Lord's Prayer, Paternoster, Our Father主の祈り、主祷は、私たちの父

General Information 総合案内

The Lord's Prayer, or Our Father, is the only formula of Prayer attributed to Jesus Christ. It appears twice in the New Testament: in Matt. 主の祈りは、私たちの父や、フォーミュラだけでは、イエスキリストの祈りに起因するものです。それが2回表示される新約聖書:マットです。 6:9 - 13 and in a shorter version in Luke 11:2 - 4. 6時09 -1 3短いバージョンでは、ルークと1 1時0 2分- 4。 In Matthew the prayer is composed of an invocation and seven petitions, the first three asking for God's glorification, the last four requesting divine help and guidance.マシューの祈りでは、呼び出しを構成する7つの嘆願書とは、最初の3つの神の賛美を要求し、最後の4つの神の助けと導きを要求します。 A final doxology, "For thine is the kingdom. . .," is found in some ancient manuscripts.最終頌栄は、 "あなたは、王国のため。 。 。 、 "いくつかの古代の原稿が見つかった。 Protestants customarily include the doxology in their recitation of the prayer; Roman Catholics do not, although it is added in the new order of Mass. The prayer, known in Latin as the Pater Noster, is the principal prayer and a unifying bond of Christians.プロテスタント習慣には、彼らの朗読では、祈り頌栄;ローマカトリック教徒はありませんが、追加することは、新しい秩序のミサの祈りは、主の祈りとして知られるラテン語では、校長の祈りは、キリスト教徒とのきずなを統合します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
L L Mitchellすべてミッチェル

Bibliography 文献情報
L Boff, The Lord's Prayer (1983).信用高笑いは、主の祈り( 1983 ) 。


Lord's Prayer主の祈り

Advanced Information 高度情報

The Lord's Prayer is the name given to the only form of prayer Christ taught his disciples (Matt. 6:9-13).主の祈りは、名前を与えられた形だけの祈りをキリストの弟子に仕込んだ( matt. 6:9-13 ) 。 The closing doxology of the prayer is omitted by Luke (11: 2-4), also in the R.V.閉会頌栄の祈りが省略されたルーク( 11 : 2-4 ) 、また、右心室 of Matt.のマットです。 6:13. 6時13分です。 This prayer contains no allusion to the atonement of Christ, nor to the offices of the Holy Spirit.この祈りが含まれていませんキリストの償いをほのめかし、また、オフィスには、聖霊です。 "All Christian prayer is based on the Lord's Prayer, but its spirit is also guided by that of His prayer in Gethsemane and of the prayer recorded John 17. The Lord's Prayer is the comprehensive type of the simplest and most universal prayer." "すべては、キリスト教の祈りに基づいて、主の祈りは、しかし、その精神はまた彼の祈りに導かれることとは、祈りを記録したジョンゲッセマネ17 。 、主の祈りは、最も簡単なタイプの包括的で、最も普遍的祈りです。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Lord's Prayer主の祈り

Advanced Information 高度情報

The meaning of Jesus' pattern for prayer in Matt.イエスキリストの意味を'パターンのために祈りをささげるマットです。 6:9-13 needs to be sought in the wider context of the units 6:5-13 and 6:1-18. 6:9-13する必要が求められ、より広い文脈の中で、 6:5-13 、 6:1-18ユニットです。 The larger units indicate that Jesus is contrasting surface language with depth language in worship of God.イエスによりますと、大型のユニットとは対照的な面の深さの言語の言語で神を崇拝するのです。 The prayer is not a set form that he himself prayed or asked his disciples to pray, but illustrates the type of prayer appropriate to the person who worships deeply without hypocrisy.その祈りの形ではないことは彼自身のセットを求めたり、弟子を祈って祈ったが、祈りの種類を示して適切な崇拝している人の偽善を深くなし。 The entire Sermon on the Mount (Matt. 5-7) takes its cue from Jesus' declaration in 5:20: "For I tell you, unless your righteousness exceeds that of the Scribes and Pharisees, you will never enter the kingdom of heaven."全体の山上の垂訓( matt. 5-7 )は、キューからイエスの宣言は5時20分: "ために言っとくけど、あなたの正義を超過していない限り、 pharisees scribesと、あなたは決して天の王国を入力します。 "と述べた。 Three expressions of genuine worship are given in germinal form in 6:1-18: (1) almsgiving (2-4); (2) prayer (5-6, with 7-15 as pattern); and (3) fasting (16-18). 3つの礼拝堂は、正規表現の形で与えられた胚6:1-18 : ( 1 )施し( 2-4 ) 、 ( 2 )の祈り( 5-6は、パターンとして、 7月15日) ;と( 3 )の断食( 16-18 ) 。 The theme of 5:20 is applied to these three areas and is articulated in the warning, "Beware of practicing your piety before men in order to be seen by them; for then you will have no reward from your Father who is in heaven" (6:1). 5時20分のテーマは、これらの3つの分野に適用さとは、関節の警告は、 "用心の練習をして信心深さを保つためには男性の前にして見られる;ための報奨金がない場合は、誰があなたのお父さん、天国から" ( 6時01分) 。 The warning is against play acting before a human audience; those who give, pray, or fast superficially will have their reward (refrain a, repeated in 6:2, 5, 16).この警告は、対人間の観客の前でプレー演技;者に与える、祈る、または高速皮相的には彼らの報酬(リフレインでは、午前6時02分繰り返したが、 5 、 16 ) 。 Those who pray genuinely will receive their reward from God who sees en to krypto, "in secret" (refrain b, repeated in 6:3-4, 6, 17-18).心から祈る者たちは、神から報酬を受け取る人のkrypto enを見て、 "秘密" (リフレインBには、繰り返し6:3-4 、 6 、一七から一八まで) 。 The sentence and paragraph flow of 6:1-18 (with 6:19-21 as summary) brings out the antithetic contrasts of surface/depth motifs and illustrates the dominical pattern of Jesus' teaching that is picked up by Paul in his contrasts of living kata sarka, "according to the flesh," and kata pneuma, "according to the Spirit" (e.g., Gal. 5:16-24).文や段落の流れを6:1-18 (概略として6:19-21 )の相反するコントラストをもたらすの表面/深層モチーフとパターンを示し、主イエスの教えナンパされることは、彼のコントラストのポールリビングkata sarka 、 "肉によると、 " kata霊とは、 "精神によると、 " (例えば、ギャル。 5:16-24 ) 。

The eschatological age has broken in with the coming of Jesus, and now the law is no longer inscribed in stone but in the heart (Jer. 31:33).年齢の終末論が来るとは、イエスキリストが壊れたため、今では、法律では、もはや内接石しかし、心臓( jer. 31:33 ) 。 True prayer is to be a deep and spontaneous response to God, not a superficial game played out in public simply to curry favor with the world.真の祈りは、自発的に対応して、深い神ではなく、単にうわべだけのゲームをプレーしてアウトに公開して、世界中のカレーに賛成です。 The flow of thought in the larger unit of 6:1-18, with the summary of 6:19-21, makes clear the serious contrast of opposites in which the Lord's Prayer is to be understood.思考の流れは、より大きな単位6:1-18 、 6:19-21要約して、重大なことを明確にし、正反対のコントラストで、主の祈りが理解される。

Luke's location of the corresponding prayer (Luke 11:1-4) in the immediate context of Mary and Martha ("Martha, Martha, you are anxious and troubled about many things;...Mary has chosen the good portion, which shall not be taken away from her," 10:41-42) and the importuned friend and related sayings ("Ask, and it will be given you," 11:9; "how much more will the heavenly Father give the Holy Spirit to those who ask him," 11:13) indicates his similar understanding of the underlying meaning of Jesus' ordering of values in the new age.祈りの場所には、対応するルーク(ルーク11:1-4 )は、当面の文脈の中でマリアとマーサ( "マーサ、マーサ、あなたは多くのことについての不安や問題を抱えた; ...メアリーが選ばれたのかなりの部分は、どのものではない連れ去られる彼女からは、 " 10:41-42 )と、友人や関連importunedことわざ( "要求は、与えられたとされる場合は、 " 11 : 09 ; "はるかには、どのように天の父、聖霊を与える人彼に尋ねる人は、 " 11:13 )彼と同様の理解を示し、下層の意味イエスのご注文は、新しい時代の価値観だ。

Viewed in context of Jesus' eschatological contrasts, the Lord's Prayer provides a summary model for properly ordering the priorities of the kingdom.閲覧した文脈の中でイエスの終末論対照的に、主の祈りを提供するための適切なモデルの概要は、ご注文の優先順位の王国です。 Both Matt.両方のマットです。 6:9-13 and Luke 11:2-4 preserve Jesus' order: first God, then human needs. 11:2-4を維持するとルーク6:9-13イエスのために:第一神は、人間のニーズそれからです。 While Jesus makes use of Jewish sources in forming the prayer, he does not design it to be used as a set liturgical piece but as a model for the responsive heart in view of the demands of the new age.イエスキリストはユダヤ教のソースを使っている間成形の祈りでは、彼はそれをデザインとして使われるピースセット典礼しかし、一つのモデルとして、心臓の反応を考慮して、新しい時代の要求です。 The prayer follows a common outline in both Matthew and Luke:以下の通り、祈りの両方で共通のアウトラインマシューとルーク:

  1. Petition to the Father for his glory 彼の父の栄光のために嘆願書

  2. Address to the Father for human needs アドレスの父のために人間のニーズ

The doxology commonly used to conclude the prayer is not well attested in the manuscript traditions, though it is consonant with the original theme.頌栄よく使われるのではないの祈りを締結し、井戸の証言原稿の伝統が、それは、元の子音をテーマにしています。

R G Gruenler gruenlerのRG

Bibliography 文献情報
J. Calvin, Institutes 3.20.34ff.; F. Chase, The Lord's Prayer in the Early Church; R. Guelich, The Sermon on the Mount; J. Jeremias, The Lord's Prayer; E. Lohmeyer, The Lord's Prayer; W. Luthi, The Lord's Prayer, an Exposition. j.カルビン、塾3.20.34ff 。 ; f.チェースは、主の祈りの初めに教会; guelich共和党は、山上の垂訓; j.イェレミアスは、主の祈り; e.ローマイアーは、主の祈り;ウィリアムリューティは、主の祈りは、万博です。


Lord's Prayer主の祈り

Advanced Catholic Information 高度なカトリック教徒の情報

Although the Latin term oratio dominica is of early date, the phrase "Lord's Prayer" does not seem to have been generally familiar in England before the Reformation.にもかかわらず、ラテン語oratioドミニカ学期の初めには、日付、そのフレーズを"主の祈り"とされていないように一般的になじみのある改革の前にはイングランド。 During the Middle Ages the "Our Father" was always said in Latin, even by the uneducated.中世の間に、 "私たちの父"は、いつもとはラテン語でも、無学される。 Hence it was then most commonly known as the Pater noster .したがってそれはその後、 主の祈りとして最もよく知られています。 The name "Lord's prayer" attaches to it not because Jesus Christ used the prayer Himself (for to ask forgiveness of sin would have implied the acknowledgment of guilt) but because He taught it to His disciples.名前を"主の祈り"イエスキリストに接続して使用されていないので、自分自身の祈り(罪の赦しを求めるためには、犯罪の認知黙示)しかし、彼は彼の弟子を教えてください。 Many points of interest are suggested by the history and employment of the Our Father.多くの見所が示唆された歴史は、私たちの父や雇用です。 With regard to the English text now in use among Catholics, we may note that this is derived not from the Rheims Testament but from a version imposed upon England in the reign of Henry VIII, and employed in the 1549 and 1552 editions of the "Book of Common Prayer".これと関連して、英語のテキストに使用するカトリック教徒の間で、我々はこの可能性に注意していないから派生したランスしかし、新約聖書のバージョンから課せられたイングランドのヘンリー8世の治世、および採用され、 1549および1552の各エディション"の本共通の祈り" 。 From this our present Catholic text differs only in two very slight particulars: "Which art" has been modernized into "who art", and "in earth" into "on earth".私たちの現在のカトリックテキストの違いから、この2つだけで非常にわずかな特徴: "どのアート"を現代化されて"誰アート" 、および"地球"を"地球上で" 。 The version itself, which accords pretty closely with the translation in Tyndale's New Testament, no doubt owed its general acceptance to an ordinance of 1541 according to which "his Grace perceiving now the great diversity of the translations (of the Pater noster etc.) hath willed them all to be taken up, and instead of them hath caused an uniform translation of the said Pater noster, Ave, Creed, etc. to be set forth, willing all his loving subjects to learn and use the same and straitly commanding all parsons, vicars and curates to read and teach the same to their parishioners".このバージョン自体は、かなり密接に合意してティンダルの新約聖書の翻訳では、一般に受け入れられるに間違いない〜が支払うべきその条例によると、 1541年に"今の彼の偉大な多様性を知覚グレースの翻訳(主の祈りは、等)かれらかれらのすべての意志を取られるまでは、かれらが原因ではなく、かれらによると、制服の翻訳文の主の祈り、アヴェ、信条等を定めるには、喜んで彼を愛するすべての科目を勉強して使用すると、同じ指揮straitlyすべてパーソンズ、 vicarsとcuratesを読んで、彼らのparishionersを教えるのと同じ" 。 As a result the version in question became universally familiar to the nation, and though the Rheims Testament, in 1581, and King James's translators, in 1611, provided somewhat different renderings of Matthew 6:9-13, the older form was retained for their prayers both by Protestants and Catholics alike.結果として広くなったのバージョンでおなじみの質問に、国は、新約聖書にもかかわらず、ランスは、 1581 1611は、少し違うrenderings提供6:9-13のマシューは、古い形では、彼らのために留保カトリックとプロテスタントの両方の祈りを幅広くご利用いただけます。

As for the prayer itself the version in St. Luke, xi, 2-4, given by Christ in answer to the request of His disciples, differs in some minor details from the form which St. Matthew (vi, 9-15) introduces in the middle of the Sermon on the Mount, but there is clearly no reason why these two occasions should be regarded as identical.それ自体としては、祈りの聖ルカのバージョンでは、 xi 、 2-4 、与えられたリクエストに答えて、キリストの弟子は、いくつかのささいな違いはどのマタイのフォームから( viのは、 9月15日)を紹介真ん中には、山上の垂訓が、そこは、これら2つの理由がない機会を明確にすべきだと見なされて同じものです。 It would be almost inevitable that if Christ had taught this prayer to His disciples He should have repeated it more than once.ほぼ避けられないことが教えられている場合は、この祈りをキリストの弟子彼はそれを2回以上繰り返されるはずです。 It seems probable, from the form in which the Our Father appears in the "Didache" (q.v.), that the version in St. Matthew was that which the Church adopted from the beginning for liturgical purposes.概よう、フォームからで、私たちの父に表示される"新約聖書" ( qv ) 、バージョンでは、マタイの教会で採択されたことを当初から目的のために典礼。 Again, no great importance can be attached to the resemblances which have been traced between the petitions of the Lord's prayer and those found in prayers of Jewish origin which were current about the time of Christ.繰り返しますが、非常に重要なことなしに添付されてきたの類似してトレースの間の嘆願書は、主の祈りとそれらの祈りが発見されたユダヤ人の起源については、現在のキリストの時間です。 There is certainly no reason for treating the Christian formula as a plagiarism, for in the first place the resemblances are but partial and, secondly we have no satisfactory evidence that the Jewish prayers were really anterior in date.そこは、確かに理由もなく、キリスト教式を治療するための盗作としては、まず第一に、類似部分とはしかし、第二に十分な証拠がない我々の祈りは、ユダヤ人の前で実際に公開された。

Upon the interpretation of the Lord's Prayer, much has been written, despite the fact that it is so plainly simple, natural, and spontaneous, and as such preeminently adapted for popular use.解釈上の主の祈りは、多くの書かれたにもかかわらず、その事実を明らかにすることは簡単なので、自然、そして自然、そしてこのように人気が卓越して使用するために適応します。 In the quasi-official "Catechismus ad parochos", drawn up in 1564 in accordance with the decrees of the Council of Trent, an elaborate commentary upon the Lord's Prayer is provided which forms the basis of the analysis of the Our Father found in all Catholic catechisms.は、準- 1564令に基づき、トレントの評議会は、手の込んだ解説して主の祈りはどのような形式で提供の基盤と分析して私たちの父、すべてのカトリック教徒が見つかりましたcatechisms 。 Many points worthy of notice are there emphasized, as, for example, the fact that the words "On earth as it is in Heaven" should be understood to qualify not only the petition "Thy will be done", but also the two preceding, "hallowed be Thy name" and "Thy Kingdom come".多くのポイントを強調する価値があるとの通知がある、として、例えば、という事実には、 "地球上でそれがインヘブン"の資格を得るに理解しなければならないだけでなく、嘆願書"なたが行われる"と、 2つの先行するだけでなく、 "神聖になたの名前"と"なたの王国来る" 。

The meaning of this last petition is also very fully dealt with.請願書は、この最後の意味でも非常に完全に対応しています。 The most conspicuous difficulty in the original text of the Our Father concerns the interpretation of the words artos epiousios which in accordance with the Vulgate in St. Luke we translate "our daily bread", St. Jerome, by a strange inconsistency, changed the pre-existing word quotidianum into supersubstantialem in St. Matthew but left quotidianum in St. Luke.最も顕著な困難で、元のテキストは、我々の懸念は父の言葉の解釈に基づき、 artos epiousiosウルガタ聖書の中で聖ルカ我々翻訳"我々の日々の糧"は、聖ジェロームは、奇妙な矛盾によっては、事前に変更-既存の単語をquotidianumマタイsupersubstantialemで左quotidianumしかし、聖ルカです。 The opinion of modern scholars upon the point is sufficiently indicated by the fact that the Revised Version still prints "daily" in the text, but suggests in the margin "our bread for the coming day", while the American Committee wished to add "our needful bread".現代の学者の意見を十分には、その点で示されるという事実に、改訂版まだ版画"毎日"には、テキストではなく縁からわかるとおり、 "我々のパンのため、今後の日"は、追加を希望している間、アメリカの委員会で"我々のニードフルパン" 。 Lastly may be noted the generally received opinion that the rendering of the last clause should be "deliver us from the evil one", a change which justifies the use of "but" in stead of "and" and practically converts the two last clauses into one and the same petition.最後かもしれないとの意見によると、通常のレンダリングを受け取ったの最後の節をしなければならない"悪から私たちを配達する"と、変更を正当化するのに使用する"ではなく"の代わりに"と"と事実上、最後の2つの節に変換する1つの請願書と同じです。 The doxology "for Thine is the Kingdom", etc., which appears in the Greek textus receptus and has been adopted in the later editions of the "Book of Common Prayer", is undoubtedly an interpolation.この頌栄"は、ザイン王国"など、ギリシャの公認本文に表示されて採択されましたが、それ以降のエディションの"共通の祈りの本"は、確かには、補間。

In the liturgy of the Church the Our Father holds a very conspicuous place.典礼教会では、私たちの父は、非常に目立つ場所に保持しています。 Some commentators have erroneously supposed, from a passage in the writings of St. Gregory the Great (Ep., ix, 12), that he believed that the bread and wine of the Eucharist were consecrated in Apostolic times by the recitation of the Our Father alone.いくつかの解説者が誤って仮定は、通路からは、偉大な記述聖グレゴリー( ep. 、 9世、 12 )は、彼が考えられていたパンやワインの聖体聖体拝領では、朗読された使徒回私たちの父一人です。 But while this is probable not the true meaning of the passage, St. Jerome asserted (Adv. Pelag., iii, 15) that "our Lord Himself taught His disciples that daily in the Sacrifice of His Body they should make bold to say 'Our Father' etc."だが、これは予想していない、通路の真の意味は、聖ジェロームアサート( adv. pelag 。 、 3世、 15 )は"私たちの主ご自身を教え、弟子を犠牲にして、毎日のように自分の体をしなければならないと言って大胆な'私たちの父'等" St. Gregory gave the Pater its present place in the Roman Mass immediately after the Canon and before the fraction, and it was of old the custom that all the congregation should make answer in the words "Sed libera nos a malo".聖グレゴリーペイターは、現在の場所で、大量の直後にローマキヤノンや分数の前にもかかわらず、それが、昔のカスタムは、すべての答えは、言葉にしなければならない集会"をマロnosセッドリベラ" 。 In the Greek liturgies a reader recites the Our Father aloud while the priest and the people repeat it silently. recites読者には、ギリシャのliturgies声を出している間、私たちの父住職黙々と人々を繰り返すことです。 Again in the ritual of baptism the recitation of the Our Father has from the earliest times been a conspicuous feature, and in the Divine Office it recurs repeatedly besides being recited both at the beginning and the end.再び洗礼の儀式の朗読は、私たちの父は、太古の時代からずっと目立つ特徴は、オフィスとは、神の再発を繰り返すことに加えていると、冒頭の両方を読誦終わりです。

In many monastic rules, it was enjoined that the lay brothers, who knew no Latin, instead of the Divine office should say the Lord's Prayer a certain number of times (often amounting to more than a hundred) per diem .禁欲的なルールの多くは、それは、レイ兄弟加味して、誰を知っていたラテン語ない代わりに、その神の事務所によると、主の祈りは、特定の数の倍(しばしば総額は100人を超える) の日当です。 To count these repetitions they made use of pebbles or beads strung upon a cord, and this apparatus was commonly known as a "pater-noster", a name which it retained even when such a string of beads was used to count, not Our Fathers, but Hail Marys in reciting Our Lady's Psalter, or in other words in saying the rosary.これらを使用する前に数回繰り返されて彼らの小石やひもに通したビーズには、この装置とは、よく知られているとして、 "ペイター- noster "は、名前を保持することでもこのようなときに使用される文字列をカウントするのは、ビーズではなく、私たちの祖先が、聖母マリアの雹marysで暗唱psalter 、あるいは言い換えれば、このロザリオと言っています。

Herbert Thurstonハーバートサーストン

The Catholic Encyclopedia, Volume IX カトリック百科事典は、ボリューム9世


Lord's Prayer主の祈り

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

Name given by the Christian world to the prayer which Jesus taught his disciples (Matt. vi. 9-13; Luke xi. 1-4).名前で指定されたイエスキリスト教の教えを世界には、弟子の祈り( matt. viのです。 9月13日;ルークxi 。 1-4 ) 。 According to Luke the teaching of the prayer was suggested by one of Jesus' disciples who, on seeing him holding communion with God in prayer, asked him to teach them also to pray, as John the Baptist had similarly taught his disciples a certain form of prayer.ルークは、教師によると、提案された1つの祈りイエスの弟子たちは、彼を見て、神に祈りをささげる持ち株聖体拝領して、それらを教える尋ねたを祈っても、ジョンザバプティストとしては、弟子同様に、特定の形式で教えた祈りをささげる。 Obviously, then, the latter was of a similar character.言うまでもなく、その後、後者は、似たようなキャラクターだ。 From the Talmudic parallels (Tosef., Ber. iii. 7; Ber. 16b-17a, 29b; Yer. Ber. iv. 7d) it may be learned that it was customary for prominent masters to recite brief prayers of their own in addition to the regular prayers; and there is indeed a certain similarity noticeable between these prayers and that of Jesus. talmudicから類似( tosef. 、 ber 。 Ⅲ 。 7 ; ber 。 16b - 17a 、 29b ; yer 。 ber 。 4 。 7d )かもしれないが学んだことは慣習を暗唱するために著名な巨匠には、独自の簡単な祈りに加えて定期的に祈り;ていて、実際にこれらの間に顕著な類似性、特定のイエスの祈りとしています。

As the following extracts from the Revised Version show, the prayer in Luke is much shorter than that in Matthew, from which it differs, too, in expression.からの抽出物として、次の改訂版ショーは、ルークの祈りの中では、マシューよりもずっと短く、それよりも違いは、あまりにも、表現です。 Possibly both were in circulation among the early Christians; the one in Matthew, however, is of a later origin, as is shown below:両方の可能性が初期のキリスト教徒の間で循環;マシューの1つで、しかし、それ以降は、起源としては、以下の通り:

Matthewマシュー Lukeルーク
Our Father which art in heaven, Hallowed be thy name.天にまします私たちの父は、神聖になたの名前です。 Father, Hallowed be thy name.父は、神聖になたの名前です。
Thy Kingdom come.なたの王国来る。 Thy will be done, as in heaven so on earth.なたが行われるように、地球上で天国のようだ。 Thy Kingdom come.なたの王国来る。
Give us this day our daily [Greek: apportioned or needful] bread.この日、私たちの日常提供してくれる[ギリシャ語:配賦またはニードフル]パンです。 Give us day by day our daily [apportioned] bread.日ごとに提供してくれる私たちの日常[割り振ら]パンです。
And forgive us our debts, as we also have forgiven our debtors.我々の借金の御赦しとは、我々としても我々の債務者が許された。 And forgive us our sins: for we ourselves also forgive every one that is indebted to us.そして私たちの罪を御赦し下さい:ために、私たち自身にも自分を許すことは、すべての債務としています。
And bring us not into temptation, but deliver us from the evil one.わたしたちを誘惑していないが、 1つの悪から私たちを配達します。 [Addition in many manuscripts: For thine is the kingdom, and the power, and the glory, for ever. [加えて、多くの原稿:ザインは、王国のため、および、電源、およびその栄光は、末代までです。 Amen.]アーメン。 ] And bring us not into temptation.わたしたちを誘惑していない。
The prayer is a beautiful combination or selection of formulas of prayer in circulation among the Hasidæan circles; and there is nothing in it expressive of the Christian belief that the Messiah had arrived in the person of Jesus.この祈りは美しい組み合わせの選択や数式の祈りの中で循環hasidæan界;とそこには何も入って表出信じているということは、キリスト教の救世主イエスキリストの人がやってきた。 On the contrary, the first and principal part is a prayer for the coming of the kingdom of God, exactly as is the Ḳaddish, with which it must be compared in order to be thoroughly understood.とは逆に、最初の主要な部分とは、祈りをささげるために、神の王国の到来に伴い、正確には、 ḳaddishとしては、それに比べればならないためには完全に理解される。

Original Form and Meaning.元の形との意味だ。

The invocation "Our Father" = "Abinu" or Abba (hence in Luke simply "Father") is one common in the Jewish liturgy (see Shemoneh 'Esreh, the fourth, fifth, and sixth benedictions, and comp. especially in the New-Year's ritual the prayer "Our Father, our King! Disclose the glory of Thy Kingdom unto us speedily").この呼び出し"私たちの父" = " abinu "またはアバ(ルークしたがって、単純に"父" )は、 1つの共通のユダヤ人の典礼( shemonehを参照してください' esrehでは、 4番、 5番、そして6番目benedictions 、および伴奏。特に新しい年間の儀式の祈り"私たちの父は、私たちの王!開示なたの栄光をスピーディーわたしたちの王国"を参照) 。 More frequent in Hasidæan circles was the invocation "Our Father who art in heaven" (Ber. v. 1; Yoma viii. 9; Soṭah ix, 15; Abot v. 20; Tosef., Demai, ii. 9; and elsewhere: "Yehi raẓon mi-lifne abinu she-bashamayim," and often in the liturgy). hasidæan界では、もっと頻繁に呼び出し"我々の父親のアートインヘブン" ( ber.対1 ; yoma viii 。 9 ; soṭah 9世は、 15 ; abot対20 ; tosef 。 、 demai 、 Ⅱ 。 9 ;や他の場所: " yehi raẓon美lifne abinu - bashamayim彼女は、 "典礼とは、多くの場合) 。 A comparison with the Ḳaddish ("May His great name be hallowed in the world which He created, according to His will, and may He establish His Kingdom . . . speedily and at a near time"; see Baer, "'Abodat Yisrael," p. 129, note), with the Sabbath "Ḳedushshah" ("Mayest Thou be magnified and hallowed in the midst of Jerusalem . . . so that our eyes may behold Thy Kingdom"), and with the "'Al ha-Kol" (Massek. Soferim xiv. 12, and prayer-book: "Magnified and hallowed . . . be the name of the supreme King of Kings in the worlds which He created, this world and the world to come, in accordance with His will . . . and may we see Him eye to eye when He returneth to His habitation") shows that the three sentences, "Hallowed be Thy name," "Thy Kingdom come," and "Thy will be done on earth as in heaven," originally expressed one idea only-the petition that the Messianic kingdom might appear speedily, yet always subject to God's will. ḳaddish比較して( "彼の偉大な名前かもしれませんが、世界の神聖さを創らによると、彼は、 5月彼と彼の王国を確立する。 。 。スピーディーでは、近くの時間" ;参照してくださいベーア、 " ' abodatイスラエルは、 " p. 129 、注)で、安息日" ḳedushshah " ( "神聖なmayestなたに拡大したとエルサレムの真っただ中。 。 。ので、私たちの目を見張るものがなたの王国" ) 、および、 " 'アルハ- kol " ( 14 massek. soferim 。 12 、そして祈り-帳: "拡大と神聖。 。 。れる最高の名前がキングオブキングス彼は、世界で作成されると、この世界で、世界に来ると、彼の意思に基づいて。 。 。そして我々が彼に目を参照してくださいreturneth目のときに彼の住まい" )によると、 3つの文章は、 "神聖になたの名前" 、 "なたの王国来る" 、および"なたが行われるように地球上で天国には、 "もともと1つの考えを表明しただけに、救世主の王国請願スピーディーに表示されるかもしれない、しかし、いつも神の意志に服従している。 The hallowing of God's name in the world forms part of the ushering in of His kingdom (Ezek. xxxviii. 23), while the words "Thy will be done" refer to the time of the coming, signifying that none but God Himself knows the time of His "divine pleasure" ("raẓon"; Isa. lxi. 2; Ps. lxix. 14; Luke ii. 14).神の名のhallowingのフォーム部分は、世界では、彼のushering王国( 38 ezek. 。 23 )は、単語間の"なたが行われる"を参照して時間が来る、しかし神はなし意味して自分自身を知っている自分の時間を"神の喜び" ( " raẓon " ;のISAです。 61 。 2 ;しまう。 69 。 14 ;ルークⅡ 。 14 ) 。 The problem for the followers of Jesus was to find an adequate form for this very petition, since they could not, like the disciples of John and the rest of the Essenes, pray "May Thy Kingdom come speedily" in view of the fact that for them the Messiah had appeared in the person of Jesus.この問題は、イエスの追随者を見つけるのは非常に適切な形で、この請願書は、彼らができなかったので、そのような弟子のジョンとエッセネ派の残りの部分は、祈る"と来るかもしれませんスピーディーなたの王国"という事実を表示するためにかれらが出演していた人が、救世主イエスです。 The form reported to have been recommended by Jesus is rather vague and indefinite: "Thy Kingdom come"; and the New Testament exegetes explain it as referring to the second coming of the Messiah, the time of the perfection of the kingdom of God (comp. Luke xxii. 18).という形で推奨されると発表されたが、イエスは、やや曖昧で、無期限: "なたの王国来る" ; exegetesと新約聖書の説明を参照することで、救世主の再臨のは、完成時には、神の王国(伴奏。ルカによる福音書22 。 18 ) 。 In the course of time the interpretation of the sentence "Thy will be done" was broadened in the sense of the submitting of everything to God's will, in the manner of the prayer of R. Eliezer (1st cent.): "Do Thy will in heaven above and give rest of spirit to those that fear Thee on earth, and do what is good in Thine eyes. Blessed be Thou who hearest prayer!"時間の経過では、文章の解釈"が行われるなた"が広がったという意味では、神の意志にすべてを送信するのは、その祈りの方法では、共和党エリエゼル(第1セントです。 ) : "は、なたのは、上記の残りの部分は、天国と精神を与えることを恐れて、なたこれらの地球上で、ザインとはどのような目では良いです。なたたちに祝福の祈りhearest ! " (Tosef., Ber. iii. 7). ( tosef. 、 ber 。 Ⅲ 。 7 ) 。

Relation to Messianic Expectation.救世主の期待と関連しています。

The rest of the prayer, also, stands in close relation to the Messianic expectation.残りの祈りは、また、スタンドでの緊密な関係を期待救世主です。 Exactly as R. Eliezer(Mek.: "Eleazar of Modin") said: "He who created the day created also its provision; wherefore he who, while having sufficient food for the day, says: 'What shall I eat to-morrow?'丁度共和党エリエゼル( mek. : " eleazarのmodin " )によると: "彼は創られたその日に作成した条項も;なぜ彼は人が、この日のために十分な食糧、書かれています: '明日は何を食べるわたし? ] belongs to the men of little faith such as were the Israelites at the giving of the manna" (Mek., Beshallaḥ, Wayassa', ii.; Soṭah 48b), so Jesus said: "Take no thought for your life, what ye shall eat or . . . drink. . . . . O ye of little faith. . . . Seek ye first the Kingdom of God, . . . and all these things shall be added to you" (Matt. vi. 25-34; Luke xii. 22-31; comp. also Simeon b. Yoḥai, Mek. l.c.; Ber. 35b; Ḳid. iv. 14).男性のほとんどが所属していたような信仰を与えるのは、イスラエル人のマンナ" ( mek. 、 beshallaḥ 、 wayassa ' 、 Ⅱ 。 ; soṭah 48b ) 、これによると、イエス: "あなたの人生を念頭に置かない、なたがたはどのような食べたり。 。 。飲む。 。 。 。 。なたがたの信仰のリトル。 。 。 。 。最初になたがたの神の国を求める、 。 。 。そして、これらすべてのものに追加される場合は、 " ( viのmatt. 。 25から34 ;ルーク12世です。 22から31 ;伴奏。 yoḥai Bにもシメオン、 mek 。セントルシア; ber 。 35b ; ḳid 。 4 。 14 ) 。 Faith being thus the prerequisite of those that wait for the Messianic time, it behooves them to pray, in the words of Solomon (Prov. xxx. 8, Hebr.; comp. Beẓah 16a), "Give us our apportioned bread" ("leḥem huḳḳi"), that is, the bread we need daily.信仰しているため、これらの必要条件の救世主を待つ時間になると、かれらを祈るbehoofの複数形は、言葉は、ソロモン( xxx prov. 。 8 、 hebr 。 ;伴奏。 beẓah 16a )は、 "我々に割り振られるパンを与える" ( " leḥem huḳḳi " ) 、つまり、我々のパンを毎日する必要があります。

Repentance being another prerequisite of redemption (Pirḳe R. El. xliii.; Targ. Yer. and Midr. Leḳah Ṭob to Deut. xxx. 2; Philo, "De Execrationibus," §§ 8-9), a prayer for forgiveness of sin is also required in this connection.後悔が別の前提条件の償還(共和党エルpirḳe 。 43 。 ;ターグ。 yer 。とmidr 。 leḳah ṭobをdeut 。 xxx 。 2 ;フィロは、 "デexecrationibus 、 " § § 8-9 ) 、赦しの祈りをする罪はまた、この接続が必要です。 But on this point special stress was laid by the Jewish sages of old.しかし、この点については、特別なストレスにレイアウトされたユダヤ人の先哲。 "Forgive thy neighbor the hurt that he hath done unto thee, so shall thy sins also be forgiven when thou prayest," says Ben Sira (Ecclus. [Sirach] xxviii. 2). "あなたの隣人を赦され、かれ行わなたを傷つけることは、これは、なたの罪を赦されるときにもなたprayestだ"と語るベンシーラ川( ecclus. [シラク] 28 。 2 ) 。 "To whom is sin pardoned? To him who forgiveth injury" (Derek Ereẓ Zuṭa viii. 3; R. H. 17a; see also Jew. Encyc. iv. 590, s.v. Didascalia). "誰が罪を恩赦に浴する?けがをした人の赦し" (デレクereẓ zuṭa viii 。 3 ; rh 17a ;ユダヤ人も参照してください。 encyc 。 4 。 590 、 sv didascalia ) 。

Accordingly Jesus said: "Whensoever ye stand praying, forgive, if ye have aught against any one; that your Father also which is in heaven may forgive you your trespasses" (Mark xi. 25, R. V.).したがって、イエスによると: " wheneverの強調スタンドを祈って、なたがたは、御赦しには、なたがたが何でも反対のいずれか1つ;してください父が、天国でもあなたの可能性を許すことtrespasses " (マークxi 。 25 、右心室) 。 It was this precept which prompted the formula "And forgive us our sins ["ḥobot" = "debts"; the equivalent of "'awonot" = "sins"] as we also forgive those that have sinned ["ḥayyabim" = "those that are indebted"] against us."それは、この教訓が表示されたら、フォーミュラ"とわたしたちの罪を赦さ[ " ḥobot " = "借金" ;と同等の" ' awonot " = "罪" ]我々としてもそれらを許すことは罪を犯しました[ " ḥayyabim " = "人恩義には" ]に対する我々です。 "

Directly connected with this is the prayer "And lead us not into temptation."これは、直接接続して祈りをささげる"と鉛の私たちを誘惑いない"と述べた。 This also is found in the Jewish morning prayer (Ber. 60b; comp. Rab: "Never should a man bring himself into temptation as David did, saying, 'Examine me, O Lord, and prove me' [Ps. xxvi. 2], and stumbled" [Sanh. 107a]).ユダヤ人は、この日午前にも祈りをささげることが判明した( ber. 60b ;伴奏。ページRab : "決して一人の男は、自分自身への誘惑をもたらすとしてデビッドは、と言って、 '調べる私は、主よ、と私に証明する' [しまう。 26 。 2 ] 、およびstumbled " [ sanh 。 107a ] ) 。 And as sin is the work of Satan (James i. 15), there comes the final prayer, "But deliver us from the evil one [Satan]."罪としては、仕事と悪魔(ジェームズi. 15 ) 、そこが、最後の祈りは、 "しかし、我々からの悪の1つ届ける[悪魔]です。 " This, with variations, is the theme of many Hasidæan prayers (Ber. 10b-17a, 60b), "the evil one" being softened into "yeẓer ha-ra'" = "evil desire," and "evil companionship" or "evil accident"; so likewise "the evil one" in the Lord's Prayer was later on referred to things evil (see commentaries on the passage).これで、バリエーションは、多くのテーマは、祈りhasidæan ( ber. 10b - 17a 、 60b )は、 "悪の1つ"柔らかくている"ハ-ラーyeẓer ' " = "邪悪な欲望" 、および"悪の交友"または"邪悪な事故" ;だから同様に"悪の1つ、 "主の祈りに言及していたことを後にして悪(通過して論評を参照してください) 。 The doxology added in Matthew, following a number of manuscripts, is a portion of I Chron.頌栄で追加のマシューは、以下の数多くの原稿は、私の部分は、 chron 。 xxix. 29 。 11, and was the liturgical chant with which the Lord's Prayer was concluded in the Church; it occurs in the Jewish ritual also, the whole verse being chanted at the opening of the Ark of the Law. 11 、典礼とは、主の祈り詠唱していたが、結論は、教会;ことは、ユダヤ教の儀式が発生したにも、全体の詩がchanted冒頭では、法律の箱舟だ。

On closer analysis it becomes apparent that the closing verses, Matt.見掛け上緊密な分析して閉会印を送ったら、マットです。 vi. viのです。 14-15, refer solely to the prayer for forgiveness. 14-15 、祈りのための参照のみを許しています。 Consequently the original passage was identical with Mark xi.その結果、元の通路には、同じマークxi 。 25; and the Lord's Prayer in its entirety is a later insertion in Matthew. 25 ;と、主の祈りを確認するには、マシューを挿入して、後からです。 Possibly the whole was taken over from the "Didache" (viii. 2), which in its original Jewish form may have contained the prayer exactly as "the disciples of John" were wont to recite it.全体の可能性を引き継いでからは、 "新約聖書" ( viii. 2 )で、これは、オリジナルのユダヤ教の祈りの形を正確に含まれる可能性がある"と弟子のジョン"はいつもそれを暗唱する。

Kaufmann Kohlerカウフマンコーラー
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
F. H. Chase, The Lord's Prayer in the Early Church, in Texts and Studies, 3d ed., Cambridge, 1891; Charles Taylor, Sayings of the Jewish Fathers, 1897, pp. fhチェースは、主の祈りは、教会の初めには、テキストやタイプでは、三次元エド。 、ケンブリッジ、 1891 ;チャールズテイラーは、ことわざは、ユダヤ人の祖先が、 1897 、 pp 。 124-130; A. Harnack, Die Ursprüngliche Gestalt des Vaterunser, in Sitzungsberichte der Königlichen Academie der Wissenschaften, Berlin, 1904.K. 124〜130 ; a.ハルナック、死ぬursprünglicheゲシュタルトデvaterunser 、 sitzungsberichteデアデアköniglichenアカデミーwissenschaften 、ベルリン、 1904.k.


Kaddish kaddish

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

Name of the doxology recited, with congregational responses, at the close of the prayers in the synagogue; originally, and now frequently, recited after Scripture readings and religious discourses in schoolhouse or synagogue.頌栄の名前を読誦し、会衆の反応して、礼拝の終了時には、シナゴーグ;当初、今では頻繁には、啓典を読誦した後、校舎読みや宗教やシナゴーグディスコースです。 It is, with the exception of the last clause, composed in Aramaic.それは、最後の節を除いて、アラム語で構成しています。 The following is the translation:翻訳は、以下の通り:

"Magnified and sanctified [comp. Ezek. xxxviii. 23] be His Great Name in the world which He hath created according to His will. May He establish His Kingdom during your life and during your days, and during the life of the whole household of Israel, even speedily and in a near time! So say ye 'Amen.'" "と神聖化拡大[伴奏。 ezek 。 38 。 23 ]彼の偉大な名前には、世界で彼によれば、彼は創られた。 5月彼は彼の王国を確立して日中の中にあなたの人生とは、人生の中では、全体の家計イスラエルでも、スピーディーでは、近くの時間だよ!だからなたがたは言う'アーメン。 ' "

Response: "Let His Great Name be blessed forever and unto all eternity!"応答: "レット彼の偉大な名前を永遠に祝福されると、かれのすべてのエタニティ! "

"Blessed, praised, and glorified, exalted, extolled, and honored, uplifted and lauded, be the name of the Holy One, blessed be He ! above all the blessings and hymns [benedictions and psalms], the praises and consolations [the prophetic words], which are uttered in the world. So say ye 'Amen.'" "と祝福、賞賛、と見せかけ、高貴、褒めたたえたし、光栄、隆起と褒めたたえ、神聖には、 1つの名前を、彼は祝福される!上記のすべての祝福と賛美歌[ benedictionsと詩篇]は、称賛とconsolations [この予言言葉]は、口では、世界のです。だからなたがたは言う'アーメン。 ' "

"May the prayers and supplications of all Israel be accepted by their Father, who is in Heaven! So say ye 'Amen.'" " 5月のイスラエルのすべての祈りとsupplicationsによって受け入れられるが、父親には、誰が、天国!だからなたがたは言う'アーメン。 ' "

Ḳaddish di-Rabanan: "Upon Israel, and the masters and their disciples, and the disciples of their disciples, and upon all those that occupy themselves with the Torah, whether in this place or in any other place, come peace and favor, and grace and mercy, and a long life and ample sustenance, and redemption, from their Father, in Heaven. So say ye 'Amen.'" ḳaddishディ- rabanan : "イスラエルには、巨匠とその弟子と、その弟子の弟子とは、これらすべてのことを占拠して自身の律法は、この場所にいるかどうか、他の場所で、来るの平和と賛成し、恩恵と慈悲は、十分な栄養を摂取すると、寿命が長いとは、償還とは、自分の父親からは、天国にいる。だからなたがたは言う'アーメン。 ' "

"May there be abundant peace from Heaven and life [the Portuguese liturgy inserts: "and plenty, salvation and consolation, redemption and healing, forgiveness and pardon, freedom and safety"] for us and all Israel! So say ye 'Amen!'" "そこには天からの平和と豊かな生活の[挿入典礼、ポルトガル語: "とたっぷり、救いと慰め、償還や癒し、赦しと恩赦は、自由と安全" ]は、わたしたちとすべてのイスラエル!だからなたがたは言う'アーメン! ] "

Response: "He who maketh peace in His Heights, may He make peace for us and all Israel! So say ye 'Amen!'"応答: "彼は彼の平和ハイツなさ人は、平和のために私たちが彼とすべてのイスラエル!だからなたがたは言う'アーメン! "

In place of the first paragraph, the Ḳaddish recited after burial has the following:場所は、最初の段落では、埋葬した後には、次のḳaddish読誦:

"Magnified and sanctified be His Great Name in the world that is to be created anew when He will revive the dead and raise them up into life eternal, and when He will rebuild the city of Jerusalem and establish His Temple in the midst thereof, and uproot all false worship from the earth, and restore the worship of the true God. May the Holy One, blessed be He! reign in His sovereignty and glory during your life and in your days, and in the days of the whole household of Israel, speedily and at a near time. So say ye 'Amen!'" "彼の偉大な拡大と神聖化されることは、世界の名前を作成するときにあらためて彼は死者をよみがえらせると永遠の生命を甦らせ、その時彼は、エルサレムの都市の再構築や寺院の中で自分を確立するために、地球上からすべての偽の崇拝を根絶し、復元する、真の神を崇拝するのです。 5月の神聖な1つは、彼は祝福される!治世彼の主権と栄光とは、日中にあなたの人生を、そして、数日間では、イスラエルの全世帯は、スピーディーでは、近くの時間です。だからなたがたは言う'アーメン! "

Origin.起源です。

The Ḳaddish has a remarkable history. ḳaddishには、注目に値するの歴史があります。 Originally, it had no relation whatsoever to the prayers, and still less to the dead.もともとは、如何に関係することはなかったの祈りは、まだ少ないとして死んでいた。 It was the doxology recited by the teacher or preacher at the close of his discourse, when he was expected to dismiss the assembly with an allusion to the Messianic hope, derived especially from the Prophets and the Psalms.それは、教師や説教師頌栄読誦されるのは、彼の談話を閉じる、予想を棄却したとき、彼は、アセンブリの救世主と期待をほのめかし、特にから派生した預言者と詩篇を授けた。 Therefore Ezek.したがってezek 。 xxxviii. 38 。 23 is employed; and as the last redemption of Israel was, like the first, brought in connection with the Holy Name (see Pes. 50a; Pesiḳ. 92a; Ex. iii. 15), the emphasis was put upon the congregational response, "May His Great Name be praised for all eternity!" 23日は、就業;としての最後の償還やイスラエルでは、最初のように、名前をもたらしたに関連して、聖なる(ペスを参照してください。 50a ; pesiḳ 。 92a ;例です。 Ⅲ 。 15 )は、重点を置くのは、会衆の応答は、 "彼の偉大な可能性のすべての名前を永遠に賞賛あれ! " (see Sifre, Deut. 306). (参照してくださいシフレー、 deut 。 306 ) 。 So great was the value attached to this response that the Talmud (Soṭah 49a) declares: "Since the destruction of the Temple the world has been sustained by the Ḳedushshah of the liturgy and the 'yehe shemeh rabba' [the Ḳaddish response] of the haggadic discourse."偉大な値に接続していたので、このレスポンスは、タルムード( soṭah 49a )宣言: "以来、同寺の破壊され、世界の持続的な典礼ḳedushshahされると、 'エホshemeh rabba ' [ 、 ḳaddish応答]は、 haggadic談話"と述べた。 "Joining loudly and in unison in the congregational response 'yehe shemeh rabba' has the power of influencing the heavenly decree in one's favor, or of obtaining for one forgiveness," assert R. Joshua b. "と声をそろえて大声では、入社会衆応答'エホshemeh rabba '天国の影響力は、自分に有利な判決は、 1つまたは取得のための赦し"と主張する共和党Bのジョシュア Levi and R. Johanan (Shab. 119b; comp. Midr. Mishle x. 10, xiv. 4).レビと共和党johanan ( shab. 119b ;伴奏。 midr 。 mishle Xの10 、 14 。 4 ) 。 When Israel enters the synagogue or the schoolhouse and responds, "Let His Great Name be praised!"イスラエルのユダヤ教の礼拝堂に入るとき、または応答校舎とは、 "彼の偉大な名前に賞賛あれせ! " the Holy One, blessed be He! 1つの神聖な、彼は祝福される! says: "Happy the king who is thus lauded in his house!"書かれています: "幸せの王たちは、こうして彼の家で褒めたたえ! " (Ber. 3a). ( ber. 3a ) 。 The name "Ḳaddish" for the doxology occurs first in Masseket Soferim xvi.名前を" ḳaddish "が発生するため、最初にmasseket頌栄soferim 16世です。 12, xix. 12 、 19 。 1, xxi. 1 、 21 。 6; the Ḳaddish at funerals is mentioned ib. 6 ;の葬儀では言及ḳaddish ib 。 xix. 19 。 12: being addressed to the whole assembly, it was spoken in the Babylonian vernacular (see Tos. Ber. 3a). 12 :れ宛に全体の組立、バビロニアで話されていることがお国言葉(利用規約を参照してください。 ber 。 3a ) 。 The two paragraphs preceding the last, which is a late addition, were originally simple formulas of dismissal by the preacher (comp. M. Ḳ. 21a).先行する2つの段落の最後に、これは、後半に加えて、解雇されたのは、当初は単純な数式の説教師( comp. m. ḳ 。 21a ) 。 The "Ḳaddish of the students" still shows its original connection with the schoolhouse, and is a prayer for the scholars; occasionally, therefore, special prayers were inserted for the "nasi" or the "resh galuta," or for distinguished scholars like Maimonides (see Ibn Verga, "Shebeṭ Yehudah," ed. Wiener; "Sefer Yuḥasin," ed. Filipowski, p. 219). "生徒たちは、 ḳaddish "まだ番組に関連して、元の校舎、そして祈りのためには、学者;たまには、したがって、特別な祈りのために挿入された"鼻"または、 "レッシュgaluta 、 "や、著名な学者のようなmaimonides (参照してくださいイブンベルガ、 " shebeṭ yehudah 、 "エド。ウィーナー; " sefer yuḥasin 、 "エド。 filipowski 、 p. 219 ) 。

The Ḳaddish for the dead was originally recited at the close of the seven days' mourning, with the religious discourses and benedictions associated with it, but, according to Masseket Soferim xix.死者のためのḳaddish読誦では、もともとは、 7日間の緊密な'喪に服すことは、宗教的なディスコースとしてbenedictions関連付けられていること、しかしによると、 19 masseket soferim 。 12, only at the death of a scholar; afterward, in order not to put others to shame, it was recited after every burial (Naḥmanides, "Torat ha-Adam," p. 50; see Mourning). 12日、ある学者の死だけで、その後、他の人に入れるために恥ずかしい思いをしないように、それはあらゆる埋葬した後に読誦( naḥmanides 、 "ハ- toratアダムは、 " p. 50 ;哀悼の意を参照してください) 。

In the course of time the power of redeeming the dead from the sufferings of Gehenna came to be ascribed, by some, to the recitation of the Ḳaddish.時間の経過で、電源の欠点を補う、死者の地獄の苦しみから来た生得的には、いくつかによって、そのḳaddish暗唱している。

Redeeming Powers Ascribed to the Ḳaddish.パワーズḳaddish生得的に欠点を補う。

In "Otiyyot de-R. 'Aḳiba," a work of the geonic time, it is said, under the letter "zayin," that "at the time of the Messiah God shall sit in paradise and deliver a discourse on the new Torah before the assembly of the pious and the angelic hosts, and that at the close of the discourse Zerubbabel shall rise and recite the Ḳaddish with a voice reaching from one end of the world to the other; to which all mankind will respond 'Amen.' " otiyyotデ- rとします。 ' aḳibaは、 "仕事の時間geonic 、と述べたことは、下の手紙" zayin 、 "して"いる時点で、救世主は神のパラダイスに座ると談話して配達する新しいトーラー議会の前には、信心深い天使のホストと、それに近いものzerubbabel上昇するとの談話を暗唱してḳaddishからの声に達し、世界の片方の端を、他の;を全人類に対応'アーメン。 ' All souls of Jews and Gentiles in Gehenna will respond with 'Amen,' so that God's mercy will be awakened and He will give the keys of Gehenna to Michael and Gabriel, the archangels, saying: 'Open the gates, that a righteous nation which observeth the faith may enter' [Isa. xxvi. 2, "shomer emumim" being explained as "one that sayeth 'Amen'"]. Then the 40,000 gates of Gehenna shall open, and all the redeemed of Gehenna, the wicked ones of Israel, and the righteous of the Gentiles shall be ushered into paradise."魂のすべてのユダヤ人と、地獄に対応してgentiles 'アーメン、 'ので、神の慈悲に目覚めると彼は地獄の鍵を与えると、マイケルガブリエルは、大天使、と言って: 'を開き、ゲイツ氏は、どの国が正しい信仰に入るかもしれませんobserveth ' [のISAです。 26 。 2 、 " shomer emumim "の説明として" 1つのことsayeth 'アーメン' " ] 。その後、 40000は地獄の門を開いて、すべての換金の地獄とは、悪人どものイスラエルは、正義とは、天国へgentiles usheredれるものです。 " The following legend is later: Akiba met a spirit in the guise of a man carrying wood; the latter told Akiba that the wood was for the fire in Gehenna, in which he was burned daily in punishment for having maltreated the poor while tax-collector, and that he would be released from his awful torture if he had a son to recite the Bareku and the Ḳaddish before a worshiping assembly that would respond with the praise of God's name.後は、次の伝説:アキバに会ったの精神を装って、一人の男を乗せた木材;秋葉氏は、後者は、木材は、地獄の火では、毎日の中でやけどを負った彼は貧しい人々の間の懲罰のために税金を虐待コレクタ、そして彼から解放されることを彼はひどい拷問を暗唱する場合、彼は息子の前でbarekuとḳaddish組立worshipingをもって対処することは、神の名を称賛した。 On learning that the manhad utterly neglected his son, Akiba cared for and educated the youth, so that one day he stood in the assembly and recited the Bareku and the Ḳaddish and released his father from Gehenna (Masseket Kallah, ed. Coronel, pp. 4b, 19b; Isaac of Vienna, "Or Zarua'," ed. Jitomir, ii. 11; Tanna debe Eliyahu Zuṭa xvii., where "R. Johanan b. Zakkai" occurs instead of "R. Akiba"; "Menorat ha-Ma'or," i. 1, 1, 1; Manasseh ben Israel, "Nishmat Ḥayyim," ii. 27; Baḥya ben Asher, commentary on Shofeṭim, at end; comp. Testament of Abraham, A. xiv.).全くおろそかにして学習して、息子manhad 、アキバの養育や教育を受けた若者は、立っていたので、彼は、ある日の集会と読誦barekuと、父親からリリースさḳaddishと地獄( masseket kallah 、エド。コロネル、 pp 。 4b 、 19b ;アイザックのウィーン、 "またはzarua ' 、 "エド。 jitomir 、 Ⅱ 。 11 ;タンナdebe eliyahu zuṭa 17 。 、どこに"共和党johanan Bのzakkai "が発生する代わりに"共和党アキバ" ; " menoratハ-マ'または、 " i. 1 、 1 、 1 ;マナセベンイスラエルは、 " nishmatハイムは、 " Ⅱ 。 27 ; baḥyaベン洗浄器、 shofeṭim解説して、月末;伴奏。新約聖書のアブラハムは、 a. 14 。 ) 。

The idea that a son or grandson's piety may exert a redeeming influence in behalf of a departed father or grandfather is expressed also in Sanh.そのアイデアは、息子や孫の欠点を補うの影響力を行使する可能性が忠義の代表としては、故人の父や祖父がsanhも表明した。 104a; Gen. R. lxiii.; Tanna debe Eliyahu R. xvii.; Tanna debe Eliyahu Zuṭa xii.; see also "Sefer Ḥasidim," ed. 104a ;大将共和党63 。 ;タンナdebe eliyahu共和党17 。 ;タンナdebe eliyahu zuṭa 12世です。 ;も参照してください" sefer ḥasidim 、 "エド。 Wiztinetzki, No. 32. wiztinetzki 、第32 。 In order to redeem the soul of the parents from the torture of Gehenna which is supposed to last twelve months ('Eduy. ii. 10; R. H. 17a), the Ḳaddish was formerly recited by the son during the whole year (Kol Bo cxiv.).魂を救うためには、親からの地獄の責め苦には、過去12か月のはず( ' eduy 。 Ⅱ 。 10 ; rh 17a )は、以前に読誦されるḳaddishは全体の中の1年の息子( kolボーcxiv 。 ) 。 Later, this period was reduced to eleven months, as it was considered unworthy of the son to entertain such views of the demerit of his parents (Shulḥan 'Aruk, Yoreh De'ah, 376, 4, Isserles' gloss; see Jahrzeit).後に、この期間は11カ月間減額して、それは考慮に値しないとしては、このような見方をして息子を楽しませるデメリットの両親( shulḥan ' aruk 、 yoreh de'ah 、 376 、 4 、 isserles '光沢; jahrzeitを参照してください) 。 The Ḳaddish is recited also on the Jahrzeit. ḳaddishは読誦しても、 jahrzeit 。 The custom of the mourners reciting the Ḳaddish in unison is approved by Jacob Emden, in his "Siddur," and that they should recite it together with the reader is recommended by Ẓebi Hirsch Ḥayot, in "Minḥat Ḳena'ot," vii.会葬者は、カスタムの暗唱のḳaddishエムデンユニゾンでは、承認されたジェイコブは、彼の"シッドゥール、 "しなければならないとして暗唱することが推奨されるとともに、読者ẓebiヒルシュḥayot 、 " minḥat ḳena'ot 、 "第VII 。 1. 1 。 That the daughter, where there is no son, may recite the Ḳaddish was decided by a contemporary of Jair Ḥayyim Bacharach, though it was not approved by the latter (Responsa, No. 123; "Leḥem ha-Panim," p. 376).娘して、そこではない息子は、 5月を暗唱することを決定したのは、現代のḳaddishジェイルbacharachハイムは、承認されたことではない、後者( responsumのは、第123 ; " leḥemハ- panim 、 " p. 376 ) 。 A stranger, also, may recite the Ḳaddish for the benefit of the dead (Joseph Caro, in "Bet Yosef" to Yoreh De'ah, l.c.).見知らぬ人は、また、 5月の利益のために暗唱しḳaddishオブザデッド(ヨセフカロは、 " yosef賭け"をyoreh de'ah 、セントルシア) 。 For the custom in Reform congregations see Reform.改革のためには、カスタムcongregations改革を参照してください。

Bibliography: M. Brück, Pharisäische Volkssitten und Ritualien, 1840, pp.参考文献: m. brück 、 pharisäische volkssittenウントritualien 、 1840 、 pp 。 94-101; Hamburger, R. B. T. ii.; Landshuth, Seder Biḳḳur Ḥolim, 1853, pp.九四から一〇一;ハンバーガー、 rbt Ⅱ 。 ; landshuth 、セーデルbiḳḳur ḥolim 、 1853 、 pp 。 lix.-lxvi.; Zunz, G. V. 1892, p. lix. - 。 1892 、 p. 387.A. 387.a. K. k.

-Ritual Use: -儀式的な使用:

There are five forms of the Ḳaddish: (1) Ḳaddish di-Rabanan (Scholar's Ḳaddish); (2) Ḳaddish Yaḥid (Individual, or Private, Ḳaddish); (3) Ḳaddish de-Ẓibbur (Congregational Ḳaddish; this form of the Ḳaddish has two divisions-the Ḥaẓi Ḳaddish [Semi-Ḳaddish] and the Ḳaddish Shalem [Full Ḳaddish]); (4) the Burial Ḳaddish (the Mourner's First Ḳaddish); (5) Ḳaddish Yatom (Orphan's Ḳaddish), or Ḳaddish Abelim (Mourner's Ḳaddish).そこには、 5つの形態のḳaddish : ( 1 ) ḳaddishディ- rabanan (学者のḳaddish ) ; ḳaddish yaḥid ( 2 ) (個々の、またはプライベート、 ḳaddish ) ; ( 3 ) ḳaddishデ- ẓibbur (会衆ḳaddish ;このフォームは、 ḳaddish 2つの部門には、 ḥaẓi ḳaddish [セミḳaddish ]とḳaddish shalem [フルḳaddish ] ) ; ḳaddish葬( 4 ) 、 (その会葬者の最初のḳaddish ) ; ḳaddish yatom ( 5 ) (孤児のḳaddish ) 、またはḳaddish abelim (会葬者のḳaddish ) 。

Forms of Ḳaddish and Their Use. ḳaddishとその利用形態のです。

1. 1 。

The Scholar's Ḳaddish is recited upon the completion of a division of the Mishnah or of a masseket of the Talmud, or of a lecture by the rabbi or maggid. ḳaddish読誦には、学者の完成の一部門であるかのmasseketミシュナー、タルムード、またはラビの講義やマッギードされる。 The students of the various yeshibot, or private scholars, are frequently called upon to recite a chapter of the Mishnah, after which, as a rule, the baraita of R. Hananiah b.生徒たちは、さまざまなyeshibot 、または民間の学者たちは、頻繁にお呼びがかかるのを暗唱する章では、ミシュナー、後には、原則として、 Bのバーライターの共和党hananiah 'Akashya (end of Makkot) is read, followed by Ḳaddish di-Rabanan, for the repose of the souls of the dead. ' akashya ( makkot末まで)は、読んで、次いでḳaddishディ- rabanan 、休息のためには、死者の霊魂がいます。

2. 2 。

The Ḳaddish Yaḥid usually preceded a supplication for the satisfaction of worldly needs.通常、先行するḳaddish yaḥid懇願世俗のニーズを満足させるためだ。 The beginning of the so-called "Lord's Prayer" is an example of the formula used in early times, and resembles that contained in Tanna debe Eliyahu Rabbah (e.g., in ch. v. and xiv.).初めに、いわゆる"主の祈り"の一例は、数式で使用されて早期タイムズは、タンナに含まれることと似てdebe eliyahuラバ(例えば、チャンネルです。対14とします。 ) 。 The Ḳaddish Yaḥid was also a response to the Ḳaddish recited by the synagogal reader.そのḳaddish yaḥidも対応してsynagogal読者ḳaddish読誦される。 The prayer-book of Amram Gaon of the ninth century contains various forms (pp. 3, 10, 12, 13, 14, and 18, ed. Warsaw, 1865).この書籍の祈り- amram gaonが含まれ、 9世紀のさまざまな形態( pp. 3 、 10 、 12 、 13 、 14 、 18 、エド。ワルシャワ、 1865 ) 。 The response of the congregation has since been curtailed to "Yehe Shemeh Rabbah."集まった人々の反応は短縮されていたが、 "エホshemehラバ"と述べた。

3. 3 。

The Ḳaddish de-Ẓibbur is recited by the ḥazzan at public prayer. ẓibburのḳaddishデ- ḥazzanでは、公共の祈りに読誦される。 This Ḳaddish consists of Ḥaẓi Ḳaddish and Ḳaddish Shalem.このḳaddish構成ḥaẓi ḳaddishとḳaddish shalem 。 The Ḥaẓi Ḳaddish, up to "Titḳabbal," is said by the ḥazzan: (1) before "Bareku"; (2) after the morning "Taḥanun" (prostration); (3) after the "Ashre" of the "Minḥah" (afternoon prayer); (4) before "Wehu Raḥum"; (5) before the "'Amidah" (standing prayer), in the evening; (6) before "Wi-Yehi No'am," on Saturday night; (7) before the "Musaf" prayer; (8) after reading the Torah. ḥaẓi ḳaddishのは、最大で" titḳabbalだ"といわれるのḥazzan : ( 1 )の前に" bareku " 、 ( 2 )の後の朝に" taḥanun " (平伏) 、 ( 3 )の後" ashre "は、 " minḥah " (午後の祈り) ; ( 4 )の前に" wehu raḥum " ; ( 5 )の前に" ' amidah " (常任祈り) 、夕方;前に( 6 ) "のWi - yehi no'am 、 "土曜日の夜; ( 7 )の前に" musaf "祈り;読んだ後で、律法( 8 ) 。 The Ḳaddish Shalem is recited: (1) after "U-ba le-Ẓiyyon," at morning prayer; (2) after the "'Amidah" of "Minḥah"; (3) after the "'Amidah" for the evening; (4) before "Weyitten Leka," on Saturday night; (5) after the "Musaf" prayer. ḳaddish shalemは、読誦: ( 1 )の後で" u -ル- ẓiyyon打率は、 "朝の祈りは、 ( 2 )の後に" ' amidah "の" minḥah " ; ( 3 )後、 " ' amidah "は、夕方; ( 4 )の前に" weyitten leka 、 "土曜日の夜、 ( 5 )の後" musaf "祈りのです。

4. 4 。

The Burial Ḳaddish, recited immediately after the burial, is quoted in Soferim xix.埋葬ḳaddish 、読誦直後に埋葬は、引用符では、 19 soferim 。 (end). (終) 。 According to Maimonides this is the Rabanan Ḳaddish, and should be recited after study; this is the present practise of the Orient; but Western custom has reserved it for burials, at which the assembly joins in the recitation of the mourners up to the word "beḥayyekon" (Baer, "Seder 'Abodat Yisrael," p. 588). maimonidesによると、これは、 rabanan ḳaddish 、そして後に勉強しなければならない読誦;これは、現在の練習のオリエント;しかし、西洋の習慣には予約を埋葬することは、国会では、朗読会に参加するのは、会葬者という言葉を" beḥayyekon " (ベーア、 "セーデル' abodatイスラエルは、 " p. 588 ) 。

5. 5 。

The Ḳaddish Yatom, like the regular mourner's Ḳaddish, is the full Ḳaddish of the ḥazzan (with the exception of the "Titḳabbal" sentence), up to "Yehe Shelama." ḳaddish yatomのは、会葬者のように、通常のḳaddish 、 ḳaddishのは、フルḥazzan (を除いて、 " titḳabbal "センテンス)は、最大で"エホshelama 。 " The Ḳaddish after the "'Alenu" is usually recited by the orphan. ḳaddish後には" ' alenu "は、通常の孤児に読誦される。 The Ḳaddish Yatom is said also after "Piṭṭum ha-Ḳeṭoret," "An'im Zemirot," the Daily Psalm, and "Bame Madliḳin" (on Friday night).またḳaddish yatomによると、後には" piṭṭumハ- ḳeṭoret 、 " " an'imゼミーロートは、 "毎日の詩編、および" bame madliḳin " (金曜日の夜) 。

Rules of Precedence.優先順位のルールです。

Concerning the precedence of the various classes of mourners as regards the right of saying Ḳaddish, there is a difference of opinion.優先順位に関する様々なクラスの会葬者としての権利と言ってḳaddishに関しては、意見の相違がある。 The Ashkenazic custom gives the following order: (1) Jahrzeit; (2) the first seven days of mourning; (3) the first thirty days of mourning; (4) the first year, or rather eleven months, of mourning less one day.カスタム与え、次の順序で、アシュケナージ: ( 1 ) jahrzeit 、 ( 2 )の最初の7日間の喪に服すこと、 ( 3 )の最初の30日間の喪に服す; ( 4 )の最初の1年間は、 11カ月というか、あまり一日の喪に服す。 The Jahrzeit mourner has the precedence over all for one Ḳaddish. jahrzeit会葬者のためには、 1つのḳaddishすべてに優先する。 If several Jahrzeit mourners are represented, the Ḳaddishim are divided among them to the exclusion of others.会葬者jahrzeit場合は、いくつかの表現は、かれらの間で分けḳaddishimは他人を排除しています。 If there are more Jahrzeit mourners than there are Ḳaddishim in the service, lots are drawn. jahrzeitある場合は、こちらḳaddishim会葬者には、本サービスよりも、多くが描かれた。 After each of the Jahrzeit mourners has recited one Ḳaddish the rest go to the seven-day mourners.会葬者は、それぞれのjahrzeit後読誦ḳaddish 、残りの1つに行く7日間の会葬者です。 If there are no seven-day mourners, the thirty-day mourners recite them.がない場合には7日間の会葬者は、 30日間の会葬者を暗唱してください。 The first-year mourner, in the absence of other mourners, recites one Ḳaddish after the Daily Psalm, and the Jahrzeit mourners all the rest.最初の年の会葬者は、他の会葬者の不在では、 1つのrecites詩編ḳaddish後、日刊紙は、残りのすべての会葬者とjahrzeit 。 A minor who is an orphan takes precedence over an older person.マイナーは孤児たちの古い人より優先されます。 A resident or a Jahrzeit mourner has the preference over a newcomer, unless the latter be a seven-day mourner, when their rights are equal.居住者や会葬者には、選好するjahrzeit新来者は、後者の場合を除き、 7日間の会葬者が、自分たちの権利が等しいときです。 Mourners whose rights of precedence are equal decide among themselves by drawing lots.The Sephardic minhag, however, allows the mourners to recite the Ḳaddish jointly, but they are so distributed in the synagogue that the congregation may distinguish their voices at various points and respond "Amen."会葬者が平等の権利の優先順位を決める抽選lots.theセファルディミンハーグ同士では、しかし、そのḳaddish暗唱では、会葬者が共同して、配布されていますが、それらは、シナゴーグに集まった人々が自分の声を区別すると様々な箇所に対応"アーメン。 " This custom is gradually being accepted by the Ashkenazic synagogues.この風習は、徐々に受け入れられつつあるシナゴーグアシュケナージされる。 In Seder R. Amram Gaon (p. 4) an explanation is given of the custom of bowing five times during the recital of Ḳaddish-at the words (1) "yitgadal," (2) "ba-agala," (3) "yitbarak," (4) "shemeh," (5) "'oseh shalom": the five inclinations correspond with the five names of God mentioned in Mal.共和党はセーデルamram gaonら( p. 4 )の説明は、軽く会釈を与えられたのは、カスタムの期間中に5回のリサイタルは、言葉ḳaddish - ( 1 ) " yitgadal 、 " ( 2 ) " - agala打率は、 " ( 3 ) " yitbarak 、 " ( 4 ) " shemeh 、 " ( 5 ) " ' osehシャローム" : 5つの性向に対応する5つの神の名をマルに記載されます。 i. 11. 11 。 The seven synonyms of praise-"blessed," "praised," "glorified," "exalted," "extolled," "honored," and "uplifted" (the word "lauded" is omitted)-signify the seven heavens above.七つの類義語を称賛- "祝福" 、 "讃美" 、 "見せかけ" 、 "高貴" 、 "褒めたたえた" 、 "光栄だ"と"高揚" (その言葉"と褒めたたえ"が省略された場合) -上記の7つの天を意味する。 See Jahrzeit. jahrzeitを参照してください。

Bibliography: 参考文献:
Baer, Seder 'Abodat Yisrael, p.ベーア、セーデル' abodatイスラエル、 p. 16, Rödelheim, 1868; Dembitz, Jewish Services in the Synagogue and Home, pp. 16日、 rödelheim 、 1868 ; dembitz 、サービスは、ユダヤ教のシナゴーグや家庭、 pp 。 105-111, Philadelphia, 1898; 105-111 1898 ;

Landshuth, Seder Biḳḳur Ḥolim, Introduction, § 31, and p. landshuth 、セーデルbiḳḳur ḥolim 、導入、 § 31 、 p. 112, Berlin, 1867.A. 112 、ベルリン、 1867.a. J. D. E. jde

-Musical Rendering: -ミュージカルレンダリング:

From the position of the Ḳaddish at the conclusion of each service, and more particularly from the employment of its shorter form, "Ḳaddish Le'ela," as marking off each section of the service, more importance came to be attached to the particular form of its intonation as the accompanying circumstances varied, than was due even to the nature of the doxology and the responses necessitating its public intonation. ḳaddishの立場から、結論を出すのは、各サービス、およびその他の特に短いから、雇用形態は、 " ḳaddish le'ela 、 "マーキングするとして、サービスの各セクションでは、より多くの重要性に付着して来たが、特定のフォームイントネーションとしては、添付されているさまざまな状況で、原因さえしていたよりも自然の頌栄と回答した公共イントネーション必要です。 Following, too, the fundamental constructive principle of all synagogal chants, explained under Cantillation and Ḥazzanut, in consequence of which the same text varies alike in tonality and in melodic outline according to the importance of the occasion and to the esthetic expression associated with it, there have gradually shaped themselves in each of the traditional uses a number of tuneful renderings of the Ḳaddish which have become in themselves typical melodies of the day or of the service.以下でも、すべての基本的な原理synagogal建設的な歌は、下の説明cantillationとḥazzanut 、結果が異なりますが似ているのと同じテキストでメロディック調性と重要性を大綱によると、この機会に、美的表現と関連付けられていること、徐々に形をしてあるそれぞれの伝統的な用途は、数多くの音を奏でるrenderings ḳaddish自体が、典型的なメロディーになるかは、その日のサービスです。 As early as the fifteenth century such melodies were recognized; and the utmost importance was attached to their faithful reproduction at the point in the liturgy with which they had become traditionally associated (comp. MaHaRIL, ed. Sabbionetta, 43b, 49a, 61a, b, etc.).早ければ、 15世紀のこのようなメロディーが認められた;そして最も重要なのは、彼らの忠実な再現に接続された時点では、伝統的になっていた典礼に関連して( comp. maharil 、エド。 sabbionetta 、 43b 、 49a 、 61a 、 Bに等) 。

Fixed Melodies.固定メロディです。

These were probably the settings of the Ḳaddish, at least in outline, which are now most widely accepted; but most of those settings which exhibit formal construction are more likely later introductions due to the influence of contemporary folk-songs (see Music, Synagogal).これらの設定は、おそらくḳaddishが、少なくとも大綱は、現在最も広く受け入れられている;しかし、これらの設定のほとんどは正式に展示される可能性が高く建設のため、それ以降のご紹介を現代に影響を与えるの民俗曲(音楽を参照して、 synagogal ) 。 For, originally, the model vocal phrase which, when amplified and developed to the text of the particular 'Amidah (comp. Ḥazzanut) with which it was associated, formed the intonation to which that prayer was recited, reproduced itself also in the Ḳaddish which immediately preceded the prayer.のため、当初は、ボーカルのフレーズをモデルには、テキストを開発する際に増幅さとは、特定の' amidah ( comp. ḥazzanut )に関連していたが、形成された祈りの音調を読誦して、再現自体にも、どのḳaddishすぐ前の祈りをささげる。 Such, indeed, still are the intonations in the ordinary week-day services, in the Sabbath afternoon service, those at the close of the Psalms, etc., in the morning service, or those before the "Musaf" of Ṭal and Geshem or the Atonement Ne'ilah, in the Ashkenazic, as well as most of the intonations in the Sephardic use.このような、実際のところ、まだイントネーションでは、通常1週間に1日のサービスは、安息日の午後には、サービスは、これらの詩篇の終了時等には、午前中のサービス、またはそれらの前に" musaf "とgeshemまたはṭal ne'ilahの償いは、アシュケナージだけでなく、大半のイントネーションは、セファルディを使用します。

Other settings of this class continue the intonation of the passage immediately preceding the Ḳaddish, as that for Sabbath eve in the Sephardic use (comp. De Sola and Aguilar, "Ancient Melodies," No. 9, London, 1852), or those of the New-Year and Atonement evening service in the Ashkenazic use.このクラスの他の設定を続行するのは、イントネーションḳaddish通過の直前には、そのためには、セファルディ使用安息日前夜( 9 1852 ) 、またはそれらの新しい年の償いと夕方には、アシュケナージを使用するサービスです。 Others, again, such as the powerful, if florid, recitative associated with the penitential "Musaf" (see music), have been developed from traditional material independently of the associated service.他は、再び、このような強力な、血色の良い場合には、叙述に関連付けられてざんげ" musaf " (音楽を参照してください) 、伝統的な材料が開発されてからそれに関連するサービスを独立しています。

Representative Themes.代表的なテーマです。

More formal in structure, and thus more nearly allied to melody according to modern conceptions, are the later, and more numerous, settings of the Ḳaddish which have been adapted from, or built on similar lines to, contemporary folk-songs.こちらの正式な構造が、こうして同盟国をもっと近くによると、現代的なメロディー概念は、この後には、もっと多くのと、設定が適応されてきたからḳaddish 、または内蔵して似たような行を、現代の民俗-曲です。 Several are far from solemn in character, as, for example, national or patriotic airs (the "Marseillaise" was employed for the Ḳaddish in Lorraine about 1830; and still more incongruous tunes have been used), or mere jingles like the festival evening melodies still utilized in England (comp. Mombach, "Sacred Musical Compositions," pp. 115, 117, London, 1881) or that often used in Germany after the Festival of the Reading of the Law (comp. Baer, "Ba'al Tefillah," No. 825, Göteborg, 1877; Frankfort, 1883).いくつかのキャラクターとは程遠い厳かで、として、例えば、国家や愛国放送( 1830 ) 、あるいは単なるjingles夕方、お祭りのようなメロディーまだ利用されイングランド( comp. mombach 、 "神聖な音楽の作曲、 " pp 。 115 、 117 、ロンドン、 1881 )やドイツでよく使用されることは、読んで、お祭りの後は、法の趣旨( comp.ベーア、 " ba'al tefillahは、 " 825は、ヨーテボリ、 1877 ;フランクフォート、 1883 ) 。 Others, enriched with characteristically Hebraic adornment, majestic or pathetic in themselves, have in turn become representative themes, like the prayer-motives of the ḥazzanut, typifying the sentiment prominent in the service or occasion with which they are associated.他、濃縮してヘブライ人の特徴を飾ることは、それ自体で哀れマジェスティックたり、無効になるが、代表的なテーマは、そのような動機の祈り- ḥazzanut 、 typifyingのセンチメントが顕著になっているサービスや行事に関連している。 Such, for instance, are the obviously Spanish air known among Sephardim as "La Despidida," and sung as a farewell on the last day of each festival, and the beautiful melodies employed after the reading of the lesson from the Law among the northern Jews (see music).このような、例えば、スペイン語は、明らかに空気の中sephardimとして知られる"ラdespididaだ"と別れのあいさつをして成最後の日として、それぞれのお祭り、そして美しいメロディーを採用した後は、レッスンを読んでから、同法のうち、北部のユダヤ人(音楽を参照してください) 。

A very curious and unesthetic custom formerly prevailed among the Ashkenazim of chanting the Ḳaddish, after the lessons on the rejoicing of the law, to a cento of phrases from melodies in use throughout the rest of the year, the version once employed in London (comp. Mombach, "Sacred Musical Compositions," p. 137) introducing fragments of no less than twelve such airs.以前は、非常に好奇心やカスタムunesthetic優勢のうち、 ashkenazimのḳaddish歌うのは、後には、歓喜のレッスン法では、フレーズからのメロディーを寄せ集めてつくったもので、残りの1年を通して使って、 1回のバージョンで採用され、ロンドン(伴奏。 mombach 、 "神聖な音楽の作曲、 " p. 137 )を導入していないのかけらのような放送12未満です。

The congregational responses were originally toneless, a mere loud acclaim.会衆の反応は、当初は、単調な、単なる派手な喝さい。 To Sulzer is due the casting of them into the generally accepted shape.ズルツァーのキャスティングには、かれらのために一般に認められた形だ。 Other composers also have presented suitable definite melodic phrases.他の作曲家にも適した明確なメロディックフレーズを提示します。 The tendency is properly to model the responses upon the tuneful material of the particular Ḳaddish itself (comp. Baer, "Ba'al Tefillah," passim, and Cohen and Davis, "The Voice of Prayer and Praise," pp. xx. et seq., London, 1899).この傾向は、適切な反応をモデルには、特定の音を奏でる素材自体ḳaddish ( comp.ベーア、 " ba'al tefillah 、 "ここかしこに、とコーエン氏とデイビス氏は、 "祈りと称賛の声が、 " pp 。 XXのです。 et seqのです。 、ロンドン、 1899 ) 。

Cyrus Adler, Kaufmann Kohler, Judah David Eisenstein, Francis L. Cohenキュロスアドラー、カウフマンコーラー、デビッドユダアイゼンシュタイン、フランシスl.コーエン
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Most collections of synagogal melodies present some form of the Ḳaddish or responses for it; see particularly those given in Baer, Ba'al Tefillah.ほとんどのコレクションのメロディーsynagogal何らかの形で存在するかの回答をすることḳaddish ;参照してくださいベーアで与えられた特に、 ba'al tefillah 。 Of especial interest, in addition to those enumerated above, are: Consolo, Canti d'Israele, Nos. 127, 302, Florence, 1892; as given in Sulzer, Shir Ẓiyyon, No. 128, Vienna, 1840; Naumbourg, Aggudat Shirim, No. 15, Paris, 1874; Baer, l.c.特に関心は、上記に加えてそれらの列挙は、以下の通りです: consolo 、 canti d' israele 、 Nos 。 127 、 302 、フィレンツェ、 1892 ;として与えられたズルツァー、 shir ẓiyyon 、第128 、ウィーン、 1840 ; naumbourg 、 aggudat shirimは、第15 1874 ;ベーア、セントルシア No. 1466 (both Polish and German forms); Marksohn and Wolf, Synagogal-Melodien., Nos. 11, 13, Leipsic, 1875; Naumbourg, l.c.いいえ。 1466 (ポーランド語とドイツ語の両方の形態) ; marksohnとオオカミは、 synagogal - melodien 。 、 Nos 。 11 、 13 、リプシック、 1875 ; naumbourg 、セントルシア No. 23; Pauer and Cohen, Traditional Hebrew Melodies, No. 11, London, 1892; Braham and Nathan, Byron's Hebrew Melodies, No. 3, London, 1815; Naumann, History of Music, Eng.第23 ;パウアとコーエン氏は、伝統的なヘブライ語メロディーは、第11日、ロンドン、 1892 ;ブレーアムネイサンとは、ヘブライ語バイロンのメロディーは、第3 、ロンドン、 1815 ;ナウマンは、音楽の歴史は、英語です。 ed., p.エド。 、 p. 82, London, 1886; Young Israel, i. 82 1886 ;若いイスラエル勇 243, ii. 243 、 Ⅱ 。 104 and 152, London, 1898-99; H. Zivi, Der Jahrkaddisch für Simchasthora, Leipsic, 1902; Nowakowsky, Schlussgebet für Jom Kippur, No. 1.A. 104と152は、ロンドンでは、 1898年から1899年; h. zivi 、デアjahrkaddisch最近登録simchasthora 、リプシック、 1902 ; nowakowsky 、 schlussgebet最近登録jomキップールは、第1.a. F. L. C.ḲADDISH (La Despidida) flcḳaddish (ラdespidida )


Lord's Prayer (in English, translated from Greek)主の祈り(英語では、ギリシャ語からの翻訳)

Orthodox Church Textテキスト正教会

Our Father, who art in heaven,私たちの父は、アートインヘブン人は、
Hallowed be Thy name.神聖になたの名前です。
Thy kingdom come.なたの王国来る。
Thy will be done,なたが行われる、
on earth as it is in heaven.それは地球上では、天国にいる。
Give us this dayこの日提供してくれる
our daily bread;我々の日々の糧;
and forgive us our trespasses,そして私たちを御赦し下さい。 trespasses 、
as we forgive those who trespass against us;不法侵入者としての我々に対する私たちを許す;
and lead us not into temptation,私たちを誘惑には、鉛、
but deliver us from evil.しかし、我々からの悪届けします。


The Lord's Prayer主の祈り

Catholic Information カトリック情報

Although the Latin term oratio dominica is of early date, the phrase "Lord's Prayer" does not seem to have been generally familiar in England before the Reformation.にもかかわらず、ラテン語oratioドミニカ学期の初めには、日付、そのフレーズを"主の祈り"とされていないように一般的になじみのある改革の前にはイングランド。 During the Middle Ages the "Our Father" was always said in Latin, even by the uneducated.中世の間に、 "私たちの父"は、いつもとはラテン語でも、無学される。 Hence it was then most commonly known as the Pater noster.したがってそれはその後、主の祈りとして最もよく知られています。 The name "Lord's prayer" attaches to it not because Jesus Christ used the prayer Himself (for to ask forgiveness of sin would have implied the acknowledgment of guilt) but because He taught it to His disciples.名前を"主の祈り"イエスキリストに接続して使用されていないので、自分自身の祈り(罪の赦しを求めるためには、犯罪の認知黙示)しかし、彼は彼の弟子を教えてください。

Many points of interest are suggested by the history and employment of the Our Father.多くの見所が示唆された歴史は、私たちの父や雇用です。 With regard to the English text now in use among Catholics, we may note that this is derived not from the Rheims Testament but from a version imposed upon England in the reign of Henry VIII, and employed in the 1549 and 1552 editions of the "Boo of Common Prayer".これと関連して、英語のテキストに使用するカトリック教徒の間で、我々はこの可能性に注意していないから派生したランスしかし、新約聖書のバージョンから課せられたイングランドのヘンリー8世の治世、および採用され、 1549および1552のエディションは、 "ブー共通の祈り" 。 From this our present Catholic text differs only in two very slight particulars: "Which art" has been modernized into "who art", and "in earth" into "on earth".私たちの現在のカトリックテキストの違いから、この2つだけで非常にわずかな特徴: "どのアート"を現代化されて"誰アート" 、および"地球"を"地球上で" 。

The version itself, which accords pretty closely with the translation in Tyndale's New Testament, no doubt owed its general acceptance to an ordinance of 1541 according to which "his Grace perceiving now the great diversity of the translations (of the Pater noster etc.) hath willed them all to be taken up, and instead of them hath caused an uniform translation of the said Pater noster, Ave, Creed, etc. to be set forth, willing all his loving subjects to learn and use the same and straitly commanding all parsons, vicars and curates to read and teach the same to their parishioners".このバージョン自体は、かなり密接に合意してティンダルの新約聖書の翻訳では、一般に受け入れられるに間違いない〜が支払うべきその条例によると、 1541年に"今の彼の偉大な多様性を知覚グレースの翻訳(主の祈りは、等)かれらかれらのすべての意志を取られるまでは、かれらが原因ではなく、かれらによると、制服の翻訳文の主の祈り、アヴェ、信条等を定めるには、喜んで彼を愛するすべての科目を勉強して使用すると、同じ指揮straitlyすべてパーソンズ、 vicarsとcuratesを読んで、彼らのparishionersを教えるのと同じ" 。 As a result the version in question became universally familiar to the nation, and though the Rheims Testament, in 1581, and King James's translators, in 1611, provided somewhat different renderings of Matthew 6:9-13, the older form was retained for their prayers both by Protestants and Catholics alike.結果として広くなったのバージョンでおなじみの質問に、国は、新約聖書にもかかわらず、ランスは、 1581 1611は、少し違うrenderings提供6:9-13のマシューは、古い形では、彼らのために留保カトリックとプロテスタントの両方の祈りを幅広くご利用いただけます。

As for the prayer itself the version in St. Luke 11:2-4, given by Christ in answer to the request of His disciples, differs in some minor details from the form which St. Matthew (6:9-15) introduces in the middle of the Sermon on the Mount, but there is clearly no reason why these two occasions should be regarded as identical.それ自体としては、祈りの聖ルカ11:2-4バージョンでは、与えられたリクエストに答えて、キリストの弟子は、いくつかのささいな違いは、フォームからの紹介でマタイ( 6:9-15 )の真ん中には、山上の垂訓が、そこは、これら2つの理由がない機会を明確にすべきだと見なされて同じものです。 It would be almost inevitable that if Christ had taught this prayer to His disciples He should have repeated it more than once.ほぼ避けられないことが教えられている場合は、この祈りをキリストの弟子彼はそれを2回以上繰り返されるはずです。 It seems probable, from the form in which the Our Father appears in the "Didache", that the version in St. Matthew was that which the Church adopted from the beginning for liturgical purposes.概よう、フォームからで、私たちの父に表示される"新約聖書"は、バージョンでは、マタイの教会で採択されたことを当初から目的のために典礼。 Again, no great importance can be attached to the resemblances which have been traced between the petitions of the Lord's prayer and those found in prayers of Jewish origin which were current about the time of Christ There is certainly no reason for treating the Christian formula as a plagiarism, for in the first place the resemblances are but partial and, secondly we have no satisfactory evidence that the Jewish prayers were really anterior in date.繰り返しますが、非常に重要なことなしに添付されてきたの類似してトレースの間の嘆願書は、主の祈りとそれらの祈りが発見されたユダヤ人の起源については、現在の時間のないキリストは、確かにそこを治療するための理由として、キリスト教式盗作は、そのためには、第1位との類似部分は、しかし、第二に十分な証拠がない我々の祈りは、ユダヤ人の前で実際に公開された。

Upon the interpretation of the Lord's Prayer, much has been written, despite the fact that it is so plainly simple, natural, and spontaneous, and as such preeminently adapted for popular use.解釈上の主の祈りは、多くの書かれたにもかかわらず、その事実を明らかにすることは簡単なので、自然、そして自然、そしてこのように人気が卓越して使用するために適応します。 In the quasi-official "Catechismus ad parochos", drawn up in 1564 in accordance with the decrees of the Council of Trent, an elaborate commentary upon the Lord's Prayer is provided which forms the basis of the analysis of the Our Father found in all Catholic catechisms.は、準- 1564令に基づき、トレントの評議会は、手の込んだ解説して主の祈りはどのような形式で提供の基盤と分析して私たちの父、すべてのカトリック教徒が見つかりましたcatechisms 。 Many points worthy of notice are there emphasized, as, for example, the fact that the words "On earth as it is in Heaven" should be understood to qualify not only the petition "Thy will be done", but also the two preceding, "hallowed be Thy name" and "Thy Kingdom come".多くのポイントを強調する価値があるとの通知がある、として、例えば、という事実には、 "地球上でそれがインヘブン"の資格を得るに理解しなければならないだけでなく、嘆願書"なたが行われる"と、 2つの先行するだけでなく、 "神聖になたの名前"と"なたの王国来る" 。 The meaning of this last petition is also very fully dealt with.請願書は、この最後の意味でも非常に完全に対応しています。 The most conspicuous difficulty in the original text of the Our Father concerns the interpretation of the words artos epiousios which in accordance with the Vulgate in St. Luke we translate "our daily bread", St. Jerome, by a strange inconsistency, changed the pre-existing word quotidianum into supersubstantialem in St. Matthew but left quotidianum in St. Luke.最も顕著な困難で、元のテキストは、我々の懸念は父の言葉の解釈に基づき、 artos epiousiosウルガタ聖書の中で聖ルカ我々翻訳"我々の日々の糧"は、聖ジェロームは、奇妙な矛盾によっては、事前に変更-既存の単語をquotidianumマタイsupersubstantialemで左quotidianumしかし、聖ルカです。 The opinion of modern scholars upon the point is sufficiently indicated by the fact that the Revised Version still prints "daily" in the text, but suggests in the margin "our bread for the coming day", while the American Committee wished to add "our needful bread".現代の学者の意見を十分には、その点で示されるという事実に、改訂版まだ版画"毎日"には、テキストではなく縁からわかるとおり、 "我々のパンのため、今後の日"は、追加を希望している間、アメリカの委員会で"我々のニードフルパン" 。 Lastly may be noted the generally received opinion that the rendering of the last clause should be "deliver us from the evil one", a change which justifies the use of "but" in stead of "and" and practically converts the two last clauses into one and the same petition.最後かもしれないとの意見によると、通常のレンダリングを受け取ったの最後の節をしなければならない"悪から私たちを配達する"と、変更を正当化するのに使用する"ではなく"の代わりに"と"と事実上、最後の2つの節に変換する1つの請願書と同じです。 The doxology "for Thine is the Kingdom", etc., which appears in the Greek textus receptus and has been adopted in the later editions of the "Boo of Common Prayer", is undoubtedly an interpolation.この頌栄"は、ザイン王国"など、ギリシャの公認本文に表示されて採択されましたが、それ以降のエディションの"ブーの共通の祈り"は、確かには、補間。

In the liturgy of the Church the Our Father holds a very conspicuous place.典礼教会では、私たちの父は、非常に目立つ場所に保持しています。 Some commentators have erroneously supposed, from a passage in the writings of St. Gregory the Great (Ep., ix, 12), that he believed that the bread and wine of the Eucharist were consecrated in Apostolic times by the recitation of the Our Father alone.いくつかの解説者が誤って仮定は、通路からは、偉大な記述聖グレゴリー( ep. 、 9世、 12 )は、彼が考えられていたパンやワインの聖体聖体拝領では、朗読された使徒回私たちの父一人です。 But while this is probably not the true meaning of the passage, St. Jerome asserted (Adv. Pelag., iii, 15) that "our Lord Himself taught His disciples that daily in the Sacrifice of His Body they should make bold to say 'Our Father' etc."だが、これは恐らく、真の意味のない通路は、聖ジェロームアサート( adv. pelag 。 、 3世、 15 )は"私たちの主ご自身を教え、弟子を犠牲にして、毎日のように自分の体をしなければならないと言って大胆な'私たちの父'等" St. Gregory gave the Pater its present place in the Roman Mass immediately after the Canon and before the fraction, and it was of old the custom that all the congregation should make answer in the words "Sed libera nos a malo".聖グレゴリーペイターは、現在の場所で、大量の直後にローマキヤノンや分数の前にもかかわらず、それが、昔のカスタムは、すべての答えは、言葉にしなければならない集会"をマロnosセッドリベラ" 。 In the Greek liturgies a reader recites the Our Father aloud while the priest and the people repeat it silently. recites読者には、ギリシャのliturgies声を出している間、私たちの父住職黙々と人々を繰り返すことです。 Again in the ritual of baptism the recitation of the Our Father has from the earliest times been a conspicuous feature, and in the Divine Office it recurs repeatedly besides being recited both at the beginning and the end.再び洗礼の儀式の朗読は、私たちの父は、太古の時代からずっと目立つ特徴は、オフィスとは、神の再発を繰り返すことに加えていると、冒頭の両方を読誦終わりです。

In many monastic rules, it was enjoined that the lay brothers, who knew no Latin, instead of the Divine office should say the Lord's Prayer a certain number of times (often amounting to more than a hundred) per diem.禁欲的なルールの多くは、それは、レイ兄弟加味して、誰を知っていたラテン語ない代わりに、その神の事務所によると、主の祈りは、特定の数の倍(しばしば総額は100人を超える)の日当です。 To count these repetitions they made use of pebbles or beads strung upon a cord, and this apparatus was commonly known as a "pater-noster", a name which it retained even when such a string of beads was used to count, not Our Fathers, but Hail Marys in reciting Our Lady's Psalter, or in other words in saying the rosary.これらを使用する前に数回繰り返されて彼らの小石やひもに通したビーズには、この装置とは、よく知られているとして、 "ペイター- noster "は、名前を保持することでもこのようなときに使用される文字列をカウントするのは、ビーズではなく、私たちの祖先が、聖母マリアの雹marysで暗唱psalter 、あるいは言い換えれば、このロザリオと言っています。

Publication information Written by Herbert Thurston.ハーバートサーストンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Tomas Hancil.トマーシュhancil転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.カトリック百科事典は、ボリューム9世です。 Published 1910.日付1910 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認は、 10年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Society of Friends (Quakers) 社会の友達(クエーカー教)

Book of Common Prayer 祈祷書

Rosary ロザリオ

Prayer 祈り


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです