Liturgy典礼

General Information 総合案内

Liturgy, from two Greek words meaning "people" and "work," refers to the formal public rituals of religious worship.典礼は、 2つのギリシャ語の単語の意味から"人"と"仕事は、 "公共の儀式を指しているため、正式な宗教上の礼拝です。 In the Christian tradition, it is used as a specific title for the Eucharist and in general designates all formal services, including the Divine Office.キリスト教の伝統では、特定のタイトルとして使用されることは、すべての指定聖体正式サービス全般とは、神の事務所を含む。 Both the written texts of the rites and their celebration constitute liturgy.両方に書かれた文章は、彼らの儀式や典礼祝賀会を構成します。 Among Protestants, the term describes a fixed form of worship, in contrast to free, spontaneous prayer.プロテスタントの間では、その用語を説明する形で固定崇拝とは対照的に自由で、自発的祈りです。 Outside the Christian church, liturgy is also used to designate the form of prayer recited in Jewish synagogues.キリスト教の教会の外では、典礼は、指定のフォームにも使用され、ユダヤ教のシナゴーグの祈り読誦。

The historic Christian liturgies are divided into two principal families: Eastern and Western. The Eastern liturgies include the Alexandrian (attributed to Saint Mark), the Antiochene (Saint James, Saint Basil, Saint John Chrysostom), and the East Syrian (Assyrian) or Chaldean (Addai and Mari), as well as the Armenian and Maronite rites. The Byzantine liturgies (those attributed to Saint John Chrysostom and Saint Basil) are used today by all Orthodox Christians in communion with Constantinople. キリスト教の歴史的な2つに分かれて校長の家族はliturgies :東部と西部。 liturgies東部には、アレクサンドリア(サンマルコに起因するもの)は、アンティオキア学派(セントジェームズは、聖バジル、聖ヨハネクリュソストモス) 、および東シリア(アッシリア)またはカルデア( addaiとマリ)は、アルメニア人だけでなく、儀式やマロン。 liturgies 、ビザンチン(それらに起因する聖ヨハネクリュソストモスと聖バジル)は、現在使われているすべての正統派キリスト教徒の聖体拝領をしてコンスタンティノープル。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The Western liturgies are the Roman and the Gallican.西洋のliturgiesはローマとgallican 。 The only Gallican liturgy still in use is the Ambrosian Rite of Milan, although the Mozarabic (Spanish), the Celtic, and the Franco - German Gallican were widely used until the 8th century. gallicanだけでは、現在も使用さアンブロジオ典礼儀式のミラノ、にもかかわらず、モサラベ(スペイン語)は、ケルト、そしてフランコ-ドイツ語g allicanは8世紀になるまで広く使用されています。

Traditional Anglican and Lutheran liturgies have been based on the local uses of the Roman rite revised according to 16th century Reformation principles. 聖公会とルーテルliturgiesてきた伝統に基づいて、地元では、ローマの儀式の改訂版によると、 16世紀の改革の原則だ。 Reformed (Calvinist) churches made a conscious attempt to replace historic liturgies with the forms of worship of the early Christian communities. 改革派教会(カルビン派)を交換する前に、意識的に試みる歴史的な形態のliturgies崇拝しては、初期キリスト教のコミュニティです。

In the 20th century a movement arose among the Roman Catholic and Protestant churches to revise the liturgies to make them more contemporary and relevant while retaining the basic beliefs of the church.運動が起こりましたが、 20世紀のローマカトリックとプロテスタント教会の中にそれらの改正を作るliturgies現代との関連性を維持しながら、より多くの基本的な信条は、教会です。 In the Roman Catholic church the Constitution on the Sacred Liturgy of the Second Vatican Council substituted the use of vernacular languages for Latin in the Mass and allowed the participation of the laity in public worship.ローマカトリック教会は、憲法上、第二バチカン公会議典礼聖なる置換言語を使用するためのお国言葉では、質量とラテン語の参加を認め、俗人で奉拝。 The Anglican (Episcopalian) church revised the book of Common Prayer, and the Lutheran churches issued a new Lutheran Book of Worship.教会で、アングリカン(聖公会)の共通の祈りの本の改訂版、および新規発行ルター派のルター派教会の礼拝の本です。 Revised liturgies also are contained in Methodist, Congregationalist, and Presbyterian church hymnals.改訂版には含まれてliturgiesもメソジスト、組合教会、長老教会とhymnals 。

L L Mitchellすべてミッチェル

Bibliography 文献情報
L H Dalmais, Eastern Liturgies (1960); G Dix, The Shape of the Liturgy (1945); T Klauser, A Short History of the Western Liturgy (1979); H Schultz, The Byzantine Liturgy (1986); C Vogel, Medieval Liturgy (1987); J White, Protestant Worship (1987). lh dalmais 、東部liturgies ( 1960 ) ;グラムディクスは、その形状の典礼( 1945 ) ;トンクラウザーは、短い歴史西部典礼( 1979 ) ; hシュルツは、ビザンチン典礼( 1986 ) ; cフォーゲルは、中世の典礼( 1987 ) ; j白、プロテスタントの礼拝堂( 1987 ) 。


Liturgy典礼

General Information 総合案内

The Liturgy is the body of rites prescribed for formal public worship. Although the term is sometimes applied to Jewish worship, it is especially associated with the prayers and ceremonies used in the celebration of the Lord's Supper, or Eucharist. 体の典礼は、所定のための正式な儀式奉拝。任期はときどき適用されるものの、ユダヤ教の礼拝堂は、関連付けられていることは、特に祈りと祝賀式典では、主に使用されての夕食、または聖体。 During the first three centuries of the Christian era, the rite of the church was comparatively fluid, based on various accounts of the Last Supper.最初の3つの中には、キリスト教の時代世紀にもわたって、教会での儀式は、比較的流体は、さまざまなアカウントに基づいて、最後の晩餐。

In about the 4th century the various traditions crystallized into four liturgies, 4世紀には様々な伝統については、 4つの結晶化をliturgies 、

from which all others have been derived.他のすべての派生てきたからだ。

The Antiochene family of liturgies includes the Clementine liturgy of the Apostolic Constitutions, which is no longer used; the Syriac liturgy of Saint James, used by the Jacobite church and Syrian Eastern Rite churches; the Greek liturgy of Saint James, used once a year at Jerusalem; the Syriac liturgy of the Maronites ; the Syriac liturgy used by the Nestorian church; the Malabar liturgy, used by the Saint Thomas Christians of India; the Byzantine liturgy, used in various languages by the Orthodox churches; and the Armenian liturgy, used by the Georgians and the Armenian Eastern Rite churches. アンティオキア学派の家族が含まれてliturgiesの典礼クレメンタインは、ローマ教皇の憲法は、これはもはや使われて; シリア語典礼のセントジェームズ使用されるシリアのヤコブ派教会と東方教会の儀式; 典礼のは、 ギリシャセントジェームズは、年に1回で使用されるエルサレム;のは、シリア語典礼maronites ; ネストリウス派教会で使用されるシリア語典礼;マラバル典礼使用されるインドのキリスト教徒セントトマス;のビザンチン典礼は、さまざまな言語で使用されて正統派教会; アルメニア典礼は、使用される東部georgiansとされるアルメニア教会の儀式です。

The Alexandrian liturgies include the Greek liturgy of Saint Mark, no longer used; the Coptic liturgy, which is used by the Copts (Coptic Church) in Egypt; and the Ethiopian liturgy, used by the Ethiopian church. 典礼には、 ギリシャ語liturgiesアレクサンドリアの聖マルコは、もはや使われて;のコプト語典礼、これは、使用されるエジプトのコプト教徒(コプト教会) ;と典礼エチオピアは、エチオピアの教会で使用される。

The Roman liturgy is used almost universally by the Roman Catholic church. ローマ典礼では、広く使用され、ほとんどのローマカトリック教会です。 From it were derived various medieval liturgies, such as those of Sarum, Paris, Trier, and Cologne, which are no longer in use.それが中世から派生した様々なliturgiesなど、これらのsarum 、パリ、トリアー、ケルン、これは、もはや使われています。

The Gallican liturgy was used in northwestern Europe from the 4th century; it was superseded in France about 800 by the Roman liturgy. gallican典礼は、北西ヨーロッパで使用されてから4世紀;それはフランスで廃止された約800ローマ典礼。 From it developed the Ambrosian liturgy, now used principally in the See of Milan; the Mozarabic or Isidorian liturgy , which was the liturgy of the church in Spain from the 6th to the 12th centuries and is now used only in Toledo and Salamanca; and the Celtic liturgy, which was superseded in the Celtic church in the 7th century by the Roman liturgy. アンブロジオ典礼を開発したことから今は、主に使われるのを参照してくださいミラノ; isidorian典礼モサラベまたは 、これは、典礼教会では、 6日から12日からスペイン世紀においてのみ使用可能となり、今とトレドサラマンカ;とケルト典礼は、廃止されたケルト教会では、 7世紀のローマ典礼される。 In the Roman Catholic church the use of the vernacular, rather than Latin, was approved during Vatican Council II (1962-65).ローマカトリック教会での使用は、その土地の言葉は、ラテン語ではなく、バチカン公会議中には、承認済みの2世( 1962年から1965年) 。 Pope Paul VI subsequently directed that vernacular forms of the Mass would be obligatory after December 1971.その後法王パウロ6世の指示して大量の形態のお国言葉では、 1971年12月以降にお定まりのです。 In the United States, the bishops approved use of English translations of the Mass on or after March 22, 1970. Beginning with the 19th-century Oxford movement, Protestants developed a greater awareness of formal liturgy in their worship and have increasingly adopted liturgical forms of worship abandoned during the Reformation.アメリカでは、英語の司教の使用を承認した日以降に大量の翻訳は、 1970年3月22日です。 始まる19世紀のオックスフォード運動は、プロテスタントの正式な開発をもっと意識してますますその崇拝典礼で採択した形態の典礼礼拝堂の中に捨てられた改革です。 For the liturgy of the Church of England and the Episcopal church , see Book of Common Prayer. 典礼は、教会のための聖公会のイングランドとは、共通の祈りの本を参照してください。


Liturgy典礼

Catholic Information カトリック情報

The various Christian liturgies are described each under its own name.それぞれの内容を説明し、様々なクリスチャンliturgies 、独自の名の下に。 (See ALEXANDRINE LITURGY; AMBROSIAN LITURGY; ANTIOCHENE LITURGY; CELTIC RITE; Clementine Liturgy, treated in CLEMENT I; RITE OF CONSTANTINOPLE; GALLICAN RITE; LITURGY OF JERUSALEM; MOZARABIC RITE; SARUM RITE; SYRIAN RITE; SYRO-JACOBITE LITURGY.) In this article they are considered only from the point of view of their relation to one another in the most general sense, and an account is given of what is known about the growth of a fixed liturgy as such in the early Church. (アレキサンダー格を参照してください典礼;アンブロジオ典礼;アンティオキア学派の典礼;ケルトの儀式;クレメンタイン典礼は、治療を受けてクレマン私;儀式のコンスタンティノープル; gallican儀式;典礼エルサレム;モサラベの儀式; sarum儀式;シリアの儀式; syro -ジャコバイト典礼。 )本article they are considered only from the point of view of their relation to one another in the most general sense, and an account is given of what is known about the growth of a fixed liturgy as such in the early Church.

I. DEFINITION i.定義

Liturgy (leitourgia) is a Greek composite word meaning originally a public duty, a service to the state undertaken by a citizen.典礼( leitourgia )は、ギリシャ語の単語の意味はもともと複合公共の義務は、サービスに着手された状態にある市民です。 Its elements are leitos (from leos = laos, people) meaning public, and ergo (obsolete in the present stem, used in future erxo, etc.), to do.その要素はleitos (レオシュ=ラオスから、人々 )の意味を国民、そしてエルゴ(時代遅れで、現在の幹は、将来の使用されてerxoなど) 、を行う。 From this we have leitourgos, "a man who performs a public duty", "a public servant", often used as equivalent to the Roman lictor; then leitourgeo, "to do such a duty", leitourgema, its performance, and leitourgia, the public duty itself.このleitourgosから我々は、 "国民の義務を実行する一人の男" 、 "公務員"は、ローマに相当するとしてよく使われてlictor ; leitourgeo次に、 "このような義務を行う"と、 leitourgema 、その性能、およびleitourgia 、それ自体、国民の義務です。

At Athens the leitourgia was the public service performed by the wealthier citizens at their own expense, such as the office of gymnasiarch, who superintended the gymnasium, that of choregus, who paid the singers of a chorus in the theatre, that of the hestiator, who gave a banquet to his tribe, of the trierarchus, who provided a warship for the state.アテネでは、公共サービスのleitourgia豊かな市民で実行される独自の経費など、オフィスの教頭は、誰superintended 、体育館、 choregusことが、有料の歌手たちの合唱団は、シアター、それは、 hestiator 、パーティには、彼の部族の人は、 trierarchusのは、同州の人に提供するための軍艦。 The meaning of the word liturgy is then extended to cover any general service of a public kind.典礼は、その言葉の意味を次に任意の拡張全般をカバーする公共サービスの種類です。 In the Septuagint it (and the verb leitourgeo) is used for the public service of the temple (e.g., Exodus 38:27; 39:12, etc.).それは、セプトゥアギンタ(動詞やleitourgeo )が使用され、同寺は、公共サービス(例えば、出エジプト記38:27 ; 39:12等) 。 Thence it comes to have a religious sense as the function of the priests, the ritual service of the temple (e.g., Joel 1:9, 2:17, etc.).そこから宗教的な意味を持つことになるとは、プリーストの機能としては、同寺の儀式のサービス(例えば、ジョエル1時09分、 2時17分、等) 。 In the New Testament this religious meaning has become definitely established.新約聖書は、この宗教的な意味を明らかになって設立。 In Luke 1:23, Zachary goes home when "the days of his liturgy" (ai hemerai tes leitourgias autou) are over.ルーク1時23分には、ザカリーが帰るときに"彼の典礼の日" (アナログ入力hemeraiテス川leitourgias autou )を越えています。 In Hebrews 8:6, the high priest of the New Law "has obtained a better liturgy", that is a better kind of public religious service than that of the Temple.ヘブル人への手紙8時06分には、大祭司のは、新しい法律"を入手するにはよりよい典礼"は、そのような国民は、より良いサービスに比べて、宗教的な寺院です。

So in Christian use liturgy meant the public official service of the Church, that corresponded to the official service of the Temple in the Old Law.キリスト教の意味で使用するための公的典礼教会の公式サービスは、そのサービスに対応して、同寺の関係者は、古い法律です。 We must now distinguish two senses in which the word was and is still commonly used.今すぐ区別しなければならないという言葉では、 2つの感覚とは、まだよく使われています。 These two senses often lead to confusion.これらの2つの感覚をしばしば混乱を招く。

On the one hand, liturgy often means the whole complex of official services, all the rites, ceremonies, prayers, and sacraments of the Church, as opposed to private devotions.片手では、全体の複雑な手段をしばしば典礼の公式サービスは、すべての儀式は、儀式、祈り、秘跡は、教会とは、民間の祈りとして反対しています。 In this sense we speak of the arrangement of all these services in certain set forms (including the canonical hours, administration of sacraments, etc.), used officially by any local church, as the liturgy of such a church -- the Liturgy of Antioch, the Roman Liturgy, and so on.この意味で我々のすべての手配を話すこれらのサービスは、特定の設定フォーム(カノニカル時間を含め、政権の秘跡等)は、任意の地元の教会で正式に使用されるように、このような典礼教会-のアンティオキア典礼は、ローマ典礼、といったようになっています。 So liturgy means rite; we speak indifferently of the Byzantine Rite or the Byzantine Liturgy.だから典礼の儀式を意味;語ろう無頓着には、ビザンチンの儀式や、ビザンチン典礼。 In the same sense we distinguish the official services from others by calling them liturgical; those services are liturgical which are contained in any of the official books (see LITURGICAL BOOKS) of a rite.区別するのと同じ感覚で、我々の関係者から他のサービスを呼び出すことによってかれら典礼;典礼では、これらのサービスが含まれる書籍のいずれかの関係者(典礼書を参照してください)の儀式です。 In the Roman Church, for instance, Compline is a liturgical service, the Rosary is not.ローマの教会では、例えば、 complineは、典礼サービスは、ロザリオではない。

The other sense of the word liturgy, now the common one in all Eastern Churches, restricts it to the chief official service only -- the Sacrifice of the Holy Eucharist, which in our rite we call the Mass. This is now practically the only sense in which leitourgia is used in Greek, or in its derived forms (e.g., Arabic al-liturgiah) by any Eastern Christian.その言葉の意味で、他の典礼は、今ではすべて1つの共通の東方教会は、それを制限するサービスのチーフ公式のみ-聖体を犠牲にし、これで、我々は我々のミサの儀式は、現在、事実上、これだけの感覚leitourgiaでは、ギリシャ語で使用され、またはその派生形(例えば、アラビア語のアルliturgiah )によって任意の東部のキリスト教徒です。 When a Greek speaks of the "Holy Liturgy" he means only the Eucharistic Service.ギリシャ語喋るときには、 "聖なる典礼"と彼のeucharisticサービスのみを意味します。 For the sake of clearness it is perhaps better for us too to keep the word to this sense, at any rate in speaking of Eastern ecclesiastical matters; for instance, not to speak of the Byzantine canonical hours as liturgical services.晴天のためのより良いことは、おそらく私たちのためにも、この感覚を維持するという言葉は、いずれにせよ、東方教会の問題といえば、例えば、カノニカルしないように話す時間としては、ビザンチン典礼サービスです。 Even in Western Rites the word "official" or "canonical" will do as well as "liturgical" in the general sense, so that we too may use Liturgy only for the Holy Eucharist.その言葉にも、西洋の儀式"公式"または"標準"を行うだけでなく、 "典礼"は、一般的な意味では、あまりにもですから、私たちのためにのみ使用することが聖体典礼。

It should be noted also that, whereas we may speak of our Mass quite correctly as the Liturgy, we should never use the word Mass for the Eucharistic Sacrifice in any Eastern rite.それにも注意しなければならないことが、我々が我々の話として、ミサ典礼かなり正確には、絶対に使用しなければならないという言葉のためのミサ、いかなる犠牲eucharistic東部の儀式です。 Mass (missa) is the name for that service in the Latin Rites only.質量(ミサ)は、そのサービスの名前は、ラテン語の風物詩のみです。 It has never been used either in Latin or Greek for any Eastern rite.それは証明されて使用されるラテン語やギリシャ語のどちらかで何らかの東部の儀式です。 Their word, corresponding exactly to our Mass, is Liturgy.彼らの言葉は、私たちに正確に対応する質量は典礼。 The Byzantine Liturgy is the service that corresponds to our Roman Mass; to call it the Byzantine (or, worse still, the Greek) Mass is as wrong as naming any other of their services after ours, as calling their Hesperinos Vespers, or their Orthros Lauds.ビザンチン典礼のは、我々のサービスに対応するローマの質量;を呼び出して、ビザンチン(または、依然として悪化は、ギリシャ語)として大量には、間違って命名した後、他のサービスを我々は、彼らのhesperinos vespersとして呼び出し、またはそのorthros lauds 。 When people go even as far as calling their books and vestments after ours, saying Missal when they mean Euchologion, alb when they mean sticharion, the confusion becomes hopeless.人々に行くときでさえ限り、書籍や服の呼び出し後に我々は、彼らを意味すると言ってミサ典euchologionときは、アルバsticharionときに、その意味は、絶望的な混乱になる。

II. Ⅱ 。 THE ORIGIN OF THE LITURGYその起源は、典礼

At the outset of this discussion we are confronted by three of the most difficult questions of Christian archæology, namely: From what date was there a fixed and regulated service such as we can describe as a formal Liturgy?冒頭で、この議論は、我々が直面する最も難しいとされる3つの質問にはキリスト教archæology 、すなわち:そこからどのような日付は、固定および規制などのサービスの正式な典礼として記述することができるか? How far was this service uniform in various Churches?制服では、このサービスをどの程度まで様々な教会ですか? How far are we able to reconstruct its forms and arrangement?どの程度までは、我々のフォームや配置を再構築できるか?

With regard to the first question it must be said that an Apostolic Liturgy in the sense of an arrangement of prayers and ceremonies, like our present ritual of the Mass, did not exist.最初の質問と関連して、それによると、ローマ教皇典礼しなければならないという意味では、祈りや儀式の配置は、私たちの現在のような儀式は、質量は、存在しなかった。 For some time the Eucharistic Service was in many details fluid and variable.いくつかの時のためには、多くのサービスの詳細eucharistic流体および変数です。 It was not all written down and read from fixed forms, but in part composed by the officiating bishop.ダウンすることはないと読んで書かれたすべてのフォームから固定ではなく、司会ビショップ団体で構成される。 As for ceremonies, at first they were not elaborated as now.式典としては、最初の精緻化していないようになりました。 All ceremonial evolves gradually out of certain obvious actions done at first with no idea of ritual, but simply because they had to he done for convenience.すべての儀式を徐々に発展していくのは、特定の明白なアクションを実行して、最初の儀式全く分からないが、彼は完了していたというだけの理由は、便宜上です。 The bread and wine were brought to the altar when they were wanted, the lessons were read from a place where they could best be heard, hands were washed because they were soiled.パンとワインの祭壇へ連れて行かれたときに彼らが指名手配は、読んでからの教訓は、彼らが最良の場所を聞いたが、かれらは汚れた手は洗っているためだ。 Out of these obvious actions ceremony developed, just as our vestments developed out of the dress of the first Christians.これらの明白なアクションを開発する式典は、私たちの服を開発するのと同じように、最初のキリスト教徒のドレスを着ています。 It follows then of course that, when there was no fixed Liturgy at all, there could be no question of absolute uniformity among the different Churches.それからもちろん、それ以下のとおりですが、固定典礼がないときには、絶対的な問題があるかもしれないない均一のうち、別の教会です。

And yet the whole series of actions and prayers did not depend solely on the improvisation of the celebrating bishop.にもかかわらず、全体のシリーズのアクションと祈りの即興演奏しなかっただけに依存するのを祝うビショップ。 Whereas at one time scholars were inclined to conceive the services of the first Christians as vague and undefined, recent research shows us a very striking uniformity in certain salient elements of the service at a very early date.学者が一度に傾いているが、サービスの思い付く曖昧で、未定義の最初のキリスト教徒として、私たちの最近の調査によりますと、非常に印象的均一で顕著な要素は、特定のサービスで、非常に早い時期です。 The tendency among students now is to admit something very like a regulated Liturgy, apparently to a great extent uniform in the chief cities, back even to the first or early second century.この傾向は、生徒たちの間で今のような規制を認める何かとても典礼は、明らかにして偉大な範囲内では、主任の制服の都市では、背面にも早期に第1または第2世紀です。 In the first place the fundamental outline of the rite of the Holy Eucharist was given by the account of the Last Supper.まず第一に、基本的な概要については、聖体の儀式は、指定されたアカウントは、最後の晩餐。 What our Lord had done then, that same thing He told His followers to do in memory of Him.わたしたちの主は何が行わその後、追随して同じことを彼は、自分の記憶の中には彼だ。 It would not have been a Eucharist at all if the celebrant had not at least done as our Lord did the night before He died.聖体ことではないが、すべての場合には、少なくとも完了していなかったとして祝賀会の参加者たちの主は彼の前の夜に死亡した。 So we have everywhere from the very beginning at least this uniform nucleus of a Liturgy: bread and wine are brought to the celebrant in vessels (a plate and a cup); he puts them on a table -- the altar; standing before it in the natural attitude of prayer he takes them in his hands, gives thanks, as our Lord had done, says again the words of institution, breaks the Bread and gives the consecrated Bread and Wine to the people in communion.だから私たちはどこから非常に始まり、少なくとも、このユニフォームは、核典礼:パンとワインをもたらしたのは、祝賀会の参加者は船舶(皿やカップ) ;彼配置してテーブルの上-祭壇;前に立って彼は、かれらの自然な態度の祈りを両手には、与えおかげで、私たちの主を行ったとして、再びその言葉の機関によれば、休憩のパンやパンとワインを与える聖体拝領聖体拝領している人がいます。 The absence of the words of institution in the Nestorian Rite is no argument against the universality of this order.言葉の教育機関の不在は、ネストリウス派の儀式ではないの普遍性に対する議論をこの順番です。 It is a rite that developed quite late; the parent liturgy has the words.儀式を開発することは非常に遅く;典礼には、親の言葉です。

But we find much more than this essential nucleus in use in every Church from the first century.しかし、我々よりもずっと多くの本を見つける必要不可欠な核を使用するすべての教会からの最初の世紀です。 The Eucharist was always celebrated at the end of a service of lessons, psalms, prayers, and preaching, which was itself merely a continuation of the service of the synagogue.その聖体を祝いました末には、いつものレッスンをするサービスは、詩篇は、祈り、と説教されただけで、それ自体は、本サービスの継続シナゴーグ。 So we have everywhere this double function; first a synagogue service Christianized, in which the holy books were read, psalms were sung, prayers said by the bishop in the name of all (the people answering "Amen" in Hebrew, as had their Jewish forefathers), and homilies, explanations of what had been read, were made by the bishop or priests, just as they had been made in the synagogues by the learned men and elders (e.g., Luke 4:16-27).だから私たちは、この二重の機能を至る所; christianized最初のシナゴーグサービスは、書籍が読んで、聖なる、成詩篇が、司教の祈りによるとされるすべての名の下(の人々に答える"アーメン"はヘブライ語、ユダヤ人としては、祖先) 、発するとは、どのような説明を読んでいた、またはプリースト司教が作られるのと同様に、彼らのシナゴーグで行われていたのを学んだ男性と年長者(例えば、ルカによる福音書4:16-27 ) 。 This is what was known afterwards as the Liturgy of the Catechumens.これは何だったの典礼として知られ、その後catechumens 。 Then followed the Eucharist, at which only the baptized were present.それから、聖体は、これだけでは、現在、バプテスマを受けています。 Two other elements of the service in the earliest time soon disappeared.他の2つの要素で最も早い時期にサービスをすぐに姿を消した。 One was the Love-feast (agape) that came just before the Eucharist; the other was the spiritual exercises, in which people were moved by the Holy Ghost to prophesy, speak in divers tongues, heal the sick by prayer, and so on. 1つは、愛の饗宴(ぽかんとして)して来た聖体の直前で、他のは、精神的な演習は、人々が動かされるが、聖霊を予言する、ダイバーの舌で話す、病人を治すの祈りを、といったようになっています。 This function -- to which 1 Corinthians 14:1-14, and the Didache, 10:7, etc., refer -- obviously opened the way to disorders; from the second century it gradually disappears.この関数-1 4:1-14を1コリンチャンス、と新約聖書は、 1 0時0 7分など、参照-明らかに障害への道を開いた;から2番目の世紀に徐々に消えている。 The Eucharistic Agape seems to have disappeared at about the same time.このように口を開けてeucharisticと同じくらいの時間では姿を消した。 The other two functions remained joined, and still exist in the liturgies of all rites.他の2つの関数は依然入社し、 liturgiesはまだ存在し、すべての儀式です。 In them the service crystallized into more or less set forms from the beginning.かれらの中に結晶化したサービスを多かれ少なかれフォームの先頭からのセットです。 In the first half the alternation of lessons, psalms, collects, and homilies leaves little room for variety.交代で、上半期のレッスンは、詩篇、収集、葉や小さな部屋を発するための様々です。 For obvious reasons a lesson from a Gospel was read last, in the place of honour as the fulfilment of all the others; it was preceded by other readings whose number, order, and arrangement varied considerably (see LESSONS IN THE LITURGY).明白な理由から教訓を読んで、福音書は、最後には、その場所での名誉として、他のすべての達成;先行していた他の番号を読み、注文、および様々な取り決めかなり(レッスンは、典礼を参照してください) 。 A chant of some kind would very soon accompany the entrance of the clergy and the beginning of the service.聖歌のいくつかの種類が非常にある同行の入り口近くの聖職者との最初のサービスです。 We also hear very soon of litanies of intercession said by one person to each clause of which the people answer with some short formula (see ANTIOCHENE LITURGY; ALEXANDRINE LITURGY; KYRIE ELEISON).我々も非常にすぐに聞くの仲裁litaniesの各条項によると、一人の人間によって、人々がいくつかの短答式(アンティオキア学派を参照してください典礼;アレキサンダー格典礼;連祷) 。 The place and number of the homilies would also vary for a long time.その場所を発すると番号も変わるためには、長い時間だ。 It is in the second part of the service, the Eucharist itself, that we find a very striking crystallization of the forms, and a uniformity even in the first or second century that goes far beyond the mere nucleus described above.それは、サービスの第二部には、聖体自体は、非常に印象的結晶化して我々を見つけるのフォームと、均一でも1位または2世紀のことだけにとどまらない、単なる核上記です。

Already in the New Testament -- apart from the account of the Last Supper -- there are some indexes that point to liturgical forms.すでに新約聖書-離れのアカウントは、最後の晩餐-いくつかありますが、その点をインデックスに登録フォーム典礼。 There were already readings from the Sacred Books (1 Timothy 4:13; 1 Thessalonians 5:27; Colossians 4:16), there were sermons (Acts 20:7), psalms and hymns (1 Corinthians 14:26; Colossians 3:16; Ephesians 5:19).すでに読みがあったから、神聖な書籍( 1ティモシー4時13分; 1 thessalonians 5時27分;コロサイ4時16分) 、説教があった( 20時07行為)は、詩篇と賛美歌( 1コリンチャンス14 : 26 ;コロサイ3 : 16 ;エペソ5時19分) 。 1 Timothy 2:1-3, implies public liturgical prayers for all classes of people. 1ティモシー2:1-3 、お察しの公的典礼人もの人々の祈りをすべてのクラスです。 People lifted up their hands at prayers (1 Timothy 2:8), men with uncovered heads (1 Corinthians 11:4), women covered (1 Corinthians 11:5).自分の手で人々の祈りを解除する( 1ティモシー2時08分) 、男性の頭を摘発( 1コリンチャンス11時04分) 、女性の距離( 1コリンチャンス11時05分) 。 There was a kiss of peace (1 Corinthians 16:20; 2 Corinthians 13:12; 1 Thessalonians 5:26).平和のキスがあった( 1コリンチャンス16時20分、 13時12コリンチャンス2 ; 1 thessalonians 5時26分) 。 There was an offertory of goods for the poor (Romans 15:26; 2 Corinthians 9:13) called by the special name "communion" (koinonia).さい銭の品物があったために、貧しい人々 (ローマ人への手紙15:26 ; 2コリンチャンス9時13分)と呼ばれる特別な名前を"聖体拝領" (コイノニアホームページ) 。 The people answered "Amen" after prayers (1 Corinthians 14:16).人々は答えました"アーメン"の後の祈り( 1コリンチャンス14時16分) 。 The word Eucharist has already a technical meaning (1 Corinthians 14:16).その言葉の意味が技術的には、すでに聖体( 1コリンチャンス14時16分) 。 The famous passage, 1 Corinthians 11:20-29, gives us the outline of the breaking of bread and thanksgiving (Eucharist) that followed the earlier part of the service.有名な通路は、 1コリンチャンス11:20-29は、わたしたちの輪郭を破るのは、パンや感謝祭(聖体)に続いて、前の部分のサービスです。 Hebrews 13:10 (cf. 1 Corinthians 10:16-21), shows that to the first Christians the table of the Eucharist was an altar.ヘブル人への手紙13:10 ( cf. 1コリンチャンス10:16-21 )は、最初のキリスト教徒を示しているテーブルには、聖体が祭壇です。 After the consecration prayers followed (Acts 2:42).奉献礼拝後に続いて( 2時42行為) 。 St. Paul "breaks bread" (= the consecration), then communicates, then preaches (Acts 20:11).聖パウロ"休憩パン" ( =その奉献) 、それから通信、それから説教( 20時11行為) 。

Acts 2:42, gives us an idea of the liturgical Synaxis in order: They "persevere in the teaching of the Apostles" (this implies the readings and homilies), "communicate in the breaking of bread" (consecration and communion) and "in prayers". 2時42分行為は、我々のアイデアを提供するために、典礼集会:彼ら"を教えることは、使徒間断" (この意味するとの読みを発する) 、 "コミュニケーションの破れのパン" (奉献と聖体拝領)と"での祈り" 。 So we have already in the New Testament all the essential elements that we find later in the organized liturgies: lessons, psalms, hymns, sermons, prayers, consecration, communion.だから我々は、すでに新約聖書のすべての本質的な要素を見つけることは、後で整理liturgies :レッスンは、詩篇、賛美歌、説教、祈り、奉献、聖体拝領。 (For all this see F. Probst: "Liturgie der drei ersten christl. Jahrhunderte", Tübingen, 1870, c. i; and the texts collected in Cabrol and Leclercq; "Monumenta ecclesiæ liturgica", I, Paris, 1900, pp. 1-51.) It has been thought that there are in the New Testament even actual formulæ used in the liturgy. ( f.プロプストすべての本を参照してください: " liturgieデアdrei ersten christl 。 jahrhunderte " 、 tübingen 、 1870千佳子私;やテキストの収集やカブロルleclercq ; " monumenta ecclesiæ liturgica "と、私は、パリ、 1900 、 pp 。 1から51 。 )考えてきたことがあることは、実際には、新約聖書にも使用されてformulæ典礼。 The Amen is certainly one. 1つは、確かに、アーメン。 St. Paul's insistence on the form "For ever and ever, Amen" (eis tous aionas ton aionon amen. -- Romans 16:27; Galatians 1:5; 1 Timothy 1:17; cf. Hebrews 13:21; 1 Peter 1:11; 5:11; Revelation 1:6, etc.) seems to argue that it is a liturgical form well known to the Christians whom he addresses, as it was to the Jews.聖パウロのフォームに固執して"とまでは永遠に、アーメン" ( eis tous aionasトンaiononアーメン。 -ローマ人への手紙1 6: 2 7;ガラテヤ人への手紙1 : 0 5; 1ティモシー1 : 1 7; c f。ヘブル人への手紙1 3: 2 1; 1ピーター1 : 11 ;午前5時11分;ヨハネの黙示録1時06分など)のように主張することは、よく知られて典礼フォームのアドレスを心に適うキリスト教徒は、ユダヤ人としてそれはしている。 There are other short hymns (Romans 13:11-2; Ephesians 5:14; 1 Timothy 3:16; 2 Timothy 2:11-3), which may well be liturgical formulæ.短い賛美歌は他にもあります(ローマ人への手紙13:11-2 ;エペソ5時14分; 1ティモシー3 : 16 ; 2:11-3ティモシー2 )で、典礼formulæかもしれない。

In the Apostolic Fathers the picture of the early Christian Liturgy becomes clearer; we have in them a definite and to some extent homogeneous ritual.ローマ教皇の祖先は、その絵は、初期キリスト教典礼が鮮明な;我々は、彼らにははっきりとした儀式をある程度均質です。 But this must be understood.しかし、これを理解しなければならない。 There was certainly no set form of prayers and ceremonies such as we see in our present Missals and Euchologia; still less was anything written down and read from a book.確かにない形のセットがあったと祈りの儀式のような我々は我々の存在を参照してくださいmissalsとeuchologia ;まだ少ないがダウンして何も書かれた本を読んでからです。 The celebrating bishop spoke freely, his prayers being to some extent improvised.スポークの自由を祝う司教は、彼の祈りをある程度即興れています。 And yet this improvising was bound by certain rules.にもかかわらず、このimprovising特定のルールに縛られていた。 In the first place, no one who speaks continually on the same subjects says new things each time.まず第一に、誰もが喋る人は、絶えず新しいものによれば、各教科の時間と同じです。 Modern sermons and modern ex tempore prayers show how easily a speaker falls into set forms, how constantly he repeats what come to be, at least for him, fixed formulæ.近代現代の説教と祈りを示す例temporeスピーカーの滝をどのように設定するフォームを簡単には、彼はどのように絶えず繰り返されるようになることは、少なくとも彼にとって、固定formulæ 。 Moreover, the dialogue form of prayer that we find in use in the earliest monuments necessarily supposes some constant arrangement.また、対話形式の祈りを使用することで、我々は最古の建造物を見つける必ずしもsupposesいくつかの定数配置します。 The people answer and echo what the celebrant and the deacons say with suitable exclamations.エコーの人々との答えは何て言うの祝賀会の参加者との適切な叫び声を上げるdeacons 。 They could not do so unless they heard more or less the same prayers each time.彼らを聞いたことができなかったそうしない限り、多かれ少なかれ彼らの祈りのたびに同じです。 They heard from the altar such phrases as: "The Lord be with you", or "Lift up your hearts", and it was because they recognized these forms, had heard them often before, that they could answer at once in the way expected.このようなフレーズを聞いてから、彼らの祭壇として: "あなたの主にして" 、または"お客様の心を持ち上げる"と認めていたので、これらのフォームは、かれらが頻繁に耳にする前に、一度に答えることができると期待さの道。

We find too very early that certain general themes are constant.我々も非常に早期発見すると、特定のテーマは総定数です。 For instance our Lord had given thanks just before He spoke the words of institution.例えば私たちの主は直前に与えられたおかげで、彼の言葉をスポーク機関です。 So it was understood that every celebrant began the prayer of consecration -- the Eucharistic prayer -- by thanking God for His various mercies.すべての祝賀会の参加者に理解していたので、祈りを始めたの奉献-e ucharistic祈り-彼のために様々なばかりの恵みによって神に感謝します。 So we find always what we still have in our modern prefaces -- a prayer thanking God for certain favours and graces, that are named, just where that preface comes, shortly before the consecration (Justin, "Apol.," I, xiii, lxv).だから私たちはいつも何を検索しているが、我々の近代prefaces -特定するために、神の恩恵に感謝の祈りと美神は、名前には、その序文だけではどこが来る前は、直前の奉献(ジャスティンは、 " a pol。 、 "私は、 1 3世は、 65 ) 。 An intercession for all kinds of people also occurs very early, as we see from references to it (e.g., Justin, "Apol.," I, xiv, lxv).仲裁のため、すべての種類の人々にも非常に初期の発生は、我々としてリファレンスを参照してから(例えば、ジャスティンは、 " apol 。 、 "私は、 14 、 65 ) 。 In this prayer the various classes of people would naturally be named in more or less the same order.この祈りは、当然、様々な階級の人々には多かれ少なかれ、同じ名前の順だった。 A profession of faith would almost inevitably open that part of the service in which only the faithful were allowed to take part (Justin, "Apol.", I, xiii, lxi).必然的な信仰告白するが、ほとんどのその部分を開くだけで、このサービスへの参加が許されるように忠実(ジャスティンは、 " apolです" 、私は、 13世、 61 ) 。 It could not have been long before the archetype of all Christian prayer -- the Our Father -- was said publicly in the Liturgy.長くすることができなかったがキリスト教の祈りの前にすべてのアーキタイプ-私たちの父-典礼では、公然と述べた。 The moments at which these various prayers were said would very soon become fixed, The people expected them at certain points, there was no reason for changing their order; on the contrary to do so would disturb the faithful.これらの様々な場面での祈りが固定になると述べたが、できるだけ早く、その人たちと予想して、特定のポイントは、変更する理由はない彼らの注文;それどころか邪魔を行わないと、忠実な。 One knows too how strong conservative instinct is in any religion, especially in one that, like Christianity, has always looked back with unbounded reverence to the golden age of the first Fathers.あまりにも1つの方法について知っているが、いかなる宗教の強い保守的な本能、特に1つのことは、キリスト教のように、背面には、いつも目に畏敬の念を無限の黄金時代の最初の祖先。 So we must conceive the Liturgy of the first two centuries as made up of somewhat free improvisations on fixed themes in a definite order; and we realize too how naturally under these circumstances the very words used would be repeated -- at first no doubt only the salient clauses -- till they became fixed forms.だから我々が想像する必要があります典礼としての最初の2つの世紀にもわたって、やや前に無料でアップして即興で明確なテーマを固定するために、どのようにあまりにも自然に実現すると我々は非常にこのような状況の下で使用される言葉を繰り返しただろう-まず間違いないのみ顕著な条項-フォームの固定するまでになった。 The ritual, certainly of the simplest kind, would become stereotyped even more easily.この儀式は、確かに最も単純な種類のは、ステレオタイプでも、より簡単になる。 The things that had to be done, the bringing up of the bread and wine, the collection of alms and so on, even more than the prayers, would be done always at the same point.が行われることには、パンやワインを持参している、といったように、慈善のコレクションでも、以上の祈りは、常に同時に行わなる点だ。 A change here would be even more disturbing than a change in the order of the prayers.ここでは、変更されるよりももっと気掛かりなの祈りの順序を変更しています。

A last consideration to be noted is the tendency of new Churches to imitate the customs of the older ones.最後に注意して考察する傾向は、新しい教会の税関には、古いものを模倣する。 Each new Christian community was formed by joining itself to the bond already formed.各々の新しいコミュニティが形成されたキリスト教自体に参加して、債券は既に形作られている。 The new converts received their first missionaries, their faith and ideas from a mother Church.受け取った新しい変換は、最初の宣教師は、彼らの信仰と教会の母親からのアイデアです。 These missionaries would naturally celebrate the rites as they had seen them done, or as they had done them themselves in the mother Church.これらの宣教師としては、当然祝う儀式完了して見ていた、または完了していたとして、自身の母教会です。 And their converts would imitate them, carry on the same tradition.自分のまねをして変換するとは、同じ伝統を受け継いでいる。 Intercourse between the local Churches would further accentuate this uniformity among people who were very keenly conscious of forming one body with one Faith, one Baptism, and one Eucharist.地元の教会との間の交流をさらに際立たこの均一非常に鋭く意識していた人々の間での成形体を1つ1つの信仰は、洗礼の1つ、および1つの聖体。 It is not then surprising that the allusions to the Liturgy in the first Fathers of various countries, when compared show us a homogeneous rite at any rate in its main outlines, a constant type of service, though it was subject to certain local modifications.その後のことは驚くにはあたらない。 allusions典礼には、様々な国々の最初の祖先は、私たちの時に比べて均質な儀式を示すいずれにせよ、その主な概要は、定数のtype of serviceで、それは特定の地域の変更の対象となる。 It would not be surprising if from this common early Liturgy one uniform type had evolved for the whole Catholic world.意外なことではないが、この場合に共通の初期の典礼から1つのタイプの制服のカトリック世界全体のためには進化しています。 We know that that is not the case.していることが明らかになっていない場合です。 The more or less fluid ritual of the first two centuries crystallized into different liturgies in East and West; difference of language, the insistence on one point in one place, the greater importance given to another feature elsewhere, brought about our various rites.多かれ少なかれ、流体の儀式は、最初の2つの世紀にもわたって結晶化して別のliturgiesは東と西;差の言語では、 1つのポイントを一カ所に固執して、より大きな重要性を与え、他の場所から別の特徴は、私たちの様々な儀式をもたらした。 But there is an obvious unity underlying all the old rites that goes back to the earliest age.しかし、すべての根底にあるのは明らかな古い儀式団結して、最古の時代にまでさかのぼります。 The medieval idea that all are derived from one parent rite is not so absurd, if we remember that the parent was not a written or stereotyped Liturgy, but rather a general type of service.中世のアイデアは、すべてが1つの親から派生した不合理な儀式ではないので、もし私たちの親ではないことを覚えたりするお決まりの典礼書かれたのではなく、一般的なタイプのサービスです。

III. Ⅲ 。 THE LITURGY IN THE FIRST THREE CENTURIES典礼で、最初の3つの世紀にもわたって

For the first period we have of course no complete description.期間は、最初の完全な説明我々は、もちろんない。 We must reconstruct what we can from the allusions to the Holy Eucharist in the Apostolic Fathers and apologists.再構築しなければならないことから、我々は何をallusions聖体は、ローマ教皇の祖先と擁護した。 Justin Martyr alone gives us a fairly complete outline of the rite that he knew.ジャスティン殉教者の輪郭だけでは私たちには、かなりの儀式を完了して彼を知っていた。 The Eucharist described in the "Teaching of the Twelve Apostles" (most authorities now put the date of this work at the end of the first century) in some ways lies apart from the general development.聖体に記載され、 "教育の12使徒" (もっとも、この日の当局は今すぐに仕事世紀末の最初の)いくつかの点で嘘は別に、総開発中です。 We have here still the free "prophesying" (10:7), the Eucharist is still joined to the Agape (10:1), the reference to the actual consecration is vague.ここで我々はまだ、フリーではない" prophesying " ( 10時07分)は、聖体は、まだ合流して、口を開けて( 10時01分)は、リファレンスを実際には、漠然とした奉献。 The likeness between the prayers of thanksgiving (9-10) and the Jewish forms for blessing bread and wine on the Sabbath (given in the "Berakoth" treatise of the Talmud; cf. Sabatier, "La Didache", Paris, 1885, p. 99) points obviously to derivation from them.感謝の祈りの間には似ている( 9-10 )と、ユダヤ教のパンとワインのフォームを祝福して安息日(与えられたが、 " berakoth "論文は、タルムード; cf 。サバティエ、 "ラディダケー" 、パリ、 1885 、 p 。 99 )から導出点を明らかにしてください。 It has been suggested that the rite here described is not our Eucharist at all; others (Paul Drews) think that it is a private Eucharist distinct from the official public rite.儀式を提案してきたのではないここで説明する我々のすべての聖体;他(ポールドレフス)と考えていることは別個のは、公式な公共民間聖体の儀式です。 On the other hand, it seems clear from the whole account in chapters 9 and 10 that we have here a real Eucharist, and the existence of private celebrations remains to be proved.その一方で、より明確にすることは、アカウント全体で10章9として我々はここで、本物の聖体は、民間の祝賀行事や遺跡の存在であることが証明しています。 The most natural explanation is certainly that of a Eucharist of a very archaic nature, not fully described.最も自然な説明をすることは、確かに、非常に古風な自然聖体のではなく、完全に解説しています。 At any rate we have these liturgical points from the book.いずれにせよ我々はこれらの本から典礼ポイントです。 The "Our Father" is a recognized formula: it is to be said three times every day (8:2-3). "私たちの父"は、認識フォーミュラ:それは、毎日3回によるとされる( 8:2-3 ) 。 The Liturgy is a eucharist and a sacrifice to be celebrated by breaking bread and giving thanks on the "Lord's Day" by people who have confessed their sins (14:1).聖体の典礼は、犠牲にされると、パンを割って祝いましたと感謝して与える"との主の日"とされた人々が自分の罪を告白( 14時01分) 。 Only the baptized are admitted to it (9:5).バプテスマを受け認めていることだけは( 9時05分) 。 The wine is mentioned first, then the broken bread; each has a formula of giving thanks to God for His revelation in Christ with the conclusion: "To thee be glory forever" (9:1, 4).このワインは、最初の言及は、その後、壊れたパン;各公式には、彼のために、神の啓示を与えることに感謝して、キリストの結論: "を、なたに永遠の栄光" ( 9時01分、 4 ) 。 There follows a thanksgiving for various benefits; the creation and our sanctification by Christ are named (10:1-4); then comes a prayer for the Church ending with the form: "Maranatha. Amen"; in it occurs the form: "Hosanna to the God of David" (10:5-6).感謝祭のために次のように様々なメリット;の創造と私たちは、キリストの神聖化された名前( 10:1-4 ) ;次に来るのは、教会の祈りの形で終わる: " maranatha 。アーメン" ;でそれが起こるのフォーム: "デビッドの神様にホサナ" ( 10:5-6 ) 。

The First Epistle of Clement to the Corinthians (written probably between 90 and 100) contains an abundance of liturgical matter, much more than is apparent at the first glance.クレマンには、最初の信徒コリンチャンス( 90から100の間で書かれたおそらく)典礼豊富な物質が含まれ、見掛けよりもずっと多くは、一見しています。 That the long prayer in chapters 59-61 is a magnificent example of the kind of prayers said in the liturgy of the first century has always been admitted (e.g., Duchesne, "Origines du Culte", 49-51); that the letter, especially in this part, is full of liturgical forms is also evident.支部では、長い間の祈りは、五九から六一まで例のような壮大な祈り、典礼によると、最初の世紀には常に認め(例えば、デュシェーヌ、 " originesデュculte " 、四十九から五十一) ;その手紙は、特にこの部分は、完全には、フォームの典礼にも明らかだ。 The writer quotes the Sanctus (Holy, holy, holy Lord of Sabaoth; all creation is full of his glory) from Isaiah 6:3, and adds that "we assembled in unity cry (this) as with one mouth" (34:7).その作家の引用符サンクトゥス(聖なる、聖なる、聖なる万軍の主は、すべての創造は、彼の栄光に満ちて)よりイザヤ書6時03分、および追加して"我々は団結して泣く組み立て(これ)と同様に口の中の1つ" ( 34:7 ) 。 The end of the long prayer is a doxology invoking Christ and finishing with the form: "now and for generations of generations and for ages of ages. Amen" (l11:3).長い祈りの終わりには、キリストと仕上げを呼び出して頌栄のフォーム: "今の世代との世代のために、歳の年齢層のためです。アーメン" ( l11 : 3 ) 。 This too is certainly a liturgical formula.これは確かにあまりにも典礼式です。 There are many others.ほかにもたくさんある。 But we can find more in I Clem.しかし、こちらで私を見つけることができるクレム。 than merely a promiscuous selection of formulæ.乱交選定するよりも単にformulæ 。 A comparison of the text with the first known Liturgy actually written down, that of the "Eighth Book of the Apostolic Constitutions" (written long afterwards, in the fifth century in Syria) reveals a most startling likeness.テキストを比較して、実際に書かれた最初のダウン典礼知られ、それは、 " 8番目の本は、ローマ教皇の憲法" (書かれた長いその後、 5世紀には、シリア)によると、最も驚くべき似ている。 Not only do the same ideas occur in the same order, but there are whole passages -- just those that in I Clem.同じことしか考えていないのと同じ順序で起こるが、そこには全体の通路-ちょうどそれらのことで私クレム。 have most the appearance of liturgical formulæ -- that recur word for word in the "Apost. Const."外観はほとんど典礼formulæ -再発して逐語的には、 " a post。 c onst。 "

In the "Apost. Const."は、 " apost 。 const 。 " the Eucharistic prayer begins, as in all liturgies, with the dialogue: "Lift up your hearts", etc. Then, beginning: "It is truly meet and just", comes a long thanksgiving for various benefits corresponding to what we call the preface.祈りのeucharisticが始まれば、すべてのliturgiesとしては、対話をして: "あなたの心を持ち上げる"等次に、先頭: "それは、ちょうど真に会う"と、感謝祭のために様々なメリットが長い我々はどのように対応するの序文。 Here occurs a detailed description of the first benefit we owe to God -- the creation.ここが発生した最初の利点についての詳細な説明を借りている私たちの神-の創造です。 The various things created -- the heavens and earth, sun, moon and stars, fire and sea, and so on, are enumerated at length ("Apost. Const.", VIII, xii, 6-27).様々な物事を作成-天と地、太陽、月や星は、火や海、といったように、長さが列挙( " a post。 c onst。 " 、 V IIIや1 2世は、 6月2 7日) 。 The prayer ends with the Sanctus.サンクトゥスの祈りで終わるのです。 I Clem., xx, contains a prayer echoing the same ideas exactly, in which the very same words constantly occur.私クレム。 、 XXのは、祈りの響きが含まれ、同じ考えを正確には、同じ言葉で、非常に絶えず発生します。 The order in which the creatures are mentioned is the same.順番の生き物が言及は同じです。 Again "Apost. Const.", VIII, xii, 27, introduces the Sanctus in the same way as I Clem., xxxiv, 5-6, where the author actually says he is quoting the Liturgy.再び" apost 。 const 。 " 、 VIIIや12世は、 27日に紹介するのと同じように私サンクトゥスクレム。 、 34 、 5-6 、実際にはどこの作者によれば彼は、典礼の言葉を引用しています。 This same preface in "Apost. Const."これと同じ序文で" apost 。 const 。 " (loc. cit.), remembering the Patriarchs of the Old Law, names Abel, Cain, Seth, Henoch, Noah, Sodom, Lot, Abraham, Melchisedech, Isaac, Jacob, Moses, Josue. ( loc. cit 。 )は、その昔を思い出してpatriarchs法では、名前のアベル、カイン、セス、ヘーノホ、ノア、ソドム、多くは、アブラハム、 melchisedech 、イスハーク、ヤアコーブ、ムーサー、ジョスエ。 The parallel passage in I Clem.私の通路では、パラレルクレム。 (ix xii) names Enoch, Noah, Lot, Sodom, Abraham, Rahab, Josue: we may note at once two other parallels to this list containing again almost the same list of names -- Hebrews 11:4-31, and Justin, "Dialogue", xix, cxi, cxxxi, cxxxviii.イノック( 9世12世)の名前は、ノアは、多くは、ソドム、アブラハムは、 rahab 、ジョスエ:私たちがメモをまとめて、この2つのリストを含む他の類似点を再度ほぼ同じ名前のリスト-ヘブル人への手紙1 1:4-31、ジャスティンとは、 "対話" 、 19 、 cxi 、 cxxxi 、 ) CXXXVIII 。 The long prayer in I Clem.長い目で私の祈りクレム。 (lix-lxi) is full of ideas and actual phrases that come again in "Apost. Const.", VIII. ( 59 - 61 )は、実際のアイデアやフレーズをいっぱいにして戻って来る" apost 。 const 。 " 、 viii 。 Compare for instance I Clem., lix, 2-4, with "Apost. Const.", VIII, X, 22-xi, 5 (which is part of the celebrant's prayer during the litany of the faithful: Brightman, "Eastern Liturgies", p. 12), and xiii, 10 (prayer during the litany that follows the great intercession. Brightman, p. 24).例えば私クレムを比較します。 、 59 、 2-4で、 " apost 。 const 。 " 、 viii 、 × 、 22 - xi 、 5 (これは、祝賀会の参加団体の中に、嫌になるほどの祈りの忠実:イトマンは、 "東部liturgies " 、 p. 12 ) 、および13世は、 10 (祈りの中に、嫌になるほどの偉大な仲裁して以下のとおりです。イトマン、 p. 24 ) 。 Other no less striking parallels may be seen in Drews, "Untersuchungen über die sogen. clement. Liturgie," 14-43.他に劣らず著しい類似ドレフス見られるかもしれない、 "死ぬuntersuchungen催し物スポンサsogen 。クレマン。 liturgie 、 " 14から43まで。 It is not only with the Liturgy of "Apost. Const."それだけではないとの典礼" apost 。 const 。 " that I Clem.私クレムしている。 has these extraordinary resemblances.は、これらの臨時の類似。 I Clem., lix, 4, echoes exactly the clauses of the celebrant's prayer during the intercession in the Alexandrine Rite (Greek St. Mark. Brightman, 131).私クレム。 、 59 、 4 、こだまの条項を正確には、祝賀会の参加者の中に仲裁の祈りの儀式は、アレキサンダー格(ギリシャサンマルコ。イトマン、 131 ) 。 These parallel passages cannot all be mere coincidences (Lightfoot realized this, but suggests no explanation."The Apostolic Fathers", London, 1890, I, II, p. 71).これらすべてのことはできませんが平行通路単なる偶然の積み重ね(ライトフット実現これが、説明を示していない"と述べた。祖先の使徒"は、ロンドンでは、 1890年、私は、 2世、 p. 71 ) 。 The question then occurs: What is the relation between I Clement and -- in the first place -- the Liturgy of"Apost. Const."?その問題が発生した当時:私は何ですクレメントとの関係-第1位-典礼の" a p ost。c o nst。"とは? The suggestion that first presents itself is that the later document ("Apost. Const.") is quoting the earlier one (I Clem.).最初の提案をしてプレゼントして後で文書自体は( " apost 。 const 。 " )は、以前の1つの言葉を引用し、 (私クレムです。 ) 。 This is Harnack's view (" Gesch. der altchristl. Litteratur", I, Leipzig, 1893, pp. 42-43), but it is exceedingly unlikely.これはハルナックのビュー( " gesch 。デアaltchristl 。 litteratur "と、私は、ライプツィヒ、 1893 、 pp 。四十二から四十三まで)が、それは非常に難しい。 In that case the quotations would be more exact, the order of I Clem.その場合は、引用符では、もっと正確に言うと、私の順番クレム。 would be kept; the prayers in the Liturgy have no appearance of being quotations or conscious compositions of fragments from earlier books; nor, if the "Apost. Const."が保管;典礼の祈りではないの外観を意識している曲の断片からの引用またはそれ以前の書籍;も、もし" apost 。 const 。 " were quoting I Clem., would there be reduplications such as we have seen above (VIII, xi, 22-xi, 5, and xiii, 10).クレムは私の言葉を引用しています。 、そこには、我々は上記のようなreduplications ( 8 、 xi 、 22 - xi 、 5 、および13世、 10 ) 。

Years ago Ferdinand Probst spent a great part of his life in trying to prove that the Liturgy of the "Apostolic Constitutions" was the universal primitive Liturgy of the whole Church.フェルディナントプロプスト年前に過ごした彼の人生の大部分であることを証明しようとする中で、典礼は、 "ローマ教皇の憲法"は、全体の普遍的原始典礼教会です。 To this endeavour he applied an enormous amount of erudition.彼はこれを適用すると膨大な量のエンデバー博学です。 In his "Liturgie der drei ersten christlichen Jahrhunderte" (Tübingen, 1870) and again in his "Liturgie des vierten Jahrhunderts und deren Reform" (Münster, 1893), he examined a vast number of texts of the Fathers, always with a view to find in them allusions to the Liturgy in question.彼の"デアliturgie ersten drei christlichen jahrhunderte " ( tübingen 、 1870年) 、再び彼の"デvierten jahrhundertsウントliturgie deren改革" (ミュンスター、 1893 ) 、彼は膨大な数のテキストを検証するには、父のは、常に視野に入れてかれらの中に見つけるallusions典礼問題です。 But he overdid his identifications hopelessly.しかし、彼は彼のidentifications救いようが過ぎた。 He sees an allusion in every text that vaguely refers to a subject named in the Liturgy.すべてのテキストをほのめかしているのを見て、ぼんやりとは、名前を指します件名典礼。 Also his books are very involved and difficult to study.また彼の本は非常に困難にかかわって勉強しています。 So Probst's theory fell almost entirely into discredit.だからプロプストの理論を落とすほぼ完全に落ちた。 His ubiquitous Liturgy was remembered only as the monomania of a very learned man; the rite of the "Eighth Book of the Apostolic Constitutions" was put in what seemed to be its right place, merely as an early form of the Antiochene Liturgy (so Duchesne, "Origines du Culte", 55-6).彼の記憶に残っていただけ典礼ユビキタスモノマニアとしては、非常に学んだ男;の儀式は、 " 8番目の本は、ローマ教皇の憲法"をどのようにみられるが、正しい場所には、単に形として、早期のアンティオキア学派の典礼(だからデュシェーヌは、 " originesデュculte " 、 55から6まで) 。 Lately, however, there has come again to the fore what may be described as a modified form of Probst's theory.最近、しかし、そこにはどのような可能性を前面に戻って来るように修正された形で説明するのプロプストの理論です。 Ferdinand Kattenbusch ("Das apostolische Symbol", Tübingen, 1900, II, 347, etc.) thought that after all there might be some foundation for Probst's idea.フェルディナントカッテンブッシュ( " das apostolischeシンボル" 、 tübingen 、 1900 、 2世、 347 、等)のすべてがあるかもしれないと考えて後にいくつかの基礎をプロプストのアイデアだと思います。

Paul Drews (Untersuchungen über die sogen. clementinische Liturgie, Tübingen, 1906) proposes and defends at length what may well be the germ of truth in Probst, namely that there was a certain uniformity of type in the earliest Liturgy in the sense described above, not a uniformity of detail, but one of general outline, of the ideas expressed in the various parts of the service, with a strong tendency to uniformity in certain salient expressions that recurred constantly and became insensibly liturgical formulæ.ポールドレフス( untersuchungen催し物スポンサ死ぬsogen 。 clementinische liturgie 、 tübingen 、 1906 )を提案し、しまいには何を守るかもしれないが、真実の芽生えプロプスト、すなわち均一性があることは、特定の種類の意味では、最古の典礼上述のように、詳細均一ではありませんが、 1つの大筋は、そのアイデアを表明したのは、このサービスのさまざまな部分で、画一化する傾向が強く、特定の顕著な表現となったことを常に再発典礼formulæ気付かない。 This type of liturgy (rather than a fixed rite) may be traced back even to the first century.このタイプの典礼(というより、固定の儀式)かもしれないが、最初の世紀にもさかのぼる。 It is seen in Clement of Rome, Justin, etc.; perhaps there are traces of it even in the Epistle to the Hebrews.ローマのクレメントに見られることは、ジャスティン等;たぶんそれには痕跡すらヘブル人への手紙の信徒へのです。 And of this type we still have a specimen in the "Apostolic Constitutions".そして我々は未だこのタイプの標本は、 "ローマ教皇の憲法"です。 It is not that that rite exactly as it is in the "Constitutions" was used by Clement and Justin.その儀式ではないことが書かれているとおり、 "憲法"とジャスティンクレマン使用されていた。 Rather the "Constitutions" give us a much later (fifth century) form of the old Liturgy written down at last in Syria after it had existed for centuries in a more fluid state as an oral tradition.むしろ、 "憲法"私たちをずっと後( 5世紀)の形で書かれた古い典礼とうとうダウンした後で、シリア世紀にもわたって存在していたが、もっと昔からの言い伝えとして液体の状態です。 Thus, Clement, writing to the Corinthians (that the letter was actually composed by the Bishop of Rome, as Dionysius of Corinth says in the second century, is now generally admitted. Cf. Bardenhewer, "Gesch. der altkirchl. Litteratur", Freiburg, 1902, 101-2), uses the language to which he was accustomed in the Liturgy; the letter is full of liturgical ideas and reminiscences.したがって、クレマン、書けば、コリンチャンス(実際には、構成された書簡は、ローマの司教は、コリントのディオニュシオスによれば、第2世紀には、通常は現在認めている。 cf 。 bardenhewer 、 " gesch 。デアaltkirchl 。 litteratur " 、フライブルク、 1902 、 101〜2 )は、どの言語を使用するのに慣れていた典礼;その手紙の典礼アイデアや思い出がいっぱいです。 They are found again in the later crystallization of the same rite in the "Apostolic Constitutions".彼らは、その後再び結晶化が見つかったのと同じ儀式は、 "ローマ教皇の憲法"です。 So that book gives us the best representation of the Liturgy as used in Rome in the first two centuries.だからあの本は私たちの最良の表現として使用され、ローマ典礼は、最初の2つの世紀にもわたっている。 This is confirmed by the next witness, Justin Martyr.これは確定される、次の証人は、ジャスティン殉教者。 Justin (d. about 164), in his famous account of the Liturgy, describes it as he saw it at Rome (Bardenhewer, op. cit., 206).ジャスティン( d.約164 )は、彼の有名なアカウントでは、典礼は、それを見て説明することとして、ローマ( bardenhewer 、 opです。 cit 。 、 206 ) 。 The often quoted passage is (I Apology 65-67):通路は、しばしば引用符では、 (私の謝罪六十五から六十七) :

65. 65 。 We lead him who believes and is joined to us, after we have thus baptized him, to those who are called the brethren, where they gather together to say prayers in common for ourselves, and for him who has been enlightened, and for all who are everywhere.鉛と我々は考えて彼には、参加者を私たちは、彼の後に私たちはこのようにバプテスマを受け、その兄弟と呼ばれる人たちは、どこに集まると言って自分自身のための祈りの共通点は、悟りを開いたとされてきた彼のために、そしてすべての人のためにどこにでもいる。 . . . We greet each other with a kiss when the prayers are finished.お互いにあいさつのキスをする我々の祈りが終わったときです。 Then bread and a cup of water and wine are brought to the president of the brethren, and he having received them sends up praise and glory to the Father of all through the name of his Son and the Holy Ghost, and makes a long thanksgiving that we have been made worthy of these things by him; when these prayers and thanksgivings are ended all the people present cry 'Amen'.それから一杯の水とパンとワインをもたらしたのは、大統領の兄弟、そしてそれらを受け取って彼の称賛と栄光を送信するすべての父と息子の名前を介して、聖霊のは、感謝祭とは、長いこと我々はこれらの価値があるとされたことによって彼; thanksgivingsが終了したときにこれらの祈りと存在するすべての人々に泣く'アーメン' 。 . . . And when the president has given thanks (eucharistesantos, already a technical name for the Eucharist) and all the people have answered, those whom we call deacons give the bread and wine and water for which the 'thanksgiving' (Eucharist) has been made to be tasted by those who are present, and they carry them to those that are absent.とは、与えられたときに、大統領のおかげで( eucharistesantos 、すでに技術的な名前を聖体)と答えたのすべての人々が、我々に電話した者deaconsワインとパンと水を与え、どれをのための'感謝祭' (聖体)を前にしてきた試飲した人たちはプレゼントされる、として彼らを運ぶことが不在者です。

66. 66 。 This food is called by us the Eucharist" (the well-known passage about the Real Presence follows, with the quotation of the words of Institution).この食品は、私たちの聖体と呼ばれる" (通路で、おなじみの存在については、以下のとおりですレアルは、その言葉を引用して機関) 。

67. 67 。 On the day which is called that of the Sun a reunion is made of all those who dwell in the cities and fields; and the commentaries of the Apostles and writings of the prophets are read as long as time allows.当日は、太陽と呼ばれることがあるの再会前には、すべての都市に住む人たちとフィールド;との論評は、使徒や預言者の記述は、読んでいる限り時間を使っています。 Then, when the reader has done, the president admonishes us in a speech and excites us to copy these glorious things.次に、読者のときにできることは、私たちは、盧大統領の演説とワクワクadmonishes我々の栄光をコピーすることができる。 Then we all rise and say prayers and, as we have said above, when we have done praying bread is brought up and wine and water; and the president sends up prayers with thanksgiving for the men, and the people acclaim, saying 'Amen', and a share of the Eucharist is given to each and is sent to those absent by the deacons.それから私たちは皆、上昇すると言う祈りとは、上に述べたように、我々は実行時には育つとワインを祈ってパンと水;と、大統領に感謝の祈りを送信するために男性は、人々との喝さい、と言って'アーメン' 、および1株当たりの聖体が与えられるとは、送信者ごとに欠席したdeacons 。

This is by far the most complete account of the Eucharistic Service we have from the first three centuries.これは、これまでで最も完全なアカウントは、サービスeucharisticから我々は最初の3つの世紀にもわたっている。 It will be seen at once that what is described in chapter 67 precedes the rite of 65.一度に見られることが説明されていることは、儀式の前に67章65 。 In 67 Justin begins his account of the Liturgy and repeats in its place what he had already said above.自分のアカウントで始まる67ジャスティン典礼と繰り返されるのは、どのような場所によると彼はすでに上記です。

Putting it all together we have this scheme of the service:これらをすべてまとめると我々は、このスキームは、サービス:

1. 1 。 Lessons (lxvii, 3).レッスン( 67 、 3 ) 。

2. 2 。 Sermon by the bishop (lxvii, 4).司教の説教とされる( 67 、 4 ) 。

3. 3 。 Prayers for all people (lxvii, 5; lxv, 1).すべての人々のための祈り( 67 、 5 、 65 、 1 ) 。

4. 4 。 Kiss of peace (lxv, 2).平和のキス( 65 、 2 ) 。

5. 5 。 Offertory of bread and wine and water brought up by the deacons (lxvii, 5; lxv, 3).さい銭のパンとワインと水で育てられた、 deacons ( 67 、 5 、 65 、 3 ) 。

6. 6 。 Thanksgiving-prayer by the bishop (lxvii, 5; lxv, 3).感謝の祈りを司教( 67 、 5 、 65 、 3 ) 。

7. 7 。 Consecration by the words of institution (? lxv, 5; lxvi, 2-3).神聖化された言葉の機関( ? 65 、 5 ; 66 、 2-3 ) 。

8. 8 。 Intercession for the people (lxvii, 5; lxv, 3).仲裁人々のための( 67 、 5 、 65 、 3 ) 。

9. 9 。 The people end this prayer with Amen.最後に、この人々の祈りをアーメン。 (lxvii, 5; lxv, 3). ( 67 、 5 、 65 、 3 ) 。

10. 10 。 Communion (lxvii, 5; lxv 5).聖体拝領( 67 、 5 ; 65 5 ) 。

This is exactly the order of the Liturgy in the "Apostolic Constitutions" (Brightman, "Eastern Liturgies", 3-4, 9-12, 13, 14-21, 21-3, 25).これは、典礼の順序を正確には、 "ローマ教皇の憲法" (イトマンは、 "東部liturgies " 、 3-4 、 9-12 、 13 、十四から二十一まで、 21から3 、 25 ) 。 Moreover, as in the case of I Clement, there are many passages and phrases in Justin that suggest parallel ones in the "Apost. Const."しかも、その例として、私クレマンは、通路やフレーズが多いことを示すジャスティンパラレルものでは、 " apost 。 const 。 " -- not so much in Justin's account of the Liturgy (though here too Drews sees such parallels, op. cit., 58-9) as in other works in which Justin, like Clement, may be supposed to be echoing well-known liturgical phrases. -ジャスティンほどではないのアカウントでは、典礼(ここにもかかわらずこのような類似点は見ドレフス、 o pです。 c it。 、 5 8〜9)ジャスティンとして、他の作品では、クレメンスのように、響くはずだがよく知られて典礼フレーズです。 Drews prints many such passages side by side with the corresponding ones of the "Apost. Const.", from which comparison he concludes that Justin knows a dismissal of the catechumens (cf."I Apol.", xlix, 5; xiv, 1;xxv, 2,with "Apost.Const.", VIII, vi, 8; x, 2) and of the Energumens (Dial., xxx; cf. "Apost. Const.", VIII, vii, 2) corresponding to that in the Liturgy in question.このような多くの通路ドレフス版画と並んで、対応するものは、 " apost 。 constだ"は、彼の比較から結論を知っていることを解雇のジャスティンcatechumens ( cf. "私apol 。 " 、 49 、 5 、 14 、 1 ;弐拾伍、 2 、 " apost.const 。 " 、 VIIIやviのは、 8 ; x 、 2 )とのenergumens ( dial.に、 XXX ; cf 。 " apost 。 const 。 " 、 VIIIや第VII 、 2 )に対応する典礼では、質問をしています。 From "I Apol.", lxv, 1; xvii, 3; xiv, 3; deduces a prayer for all kinds of men (made by the community) of the type of that prayer in "Apost. Const.", VIII, x."I Apol.", xiii, 1-3, lxv, 3; v, 2, and Dial., xli, lxx, cxvii, give us the elements of a preface exactly on the lines of that in "Apost. Const."から"私apol 。 " 、 65 、 1 、 17 、 3 、 14 、 3 ; deducesの祈りをささげるために、あらゆる種類の男(作られるコミュニティ)のタイプのことで祈りをささげる" apost 。 const 。 " 、 viii 、 × "と述べた。 apolよい"と述べた。 、 13 、 1-3 、 65 、 3 ; v 、 2 、およびダイヤルします。 、 41 、 70 、 cxvii 、提供してくれるの要素を正確には、行の序文には" apost 。 const 。 " VIII, xii, 6-27 (see these texts in parallel columns in Drews, "op. cit.", 59-91). VIIIや12世は、 6月27日(これらのテキストを参照してくださいドレフスのカラムを並列には、 " opです。 cit 。 " 、 59から91まで) 。

We have, then, in Clement and Justin the picture of a Liturgy at least remarkably like that of the "Apostolic Constitutions".我々は、その後、クレマンとジャスティン典礼少なくともその絵のようなことは、非常に"ローマ教皇の憲法"です。 Drews adds as striking parallels from Hippolytus (d. 235), "Contra Noetum", etc. (op. cit., 95-107) and Novatian (third cent.) "De Trinitate" (ibid., 107-22), both Romans, and thinks that this same type of liturgy continues in the known Roman Rite (122-66).ドレフスとして追加さから著しい類似ヒッポリュトス( d. 235 ) 、 "コントラnoetum "等( op. cit 。 、 95〜107セント)とnovatian ( 3番目です。 ) "デtrinitate " ( ibid. 、百七〜二十二)は、両方のローマ人への手紙は、これと同じタイプのことだと思って続けては、既知のローマ典礼儀式(一二二〜六六) 。 That the Liturgy of the "Apostolic Constitutions" as it stands is Antiochene, and is closely connected with the Rite of Jerusalem, is certain.典礼して、 "ローマ教皇の憲法"現状のままでは、アンティオキア学派とは、エルサレムの儀式と密接につながっている、のは確実だ。 It would seem, then, that it represents one form of a vaguer type of rite that was in its main outline uniform in the first three centuries.ように見えることが、その後、 1つの形で表すことがあいまいなタイプの儀式がその主な概要を説明していた制服は、最初の3つの世紀にもわたっている。 The other references to the Liturgy in the first age (Ignatius of Antioch, died about 107, "Eph.", xiii, xx, "Phil.", iv, "Rom.", vii, "Smyrn.", vii, viii; Irenæus, died 202, "Adv. hær.", IV, xvii, xviii; V, ii, Clement of Alexandria, died about 215, "Pæd.", I, vi; II, ii, in P. G., VIII, 301, 410; Origen, d.254, "Contra Cels.", VIII, xxxiii, "Hom. xix in Lev.", xviii, 13; "In Matt.", xi, 14; "In Ioh.", xiii, 30) repeat the same ideas that we have seen in Clement and Justin, but add little to the picture presented by them (see Cabrol and Leclercq, "Mon. Eccles. Liturg.", I, passim).を参照して、他の典礼の最初の年齢(アンティオキアイグナティウスは、死亡した約107 、 " eph 。 " 、 13世は、 XX社は、 "フィル。 "と、 4世は、 " ROMのです。 " 、第VII 、 " smyrn 。 " 、第VII 、 viii ; irenæus 、死亡した202は、 "前売hær 。 " 、 4 、 17 、 18 ; v 、 2世は、アレクサンドリアのクレメンスは、死亡した約215 、 " pædです" 、私は、 viの; 2世、 2世は、パプアニューギニア、 VIIIや301 、 410 ;原産地、 d.254 、 "コントラcels 。 " 、 VIIIや33は、 "ハオマ汁。 19でレフです。 " 、 18 、 13 ; "のマットです。 " 、 xi 、 14 ; " ioh 。 " 、 13世は、 30 )を繰り返して、同じアイデアを我々は見られるとジャスティンクレマンが、提示された画像を追加してリトル( leclercqを参照してくださいカブロルと、 "月曜。エクルズ。 liturgです" 、私は、ここかしこ) 。

IV. 4 。 THE PARENT RITES, FROM THE FOURTH CENTURY親の儀式は、第4世紀から

From about the fourth century our knowledge of the Liturgy increases enormously.私たちの知識については、第4世紀からの莫大な増加典礼。 We are no longer dependent on casual references to it: we have definite rites fully developed.我々は、もはやカジュアルな言及をすることに依存して:我々は明確な儀式で全面的に開発した。 The more or less uniform type of Liturgy used everywhere before crystallized into four parent rites from which all others are derived.多かれ少なかれ、制服結晶化する前にどこでも使用されるタイプの典礼儀式を4つの親からは、他のすべての派生。 The four are the old Liturgies of Antioch, Alexandria, Rome, and Gaul.その古い四アールliturgiesのアンティオキア、アレクサンドリア、ローマ、ガウル。 Each is described in a special article.各記事は、特別に記載されます。 It will be enough here to trace an outline of their general evolution.それは、ここをトレースするに十分な規制の概要は、全体的な進化だ。

The development of these liturgies is very like what happens in the case of languages.これらの開発は非常にliturgiesの例のような言語で何が起こっている。 From a general uniformity a number of local rites arise with characteristic differences.一般からの数多くの地元の儀式均一特性の違いがおきています。 Then one of these local rites, because of the importance of the place that uses it, spreads, is copied by the cities around, drives out its rivals, and becomes at last the one rite used throughout a more or less extended area.次にこれらの地方の風物詩の1つは、その場所の重要性のためにそれを使用して、スプレッドは、周りがコピーされる都市は、そのライバルを追い出してしまう、となる最後の儀式で使用され、 1つの拡張領域を多かれ少なかれ。 We have then a movement from vague uniformity to diversity and then a return to exact uniformity.それから私たちは、運動の多様性からして、それから漠然とした均一に復帰したことを正確に均一です。 Except for the Gallican Rite the reason of the final survival of these liturgies is evident. gallican儀式を除いて、その理由は、これらの最終的な生存liturgiesは明らかです。 Rome, Alexandria, and Antioch are the old patriarchal cities.ローマ、アレクサンドリア、アンティオキアとは、古い家父長制の都市です。 As the other bishops accepted the jurisdiction of these three patriarchs, so did they imitate their services.他の司教として、これら3つのpatriarchs管轄権を受け入れたので、彼らは彼らを模倣するサービスです。 The Liturgy, as it crystallized in these centres, became the type for the other Churches of their patriarchates.この典礼は、結晶化することでこれらのセンターとしては、タイプは、彼らのために、他の教会patriarchates 。 Only Gaul and north-west Europe generally, though part of the Roman Patriarchate, kept its own rite till the seventh and eighth centuries.北-西ヨーロッパのみガウルと通常、ローマ正教会団体名かかわらず、保管、独自の7番目と8番目までの儀式世紀にもわたっている。

Alexandria and Antioch are the starting-points of the two original Eastern rites.アレクサンドリアとアンティオキアには、始動-ポイントは、 2つのオリジナル東部の儀式です。 The earliest form of the Antiochene Rite is that of the "Apostolic Constitutions" written down in the early fifth century.アンティオキア学派の最古の形式の儀式は、 "ローマ教皇の憲法"と書かれた5世紀の初めにダウンします。 From what we have said it seems that this rite has best preserved the type of the primitive use.我々はどのようだと述べたことから、この儀式には、最良の保存は、プリミティブ型を使用します。 From it is derived the Rite of Jerusalem (till the Council of Chalcedon, 451, Jerusalem was in the Antiochene Patriarchate), which then returned to Antioch and became that of the patriarchate (see ANTIOCHENE LITURGY and LITURGY OF JERUSALEM).から派生することは、エルサレムの儀式( chalcedonまでの評議会、 451 、エルサレムでは、正教会アンティオキア学派)で、その後に返されることとなったのアンティオキア正教会(典礼と典礼エルサレムアンティオキア学派を参照してください) 。 We have this liturgy (called after St. James) in Greek (Brightman, "Eastern Liturgies", 31-68) and in Syriac (ibid., 69-110).我々はこの典礼(後にセントジェームズと呼ばれる)はギリシャ語(イトマンは、 "東部liturgies " 、 31から68 )とはシリア語( ibid. 、 69から110 ) 。 The Alexandrine Rite differs chiefly in the place of the great intercession (see ALEXANDRINE LITURGY).アレキサンダー格の違いは主にその場所の儀式は、偉大な仲裁(アレキサンダー格典礼を参照してください) 。 This too exists in Greek (Brightman, 113-43) and the language of the country, in this case Coptic (ibid., 144-88).このあまりにも存在するギリシャ語(イトマン、 113から43まで)と、その国の言語で、この場合、コプト語( ibid. 、百四十四から八十八) 。 In both cases the original form was certainly Greek, but in both the present Greek forms have been considerably influenced by the later Rite of Constantinople.どちらの場合で、元のフォームには、確かにギリシャ語、ギリシャ語しかし、現在のフォームの両方に影響を受けてきたかなりの儀式の後のコンスタンティノープル。 A reconstruction of the original Greek is possible by removing the Byzantine additions and changes, and comparing the Greek and Syriac or Coptic forms.ギリシャ語で復興を、元のビザンチンの取り外しが可能で、追加機能や変更、またはシリア語と比較するとコプト語、ギリシャのフォームです。 Both these liturgies have given rise to numerous derived forms.これら両方のliturgies上昇して数多くの派生形が与えられた。 The Roman Rite is thought by Duchesne to be connected with Alexandria, the Gallican with Antioch (Origines du Culte, p. 54).ローマの儀式では、思考に接続してデュシェーヌアレキサンドリア、アンティオキアでgallican ( originesデュculte 、 p. 54 ) 。 But, from what has been said, it seems more correct to connect the Roman Rite with that of Antioch.しかし、何といわれてから、もっと正しいことを接続するようにして、ローマの儀式のアンティオキア。 Besides its derivation from the type represented by the Liturgy of the Apostolic Constitutions there are reasons for supposing a further influence of the Liturgy of St. James at Rome (see CANON OF THE MASS, and Drews, "Zur Entstehungsgesch. des Kanons in der römischen Messe", Tübingen, 1902).そのほかの種類によって表されるから導出典礼のローマ教皇の憲法上の理由のためにはさらなる影響力を仮定するのはローマ典礼のセントジェームズ(キヤノンの質量を参照してください、とドレフス、 "ツアentstehungsgesch 。 kanonsでデアデrömischenメッセ" 、 tübingen 、 1902 ) 。 The Gallican Rite is certainly Syrian in its origin. gallicanシリアの儀式では、確かにその起源です。 There are also very striking parallels between Antioch and Alexandria, in spite of their different arrangements.そこがまた非常に著しい類似アンティオキアとアレクサンドリアの間には、彼らのさまざまな取り決めにもかかわらずだ。 It may well be, then, that all four rites are to be considered as modifications of that most ancient use, best preserved at Antioch; so we should reduce Duchesne's two sources to one, and restore to a great extent Probst's theory of one original rite -- that of the "Apostolic Constitutions".それかもしれない、それから、 4つのすべての儀式は修正されると考えられる古代の大半を使用して、最良の保存にアンティオキア;デュシェーヌを削減しなければならないための2つのソースを1つ、およびリストアを大いにプロプスト1つの理論を元の儀式-それは、 "ローマ教皇の憲法"です。 In any case the old Roman Rite is not exactly that now used.いずれにせよ、古いローマの儀式ではない正確には、今は使われています。 Our Roman Missal has received considerable additions from Gallican sources.私たちは、ローマミサ典gallicanソースから受け取ったかなりの追加です。 The original rite was simpler, more austere, had practically no ritual beyond the most necessary actions (see Bishop, "The Genius of the Roman Rite" in "Essays on Ceremonial", edited by Vernon Staley, London, 1904, pp. 283-307).オリジナルの儀式が簡素化され、より多く禁欲的で、実質的に何の儀式は、最も必要な行動を越えて(参照してください司教は、 "天才は、ローマの儀式"は、 "エッセイを儀式"は、編集されたヴァーノンステーリー、ロンドン、 1904 、 pp 。 283 - 307 ) 。 It may be said that our present Roman Liturgy contains all the old nucleus, has lost nothing, but has additional Gallican elements.それによると、我々の存在かもしれないがすべて含まれ、古い核ローマ典礼は、何も失われたが、実際にはgallican要素を追加します。 The original rite may be in part deduced from references to it as early as the fifth century ("Letters of Gelasius I" in Thiel, "Epistolæ Rom. Pontificum", I, cdlxxxvi, "Innocent I to Decennius of Eugubium", written in 416, in P.L., XX, 551; Pseudo-Ambrose, "De Sacramentis", IV, 5, etc.); it is represented by the Leonine and Gelasian "Sacramentaries", and by the old part of the Gregorian book (see LITURGICAL BOOKS).儀式かもしれないが、元の部分からの推定を参照して、早ければ5世紀( "手紙gelasius i "をthiel 、 " ROMのepistolæ 。 pontificum "と、私は、 cdlxxxvi 、 "罪のない私をdecenniusのeugubium "と、書かれて416 、 pl 、 XX社、 551 ;疑似アンブローズは、 "デsacramentis " 、 4 、 5 、等) ;レオニーと表されることがゲラシアン" sacramentaries "は、古い部分とされる書籍のグレゴリオ(典礼を参照してください本) 。 The Roman Rite was used throughout Central and Southern Italy.ローマの儀式は、イタリア中部と南部で使用されています。 The African use was a variant of that of Rome (see Cabrol, "Dictionnaire d'archéologie chrétienne", s.v. Afrique, Liturgie postnicéenne).アフリカの変種を使用していたローマ(カブロルを参照して、 "辞典chrétienne d' archéologie "は、アフリカsv 、 liturgie postnicéenne ) 。 In the West, however, the principle that rite should follow patriarchate did not obtain till about the eighth century.西の方では、しかし、という原則を入手していない正教会の儀式が従うべきについては、 8世紀までです。 The pope was Patriarch of all Western (Latin) Europe, yet the greater part of the West did not use the Roman Rite.法王は、西欧のすべての家父長(ラテン)欧州では、まだ大部分の西ローマの儀式を使用していない。 The North of Italy whose centre was Milan, Gaul, Germany, Spain, Britain, and Ireland had their own Liturgies.イタリア北部ミラノの中心部は、フランス、ドイツ、スペイン、英国、アイルランドとは、自分のliturgies 。 These Liturgies are all modifications of a common type; they may all be classed together as forms of what is known as the Gallican Rite.これらの変更はすべて、共通のliturgies型;かれらは一緒に分類されるすべての形態の儀式は何ですgallicanとして知られています。 Where did that rite come from?どこからそういう儀式来たのですか? It is obviously Eastern in its origin: its whole construction has the most remarkable conformity to the Antiochene type, a conformity extending in many parts to the actual text (compare the Milanese litany of intercession quoted by Duchesne, "Origines du Culte", p. 189, with the corresponding litany in the Antiochene Liturgy; Brightman, pp. 44-5).東部というのは明らかにその起源:最も注目すべきは、全体の建設アンティオキア学派のタイプに適合して、多くの部分で、適合性の拡張を、実際のテキスト(比較して嫌になるほどの仲裁で引用されるミラネーゼデュシェーヌ、 " originesデュculte " 、 p. 189は、嫌になるほどでは、対応するアンティオキア学派の典礼;イトマン、 pp 。四十四〜五) 。 It used to be said that the Gallican Rite came from Ephesus, brought by the founders of the Church of Lyons, and from Lyons spread throughout North-Western Europe.それによると、使用されてから来たの儀式gallicanエペソ、もたらしたのは、教会の創立者のライオンズは、ライオンズから北-西ヨーロッパ全体に広がる。 This theory cannot be maintained.この理論を維持することはできません。 It was not brought to the West till its parent rite was fully developed, had already evolved a complicated ceremonial, such as is inconceivable at the time when the Church of Lyons was founded (second century).西もたらしたのではないことを全面的に開発するまでその親の儀式は、すでに複雑な儀式に進化するなど、実行の時には信じられないライオンズの教会が設立(第2世紀) 。 It must have been imported about the fourth century, at which time Lyons had lost all importance.輸入してきたことについては、第4世紀には、ライオンズはその時点ですべての重要性が失われています。 Mgr Duchesne therefore suggests Milan as the centre from which it radiated, and the Cappadocian Bishop of Milan, Auxentius (355-74), as the man who introduced this Easter Rite to the West (Origines du Culte, 86-9).したがってデュシェーヌmgr示唆ミラノの中心としてそれから放射され、ミラノの司教cappadocian 、 auxentius (三百五十五から七十四)は、導入として、この男の復活祭の儀式を西( originesデュculte 、 86〜9 ) 。 In spreading over Western Europe the rite naturally was modified in various Churches.西ヨーロッパで広がってやり直すのは当然の儀式では、様々な教会更新。 When we speak of the Gallican Rite we mean a type of liturgy rather than a stereotyped service.話すときに我々は、我々の儀式gallican典礼を意味するのではなく、紋切り型のサービスです。

The Milanese Rite still exists, though in the course of time it has become considerably romanized.ミラネーゼの儀式はまだ存在し、そのコースは、かなりの時間をローマ字となっています。 For Gaul we have the description in two letters of St. Germanus of Paris (d. 576), used by Duchesne "Origines du Culte", ch.ガウル我々は、説明のために2つの手紙聖オセールパリ( d. 576 )は、使用されてデュシェーヌ" originesデュculte " 、チャンネルです。 vii: La Messe Gallicane.第VII :ラメッセgallicane 。 Original text in P.L., LXXII). pl原文では、 72 ) 。 Spain kept the Gallican Rite longest; the Mozarabic Liturgy still used at Toledo and Salamanca represents the Spanish use.スペインで飼っていましたgallican最長の儀式;トレドのモサラベ典礼はまだ使われて使用すると、スペインのサラマンカを表しています。 The British and Irish Liturgies, of which not much is known, were apparently Gallican too (see F.E. Warren, "The Liturgy and Ritual of the Celtic Church", Oxford, 1881; Bäumer, "Das Stowe Missale" in the "Innsbruck Zeitschrift für kath. theol.", 1892; and Bannister, "Journal of Theological Studies", Oct., 1903).英国とアイルランドのliturgies 、うちは、あまり知られては、あまりにもgallicanはどうやら( 1881 ; bäumer 、 " das missaleストウ"は、 "最近登録さインスブルックzeitschrift kath 。 theol 。 " 、 1892 ;とバニスターは、 "ジャーナルオブ神学研究"は、 10月、 1903 ) 。 From Lindisfarne the Gallican Use spread among the Northern English converted by Irish monks in the sixth and seventh centuries. lindisfarneから使用してひろめるgallican北部アイルランドの僧侶たちは、英語に変換された6,7世紀にもわたっている。

V. THE DERIVED LITURGIES対派生liturgies

From these four types - of Antioch, Alexandria, Rome, and the so-called Gallican Rite -- all liturgies still used are derived.これらの4種類から-のアンティオキア、アレクサンドリア、ローマ、としている、いわゆるg allican儀式-すべての派生li turgiesはまだ使われている。 This does not mean that the actual liturgies we still have under those names are the parents; once more we must conceive the sources as vaguer, they are rather types subject always to local modification, but represented to us now in one form, such as, for instance, the Greek St. James or the Greek St. Mark Liturgy.このliturgiesわけではない実際にそれらの名の下にはまだ私たちの親;またもや想像しなければならないのあいまいなソースとしては、むしろ彼らはいつも、地元の改質型の件名は、今でも私たちは1つの形で表現するなど、例えば、ギリシャ語、ギリシャ語、サンマルコセントジェームズや典礼。 The Antiochene type, apparently the most archaic, has been also the most prolific of daughter liturgies.アンティオキア学派のタイプは、どうやら、最も古風な、されても、最も多作の娘liturgies 。 Antioch first absorbed the Rite of Jerusalem (St. James), itself derived from the primitive Antiochene use shown in the "Apostolic Constitutions" (see LITURGY OF JERUSALEM).最初の儀式に吸収アンティオキアエルサレム(セントジェームズ)は、それ自体から派生した原始的に示されてアンティオキア学派の使用"ローマ教皇の憲法" (エルサレム典礼を参照してください) 。 In this form it was used throughout the patriarchate till about the thirteenth century (see ANTIOCHENE LITURGY).このフォームで使用されていた全体については、 13世紀まで正教会(アンティオキア学派の典礼を参照してください) 。 A local modification was the Use of Cappadocia.ローカルの修正は、使用するカッパドキア。 About the fourth century the great Byzantine Rite was derived from this (see RITE OF CONSTANTINOPLE).ビザンチンについては、第4世紀の偉大な儀式に由来は、この(儀式のコンスタンティノープルを参照してください) 。 The Armenian Rite is derived from an early stage of that of Byzantium.アルメニアの儀式には、早期の段階から派生して、ビュザンティオン。 The Nestorian Rite is also Antiochene in its origin, whether derived directly from Antioch, or Edessa, or from Byzantium at an early stage.アンティオキア学派のネストリウス派の儀式でもその起源は、アンティオキアに直接由来するかどうか、またはエデッサ、またはビュザンティオンを早期からです。 The Liturgy of Malabar is Nestorian.マラバル典礼のは、ネストリウス派です。 The Maronite Use is that of Antioch considerably romanized.アンティオキアのマロンを使用するのは、かなりのローマ字。 The other Eastern parent rite, of Alexandria, produced the numerous Coptic Liturgies and those of the daughter Church of Abyssinia.東部、他の親の儀式は、アレクサンドリアのは、多くの生産者は、娘とliturgiesコプト教会のアビシニア。 In the West the later history of the Liturgy is that of the gradual supplanting of the Gallican by the Roman, which, however, became considerably gallicanized in the process.西の方では、その後の歴史は、徐々には、典礼supplantingローマのgallicanされる、これは、しかし、その過程ではかなりgallicanized 。 Since about the sixth century conformity with Rome becomes an ideal in most Western Churches.準拠して以来については、 6世紀のローマで最も理想的な西洋の教会になる。 The old Roman Use is represented by the "Gelasian Sacramentary".古いローマの使用によって表されるが、 "聖礼典のゲラシアン" 。 This book came to Gaul in the sixth century, possibly by way of Arles and through the influence of St. Cæsarius of Arles (d. 542-cf. Bäumer, "Ueber das sogen. Sacram. Gelas." in the "Histor. Jahrbuch der Görres-Gesellschaft", 1893, 241-301).この本は、 6世紀に来たガウル、もしかする手段としての影響力を介してアルルとアルルの聖cæsarius ( d. 542 - cf 。 bäumer 、 " ueber das sogen 。 sacram 。 gelas 。 "は、 " histor 。 jahrbuchデアgörres -ゲゼルシャフト" 、 1893 、二百四十一から三百一まで) 。 It then spread throughout Gaul and received Gallican modifications.それから全体に広がることgallicanガウルや修正を受け取った。 In some parts it completely supplanted the old Gallican books.いくつかの部分で、昔のことを完全にsupplanted gallican書籍です。 Charles the Great (768-814) was anxious for uniformity throughout his kingdom in the Roman use only.チャールズの偉大(七百六十八〜八百十四)を心配していた彼の王国は、ローマの均一を通してのみを使用しています。 He therefore procured from Pope Adrian I (772-795) a copy of the "Roman Sacramentary".したがって彼は法王からの調達エイドリアン私(七七二〜七九五)のコピーを、 "ローマの聖礼典" 。 The book sent by the pope was a later form of the Roman Rite (the "Sacramentarium Gregorianum").この本は、後から送信された形で、法王は、ローマの儀式(以下" sacramentarium gregorianum "を参照) 。 Charles imposed this book on all the clergy of his kingdom.チャールズ上のすべての聖職者に課せこの本は彼の王国。 But it was not easy to carry out his orders.しかし、それは彼の命令を簡単に行う。 The people were attached to their own customs.その人たちが、自分の税関に接続されています。 So someone (possibly Alcuin -- cf. Bäumer, loc. cit.) added to Adrian's book a supplement containing selections from both the older Gelasian book and the original Gallican sources.だから誰か(おそらくalcuin -c f。 b äumer、場所です。 c it。 )に追加するエイドリアンの本を含むサプリメントの両方を選択してから、元の古い本とゲラシアンg allicanソースです。 This composition became then the service-book of the Frankish Kingdom and eventually, as we shall see, the Liturgy of the whole Roman Church.この組成になった場合、本サービスは、フランク王国と最終的には、われを参照してくださいとしては、全体の典礼カトリック教会です。 In Spain Bishop Profuturus of Braga wrote in 538 to Pope Vigilius (537-55) asking his advice about certain liturgical matters.スペインでのブラガprofuturus司教をローマ法王538書いたvigilius (五百三十七から五十五)典礼特定の事柄についての彼のアドバイスを求めています。 The pope's answer (in Jaffé, "Regest. Rom. Pont.", no. 907) shows the first influence of the Roman Rite in Spain.法王の答え( jaffé 、 " regest 。 ROMのです。ポン"と述べた。 、いいえ。 907 )の最初の影響力を示してスペインでは、ローマの儀式です。 In 561 the national Synod of Braga imposed Vigilius's ritual on all the kingdom of the Suevi.会議で、国家の561ブラガの儀式課せvigilius上のすべての王国のスーヴィ。 From this time we have the "mixed" Rite (Roman and Gallican) of Spain.この時から私たちは、 "ミックス"の儀式(ローマとgallican )のスペインです。 Later, when the Visigoths had conquered the Suevi (577-584), the Church of Toledo rejected the Roman elements and insisted on uniformity in the pure Gallican Rite.その後、征服したときのスーヴィください(五七七〜五八四)は、ローマ教会のトレド拒否されたと主張して均一な要素は、純粋な儀式gallican 。 Nevertheless Roman additions were made later; eventually all Spain accepted the Roman Rite (in the eleventh century) except the one corner, at Toledo and Salamanca, where the mixed (Mozarabic) Rite is still used.ローマの後に追加されたにもかかわらず、結局すべてのスペインの儀式を受け入れたローマ( 11世紀)を除いて、 1つの角には、トレドとサラマンカでは、どこの混合(モサラベ)の儀式は、まだ使われている。 The great Church of Milan, apparently the starting-point of the whole Gallican Use, was able to resist the influence of the Roman Liturgy.ミラノの大きな教会は、どうやらその出発点は、全体gallican使用は、その影響力に抵抗することができたが、ローマ典礼。 But here too, in later centuries the local rite became considerably romanized (St. Charles Borromeo, died 1584), so that the present Milanese (Ambrosian) use is only a shadow of the old Gallican Liturgy.しかし、ここでも、後で世紀にもわたって、地元の儀式ではかなりローマ字(聖ボロメーオチャールズは、 1584年に死亡した)は、現在のようにミラネーゼ(アンブロジオ)の影の下でのみ使用が古いgallican典礼。 In Britain St. Augustine of Canterbury (597-605) naturally brought with him the Roman Liturgy.英国カンタベリーの聖アウグスティヌス(五九七から六〇五まで)彼とは当然、ローマ典礼もたらした。 It received a new impetus from St. Theodore of Canterbury when he came from Rome (668), and gradually drove out the Gallican Use of Lindisfarne.それより聖セオドア新たな弾みを受け取ったときに彼から来たのカンタベリーローマ( 668 ) 、そして徐々に車を運転するgallican使用lindisfarne 。

The English Church was very definitely Roman in its Liturgy.英語の教会には非常には、間違いなくローマ典礼。 There was even a great enthusiasm for the rite of the mother Church.熱意があったためにも大きな教会の儀式の母親です。 So Alcuin writes to Eanbald of York in 796: "Let your clergy not fail to study the Roman order; so that, imitating the Head of the Churches of Christ, they may receive the blessing of Peter, prince of the Apostles, whom our Lord Jesus Christ made the chief of his flock"; and again: "Have you not plenty of books written according to the Roman use?"だからalcuinヨークで796の書き込みをeanbald : "あなたの聖職者を勉強するのに失敗しないためにローマ;ように、頭を模倣して、キリスト教会は、かれらの祝福を受けるかもしれませんが、ピーターは、王子の使徒は、誰主彼の前に、イエスキリストの群れのチーフ" ;そして再び: "あなたはたくさんの本を書いてあるによると、ローマの使用ですか? " (quoted in Cabrol, "L'Angleterre terre chrétienne avant les Normans", Paris, 1909, p. 297). (カブロル引用符で、 "地面にchrétienne avant l' angleterreレノルマン人" 、パリ、 1909 、 p. 297 ) 。 Before the Conquest the Roman service-books in England received a few Gallican additions from the old rite of the country (op. cit., 297-298)ローマ征服前にサービスを受けたイングランド-書籍数gallican追加昔からその国の儀式( op. cit 。 、二九七〜二九八)

So we see that at the latest by the tenth or eleventh century the Roman Rite has driven out the Gallican, except in two sees (Milan and Toledo), and is used alone throughout the West, thus at last verifying here too the principle that rite follows patriarchate.だから我々を参照されることで、最新の10番か11世紀のローマの儀式には、追い出さgallicanを除いて、 2つ目(ミラノとトレド) 、および全体の西だけが使用されて、ここにこうしてとうとうすぎるという原則を確認する儀式正教会以下のとおりです。 But in the long and gradual supplanting of the Gallican Rite the Roman was itself affected by its rival, so that when at last it emerges as sole possessor it is no longer the old pure Roman Rite, but has become the gallicanized Roman Use that we now follow.しかし、徐々に長く、 supplantingの儀式gallican自体の影響を受けるのは、ローマのライバルは、それがはっきりするので、ときとして、とうとう単独所有することは、もはや古い純粋なローマの儀式が、ローマを使用することとなって、私たちを今gallicanizedに従ってください。 These Gallican additions are all of the nature of ceremonial ornament, symbolic practices, ritual adornment.これらの追加gallican儀式には、すべての性質を飾り、象徴的な慣行は、儀式を飾ることです。 Our blessings of candles, ashes, palms, much of the ritual of Holy Week, sequences, and so on are Gallican additions.私たちの祝福のキャンドル、遺灰は、手のひらは、 1週間の多くは、神聖な儀式には、配列、といったようには、追加gallican 。 The original Roman Rite was very plain, simple, practical.元ローマの儀式は非常にプレーン、シンプル、実用的です。 Mr. Edmund Bishop says that its characteristics were "essentially soberness and sense" ("The Genius of the Roman Rite", p. 307; see the whole essay).エドマンドビショップ氏によれば、その特性は、 "基本的に冷静さとセンス" ( "天才は、ローマの儀式" 、 p. 307 ;全体のエッセイを参照してください) 。 Once these additions were accepted at Rome they became part of the (new) Roman Rite and were used as part of that rite everywhere.これらの追加の受け入れが一度になった部分で、ローマ(新規)ローマの儀式としていた儀式の一環としてどこでも使用されています。 When was the older simpler use so enriched?古いシンプルなので、使用する際には濃縮ですか? We have two extreme dates.我々は2つの極端な日程です。 The additions were not made in the eighth century when Pope Adrian sent his "Gregorian Sacramentary" to Charlemagne.の追加が行われていないときに、 8世紀ローマ法王エイドリアン送った"グレゴリオ聖礼典"をシャルルマーニュです。 The original part of that book (in Muratori's edition; "Liturgia romana vetus", II, Venice, 1748) contains still the old Roman Mass. They were made by the eleventh century, as is shown by the "Missale Romanum Lateranense" of that time, edited by Azevedo (Rome, 1752).その本を、元の団体名( 1748 )が含まれていたまだ古いローマのミサで作られる11世紀には、表示されたとしては、 " missale romanum lateranense "のこと時間は、編集されたazevedo (ローマ、 1752年) 。 Dom Suitbert Bäumer suggests that the additions made to Adrian's book (by Alcuin) in the Frankish Kingdom came back to Rome (after they had become mixed up with the original book) under the influence of the successors of Charlemagne, and there supplanted the older pure form (Über das sogen. Sacr. Gelas., ibid.). dom suitbert bäumerを示唆して、追加の本を前にしてエイドリアン( alcuin )は、ローマに戻ってきたフランク王国(後になっていた男女の関係になるの原書)の影響下にあるのシャルルマーニュの後継者、およびそこsupplanted古い純粋フォーム(催し物スポンサdas sogen 。 sacr 。 gelas 。 、同じです。 ) 。

VI. viのです。 LATER MEDIEVAL LITURGIES後で中世liturgies

We have now arrived at the present state of things.我々は今すぐに到着した物事の状態です。 It remains to say a word about the various medieval uses the nature of which has often been misunderstood.遺跡を推挙することについては、中世では、様々な性質がしばしば誤解されている。 Everyone has heard of the old English uses -- Sarum, Ebor, etc. People have sometimes tried to set them up in opposition to what they call the "modern" Roman Rite, as witnesses that in some way England was not "Roman" before the Reformation.誰もが耳には、古英語を使用-s arum、 e bor等を設定しようとした人々がときどきして反対してどのような彼らが"現代"ローマの儀式は、証人としてイングランドではないが、何らかの形で"ローマ"の前に改革です。 This idea shows an astonishing ignorance of the rites in question.この驚くべき無知な考えを示し、問題の儀式です。 These medieval uses are in no sense really independent rites .これらの中世の感覚を使って実際には、独立系の儀式ではありません。 To compare them with the Gallican or Eastern Liturgies is absurd.それらを比較するのは不合理なgallicanや東部liturgies 。 They are simply cases of what was common all over Europe in the later Middle Ages, namely slight (often very slight) local modifications of the parent Rite of Rome.彼らは単に何が共通の例は、それ以降のすべてのオーバー中世ヨーロッパ、すなわちわずかな変更(しばしば非常にわずかな)地方の場合は、親ローマの儀式です。 As there were Sarum and Ebor, so there were Paris, Rouen, Lyons, Cologne, Trier Rites. sarumとeborがあったとして、パリがあったので、ルーアン、ライオンズ、ケルン、トリアー儀式です。 All these are simply Roman, with a few local peculiarities.これらすべては、単純にローマで、いくつかの地域の特性を備えています。 They had their own saints' days, a trifling variety in the Calendar, some extra Epistles, Gospels, sequences, prefaces, certain local (generally more exuberant) details of ritual.彼らは、自分の聖人の日は、ささいな品種のカレンダーは、いくつかの余分な書簡は、 gospels 、シーケンス、 prefaces 、特定の地域(通常より熱狂的な)の儀式の詳細です。 In such insignificant details as the sequence of liturgical colours there was diversity in almost every diocese.そのような枝葉末節典礼色として、シーケンスのほとんどすべての司教管区の多様性があった。 No doubt, some rites (as the Dominican use, that of Lyons, etc.) have rather more Gallican additions than our normal Roman Liturgy.間違いない、いくつかの儀式(ドミニカ共和国として使用するのは、ライオンズには、等)が追加というよりももっと私たちの通常のローマ典礼gallican 。 But the essence of all these late rites, all the parts that really matter (the arrangement, Canon of the Mass and so on) are simply Roman.しかし、本質的には、これらすべての儀式後半には、すべての部品が本当に状物質(の配置、キヤノンは、質量等)は、単にロマン。 Indeed they do not differ from the parent rite enough to be called derived properly.確かに違いはありませんから、彼らの親と呼ばれる儀式を十分に派生していません。 Here again the parallel case of languages will make the situation clear.ここで再び例の言語では、パラレルにセットすると、状況を明確にします。 There are really derived languages that are no longer the same language as their source.実際には派生した言語のことは、もはや自分と同じ言語のソースです。 Italian is derived from Latin, and Italian is not Latin.ラテン語由来は、イタリア語、ラテン語、イタリア語ではない。 On the other hand, there are dialectic modifications that do not go far enough to make a derived language.その半面、そこに行くまでに寄付されることはありません。弁証法の修正を行うに十分な派生言語です。 No one would describe the modern Roman dialect as a language derived from Italian; it is simply Italian, with a few slight local modifications.誰もが、現代のローマの方言を記述する言語としてのイタリア語に由来;それは単に、イタリア語、ローカル修正してわずか数です。 In the same way, there are really new liturgies derived from the old ones.同じ方法で、実際には、古いものから派生した新しいliturgies 。 The Byzantine Rite is derived from that of Antioch and is a different rite.儀式は、ビザンチンのアンティオキアから派生したこととは別の儀式です。 But Sarum, Paris, Trier, etc. are simply the Roman Rite, with a few local modifications.しかしsarum 、パリ、トリアー等は、単にローマの儀式は、地元のいくつかの修正をしています。

Hence the justification of the abolition of nearly all these local varieties in the sixteenth century.したがって、その正当性は、ほぼすべての廃止は、 16世紀これらの地方品種です。 However jealous one may be for the really independent liturgies, however much one would regret to see the abolition of the venerable old rites that share the allegiance of Christendom (an abolition by the way that is not in the least likely ever to take place), at any rate these medieval developments have no special claim to our sympathy.しかし、実際に嫉妬して1つの独立したliturgiesかもしれない、しかしはるかに遺憾の意を参照して1つの立派な年長の廃止に忠誠をキリスト教の儀式を共有する(ところで、廃止されていない可能性がこれまで以上に行われる) 、いずれにせよこのような中世の進展がないという主張を我々の特別な同情します。 They were only exuberant inflations of the more austere ritual that had better not have been touched.かれらは、より多くの緊縮のみinflationsあふれんばかりの儀式をしない方が良い触られている。 Churches that use the Roman Rite had better use it in a pure form; where the same rite exists at least there uniformity is a reasonable ideal.ローマ教会の儀式を使用した方が良い形で使用することは、純粋な;はどこに存在するのと同じ儀式少なくともそこは、合理的な理想的な均一です。 To conceive these late developments as old compared with the original Roman Liturgy that has now again taken their place, is absurd.これらの動きを遅くして思い付くと比較して、元の古いローマ典礼再び撮影して自分の場所が、今では、は不条理だ。 It was the novelties that Pius V abolished; his reform was a return to antiquity.それは、 novelties廃止してピウスv ;彼の改革は、大昔に戻ります。 In 1570 Pius V published his revised and restored Roman Missal that was to be the only form for all Churches that use the Roman Rite.彼の改訂された日付1570ピウスvローマミサ典に復元されたとされるだけで、すべてのフォームを使って、ローマ教会の儀式です。 The restoration of this Missal was on the whole undoubtedly successful; it was all in the direction of eliminating the later inflations, farced Kyries and Glorias, exuberant sequences, and ceremonial that was sometimes almost grotesque.このミサ典の復元の成功は間違いないが全体的に見ると、それはすべて排除し、それ以降の方向inflations 、 farced kyriesとglorias 、あふれんばかりのシーケンスを、そして時にはほぼグロテスクな儀式だった。 In imposing it the pope made an exception for other uses that had been in possession for at least two centuries.ローマ法王前で堂々とすることも例外で、他の用途で所持していたためには、少なくとも2つの世紀にもわたっている。 This privilege was not used consistently.この特権は、常に使用されていない。 Many local uses that had a prescription of at least that time gave way to the authentic Roman Rite; but it saved the Missals of some Churches (Lyons, for instance) and of some religious orders (the Dominicans, Carmelites, Carthusians).多くの地方では処方していたが、少なくともその時点で、本物の道を与えたローマの儀式; missalsしかし、それを保存したいくつかの教会(ライオンズは、例えば)といくつかの宗教的な受注( dominicans 、 carmelites 、 carthusians ) 。 What is much more important is that the pope's exception saved the two remnants of a really independent Rite at Milan and Toledo.何がはるかに重要なのは、法王の例外を保存した2つの独立した残党の儀式で、本当にミラノとトレド。 Later, in the nineteenth century, there was again a movement in favour of uniformity that abolished a number of surviving local customs in France and Germany, though these affected the Breviary more than the Missal.その後、 19世紀には、再度、動きがあったの画一性を支持して、いくつかの廃止を生き延びた地元のフランスとドイツの税関では、これらの影響を受けるのは、聖務日課書ミサ典以上です。 We are now witnessing a similar movement for uniformity in plainsong (the Vatican edition).我々は今すぐwitnessing定旋律を均一にするために、同様の動き(バチカンエディション) 。 The Monastic Rite (used by the Benedictines and Cistercians) is also Roman in its origin.その僧院の儀式( benedictinesで使用されるとcistercians )は、ローマでもその起源です。 The differences between it and the normal Roman Rite affect chiefly the Divine Office.それとの違いは、通常のオフィスローマの儀式に影響を与える主の神です。

VII.第VII 。 TABLE OF LITURGIESテーブルのliturgies

We are now able to draw up a table of all the real liturgies used throughout the Christian world.私たちは、テーブルを作成することができるように、すべての実質liturgiesキリスト教世界で使用されています。 The various Protestant Prayerbooks, Agendæ, Communion-services, and so on, have of course no place in this scheme, because they all break away altogether from the continuity of liturgical development; they are merely compilations of random selections from any of the old rites imbedded in new structures made by various Reformers.様々なプロテスタントprayerbooks 、 agendæ 、聖体拝領-サービス、といったように、ある場所で、このスキームもちろんないので、みんなからの連続性を完全に脱却する典礼開発;彼らは、ランダムに選択してからコンパイルするだけでは、昔の儀式imbeddedで作られる様々な新構造改革派です。

In the First Three Centuriesで、最初の3つの世紀にもわたって

A fluid rite founded on the account of the Last Supper, combined with a Christianized synagogue service showing, however, a certain uniformity of type and gradually crystallizing into set forms.流体の儀式を設立して、最後の晩餐のアカウントは、サービスを統合して表示christianizedシナゴーグしかし、特定のタイプと徐々に結晶化均一のフォームをセットします。 Of this type we have perhaps a specimen in the Liturgy of the second and eighth books of the "Apostolic Constitutions".我々は、おそらくこのタイプの標本は、典礼の8番目と2番目の書籍は、 "ローマ教皇の憲法"です。

Since the Fourth Century第4世紀以来

The original indetermined rite forms into the four great liturgies from which all others are derived. indeterminedの儀式を、元のフォームからliturgiesの4つの偉大さは、他のすべての派生。 These liturgies are:これらのliturgies以下の通りです:

Antiochアンティオキア

Pure in the "Apostolic Constitutions" (in Greek).純粋で、 "ローマ教皇の憲法" (ギリシャ語) 。

Modified at Jerusalem in the Liturgy of St. James.組み換えでは、エルサレムのセントジェームズ典礼。

The Greek St. James, used once a year by the Orthodox at Zacynthus and Jerusalem.セントジェームズは、ギリシャのは、年に一度、使用されてzacynthusされると、エルサレムの正統派だ。

The Syriac St. James, used by the Jacobites and Syrian Uniats.セントジェームズ、シリア語は、使用されるjacobitesとシリアuniats 。

The Maronite Rite, used in Syriac.マロンの儀式は、シリア語で使用されています。

The Chaldean Rite, used by Nestorians and Chaldean Uniats (in Syriac).カルデアの儀式には、使用されてnestoriansとカルデアuniats (シリア語) 。

The Malabar Rite, used by Uniats and Schismatics in India (in Syriac).マラバルの儀式は、インドで使用されてuniatsとschismatics (シリア語) 。

The Byzantine Rite, used by the Orthodox and Byzantine Uniats in various languages.ビザンチンの儀式には、使用されるさまざまな言語で正統派とビザンチンuniats 。

The Armenian Rite, used by Gregorians and Uniats (in Armenian).アルメニアの儀式には、使用されてgregoriansとuniats (アルメニア) 。

Alexandriaアレクサンドリア

The Greek Liturgy of St. Mark, no longer used.聖マルコのは、ギリシャの典礼は、もはや使われている。

The Coptic Liturgies, used by Uniat and schismatical Copts. liturgies 、コプト語、コプト教徒schismaticalで使用されるとuniat 。

The Ethiopic Liturgies, used by the Church of Abyssinia. liturgies 、エチオピア、アビシニア教会で使用される。

Romeローマ

The original Roman Rite, not now used.元ローマの儀式は、現在使われていない。

The African Rite, no longer used.アフリカの儀式は、もはや使われている。

The Roman Rite with Gallican additions used (in Latin) by nearly all the Latin Church. gallican追加して使用され、ローマの儀式(ラテン語で)すべてのラテン教会の近くです。

Various later modifications of this rite used in the Middle Ages, now (with a few exceptions) abolished.この修正後の様々な中世の儀式で使用されて、今すぐ(いくつかの例外を)廃止された。

Gaulガウル

Used once all over North-Western Europe and in Spain (in Latin). 1回以上使用されるすべての北-西ヨーロッパと、スペイン(ラテン) 。

The Ambrosian Rite at Milan.ミラノのアンブロジオの儀式でいます。

The Mozarabic Rite, used at Toledo and Salamanca.モサラベの儀式は、トレドとサラマンカで使用されています。

Publication information Written by Adrian Fortescue.エイドリアンフォーテスキュー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写された。 Dedicated to the Immaculate Heart of the Blessed Virgin Mary The Catholic Encyclopedia, Volume IX.無原罪の心臓部には専用の聖母マリアのカトリック百科事典は、ボリューム9世です。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

CABROL AND LECLERCQ, Monumenta Ecclesiæ Liturgica. leclercqカブロルと、 monumenta ecclesiæ liturgica 。 I, Reliquiæ Liturgicæ Vetustissimæ (Paris, 1900-2); BRIGHTMAN, Liturgies Eastern and Western, I. Eastern Liturgies (Oxford, 1896); DANIEL, Codex Liturgicus Ecclesiæ universæ (4 vols., Leipzig, 1847-53); RAUSCHEN, Florilegium Patristicum, VII.私は、 reliquiæ liturgicæ vetustissimæ (パリ、千九百〜二) ;イトマンは、東と西liturgies勇東部liturgies (オックスフォード、 1896 ) ;ダニエルは、コーデックスliturgicus ecclesiæ universæ ( 4 vols 。 、ライプチヒは、 1847年から1853年) ; rauschen 、名詩選patristicum 、第VII 。 Monumenta eucharistica et liturgica vetustissima (Bonn, 1909); FUNK, Patres Apostolici (2 vols., Tübingen, 1901), and Didascalia et Constitutiones Apostolorum (Paderborn, 1905), the quotations in this article are made from these editions; PROBST, Liturgie der drei ersten christl. monumenta eucharistica et liturgica vetustissima (ボン、 1909 ) ;ファンク、 patres apostolici ( 2 vols 。 、 tübingen 、 1901 ) 、およびdidascalia et constitutiones apostolorum (パーダーボルン、 1905 )は、この記事では、前からの引用でこれらのエディション;プロプスト、 liturgieデアdrei ersten christl 。 Jahrh. jahrh 。 (Tübingen, 1870); IDEM, Liturgie des vierten Jahr. ( tübingen 、 1870 ) ;同文献は、 liturgieデvierten jahr 。 u. deren Reform (Münster, 1893); DREWS, Untersuchungen über die sogenannte clementin. deren改革(ミュンスター、 1893 ) ;ドレフス、 untersuchungen催し物スポンサsogenannte clementin死ぬ。 Liturgie (Tübingen, 1906); DUCHESNE, Origines du Cuite chrét. liturgie ( tübingen 、 1906 ) ;デュシェーヌ、 originesデュcuite chrét 。 (Paris, 1898); RAUSCHEN, Eucharistie und Buss-sakrament in den ersten sechs Jahrh. (パリ、 1898 ) ; rauschen 、 eucharistieウントsakramentにキスをする-デンersten sechs jahrh 。 der Kirche (Freiburg, 1908); CABROL, Les Origines liturgiques (Paris, 1906); IDEM, Introduction aux Etudes liturgiques (Paris, 1907).デアkirche (フライブルク、 1908 ) ;カブロル、レorigines liturgiques (パリ、 1906 ) ;同著者は、導入補助etudes liturgiques (パリ、 1907 ) 。 For further bibliography see articles on each liturgy.文献情報の記事を参照して、各典礼を参照してください。 For liturgical languages, as well as liturgical science, treating of the regulation, history, and dogmatic value of the Liturgy, see RITES.典礼言語のためだけでなく、典礼科学、治療には、規制、歴史、独断的な価値とは、典礼、儀式を参照してください。


Also, see:また、参照してください:
Eucharist 聖体

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです