Logosロゴス

General Information 総合案内

The word logos (from the root of the Greek verb lego, "to say") figures prominently in a number of Greek and Christian philosophical doctrines.その言葉ロゴス(ギリシャ語動詞のルートからのレゴ、 "と言って" )目立つ数字では、多くのギリシャ哲学とキリスト教の教説です。 Although the word's earliest meaning probably was "connected discourse," by the classical period it already had a wide variety of other meanings: "argument," "rational principle," "reason," "proportion," "measure," and others.にもかかわらず、その単語の意味を最古は、おそらく"接続談話は、 "これによって、古典時代にはすでに、多種多様な他の意味があります: "引数" 、 "合理的な原理は、 " "理由は、 " "の割合は、 " "を測定する"とした。 For this reason, it is difficult to interpret the logos doctrines of philosophers and dangerous to assume a single history for these doctrines.この理由から、ロゴを解釈することは困難教説の危険を仮定すると、 1つの哲学者、これらの教説の歴史だ。

Heraclitus was the earliest Greek thinker to make logos a central concept.ヘラクレイトスは、ギリシャの思想家最古のロゴを中央の概念を作る。 He urges us to pay attention to the logos, which "governs all things" and yet is also something we "encounter every day."彼は私たちを求めるのロゴに注意を払うのは、 "規制のすべてのもの"とは、まだ私たちにも何か"との出会いを毎日です。 " We should probably emphasize the linguistic connections of logos when interpreting Heraclitus's thought.おそらく言語学的な接続性を強調しなければならない時に通訳のロゴヘラクレイトスの考えだ。 In our efforts to understand the world, we should look to our language and the order embodied in it, rather than to scientific or religious views that neglect this.私たちの努力を理解し、世界で、我々は我々の言語に目を向けると、それを具体化するためではなく、科学的あるいは宗教的見解を軽視しています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In the 3d century BC the proponents of Stoicism borrowed the idea of logos from Heraclitus (neither Plato nor Aristotle had given the term prominence) and used it for the immanent ordering principle of the universe - represented, at the level of language, by humankind's ordered discourse.紀元前世紀には、 3次元の支持者の禁欲ロゴスという発想から借りたヘラクレイトス(プラトンやアリストテレスはどちらも与えられた任期卓立)および使用されることは、宇宙の内在的な秩序の原則-表現は、言語のレベルでは、人類の指示された談話。 Nature and logos are often treated as one and the same; but logos is nature's overall rational structure, and not all natural creatures have logos, or reason, within them.自然とロゴの一つとして扱われることが多いと同じ;しかし、自然のロゴは、全体の合理的な構造は、すべての自然や生き物がいないのロゴ、または理由で、内にしてください。 Humans are urged to "live consistently with logos."人間は求められて"ライブロゴス一貫している。 "

In the New Testament, the Gospel According to Saint John gives a central place to logos; the biblical author describes the Logos as God, the Creative Word, who took on flesh in the man Jesus Christ. Many have traced John's conception to Greek origins - perhaps through the intermediacy of eclectic texts like the writings of Philo of Alexandria.新約聖書では、聖ヨハネの福音書によると、中央の場所を与えロゴ; の聖書の作者として説明して、神のロゴは、クリエイティブな言葉は、誰がして男の肉は、イエスキリストです。トレースジョンの概念の多くはギリシャ語を起源-たぶんを通じて、仲介の折衷的な文章のような記述がアレクサンドリアのフィロです。 More recently, however, scholars have emphasized that the Old Testament contains a doctrine of the Word of God; and in Aramaic paraphrases the "Word of God" takes on some of the functions of God. Later Christian thinkers clearly did incorporate the Stoic logos doctrine; logos was associated particularly with Christ and later, in Arianism, no longer identified with God.さらに最近では、しかし、旧約聖書学者が含まれると強調して、神のみことばの教義; paraphrasesアラム語とは、 "神のみことば"にはいくつかの機能の神です。 キリスト教思想家を明確にした後、平然としたロゴを組み込むドクトリン;ロゴは、特に関連して、キリスト以降は、アリウス主義は、もはや神を識別しています。

Martha C Nussbaum cマーサヌスバウム

Bibliography 文献情報
J Carey, Kairos and Logos (1978); W J Ong, Presence of the Word (1967). jキャリー、カイロスとロゴス( 1978 ) ; wjオングは、その言葉の存在( 1967 ) 。


Logosロゴス

General Information 総合案内

Logos (Greek, "word,""reason,""ratio"), in ancient and especially in medieval philosophy and theology, the divine reason that acts as the ordering principle of the universe.ロゴス(ギリシャ語は、 "ワード" 、 "理由" 、 "比" )は、古代や中世の哲学と神学を中心には、神の行為の理由で、宇宙の原則として、ご注文ください。

The 6th-century BC Greek philosopher Heraclitus was the first to use the term Logos in a metaphysical sense.紀元前6世紀のギリシャの哲学者ヘラクレイトスという用語を使用するのは初めてのロゴは、形而上感覚です。 He asserted that the world is governed by a firelike Logos, a divine force that produces the order and pattern discernible in the flux of nature.彼は主張して、世界を支配されてfirelikeロゴは、神の力を生産し、パターンを識別するために、自然の中のフラックスです。 He believed that this force is similar to human reason and that his own thought partook of the divine Logos.彼は、この力を信じられている理由は、人間と同様にして、自分の考えとは、神のロゴスpartakeのです。

In Stoicism, as it developed after the 4th century BC, the Logos is conceived as a rational divine power that orders and directs the universe; it is identified with God, nature, and fate.禁欲では、開発した後、紀元前4世紀には、ロゴマークは、神の力が考えられる合理的な指示命令や宇宙;を識別することは、神と自然、そして運命。 The Logos is "present everywhere" and seems to be understood as both a divine mind and at least a semiphysical force, acting through space and time.このロゴは、 "至る所に"と思われる神の心の両方として理解すると、少なくともsemiphysical力、演技を通して空間と時間です。 Within the cosmic order determined by the Logos are individual centers of potentiality, vitality, and growth.内で決定されるため、宇宙センターのロゴは、個々の潜在的可能性、活力、と成長した。 These are "seeds" of the Logos (logoi spermatikoi).これらは"種子"のロゴ( logoi spermatikoi ) 。 Through the faculty of reason, all human beings (but not any other animals) share in the divine reason.を通じて、教職員の理由で、すべての人間(他の動物にはない)のシェアは、神の理由です。 Stoic ethics stress the rule "Follow where Reason [Logos] leads"; one must therefore resist the influence of the passions-love, hate, fear, pain, and pleasure.禁欲的なストレスの倫理規則"に従う理由はどこ[ロゴ]リード" ;自分の影響力に抵抗する必要がありますので、熱中している-愛、憎しみ、恐怖、痛み、そして喜びです。

The 1st-century AD Jewish-Hellenistic philosopher Philo Judaeus employed the term Logos in his effort to synthesize Jewish tradition and Platonism.第1世紀の広告のユダヤ人の哲学者フィロhellenistic雇わjudaeus彼の努力をするという用語ロゴユダヤ教の伝統と精神的恋愛を合成する。 According to Philo, the Logos is a mediating principle between God and the world and can be understood as God's Word or the Divine Wisdom, which is immanent in the world.フィロによると、このロゴは、神との間を調停し、世界の原理とは神の言葉として理解されるべきで、神の知恵や、これは、世界の内在する。

At the beginning of the Gospel of John, Jesus Christ is identified with the Logos made incarnate, the Greek word logos being translated as "word" in the English Bible: "In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God. . . . And the Word became flesh and dwelt among us . . ."冒頭には、ヨハネによる福音書は、イエスキリストが識別され、前の化身のロゴは、ロゴは、ギリシャ語に翻訳され、 "ワード"で、英語のバイブル: "という言葉は、初めには、この言葉は、神様と、神の言葉は。 。 。 。 。との間でその言葉が私たちの肉と力説。 。 。 " (John 1:1-3, 14). (ヨハネ1:1-3 、 14 ) 。 John's conception of Christ was probably influenced by Old Testament passages as well as by Greek philosophy, but early Christian theologians developed the conception of Christ as the Logos in explicitly Platonic and Neoplatonic terms (see Neoplatonism).ジョンのキリストの概念は、おそらく旧約聖書の通路に左右されるだけでなく、ギリシャ哲学では、初期キリスト教神学者が開発した概念で、キリストロゴスとして、明示的にプラトニックとneoplatonic条件(新プラトンを参照してください) 。 The Logos, for instance, was identified with the will of God, or with the Ideas (or Platonic Forms) that are in the mind of God.このロゴは、例えば、神の意志には、識別して、あるいは、アイデア(またはプラトニックなフォーム)には神の心の中にある。 Christ's incarnation was accordingly understood as the incarnation of these divine attributes.キリストの化身として理解は、それに応じて、これらの神の化身の属性です。

Robert S. Brumbaughロバート米brumbaugh


Logosロゴス

Advanced Information 高度情報

The most usual Greek term for "word" in the NT: occasionally with other meanings (e.g., account, reason, motive); specifically in the prologue to the Fourth Gospel (John 1:1, 14) and perhaps in other Johannine writings (I John 1:1; Rev. 19:13) it is used of the second person of the Trinity.ギリシャ語の用語をほとんどいつも"言葉"にはNT :時折、他の意味(例えば、アカウントには、理由は、動機) ;具体的には、プロローグ、第4福音書(ヨハネ1:1 、 14 )と、おそらく他の使徒ヨハネの記述(私のジョン1:1 ;牧師19:13 )の2番目の人が使用されることは、トリニティ。 In ordinary Greek parlance it also means reason.ギリシャの用語では普通のことも理由の手段です。

Johannine Usage使徒ヨハネの使い方

According to John 1:1-18 the Logos was already present at the creation ("in the beginning" relates to Gen. 1:1), in the closest relationship with God ("with" = pros, not meta or syn).ヨハネ1:1-18によると、ロゴの作成にはすでに存在する( "で始まり"との関連性が大将1:1 ) 、神に最も近い関係を築く( "を" =プロではなく、またはメタシン) 。 Indeed, the Logos was God (not "divine," as Moffatt, the anarthrous predicate is grammatically required but may also indicate a distinction between the persons).確かに、このロゴマークは、神(いない"神は、 "モファットとしては、無節述語は文法的にも示す必要がありますが、人の区別) 。 This relationship with God was effective in the moment of creation (1:2).この関係を神の創造の瞬間には効果がある( 1時02分) 。 The entire work of creation was carried out through ("by" =dia, vs. 3) the Logos.作品全体を通しての創造が行われた( "を" =ディアは、対3 )のロゴです。 The source of life (1:4, probable punctuation) and light of the world (cf. 9:5) and of every man (1:9, probable punctuation), and still continuing (present tense in 1:5) this work, the Logos became incarnate, revealing the sign of God's presence and his nature (1:14).生命の源( 1時04分、概句読点)と光の世界( cf. 9時05分)とのすべての男( 1時09分、概句読点) 、および依然として継続( 1時05分現在時制で)この仕事は、このロゴになったの化身は、神の存在を明らかにサインと彼の性質( 1時14分) 。

The prologue thus sets out three main facets of the Logos and his activity: his divinity and intimate relationship with the Father; his work as agent of creation; and his incarnation.プロローグこうしてアウトセットの3つの主要な角度からのロゴと彼の活動:彼の父神との親密な関係を築く;剤としての彼の仕事の創出;と彼の化身。

In I John 1:1 "the Logos of life," seen, heard, and handled, may refer to the personal Christ of the apostolic preaching or impersonally to the message about him.私はヨハネ1:1 "のロゴの人生は、 "見た、聞いた、および処理は、個人の可能性を参照して、キリストの使徒の説教や彼についてのメッセージをimpersonally 。 Rev. 19:12 pictures Christ as a conquering general called the Logos of God.牧師として、キリストの絵19時12征服総長と呼ばれる神のロゴです。 As in Heb. hebようです。 4:12, it is the OT picture of the shattering effects of God's word (cf. the imagery of vs. 15) which is in mind. 4時12分、それは、 ot絵が破れるほどの効果は、神の言葉( cf.の画像の対15 )には、を念頭に置いている。

Background of the Term背景には、任期

OT ot

Diverse factors give some preparation for John's usage.多様な要因をいくつか備えてジョンの使用量を与える。 God creates by the word (Gen. 1:3; Ps. 33:9) and his word is sometimes spoken of semipersonally (Ps. 107:20; 147:15, 18); it is active, dynamic, achieving its intended results (Isa. 50:10-11).神を作成して、単語(大将1 : 03 ;しまう。 33:9 )と彼の言葉を話されるのは、ときどきsemipersonally ( ps. 107:20 ; 147:15 、 18 ) ;それは積極的な、ダイナミックで、その目的を達成するための検索結果( isa. 50:10-11 ) 。 The wisdom of God is personified (Prov. 8, note especially vss. 22ff. on wisdom's work in creation).神の化身のような人の知恵は、 ( prov. 8は、特に注意vss 。 22ff 。知恵の仕事の上で作成) 。 The angel of the Lord is sometimes spoken of as God, sometimes as distinct (cf. Judg. 2:1).主は、天使のように話され、時には神として、時にはとして別個( cf. judg 。 2:1 ) 。 God's name is semipersonalized (Exod. 23:21; I Kings 8:29).神の名はsemipersonalized ( exod. 23 : 21 ;私キングス8時29分) 。

Palestinian Judaismパレスチナユダヤ教

Besides the personification of wisdom (cf. Ecclus. 24), the rabbis used the word me'mra,' "word," as a periphrasis for "God."上述の化身の知恵( cf. ecclus 。 24 )は、その言葉が使われてラビme'mra 、 ' "の単語は、 "回りくどい言い方をするための"神"と述べた。 This usage occurs in the Targums.この用途でtargumsが発生します。

Greek Philosophyギリシャ哲学

Among the philosophers the precise significance of Logos varies, but it stands usually for "reason" and reflects the Greek conviction that divinity cannot come into direct contact with matter.哲学者のうち、正確な意義のロゴが異なりますが、これは通常のスタンド"理由"と確信してギリシャの神を反映して生まれてくることはできない問題と直接接触しています。 The Logos is a shock absorber between God and the universe, and the manifestation of the divine principle in the world.ショックアブソーバーのロゴは、宇宙の神との間に、その神の現れとは、世界の原則です。 In the Stoic tradition the Logos is both divine reason and reason distributed in the world (and thus in the mind).禁欲主義の伝統は、神の理性と理性の両方のロゴが配布され、世界(そして心の中にある) 。

Hellenistic Judaismユダヤ教hellenistic

In Alexandrian Judaism there was full personification of the word in creation (Wisd. Sol. 9:1; 16:12).ユダヤ教でアレクサンドリアの化身があったという言葉でいっぱいの創造(ゾルwisd. 。 9時01分、 16時12分) 。 In the writings of Philo, who, though a Jew, drank deeply from Platonism and Stoicism, the term appears more than 1300 times.フィロの執筆中には、誰が、ユダヤ人は、より深く飲んだプラトン哲学と禁欲、 1300回を超えるという用語が表示されます。 The Logos is "the image" (Col. 1:15); the first form (protogonos), the representation (charakter, cf. Heb. 1:3), of God; and even "Second God" (deuteros theos; cf. Eusebius, Praeparatio Evangelica vii. 13); the means whereby God creates the world from the great waste; and, moreover, the way whereby God is known (i.e., with the mind. Closer knowledge could be received directly, in ecstasy).このロゴは、 "画像" (大佐1時15分) ;最初のフォーム( protogonos )は、表現( charakter 、 cf 。 heb 。 1時03分) 、神;とでも"第二の神" ( deuteros theos ; cf 。ユーセビアス、第VII praeparatio evangelica 。 13 ) ;その意味では、世界から神の偉大な廃棄物を作成し、そして、また、神はその道では知られて(すなわち、心と。緊密な知識を直接受け取った可能性がある、エクスタシー) 。

Hermetic Literature密封文学

Logos occurs frequently in the Hermetica. hermeticaロゴは、頻繁に発生します。 Though post-Christian, these are influenced by hellenistic Judaism.ポストかかわらずキリスト教、ユダヤ教hellenisticこれらは左右される。 They indicate the Logos doctrine, in something like Philonic terms, in pagan mystical circles.彼らのロゴを示す学説は、何かのようにphilonic用語では、神秘的で異教を回っている。

Sources of John's Doctrineソースのジョンの教義

John 1 differs radically from philosophic usage.哲学根本から異なる用途ジョン1 。 For the Greeks, Logos was essentially reason; for John, essentially word.ギリシア人は、ロゴは、本質的な理由;ためジョンは、本質的に単語です。 Language common to Philo's and the NT has led many to see John as Philo's debtor.フィロの言語に共通してきたのと、 NTのジョンとして多くのフィロの債務を参照してください。 But one refers naturally to Philo's Logos as "It," to John's as "He."しかし、 1つの自然を指しますフィロのロゴとして"それは、 "ジョンのように"と同氏。 " Philo came no nearer than Plato to a Logos who might be incarnate, and he does not identify Logos and Messiah.フィロプラトンよりも近くに来ていない人にロゴスの化身かもしれない、とは思っていないと救世主のロゴを識別します。 John's Logos is not only God's agent in creation; He is God, and becomes incarnate, revealing, and redeeming.ジョンのロゴだけではないが、神の創造エージェント;彼は神の化身となる、肌を露出し、欠点を補う。

The rabbinic me'mra,' hardly more than a reverent substitution for the divine name, is not sufficiently substantial a concept; nor is direct contact with Hermetic circles likely. me'mraのラビ、 '敬けんな置換以上のほとんどは、神の名は、十分に実質的な概念ではない;も界には直接接触して密閉可能です。

The source of John's Logos doctrine is in the person and work of the historical Christ.ジョンのロゴ学説のソースは、歴史上の人物とは、キリストの仕事です。 "Jesus is not to be interpreted by Logos: Logos is intelligible only as we think of Jesus" (W. F. Howard, IB, VIII, 442). "と解釈されるべきではない、イエスキリストのロゴ:ロゴは、我々としては理解できると思うのイエス" (ハワードワリスフツナ諸島、 ib 、 VIIIや442 ) 。 Its expression takes its suitability primarily from the OT connotation of "word" and its personification of wisdom.その表情からは、主にその適性otなニュアンスの"言葉"とその化身の知恵です。 Christ is God's active Word, his saving revelation to fallen man.キリストは神の積極的な言葉は、彼の啓示を保存せずに倒れた男です。 It is not accidental that both the gospel and Christ who is its subject are called "the word."偶然ではないことは、双方のキリストの福音と呼ばれる人は、件名には"という言葉だ。 " But the use of "Logos" in the contemporary hellenistic world made it a useful "bridge" word.しかし、使用する"ロゴス"は、現代の世界はそれをhellenistic便利な"橋"の単語です。

In two NT passages where Christ is described in terms recalling Philo's Logos, the word Logos is absent (Col. 1:15-17; Heb. 1:3). NTの通路に2つの条件はどこに記載さを振り返り、キリストは、フィロのロゴは、その言葉のロゴが不在(大佐1:15-17 ; heb 。 1時03分) 。 Its introduction to Christian speech has been attributed to Apollos.キリスト教の演説を紹介してその原因をapollosされています。

Logos in Early Christian Use初期キリスト教のロゴを使用する

The apologists found the Logos a convenient term in expounding Christianity to pagans.ロゴスの擁護するのに便利に用語を見つけたexpoundingキリスト教を多神教徒です。 They used its sense of "reason," and some were thus enabled to see philosophy as a preparation for the gospel.その意味で使われて彼らの"理由は、 "このように、いくつかが有効になってからのための準備としての哲学を参照してください福音です。 The Hebraic overtones of "word" were under-emphasized, though never quite lost.含み、ヘブライ人の"言葉"の下に強調されたが、決してかなり失われます。 Some theologians distinguished between the Logos endiathetos, or Word latent in the Godhead from all eternity, and the logos prophorikos, uttered and becoming effective at the creation.いくつかの著名な神学者の間のロゴendiathetos 、またはすべての単語から永遠に潜伏中の神性、およびそのロゴprophorikos 、口の創出となっている効果的です。 Origen seems to have used Philo's language of the deuteros theos.原産地のように使用される言語は、フィロdeuteros theos 。 In the major Christological controversies, however, the use of the term did not clarify the main issues, and it does not occur in the great creeds. christologicalの主要な論争は、しかし、その用語を使用しなかったの主要な争点の明確化、およびそれは、偉大な信条は発生しません。

A F Walls心房細動の壁
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
R. G. Bury, The Logos Doctrine and the Fourth Gospel; C. H. Dodd, The Fourth Gospel; W. F. Howard, Christianity According to St. John; Commentaries on John by B. F. Westcott, J. H. Bernard, C. K. Barrett; R. L. Ottley, Doctrine of the Incarnation; A. Debrunner, TDNT, IV, 69ff.; H. Haarbeck et al., NIDNTT, III, 1078ff.; F. E. Walton, The Development of the Logos Doctrine in Greek and Hebrew Thought.埋葬のRGは、 4番目のロゴやゴスペルドクトリン;チャンネルドッドは、第4福音書;ワリスフツナ諸島ハワードは、キリスト教によると、聖ヨハネ;論評してジョンのbfウェストコットによっては、道路公団のバーナード、 ckにバレット; rlオットリ、ドクトリンの権化;する。 debrunner 、 tdnt 、 4世、 69ff 。 ; h. haarbeckら。 、 nidntt 、 3世、 1078ff 。 ;のFEウォルトン、ドクトリンの開発では、ギリシャ語とヘブライ語のロゴは思いました。


The Wordその言葉

Advanced Information 高度情報

The Word (Gr. Logos), is one of the titles of our Lord, found only in the writings of John (John 1:1-14; 1 John 1:1; Rev. 19: 13).その言葉( gr.ロゴス)は、 1つのタイトルは、わたしたちの主は、その記述が見つかっただけでジョン(ヨハネ1:1-14 ; 1ヨハネ1:1 ;牧師19 : 13 ) 。 As such, Christ is the revealer of God.このように、キリストは、神のrevealer 。 His office is to make God known.彼の事務所では、神に知られています。 "No man hath seen God at any time; the only begotten Son, which is in the bosom of the Father, he hath declared him" (John 1: 18). "いいえ、神はいつでも見られる男かれら;生まれた息子だけで、これは、父親の懐は、かれを宣言した" (ヨハネ1 : 18 ) 。 This title designates the divine nature of Christ.このタイトルを指定し、キリストの神の性質です。 As the Word, he "was in the beginning" and "became flesh."その言葉として、彼は"初めには"と"肉になった"と述べた。 "The Word was with God " and "was God," and was the Creator of all things (comp. Ps.33: 6; 107:20; 119:89; 147:18; Isa. 40:8). "この言葉は、神"と"神は、 "とは凡てのものの創造( comp. ps.33 : 6 ; 107:20 ; 119:89 ; 147:18 ;のISA 。 40:8 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


The Logosのロゴ

Catholic Information カトリック情報

The word Logos is the term by which Christian theology in the Greek language designates the Word of God, or Second Person of the Blessed Trinity.ロゴスという言葉は、キリスト教神学用語をどの言語では、ギリシャの神のみことばを指定、または2番目の人の祝福トリニティ。 Before St. John had consecrated this term by adopting it, the Greeks and the Jews had used it to express religious conceptions which, under various titles, have exercised a certain influence on Christian theology, and of which it is necessary to say something.聖ヨハネの前には聖体拝領を採用することによって、この用語は、ギリシア人とユダヤ人は宗教的な概念を表現するために使用されることは、様々なタイトルの下には、ある特定の影響力を行使してキリスト教神学は、これとは何かを言うことが必要です。

I. THE LOGOS IN HELLENISM i.のロゴはヘレニズム

It is in Heraclitus that the theory of the Logos appears for the first time, and it is doubtless for this reason that, first among the Greek philosophers, Heraclitus was regarded by St. Justin (Apol. I, 46) as a Christian before Christ.ヘラクレイトスことで、それは理論では初めてのロゴが表示されたら、それは間違いなくこの理由として、最初のうちは、ギリシャの哲学者、ヘラクレイトス評価された聖ジャスティン( apol.私は、 46 )として、キリスト教、キリストの前に。 For him the Logos, which he seems to identify with fire, is that universal principle which animates and rules the world.彼のロゴは、どのように共感して火災彼は、普遍的原理は、世界のどのanimatesやルールです。 This conception could only find place in a materialistic monism.この概念は、場所を見つけることしかできなかった唯物一元論です。 The philosophers of the fifth and fourth centuries before Christ were dualists, and conceived of God as transcendent, so that neither in Plato (whatever may have been said on the subject) nor in Aristotle do we find the theory of the Logos. 5番目と4番目の哲学者は、前世紀にもわたってdualistsキリストが、神として超越と考えられたので、どちらにしてプラトン(どのような可能性があるとされ服従して)も、アリストテレスの理論を見つけることは、我々のロゴ。

It reappears in the writings of the Stoics, and it is especially by them that this theory is developed.記述することで、再度表示さstoics 、およびそれによってかれらは、特にこの理論は、開発しています。 God, according to them, "did not make the world as an artisan does his work, but it is by wholly penetrating all matter that He is the demiurge of the universe" (Galen, "De qual. incorp." in "Fr. Stoic.", ed. von Arnim, II, 6); He penetrates the world "as honey does the honeycomb" (Tertullian, "Adv. Hermogenem", 44), this God so intimately mingled with the world is fire or ignited air; inasmuch as He is the principle controlling the universe, He is called Logos; and inasmuch as He IS the germ from which all else develops, He is called the seminal Logos (logos spermatikos).神は、かれらによると、 "覚えがないとして、世界アーティザン彼の作品は、それがすべての問題を完全に貫通して、彼は、宇宙のデミウルゴス" (ガレン、 "デqual 。 incorp "と述べた。 " fr 。平然とした"と述べた。 、エド。フォンアルニム、 2世、 6 ) ;彼は、世界侵入"蜜のようには、ハニカム" ( tertullian 、 "前売hermogenem " 、 44 )は、この神のよう密接に混じり、世界は火災や発火の空気; 〜だけれども彼は、宇宙の原理を制御する、と呼ばれる彼はロゴス;や胚から〜だけれども彼は、ほかのすべての開発は、精と呼ばれる彼はロゴス(ロゴスspermatikos ) 。 This Logos is at the same time a force and a law, an irresistible force which bears along the entire world and all creatures to a common end, an inevitable and holy law from which nothing can withdraw itself, and which every reasonable man should follow willingly (Cleanthus, "Hymn to Zeus" in "Fr. Stoic." I, 527-cf. 537).このロゴは、これと同時に、力とする法律は、不可抗力でベアーズに沿って、全世界のすべての生き物と共通の末には、避けられないものが何もないから、神聖な法律を撤回すること自体には、すべての合理的な男が従うべきと喜んで( cleanthus 、 "賛美歌をゼウス"で" fr 。平然とした。 "私は、 527 - cf 。 537 ) 。 Conformably to their exegetical habits, the Stoics made of the different gods personifications of the Logos, e.g.従順にしてexegetical習慣は、 stoics前には、別の神々 personificationsのロゴは、例えば、 of Zeus and above all of Hermes.上記のすべてのゼウスとヘルメス。 At Alexandria, Hermes was identified with Thoth, the god of Hermopolis, known later as the great Hermes, "Hermes Trismegistus", and represented as the revealer of all letters and all religion.アレキサンドリアでは、トートヘルメスは識別して、神のヘルモポリス、後でとして知られる偉大なヘルメスは、 "ヘルメスtrismegistus " 、そして、 revealerとして表されるすべての宗教のすべての文字とします。 Simultaneously, the Logos theory conformed to the current Neoplatonistic dualism in Alexandria: the Logos is not conceived of as nature or immanent necessity, but as an intermediary agent by which the transcendent God governs the world.同時に、この理論に適合して、現在のロゴneoplatonistic二元論でアレキサンドリア:ロゴスではないのか内在的な性質の必要性として考えられたのではなく、神の仲介代理店を規制して世界を超越した。 This conception appears in Plutarch, especially in his "Isis and Osiris"; from an early date in the first century of the Christian era, it influenced profoundly the Jewish philosopher Philo.プルタルコスが表示され、この概念は、特に彼の"イシスとオシリス" ;からの最初の世紀の早い時期には、キリスト教の時代には、それは大いに影響を受けたユダヤ人の哲学者フィロ。

II. Ⅱ 。 THE WORD IN JUDAISMその言葉はユダヤ教

Quite frequently the Old Testament represents the creative act as the word of God (Genesis 1:3; Psalm 32:9; Sirach 42:15); sometimes it seems to attribute to the word action of itself, although not independent of Jahveh (Isaiah 55:11, Zechariah 5:1-4; Psalm 106:20; 147:15).かなり頻繁に旧約聖書を表す言葉として動作するように神の創造(創世記1 : 03 ;詩編32:9 ;シラク42:15 ) ;時にはように作用するという単語自体の属性には、独立していないにもかかわらずjahveh (イザヤ書55:11 、ゼカリヤ5:1-4 ;詩編106:20 ; 147:15 ) 。 In all this we can see only bold figures of speech: the word of creation, of salvation, or, in Zacharias, the word of malediction, is personified, but is not conceived of as a distinct Divine hypostasis.これですべての数字を見ることができるだけの大胆なスピーチ:その言葉の創出、救世、または、ツァハリアスは、その言葉の悪口は権化のような人が、これは別個の神の本質として考えられたのです。 In the Book of Wisdom this personification is more directly implied (xviii, 15 sq.), and a parallel is established (ix, 1, 2) between wisdom and the Word.この本の中では知恵の化身の方が直接黙示( 18 、 15 sq 。 ) 、およびパラレルが確立( 9世、 1 、 2 )知恵と単語の間です。

In Palestinian Rabbinism the Word (Memra) is very often mentioned, at least in the Targums: it is the Memra of Jahveh which lives, speaks, and acts, but, if one endeavour to determine precisely the meaning of the expression, it appears very often to be only a paraphrase substituted by the Targumist for the name of Jahveh.パレスチナ人のラビの教義の中の単語( memra )は、非常に頻繁に触れたように、少なくとも、 targums :それは、どのmemraの命jahveh 、喋る、および行為ではなく、 1つのエンデバーを決定する場合には、式の意味を正確には、それが表示されたらとても頻繁に置換されるだけに言い換えtargumistをjahvehの名前です。 The Memra resembles the Logos of Philo as little as the workings of the rabbinical mind in Palestine resembled the speculations of Alexandria: the rabbis are chiefiy concerned about ritual and observances; from religious scruples they dare not attribute to Jahveh actions such as the Sacred Books attribute to Him; it is enough for them to veil the Divine Majesty under an abstract paraphrase, the Word, the Glory, the Abode, and others.のロゴが似てmemraフィロリトルとしての働きとしては、パレスチナのラビに似て、心の中の憶測アレキサンドリア: chiefiyのラビが心配儀式や慣例;から思い切っていない彼らの宗教的なためらいjahvehアクションなどの属性を聖なる属性の書籍彼;かれらにはそれで十分ベール陛下の神の下にある抽象的な言い換えは、その言葉は、その栄光は、すみか、および他のです。 Philo's problem was of the philosophic order; God and man are infinitely distant from each other, and it is necessary to establish between them relations of action and of prayer; the Logos is here the intermediary.フィロは、哲学の問題は、注文;神とは比べものにならないほど遠くからお互いの男、そしてそれは、それらの間の関係を確立するのに必要なアクションと祈り;のロゴは、ここでの中間です。

Leaving aside the author of the Book of Wisdom, other Alexandrian Jews before Philo had speculated as to the Logos; but their works are known only through the rare fragments which Christian authors and Philo himself have preserved.ひとまず置いといて、この本の著者の知恵は、他のユダヤ人を前にアレクサンドリアのロゴをフィロいた投機として;しかし、彼らの作品は、珍しいのかけらを介してのみ知られる著者とキリスト教フィロ自身が保持されます。 Philo alone is fully known to us, his writings are as extensive as those of Plato or Cicero, and throw light on every aspect of his doctrine; from him we can best learn the theory of the Logos, as developed by Alexandrian Judaism.フィロだけでは十分に知られている私たちは、彼の記述としては、大規模なものとしてプラトンやキケロ、そして彼のあらゆる側面に光を投げるドクトリン;から彼の理論を学ぶことができる最良のロゴ、ユダヤ教アレクサンドリアとして開発された。 The character of his teaching is as manifold as its sources:教えることは、彼のキャラクターとしてのソースとしてマニホールド:

sometimes, influenced by Jewish tradition, Philo represents the Logos as the creative Word of God ("De Sacrific. Ab. et Cain"; cf. "De Somniis", I 182; "De Opif. Mundi", 13);ときどき、ユダヤ教の伝統に影響されて、フィロの創造を表す言葉として、神のロゴス( "デsacrific 。 ABのです。 etカイン" ; cf 。 "デsomniis "は、私182 ; "デopif 。 mundiの複数形" 、 13 ) ;

at other times he describes it as the revealer of God, symbolized in Scripture by the angel of Jahveh ("De Somniis", I, 228-39, "De Cherub.", 3; "De Fuga", 5; "Quis rer. divin. haeres sit", 201-205).他の回で説明することとして、彼は神のrevealer 、天使のように象徴されるjahvehで啓典( "デsomniis "と、私は、二百二十八〜三十九、 "デケルビム。 " 、 3 ; "デフーガ" 、 5 ; " quis番RER 。 divin 。相続人に座る" 、 201から205まで) 。

Oftener again he accepts the language of Hellenic speculation; the Logos is then, after a Platonistic concept, the sum total of ideas and the intelligible world ("De Opif. Mundi", 24, 25; "Leg. Alleg.", I, 19; III, 96),再び彼の言葉を受け付けますoftener古代ギリシャの憶測;のロゴは、その後、後platonisticコンセプトは、合計のアイデアや世界の理解( "デopif 。 mundiの複数形" 、 24 、 25 ; "脚。 allegです" 、私は、 19 ; 3世、 96 )は、

or, agreeably to the Stoic theory, the power that upholds the world, the bond that assures its cohesion, the law that determines its development ("De Fuga", 110; "De Plantat. Noah," 8-10; "Quis rer. divin. haeres sit", 188, 217; "Quod Deus sit immut.", 176; "De Opif. Mundi", 143).または、平然とした感じにして、理論的には、電源をupholds 、世界は、その保証債結束して、同法の開発を決定する( "デフーガ" 、 110 ; "デplantat 。ノアは、 " 8-10 ; " quis番RER 。 divin 。相続人に座る" 、 188 、 217 ; " quodデウスimmutに座る。 " 、 176 ; "デopif 。 mundiの複数形" 、 143 ) 。

Throughout so many diverse concepts may be recognized a fundamental doctrine: the Logos is an intermediary between God and the world; through it God created the world and governs it; through it also men know God and pray to Him ("De Cherub.", 125; "Quis rerum divin. haeres sit", 205-06.) In three passages the Logos is called God ("Leg. Alleg.", III, 207; "De Somniis", I, 229; "In Gen.", II, 62, cited by Eusebius, "Praep. Ev.", VII, 13); but, as Philo himself explains in one of these texts (De Somniis), it is an improper appellation and wrongly employed, and he uses it only because he is led into it by the Sacred Text which he comments upon.多様な概念を通して非常に多くの根本的な教義を認められたかもしれない:神のロゴは、仲介者との間で、世界;神を作成することを通じて、世界と規制すること;を通して、神に祈ることも彼に知っている男性( "デケルビム。 " 125 ; " quis rerum divin 。相続人に座る" 、 205から06まで。 )と呼ばれる3つの文章には、神のロゴス( "脚。 alleg 。 " 、 3 、 207 ; "デsomniis "は、私、 229 ; "大将"は、 2世、 62 、ユーセビアス引用された、 " praep 。 eVのです。 " 、第VII 、 13 ) ;しかし、フィロとして自分自身を説明し、これらを1つのテキスト(デsomniis )は、不適切な名称とすることは間違って雇われ、彼が使用しているなぜなら、彼はそれだけに主導される神聖なテキストが彼のコメントを明記。 Moreover, Philo does not regard the Logos as a person; it is an idea, a power, and, though occasionally identified with the angels of the Bible, this is by symbolic personification.また、フィロ点ではありませんが、人としてのロゴ;ことで、アイデアは、電源ケーブル、および、識別して、天使たちにもたまには、聖書には、これは象徴的な擬人化された。

III. Ⅲ 。 THE LOGOS IN THE NEW TESTAMENTのロゴマークは、新約聖書

The term Logos is found only in the Johannine writings: in the Apocalypse (19:13), in the Gospel of St. John (1:1-14), and in his First Epistle (1:1; cf. 1:7 - Vulgate).ロゴスという言葉が見つかっただけで、使徒ヨハネの記述:中の黙示録( 19:13 ) 、聖ヨハネの福音書( 1:1-14 ) 、そして、彼の最初の信徒( 1:1 ; cf 。 1時07分-流布本) 。 But already in the Epistles of St. Paul the theology of the Logos had made its influence felt.しかし、すでに聖パウロの書簡の神学のロゴの前にその影響力を感じていた。 This is seen in the Epistles to the Corinthians, where Christ is called "the power of God, and the wisdom of God" (1 Corinthians 1:24) and "the image of God" (2 Corinthians 4:4); it is more evident in the Epistle to the Colossians (1:15 sqq.); above all in the Epistle to the Hebrews, where the theology of the Logos lacks only the term itself, that finally appears in St. John.この書簡には、コリンチャンスに見られるのは、どこに、キリストは"神の力、神の知恵とは" ( 1コリンチャンス1時24分)と"神のイメージ" ( 2コリンチャンス4時04分) ;ことはより多くの信徒への、コロサイ人への手紙で明らかになる( 1時15 sqq 。 ) ;上記のすべての信徒へのヘブル人への手紙で、どこに欠け、神学のロゴのみという用語自体には、聖ヨハネが最後に表示されています。 In this epistle we also notice the pronounced influence of the Book of Wisdom, especially in the description which is given of the relations between the Son and the Father: "the brightness of his glory, and the figure of his substance" (cf. Wisdom 7:26).この通知の発音にも影響を与える我々の信徒は、書籍の知恵を持って、特に説明が与えられたのは、父と息子の関係: "彼の栄光の明るさは、彼の物質との図" ( cf.知恵午前7時26分) 。 This resemblance suggests the way by which the doctrine of the Logos entered into Christian theology; another clue is furnished by the Apocalypse, where the term Logos appears for the first time (19:13), and not apropos of any theological teaching, but in an apocalyptic vision, the content of which has no suggestion of Philo but rather recalls Wisdom 18:15.このような類似の提案により、その教義は、キリスト教神学のロゴを入力すると、もう一つの手掛かりに提出されたが、黙示録は、どこの任期のロゴが表示されたら、初めて( 19:13 ) 、および任意の神学教えていないといえば、これで終末論的ビジョンには、提案の内容がないのではなく、むしろリコールフィロ18:15知恵です。

In the Gospel of St. John the Logos appears in the very first verse without explanation, as a term familiar to the readers, St. John uses it at the end of the prologue (i, 14), and does not mention it again in the Gospel.聖ヨハネの福音書のロゴが表示され、非常に最初の韻文説明もなしには、読者になじみの用語としては、聖ヨハネが使用している年末のプロローグ(私は、 14 )は、これに再び言及していない福音です。 From this Harnack concludes that the mention of the Word was only a starting-point for the Evangelist, and that he passed directly from this Hellenic conception of the Logos to the Christian doctrine of the only Son ("Ueber das Verhältniss des Prologs des vierten Evangeliums zum ganzen Werk" in "Zeitschrift fur Theol. und Kirche", II, 1892, 189-231).ハルナック結論してから、この言葉に言及したのはたったの出発点は、エバンジェリストで、彼から直接渡されたこの概念は、古代ギリシャのロゴをキリスト教の教義の一人息子( " ueber das verhã ¤ ltnissデprologsデツムvierten evangeliums ganzen werk "で" zeitschrift毛皮theol 。ウントkirche " 、 2 、 1892 、一八九〜二三一) 。 This hypothesis is proved false by the insistence with which the Evangelist comes back on this idea of the Word, it is, moreover, natural enough that this technical term, employed in the prologue where the Evangelist is interpreting the Divine mystery, should not reappear in the sequel of the narrative, the character of which might thus suffer change.この仮説が証明された虚偽の主張をして帰ってくるのが、このアイデアのエバンジェリストという言葉は、それは、また、この技術的な用語を自然に十分なことは、どこに雇われて、プロローグのエバンジェリストは、神の謎の解釈は、再び参加してはいけない続編の物語は、このように苦しむの文字を変更するかもしれない。

What is the precise value of this concept in the writings of St. John?正確な値は、どのような概念は、この記述の聖ヨハネですか? The Logos has not for him the Stoic meaning that it so often had for Philo: it is not the impersonal power that sustains the world, nor the law that regulates it; neither do we find in St. John the Platonistic concept of the Logos as the ideal model of the world; the Word is for him the Word of God, and thereby he holds with Jewish tradition, the theology of the Book of Wisdom, of the Psalms, of the Prophetical Books, and of Genesis; he perfects the idea and transforms it by showing that this creative Word which from all eternity was in God and was God, took flesh and dwelt among men.そのために彼は平然としたロゴではないことを意味するためにはそれほど頻繁にはフィロ:ことではない、世界の非人格的権力を支え、また同法に規定すること;どちらも見つけることが私たちのコンセプトは、聖ヨハネのロゴとしてplatonistic理想的なモデルは、世界で、彼の言葉は神の言葉は、そうして彼はユダヤ教の伝統を保持して、その本の英知の神学は、詩篇のは、机上の書籍、との創世記;彼のアイデアperfectsと変換されたということを示すことから、この単語は、すべての創造神とは、神の永遠では、男性の間では肉と力説した。

This difference is not the only one which distinguishes the Johannine theology of the Logos from the concept of Philo, to which not a few have sought to liken it.この違いを区別するだけではない、使徒ヨハネのロゴス神学フィロという概念から、これにはいくつかに例えることが求められています。 The Logos of Philo is impersonal, it is an idea, a power, a law; at most it may be likened to those half abstract, half-concrete entities, to which the Stoic mythology had lent a certain personal form.フィロは、非人称のロゴが、それは考えが、権力は、法律;のようなものかもしれないが、それらのほとんど半分抽象的、具体的なエンティティの半分は、禁欲的な神話には、特定の個人的な形で貸していた。 For Philo the incarnation of the Logos must have been absolutely without meaning, quite as much as its identification with the Messias.フィロのための権化のロゴが絶対にしなければ意味がなく、全く同じくらいのmessias同定している。 For St. John, on the contrary, the Logos appears in the full light of a concrete and living personality; it is the Son of God, the Messias, Jesus.聖ヨハネは、逆に、このロゴが表示され、完全な光の具体的な性格や生活;それは神の御子は、 messias 、イエスです。 Equally great is the difference when we consider the role of the Logos.同様に大きな違いは、その役割を検討する際には、我々のロゴ。 The Logos of Philo is an intermediary: "The Father who engendered all has given to the Logos the signal privilege of being an intermediary (methorios) between the creature and the creator . . . it is neither without beginning (agenetos) as is God, nor begotten (genetos) as you are [mankind], but intermediate (mesos) between these two extremes "(Quis rer. divin. haeres sit, 205-06).フィロは、ロゴの中間: "すべての父親engenderedロゴは、信号の特権を与えられている中間( methorios )との間の生き物のクリエーター。 。 。それはどちらもなしには、神の始まり( agenetos )として、またあなたはひとり子( genetos )として[人類]は、しかし、中間( mesos )これらの2つの両極端の間で" ( quis番RER 。 divin 。相続人座って、 205から06 ) 。 The Word of St. John is not an intermediary, but a Mediator; He is not intermediate between the two natures, Divine and human, but He unites them in His Person; it could not be said of Him, as of the Logos of Philo, that He is neither agenetos nor genetos, for He is at the same time one and the other, not inasmuch as He is the Word, but as the Incarnate Word (St. Ignatius, "Ad Ephes.", vii, 2).その言葉ではない中間の聖ヨハネではなく、メディエーター;彼ではない2人の間の中間の性質は、神と人間が、彼は彼の人格それらunites ;ことができなかった彼によると、ロゴのフィロとしては、は、そのどちらもagenetosもgenetos彼は、彼はそれと同時に、他の1つではなく、その言葉〜だけれども彼は、しかし、その言葉の化身(聖イグナティウスは、 "広告ephes 。 " 、第VII 、 2 ) 。

In the subsequent history of Christian theology many conflicts would naturally arise between these rival concepts, and Hellenic speculations constitute a dangerous temptation for Christian writers.キリスト教神学の歴史は、その後の多くの紛争は、これらのライバルの間に必然的に生じる概念は、古代ギリシャの考察や危険な誘惑を構成するためのクリスチャン作家です。 They were hardly tempted, of course, to make the Divine Logos an impersonal power (the Incarnation too definitely forbade this), but they were at times moved, more or less consciously, to consider the Word as an intermediary being between God and the world.彼らはほとんどの誘惑は、もちろん、神のロゴを作るのは非人称の電源(の権化あまりにも間違いなくこの禁じた) 、しかし、彼らは移動時は、多かれ少なかれ意識的には、単語を考慮している間に、神との仲介者として、世界。 Hence arose the subordinationist tendencies found in certain Ante-Nicene writers; hence, also, the Arian heresy (see NICAEA, COUNCIL OF).したがって、 subordinationist傾向であったと反省し、特定の出走馬が見つかりましたニカイア作家;それ故に、また、異端のアリウス主義者(ニカイアを参照して、評議会) 。

IV. 4 。 THE LOGOS IN ANCIENT CHRISTIAN LITERATUREロゴスは、古代キリスト教文学

The Apostolic Fathers do not touch on the theology of the Logos; a short notice occurs in St. Ignatius only (Ad Magn. viii, 2).父親には触れないで、ローマ教皇の神学上のロゴ;聖イグナティウスが発生する急な通知のみ(広告magn 。 VIIIや2 ) 。 The Apologists, on the contrary, develop it, partly owing to their philosophic training, but more particularly to their desire to state their faith in a way familiar to their readers (St. Justin, for example, insists strongly on the theology of the Logos in his "Apology" meant for heathens, much less so in his "Dialogue with the Jew Tryphon").の擁護、逆に、開発には、部分的に自分のせいで哲学の訓練が、自分の欲望をより多くの状態を特に彼らの信仰を自分の身近な方法で、読者(聖ジャスティンは、たとえば、強く主張して神学のロゴス彼の"謝罪"を意味するheathens 、はるかに少ないので、彼の"ユダヤ人との対話をtryphonは"を参照) 。 This anxiety to adapt apologetic discussion to the circumstances of their hearers had its dangers, since it was possible that in this way the apologists might land well inside the lines of their adversaries.この不安な状況に適応する申し訳なさそうな議論をしていた彼らの耳をかすの危険性は、可能性があるので、この方法では、井戸内の土地を擁護かもしれないが、敵の行です。 As to the capital question of the generation of the Word, the orthodoxy of the Apologists is irreproachable: the Word was not created, as the Arians held later, but was born of the very Substance of the Father according to the later definition of Nicaea (Justin, "Dial.",128, Tatian, "Or.", v, Athenagoras, "Legat." x-xviii, Theophilus, "Ad Autolyc.", II, x; Tertullian "Adv. Prax.", vii).の質問に、首都としての世代という言葉は、正統主義の擁護者は、申し分のない:作成されていないという言葉は、 ariansとして行われた後に、しかし、非常に物質が生まれたのは、それ以降の定義によると、父親のニカイア(ジャスティンは、 "ダイヤルする"と述べた。 、 128 、 tatian 、 "やだ" 、 v 、アテナゴラス、 "レガート"のX 18 、テオフィロスは、 "広告autolyc 。 " 、 2世、 × ; tertullian "前売prax 。 " 、 7 ) 。 Their theology is less satisfactory as regards the eternity of this generation and its necessity; in fact, they represent the Word as uttered by the Father when the Father wished to create and in view of this creation (Justin, "II Apol.", 6; cf. "Dial.",6162; Tatian, "Or.", v, a corrupt and doubtful text; Athenagoras, "Legat.", x; Theophilus, "Ad Autolyc.", II, xxii; Tertullian, "Adv. Prax.", v-vii).彼らの神学に関しては永遠に満足のいくものが少なく、この世代とその必要性;実際に、彼らを表す言葉を口にしたときの父の父を取り入れたいとビューを作成し、この中の創造(ジャスティンは、 " 2世apol 。 " 、 6 ; cf 。 "ダイヤルです。 " 、 6162 ; tatian 、 "やだ" 、 v 、破損や疑わしいテキスト;アテナゴラス、 "レガート"と述べた。 、 × ;テオフィロスは、 "広告autolyc 。 " 、 2世は、 22 ; tertullian 、 "前売。 prax 。 "は、 V型第VII ) 。 When we seek to understand what they meant by this "utterance", it is difficult to give the same answer for all Athenagoras seems to mean the role of the Son in the work of creation, the syncatabasis of the Nicene Fathers (Newman, "Causes of the Rise and Successes of Arianism" in "Tracts Theological and Ecclesiastical", London, 1902, 238), others, especially Theophilus and Tertullian (cf. Novatian, "De Trinit.", xxxi), seem quite certainly to understand this "utterance" as properly so called.我々に理解を求める際にどのような意味でも、この"発話"が難しく、また、すべての答えを与えるのと同じようにという意味アテナゴラスの役割は、仕事の創出の息子は、父親のsyncatabasisのニカイア(ニューマン氏は、 "原因アリウス主義の台頭との成功"は、 "神学と教会の路"と、ロンドン、 1902 、 238 ) 、その他、特にテオフィロスとtertullian ( cf. novatian 、 "デtrinit 。 " 、 31 )は、確かにかなりを理解し、このように見える"発話"として適切いわゆる。 Mental survivals of Stoic psychology seem to be responsible for this attitude: the philosophers of the Portico distinguished between the innate word (endiathetos) and the uttered word (prophorikos) bearing in mind this distinction the aforesaid apologists conceived a development in the Word of God after the same fashion.禁欲的な心理学精神survivalsのこのような態度に対して責任を負うもの:玄関の著名な哲学者の間で、生得的な言葉を口( endiathetos )とワード( prophorikos )軸受を念頭に置いて、この区別は前述の開発を擁護する考えは、神のみことばの後ファッションと同じです。 After this period, St. Irenæus condemned very severely these attempts at psychological explanation (Adv. Haeres., II, xiii, 3-10, cf. II, xxviii, 4-6), and later Fathers rejected this unfortunate distinction between the Word endiathetos and prophorikos [Athanasius (?), "Expos. Fidei", i, in P. G., XXV, 201-cf.この期間後には、非常に厳しく非難聖irenæusこうした試みは心理的な説明( adv.相続人です。 、 2世、 13世は、 3-10 、 cf 。 2世は、二十八、 4-6 ) 、およびそれ以降の父親の言葉を拒否し、この不幸な区別endiathetosとprophorikos [アタナシウス( ? )は、 "エクスポズ。信仰の"と、私は、パプアニューギニア、 25 、 201 - cf 。 "Orat.", II, 35, in P. G., XXVI, 221; Cyril of Jerusalem "Cat.", IV, 8, in P. G., XXXIII, 465-cf. " orat 。 "と、 2世、 35 、パプアニューギニアでは、二十六、 221 ;エルサレムの聖キュリロス"猫だ"は、 4 、 8 、パプアニューギニアでは、 33 、 465 - cf 。 "Cat.", XI, 10, in P. G., XXXIII, 701-cf. "猫"と述べた。 、 xi 、 10 、パプアニューギニアでは、 33 、 701 - cf 。 Council of Sirmium, can.シルミウム評議会は、次のです。 viii, in Athan., "De Synod.", 27-P. VIIIや、 athan 。 、 "ド会議です。 " 、 27 - p 。 G., XXVI. Gを、二十六です。

As to the Divine Nature of the Word, all apologists are agreed but to some of them, at least to St. Justin and Tertuilian, there seemed to be in this Divinity a certain subordination (Justin, "I Apol.", 13-cf. "II Apol.", 13; Tertullian, "Adv. Prax.", 9, 14, 26).自然を神として、その言葉は、すべての擁護には、いくつかの合意が、少なくとも聖をtertuilianジャスティンとは、そこにはこのように、特定の従属神(ジャスティンは、 "私apol 。 " 、 13 - cf "と述べた。 apol 2世です。 " 、 13 ; tertullian 、 "前売prax 。 " 、 9 、 14 、 26 ) 。

The Alexandrian theologians, themselves profound students of the Logos doctrine, avoided the above mentioned errors concerning the dual conception of the Word (see, however, a fragment of the "Hypotyposes", of Clement of Alexandria, cited by Photius, in P. G., CIII, 384, and Zahn, "Forschungen zur Geschichte des neutest. Kanons", Erlangen, 1884, xiii 144) and the generation in time; for Clement and for Origen the Word is eternal like the Father (Clement "Strom.", VII, 1, 2, in P. G., IX, 404, 409, and "Adumbrat. in Joan.", i, 1, in P. G., IX, 734; Origen, "De Princip.", I, xxii, 2 sqq., in P. G., XI, 130 sqq.; "In Jer. Hom.", IX, 4, in P. G., XIII, 357, "In Jo. ', ii, 32, in P. G., XIV, 77; cf. Athanasius, "De decret. Nic. syn.", 27, in P. G., XXV, 465). As to the nature of the Word their teaching is less sure: in Clement, it is true, we find only a few traces of subordinationism ("Strom.", IV, 25, in P. G., VIII, 1365; "Strom.", VII, 3, in P. G., IX, 421; cf. "Strom.", VII, 2, in P. G., IX, 408); elsewhere he very explicitly affirms the equality of the Father and the Son and the unity (" Protrept.", 10, in P. G., VIII 228, "Paedag.", I, vi, in P. G., VIII, 280; I, viii, in P. G., VIII, 325 337 cf. I, ix, in P. G., VIII, 353; III, xii, in P. d., V*I, 680). Origen, on the contrary, frequently and formally defended subordinationist ideas (" De Princip.", I, iii, 5, in P. G., XI, 150; IV, xxxv, in P. G., XI, 409, 410; "In Jo." ii, 2, in P. G., XIV, 108, 109; ii, 18, in P. G., XIV, 153, 156; vi, 23, in P. G., XIV, 268; xiii, 25, in P. G., XIV, 44144; xxxii, 18, in P. G., XIV, 817-20; "In Matt.", xv, 10, in P. G., XIII, 1280, 1281; "De Orat.", 15, in P. G., XI,464, "Contra Cels.", V, xi, in P. G., XI,1197); his teaching concerning the Word evidently suffered from Hellenic speculation: in the order of religious knowledge and of prayer, the Word is for him an intermediary between God and the creature.アレクサンドリアの神学者は、生徒たち自身の深遠な教義のロゴは、エラーを回避し、上述の概念については、デュアルワード(参照して、しかし、その断片" hypotyposes "は、アレキサンドリアのクレメントは、引用されたphotius 、パプアニューギニア、 ciii 、 384 、およびザーン、 " forschungenツアgeschichteデneutest 。 kanons " 、エルランゲン、 1884 、 144 13 )と、世代時間;ための原産地をクレマンとは、その言葉のように、永遠の父(クレメント"ストレム。 " 、第VII 、 1, 2, in PG, IX, 404, 409, and "Adumbrat. in Joan.", i, 1, in PG, IX, 734; Origen, "De Princip.", I, xxii, 2 sqq., inパプアニューギニア、 xi 、 130 sqq 。 ; " jer 。ハオマ汁です。 "と、 9世、 4 、パプアニューギニアでは、 13 、 357 、 "チョです。 ' 、 2世、 32 、パプアニューギニアでは、 14 、 77 ; cf 。アタナシウスは、 "デdecret 。 NICのです。共にした。 "は、 27日、パプアニューギニアでは、 25 、 465 ) 。としての性質を教えることは少ないという言葉が確実:クレメントでは、それが事実であれば、我々の痕跡を見つけるのはほんの数subordinationism ( "ストレム。 "と、 4世は、 25日、パプアニューギニアでは、 VIIIや1365 ; "ストレム。 " 、第VII 、 3 、パプアニューギニアでは、 9 、 421 ; cf 。 "ストレム。 " 、第VII 、 2 、パプアニューギニアでは、 9 、 408 ) ;彼は別の場所非常に明示的に肯定し、父と息子の平等と団結( " protreptです" 、 10 、パプアニューギニアでは、 228 viii 、 " paedagです" 、私は、 viは、パプアニューギニア、 VIIIや280 ;私は、 VIIIや、パプアニューギニア、 VIIIや325337 cf 。私は、 9世は、パプアニューギニア、 VIIIや353 ; IIIのは、 12世は、 p. d. 、 v *私は、 680 ) 。原産地、逆に、頻繁に取り上げられ、正式に弁護subordinationistアイデア( "デプリンチプ。 " 、私は、 3 、 5 、パプアニューギニアでは、 xi 、 150 ;静脈内、 35 、パプアニューギニア、 xi 、 409 、 410 ; "でチョ。 " 2世、 2 、パプアニューギニアでは、 14 、 108 、 109 ; 2世は、 18 、 p. Gを、 14 、 153 、 156 ; viのは、 23日、パプアニューギニアでは、 14 、 268 ; 13世は、 25日、パプアニューギニアでは、 14 、 44144 ; 32 、 18 、パプアニューギニアでは、 14世は、八百十七から二十まで; "中マットです。 " 、 15 、 10 、パプアニューギニアでは、 13世、 1280 、 1281 ; "デorat 。 "と、 15日、パプアニューギニアでは、 xi 、 464 、 "コントラcels 。 " 、 v 、 xi 、パプアニューギニア、 xi 、 1197 ) ;彼の言葉を教えることに関する憶測を明らかに苦しんだ古代ギリシャ:宗教的な知識とは、注文の祈りは、彼の言葉は神との間の中間の生き物だ。

Amid these speculations of apologists and Alexandrian theologians, elaborated not without danger or without error, the Church maintained her strict dogmatic teaching concerning the Word of God.これらの考察の中で神学者アレクサンドリアの擁護とは、危険性や精緻化させずにエラーが発生しないことなく、彼女を維持し、教会の独断的な厳格な教育に関する神のみことばです。 This is particularly recognizable in the works of those Fathers more devoted to tradition than to philosophy, and especially in St. Irenæus, who condemns every form of the Hellenic and Gnostic theory of intermediary beings (Adv. Haer., II, xxx, 9; II, ii, 4; III, viii, 3; IV, vii, 4, IV, xx, 1), and who affirms in the strongest terms the full comprehension of the Father by the Son and their identity of nature (Adv. Haer., II, xvii, 8; IV, iv, 2, IV, vi, 3, 6).これは特に認識は、祖先がそれらの作品に比べてより多くの哲学の伝統をテーマに、特に聖irenæusとは、あらゆる形態の人の非難やグノーシス主義の理論は、古代ギリシャの中間生き物( adv. haer 。 、 2世に、 XXX 、 9 ; 2世、 2世、 4 ; IIIのは、 VIIIや3 、 4 、 7 、 4 、 4世は、 XXを、 1 )は、人の肯定と強い口調で、完全に理解し、自分のアイデンティティの父とされる自然の息子( adv. haer 。 、 2世、 17 、 8 ; 4世、 4世、 2 、 4 、 6 、 3 、 6 ) 。 We find it again with still greater authority in the letter of Pope St. Dionysius to his namesake, the Bishop of Alexandria (see Athan., "De decret. Nic. syn.", 26, in P. G., XXV,461-65): "They lie as to the generation of the Lord who dare to say that His Divine and ineffable generation is a creation. We must not divide the admirable and Divine unity into three divinities, we must not lower the dignity and sovereign grandeur of the Lord by the word creation, but we must believe in God the Father omnipotent, in Christ Jesus His Son, and in the Holy Ghost, we must unite the Word to the God of the universe, for He has said: 'I and the Father are one', and again: 'I am in the Father, and the Father in me'. Thus we protect the Divine Trinity, and the holy avowal of the monarchy [unity of God]."我々を再び見つけることは、まだ大きな権限を彼の手紙法王聖ディオニュシオス同名の人は、アレクサンドリアの司教( athanを参照してください。 、 "デdecret 。 NICのです。共にした。 "は、 26日、パプアニューギニアでは、 25 ,461 - 65 ) : "うそをつくように、彼らの世代の人は、主に思い切って彼の言うことは、神の創造と世代筆舌に尽くし難い。しなければならないのは見事に分ける3つの神と神の団結して、我々の尊厳と主権を下げてはなりませんが、主の壮大という言葉を創造された、しかし、我々は全能の神を信じるの父親は、息子が、イエスキリストは、聖霊とは、私たちの神に単語を団結しなければ、宇宙のためによると彼は、 : '私の父とは、 1 ' 、そして再び: '私は、父、そして私の父は' 。従って我々を守る神のトリニティ、と公言することは、神聖な君主制[団結神]です。 " The Council of Nicaea (325) had but to lend official consecration to this dogmatic teaching.そのニカイア公会議( 325 )奉献していたが、この関係者に貸す独断的な授業です。

V. ANALOGY BETWEEN THE DIVINE WORD AND HUMAN SPEECH対類推神の言葉と人間の間のスピーチ

After the Council of Nicaea, all danger of Subordinationism being removed, it was possible to seek in the analogy of human speech some light on the mystery of the Divine generation; the Greek Fathers especially refer to this analogy, in order to explain how this generation is purely spiritual and entails neither diminution nor change: Dionysius of Alexandria (Athan., "De Sent. Dion.", 23, in P. G., XXV, 513); Athanasius ("De decret. Nic. syn.", 11, in P. G., XXV, 444); Basil ("In illud: In principio erat Verbum", 3, in P. G., XXXI, 476-77); Gregory of Nazianzus ("Or.", xxx,20,inP.G., XXXVI, 128-29) Cyril of Alexandria (" Thes." iv, in P. G., LXXV, 56; cf. 76, 80; xvi, ibid., 300; xvi, ibid., 313; "De Trinit.", dial. ii, in P. G., LXXV, 768 69), John Damasc.ニカイア公会議後には、すべての危険subordinationismが外された、可能性を求めていたのは、人間の言葉を類推して、いくつかの謎は、神の光世代;は、ギリシャの祖先が、特にこの類似性を参照して、どのように説明するためには、この世代どちらも減少は、純粋にも精神的な変化とentails :アレクサンドリアのディオニュシオス( athan. 、 "デ送られる。ディオン。 "は、 23日、パプアニューギニアでは、 25 、 513 ) ;アタナシウス( "デdecret 。 NICのです。共にした。 "は、 11日にパプアニューギニア、 25 、 444 ) ;バジル( " illud :初めにおいてerat verbum " 、 3 、パプアニューギニアでは、三十一、 476から77 ) ;ナジアンゾスの聖グレゴリオス( "やだ"に、 XXX 、 20 、 inp.g. 、 36 、一二八〜二九)シリルアレクサンドリア( " thesという。 "静脈は、パプアニューギニア、 75 、 56 ; cf 。 76 、 80 、 16 、上に同じです。 、 300 ; 16世は、同じです。 、 313 ; "デtrinit 。 " 、ダイヤルです。 2世は、パプアニューギニア、 75 、 768 、 69 ) 、ジョンdamasc 。 ("De Fide Orthod.", I, vi, in P. G., XCIV, 804). ( "デfide orthod 。 " 、私は、 viは、パプアニューギニア、 94 、 804 ) 。

St. Augustine studied more closely this analogy between the Divine Word and human speech (see especially "De Trinit.", IX, vii, 12 sq., in P. L., XLII, 967, XV, x, 17 sq., ibid., 1069), and drew from it teachings long accepted in Catholic theology.聖アウグスティヌス勉強より密接この類推神の言葉と人間の間の音声(特に参照してください"とデtrinit 。 "は、 9世、 7世は、 12 sq 。 、 pl 、 42 、 967 、 15 、 × 、 17 sq 。 、上に同じ、 1069 ) 、およびドリューより長く利用することでカトリック神学教えています。 He compares the Word of God, not to the word spoken by the lips, but to the interior speech of the soul, whereby we may in some measure grasp the Divine mystery; engendered by the mind it remains therein, is equal thereto, is the source of its operations.彼は神のみことばの比較ではなく、その言葉を話されるの唇が、インテリアには、魂の演説で、我々はいくつかの可能性を把握する神の謎を測る; engenderedされるマインドは、依然としてそこには、そこが等しい場合は、その活動の源です。 This doctrine was later developed and enriched by St. Thomas, especially in "Contra Gent.", IV, xi-xiv, opusc.この学説は、先進国と濃縮された後セントトマス、特に"コントラゲント。 " 、 4世、 xi - 14 、 opusc 。 "De natura verbi intellectus"; "Quaest. disput. de verit." "デnatura verbi intellectus " ; " quaest 。 disput 。デverit 。 " iv, "De potent.", ii-viii, 1, "Summa Theol.", I-I, xxvii, 2; xxxiv. 4世は、 "デ強力です。 "と、 2世- VIIIや1は、 "総合的研究論文theol 。 "と、 2世は、二十七、 2 ; 34 。 St. Thomas sets forth in a very clear way the identity of meaning, already noted by St. Augustine (De Trinit., VII, ii, 3), between the terms Son and Word: "eo Filius quo Verbum, et eo Verbum quo Filius" ("Summa Theol.", I-I, xxvii, 2, "Contra Gent.", IV, xi).セントトマス送付方法は、非常に明確なアイデンティティの意味は、すでに指摘された聖アウグスティヌス(デtrinit 。 、 7世、 2世、 3 ) 、息子と単語の間の条件: "そこのEO filius verbum 、 et verbumそこのEO filius " ( "総合的研究論文theol 。 " 、 2世は、二十七、 2 、 "コントラゲント。 " 、 4世、 xi ) 。 The teaching of St. Thomas has been highly approved by the Church especially in the condemnation of the Synod of Pistoia by Pius VI (Denzinger, "Enchiridion", 1460).セントトマスの教示され、承認された高度な非難は、特に教会会議のピストイアでviのピウス(デンツィンガー、 " enchiridion " 、 1460 ) 。 (See JESUS CHRIST; TRINITY.) (イエスキリストを参照してください;トリニティです。 )

Publication information Written by J. Lebreton. j. lebreton書かれた文献の情報です。 Transcribed by Joseph P. Thomas.転写されたジョセフp.トーマス。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.カトリック百科事典は、ボリューム9世です。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです