Liberal Catholicismリベラルカトリシズム

Advanced Information 高度情報

A response by a minority of Catholic intellectuals to the French Revolution and nineteenth century European liberalism, liberal Catholicism may be seen as a chapter in the history of reform Catholicism which has long contended with the majority, conservative, and authoritarian tradition within Roman Catholicism.応答された少数のカトリックの知識人を19世紀のフランス革命と欧州自由主義は、リベラル派と見られるかもしれないカトリシズム章カトリシズム改革の歴史の中で取り組むの大多数は、長い間、保守派は、カトリック教会内の伝統と権威主義的だ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The characteristics of liberal Catholicism are best exemplified in its chief exponents.リベラルカトリシズムの特徴は、その長さに例示されたベストexponents 。 The pioneer of the movement was the passionate French priest and prophet H F R de Lamennais (1782 - 1854), who developed a new apologetic for Catholicism.その運動の先駆者は、預言者の情熱とフランスの司祭hfrデラムネ( 1782 -1 854)は、開発者のための新しいカトリシズム申し訳なさそうだ。 The Catholic religion, he maintained, is not evidenced chiefly by miracles and fulfilled prophecies but by its capacity to perpetuate those beliefs which mankind has found essential to an ordered social life: monotheism, the difference between good and evil, the immortality of the soul, and reward or punishment in a future life.カトリックの宗教は、彼を維持し、奇跡ではないと証明された主な予言が果たさその能力を永続化されたこれらの信念を指示した人類は、社会生活に欠かせないが見つかりました:一神教は、善と悪の違いは、霊魂の不滅、そして、将来の人生の報酬や懲罰です。 Testifying to these beliefs is the sensus communis or general reason, the collective judgments derived from custom, tradition, and education.証言には、これらの信念や一般的な感覚コミュニス理由で、集団的な判断から派生したカスタム、伝統、および教育機関です。 Hence society is the vehicle of revelation, a belief of great democratic potential.従って社会には、車両の啓示は、偉大な民主主義の潜在的な信念です。 Lamennais's apologetics led to politics.ラムネを政治主導の弁証です。 His mission was to promote the social regeneration of Europe through the renaissance of Catholicism.彼のミッションは、社会の再生を促進するヨーロッパを通じて、ルネサンスのカトリシズム。 The Catholic church should break with all royalist and absolutist regimes; the papacy should be the guardian of liberty and the champion of democracy; and the people, in whom was hidden the Word of God, should be sovereign.カトリック教会は、すべてのブレークして、絶対王政主義体制;ローマ教皇の後見人にならなければならないの自由と民主主義のチャンピオン;と、人々は、誰が隠されていた神のみことばは、ソブリンしなければならない。

In a daily newspaper, L'Avenir, with its motto "God and Liberty," Lamennais advanced his revolutionary program: freedom of conscience and religion (necessitating the abolition of concordats between the papacy and civil governments and the stopping both of state payment of clergy and of state intervention in the appointment of bishops); freedom (not a monopoly) for the church in education; liberty of the press; freedom of association; universal suffrage; and decentralization of government.は、日刊紙とL' avenir 、モットーは、 "神と自由の女神は、 "ラムネ彼の革命的なプログラムの詳細:良心及び宗教の自由( concordatsの廃止を必要とする市民や自治体との間で、ローマ教皇の停止状態の両方のお支払いの聖職者国家の介入との司教の任命) ;自由(独占ではありません)は、教会での教育;リバティーの記者;結社の自由;国民参政権;や地方分権のです。

C R F de Montalembert (1810 - 70), historian and publicist, entered the French Parliament in 1837, seeking to catholicize liberals and to liberalize Catholics. CRFのドモンタランベール( 1810 -7 0)は、歴史学者と広報担当者は、 1 837入って、フランスの議会では、自由主義や自由化を求めるカトリック信者を普遍化する。 His greatest political victory was the passage in 1850 of the Falloux law, which allowed the development of a Catholic secondary education system independent of the state system.彼の最大の政治的勝利には、通路では、 1850ファルー法では、これは開発許可制度は、中等教育のカトリック系の状態に依存します。

The commitment by liberal Catholics to education was accompanied by an emphasis on preaching, then unusual in the Roman Catholic Church.リベラル派のカトリック信者を教育されたコミットメントを伴う説教を重視して、次にローマカトリック教会は珍しい。 The greatest liberal Catholic preacher was the Dominican J B H Lacordaire (1802 - 61), who attracted vast crowds especially to his Lenten conferences at Notre Dame Cathedral, where his impassioned sermons combined the call for liberty in church and state with ultramontanism (centralization of papal authority in matters of church government and doctrine).説教師は、リベラルなカトリック教徒の最大のドミニカ共和国jbhラコルデール( 1802 -6 1)は、人を魅了広大な群集特に彼の精進ノートルダム大聖堂会議では、どこに彼の熱のこもった説教での自由を求める連合の教会と国家と教皇至上権(教皇権の中央集権化政府との点では教会の教義) 。

The majority of liberal Catholics remained orthodox, seeking to modernize the church through the political emancipation of the laity and the separation of church and state.正統派のリベラルなカトリック教徒の大多数は依然、近代化を目指し、教会の信者たちを通じて、政治的な解放と教会と国家の分離します。 A later generation of liberal Catholics, including Lord Acton (1834 - 1902) in England and J J I von Dollinger (1799 - 1890) in Germany, advocated autonomy for the laity in doctrinal matters.後の世代のリベラルなカトリック教徒など、主アクトン( 1834 -1 902)でイングランドとj jiフォンデリンガー( 1 799- 18 90)、ドイツでは、信者たちのために提唱自治教義上の問題だ。

The currents of liberal Catholicism led at the beginning of the twentieth century to the much stormier waters of Catholic modernism, which tended to be antidogmatic and anthropocentric.リベラルカトリシズム主導の潮流には20世紀の初めに、多くのカトリック教徒の領海stormierモダニズム、これと人類中心antidogmaticされる傾向があった。 The leading Catholic modernists, Alfred Loisy, George Tyrell, Baron Friedrich von Hugel, Edouard Le Roy, Maurice Blondel, and Ernesto Buonaiuti, were concerned to reconcile traditional Catholic doctrine with the results of critical scriptural exegesis.カトリックのメインmodernists 、アルフレッドロイシー、ジョージティレル、男爵フリードリヒフォンヒューゲルは、エドゥアルドルロア、モーリスblondel 、エルネストブオナユーティと、心配していた伝統的なカトリック教義の和解の結果を重要な聖書の解説しています。

The papacy has consistently criticized and frequently condemned liberal Catholicism for its rationalism and naturalism.ローマ教皇の死刑囚は一貫リベラルカトリシズムを頻繁に批判し、その合理主義や自然主義です。 Lamennais's political liberalism was condemned by Gregory XVI in the encyclical Mirari vos of 1832.ラムネに非難されるのは、政治的な自由主義グレゴリー16世は、回勅、 1832ウォスmirari 。 In 1834 in Singulari nos Gregory condemned Lamennais's doctrine that the evolution of truth was part of the progressive evolution of the people (a view later called immanentism).グレゴリーsingulari nos死刑囚は、 1834ラムネの教義の真実進化していた部分の人々は、進行性の進化(後からの眺めを内在論と呼ばれる) 。 Montalembert concluded that it was not possible to be a Catholic and a liberal after Pius IX's encyclical Quanta Cura and the Syllabus of Errors (both 1864).モンタランベール締結されることではない可能性があるとするリベラル派のカトリック後のピウス9世回勅クアンタクーラとエラーが発生するのシラバス(両方1864 ) 。 Acton and Dollinger withdrew their active support of Rome after the promulgation in 1870 of the dogma of papal infallibility.そして彼らの積極的な支援を撤回ドランジェアクトンの公布後、 1870年にローマでは、ローマ法王の教義の無謬性です。 Modernism was condemned in 1907 by Pius X in the decree Lamentabili and the encyclical Pascendi gregis.死刑囚は、 1907年モダニズムピウスXが必要とされたとlamentabili回勅令pascendi gregis 。

F S Piggin fs piggin

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
Lord Acton, The History of Freedom and Other Essays; J L Altholz, The Liberal Catholic Movement in England; E E Y Hales, Pio Nono: A Study in European Politics and Religion in the Nineteenth Century and Revolution and Papacy, 1769 - 1846; D Holmes, The Triumph of the Holy See: A Short History of the Papacy in the Nineteenth Century; T M Loome, Liberal Catholicism, Reform Catholicism, Modernism: A Contribution to a New Orientation in Modernist Research; J N Moody, ed., Church and Society: Catholic Social and Political Thought and Movements, 1789 - 1950; B M G Reardon, Liberalism and Tradition: Aspects of Catholic Thought in Nineteenth Century France; A R Vidler, Prophecy and Papacy: A Study of Lamennais, the Church and the Revolution.主アクトンは、自由の歴史やその他のエッセイ; jl altholz 、リベラル派のカトリック教徒の動きはイングランド; eeyヘールズ、ピオノーノ:欧州の政治と宗教の研究では、 19世紀の革命と教皇制度とは、 1769 -1 846; dホームズは、その勝利の神聖を参照してください:短い歴史は、 19世紀のローマ教皇; loome TMのは、リベラルなカトリシズム、カトリックの改革、モダニズム:オリエンテーションで、新たな貢献をするモダニズム研究;日本人ムーディ、エド。 、教会や社会:カトリック社会的、政治的思想と動き、 1789 -1 950;米B MGリアドンは、自由主義と伝統:カトリック思想的側面で1 9世紀フランス; v idlera r、予言と教皇制度:ラムネの研究は、教会と革命のです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです