Last Supper, Lord's Supper最後の晩餐は、主の夕食

General Information 総合案内

(This presentation primarily discusses Protestant perspectives on the Eucharist. At the end of this presentation are links to Catholic and Jewish persectives, and a more general presentation on the Eucharist that includes presentation of the Orthodox perspective.) (このプレゼンテーションを中心に議論して聖体を視るプロテスタントです。末には、このプレゼンテーションにリンクしてpersectivesカトリックとユダヤ人と、より一般的なプレゼンテーションは、プレゼンテーションの聖体オーソドックスな視点を含む。 )

The meal shared by Jesus Christ and his disciples on the night before he was crucified is called the Last Supper (Matt. 26:20 - 29; Mark 14:17 - 25; Luke 22:14 - 38; John 13:1 - 17:26).食事共有されるイエスキリストの弟子と彼の前の夜には、十字架につけられていたと呼ばれる最後の晩餐( matt. 26:20 -2 9;マーク1 4時1 7- 25 ;ルーク22 :1 4 -3 8;ジョン13: 01 - 17 : 26 ) 。 It was the occasion of his institution of the Eucharist, when he identified the broken bread with his body and the cup of wine with his blood of the new Covenant.それは彼の機関は、この機会聖体は、パンが破損していたときに発見して彼の体とカップ1杯のワインを自分の血の新しい契約です。 The ritual was that of a Jewish religious meal, which was given new meaning for Jesus' followers when they performed it in remembrance of him.この儀式は、ユダヤ教の宗教的な食事をして、指定された新たな意味をイエスの信者が行われるときに彼のことを記憶しています。 Christians differ as to the meaning of the words of Jesus, the exact relationship of the bread and wine to his body and blood, and the frequency with which the rite is to be repeated.キリスト教徒が異なるように、イエスキリストの言葉の意味については、正確な関係には、パンやワインを自分の体や血液、およびその頻度では、この儀式を繰り返した。 The Last Supper was also the occasion on which Jesus washed his disciples' feet and commanded them to wash one another's feet.最後の晩餐で、イエスは、この機会にも洗って弟子'フィートと命じて別の足を洗う。 It has been the subject of art from earliest times.美術の主題とされて太古の時代からです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
L L Mitchellすべてミッチェル

Bibliography 文献情報
O Cullman, Early Christian Worship (1953); G Dix, The Shape of the Liturgy (1945); J Jeremias, The Eucharistic Words of Jesus (1955); J Kodell, The Eucharist in the New Testament (1988); L L Mitchell, The Meaning of Ritual (1977). o cullman 、初期キリスト教の礼拝堂( 1953年) ;グラムディクスは、その形状の典礼( 1945 ) ; jイェレミアスは、イエスキリストの言葉eucharistic ( 1955年) ; kodell jは、聖体は、新約聖書( 1988 ) ;すべてミッチェル、儀式の意味( 1977 ) 。


Last Supper, Lord's Supper最後の晩餐は、主の夕食

General Information 総合案内

There are several distinct understandings of the Sacrament of the Lord's Supper in modern Churches.別個には、いくつかの聖礼典の理解は、主の夕食は、近代教会です。

BELIEVE includes a number of presentations which discuss these approaches, including the Churches and the individuals who first presented the concepts.数多くのプレゼンテーションに含まれると思われるこれらのアプローチについて話し合うなど、教会とは、個人の人の概念を最初に提示しています。


Lord's Supper聖体

General Information 総合案内

The Lord's Supper is an ordinance of the New Testament, instituted by Jesus Christ; wherein, by giving and receiving bread and wine, according to his appointment, his death is shown forth, - 1Co 11:23-26この条例は、主の夕食は、新約聖書は、イエスキリストによって設立された;そこには、受理されたパンとワインを与えると、彼の任命によると、彼の死が示さ来たり、 -1 co1 1:23-26

and the worthy receivers are, not after a corporeal and carnal manner, but by faith, made partakers of his body and blood, with all his benefits, to their spiritual nourishment, and growth in grace.受信機の価値があるとは、肉体と官能的な方法ではなく、後には、しかし、信仰によって、自分の体の前にpartakersや血液は、すべて彼のメリットは、自分の心の糧には、猶予期間と成長した。 - 1Co 10:16 -1 co1 0:16

What is required to the worthy receiving of the Lord's Supper?何が必要なのを受けて、主の夕食に値するか? It is required of them who would worthily partake of the Lord's Supper, that they examine themselves of their knowledge to discern the Lord's body, - 1Co 11:28,29それは立派に参加する人たちに必要なのは、かれらの主の夕食は、彼ら自身の知識を検討して、主の体を識別、 -1 co1 1:28,29

of their faith to feed upon him, - 2Co 13:5彼らの信仰を彼に送り、 -2 co1 3時0 5分

of their repentance, - 1Co 11:31彼らの悔い改め、 -1 co1 1:31

love, - 1Co 11:18-20愛は、 -1 co1 1:18-20

and new obedience, - 1Co 5:8新しい服従させると、 -1 co5時0 8分

lest coming unworthily, they eat and drink judgment to themselves.来るunworthilyしないように、彼らの判断を食べたり飲んだりしています。 - 1Co 11:27-29 -1 co1 1:27-29

What is meant by the words, "until he come," which are used by the apostle Paul in reference to the Lord's Supper?何を意味する言葉で、 "彼は来るまでは、 "これは、使用されるのを参考に、主の使徒パウロの夕食ですか? They plainly teach us that our Lord Jesus Christ will come a second time; which is the joy and hope of all believers.彼らはっきりと私たちに教えることで私たちの主イエスキリストが来て2回目;これは、すべての信者たちの喜びと希望します。 - Ac 1:11 1Th 4:16 -1時1 11 thのA C4時1 6分

C Spurgeon cスパージョン


Lord's Supper聖体

Advanced Information 高度情報

In each of the four accounts of the Lord's Supper in the NT (Matt. 26:26 - 30; Mark 14:22 - 26; Luke 22:14 - 20; 1 Cor. 1:23 - 26) all the main features are included.それぞれの4つのアカウントでは、主の晩餐ではNT ( matt. 26:26 -3 0;マーク1 4時2 2- 26 ;ルーク22 :1 4 -2 0; 1うわっ。 1時2 3 - 26 )すべての主な特長は、含まれています。 The accounts of Matthew and Mark have close formal affinities.マシューの口座を閉じるとマークが正式affinities 。 So have those of Luke and Paul.今はそれらのルークとポールです。 The main differences between the two groups are that Mark omits the words "This do in remembrance of me" and includes "shed for many" after the reference to the blood of the covenant.の最大の違いは2つのグループは、言葉を省略してマーク"これが私のことを記憶に留めて"を含んでいます"と、多くの小屋"の後には、血液中のリファレンスを誓約します。 Instead of the Lord's reference to his reunion with the disciples in the fulfilled kingdom of God, common to the Synoptic Gospels, Paul has a reference to proclaiming the Lord's death "till he come."代わりに、主の参考にして彼の弟子の再会果たさ者が神の国には、共通して、総観gospels 、ポールには、リファレンスを宣言、主の死"まで彼は来る"と述べた。

The meaning of Jesus' action has to be seen against its OT background.の意味をイエスの行動には反対して、 ot背景に見られる。 Questions are legitimately raised, however, about the actual nature and timing of the meal.質問には、合法的に提起され、しかし、自然とのタイミングについては、実際の食事です。 The accounts seem to be at variance.この口座に分散されるように見える。 The Fourth Gospel says that Jesus died on the afternoon when the passover lamb was slain (John 18:28).第4福音書によると、午後には、イエスキリストが死んだときには、殺害されたペサハ子羊(ヨハネ18時28分) 。 The Synoptic accounts, however, suggest that the meal was prepared for, and eaten, as if it were part of the community celebration of the passover feast that year in Jerusalem after the slaying of the lambs in the temple.アカウントの総観は、しかし、示唆していた、食事の準備をし、食べて、まるで団体は、地域社会を祝って、その年の祝宴のペサハ殺害した後、エルサレムの神殿では、子羊。

The Synoptic accounts raise further problems.総観のアカウントの問題点をさらに引き上げる。 It has been thought unlikely that the arrest of Jesus, the meeting of the Sanhedrin, and the carrying of arms by the disciples could have taken place if the meal had coincided with the official passover date.それは、逮捕されそうにない思想イエスは、この会議のサンヘドリンは、武器を乗せたとされる可能性がある弟子の食事起きている場合は、公式ペサハ日付が一致しています。 Could Simon of Cyrene have been met coming apparently from work in the country, or could a linen cloth have been purchased for Jesus' body, if the feast was in progress?サイモンの可能性が満たされcyrene仕事は、国から来るどうやら、または購入した可能性があるため麻布イエスの体は、場合には、進行中のごちそうですか?

To meet all such difficulties several suggestions have been made.すべてのこのような困難に会う前にいくつかの提案がされています。 Some have held that the meal took the form of a kiddush, a ceremony held by a family or brotherhood in preparation for the Sabbath or for a feast day.いくつかのことが行われたが、食事キッドゥーシュの形で、開催される式典準備のため、家族や兄弟の安息日や祭日のためです。 It has also been suggested that the meal could have been the solemn climax, before Jesus' death, of other significant messianic meals which he had been accustomed to share with his disciples, in which he and they looked forward to a glorious fulfillment of hope in the coming kingdom of God.ということも分かっていた可能性があると示唆して、食事の厳粛なクライマックスは、前にイエスの死は、他の重要な救世主的な食事に慣れていたが、弟子を共有して、その彼と楽しみにして、栄光への希望を充足神の王国の到来です。

Such theories present as many new difficulties as those they claim to solve.このような理論をプレゼントとしてできるだけ多くの人に新たな困難を解決すると主張しています。 Moreover, many of the features and details of the meal accounted for indicate that it was a passover meal.また、多くの機能と会計処理の詳細は、食事をすることはペサハの食事を示す。 (They met at night, within the city; they reclined as they ate; the wine was red; wine was a preliminary dish.) Jesus himself was concerned to explain what he was doing in terms of the passover celebration. (かれらに会った夜には、都市内の;彼ら横臥として彼らを食べた;このワインは、赤;ワインは、予備的な料理です。 )イエス自身は、彼は何かを説明することに懸念の点で、ペサハ祝賀。 Scholars who regard the meal as a passover explain the attendant strange circumstances, and various theories have been produced to harmonize all the accounts.学者たちの食事について説明して係員としてペサハ奇妙な状況の中で、生産されてきましたが、様々な理論を調和させるためのすべてのアカウントに限られます。 One theory is that disagreement between the Sadducees and the Pharisees led to different dates being fixed for the celebration of the feast in this year. 1つの理論の間の意見の相違は、 sadduceesと異なる日程pharisees主導して、お祝いのために固定され、今年に入って祝宴。

Another theory suggests that Jesus held an irregular passover, the illegality of which contributed to his being betrayed by Judas and arrested.別の説を示唆して不規則なペサハで開かれたイエスキリストは、違法性がユダによって裏切られたことに貢献して彼を逮捕しています。 (Such a theory could explain why there is no mention of a passover lamb in the account.) Attention has been drawn to the existence of an ancient calendar in which the calculations of the date of the passover were made on premises different from those made in official circles. (そのような理論がない可能性に言及した理由を説明するペサハの子羊のアカウントです。 )の存在が注目されて描かれた、古代のカレンダーの日付計算では、ペサハがあったから、どんなものを前にして別の敷地内で界の関係者です。 The following of such a calendar would have fixed the date of the feast a few days earlier than that of its official celebration.以下のような固定カレンダーの日付は、それ以前に比べて数日後の祝宴の公式の祝賀会。

There is no doubt that Jesus' words and actions are best understood if the meal is regarded as taking place within the context of the Jewish passover.疑いの余地はないがイエスの言葉と行動は、最良の理解と見なされている場合は、食事のコンテキストの内で行われ、ユダヤ教の過ぎています。 In this the people of God not only remembered, but again lived through, the events of their deliverance from Egypt under the sign of the sacrificed paschal lamb as if they themselves participated in them (see Exod. 12).この神だけでなく、人々の記憶に残るが、再び住んを通じて、彼らの救出のイベントからエジプトの犠牲の下に、看板過ぎ越しの小羊としてかれら自身が参加している場合( exodを参照してください。 12 ) 。 In this context, giving the bread and wine as his body and blood, with the words, "this do in remembrance of me," Jesus points to himself as the true substitute for the paschal lamb and to his death as the saving event which will deliver the new Israel, represented in his disciples, from all bondage.この文脈では、パンやワインを与え、彼の体と血としては、言葉にして、 "これが私のことを記憶に留めて、 "イエスキリストの真の代用としてポイントを自分自身のために彼の死と復活祭の子羊のイベントとして保存される配達する新しいイスラエルは、彼の弟子で表さ、すべての隷属からです。 His blood is to be henceforth the sign under which God will remember his people in himself.彼の血液には、この時点で、神のもとに署名した人々が自分自身を覚えています。

In his words at the table Jesus speaks of himself not only as the paschal lamb but also as a sacrifice in accordance with other OT analogies.彼の言葉では、イエスキリストが喋るのテーブルとしてだけでなく、自分自身の復活祭のいけにえの子羊としてだけでなく他のotな類似性に基づいています。 In the sacrificial ritual the portion of peace offering not consumed by fire and thus not offered to God as his food (cf. Lev. 3:1 - 11; Num. 28:2) was eaten by priest and people (Lev. 19:5 - 6; 1 Sam. 9:13) in an act of fellowship with the altar and the sacrifice (Exod. 24:1 - 11; Deut. 27:7; cf. Num. 25:1 - 5; 1 Cor. 10).いけにえの儀式は、平和を提供している部分で消費されていないとこのように火の神としての彼の食糧を提供していない( cf.レフです。 3時01 -1 1; N UM件です。 2 8:2)住職と食われていた人々 ( l ev.1 9: 5 -6 ; 1サム。 9時1 3分)は、行為の犠牲と交わりを持つと、祭壇( e xod.2 4:1- 11 ;d e ut。2 7 :7;c f 。N U M件です。2 5 :1-5 ;1うわっ。 10 ) 。 Jesus in giving the elements thus gave to his disciples a sign of their own fellowship and participation in the event of his sacrificial death.イエスキリストの要素を与えることで、弟子の印を与えたためには、独自の交わりやイベントの参加は、彼の死のいけにえています。

Moreover, Jesus included in the Last Supper the ritual not only of the paschal and sacrificial meal but also of a covenant meal.また、イエスキリストの最後の晩餐の儀式に含まれていないだけでは、復活祭のいけにえの食事だけでなく、食事をする約束をした。 In the OT the making of a covenant was followed by a meal in which the participants had fellowship and were pledged to loyalty one to another (Gen. 26:30; 31:54; 2 Sam. 3:20). otの製作には、続いて食事をする約束では、参加者との交わりが約束していた別の1つの忠誠心(大将26:30 ; 31:54 ; 2サム。 3:20 ) 。 The covenant between God and Israel at Sinai was likewise followed by a meal in which the people "ate and drank and saw God."神とイスラエルの間の契約では、同様に続きます。シナイ半島で、人々の食事"を食べたと酒を飲み、神を見た"と述べた。 The new covenant (Jer. 31:1 - 34) between the Lord and his people was thus ratified by Jesus in a meal.新しい契約( jer. 31:1 -3 4)と彼の人々の間ではこのように、主イエスは、食事を批准した。

In celebrating the Supper, Jesus emphasized the messianic and eschatological significance of the passover meal.夕食を祝うためには、救世主イエスと終末論の重要性を強調し、ペサハの食事です。 At this feast the Jews looked forward to a future deliverance which was foreshadowed in type by that from Egypt.この宴会では、ユダヤ人の将来楽しみにしていたforeshadowedで救出されたことから、エジプトのタイプです。 A cup was set aside for the Messiah lest he should come that very night to bring about this deliverance and fulfill the promise of the messianic banquet (cf. Isa. 25 - 26; 65:13, etc.).一杯だったために空けておくの救世主しないように彼は夜に来ることを非常にこの救出をもたらすとの約束を果たすの救世主パーティ( cf.のISA 。 25 -2 6; 6 5:13等) 。 It may have been this cup which Jesus took in the institution of the new rite, indicating that even now the Messiah was present to feast with his people.このカップれた可能性があることを、イエスは、新機関の儀式で、今でさえ示して、救世主の人々は彼の存在をごちそうしている。

After the resurrection, in their frequent celebration of the Supper (Acts 2:42 - 46; 20:7), the disciples would see the climax of the table fellowship which Jesus had had with publicans and sinners (Luke 15:2; Matt. 11:18 - 19) and of their own day - to - day meals with him.復活の後、彼らは、頻繁に祝賀晩餐(行為2時42 -4 6;午前2 0時0 7分)は、弟子のクライマックスは、テーブルを参照してくださいフェローシップp ublicansとしていたが、イエスは罪人(ルーク1 5: 0 2;マットです。 11:18 -1 9)とは、独自の一日-を-彼の一日の食事している。 They would interpret it not only as a bare prophecy but as a real foretaste of the future messianic banquet, and as a sign of the presence of the mystery of the kingdom of God in their midst in the person of Jesus (Matt. 8:11; cf. Mark 10:35 - 36; Luke 14:15 - 24).かれらはそれを解釈するしかないとして、むき出しの予言が現実の前触れとしては、将来の救世主パーティは、印としての存在とその謎は、彼らの中に神の王国は、イエスキリストの人( matt. 8時11分; cf 。マーク10:35 -3 6;ルカ1 4:15- 24 )。 They would see its meaning in relation to his living presence in the church, brought out fully in the Easter meals they had shared with him (Luke 24:13 - 35; John 21:1 - 14; Acts 10:41).かれらはその意味を参照して自分の生活と関連して、教会の存在感は、完全には、イースターの食事をもたらしたアウトと共有していた彼(ルカ24:13 -3 5;ジョン2 1: 0 1- 14 ;行為10 :41)。 It was a supper in the presence of the risen Lord as their host.夕食は、それは、上昇の主としての自分の存在をホストします。 They would see, in the messianic miracle of his feeding the multitude, his words about himself as the bread of life, a sign of his continual hidden self giving in the mystery of the Lord's Supper.を参照してください彼らは、自分の摂食の救世主奇跡の群衆は、彼自身の言葉として、パンの生活については、彼のサインを与えることは、自己の継続隠された謎の主の夕食。

But they would not forget the sacrificial and paschal aspect of the Supper.しかし、彼らはその犠牲を忘れないで、復活祭の側面の夕食。 The table fellowship they looked back on was the fellowship of the Messiah with sinners which reached its climax in his self identification with the sin of the world on Calvary.テーブルの上の交わりを振り返った彼らは、罪人の交わりの救世主にして最高潮に達した彼の自己同定して、世界の罪をカルヴァリー。 They had fellowship with the resurrected Jesus through remembrance of his death.イエスキリストの復活と交わりを持つ彼らは、彼の死を追悼した。 As the Lord's Supper related them to the coming kingdom and glory of Christ, so did it also relate them to his once - for - all death.夕食として、主に関連して、今後の王国と栄光キリストは、今は彼のことを一度にも関連して--全ての死。

It is against this background of thought that we should interpret the words of Jesus at the table and the NT statements about the Supper.このような背景の考えに反対することはしなければならないことは、イエスキリストの言葉を解釈すると、 NTのステートメントについては、表の夕食。 There is a real life giving relationship of communion between the events and realities, past, present, and future, symbolized in the Supper and those who participate in it (John 6:51; 1 Cor. 10:16).実生活での関係があるの聖体拝領を与えるイベントと現実の間では、過去、現在、そして将来的には、象徴で、これに参加する人たちとの晩餐(ジョン6 : 51 ; 1うわっ。 10:16 ) 。 This communion is so inseparable from participation in the Supper that we can speak of the bread and the wine as if they were indeed the body and blood of Christ (Mark 14:22, "This is my body"; cf. John 6:53).この聖体拝領は切っても切れないので、夕食から参加して話すことができるのは、パンやワインを、それらが本当にキリストの体と血中( 14時22分のマークは、 "これは私の体" ; cf 。ジョン6時53分) 。 It is by the Holy Spirit alone (John 6:53) that the bread and wine, as they are partaken by faith, convey the realities they represent, and that the Supper gives us participation in the death and resurrection of Christ and the kingdom of God.それは一人で、聖霊(ヨハネ6時53分)には、パンやワイン、 partakenとして信仰によって彼らは、彼らの現実を伝える表して、夕食を与えるとは、私たちの参加は、キリストの死と復活の王国神です。 It is by faith alone that Christ is received into the heart at the Supper (Eph. 3:17), and as faith is inseparable from the word, the Lord's Supper is nothing without the word.それは、キリストを信じることだけでは、心臓には、夕食を受け取った( eph. 3時17分)は、信仰とは切っても切れないから、言葉としては、主の夕食は何もせずにその言葉です。

Christ is Lord at his table, the risen and unseen host (John 14:19).主イエスキリストが自分のテーブルでは、目に見えない上昇とホスト(ジョン14 : 19 ) 。 He is not there at the disposal of the church, to be given and received automatically in the mere performance of a ritual.彼はそこではないのは、教会の処分は、指定されるとは、単なるパフォーマンスを自動的に受信する儀式だ。 Yet he is there according to his promise to seeking and adoring faith.まだ彼はそこによれば、彼との約束を絶賛していた信仰を求めています。 He is present also in such a way that though the careless and unbelieving cannot receive him, they nevertheless eat and drink judgment to themselves (1 Cor. 11:27).彼が存在することにもかかわらず、そのような方法で受け取ることはできません彼に懐疑的な不注意とは、彼ら自身にもかかわらず食べたり飲んだりして判断( 1うわっ。 11:27 ) 。

In participating by the Holy Spirit in the body of Christ which was offered once - for - all on the cross, the members of the church are stimulated and enabled by the same Holy Spirit to offer themselves to the Father in eucharistic sacrifice, to serve one another in love within the body, and to fulfill their sacrificial function as the body of Christ in the service of the need of the whole world which God has reconciled to himself in Christ (1 Cor. 10:17; Rom. 12:1).参加される聖霊は、キリストの体で提供された1回--すべての十字架上で、教会のメンバーが刺激されると、同じ聖霊を有効にして父を提供eu charistic犠牲には、 1つに奉仕愛内の別の体内では、いけにえの機能を発揮し、キリストの体としてのサービスの必要性は、全世界のどの仲直りして自分自身を神がキリスト( 1うわっ。 10:17 ; ROMのです。 12時01分) 。

There is in the Lord's Supper a constant renewal of the covenant between God and the church.夕食には、定数は、主の契約更新は、神との間に、教会のです。 The word "remembrance" (anamnesis) refers not simply to man's remembering of the Lord but also to God's remembrance of his Messiah and his covenant, and of his promise to restore the kingdom.という言葉を"英霊" (追憶)を指していないだけでは、主に男性のを思い出して、神の英霊だけでなく彼の救世主と彼の約束は、自分との約束を復元する王国。 At the Supper all this is brought before God in true intercessory prayer.夕食は、すべてこれは、神の前で真の取りなしの祈りもたらした。

R S Wallace rsウォレス

Bibliography 文献情報
J Jeremias, The Eucharistic Words of Jesus; A J B Higgins, The Lord's Supper in the NT; G Wainwright, Eucharist and Eschatology; I H Marshall, Lord's Supper and Last Supper; F J Leenhardt and O Cullmann, Essays in the Lord's Supper; J J von Allmen, The Lord's Supper; M Thurian, The Eucharistic Memorial; E J F Arndt, The Font and the Table; M Marty, The Lord's Supper; E Schillebeeckx, ed., Sacramental Reconciliation. jイェレミアスは、イエスキリストの言葉eucharistic ; ajbヒギンズは、主の夕食にはNT ;グラムウエインライト、聖体と終末論; ihマーシャルは、主の晩餐と最後の晩餐; FjのレーナールとOクルマン、エッセイは、主の夕食; jjフォンallmenは、主の夕食; thurian mには、記念碑eucharistic ; e jf arndt 、フォントやテーブル; mにマーティは、主の夕食; eスケレベクス、エド。 、聖礼典の和解。


Lord's Supper聖体

Advanced Information 高度情報

The Lord's Supper (1 Cor. 11:20), called also "the Lord's table" (10:21), "communion," "cup of blessing" (10:16), and "breaking of bread" (Acts 2:42).主の晩餐( 1うわっ。 11:20 ) 、また呼ばれる"との主のテーブル" ( 10:21 ) 、 "聖体拝領" 、 "カップ1杯の祝福" ( 10:16 ) 、および"を破るのパン" (行為2 : 42 ) 。 In the early Church it was called also "eucharist," or giving of thanks (comp. Matt. 26:27), and generally by the Latin Church "mass," a name derived from the formula of dismission, Ite, missa est, i.e., "Go, it is discharged."教会の初めにも呼ばれていた"聖体" 、または与えることのおかげで( comp.マットです。 26:27 ) 、および通常のラテン語の教会"ミサは、 "式の名前に由来dismission 、信奉者は、ミサest 、すなわち、 "行く、それは退院した。 " The account of the institution of this ordinance is given in Matt.のアカウントは、この条例は、教育機関のマットで与えられた。 26:26-29, Mark 14:22-25, Luke 22:19, 20, and 1 Cor. 26:26-29 、マーク14:22-25 、ルーク22 : 19 、 20 、および1うわっ。 11: 24-26. 11 : 24-26 。 It is not mentioned by John.ジョン言及したことではない。 It was designed, (1.) To commemorate the death of Christ: "This do in remembrance of me."それは設計は、 ( 1 。 )を記念し、キリストの死: "これが私のことを記憶しています。 " (2.) To signify, seal, and apply to believers all the benefits of the new covenant. ( 2 。 )を表す記号は、シールは、信者たちのすべてのメリットを適用すると、新しい契約です。 In this ordinance Christ ratifies his promises to his people, and they on their part solemnly consecrate themselves to him and to his entire service.この条例は、キリスト彼の批准を約束して彼の人々 、そして彼らは彼ら自身の部分を厳粛に奉献彼と彼の全てのサービスをします。 (3.) To be a badge of the Christian profession. ( 3 。 )バッジには、キリスト教の職業です。 (4.) To indicate and to promote the communion of believers with Christ. ( 4 ) 。聖体拝領を促進することを示すとしてキリストの信者です。 (5.) To represent the mutual communion of believers with each other. ( 5 。 )信者を代表して、お互いの相互聖体拝領。 The elements used to represent Christ's body and blood are bread and wine.の要素を表すのに用いるには、キリストの体と血をパンとワインです。 The kind of bread, whether leavened or unleavened, is not specified.パンの種類は、発酵やイースト菌を入れないかどうか、を指定していない。 Christ used unleavened bread simply because it was at that moment on the paschal table.キリストの種なしパン使用されていたので、単にその瞬間には、復活祭のテーブルです。 Wine, and no other liquid, is to be used (Matt. 26:26-29).ワインは、他の液体やない、に使用されて( matt. 26:26-29 ) 。 Believers "feed" on Christ's body and blood, (1) not with the mouth in any manner, but (2) by the soul alone, and (3) by faith, which is the mouth or hand of the soul.信仰する者よ"フィード"は、キリストの体と血は、 ( 1 )口の中で、いかなる方法においてもしていないが、 ( 2 )で、魂だけでも、信仰によって、 ( 3 ) 、これは、口や手の魂です。 This they do (4) by the power of the Holy Ghost. ( 4 )このことによって、聖霊の力です。 This "feeding" on Christ, however, takes place not in the Lord's Supper alone, but whenever faith in him is exercised.この"摂食"で、キリストは、しかし、主が行われるのは、夕食だけではなく、いつでも彼には、信仰を行使しています。 This is a permanent ordinance in the Church of Christ, and is to be observed "till he come" again.これは、恒久的な条例は、キリスト教会は、観測されるとは、 "彼は来るまで"としてください。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Views of Lord's Supper見解の主の夕食

Advanced Information 高度情報

The NT teaches that Christians must partake of Christ in the Lord's Supper (1 Cor. 11:23 - 32; cf. Matt. 26:26 - 29; Luke 22:14 - 23; Mark 14:22 - 25).キリスト教徒が参加する必要がありますが、 NTのキリストの教えは、主の晩餐( 1うわっ。 11:23 -3 2; c f。マットです。 2 6:26- 29 ;ルーク22 :1 4 -2 3;マーク14時22 - 25 )。 In a remarkable discourse Jesus said that his disciples had to feed on him if they were to have eternal life (John 6:53 - 57).注目すべきは、彼の談話によると、イエスキリストの弟子にフィードしていた彼の場合かれらは永遠の命を持つ(ジョン6 : 53 -5 7) 。 The setting of that discourse was the feeding of the five thousand.この設定をしていたの摂食の談話5000 。 Jesus used the occasion to tell the multitude that it should not be as concerned about perishable food as about the food that lasts forever, which he gives them.イエスを語る機会が多数使用されることを懸念してはならないとして生鮮食料品については、食品として続かないことは、彼に与えている。 That food is himself, his body and his blood.食品のは自分自身のことは、彼の体と彼の血液です。 Those who believe in him must eat his flesh and drink his blood, not literally, but symbolically and sacramentally, in the rite he gave the church.人々は彼を信じて自分の肉を食べたり飲んだりする必要があります自分の血液ではなく、文字通り、象徴とsacramentallyしかし、彼は、教会での儀式です。 Through faith in him and partaking of him they would live forever, for union with him means salvation.を通じて、参加者は彼を信じて、かれらは永遠に生きる彼は、彼のために労働組合を救済手段です。

The setting for the institution of the Lord's Supper was the passover meal that Jesus celebrated with his disciples in remembrance of the deliverance of Israel from Egypt (Matt. 26:17; John 13:1; Exod. 13:1 - 10).この設定のための教育機関は、主イエスキリストの夕食は、ペサハ食事をして、弟子にして英霊を祝いました、エジプトからイスラエルの救出( matt. 26:17 ;ジョン13 : 01 ; exod 。 13時01 -1 0) 。 In calling the bread and wine his body and blood, and saying, "Do this in remembrance of me," Jesus was naming himself the true lamb of the passover whose death would deliver God's people from the bondage of sin.パンとワインを呼び出し、彼の体や血液、と言って、 "これが私の記憶では、 "イエスキリストは、自分自身の真の命名ペサハの子羊の死は、神の人々を配達罪の束縛からです。 Thus Paul writes, "Christ, our paschal lamb, has been sacrificed" (1 Cor. 5:7; cf. John 1:29).こうしてポールの書き込みは、 "キリストは、私たちの過ぎ越しの小羊は、犠牲にされて" ( 1うわっ。 5時07分; cf 。ジョン1時29分) 。

Transubstantiation変質

The doctrine of the Lord's Supper first occasioned discord in the church in the ninth century when Radbertus, influenced by the hankering for the mysterious and supernatural which characterized his time, taught that a miracle takes place at the words of institution in the Supper. The elements are changed into the actual body and blood of Christ. Radbertus was opposed by Ratramnus, who held the Augustinian position that Christ's presence in the Supper is spiritual. The teaching and practice of the church moved in Radbertus's direction, a doctrine of transubstantiation; namely, that in the Supper the substance in the elements of bread and wine is changed into the substance of the body and blood of Christ while the accidents, i.e., the appearance, taste, touch, and smell, remain the same. In the eleventh century Berengar objected to the current idea that pieces of Christ's flesh are eaten during Communion and that some of his blood is drunk.この学説は、主の最初の夕食occasioned不和では、 9世紀の教会radbertusときは、その影響を受けて欲しくてたまらない超自然の神秘と自分の時間を特徴付け、奇跡を教えたことが行われるのは、言葉では、夕食の機関です。 の要素変更するには、実際の体とキリストの血中です。 radbertus反対されたratramnus 、アウグスティノ者の立場で行われたことは、キリストの存在は精神的な夕食。 、教会の教えと実践のradbertusの方向に移動して、教義の変質;すなわち、夕食には、 その物質は、パンとワインの要素は、物質の変更をキリストの体の中に血液中の事故とは、すなわち、外観、味、触れて、においが、同じ状態のままです。は、 11世紀のberengarという考えに反対して、現在の作品は、キリストの肉を食べてその中にいくつかの聖体拝領とは、血液中の彼に酔っている。

With sensitivity he held that the whole Christ (totus Christus) is given the believer spiritually as he receives bread and wine.感度彼は、全体で開かれたキリスト(クリストゥスtotus )は、与えられたの信奉者として彼は精神的にパンとワインを受け取ります。 The elements remain unchanged but are invested with new meaning; they represent the body and blood of the Savior.しかし、旧態依然の要素には、新たな意味を投資してくれず、体を表すとは、血液中の救世主です。 This view was out of step with the times, however, and transubstantiation was declared the faith of the church in 1059, although the term itself was not used officially until the Fourth Lateran Council in 1215.このビューは、時代に取り残されて、しかし、代用とは、教会での信仰を宣言した1059は、使われていないものの、言葉自体は、第4ラテラン理事会で正式に1215まで。

The medieval church continued and refined the teaching of transubstantiation, adding such subtleties as (1) concomitance, i.e., that both the body and blood of Christ are in each element; hence, when the cup is withheld from the laity the whole Christ, body and blood, is received in the bread alone; (2) consecration, i.e., the teaching that the high moment in the Eucharist is not communion with Christ but the change of the elements by their consecration into the very body and blood of Christ, an act performed by the priest alone; (3) that, inasmuch as there is the real presence of Christ in the Supper, body, blood, soul, and divinity, a sacrifice is offered to God; (4) that the sacrifice offered is propitiatory; (5) that the consecrated elements, or host, may be reserved for later use; (6) that the elements thus reserved should be venerated as the living Christ.継続的で洗練された中世の教会の教えの変質は、このような微妙なものとして( 1 )を追加する併存、すなわち、その両方をキリストの体とは、血液中の各要素;したがって、カップのときには、キリストせてから、全体の信者たちは、体血液とは、受け取ったのはパンのみで、 ( 2 )自分をささげることは、すなわち、その瞬間には、指導して高いとキリスト聖体拝領ではないが、彼らの神聖さの要素を変更すると、非常に体内の血液のキリストは、司祭実行されるだけで行動する、 ( 3 )が、 〜だけれどもそこは、本物の存在は、キリストの夕食は、体は、血液、魂は、神とは、神を犠牲にしては、提供する、 ( 4 )を犠牲にしては機嫌取りの提供;聖体拝領要素は、 ( 5 ) 、またはホストは、後で使用するために予約されるかもしれません; ( 6 )は、このように予約しなければならない要素として尊敬キリストの生活です。 The Council of Trent (1545 - 63) confirmed these teachings in its thirteenth and twenty second sessions, adding that the veneration given the consecrated elements is adoration (latria), the same worship that is given God.トレントの評議会( 1545 -6 3)と確認したこれらの教えは、 1 3第二十二セッションは、尊敬の念を追加して、聖体拝領用の要素は、与えられた礼拝(ラトリア)は、与えられたそれは、神を崇拝するのと同じです。

Luther and Consubstantiationルーサーと共在説

The Reformers agreed in their condemnation of the doctrine of transubstantiation. They held it to be a serious error that is contrary to Scripture; repugnant to reason; contrary to the testimony of our senses of sight, smell, taste, and touch; destructive of the true meaning of a sacrament; and conducive to gross superstition and idolatry. この合意は、改革派の教義の変質非難した。行われたことを彼らには、重大なエラーが発生して逆に啓典;気に食わないとの理由;証言に反して、私たちの感覚の光景は、におい、味、そしてタッチ;破壊は、真の意味で聖餐式;や迷信と偶像礼拝を助長するためのグロスです。 Luther's first salvo against what he considered to be a perversion of the Lord's Supper was The Babylonian Captivity of the Church.彼の最初の一斉ルーサーに対してどのように考えられていた倒錯は、主の夕食は、教会のバビロン捕囚です。

In it he charges the church with a threefold bondage in its doctrine and practice concerning the Supper, withholding the cup from the people, transubstantiation, and the teaching that the Supper is a sacrifice offered to God.それは彼の罪で三重の教会の教義と実践に関するボンデージの夕食は、カップからの源泉徴収の人々は、変質し、授業を犠牲にして、夕食は、神を提供しています。 Luther tells about his earlier instruction in the theology of the sacrament and of some of his doubts:ルーサー指示命令については、以前の彼の神学は、彼の聖餐式とはいくつかの疑問:

"When I learned later what church it was that had decreed this, namely the Thomistic, that is, the Aristotelian church, I grew bolder, and after floating in a sea of doubt, I at last found rest for my conscience in the above view, namely, that it is real bread and real wine, in which Christ's real flesh and real blood are present in no other way and to no less a degree than the others assert them to be under their accidents. "私は何を学んだ後、この教会に定めていたことが、すなわち、 thomistic 、それは、アリストテレスの教会は、成長ボルダー私は、海に浮かんでいるとの疑念の後、私はついに見つけた私の休息のために、上記のビューの良心は、すなわち、それが本当の本物のパンとワインは、キリストの真の肉で本物の血液やその他の方法ではありませんが存在していないと、他よりも少なくする度に主張して事故のもとだ。

"I reached this conclusion because I saw that the opinions of the Thomists, whether approved by pope or by council, remain only opinions, and would not become articles of faith even if an angel from heaven were to decree otherwise (Gal. 1:8). For what is asserted without the Scriptures or proven revelation may be held as an opinion, but need not be believed. But this opinion of Thomas hangs so completely in the air without support of Scripture or reason that it seems to me he knows neither his philosophy nor his logic. For Aristotle speaks of subject and accidents so very differently from St. Thomas that it seems to me this great man is to be pitied not only for attempting to draw his opinions in matters of faith from Aristotle, but also for attempting to base them upon a man whom he did not understand, thus building an unfortunate superstructure upon an unfortunate foundation." "私はこの結論に達しているため、見たことの意見thomists 、承認されるかどうかによって教皇評議会は、残るだけの意見は、記事になるとは、天から天使の場合でも信仰していたそうでなけれ令( gal. 1時08分) 。ためには何がアサートまたは証明なしで、聖書ヨハネの黙示録の意見として行われるかもしれないが、必要はないと考えられています。しかし、このような意見は完全に空気中のトーマスハングの啓典または理由なしに支持して彼は知っているにも思える。彼の哲学も彼の論理だ。喋るアリストテレスの件名や事故のために非常に違うように思える。セントトマスこの偉大な男が同情されるだけでなく、彼の意見を引き出すためにしようとする点ではアリストテレスの信念からではなく、それらをベースにしようと心に適うと理解していなかった一人の男は、このように建物の上部構造に不幸な不幸な財団です。 " (Works, XXXVI, 29) (作品は、 36 、 29 )

Luther was feeling his way into a new understanding of the sacrament at this time, but he believed it legitimate to hold that there are real bread and real wine on the altar.ルーサーを新たな方法では、彼の感情を理解するの聖餐式現時点では、しかし彼を保持することを確信して合法的には本物のパンやワインは、本物の祭壇。 He rejected the Thomistic position of a change in the substance of the elements while the accidents remain, inasmuch as Aristotle, from whom the terms "substance" and "accidents" were borrowed, allowed no such separation.彼は拒否されたのは、変化に位置thomisticの要素は、物質中の事故のまま、アリストテレス〜だけれども、誰からの条件の"物質"と"事故"を借りたが、このような分離認めていない。 The "third captivity," the doctrine of the sacrifice of the Mass, Luther declared to be "by far the most wicked of all" for in it a priest claims to offer to God the very body and blood of Christ as a repetition of the atoning sacrifice of the cross, only in an unbloody manner, whereas the true sacrament of the altar is a "promise of the forgiveness of sins made to us by God, and such a promise as has been confirmed by the death of the Son of God." "第3捕らわれている"との原則を犠牲にし、質量は、ルーサー宣言して"のすべての群を抜いて最も邪悪な"を主張して住職を提供するのに非常に神としてキリストの体と血を繰り返し、 atoning十字架の犠牲は、血に染まっていないだけで、態度が、真の聖餐式の祭壇は、 "罪の赦しを約束された神の前に、私たちは、そのような約束をしてきたとして確定される神の御子の死"と述べた。 Since it is a promise, access to God is not gained by works or merits by which we try to please him but by faith alone.約束があるので、アクセスできるように、神ではありませんかのメリットが認知される作品にしようと我々の信仰だけだったのですが、彼にしてください。 "For where there is the Word of the promising God, there must necessarily be the faith of the accepting man." "とはどこにあるのは、前途有望な神の言葉は、必然的に存在しなければ、信仰を受け入れることは、男は言った。 "

"Who in the world is so foolish as to regard a promise received by him, or a testament given to him, as a good work, which he renders to the testator by his acceptance of it? What heir will imagine that he is doing his departed father a kindness by accepting the terms of the will and the inheritance it bequeaths to him? What godless audacity is it, therefore, when we who are to receive the testament of God come as those who would perform a good work for him! This ignorance of the testament, this captivity of so great a sacrament, are they not too sad for tears? When we ought to be grateful for benefits received, we come arrogantly to give that which we ought to take. With unheard of perversity we mock the mercy of the giver by giving as a work the thing we receive as a gift, so that the testator, instead of being a dispenser of his own goods, becomes the recipient of ours. Woe to such sacrilege!" "人として、世界では非常に愚かな点にあることを約束して受信された彼は、彼に与えられたか、新約聖書は、良い仕事としては、彼の遺言によって彼のレンダリングを受諾することですか?どのような相続人は、彼がやっている自分を想像して故人の父親の優しさの条件を受け入れるのは、彼の遺産の相続することにbequeaths ?厚かましさは、どのような不道徳なこと、したがって、誰も我々を受け取るときに、神の証しとして来る人たちのためにいい仕事を実行するには、彼!本無知は、新約聖書は、この偉大な捕らわれているので、聖餐式のは、涙を流すためには、彼らはあまりにも悲しいですか?ときに我々の恩恵に感謝を受けた方がいいですよ、我々横柄に来ることを私たちに与えています。強情に知られていないのが我々の模擬寄贈者は、慈悲を与えるものとして、我々の仕事を贈り物として受け取るので、遺言者は、ディスペンサーの代わりに、自分の品物が、私たちが、受取人になる。悲痛をこのような冒とくだ! " (Works, XXXVI, 47 - 48) (作品は、 36 、 47 -4 8)

In his determination to break the bondage of superstition in which the church was held, Luther wrote four more tracts against the medieval perversion of the Lord's Supper.彼の決意を破るボンデージの迷信で、教会で行われた、ルーサー書いた4つの地区に対してより多くの主の夕食は、中世の倒錯。 However, he also fought doctrinal developments on the other side.しかし、彼はまた、教義上の発展の反対側に戦った。 Some who with him rejected Roman Catholic error were denying any real presence of Christ in the Supper; against them, beginning in 1524, Luther directed an attack.ローマカトリックの人が彼を拒否されたいくつかのエラーが本物の存在を否定し、キリストは、いかなる夕食;反対して、 1524始まりで、ルーサー攻撃を指示した。 In these five writings he showed that, while he rejected transubstantiation and the sacrifice of the Mass, he still believed that Christ is bodily present in the Lord's Supper and that his body is received by all who partake of the elements.彼によると、これらの5つの記述では、変質しながらも拒否されたとの質量を犠牲にし、彼はまだ肉体的に存在すると考えられ、キリストは、主の晩餐として彼の体は、すべての人の参加によって受け取ったの要素です。

"On this we take our stand, and we also believe and teach that in the Supper we eat and take to ourselves Christ's body truly and physically." "我々はこの我々の立場を取る、と信じて、私たちにも教えることは、我々の夕食を食べると自分自身を取ると肉体的に真にキリストの体です。 " While he acknowledge the mystery, he was certain of the fact of Christ's real corporeal presence inasmuch as he had said when he instituted the Supper, "This is my body."彼は謎を認めるながら、彼はその事実の特定のプレゼンス〜だけれどもキリストの真の肉体によると彼は、夕食を導入したときに、 "これは私の体です。 " If Scripture cannot be taken literally here, it cannot be believed anywhere, Luther held, and we are on the way to "the virtual denial of Christ, God, and everything."啓典を取られることができない場合、文字通りここでは、信じすることはできませんどこでも、ルーサーで行われた、として道を我々は"仮想拒否キリストは、神、そしてすべてです。 " (Works, XXXVII, 29, 53) (作品は、 37 、 29 、 53 )

Zwingliツウィングリ

Luther's main opponent among the evangelicals was Ulrich Zwingli, whose reforming activity in Switzerland was as old as Luther's in Germany.ルーサーの主な対戦相手のうち、 evangelicalsウルリヒツウィングリは、改革者としての活動は、スイス、ドイツの古いとしてルーサー。 While equally opposed to Rome, Zwingli had been deeply influenced by humanism with its aversion to the medieval mentality and its adulation of reason.ローマの平等に反対している間、ツウィングリに深く影響を受けていたと嫌悪感をヒューマニズムの中世の考え方とその理由をお世辞だ。 Luther felt an attachment to the whole tradition of the church, was conservative by nature, and had a deep mystical strain and suspicion of the free use of reason.ルーサーフェルト添付ファイル全体を教会の伝統は、保守的では、自然、そして神秘的なひずみが深いと疑惑の理由は、無料でご利用ください。

"As the one was by disposition and discipline a schoolman who loved the Saints and the Sacraments of the Church, the other was a humanist who appreciated the thinkers of antiquity and the reason in whose name they spoke. Luther never escaped from the feelings of the monk and associations of the cloister; but Zwingli studied his New Testament with a fine sense of the sanity of its thought, the combined purity and practicability of its ideals, and the majesty of its spirit; and his ambition was to realize a religion after its model, free from the traditions and superstitions of men. It was this that made him so tolerant of Luther, and Luther so intolerant of him. The differences of character were insuperable." "の1つとしては、処分されたと規律を愛したschoolmanの秘跡は、教会の聖人とは、他の人の評価ヒューマニストは、古代の思想家の名前とその理由を彼らスポーク。ルーサー決して感情からの脱出モンクや団体の回廊;しかしツウィングリ新約聖書勉強して、彼の繊細な心の健全さの思想は、合併後の純度や実用性の理念は、陛下とその精神;と彼の野望を実現するための宗教後には、モデルでは、無料で、男性からの伝統と迷信。ていたので、このことは彼を大目に見るルーサー、ルーサーだから彼の偏狭。性格の違いが克服できない"と述べた。 (H M Fairbairn, The Cambridge Modern History, II) (フムフェアベーン、近現代史のケンブリッジ、 ⅱ )

The chief differences between Luther and Zwingli theologically were Luther's inability to think of Christ's presence in the Supper in any other than a physical way and a heavy dualism that runs through much of Zwingli's thought.主任の違いがtheologicallyツウィングリルーサールーサーとできないことを考えるのは、キリストの存在を夕食には他の物理的な方法よりも重い二元論を実行すると、多くのツウィングリの考えを介しています。 The latter is seen in Zwingli's doctrine of the Word of God as both inward and outward, the church as both visible and invisible, and his conception of the means of grace as having both an external form and an inward grace given by the Holy Spirit.後者はツウィングリの教義に見られるのは神のみことばを内側と外側の両方としては、有形無形の両方の教会としては、彼の概念とは、恵みの手段として、外部の両方の形式でフォームや、内側に与えられた聖霊の恵みです。 No physical element can affect the soul, but only God in his sovereign grace.魂のない物理的な要素に影響を与えることは、彼の主権神の恵みだけです。 Thus there must be no identification of the sign with that which it signifies, but through the use of the sign one rises above the world of sense to the spiritual reality signified.このように、身分証明書がなければなりません署名していないことを意味するものではなく、サインを使用する1つの上に上昇して精神的な意味で、世界の現実を意味します。 By contrast, Luther held that God comes to us precisely in physical realities discerned by sense.対照的に、ルーサーで行われたことが、私たちの神の違いを正確には物理的な現実感覚です。

Zwingli interpreted the words of Jesus, "This is my body," in harmony with John 6, where Jesus spoke of eating and drinking his body and blood, especially vs. 63: "It is the spirit that gives life, the flesh is of no avail."ツウィングリイエスキリストの言葉を解釈して、 "これは私の体は、 "ジョン6と調和して、どこにイエスキリストのスポーク食べたり飲んだりすると血液中の彼の遺体は、特に対63 : "それは人生の精神を与え、その肉は、ありませんのでご了承願います。 " Therefore, he reasoned, not only is transubstantiation, that somehow Christ is corporeally in, under, and with the elements.従って、彼は理路整然とは、代用だけでなくは、キリストが、何らかの理由では、肉体的には、下には、その要素としています。 The doctrine of physical eating is absurd and repugnant to common sense.その教義を食べるのは、物理的な不条理や常識を気に食わない。 Moreover, God does not ask us to believe that which is contrary to sense experience.また、私たちの神を請求していませんが反していると思われる感覚を経験する。 The word "is" in the words of institution means "signifies," or "represents," and must be interpreted figuratively, as is done in other "I am" passages in the Bible.その言葉"は、 "機関という意味の言葉で"を意味する、 "または"を表し、 "比喩的に解釈しなければならないと、他のこととしては、 "私は"文章のバイブルです。 Christ's ascension means that he took his body from earth to heaven.キリストの昇天を意味し、彼は彼の体から地球を天に向かっている。

Zwingli's shortcoming was his lack of appreciation for the real presence of Christ in the Supper in his Holy Spirit and a real feeding of the faithful on Him.ツウィングリの欠点は、彼の本当の感謝の欠如の存在は、キリストと聖霊の夕食は彼の本当の摂食して、彼に忠実です。 What he needed for an adequate doctrine was Luther's belief in the reality of communion with Christ and a reception of Him in the Supper.彼はどのような教義を十分に確保するために必要なのは、ルーサーの信念と現実のキリスト聖体拝領して、彼には、夕食会を催す。 This was to be found in Calvin.これはカルビンにも認められています。

Calvinカルバン

Calvin's view of the Lord's Supper appears to be a mediate position between the views of Luther and Zwingli, but it is in fact an independent position.カルビンの見解は、主の夕食の調停に位置すると思われるルーサーとの間の意見のツウィングリが、それは実際に独立した立場だ。 Rejecting both Zwingli's "memorialism" and Luther's "monstrous notion of ubiquity" (Inst. 4.17.30), he held that there is a real reception of the body and blood of Christ in the supper, only in a spiritual manner.ツウィングリの両方を拒否する" memorialism "とルーサーの"極悪非道の概念を制覇していること" ( inst. 4.17.30 ) 、彼は本物で開かれたレセプションには、一つのキリストの肉と血を夕食には、精神的な態度でのみです。 The sacrament is a real means of grace, a channel by which Christ communicates himself to us.その聖餐式の恵みを受けては、本当の意味で、キリストの通信チャネルを自分自身にしてください。 With Zwingli, Calvin held that after the ascension Christ retained a real body which is located in heaven.ツウィングリでは、キリストの昇天カルヴィン行われた留保して後に本物の死体が天国に位置しています。 Nothing should be taken from Christ's "heavenly glory, as happens when he is brought under the corruptible elements of this world, or bound to any earthly creatures. . . Nothing inappropriate to human nature (should) be ascribed to his body, as happens when it is said either to be infinite or to be put in a number of places at once" (Inst. 4.12.19).何もしなければならないから、キリストの"天国の栄光は、彼が起こりませんように堕落しやすい要素をもたらしたの下に、この世界では、この世のすべての生き物やバウンドしている。 。 。何も不適切な人間の本性に生得的に(は)自分の体には、起こりません。それは無限大によるとされるかのどちらかに置くには、いくつかの場所をまとめて" ( inst. 4.12.19 ) 。

With Luther, Calvin believed that the elements in the Supper are signs which exhibit the fact that Christ is truly present, and he repudiated Zwingli's belief that the elements are signs which represent what is absent.ルーサーでは、カルビンの要素があると信じて夕食には、キリストの兆候を示すという事実は本当に存在する、と彼は信じているということは否定ツウィングリの兆しを表す要素は何が不在です。 Inasmuch as the doctrine of the real presence of Christ in the Supper was the key issue in the eucharistic debate, it is obvious that Luther and Calvin agreed more than did Calvin and Zwingli. 〜だけれども、キリスト教説は、本物の存在は、重要な問題では、夕食eucharistic討論、ルーサーことは明らかだと合意した以上カルヴィンとカルヴィンツウィングリでした。 The latter's conception of Christ's presence was "by the contemplation of faith" but not "in essence and reality."後者の概念は、キリストの存在"とされる信仰のもくろみ"でもない"と現実を突き詰める。 " For Luther and Calvin communion with a present Christ who actually feeds believers with his body and blood is what makes the sacrament.ルターとカルヴィン聖体拝領をプレゼントして、実際のフィードキリスト信者たちは、体とは何かを血液中の聖餐式です。 The question between them was the manner in which Christ's body exists and is given to believers.この質問の方法で、それらの間では、キリストの体が存在し、信者たちは与えられています。

In his response to this question Calvin rejected the Eutychian doctrine of the absorption of Christ's humanity by his divinity, an idea he found in some of his Lutheran opponents, and any weakening of the idea of a local presence of the flesh of Christ in heaven.彼のこの質問に対する答えを拒否されたのカルヴィンエウテュケス派の教義は、キリストの人間性の吸収された彼の神性は、彼のアイデアをいくつか見つけた彼のルター派の反対派は、そのアイデアや任意の弱体化するには、ローカルの存在は、キリストの肉は、天国です。 While Christ is bodily in heaven, distance is overcome by the Holy Spirit, who vivifies believers with Christ's flesh.身体の中にイエスキリストが、天国では、距離を克服したが、聖霊は、信者たちがキリストの肉vivifies 。 Thus the Supper is a true communion with Christ, who feeds us with his body and blood.したがって、夕食は、真のキリスト聖体拝領して、私たちは、体の人のフィードや血液です。 "We must hold in regard to the mode, that it is not necessary that the essence of the flesh should descend from heaven in order to our being fed upon it, the virtue of the Spirit being sufficient to break through all impediments and surmount any distance of place. "我々が必要と関連し、ホールドモードでは、必要なことではないが、肉の本質は、私たちのために天から下るれて育ったことは、美徳の精神が、十分なすべての障壁を打破すると任意の距離を克服するの場所です。

Meanwhile, we deny not that this mode is incomprehensible to the human mind; because neither can flesh naturally be the life of the soul, nor exert its power upon us from heaven, nor without reason is the communion which makes us flesh of the flesh of Christ, and bone of his bones, called by Paul, 'A great mystery' (Eph. 5:30).一方、我々を否定することは、このモードは、人間の心を理解できない;ためにも当然のことで、人生の肉魂は、その力を発揮する時も天から私たちは、理由もなく私たちは、聖体拝領これにより、人間の肉の肉キリストは、彼の骨と骨のは、ポールと呼ばれる、 '大きな謎' ( eph. 5:30 ) 。 Therefore, in the sacred Supper, we acknowledge a miracle which surpasses both the limits of nature and the measure of our sense, while the life of Christ is common to us, and his flesh is given us for food.したがって、聖なる夕食は、我々が、奇跡を認めるの限界を上回ります自然の両方を測定すると、我々の意味では、キリストの人生の中には、私たちに共通して、私たちに与えられたと彼の肉は食品です。 But we must have done with all inventions inconsistent with the explanation lately given, such as the ubiquity of the body, the secret inclosing under the symbol of bread, and the substantial presence on earth." (Tracts, II, 577)しかし、我々がすべて完了する必要があります発明の説明と矛盾して与えられた最近のように、体の至る所には、シンボルの下の秘密inclosingパン、そして地球上で、実質的存在だ" (路は、 2世、 577 )

Calvin held that the essence of Christ's body was its power.カルヴィン行われたことの本質は、その力をキリストの体です。 In itself it is of little value since it "had its origin from earth, and underwent death" (Inst. 4.17.24), but the Holy Spirit, who gave Christ a body, communicates its power to us so that we receive the whole Christ in Communion.それ自体は、それ以来ほとんど価値"はその起源から地球、そして死を受けて" ( inst. 4.17.24 )は、しかし、聖霊は、キリストの体を与えた人は、その力を我々が通ですから、私たち全体を受け取るキリスト聖体拝領。 The difference from Luther here is not great, for he held that the "right hand of God" to which Christ ascended meant God's power, and that power is everywhere.ルーサーここではないから、大きな違いは、彼のために開かれた"神の右手"を意味するが、神の力、キリストが即位し、その電源があふれている。 The real difference between Luther and Calvin lay in the present existence of Christ's body.ルーサーと現実の違いは、現在のカルビンレイは、キリストの体の存在です。 Calvin held that it is in a place, heaven, while Luther said that it has the same omnipresence as Christ's divine nature.カルビンの場所で行われたことは、天国で、ルーサーによると、これは、キリストの神としての性質と同じ遍在。 Both agreed that there is deep mystery here which can be accepted though not understood.両方の合意があることをここに深い謎受け入れたわけではありませんが理解することができます。 "If anyone should ask me how this (partaking of the whole Christ) takes place, I shall not be ashamed to confess that it is a secret too lofty for either my mind to comprehend or my words to declare. . . I rather experience than understand it." "この方法なら僕に言わせればならない(全体の参加者は、キリスト)が行われる、私を告白するものではないことを恥じることは、どちらかの秘密をあまりにも堂々と私の心を理解するために私の言葉を宣言するか。 。 。私の経験というよりも理解しています。 " (Inst. 4.17.32) ( inst. 4.17.32 )

Summary概要

While each of the positions declineated above sought to do justice to the Holy Supper which the Lord has given his church, and while each has in it elements of truth, Calvin's position has received widest acceptance within the universal church.上記の中にそれぞれのポジションdeclineated正義を求めて、聖なる夕食を行うが、主が彼の教会に与えられた、としている間には、各要素の真実は、カルビンの立場は、普遍的教会内で受け取った広範引き受けています。 Moreover, it is the position closest to the thinking of contemporary theologians within both the Roman Catholic and Lutheran traditions. It is a position which sees the Lord's Supper as a rite instituted by Jesus Christ in which bread is broken and the fruit of the vine is poured out in thankful remembrance of Christ's atoning sacrifice, having become, through their reception and the sacramental blessing given by the Holy Spirit, the communion (that is, a partaking) of the body and blood of Christ and an anticipation of full future salvation.また、これに最も近い位置には、現代の神学者の思考の内にローマカトリックとルター派の両方の伝統だ。 これは、主の立場では見ての夕食として、イエスキリストによって設立された儀式でパンが破られ、果実のつるは、英霊に感謝注ぎ出すatoningキリストの犠牲は、ことになる、との聖礼典を通して彼らのレセプションで与えられた祝福の聖霊は、聖体拝領(つまり、ある参加者)の肉と血を、キリストの救いの将来を見越しいっぱいです。

M E Osterhaven私osterhaven
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
"The Canons and Decrees of the Council of Trent," in Creeds of Christendom, II, ed. "の規範とは、審議会令のトレントは、 "キリスト教の信条は、 2世、エド。 P Schaff; J Pelikan and H T Lehmann, eds., Luther's Works; J Calvin, Institutes of the Christian Religion, ed. pシャフ; ht jペリカンとレーマンは、 EDS社。 、ルーサーの作品; jカルヴィンは、塾は、キリスト教の宗教、エド。 J T McNeill, and Tracts Relating to the Reformation; G W Bromiley, ed., Zwingli and Bullinger; K McDonnell, John Calvin, the Church, and the Eucharist; D Bridge and D Phypers, Communion: The Meal That Unites?日本たばこ産業マクネイル、および路と関連して改革; bromileyギニアビサウ、エド。 、ツウィングリとブリンガー; kマクドネル、ジョンカルビン、教会、そして聖体; d橋とD phypers 、聖体拝領:食事をして、米国の州ですか?


The Last Supper最後の晩餐

Catholic Information カトリック情報

The meal held by Christ and His disciples on the eve of His Passion at which He instituted the Holy Eucharist.食事で行われたとされたキリストの弟子の前夜彼の情熱を導入したが、彼は聖体。

TIME時間

The Evangelists and critics generally agree that the Last Supper was on a Thursday, that Christ suffered and died on Friday, and that He arose from the dead on Sunday.通常の伝道者や評論家の最後の晩餐に同意するものとしていた木曜日、金曜日にはキリストの苦しんで死んでしまったのは、彼が生じたとしてから、日曜日に死んだ。 As to the day of the month there seems a difference between the record of the synoptic Gospels and that of St. John. 1日としては、 1カ月に違いがあるようだが、記録の共観福音書の聖ヨハネgospelsとしています。 In consequence some critics have rejected the authenticity of either account or of both.拒否されたいくつかの批評家が、結果の信ぴょう性のどちらかまたは両方のアカウントです。 Since Christians, accepting the inspiration of the Scriptures, cannot admit contradictions in the sacred writers, various attempts have been made to reconcile the statements.以来、キリスト教徒は、聖書の霊感を受け入れるのは、矛盾を認めることはできない神聖な作家で、さまざまな試みが行われましたステートメントを和解されます。 Matthew 26:17 says, "And on the first day of the Azymes"; Mark 14:12, "Now on the first day of the unleavened bread, when they sacrificed the pasch"; Luke 22:7, "And the day of the unleavened bread came, on which it was necessary that the pasch should be killed".マタイ26:17によれば、 "と、初日のazymes " ;マーク14時12分、 "今は、種なしパンの最初の日に、かれらの犠牲pasch " ;ルーク22時07分"との日この種なしパンが来た時、それを必要としていた殺害paschしなければならない" 。 From these passages it seems to follow that Jesus and his disciples conformed to the ordinary custom, that the Last Supper took place on the 14th of Nisan, and that the Crucifixion was on the l5th, the great festival of the Jews.これらの通路からして、イエスに従うようにして弟子に適合して普通のカスタムは、その最後の晩餐が行われたのは14日ニッサン、としていたのは、はりつけl5th 、ユダヤ人の偉大なお祭りです。 This opinion, held by Tolet, Cornelius a Lapide, Patrizi, Corluy, Hengstenberg, Ohlshausen, and Tholuck, is confirmed by the custom of the early Eastern Church which, looking to the day of the month, celebrated the commemoration of the Lord's Last Supper on the 14th of Nisan, without paying any attention to the day of the week.この意見によれば、保有してtolet 、コルネリウスするラピデ、 patrizi 、 corluy 、ヘングステンベルク、 ohlshausen 、およびトールク、カスタムが確認された東部の教会では、初めには、一日目は、 1カ月には、著名な記念して、主の最後の晩餐ニッサンは、 14日には、任意の注意を払うことなく、曜日です。 This was done in conformity with the teaching of St. John the Evangelist.これに準拠して、授業が行われた聖ヨハネの福音伝道。 But in his Gospel, St. John seems to indicate that Friday was the 14th of Nisan, for (18:28) on the morning of this day the Jews "went not into the hall, that they might not be defiled, but that they might eat the pasch".しかし、彼の福音書は、聖ヨハネようによりますと、 14日の金曜日には、ニッサンは、 ( 18時28分)は、この日の朝には、ユダヤ人"を行ったホールは、 defiledことかもしれないが、それもpasch食べるのかもしれない" 。 Various things were done on this Friday which could not be done on a feast, viz., Christ is arrested, tried, crucified; His body is taken down" (because it was the parasceve) that the bodies might not remain upon the cross on the sabbath day (for that was a great sabbath day)"; the shroud and ointments are bought, and so on.今週の金曜日に行われた様々なものをごちそうして行われることができなかった、 viz 。 、キリストが逮捕され、しようとは、十字架につけられ;彼の遺体がとらダウン" ( parasceveだったので)残っていないかもしれないが、遺体を十字架上で安息日(安息日のためには偉大な) " ;のシュラウドや軟膏が買って、といったようになっています。

The defenders of this opinion claim that there is only an apparent contradiction and that the differing statements may be reconciled.この意見の守備のクレームがあることを明らかに矛盾するだけ異なる発言かもしれないと仲直りしている。 For the Jews calculated their festivals and Sabbaths from sunset to sunset: thus the Sabbath began after sunset on Friday and ended at sunset on Saturday.彼らは、ユダヤ人のためのお祭りや計算sabbaths日没から日没:したがって、日没後に始めた安息日金曜日と土曜日の日没に終わった。 This style is employed by the synoptic Gospels, while St. John, writing about twenty-six years after the destruction of Jerusalem, when Jewish law and customs no longer prevailed, may well have used the Roman method of computing time from midnight to midnight.このスタイルが採用される総観gospels 、聖ヨハネながら、 26年後の書き込みについては、エルサレムの破壊は、ユダヤ教の時にはもはや優勢と税関法とは、使用されるかもしれないが、ローマ法の計算時間を午前零時から午前零時。 The word pasch does not exclusively apply to the paschal lamb on the eve of the feast, but is used in the Scriptures and in the Talmud in a wider sense for the entire festivity, including the chagigah; any legal defilement could have been removed by the evening ablutions; trials, and even executions and many servile works, though forbidden on the Sabbath, were not forbidden on feasts (Numbers 28:16; Deuteronomy 16:23).という言葉を排他的に適用していないpasch過ぎ越しの小羊の前夜の宴会ではなく、聖書とは、使用されてタルムードでは、より広い意味では、全体のお祭りなど、 chagigah ;いかなる法的defilementされる可能性があるから削除されて夕方の洗面;裁判は、さらに多くの卑屈な処刑と取り組んでいますけど、安息日に禁じられては、禁じられていなかったの宴( 28:16数字;申命記16 : 23 ) 。 The word parasceve may denote the preparation for any Sabbath and may be the common designation for any Friday, and its connexion with pasch need not mean preparation for the Passover but Friday of the Passover season and hence this Sabbath was a great Sabbath.その言葉parasceve可能性に備えて、任意の安息日示す可能性があるとの共通の指定を任意の金曜日、 connexionとその必要はないという意味でpaschのための準備ペサハペサハしかし、今シーズンの金曜日と安息日したがってこれは偉大な安息日。 Moreover it seems quite certain that if St. John intended to give a different date from that given by the Synoptics and sanctioned by the custom of his own Church at Ephesus, he would have said so expressly.しかもそれはかなりの聖ヨハネ特定している場合、別の意図を与えることで指定された日付からsynopticsの認可を受けると、自分の教会では、カスタムのエフェソス、彼は、これによると明示した。 Others accept the apparent statement of St. John that the Last Supper was on the 13th of Nisan and try to reconcile the account of the Synoptics.見掛け上の声明を受け入れる他の聖ヨハネは、最後の晩餐のニッサンは、 13日には、そのアカウントを仲直りしてみては、 synoptics 。 To this class belong Paul of Burgos, Maldonatus, Pétau, Hardouin, Tillemont, and others.このクラスに属するポールのブルゴス、 maldonatus 、 pétau 、アルドゥアン、ティユモン、および他のです。 Peter of Alexandria (P.G., XCII, 78) says: "In previous years Jesus had kept the Passover and eaten the paschal lamb, but on the day before He suffered as the true Paschal Lamb He taught His disciples the mystery of the type."ピーターアレクサンドリア(以上観覧可、 92 、 78 )によれば: "イエスは、前の年の保管ペサハと食べ過ぎ越しの小羊のではなく、彼の前の日に苦しんで、真の復活祭の子羊としての彼の弟子に仕込んだ謎のタイプです。 " Others say: Since the Pasch, falling that year on a Friday, was reckoned as a Sabbath, the Jews, to avoid the inconvenience of two successive Sabbaths, had postponed the Passover for a day, and Jesus adhered to the day fixed by law; others think that Jesus anticipated the celebration, knowing that the proper time He would be in the grave.他人と言う: pasch以来、落下して、その年の金曜日、無視された安息日は、ユダヤ人は、 2つの連続するのを避けるために不便sabbaths 、ペサハのためには、一日に延期し、この日に固定されたイエスキリストに付着法;他の予想はイエスだと思う祝賀会は、適切な時期と知って、彼の墓になる。

PLACE場所

The owner of the house in which was the upper room of the Last Supper is not mentioned in Scripture; but he must have been one of the disciples, since Christ bids Peter and John say, "The Master says".家の所有者の部屋では、最後の晩餐の上部に記載さではない啓典;しかし、彼の弟子の1つ必要がありますが、ピーターとジョンと言うので、キリストの単価は、 "主人によれば" 。 Some say it was Nicodemus, or Joseph of Arimathea, or the mother of John Mark.ニコデモと言うことがいくつか、またはarimatheaジョセフの、あるいはその母親のジョンマーク。 The hall was large and furnished as a dining-room.このホールは、広々とした中長期として、ダイニングルームです。 In it Christ showed Himself after His Resurrection; here took place the election of Matthias to the Apostolate and the sending of the Holy Ghost; here the first Christians assembled for the breaking of bread; hither Peter and John came when they had given testimony after the cure of the man born lame, and Peter after his liberation from prison; here perhaps was the council of the Apostles held.彼の後に自分自身でそれを示し、キリストの復活;ここで行われた選挙のマティアスapostleの職を送信すると、聖霊;ここで、最初のキリスト教徒のパンを破るために組み立てられた;こちらへ来た時、ピーターとジョンの証言後、彼らは与えられた治療法は、足の不自由な男に生まれ、そしてピーター刑務所から解放後に彼;ここでは、おそらく、使徒評議会で開かれた。 It was for awhile the only church in Jerusalem, the mother of all churches, known as the Church of the Apostles or of Sion.それは、エルサレム教会だけで、しばらくは、母親のすべての教会は、教会の使徒として知られたり、シオン。 It was visited in 404 by St. Paula of Rome. 404を訪問していたローマの聖ポーラ。 In the eleventh century it was destroyed by the Saracens, later rebuilt and given to the care of the Augustinians.は、 11世紀のサラセンズによって破壊されることが、後のケアを再構築するとは、与えられたaugustinians 。 Restored after a second destruction, it was placed in charge of the Franciscans, who were driven out in 1561. 2番目の破壊を復元した後、担当して置かれていたfranciscans 、 1561人に追い出された。 At present it is a Moslem mosque.現時点では、モスクmoslem 。

SEQUENCE OF EVENTSシーケンスのイベント

Some critics give the following harmonized order: washing of the feet of the Apostles, prediction of the betrayal and departure of Judas, institution of the Holy Eucharist.調和を与えるために、次のいくつかの批評家:使徒の足を洗うのは、予測の出発ユダの裏切りとは、教育機関の聖体。 Others, believing that Judas made a sacrilegious communion, place the institution of the sacrament before the departure of Judas.他は、ユダの前にあると信じて冒とく聖体拝領、聖餐式を置き、教育機関は、出発前にユダのです。

IN ART芸術

The Last Supper has been a favourite subject.最後の晩餐をお気に入りに服従されています。 In the catacombs we find representations of meals giving at least an idea of the surroundings of an ancient dining hall. catacombs表明を見つけるのは、我々のアイデアの食事を与えて、少なくともその環境で、古代の食堂です。 Of the sixth century we have a bas-relief in the church at Monza in Italy, a picture in a Syrian codex of the Laurentian Library at Florence, and a mosaic in S. Apollmare Nuovo at Ravenna. 6世紀の我々は、教会では、浅浮き彫りイタリアモンツァでは、写真は、シリアのコーデックスローレンシア図書館では、フィレンツェ、そして米apollmareヌオーヴォでは、モザイクラベンナ。 One of the most popular pictures is that of Leonardo da Vinci in Santa Maria delle Grazie, Milan.画像の1つで最も人気のあるのは、レオナルドダヴィンチのサンタマリアデッレグラツィエでは、ミラノ。 Among the modern school of German artists, the Last Supper of Gebhardt is regarded as a masterpiece.ドイツの現代アーティストのうち、学校では、最後の晩餐のゲプハルトは傑作と見なされています。

Publication information Written by Francis Mershman.フランシスmershman書かれた文献の情報です。 Transcribed by Scott Anthony Hibbs.転写されたスコットアンソニーヒッブス。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.カトリック百科事典は、 14巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認は、 12年7月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

FOUARD, The Christ, the Son of God, tr. fouard 、キリストは、神の御子は、 tr 。 GRIFFITH, II (London, 1895), 386; MADAME CECILIA, Cath.グリフィスは、 2世(ロンドン、 1895 ) 、 386 ;マダムセシリア、カテーテル法です。 Scripture Manuals; St. Matthew, II, 197; The Expository Times, XX (Edinburgh, 1909), 514; Theolog.啓典マニュアル;マタイ、 2世、 197 ;の解説タイムズは、 XX社(エジンバラ、 1909 ) 、 514 ; theolog 。 praktische Quartalschrift (1877), 425; LANGEN, Die letzten Lebenstage Jesu (Freiburg, 1864), 27; KRAUS, Gesch. praktische quartalschrift ( 1877 ) 、 425 ;ランゲンは、主イエス死ぬletzten lebenstage (フライブルク、 1864 ) 、 27 ;クラウス、 gesch 。 der chr.デアchr 。 Kunst, s.クンスト、米 v. Abendmahl; Stimmen aus Maria Laach, XLIX, 146; CHWOLSON in Mém.対abendmahl ; stimmen ausマリアlaach 、 49 、 146 ; chwolsonでmém 。 de l'Acad.デl' acad 。 impér. impér 。 des Sciences de St. Pétersbourg, 7th ser., XLI, p.科学デサンデpétersbourg 、 7日Serのです。 、 41 、 p. 37; VIGOUROUX, Dict. 37 ; vigouroux 、辞書です。 de la Bible (Paris, 1899), s.デラ聖書( 1899 ) 、米 vv. vv 。 Cène; Cénacle, where a full bibliography may be found. cène ; cénacle 、完全な文献情報はどこで見つかるかも知れません。


We Received the Following Comment我々 、以下のコメントを受け取った

Subj: Calvinistic Bias on the Lord's Supper件名: calvinisticバイアスは、主の夕食

Dear Friends:親愛なる友人:

Bias is very difficult to avoid and I am sure that you have done your best.バイアスを避けるためには非常に難しいと私は確信して実行する必要があなたのベストです。 Therefore, I expect you to receive this criticism as something beneficial for your service in educating people on the Christian faith.したがって、私の予想を受け取る場合、このような批判をして何か有益な教育サービスでは、キリスト教信仰の人々だ。

On the topic of the Lord's Supper, you use the word, "Consubstantiation" to identify the Lutheran teaching.その話題については、主の夕食は、その言葉を使用し、 "共在説"を識別するルター派指導。 Lutherans don't use this word to describe their own teaching. lutheransこの単語は使用しないで、自分の教えを説明する。 It is rather the Reformed who use it to describe the Lutheran position.使用しているとはいえ、改心した人のルター派の立場を説明することです。 It is a misleading word.それは誤解を招く単語です。 The Lutheran doctrine cares little about whether or not the bread remains bread.ルター派教義の心配事についてはほとんどないかどうかは、パンはパンです。 We simply won't impose a Thomistic (or any other) philosophy on a biblical doctrine.我々だけではないthomistic課す(またはその他の)哲学上で聖書の教義。 I know that it is quite common for the Reformed to use this word to describe the Lutheran teaching, but this does not make it acceptable.それは分かって改心したことが、かなり共通して使用するために、この言葉を教えることを説明するのルター派が、これ許容することはありません。 Luther, the Lutheran Confessions, and Lutheran Orthodoxy are far more critical of the view that the Supper is not Christ's true body and blood than they are of the view that the bread and wine have changed.ルーサーは、自白のルター派は、ルター派正統主義とは、はるかに重要なのではないとの見解を、夕食の血よりも、キリストの真の体との見解で、彼らはパンとワインが変更されました。

Furthermore, the assertion that Lutherans today are closer to Calvin's view of the real presence than to Luther's view is simply false witness.しかも、今日はlutheransという主張に近い部分には、カルビンの見解よりも本物の存在感を偽証するのは、単にルーサーの見解だ。 You really ought to correct this.君には本当にこれを是正すべきだ。 I am a confessional Lutheran who subscribes without any reservation to the Lutheran Confessions.私は、ルター派告白なしで予約購読者ルター派告白している。 Ask your contributors to read our Confessions and then to write articles on our doctrine.私達の読みなさい寄稿者に依頼して自白して、それから私たちの教義に記事を書いています。 It is unfair to appoint a writing task to one who is ignorant of his topic.不当な書き込みを任命することが1つのタスクを知らない人は彼の話題です。 If you would like further information, you may write to me, or to any of the seminary faculties of the Evangelical Lutheran Synod, the Wisconsin Evangelical Lutheran Synod, or the Lutheran Church - Missouri Synod.さらなる情報を希望される場合は、お勧めの書き込みを私には、いずれかの神学校や能力には、福音ルーテル教会会議は、ウィスコンシン福音ルーテル教会会議や、ルーテル教会-ミズーリ教会会議です。 Any one of these seminaries would be happy to correct for the benefit of your readers the various articles that are written concering the doctrine of Lutheranism.これらのいずれか1つを修正seminaries喜ん読者の利益のために、お客様の様々なことが書かれた記事のconceringルター主義の原則だ。

Thank you for your kind consideration of my criticisms!お問い合わせいただきありがとうございます私のような批判的考察!

Sincerely,よろしくお願いいたします。

(Rev.) Rolf D. Preus, pastorロルフd. preus (牧師) 、牧師
River Heights Lutheran Church (Evangelical Lutheran Synod)リバーハイツルーテル教会(福音ルーテル教会会議)


Editor's Notesエディタの注意事項

There are some differences between the celebration of the Eucharist in various Churches.祝賀会の違いがいくつかありますが、様々な教会の聖体。 For more extensive discussion, including Advanced Information articles, please also see the (Catholic oriented) Mass presentation, linked below.より広範な議論のため、詳細な情報を含む記事は、次も参照してください(カトリック指向)質量プレゼンテーションは、リンクをご覧ください。

It is generally accepted by Christian scholars that the last meal of Jesus was a (Jewish) Seder meal which is part of the Passover celebration.一般的に受け入れられることは、キリスト教の学者たちは、イエスキリストの最後の食事は、食事のセダー(ユダヤ人)が、ペサハ祝賀部分です。 BELIEVE contains a presentation on the Seder which includes the specific foods and procedures involved, along with the Jewish (historic) reasons for them.信じ含んでプレゼンテーションして、特定の食品が含まれてセーデルや手続きにかかわるとともに、ユダヤ教(歴史的)な理由を持っています。 References to Christian adaptations of the Seder are also included.参考文献には、キリスト教の翻案セーデルも含まれています。


The subject is an example of probably around 30 different important Christian subjects where individuals can apply their own preconceptions and assumptions to arrive at their own conclusions.件名には、さまざまな重要な例では、おそらく、およそ30人がキリスト教の科目で、自分の先入観を適用すると仮定して、独自の結論に到着する。 Catholics choose to believe that the bread "actually turns bloody" in the process of eating it, although they agree that there are NO outward signs of it. There is no possible way to argue against such a claim! If you had a dream or a nightmare last night, no one has any possible way of arguing that you did not, because it was a personal experience that cannot be confirmed or disputed by anyone else. So, if Catholics are right about the "becoming bloody" viewpoint, no critic could ever "prove" them wrong but also, they could never "prove" that they are right.カトリック教徒のパンを選ぶということを信じる"と、実際の電源が流血"の過程を食べることは、彼らに同意するものと外側の兆候がないことです。 そこではない可能性を主張するようなやり方に反対の論陣を張る!ていた場合は、夢や昨夜の悪夢は、誰がどんな方法の可能性を主張していないので、それは個人的な経験をして確認することはできませんかほかの誰にも係争中ですので、もし権利については、カトリック教徒は、 "流血になる"との観点は、評論家の可能性なしこれまで"を証明する"として間違っても、彼らは決して可能性"を証明する"とされている権利です。

Luther, and Calvin, and others, each felt that this was an illogical conclusion, and, more specifically, that the Bible does not clearly support the "bloody" interpretation. Some Protestants came to conclude that the bread was "merely symbolic" of the Lord, while others (following Luther) felt it really became the Lord, but in a non-bloody way.ルーサー、およびカルビン、および他のは、それぞれの感じたことは、この不合理な結論を出す、とは、具体的には、聖書にはないことを明確に支持する"血なまぐさい"と解釈した。 いくつかのプロテスタントを締結して来たパンは、 "単に象徴"とは、主に、他の(次のルーサー)は、主に実際に感じたことではなく、流血以外の方法です。

No one can either "prove" or "disprove" any of these viewpoints either. いいえのいずれか1つのこと"を証明する"または"反証"のいずれかの視点のどちらかだ。

It is a subject on which there can never be agreement! Each group has applied their own preconceptions and assumptions and decided on a specific conclusion/interpretation. Since the Bible does not include sufficient details to tell that one or another is more correct, they each should be considered "equally correct" (personal opinion), and therefore totally valid FOR THAT GROUP. これは、件名での合意が絶対にあるよ!各グループでは、自分の先入観を適用することを決めたと仮定して、特定の結論/解釈です。 聖書には含まれていないので、十分な詳細を伝えることの方が正しいことの1つまたは別のは、彼らの各考慮しなければならない"と同様に正しい" (個人的意見) 、およびそのグループしたがって完全に有効です。 Therefore, we see no cause or basis to criticize Catholics for their conclusion regarding Transubstantiation.従って、我々を批判する根拠はないと見るの原因やカトリック教徒については、結論を代用。 But we also see no cause or basis to criticize Zwingli et al for a purely symbolic understanding.しかし、我々も参照していないかの原因を批判する根拠ツウィングリらは、純粋に象徴的な理解だ。

Our Church feels that such arguments are pretty much irrelevant. What REALLY is important is how the Eucharist is perceived by and affects the specific person that partakes in it. If a person simply eats it, as a mundane piece of bread, it has no merit, in ANY Church!私たちの教会は感じているような引数はかなり低い。 実際には何が重要なのは、聖体がどのように知覚される、特定の人に影響を及ぼすことpartakesしてください。場合、単に人が食べることは、日常的な作品としてのパン、メリットがないことは、任意の教会! However, if the person's heart is deeply affected by the Rite (the REAL desire of the Lord), then it is valid, no matter what the opinions on interpretation might be.しかし、もしその人の心に深く影響を受けるのは、儀式(本当の願いは、主) 、そしてそれは有効ですが、どんな意見を解釈かもしれない。

We have a rather different thought to offer up on the subject!我々はどちらかというと違う考えを提供して服従する! Modern science has proven that there are an unbelievable number of atoms in even a small amount of any liquid or solid (Avogadro's number).近代科学がそのことを証明している人は、原子の数でさえ信じられないほど少量の液体や固体いかなる(アボガドロ数) 。 If there is a cup of coffee on your desk, or a glass of pop, or a Ritz cracker, or a candy bar, there are something like 100,000,000,000,000,000,000,000 atoms in it.一杯のコーヒーがあればあなたの机の上、または一杯のポップは、リッツやクラッカーやキャンディーバーでは、 100000000000000000000000原子のようにしてください。 When Jesus Lived, He breathed!イエスに住んとき、彼は息! Every breath He exhaled had water vapor in it and carbon dioxide, atoms and molecules that HAD BEEN PART OF HIS BODY.彼はすべての息が吐き出される水蒸気と二酸化炭素を交換することで、原子や分子していた自分の体の一部です。 A number of years back, I studied this subject carefully.数年前に、この問題を慎重に勉強しちゃった。 The winds of the world distribute such air, including those molecules, all around the world, within a couple years.風を配布するなど、世界の空気は、それらの分子を含め、全世界で、 2,3年です。 As a wheat plant is growing in Kansas, it takes in carbon dioxide and water vapor from the air, which then become part of that plant!小麦の栽培植物としては、カンザス州では、かかるが、二酸化炭素や水蒸気からの空気は、その後の植物の一部になること! The point here is that some of those molecules had actually been part of the Body of Jesus 2000 years earlier!ここでのポイントは、これらの分子が実際にあったいくつかの団体は、 2000年以前のボディイエス! I did the math on this, and was amazed!私は、数学では、とは驚いた! Every mouthful of that coffee certainly contains around a MILLION atoms that had once physically been part of the Body of Jesus!確かに含まれるすべてのコーヒーを口の周りには100万回原子物理的にされていた部分は、イエスキリストのボディ! Similar for crackers or candy bars!クラッカーやキャンディーバーでもほぼ同じです!

This is really an entirely different subject, but it certainly is an established fact.本当にこれは、全く別の件名が、それは、既成の事実は確かだ。 I see it as sort of affecting such arguments regarding the Nature of the Eucharist.私の見るところに影響を及ぼすような種類の引数としての性質についての聖体。 If someone wanted to think that the million atoms that ACTUALLY had been part of the Body of Jesus were "bloody", I cannot really argue against that, because some/most of those atoms certainly had been His blood and His flesh.もし誰かと思うと、 100万原子指名手配していた、実際のイエスキリストの体の部分は、 "流血"と、私は本当に反対の論陣を張ることは、いくつかの理由/原子確かにいた人のほとんどは、彼の血液や彼の体を引き裂いた。 However, if a different person would choose to look at that coffee as more "symbolic", well that is also sort of true!しかし、もし、別の人がコーヒーを選ぶようにしてこちらを見て"象徴的な"と、井戸でもある種の真実!

This is brought up to try to show that "arguments" on "human important perceptions" are probably not really very important.これは育つことを証明してみてください"引数"を"人間の重要な認識"とは恐らく非常に重要ではない。 Also, that you might look at EVERY piece of bread, and meat, and vegetable, and every glass of any liquid, in a new light!また、その場合は、すべての作品を見て、パン、肉、野菜、そしていかなるごとにコップ1杯の液体は、新たな光を! With the proper mind-set, I believe, one could see that EVERY bite of food and every sip of liquid is arguably "of Christ" in a VERY direct way!適切な心境では、と信じ、かむごとに1つの可能性を参照してすべての食品や液体をすするのは、間違いなく"キリスト"は、非常に直接的な方法! Instead of just sucking down a Pepsi, look at it for a moment, and contemplate these facts.ペプシしゃぶりダウンするだけではなく、それを見てしばらくすると、これらの事実を直視する。 I have a VERY large number of "religious experiences" in this way!私には非常に多くの"宗教的体験"をこのように!

Some Christians might get upset over the molecule discussion above.キリスト教徒は怒るかもしれないが、いくつかの分子の上に議論した。 NO, it is NOT meant as any replacement for Faith perceptions of the Eucharist!いいえ、それを置き換えるものではないという意味として信仰をくつがえすことは、いかなる聖体! It is NOT to imply that Faith perceptions are incorrect or incomplete.信仰ではないことを意味して認識が間違っているか不完全です。 Just the reverse!ちょうどその逆! Our small Church encourages all Members to spend a few seconds contemplating the wafer or bread about to be taken in the Eucharist Rite, in order to realize, in ADDITION to the Faith importance as described by their Church, the ACTUAL FACT that they are looking at and about to ingest ACTUAL PHYSICAL PARTS of the Body of Jesus!私たちの小さな教会のすべてのメンバーを奨励し、数秒で過ごすcontemplatingについては、ウエハーやパン、聖体の儀式に服用し、実現するためには、信仰の重要性に加えて、彼らの教会で記述されるとして、かれらは、実際の事実を見て約を摂取すると実際の物理的なパーツオブザボディイエス! Personally, I often get a shiver, in realizing just how intimately Jesus is to me in that Rite!個人的には、私がよく震える取得は、どのように実現するだけでは、イエスキリストを密接にして私の儀式! We hope that is also true among the Congregation!我々が期待して集まった人々の間でも本当!


Newer Additional Comments (Nov 2005) by the Editor of BELIEVE.新しいコメントを追加される( 2005年11月)の編集者と信じています。

I sometimes wonder how Members of the Clergy might act if they were to interact with Jesus Himself, without realizing it!私ときどきワンダーのメンバーはどのように行動するかもしれないの聖職者を経由した場合に彼らはイエス様自身は、知らず知らずよ! Several Lutheran Ministers have behaved to us in extremely poor ways on this subject!ルター派の取った行動は、私たちがいくつかの閣僚がこの問題について非常に貧しい人々の方法があります! And after an initial mean-spirited e-mail that accuses BELIEVE of being an adversary of Lutheranism, often with amazingly harsh language, I have always assured them that BELIEVE is NOT "against Lutheranism" and in fact always wants to improve any of the 1300 class=qxt>This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです usually asking for their assistance in improving this particular presentation.そして後にすると、最初に電子メールで意地悪なことと思われていると非難し、敵対者のルター主義は、しばしば驚くほど荒々しい言葉で、私はいつも安心して信じることではない"と反対ルター主義"とし、事実を向上させるため、常に望んで1300のいずれかの件名プレゼンテーションと信じている場合がありますが不正確または不完全な、彼らの支援を求めると、通常は、この特定のプレゼンテーションを向上させる。 A Lutheran Minister just reacted to that request by saying that he didn't see any reason that he should have to do our research!ルター派大臣に要請されたことだけで反応していないと言って、彼はそれを参照して何らかの理由で彼は我々の研究を行うはず! OK!うん! That's fine, but without any cooperation from Lutheran Ministry, it is hard for a non-Lutheran (a Non-Denominational Protestant Pastor) to truly learn Lutheran attitudes.それは構わないが、それルター派省からの協力なしで、それは容易では、非ルーテル(プロテスタント教会の牧師、無宗派)を真にルター派的な姿勢を学ぶ。

I will attempt to describe the issue, as best I understand it.私はこの問題を説明する試みは、私の理解として最良です。

As far as we can find from research, the word Consubstantiation has absolutely no other usage other than to supposedly describe the Lutheran belief regarding the Eucharist.から見つけることができる限り研究では、共在説は全くないという言葉以外の他の使い方を説明してルター派といわれて聖体に関する信念です。 However, Lutheran Clergy seem to go ballistic regarding the very existence of the word!しかし、ルター派の聖職者の弾道に行くようにという言葉の存在について、非常に! Now, if the "definition" of the word Consubstantiation is inaccurate, I could easily see why Lutherans would want to correct it.さて、もし、 "定義"という言葉の不正確な共在説は、なぜ私が簡単に分かるようにしたいlutherans修正してください。 But that has never been their interest, in dozens of Lutheran Clergy who have complained about the above (scholar-written) articles.しかし、彼らの関心は証明されて、数十人のルター派の聖職者たちの苦情については、上記の(学者が書いた)の記事です。 They always are intensely outraged (and most very clearly express extreme outrage!) at the very word itself!彼らはいつもは強烈激怒(非常に明確で、最も極端に激しい怒りを表明する! )は、非常に言葉そのもの! In every case, I have calmly tried to ask why, and none have ever responded to that question.すべてのケースでは、私は理由を聞いて冷静にしようと、およびnoneが今までの質問に回答しています。

That attitude COULD make sense, IF the word Consubstantiation had some second meaning, a usage where the meaning is clearly different from Lutheran belief regarding the Eucharist.態度を取る可能性を理解することは、いくつかの場合、 2番目の単語の意味を共在説は、どこにあるの使用は明らかに違うの意味について、聖体ルター派の信念だ。 No Lutheran Clergy has never indicated that there is any other such usage.ルター派の聖職者は、決してないがあることを示し、他のこのような使い方です。

This then seems REALLY confusing to me!それから実際にこのよう紛らわしいことを言うな! At this point in each communication, I usually refer to the word "mousepad", which, as far as I know, only has a single usage, that little area on which a computer mouse moves around.この時点で、各通信は、私の言葉を参照して、通常"マウスパッド"と、これは、私の知る限りでは、 1つのみが使用するには、あの小さなエリアにマウスを移動しているコンピュータの周りにいる。 If someone became intensely emotionally irritated by the word "mousepad", I would wonder why.極度に感情的になった場合にイライラさせるという言葉を"マウスパッド"と、私はなぜです。 With no other know usage, WHATEVER the definition of that word is, it MUST have something to do with a mouse and moving it around!知っているし、他の用途は、その単語の定義が何であれ、それに関与している必要がありますから、マウスを移動することと周り! So even if a definition was considered inaccurate, doesn't it make more sense to attempt to refine the definition to being more correct than to become abusive and mean-spirited because the word mousepad was used?だからとみなされた場合でも、不正確な定義は、より多くの感覚を作ることはない試みを絞り込み、定義されているよりももっと正しいことになるので、虐待と意地悪な言葉が使われたマウスパッドですか?

In my interactions with Lutheran Ministers on this one subject, I have started to wonder how well they have their acts together!ルター派閣僚のやりとりをして私に服従して、この1つは、私が始めているかれらにはどのような行為ワンダー一緒! Some have insisted that, yes, Luther described this view, but later abandoned it, and yes, Melanchthon first used that word but also later refuted it completely.いくつかあると主張して、はい、このビューで説明ルーサーが、その後放棄すること、そしてはい、最初に使用され、その単語だけでなくメランヒトン後でそれを完全に否定した。 Does this mean that Lutheran beliefs today are not compatible with what Luther had believed as he initiated the Protestant Reformation?ルター派は、この信念を意味して今日の互換性がないものとして考えられていた彼はルーサー改革を開始したプロテスタントですか? (seems like a fair question). (公正な質問をするように思えます) 。 Other Lutheran Clergy have "announced" to me that Luther had never used such a word (which is true!) and that it first was used around 60 years later, around 1590.他のルター派の聖職者が"と発表した"と私に言っていたルーサーそのような言葉を使ったことがない(これは本当! )で、それを最初に使われた約60年後、約1590 。 Yet other Lutheran Clergy insist that the word Consubstantiation was used (either 100 or 200 years) before Luther, and some of those claims say that Scotus first used it.まだ他の共在説ルター派聖職者という言葉が使われたと主張して( 100や200年のいずれか)を前にルーサー、およびそれらのいくつかのscotus主張して最初に使用されると言うことです。 But none have ever provided BELIEVE with actual texts of any of these things, and instead only refer to MODERN Lutheran texts.しかし、いずれも実際のテキストが今までに提供して信じるのうちどれか1つのことは、現代のルター派との代わりにテキストのみを参照してください。 The standards of BELIEVE are such that that is not good enough!この基準は、そのようなことを信じることは十分ではない! If we are to dump the work of a highly respected Christian scholar (our included texts), we would need REALLY good evidence and documentation!ダンプの仕事をしている場合、我々は非常に尊敬するキリスト教の学者(私たちのテキストに含まれる)は、我々が必要な証拠やドキュメントを本当にいい!

Even if someone used that specific word prior to Luther, that does not necessarily mean that it did or didn't mean the same thing.誰か特定の単語が使われている場合でもルーサー前には、そのことを意味するわけではないが、同じことを言うつもりはなかったんだ。 The word "mouse" has been around for thousands of years, but never referred to any part of a computer until twenty years ago!という言葉を"マウス"とされて何千年ごろ、しかし決して言及しているコンピュータのすべての部分で20年前まで! Should we read a Shakespeare mention of a mouse with outrage, in not properly also referring to the computer?我々は、シェークスピアを読むに言及して、マウスの怒りは、適切にも言及していないコンピュータですか?

In any case, all we want are actual facts.いずれにせよ、我々は、実際にすべての事実です。 Except for these aberrant Lutheran Clergy Members, we actually strongly support the Lutheran Church and wish to improve BELIEVE to better present their beliefs.迷入ルター派の聖職者を除いて、これらのメンバーのように、実際に我々を強く支持する願いを向上させるためのルーテル教会と信じて自分の信念をより良いプレゼントです。 But, regarding this one word, Consubstantiation, they seem to immediately get angry and vengeful and go into attack-mode, without (yet) ever providing actual evidence (not counting recent articles of their peers) which is what we actually need.しかし、この1つの単語については、共在説は、すぐに目くじらを立てるようにして報復攻撃モードに入ると、実際に提供することなく(まだ)これまでの証拠(彼らの最近の記事を数えていないピア)我々が実際には何が必要です。 For example, if Scotus actually used the term Consubstantiation, we would just need the name of the book and the page number, so we could research the context in which the word was used.たとえば、実際に使われている場合の任期scotus共在説は、我々が必要なだけで、その本の名前とそのページ数は、今我々が研究の文脈でその言葉が使われた。

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです