪を、神に和解しており、最後に彼の憎しみや怒り(行為13:39 ; ROMのです。 4時06分-7 ; 2うわっ。 5時1 9分; ROMのです。 FFの午前5時09分です。 ) 。 On the other hand, it means the bestowal of a righteous man's status and a title to all the blessings promised to the just: a thought which Paul amplifies by linking justification with the adoption of believers as God's sons and heirs (Rom. 8:14ff.; Gal. 4:4ff.).その一方で、正しいことを意味するの贈与の男のステータスと、タイトルにすべての恵みを約束して、ちょうど:ポール増幅されたリンクする考えを正当化して、信者たちの養子縁組や相続人として、神の息子( rom. FFの午前8時14分。 ;ギャル。 FFの午前4時04分です。 ) 。 Part of their inheritance they receive at once: through the gift of the Holy Spirit, whereby God "seals" them as his when they believe (Eph. 1:13), they taste that quality of fellowship with God which belongs to the age to come and is called "eternal life."彼らの遺産を受け取る部分を一度にかれら:贈り物は、聖霊を通して、神のでは"アザラシ"としての彼のときに彼らを信じる( eph. 1時13分)は、かれらの神と交わりを持つ味の質がどの時代に属します来るとは"永遠の命"と述べた。 Here is another eschatological reality brought into the present: having in a real sense passed through the last judgment, the justified enter heaven on earth.ここに入っていくことは、現実に存在する別の終末論:通過したことで、本当の意味での最後の判断は、正当な地上の天国を入力します。

Here and now, therefore, justification brings "life" (Rom. 5:18), though this is merely a foretaste of the fullness of life and glory which constitutes the "hope of righteousness" (Gal. 5:5) promised to the just (Rom. 2:7, 10), to which God's justified children may look forward (Rom. 8:18ff.).そして今ここには、したがって、正当性をもたらす"ライフ" ( rom. 5時18分)が、これは単なる前触れと栄光の人生の充実を構成し、 "期待に背く"と約束して( gal. 5時05分)ちょうど( rom. 2時07分、 10 )は、正当な神の子供たちの可能性をどのよう努力してまいります( rom. FFの午前8時18分です。 ) 。 Both aspects of justification appear in Rom. ROMの両方の側面を正当に表示されます。 5:1 - 2, where Paul says that justification brings, on the one hand, peace with God (because sin is pardoned) and, on the other, hope of the glory of God (because the believer is accepted as righteous). 5時01分-2は、正当な理由はどこによれば、ポールをもたらすには、片手では、平和と神(シンは恩赦に浴するため)と、他方では、神の栄光の希望(信者が認められているため、正しい) 。 Justification thus means permanent reinstatement to favor and privilege, as well as complete forgiveness of all sins.そのための手段の正当化に賛成と永続的な特権を復権だけでなく、すべての罪を赦し完了です。

The Ground of Justification地面の正当性

Paul's deliberately paradoxical reference to God as "justifying the ungodly" (Rom. 4:5), the same Greek phrase as is used by the LXX in Exod.ポールの逆説のリファレンスを神として故意"の根拠とんでもない" ( rom. 4時05分) 、ギリシャ語のフレーズとしては、同じ70で使用されるexod 。 23:7; Isa. 23 : 07 ;のISAです。 5:23, of the corrupt judgment that God will not tolerate, reflects his awareness that this is a startling doctrine. 5時23分、神の破損には耐えられないと判断し、自分の意識を反映して、この学説は、驚くべきものだ。 Indeed, it seems flatly at variance with the OT presentation of God's essential righteousness, as revealed in his actions as Legislator and Judge, a presentation which Paul himself assumes in Rom.確かに、そのようにきっぱりと争ってot神の本質的な正義のプレゼンテーションは、国会議員としての彼の行動を明らかにし、裁判官は、自分自身のプレゼンテーションのポールROMを前提としています。 1:18 - 3:20. 1時18分-3 :20です。

The OT insists that God is "righteous in all his ways" (Ps. 145:17), "a God. . . without iniquity" (Deut. 32:4; cf. Zeph. 3:5). otと主張して、神は"すべて自分のやり方で正しい" ( ps. 145:17 )は、 "神。 。 。せず不法行為" ( deut. 32:4 ; cf 。 zeph 。 3時05分) 。 The law of right and wrong, in conformity to which righteousness consists, has its being and fulfillment in him.同法の正邪、正義にのっとって構成さは、その存在と充足感があるんです。 His revealed law, "holy, just and good" as it is (Rom. 7:12; cf. Deut.4:8; Ps. 19:7 - 9), mirrors his character, for he "loves" the righteousness prescribed (Ps. 11:7; 33:5) and "hates" the unrighteousness forbidden (Ps. 5:4 - 6; Isa. 61:8; Zech. 8:17).彼の啓示法では、 "聖なる、公正かつ良好"とすることは( rom. 7時12分; cf 。 deut.4 : 8 ;しまう。 19時07分-9 ) 、ミラーの彼のキャラクターは、彼を"大好き"の正しい処方( ps. 11 : 07 ; 33:5 )と"嫌い"の邪悪さを禁じられた( ps. 5時04分-6 ;のI SA。 6 1:8;ツェッヒ。 8時1 7分) 。 As Judge, he declares his righteousness by "visiting" in retributive judgment idolatry, irreligion, immorality, and inhuman conduct throughout the world (Jer. 9:24; Ps. 9:5ff., 15ff.; Amos 1:3 - 3:2, etc.).判事として、彼は自分の正義を宣言した"客員"偶像崇拝の報復判断は、無宗教、不道徳、そして世界中の非人道的行為( jer. 9時24分;しまう。 FFの午前9時05分。 、 15ff 。 ;アモス1時03分-3 : 2等)です。 "God is a righteous judge, yea, a God that hath indignation every day" (Ps. 7:11, E R V). "神様は、正義の判断は、いや、かれらは、神の怒りをして、毎日" ( ps. 7時11分、 erv ) 。 No evildoer goes unnoticed (Ps. 94:7 - 9); all receive their precise desert (Prov. 24:12).気付かれないままに悪事を働くなし( ps. 94:7 -9 ) ;すべて自分の正確な砂漠を受け取る( p rov.2 4:12) 。

God hates sin, and is impelled by the demands of his own nature to pour out "wrath" and "fury" on those who complacently espouse it (cf. the language of Isa. 1:24; Jer. 6:11; 30:23 - 24; Ezek. 5:13ff.; Deut. 28:63).神に嫌われる罪は、要求されるとは、彼自身impelled性質を吐露する"怒り"や"フューリー"を支持する人たち悦に入って( cf.のISAの言語です。 1 : 24 ; jer 。 6時11分、 30日: 23 -2 4; e zek。 F Fの午前5時1 3分です。 ; d eut。 2 8:63) 。 It is a glorious revelation of his righteousness (cf. Isa. 5:16; 10:22) when he does so; it would be a reflection on his righteousness if he failed to do so.それは彼の栄光の啓示義( cf.のISAです。 5時16分; 10:22 )のときに彼は今;反射してそれができれば、彼は彼の正義に失敗した場合にそうしています。 It seems unthinkable that a God who thus reveals just and inflexible wrath against all human ungodliness (Rom. 1:18) should justify the ungodly.神のように思いも寄らないことだと融通の利かない人だけでこのように明らかにすべての人間の邪悪さに対する怒り( rom. 1時18分)を正当化するのはとんでもない。 Paul, however, takes the bull by the horns and affirms, not merely that God does it, but that he does it in a manner designed "to shew his righteousness, because of the passing over of the sins done aforetime, in the forbearance of God; for the shewing, I say, of his righteousness at this present season: that he might himself be just, and the justifier of him that hath faith in Jesus" (Rom. 3:25 - 26,).ポールは、しかし、牛の角とは、肯定は、それだけではないことは、神が、彼はそれを設計する方法"自分の正義を供え、合格するためには、以前の罪を完了、忍耐のは、神; shewingためには、私の意見は、現在の自分の正義で、このシーズン:だけにして彼は自分自身かもしれない、と弁明してかれらの信仰はイエスキリストのギフト" ( rom. 3時25 -2 6日) 。 The statement is emphatic, for the point is crucial.断固とした声明は、この点が重要だ。

Paul is saying that the gospel which proclaims God's apparent violation of his justice is really a revelation of his justice.パウロは、福音と言って、神の明白な違反をproclaims彼の正義は、実際には彼の正義の啓示です。 So far from raising a problem of theodicy, it actually solves one; for it makes explicit, as the OT never did, the just ground on which God pardoned and accepted believers before the time of Christ, as well as since.これまでのところ、問題の神義論から引き上げ、これは、実際に解決する1つ;を明示することにより、決してotとしては、地面の上だけで、神の前に恩赦に浴するや利用時間のキリスト信者だけでなく、以来です。

Some question this exegesis of Rom.いくつかの質問に、この評釈のROMです。 3:25 - 26 and construe "righteousness" here as meaning "saving action," on the ground that in Isa. 3時25 -2 6と解釈"正義"の意味としてここに"貯蓄行動は、 "地面の上でのI SAしている。 40 - 55 "righteousness" and "salvation" are repeatedly used as equivalents (Isa. 45:8, 19 - 25; 46:13; 51:3 - 6, etc.). 40 -5 5"正義"と"救世"は、繰り返し使用される同等物( i sa.4 5:8、 1 9- 25 ;4 6 :13;5 1 :3-6 、等) 。 This eliminates the theodicy; all that Paul is saying, on this view, is that God now shows that he saves sinners.これにより、神義論;ポールは、すべてのことと言って、このビューを表示するには、今すぐによると、彼は、その神は罪人セーブ。 The words "just, and" in vs. 26, so far from making the crucial point that God justifies sinners justly, would then add nothing to his meaning and could be deleted without loss.その言葉"だけで、 "対26で、これまでのところ、決定的な点から、罪人を正当化して公正に神は、彼が次に何を追加する可能性があるという意味での損失なしに削除されました。

However, quite apart from the specific exegetical embarrassments which it creates (for which see V. Taylor, ExpT 50:295ff.), this hypothesis seems groundless, for (1) OT references to God's righteousness normally denote his retributive justice (the usage adduced from Isaiah is not typical), and (2) these verses are the continuation of a discussion that has been concerned throughout (from 1:18 onward) with God's display of righteousness in judging and punishing sin.しかし、困難はさておきexegeticalそれを作成し、特定の(対テイラーを参照して、 FFのexpt 50:295 。 )は、このような仮説根拠は、 ( 1 )を参照して、神の正義ot表し、通常彼の応報正義(利用adduced典型的ではないからイザヤ書) 、および( 2 )これらの印は、議論の継続を懸念されてきた(オンワードから午前1時18分)で、神の正義を判断する際にディスプレイの罪で処罰した。 These considerations decisively fix the forensic reference here.これらを考慮法医学リファレンスここで決定的に修正しています。 "The main question with which St. Paul is concerned is how God can be recognized as himself righteous and at the same time as one who declares righteous believers in Christ" (Taylor, p. 299). "主要な問題を懸念しての聖パウロは、神がどのように正しいことと認識されると同時に自分自身の一つとして、キリスト信者たちを宣言正義" (テイラー、 p. 299 ) 。 Paul has not (as is suggested) left the forensic sphere behind.ポールではない(とは、推奨)法医学球の後ろの左側です。 The sinner's relation to God as just Lawgiver and Judge is still his subject.罪人の神と関連して、立法者としてだけではまだ彼の主題と判断しています。 What he is saying in this paragraph (Rom. 3:21 - 26) is that the gospel reveals a way in which sinners can be justified without affront to the divine justice which, as shown (1:18 - 3:20), condemns all sin.彼は何と言って、この段落( rom. 3時21 -2 6)は、罪人の福音書で明らかにする方法は懸け離れたものが正当化せずに、神の裁きが示すように、 ( 1時1 8分- 3: 20)、非難すべての罪です。

Paul's thesis is that God justifies sinners on a just ground, namely, that the claims of God's law upon them have been fully satisfied.ポールの論文は、その神は罪人を正当化するだけで地面には、すなわち、神の律法は、かれらの主張が完全に満足しています。 The law has not been altered, or suspended, or flouted for their justification, but fulfilled, by Jesus Christ, acting in their name.同法は、改変されていない、または停止、あるいは自分の正当性をflouted 、果たさしかし、イエスキリストによって、彼らの演技で名を指定します。 By perfectly serving God, Christ perfectly kept the law (cf. Matt. 3:15).完璧に配信された神は、キリストの完全保管法( cf.マットです。 3時15分) 。

His obedience culminated in death (Phil. 2:8); he bore the penalty of the law in men's place (Gal. 3:13), to make propitiation for their sins (Rom. 3:25).結果として、彼の死を服従させる( phil. 2時08分) ;彼は退屈な人のペナルティーは、法の趣旨に男性の場所( gal. 3時13分)は、自分の罪をなだめるために( rom. 3時25分) 。 On the ground of Christ's obedience, God does not impute sin, but imputes righteousness, to sinners who believe (Rom. 4:2 - 8; 5:19).地面には、キリストの服従を、神に転嫁罪はないが、正義imputes 、罪人を信仰する者( rom. 4時02分-8 ;午前5時1 9分) 。 "The righteousness of God" (i.e., righteousness from God: see Phil. 3:9) is bestowed on them as a free gift (Rom. 1:17; 3:21 - 22; 5:17, cf. 9:30; 10:3 - 10): that is to say, they receive the right to be treated and the promise that they shall be treated, no longer as sinners, but as righteous, by the divine Judge. "神の正義" (すなわち、神の正義から:フィルを参照してください。 3時09分)は、かれらに授けたとして、景品( rom. 1時17分、 3時21 -2 2;午前5時1 7分、 c f。 9 :30 ;午前10時03 -1 0) :これは、つまり、彼らの権利を受け取るとの約束に扱われることに扱われるかれらは、もはや罪人としてではなく、正しい者は、神の判断による。 Thus they become "the righteousness of God" in and through him who "knew no sin" personally, but was representatively "made sin" (treated as a sinner and punished) in their stead (2 Cor. 5:21).こうしてかれらになる"神の正義"を介して人と"知っていた罪のない"と個人的には、典型的だったが、 "前に罪" (罪人として扱わと罰)は、ステッド( 2うわっ。 5時21分) 。

This is the thought expressed in classical Protestant theology by the phrase "the imputation of Christ's righteousness," namely, that believers are righteous (Rom. 5:19) and have righteousness (Phil. 3:9) before God for no other reason than that Christ their Head was righteous before God, and they are one with him, sharers of his status and acceptance.これは、古典的プロテスタント神学考えを表明したフレーズで、 "キリストの正義の帰属は、 "すなわち、その信者たちは、正しい( rom. 5時19分)とは、神の前で義( phil. 3時09分)よりも他の理由もなしにキリストが、神の前で自分の頭は正しいが、それは1つの彼と、彼のステータスと交換受諾した。 God justifies them by passing on them, for Christ's sake, the verdict which Christ's obedience merited.それらを正当化して渡すことによって、神は、キリストのためには、キリストの評決を服従させる報われた。 God declares them to be righteous, because he reckons them to be righteous; and he reckons righteousness to them, not because he accounts them to have kept his law personally (which would be a false judgment), but because he accounts them to be united to the one who kept it representatively (and that is a true judgment).神の正義を宣言しているから、かれらを正しいなぜなら、彼reckons ; reckonsと彼は正義をかれらは、かれらのアカウントなぜなら、彼は彼の法則個人的に保管してある(これができれば、誤った判断)が、かれらのために彼のアカウントユナイテッド典型的に保管することを、一人(としては、真の判断) 。

For Paul union with Christ is not fancy but fact, the basic fact, indeed, in Christianity; and the doctrine of imputed righteousness is simply Paul's exposition of the forensic aspect of it (see Rom. 5:12ff.).労働組合のためにキリストのポールファンシーではないしかし実際には、この基本的な事実は、実際には、キリスト教;転嫁された義とは、単にその教義のポールの博覧会には、法医学的な側面( ROMを参照してください。 FFの午前5時12分です。 ) 。 Covenantal solidarity between Christ and his people is thus the objective basis on which sinners are reckoned righteous and justly justified through the righteousness of their Savior. covenantalキリストと彼の人々の間の連帯はこうして罪人には、客観的根拠を無視して正当化を通じて、正義と公正正義の救世主です。 Such is Paul's theodicy regarding the ground of justification.このような神義論は、ポールの正当性については、地面のです。

Faith and Justification信仰と正当化

Paul says that believers are justified dia pisteos (Rom. 3:25), pistei (Rom. 3:28), and ek pisteos (Rom. 3:30).ポールによると、信者は正当pisteos径( rom. 3時25分) 、 pistei ( rom. 3時28分) 、およびek pisteos ( rom. 3:30 ) 。 The dative and the preposition dia represent faith as the instrumental means whereby Christ and his righteousness are appropriated; the preposition ek shows that faith occasions, and logically precedes, our personal justification.ダイヤの前置詞与格と信仰を表す手段として、インストゥルメンタルでは、キリストと彼の正義が充当;前置詞ekの信仰を示している場合は、論理的に前に置くと、我々の個人的な名分。 That believers are justified dia pistin, on account of faith, Paul never says, and would deny.信者たちは、正当化して径pistin 、信仰上のアカウントは、決してポールによれば、否定するとは。 Were faith the ground of justification, faith would be in effect a meritorious work, and the gospel message would, after all, be merely another version of justification by works, a doctrine which Paul opposes in all forms as irreconcilable with grace and spiritually ruinous (cf. Rom. 4:4; 11:6; Gal. 4:21 - 5:12).信仰の正当性が地面には、信仰は称賛に値する仕事に影響する、と福音のメッセージは、結局のところ、単に別のバージョンの正当化される作品は、ポールの教義に反対するすべての形態としては相いれないとして精神的に破滅グレース( cf 。 ROMのです。 4時04分、 11時06分;ギャル。 4時21分-5時1 2分) 。

Paul regards faith, not as itself our justifying righteousness, but rather as the outstretched empty hand which receives righteousness by receiving Christ.ポール信仰に関しては、私たちの正当性そのものではなく正義ではなく、手を広げて空に受理されたキリストの正義を受け取ります。 In Hab.北陸朝日放送でいます。 2:4 (cited Rom. 1:17; Gal. 3:11) Paul finds, implicit in the promise that the godly man ("the just") would enjoy God's continued favor ("live") through his trustful loyalty to God (which is Habakkuk's point in the context), the more fundamental assertion that only through faith does any man ever come to be viewed by God as just, and hence as entitled to life, at all. 2時04分( ROMを引用しています。 1 : 17 ;ギャル。 3時11分)を見つけたポールは、暗黙の約束をして、信仰心の厚い男( "だけ" )と続き、神の恩恵を享受する( "ライブ" )を介して、神への忠誠を信頼(これはハバックークのポイントは、文脈)は、より根本的な主張の信仰がどんな男を介してのみに来ることが神として表示されるだけでは、生活の権利があるとして、したがって、すべてのです。 The apostle also uses Gen. 15:6 ("Abraham believed God, and it was reckoned unto him for righteousness," ERV) to prove the same point (see Gal. 3:6; Rom. 4:3ff.). 15時06分にも使って大将の使徒( "アブラハム神を信じ、そしてそれは正義を無視かれには、 " erv )を証明するのと同じポイント(ギャル参照してください。 3時06分; ROMのです。 FFの4:3です。 ) 。

It is clear that when Paul paraphrases this verse as teaching that Abraham's faith was reckoned for righteousness (Rom. 4:5, 9, 22), all he intends us to understand is that faith, decisive, wholehearted reliance on God's gracious promise (vss. 18ff.), was the occasion and means of righteousness being imputed to him.ポール際paraphrasesことは明らかだとして、この詩を教えることを無視していたアブラハムの信仰義( rom. 4時05分、 9 、 22 )は、すべて彼の意図を理解するのは、我々の信仰は、決定的な、心から親切な神の約束を当てにする( vss 。 18ff 。 )は、この機会には、正義の手段に帰属しています。 There is no suggestion here that faith is the ground of justification.ここではない提案は、地上の信仰を正当化しています。 Paul is not discussing the ground of justification in this context at all, only the method of securing it.ポールではない、地面の正当性について議論はすべてこの文脈においては、そのメソッドを確保することだけです。 Paul's conviction is that no child of Adam ever becomes righteous before God save on account of the righteousness of the last Adam, the second representative man (Rom. 5:12 - 19); and this righteousness is imputed to men when they believe.ポールの有罪判決がないことは、これまでのアダムの子、神の前に正しいアカウントに保存して、正義の最後のアダムは、 2番目の代表の男( rom. 5時12 -1 9) ;と正義が、この際に男性の帰属を信じています。

Theologians on the rationalistic and moralistic wing of Protestantism, Socinians, Arminians, and some modern liberals, have taken Paul to teach that God regards man's faith as righteousness (either because it fulfills a supposed new law or because, as the seed of all Christian virtue, it contains the germ and potency of an eventual fulfillment of God's original law, or else because it is simply God's sovereign pleasure to treat faith as righteousness, though it is not righteousness; and that God pardons and accepts sinners on the ground of their faith).神学は、合理主義と道徳的な翼のプロテスタント、 socinians 、 arminians 、およびいくつかの近代的自由主義者、ポールを教えることが神として信仰についての男の正義(どちらかのはずなので達成するため、新たな法律や、種子のすべてのクリスチャンとしての美徳は、それには、生殖能力が、最終的充足感と神のオリジナル法では、さもないので、神の主権のは、単に快楽を治療として信仰義は、正義ではないこと、そしてその神は罪人を受け付けます赦免と地面に彼らの信仰) 。 In consequence, these theologians deny the imputation of Christ's righteousness to believers in the sense explained, and reject the whole covenantal conception of Christ's mediatorial work.結果として、これらの神学者であるとの非難を否定して信者たちは、キリストの正義感と説明し、キリストの受胎covenantal全体を拒否するの仲裁の仕事です。

The most they can say is that Christ's righteousness was the indirect cause of the acceptance of man's faith as righteousness, in that it created a situation in which this acceptance became possible.彼らの大半は、キリストの正義と言うことは、間接の原因として、信仰の男の正義の受入れは、作成することになった状況で、この受諾可能です。 (Thinkers in the Socinian tradition, believing that such a situation always existed and that Christ's work had no Godward reference, will not say even this.) Theologically, the fundamental defect of all such views is that they do not make the satisfaction of the law the basis of acceptance. (ソッツィーニ思想家は、伝統は、このような状況を信じるように常に存在であり、キリストの仕事がなかった敬神の参考までに、これまでとは言わない。 ) theologically 、すべての根本的な欠陥のような見解では、彼らの満足度はどうしようもないのは、法の趣旨受諾の基礎です。 They regard justification, not as a judicial act of executing the law, but as the sovereign act of a God who stands above the law and is free to dispense with it, or change it, at his discretion.彼らの正当化に関しては、実行していないとして、同法の司法の行為ではなく、神の行為としての主権者の上に立って、法とは、完全に自由にすること、または変更することは、自分の裁量でいます。 The suggestion is that God is not bound by his own law: its preceptive and penal enactments do not express immutable and necessary demands of his own nature, but he may out of benevolence relax and amend them without ceasing to be what he is.その提案に縛られるのは、神ではない、自分の法律:刑法enactmentsその命令を伝える教訓とする必要はありませんの要求を表明すると、自分の不変の性質が、彼の慈善リラックスして5月改正されることなしにしゃべる彼は何です。 This, however, seems a wholly unscriptural conception.これは、しかし、聖書に反するよう受胎100 。

The Doctrine in History歴史上の教義

Interest in justification varies according to the weight given to the scriptural insistence that man's relation to God is determined by law and sinners necessarily stand under his wrath and condemnation.関心を正当によると、体重の変化を与え、聖書の主張と関連して男の神は、罪人の法律に基づいて決定さ必ずしも彼の怒りと非難を下に立つ。 The late medieval theologians took this more seriously than any since apostolic times; they, however, sought acceptance through penances and meritorious good works.後半には、この中世の神学者よりももっと真剣に使徒以来回;彼らは、しかし、求められてpenancesと勲功良い作品を通じて引き受けています。 The Reformers proclaimed justification by grace alone through faith alone on the ground of Christ's righteousness alone, and embodied Paul's doctrine in full confessional statements.グレース宣言しただけで正当化された改革派信仰を介して、地面の上だけで、キリストの正義だけで、具体化さポールの教義と告白ステートメントでいっぱいです。

The sixteenth and seventeenth centuries were the doctrine's classical period. 16と17世紀にもわたっていたという学説の古典的期間です。 Liberalism spread the notion that God's attitude to all men is one of paternal affection, not conditioned by the demands of penal law; hence interest in the sinner's justification by the divine Judge was replaced by the thought of the prodigal's forgiveness and rehabilitation by his divine Father.自由主義を広めるという考えを神の態度には、すべての男性に父性愛の1つではなく、要求される条件刑法;したがって、罪人に関心を正当化されるのは、神の判断に置き換えられるという考えは、放蕩の罪を赦し、彼のリハビリを天主。 The validity of forensic categories for expressing man's saving relationship to God has been widely denied.法医学のカテゴリの妥当性を表現するために、神男の節約の関係を広く否定されています。 Many neo orthodox thinkers seem surer that there is a sense of guilt in man than that there is a penal law in God, and tend to echo this denial, claiming that legal categories obscure the personal quality of this relationship.ネオ正統派のように見える多くの思想家があることを確実にする男よりも罪悪感があることは、神の刑法では、このエコーと否定する傾向がある、と主張して法的なカテゴリの個人的な質のこの関係をあいまいにする。 Consequently, Paul's doctrine of justification has received little stress outside evangelical circles, though a new emphasis is apparent in recent lexical work, the newer Lutheran writers, and the Dogmatics of Karl Barth.したがって、パウロの教義の正当性はほとんど外部応力福音界が、最近で見掛け上の重点は、新しい語彙の仕事は、新しいタイプのルター派作家、カールバルトの教義学とは。

J I Packerチパッカー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
Sanday and Headlam, Romans; E D Burton, Galatians; L Morris, The Apostolic Preaching of the Cross; V Taylor, Forgiveness and Reconciliation; Calvin, Institutes 3.11 - 18; J Owen, Justification by Faith; J Buchanan, The Doctrine of Justification; W Cunningham, Historical Theology, II; A Ritschl, Critical History of... headlamサンデーとは、ローマ人への手紙;エドバートン、ガラテヤ人への手紙;信用モリスは、ローマ教皇の説教の十字架; vテイラーは、容赦と和解;カルビン、塾3.11 -1 8; jオーウェン、他力本願; jブキャナンは、その教義の正当性;ワットカニンガムは、歴史的な神学は、 2世;するリッチュルは、重要な歴史の... Justification; C Hodge, Systematic Theology, III; L Berkhof, Systematic Theology; G Quell, T D N T, II; J A Ziesler, The Meaning of Righteousness in Paul; H Seebass and C Brown, N I D N T T, III; H Kung, Justification; G B Stevens, The Christian Doctrine of Salvation; J W Drane, Paul, Libertine or Legalist?正当; cホッジ、体系的神学、 3世;信用berkhof 、体系的神学;グラムを鎮めるために、 tdnt 、 2世; jaジースラー、正義の意味でのポール; h seebassとCブラウン、 nidntt 、 3世; hクン、正当; GBのスティーブンズは、キリスト教の教義の救世; jw drane 、ポールは、リバティーンや律法主義ですか? E Kasemann, "The Righteousness of God in Paul," in NT Questions of Today; G C Berkouwer, Faith and Justification. eケーゼマンは、 "神の正義のポールは、 "今日はNTの質問; berkouwer GCのは、信仰と正当化した。


Justification正当化

Advanced Information 高度情報

Justification (noun), denotes "the act of pronouncing righteous, justification, acquittal"; its precise meaning is determined by that of the verb dikaioo, "to justify" (see B); it is used twice in the Ep.正当(名詞) 、表します"と、正しい発音の行為は、正当性、無罪放免" ;その正確な意味を決定されることは、動詞dikaioo 、 "を正当化する" ( Bに参照してください) ;ことは、欧州の2倍使用されています。 to the Romans, and there alone in the NT, signifying the establisment of a person as just by acquittal from guilt.ローマ人への手紙には、そこに一人で、 NTのは、意味のある人物としてestablismentの罪悪感からだけで無罪放免。 In Rom.は、 ROMです。 4:25 the phrase "for our justification," is, lit., "because of our justification" (parallel to the preceding clause "for our trespasses," i.e., because of trespasses committed), and means, not with a view to our "justification," but because all that was necessary on God's part for our "justification" had been effected in the death of Christ. 4:25のフレーズ"我々の正当化のため、 "は、点灯しています。 、 "我々の正当化のために" (前項に平行に"私たちのためにtrespasses 、 "すなわち、 trespassesのためにコミット) 、および手段ではなく、視野に入れて私たちの"正当な理由は、 "しかし、それが必要なため、すべての部分で、神のために私たちの"正当性"は、キリストの死に影響されています。 On this account He was raised from the dead.このアカウントを提起してから、彼は死んでいた。

The propitiation being perfect and complete, His resurrection was the confirmatory counterpart.なだめようと、完璧に完了すると、彼の復活は、相手国の確証です。 In 5:18, "justification of life" means "justification which results in life" (cf. v. 21). 5時18分には、 "人生の正当化"の意味は"人生の結果を正当化" ( cf.対21 ) 。 That God "justifies" the believing sinner on the ground of Christ's death, involves His free gift of life.その神は"正当化"の信者の罪人は、キリストの死を地面には、彼は人生の景品です。 On the distinction between dikaiosis and dikaioma, see below. dikaiosisとdikaioma区別して、以下を参照してください。

In the Sept., Lev. 9月には、レフ。 24:22. 24:22 。


Justification正当化

Advanced Information 高度情報

Justification (noun), has three distinct meanings, and seems best described comprehensively as "a concrete expression of righteousness"; it is a declaration that a person or thing is righteous, and hence, broadly speaking, it represents the expression and effect of dikaiosis (No. 1).正当(名詞)には3つの意味をはっきりと説明するよう最善を総合として"具体的な表現の正義" ;これは、宣言したりすることは正しい人物、そしてそれ故に、大まかに言えば、それを表す表現と効果dikaiosis (第1号) 。

It signifies (a) "an ordinance," Luke 1:6; Rom.ことを意味する(する) "条例では、 "ルカによる福音書1 : 06 ; ROMのです。 1:32, RV, "ordinance," i.e., what God has declared to be right, referring to His decree of retribution (KJV, "judgment"); Rom. 1時32分、右室は、 "条例は、 "すなわち、神はどのような権利宣言して、彼の命令を指すの報復( kjv 、 "判断" ) ; ROMのです。 2:26, RV, "ordinances of the Law" (i.e., righteous requirements enjoined by the Law); so 8:4, "ordinance of the Law," i.e., collectively, the precepts of the Law, all that it demands as right; in Heb. 2時26分、右室は、 "条例は、法の趣旨" (すなわち、正義の要件を加味され、法) ;ので8時04分、 "条例は、法の趣旨は、 "すなわち、総称して戒律は、法では、すべてのことを要求さ右;でheb 。 9:1, 10, ordinances connected with the tabernacle ritual; (b) "a sentence of acquittal," by which God acquits men of their guilt, on the conditions (1) of His grace in Christ, through His expiatory sacrifice, (2) the acceptance of Christ by faith, Rom. 9時01分、 10 、条例に接続している幕屋の儀式; ( b )に"と、無罪判決の宣告を受けて、 "神acquitsされる男性の罪悪感には、彼の条件( 1 ) 、キリストの恵みで、彼の償いをする犠牲を通じて、 ( 2 )信仰によって、キリストの受入れ、 ROMのです。 5;16; (c) "a righteous act," Rom. 5 ; 16 ; ( C参照) "の正義の行為は、 " ROMのです。 5:18, "(through one) act of righteousness," RV, not the act of "justification," nor the righteous character of Christ (as suggested by the KJV: dikaioma does not signify character, as does dikaiosune, righteousness), but the death of Christ, as an act accomplished consistently with God's character and counsels; this is clear as being in antithesis to the "one trespass" in the preceding statement. 5時18分、 "正義の行為(を通じて1つ)は、 "右室ではなく、その行為"と正当化は、 "キリストのキャラクターも、正しい(推奨されるとしてkjv :キャラクターdikaioma意味がない、 dikaiosuneとしては、正義)は、しかし、キリストの死については、継続して達成する行為として、神のキャラクターとの相談;これは、アンチテーゼとして明確にして" 1つの不法侵入"との声明では、前です。

Some take the word here as meaning a decree of righteousness, as in v. 16; the death of Christ could indeed be regarded as fulfilling such a decree, but as the apostle's argument proceeds, the word, as is frequently the case, passes from one shade of meaning to another, and here stands not for a decree, but an act; so in Rev. 15:4, RV, "righteous acts" (KJV, "judgments"), and 19:8, "righteous acts (of the saints)" (KJV, "righteousness").その言葉の意味を取るとしてここにいくつかの命令に背くように、対16 ;キリストの死は本当に充実したと見なされるような法令が、使徒としての収益の引数は、その言葉は、頻繁に、ケースとしては、パスから1つの意味合いを別のは、ここに立っていないとは、法令ではなく、行動;だから、牧師15時04分、右室は、 "正義の行為" ( kjv 、 "判断" ) 、および19時08分、 "正義の行為(その聖人) " ( kjv 、 "正義"を参照) 。 Note: For dikaiosune, always translated "righteousness," Righteousness.メモ: dikaiosuneためには、いつでも翻訳"正義は、 "正義です。


Justify正当化する

Advanced Information 高度情報

Justify (verb), primarily, "to deem to be right," signifies, in the NT, (a) "to show to be right or righteous"; in the passive voice, to be justified, Matt.正当(動詞)は、主に、 "と判断される権利には、 "意味は、 NTでは、 (ある) "と表示される権利や正義" ;は、消極的な声は、正当化される、マットです。 11:19; Luke 7:35; Rom. 11:19 ;ルーク7 : 35 ; ROMのです。 3:4; 1 Tim. 3 : 04 ; 1ティム。 3:16; (b) "to declare to be righteous, to pronounce righteous," (1) by man, concerning God, Luke 7:29 (see Rom. 3:4, above); concerning himself, Luke 10:29; 16:15; (2) by God concerning men, who are declared to be righteous before Him on certain conditions laid down by Him. 3時16分、 ( b )に"を宣言される正義は、正しい発音には、 " ( 1 )された男は、神に関しては、ルーク7時29分( ROMを参照してください。 3時04分、上) ;に関する自身は、ルーク10:29 ; 16:15 ;に関する男性の神( 2 )によって、正しい者たちは彼の前に宣言して、特定の条件を彼に敷設された。 Ideally the complete fulfillment of the law of God would provide a basis of "justification" in His sight, Rom.理想的なのは、法の完全な履行の根拠を提供するのは、神の"正当性"が彼の光景は、 ROMのです。 2:13. 2時13分。 But no such case has occurred in mere human experience, and therefore no one can be "justified" on this ground, Rom.しかし、このような事件が発生したことがない単なる人間の経験は、誰にも、そのために"正当化"して、この地面には、 ROMのです。 3:9-20; Gal. 3:9-20 ;ギャル。 2:16; 3:10, 11; 5:4. 2時16分、 3時10分、 11 ;午前5時04分です。

From this negative presentation in Rom.このプレゼンテーションは、 ROMから除外します。 3, the apostle proceeds to show that, consistently with God's own righteous character, and with a view to its manifestation, He is, through Christ, as "a propitiation... by (en, "instrumental") His blood," 3:25, RV, "the Justifier of him that hath faith in Jesus" (v. 26), "justification" being the legal and formal acquittal from guilt by God as Judge, the pronouncement of the sinner as righteous, who believes on the Lord Jesus Christ. 3 、収益の使徒ということを示す、一貫して自身の神の正義のキャラクター、そしてその発現を図る目的では、彼は、キリストを通して、 "なだめよう...されたの( jaは、 "インストゥルメンタル" )彼の血液は、 " 3 : 25 、右室は、 "かれらの弁明をして彼を信じているイエスキリスト" (対26 )は、 "正当性"が、法的な罪悪感から無罪放免されたと正式に判断する神としては、正義の宣告は、罪人としては、信じる者には、主イエスキリストです。 In v. 24, "being justified" is in the present continuous tense, indicating the constant process of "justification" in the succession of those who believe and are "justified."対24で、 "正当化され"は、現在進行形で、定数のプロセスを示す"正当化"の継承と信じている人は"正当"と述べた。

In 5:1, "being justified" is in the aorist, or point, tense, indicating the definite time at which each person, upon the exercise of faith, was justified. 5時01分には、 "正当化され"は、アオリスト、またはポイントは、緊張し、時間を明確に示す一人一人が、信仰上の行使は、正当化された。 In 8:1, "justification" is presented as "no condemnation." 8時01分には、 "正当な理由"が提示さ"と非難をなしています。 " That "justification" is in view here is confirmed by the preceding chapters and by verse 34.は、 "正当性"は、ここで表示が確認されたとされた詩は、前の章34 。 In 3:26, the word rendered "Justifier" is the present participle of the verb, lit., "justifying"; similarly in 8:33 (where the article is used), "God that justifieth," is, more lit., "God is the (One) justifying," with stress upon the word "God." 3時26分には、その言葉レンダ"弁明"は、現在分詞の動詞は、点灯しています。 、 "正当性" ;同様に午前8時33分(この記事はどこに使われる) 、 "神がjustifieth 、 "は、より多くの点灯しています。は、 "神は、 ( 1 )正当化は、 "言葉の上でのストレス"神"と述べた。 "Justification" is primarily and gratuitously by faith, subsequently and evidentially by works. "正当"と無報酬では、主な信仰は、その後、 evidentiallyされた作品です。

In regard to "justification" by works, the so-called contradiction between James and the apostle Paul is only apparent.これと関連し"正当化"された作品は、いわゆるジェームズとの間に矛盾使徒パウロは見掛けだけです。 There is harmony in the different views of the subject.ハーモニーには、別の見方をして服従されます。 Paul has in mind Abraham's attitude toward God, his aceptance of God's word.パウロは、アブラハムの姿勢を念頭に置いて、神は、彼のaceptanceの神の言葉だ。 This was a matter known only to God.この問題は、神のみに知られています。 The Romans epistle is occupied with the effect of this Godward attitude, not upon Abraham's character or actions, but upon the contrast between faith and the lack of it, namely, unbelief, cf.ローマの信徒は、この効果を占領して敬神の態度ではなく、アブラハムの性格や行動をするが、信仰とは対照的に、不足することは、すなわち、不信仰、 cf 。 Rom. ROMのです。 11:20. 11:20 。 James (2:21-26) is occupied with the contrast between faith that is real and faith that is false, a faith barren and dead, which is not faith at all.ジェームズ( 2:21-26 )の占有率が、対照的には、本当の信仰との間では、虚偽の信仰して、不毛の信仰と死んでは、すべての信仰ではありません。

Again, the two writers have before them different epochs in Abraham's life, Paul, the event recorded in Gen. 15, James, that in Gen. 22.繰り返しますが、かれらの前に2つの別の作家がアブラハムの人生の画期的な出来事で、ポールは、このイベントに記録され大将15日、ジェームズは、 22大将している。 Contrast the words "believed" in Gen. 15:6 and "obeyed" in 22:18.コントラストの言葉"と信じて"と大将15時06分"と言われたとおりに" 22時18分です。 Further, the two writers use the words "faith" and "works" in somewhat different senses.さらに、二人の作家の言葉を使用して"信仰"と"作品"は少し違う感覚です。 With Paul, faith is acceptance of God's word; with James, it is acceptance of the truth of certain statements about God, (v. 19), which may fail to affect one's conduct.ポールでは、信仰は、神の言葉の受入れ;とジェームズは、それは真実を受け入れ、特定のステートメントについては、神は、 (対19 )は、自分の行動に影響を及ぼすと失敗することがある。

Faith, as dealt with by Paul, results in acceptance with God., i.e., "justification," and is bound to manifest itself.信仰は、パウロとして対処し、結果を受け入れることで、神。 、すなわち、 "正当な理由は、 "マニフェストとは、それ自体にバインドされます。 If not, as James says "Can that faith save him?"そうでない場合は、ジェームズによれば"彼を救うことが信仰ですか? " (v. 14). (対14 ) 。 With Paul, works are dead works; with James they are life works.ポールでは、作品が死ん作品;ジェームズ彼らは生活して動作します。 The works of which Paul speaks could be quite independent of faith: those referred to by James can be wrought only where faith is real, and they will attest its reality.ポールの作品が喋る可能性が非常に独立した信仰:ジェームスそれらが参照することができますどこにのみごしらえの真の信仰は、かれらは、現実に立ち会っています。 So with righteousness, or "justification": Paul is occupied with a right relationship with God, James, with right conduct.だから、正義、あるいは"正当性" :ポールは、権利関係を占領して、神は、ジェームズは、権利を実施しています。 Paul testifies that the ungodly can be "justified" by faith, James that only the right-doer is "justified.".ポール証明して、とんでもないことができます"正当な"信仰によって、ジェームズの右やり手ことだけは、 "正当だ" 。


Also, see:また、参照してください:
Sanctification 神聖
Conversion 変換
Confession 告白
Salvation 救済
Various Attitudes さまざまな態度
Supralapsarianism supralapsarianism
Infralapsarianism 後定論
Amyraldianism amyraldianism
Arminianism アルミニウス主義

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです