Millennialism千年王国

Millenarianism千年王国

General Information 総合案内

In its narrowest sense millenarianism refers to belief in the Second Coming Of Christ and the establishment of his kingdom on earth as predicted in the Book of Revelation. More generally, the term refers to any religious movement that prophesies the imminent destruction of the present order and the establishment of a new order, usually reversing the relative status of the oppressed and the oppressor. 至福千年のくびれた感覚を信じることを指しますキリストの再臨の彼の王国の確立と予測としては、地球上で書籍の啓示です。もっと一般的には、その用語を指しますprophesiesいかなる宗教的な運動をして、現在の秩序の破壊と差し迫った新秩序の確立は、通常の相対的地位の逆転の抑圧と迫害者です。

Christian millenarian beliefs were derived from Jewish apocalyptic traditions current in the centuries before and after Jesus Christ.キリスト教の信仰は千年の伝統から派生したユダヤ人の終末論的世紀にもわたって現在の前と後には、イエスキリストです。 Some scholars have, in fact, suggested that in its origins Christianity was related to such millenarian groups as the Essenes.いくつかの学者が、実際には、キリスト教と示唆して、その起源は、千年のグループとして、このように関連しエッセネ派です。 As Christianity developed into a stable community in the centuries after Jesus, millenarian activity became primarily a fringe movement, associated with such reform movements as Montanism and, in the 13th and 14th centuries, Joachimism and radical Franciscan movements.キリスト教社会の安定版として開発が進んで、イエスは、数世紀後には、千年の主な活動は、フリンジの動きは、このような改革の動きとしてモンタヌス関連付けられていると、 13日と14日には、世紀にもわたって、フランシスコ会joachimismや過激な動きだ。 With the upheavals brought on by the Reformation in the 16th century, millenarianism increased and was found, for example, among the Anabaptists.動乱をして改革によってもたらされたのは16世紀には、至福千年の増加が見つかったとは、例えば、うちanabaptists 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In the 18th century, Independents in England (for example, Joseph Mede) and Pietists in Germany advocated millenarian views.は、 18世紀には、無所属でイングランド(たとえば、ジョセフmede )とpietists千年のドイツの景色を提唱した。 Among contemporary Protestant groups believing in the millennium are the Seventh Day Adventists, the Christadelphians, the Jehovah's Witnesses, and the Plymouth Brethren.現代のプロテスタント信者の間では、ミレニアムグループは、 7日間のadventists 、 christadelphians 、エホバの証人のは、同胞とのプリマス。 Most millenarians believe that the millennium will follow the Second Coming; some, however, have defined the millennium as a period of progressive improvement in the world that will culminate in the Second Coming.最もmillenariansに従っていると思われるが、ミレニアムの再臨;いくつかは、しかし、ある期間の定義として、ミレニアムの漸進的向上を積み上げることが、世界で2番目の登場してきます。

Bibliography 文献情報
M Barkum, Disaster and the Millennium (1986); K O L Burridge, New Heaven, New Earth: A Study of Millenarian Activities (1969); N Cohn, The Pursuit of the Millennium (1970); J W Davidson, The Logic of Millennial Thought: Eighteenth Century New England (1977); R A Doan, The Miller Heresy: Millennialism and American Culture (1987); D L Russell, The Method and Message of Jewish Apocalyptic, 200 BC - AD 100 (1964); A Taylor, Visions of Harmony: A Study in 19th Century Millenarianism (1987); T P Weber, Living in the Shadow of the Second Coming: American Premillennialism, 1875 - 1925 (1979). barkum mには、災害や、ミレニアム( 1986 ) ; kol burridge 、新しい天国、新しい地球:千年の活動を研究する( 1969 ) ;なしコーン氏は、ミレニアムの追求( 1970 ) ; jwデビッドソンは、 1000年間の論理思考: 18世紀ニューイングランド( 1977 ) ;ラードアンは、ミラー異端:アメリカ文化と至福千年( 1987 ) ; Dlのラッセルは、ユダヤ教の終末論的方法やメッセージのは、紀元前200 -広告1 00( 1 964) ;するテイラーは、調和のビジョン:至福千年19世紀の研究( 1987 ) ; TPのウェーバーは、影の下に住んでいるの再臨:アメリカの前千年王国説、 1875 -1 925( 1 979) 。


Millenniumミレニアム

General Information 総合案内

Introduction導入

A millennium is a period of 1,000 years.期間は、 1000年のミレニアム。 The word millennium is derived from the Latin words mille, which means "thousand," and annus, "years."ミレニアムという言葉は、ラテン語から派生した言葉ミルで、つまり" 1000 " 、および年は、 "年"と述べた。

In various Christian doctrines, millennium refers to a 1,000-year period foretold in the Bible's Book of Revelation, involving the apocalypse (the end of the world) and the reign of Jesus Christ on earth.様々なキリスト教の教説は、 1000年のミレニアムを指します期間前から予報では、聖書のヨハネの黙示録の本は、事件の黙示録(世界の終わり)と、地球上でイエスキリストの治世。 The concept of the millennium is not only associated with Christian thought, however.その概念は、キリスト教のミレニアムに関連付けられて考えただけではない、しかし。 Many cultures of the world have similar beliefs about the imminent transformation or end of the world and the creation of an age in which human suffering and violence will be eliminated.多くの文化は、世界にも同様の信念については、差し迫った変換またはエンドオブザワールドとの創造の時代に人間の苦悩と暴力で排除される。 Thus, Western scholars commonly use the term millennium to refer generally to any new age of holiness, harmony, and earthly perfection. Similarly, the word millennialism is used to describe beliefs about an imminent apocalypse, the salvation of the world, or the creation of an earthly paradise.したがって、 西洋の学者の共通項を使用して任意のミレニアムを参照して新しい時代のホーリネス通常、ハーモニー、そしてこの世で完ぺきです。同様に、その信念を表す言葉が使用されて至福千差し迫った黙示録については、救済の世界、あるいは創出この世の楽園です。 Such beliefs have existed throughout history and are still held by millions of people today.東西古今を問わず、そのような信念が存在する何百万人もの人々がまだ保有している。

The year 2000 had sparked widespread feelings that something monumental was going to occur with the flip of the calendar page.広範な感情を持つきっかけは、 2000年は何か途方もないことだったんですが発生してフリップには、カレンダーのページです。 Although the year 2000 is a subjective marking of the passage of time, in popular culture it has enormous symbolic and conceptual power.にもかかわらず、 2000年は、主観的なマーキングは、時間の経過、それには莫大な大衆文化の象徴と概念的な電源です。 For many people, it represents a pivotal moment in history, a time to reflect on the past thousand years or imagine a thousand years to come.多くの人々にとって、それは、歴史上の重要な瞬間に、時間を反映して、過去千年か1000年に来ると想像します。

For the past several hundred years, people in Western cultures have marked time in terms of 10-year periods (decades) and 100-year periods (centuries).は、過去数百年間、人々は西洋文化の面では著しい時間10年間の期間(十年)と100年の歴史にピリオド(世紀) 。 Westerners tend to associate eras with decades and centuries.西洋人が多い時代に関連付けることを何十年と世紀にもわたっている。 For example, many Americans think of the 1920s as the Roaring Twenties, and they frequently associate the 1960s with protests and social activism.たとえば、多くのアメリカ人が考えるの狂騒の1920年代と1920年代には、頻繁に関連付けると彼らは1960年代に社会運動と抗議した。 Many people attach special significance to years that end in a zero, because these years seem to signal a transition from one era to another.多くの人々が特別な意味を添付して最後には、ゼロから数年、年間ように見えるため、これらの信号を1つの時代からの移行を別のです。 A year that ends in triple zeros, then, suggests an even greater change.一年で終わるトリプルゼロは、その後、さらに大きな変化を示唆した。 Thus, the year 2000 had evoked hope for transformation and the birth of a new age, as well as fears about potential global catastrophes.したがって、 2000年までには希望を誘発形質転換と新しい時代の誕生だけでなく、潜在的な地球規模の災害への不安だ。

Dating the Millenniumデートのミレニアム

Although January 1, 2000, was popularly celebrated as the beginning of the 3rd millennium, there are differing beliefs about when the new millennium actually began.にもかかわらず2000年1月1日、通俗的には第3回の先頭として祝わミレニアムでは、異なる信念については、ニューミレニアムの時に実際に始めた。 The Western dating of the millennium is based on the Gregorian calendar, which is the most globally recognized system for marking the passage of years.西洋の出会い系は、グレゴリオ暦に基づいて、ミレニアムは、世界的に認められたが、ほとんどのシステムをマーキング年間の通過。

According to the Gregorian calendar, the millennium did not begin until January 1, 2001.グレゴリオ暦によると、ミレニアムしなかった開始されるまでの2001年1月1日です。 The Gregorian calendar follows the AD (Latin anno Domini, "in the year of our Lord") system introduced by Christian monk Dionysius Exiguus in the 6th century AD.以下の通り、グレゴリオ暦の広告(ラテン語寄る年波は、 "わたしたちの主は、 1年間の" )システムを導入したキリスト教の修道士ディオニシウスExiguusにより、 6世紀の広告です。 The AD system counts time from the year Jesus Christ was born.時間のカウントからの1年間の広告システムイエスキリストが生まれた。 Dionysius dated Jesus' birth in the year AD 1 rather than in AD 0, because Roman numerals, which were still in use, had no symbol for zero.ディオニュシオス日付イエスの誕生は、 1年間の広告ではなく、広告の0 、ローマ数字のため、現在も使用された、シンボルがなかったため、ゼロです。 In this dating system, each century begins with a year ending in 01 and ends with a year ending in 00.出会い系で、このシステムは、各世紀に始まると、 1年で終わる01年に終了すると、末尾が00 。 For example, the 19th century began in 1801 and ended in 1900.たとえば、 19世紀に終わった1900年と1801年に始まっている。 Therefore, December 31, 2000, ended the old millennium, and January 1, 2001, marked the start of the new millennium in this dating system.したがって、 2000年12月31日、旧ミレニアム終了し、 2001年1月1日、マークのスタートは、この新しい千年紀の出会い系システムです。

Some people believe the new millennium, as marked by the birth of Jesus, began several years earlier than 2001.いくつかの人々は、新しい千年紀は、イエスキリストの誕生としてマークされ、 2001年よりも数年前から始まった。 According to many scholars, Dionysius made various errors in calculating Jesus' birth date.多くの学者によると、さまざまなエラーが算定ディオニュシオス前にイエスの誕生日です。 Historical evidence indicates that Jesus was actually born in 4 BC or earlier.歴史的な証拠を示して、イエスは、実際は紀元前4またはそれ以前の生まれです。 As a result, the 2,000-year anniversary of the birth of Jesus may have occurred sometime in the 1990s.その結果、 2000年の記念日イエスキリストの誕生は、 1990年代のいつかが発生した可能性がある。

Other people believe that the change to the new millennium lasts a period of 33 years, corresponding to the life span of Jesus.他の人々に変化していると思われる、ニューミレニアムの持続期間は33年間で、イエスキリストの寿命に対応しています。 According to some historians, the year 1033 - regarded by many people as the 1,000-year anniversary of Jesus' death - resulted in widespread millennial fervor in which people made pilgrimages to Jerusalem and anticipated the destruction or renewal of the world.いくつかの歴史学者によると、 1033年-多くの人々と見なすことによって周年記念として、 1 000年のイエスの死-結果、広範囲にわたる千年前の人々の熱気でp i lgrimagesエルサレムと予想して、世界の破壊または更新します。 Some people have predicted that the year 2033 [or maybe 2029, due to Dionysius' errors] will have millennial significance as well and will be viewed as the date that marks the beginning of the new millennium.いくつかの人々が予測され、 2033年1年間[ないし2029年、ディオニュシオスのために'エラー]は、 1000年間の意義もあるとされる日付と見なされることは、新しい千年紀の始まりマルク。

About two-thirds of the people in the world use religious or ceremonial calendars in addition to the Gregorian calendar.約3分の2を使用するのは、世界の人々や宗教儀式に加えて、グレゴリオ暦のカレンダーです。 For example, January 1, 2000, on the Gregorian calendar was the year 1420 on the Islamic calendar, 5760 on the Jewish calendar, and 4697 on the Chinese calendar.たとえば、 2000年1月1日には、グレゴリオ暦は、 1420年には、イスラム暦、ユダヤ暦は、 5760年、 4697年とは、中国語のカレンダーです。 However, even people who use these other calendars are aware of the global significance of the Gregorian calendar years 2000 and 2001.しかし、これらの人でさえ、他のカレンダーを使用するには世界的な重要性を認識し、 2000年と2001年のグレゴリオ暦年間です。

Religious and Mystical Beliefs神秘的な宗教上の信念と

Millennialist beliefs are not only related to the turn of the millennium. millennialist信念だけではない千年の変わり目に関連している。 Since the beginning of human history, people in nearly every society have told sacred stories about worldly destruction, the regeneration of the earth, and the creation of a terrestrial paradise.人類の歴史始まって以来、ほぼすべての人々の話を世俗社会といわれる神聖な破壊は、地球の再生、創出すると地上の楽園です。 Scholars have documented these types of stories from Zoroastrian, Babylonian, Hindu, Buddhist, Islamic, Greek, Roman, Norse, African, Maya, and Native American cultures.文書の学者たちがこのような種類のゾロアスター教の話から、バビロニア、ヒンドゥー教、仏教、イスラム教、ギリシャ語、ローマ、北欧、アフリカ、マヤ、およびネイティブアメリカンの文化です。

Millennialist ideas are concerned with the destiny and destruction of the world, the end of time, the end of evil and suffering, and the creation of a perfect age.アイデアはmillennialistと破壊を心配して、世界の運命は、時間の終わりには、悪と苦痛の終わりには、完璧な年齢の創出とします。 Millennialist belief systems have an enduring appeal because they assert that there is an underlying plan for history, that human existence is meaningful, and that a new world of peace and justice will be created.揺るぎない信念を持ってmillennialistシステムがあることを主張するためにアピールするための基礎的計画の歴史は、人間の存在は、有意義なこと、として、新しい世界の平和と正義が作成されます。

Book of Revelationヨハネの黙示録の本

In the Christian Bible, the concept of the millennium is introduced toward the end of the Book of Revelation (sometimes called the Apocalypse).キリスト教の聖書では、ミレニアムの概念が導入されれば、その本の端に向かって啓示(黙示録と呼ばれる) 。 According to Revelation 19:11-21, 20:1-10, and other passages, Jesus Christ will return to earth and defeat Satan at the battle of Armageddon ( Second Coming ). 19:11-21ヨハネの黙示録によると、 20:1-10 、およびその他の通路は、イエスキリストが地球に帰還するとの戦いは、悪魔の敗北アルマゲドン( 再臨 ) 。 Christ will then throw Satan into a bottomless pit for 1,000 years and will reign during this millennium of peace on earth.キリストは、その後に奈落の底に悪魔を投げるためには、 1000年と平和の治世中に、この地球上でミレニアム。 However, at the end of those 1,000 years, Satan and the forces of evil will rise up to do battle with Christ once again.しかし、それらの1000年の終わりには、悪魔と悪の勢力との戦いは、キリストを行う立ち上がる再びです。 In this final battle, Christ will defeat Satan forever and throw Satan into a lake of fire to suffer eternal torment.この最終戦では、キリストは、永遠に敗北悪魔と悪魔を投げるには、湖の火を永遠の苦痛に苦しむ。 God will then resurrect all human beings and judge them according to their beliefs and actions.次に、すべての人間は神の復活と裁判官によると、自分の信念や行動をしています。 This event is often referred to as the Last Judgment. According to Revelation, God will give the righteous people eternal life in paradise and will send the evil ones to hell.このイベントは、 最後の判断と呼ばれることしばしばです。ヨハネの黙示録によると、神の正義の人々は永遠の命を与えるのでは、天国と地獄を送信する邪悪なものです。

Types of Christian Millennialism至福千種類のクリスチャン

The concept of the millennium and the apocalypse referred to in Revelation has been an important part of certain Christian sects, but it has held less significance for most Roman Catholic and Protestant groups. Believers in Christian millennialism differ about when Christ will return to earth, how the millennium will start, and the nature of the millennium. その概念は、参照されてミレニアムと黙示録のヨハネの黙示録てきたキリスト教の宗派の特定の重要な部分であるが、それはあまり意味がほとんど行われたローマカトリックとプロテスタントのグループです。至福千年キリスト教信者で、キリストの違いについては、地球に帰還する際に、どのようにミレニアムが開始され、自然のミレニアム。 The three major types of Christian millennialism are premillennialism, postmillennialism, and amillennialism.キリスト教の3つの主要な種類の至福千年前千年王国説は、後千年王国、およびamillennialism 。

The Year 1000 1000年

In studying the various forms of millennialism, historians have debated whether people recognized the turn of the millennium around the year 1000.至福千年、さまざまな形で勉強したいとは、歴史家の人々が認識するかどうか議論の変わり目1000年、ミレニアムの周りです。 Some scholars believe that an apocalyptic fever had gripped Europe by the year 999.学者と思われるいくつかの終末論的熱ヨーロッパでは、年間999捕らえています。 According to these scholars, many people converted to Christianity, stopped planting their crops, confessed their sins, and forgave each other their debts.これらの学者によると、多くの人々をキリスト教に変換さは、彼らの作物を植え停止は、自分の罪を告白し、お互いに自分の借金を許しています。 Others abandoned their families to make pilgrimages to Jerusalem in hope of witnessing the Second Coming of Christ, or they knelt in church in terror as they anticipated an apocalypse.他人を捨て、家族を作るpilgrimages witnessingエルサレムの希望を持って、キリストの再臨の時、あるいは彼らkneelの過去過去分詞教会でのテロとしては、かれらの予想の黙示録。

However, most historians argue that the accounts of millennial hysteria are the romantic concoctions of overly imaginative writers.しかし、大半の1000年間の歴史と主張して、アカウントの過度の調合ヒステリーには、ロマンチックな想像力豊かな作家です。 These historians note that the doctrines of the Catholic Church at the end of the 1st millennium were opposed to any teachings about imminent apocalypse. Furthermore, most people living in the years 999 and 1000 were not even aware that it was the end of the 1st millennium. However, there is considerable historical evidence that after the year 1000, millennialism became more widespread.これらの歴史学者に注意してカトリック教会の教説は、 1日の終わりには、ミレニアムが差し迫ったに反対して任意の黙示録について教えています。 また、ほとんどの人は999と1000年に住んでいるのも承知していなかったことが、 1日の終わりにミレニアムしかし 、かなりの歴史的な証拠があるが、 1年後の1000 、至福千年より広範囲になった。 It gained followers during the Crusades (wars between Western European Christians and Muslims that began in 1095) and throughout the latter part of the Middle Ages.信者の中にそれを得た十字軍(西ヨーロッパのキリスト教徒とイスラム教徒の間で戦争が始まった1095 )で、後者は、中世の部分です。

Contemporary Religious and Mystical Beliefs神秘的な宗教上の信念とコンテンポラリー

Today many mainline religious organizations reject the concept of an apocalypse or a Christian millennium.本線の今日では、多くの概念を拒否する宗教団体やキリスト教の黙示録ミレニアム。 However, millennialist beliefs are still integral to the worldviews of some denominations of Protestantism.しかし、信念millennialist積分にはまだいくつかの教派のプロテスタントworldviews 。 For example, a number of Evangelical denominations hold premillennialist beliefs, including the Southern Baptist Convention, the Assemblies of God, and the Church of the Nazarene (see Evangelicalism).たとえば、数多くの福音派の宗派premillennialist信念を開くなど、南部バプテスト協議会は、議会の神、そしてナザレの教会(福音主義を参照してください) 。 Many members of these and other Evangelical denominations claim that recent wars, plagues, famines, and earthquakes are signs that an apocalypse is imminent and that Christ will return.これらおよびその他のメンバーの多く最近の福音派の宗派戦争を主張して、災害、飢餓、および地震が差し迫っている兆しがあるとしてキリストの黙示録が返されます。 According to these groups, the world will experience a seven-year period of misery and massive destruction, but Christians will be removed from the Earth unharmed.これらのグループによると、世界では、 7年間の期間を経験する大規模な破壊の悲惨さとは、キリスト教徒が無傷で、地球から削除される。 [This involves the concept of "the Rapture".] [この関係"をコンセプトに、ラプチャー"です。 ]

Adventism is another Protestant branch that holds millennialist views (see Adventists).再臨説は、プロテスタントの分岐して別の見方を保持millennialist ( adventistsを参照してください) 。 Adventist groups grew out of the religious Millerite movement, led by American Baptist preacher William Miller, who predicted that the world would end by 1843 or 1844.アドベンチスト針ニッケル鉱グループの成長率のうち、宗教的な動きは、米国バプテスト説教師が率いるウィリアムミラー氏は、世界の見方が終了した1843または1844 。 After his predictions proved false, some disenchanted Millerites formed into various Adventist groups, such as the Seventh-day Adventists. Adventists maintain that various apocalyptic predictions have been fulfilled and that Christ will return in the near future. The Seventh-day Adventists assert that an invisible, spiritual apocalypse occurred in 1844 with the "cleansing of heaven," and they believe that it will eventually be followed by world destruction in which only the faithful will be saved.彼の予測に虚偽を証明した後、いくつかのグループに幻滅millerites形成をさまざまなアドベンチストのように、 7日間のadventists 。 adventists維持してきたことに満足して様々な終末論的予測して、近い将来、キリストが返されます。 adventists主張して、 7日間の目に見えない、精神的な黙示録1844が発生して"天のクレンジングは、 "かれらを信じることが最終的に次いで世界で破壊されるだけ忠実に保存されます。

Jehovah's Witnesses, another group formed from the Millerite movement, claim the spiritual, invisible Second Coming of Christ occurred in 1874 and that Christ's invisible reign started in 1914.エホバの証人のは、別のグループ結成から針ニッケルの動きは、精神的なクレームは、目に見えないキリストの再来と1874が発生して目に見えないキリストの治世は1914年に始まった。 The group believes an apocalypse will come in the near future.同グループの黙示録が来ると信じて、近い将来です。 The religious group's founder, Charles Taze Russell, declared that the fulfillment of Christ's millennial kingdom would be completed only after the foreordained destruction of nations, governments, churches, and world leaders, all of which Russell considered representations of Satan's rule.宗教グループの創業者、チャールズテーザー銃を発射するラッセルは、キリストの履行を宣言して千年王国が完了した後にのみ、破壊foreordained国は、政府、教会、そして世界の指導者は、すべての考えを表明ラッセルの悪魔のルールです。 The Jehovah's Witnesses rejected formal religious and governmental organizations, and they developed the practice of door-to-door evangelism in an attempt to convert nonbelievers.正式に拒否された、エホバの証人の宗教や政府機関は、かれらが開発、実践の福音主義で戸別に変換する試みnonbelievers 。

Millennial beliefs are also an important part of the theology of the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, better known as Mormonism.千年もの信仰の重要な部分である教会の神学の末日聖徒イエスキリストは、モルモン教としてよく知られています。 The religion was founded by Joseph Smith in 1830.ジョセフスミスの宗教が設立されたのは1830です。 Smith claimed an angel told him that Christ's Second Coming was imminent, and Smith believed he had been chosen to prepare humanity for the millennium.スミス天使は彼に言われたと主張してキリストの再臨が差し迫って、スミスと考えられていた人類のために準備され、ミレニアムに選ばれた。 According to Smith's visions, the millennial kingdom will be established in the United States.スミス氏のビジョンによると、千年王国は、米国に設立される。 Today, Mormonism does not stress millennialism as much as it did in the past.今日では、モルモン教至福千年と同じくらいのストレスはない、それは、彼が過去にした。 However, many Mormons interpret some world events as the fulfillment of prophecies that foretell an apocalyptic period.しかし、多くのモルモン教の解釈として、いくつかの世界の出来事を予言する黙示録的な履行期間を予言しています。

Many other contemporary religious groups have millennialist views.現代の宗教団体が他の多くの意見をmillennialist 。 These include the Unification Church, Hare Krishna, Baha'i, Rastafarianism, and other religious movements.これらは、統一教会は、ハーレクリシュナ、バハイ教、 rastafarianism 、およびその他の宗教的な動きだ。 Millennialist prophecy, once central to the early Jewish faith, continues today among members of the Chabad Lubavitch movement, an Orthodox Hasidic sect of Judaism. millennialist予言は、ユダヤ教の信仰を早期に1回中央には、会員との間で続けchabad lubavitch今日の動きは、正統派ユダヤ教の宗派ハシド。 In the late 1980s and early 1990s many followers of Rabbi Menachem Mendel Schneerson of Brooklyn, New York, believed that he was the Messiah who would bring about the redemption of the world. 1980年代後半から1990年代初めにかけては多くの信者のラビメナヘムメンデルのschneerson 、ニューヨークのブルックリンには、救世主と信じていた人たちは、世界の償還をもたらす。 Schneerson never claimed to be the Messiah, but he interpreted current events as apocalyptic signs that foretold the Messiah's appearance in the near future.救世主schneerson決して公言されて、現在のイベントとして解釈さしかし、彼は絶望的な兆候が、救世主の出現前から予報で、近い将来です。

Millennialist beliefs also exist at a grassroots level as a form of popular or folk belief, apart from the sanction of formal religious institutions.信念millennialist草の根レベルでも存在の一形態としての人気や民俗信仰、宗教離れの制裁の正式な機関です。 For instance, there is popular interest in the apocalyptic predictions of Nostradamus, a 16th-century French physician and astrologer, and Edgar Cayce, an American who lived in the early 20th century and claimed to have psychic and healing abilities.たとえば、人気の高い関心があるが、ノストラダムスの終末論的予測は、 16世紀のフランスの医師や占星、エドガーケイシーとは、アメリカに住んで、 20世紀初頭の精神と治癒能力を持つと主張した。 Some people also believe that alleged apparitions of the Virgin Mary warn of imminent worldly destruction. apparitions人もいると思われるいくつかの疑惑があると警告するのは、聖母マリアに差し迫った世俗的破壊です。

Recent Millennialist Movements最近の動きをmillennialist

Apocalyptic and millennialist movements not affiliated with established religious institutions are often depicted in stereotypical ways as doomsday cults, involving violent activities, mass suicides, and "brainwashed fanatics" with bizarre beliefs. millennialist終末論や宗教的な機関の設立の動きに所属していないことが多いような方法で描かれる世界終末cults固定観念には、暴力的な活動に関与、大量の自殺、そして"洗脳狂信者"と奇妙な信念です。 Of the hundreds of contemporary millennialist groups that exist, relatively few movements have been motivated to acts of violence or suicide.現代は、何百人ものmillennialistグループの数が存在し、比較的少数の動きが暴力行為や自殺の動機としています。 But there have been some exceptions in recent years, including apocalyptic groups such as the Branch Davidians, Aum Shinrikyo, and Heaven's Gate.しかし、いくつかの例外はあるが、近年、同支店などを含むグループの終末論的davidians 、オウム真理教、そして天国の門です。

Although these groups differ in their doctrines, aspects of their belief systems share certain common ideas.これらのグループは、教説の違いにもかかわらず、自分の信念の側面を共有するシステムの特定の共通の考えだ。 These ideas include a sense of fatalism for a world regarded as completely evil and doomed, and a desire for planetary escape and salvation.これらのアイデアには、運命論は、世界の感覚を完全に悪と見なされて消える運命には、惑星とする欲望を逃れるために、救いだ。 Some people predict that the dawning of the 3rd millennium may motivate other apocalyptic groups with similar beliefs to embrace and enact violent scenarios as well.夜明けを予測していくつかの人々は、他の終末論的動機5月3日にミレニアムグループと、似たような信念を受け入れると暴力的なシナリオとして成立させるでしょう。

Secular Attitudes世俗的な態度

Until recently, most people believed that an apocalypse would involve deities or divine forces.つい最近まで、ほとんどの人々に信じられている神々や神の啓示は、軍の関与です。 However, during the 20th century, more people developed secular theories about an apocalypse.しかし、 20世紀の間に、より多くの人々が開発の理論については、世俗の黙示録。 Some believe the world will end due to nuclear warfare, new technologies, environmental destruction, epidemic diseases, global famine and overpopulation, or an Earth collision with a large asteroid or comet.最後には、いくつかの世界と思われる核戦争のために、新しい技術、環境破壊、病気の流行は、地球規模の飢饉と過剰、または地球と衝突して大規模な小惑星や彗星です。 Secular beliefs about inevitable societal destruction reflect a sense of helplessness, despair, or fatalistic resignation.世俗社会の破壊を反映する信念については避けられない無力感、絶望感、あるいは宿命論辞任した。

The creation of nuclear weapons in particular has fundamentally altered contemporary apocalyptic thought, evoking widespread fatalism about the future of humanity.特に核兵器の創出が根本的に変化した現代の終末論的思考、 evoking人類の未来については、広範な運命論です。 When the United States dropped atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki, Japan, in August 1945, the event initiated an era of fear about global destruction.落ち込んだときに、米国は広島と長崎の原爆は、日本では、 1945年8月には、イベントの開始については、地球規模の破壊を恐れるの時代です。 Despite the end of the Cold War, concerns about the possibility of nuclear annihilation persist today, stemming from fear that nuclear weapons will be developed and used by hostile nations or extremist organizations.冷戦の終結にもかかわらず、核による全滅の可能性を懸念根強く今日では、核兵器から生じる恐れがあるとされる先進国または敵対的過激派組織で使用される。

Specific secular beliefs about catastrophe occurring at the beginning of 2000 were associated with what was known as the year 2000 computer problem, the Y2K problem, or the millennium bug.世俗的な信条について具体的大惨事が発生し、 2000年の初めに何が関連付けられているコンピュータの問題として知られ、 2000年、 2000年問題、あるいは、ミレニアムのバグです。 Many [older] computers were programmed to recognize the year by the last two numbers of the year instead of by all four digits.多くの[古い]を認識しているコンピュータがプログラムされたオブザイヤーの最後の2つの数字の代わりに、すべての4桁の数字です。 On January 1, 2000, these computers registered the year as the digits 00.して2000年1月1日、これらのコンピュータ桁の数字として、 00年に登録されます。 Computers that had not been fixed, understood these digits as representing the year 1900 and generated some error messages or shut down.コンピュータが固定されていないが、これらの理解を表す数字として、 1900年に発生したいくつかのエラーメッセージまたはシャットダウンしています。 Some people believed that many computer systems worldwide would crash when the date changed from 1999 to 2000.いくつかのコンピュータシステムの全世界の多くの人々が信じられているときにクラッシュする日が変更されました1999〜2000 。 They feared these computer crashes would spark economic, political, and social catastrophes that would involve the malfunction of missile systems, hospital equipment, satellites, air transportation, and other major technologies.これらのコンピュータがクラッシュする恐れがかれらの火付け役経済的、政治的、社会的な災害や誤動作を侵すことのミサイルシステムでは、病院の設備は、人工衛星、航空輸送、およびその他の主要な技術です。

Daniel N Wojcikダニエルwojcikなし


Views of the Millennium意見は、そのミレニアム

Advanced Information 高度情報

The word "millennium" is derived from the Latin for a thousand (at times the word "chiliasm" taken from the Greek and meaning the same thing is used).その言葉"ミレニアム"とはラテン語由来は、 1000 (時の言葉" 1000年至福"のギリシャ語から取ったと同じものが使用されての意味) 。 It denotes a doctrine taken from a passage in Revelation (20:1 - 10) in which the writer describes the devil as being bound and thrown into a bottomless pit for a thousand years.それを表しますドクトリンで通路から取らヨハネの黙示録( 20時01 -1 0)で、悪魔のような作家にとらわれずに説明して奈落の底に投げ込まれるとは、 1 000年です。 The removal of Satanic influence is accompanied by the resurrection of the Christian martyrs, who reign with Christ during the millennium.悪魔の除去に影響を与えるのは、キリスト教の復活が添付されて殉教、キリストの中で、ミレニアムの人の治世。 This period is a time when all of humankind's yearning for an ideal society characterized by peace, freedom, material prosperity, and the rule of righteousness will be realized.この期間は、全人類の時期にあこがれを特徴とするための理想的な社会の平和、自由、繁栄の材料は、規則に背くと、実現される。 The vision of the OT prophets who foretold a period of earthly prosperity for the people of God will find fulfillment during this era. ot預言者たちのビジョンは、前から予報期間の繁栄のためにこの世の人々の中に神は、この時代の充足感を見つける。

Millennialism addresses problems that are often overlooked in other eschatological views.至福千年のアドレスの問題については、他の終末論の景色をしばしば見落とされる。 Although most Christian theologians discuss death, immortality, the end of the world, the last judgment, the rewards of the just, and the punishment of the damned, they often limit themselves to the prospects for the individual in this world and the next.キリスト教神学者の死について話し合うものの、大半は、不死は、エンドオブザワールドは、最後の判断は、その報酬は、ちょうど、懲罰オブザヴァンパイアとは、自らを制限してしまうことが多いため、個々の見通しで、この世界と、次のです。 In contrast, millennialism is concerned with the future of the human community on earth. It is concerned with the chronology of coming events just as history is involved with the study of the record of the past.対照的に、 至福千年の将来を心配しては、地球上で人間のコミュニティです。それは今後のイベントに携わっているのと同じように歴史年表がかかわって勉強して、過去の記録を更新した。

Millennialism has appeared within both Christian and non Christian traditions.至福千年内の両方が登場したキリスト教とキリスト教以外の伝統だ。 Anthropologists and sociologists have found millennialist belief among non Western people, but they have debated as to whether or not these appearances of the teaching are based upon borrowing from the teaching are based upon borrowing from Christian preaching.人類学者や社会学者は信念が見つかりましたmillennialist非西洋の人々の間で、かれらが議論をしていないかどうかを教えることは、このような外見からの借入に基づいて教えることは、キリスト教の説教からの借入に基づいています。 Most Christian theologians believe that millennialism is based on material written by Judeo Christian authors, especially the books of Daniel and Revelation.至福千年のほとんどは、キリスト教神学に基づいていると思われる材料によって書かれたユダヤキリスト教の作者は、特にダニエルとヨハネの黙示録の書籍です。 The ideas, events, symbols, and personalities introduced in these writings have reappeared countless times in the teachings of prophets of the end of the world.そのアイデア、イベント、シンボルは、これらの記述やパーソナリティが再び導入さは、幾度となく預言者の教えは、この世の終わりだ。 Each new appearance finds these motifs given fresh significance from association with contemporary events.これらのモチーフを見つけるごとに新しい外観協会から与えられた新鮮な意義を現代のイベントです。

Major Varieties of Millennialism至福千年の主要品種

For purposes of analysis and explanation Christian attitudes toward the millennium can be classified as premillennial, postmillennial, and amillennial. These categories involve much more than the arrangement of events surrounding the return of Christ.分析や説明を提供する目的で、キリスト教への態度ミレニアムキリスト再臨として分類されることは、至福1000年後、そしてamillennial 。これらのカテゴリを巻き込むのイベントよりもずっと多くの取り決めを取り巻くキリストの戻りです。 The thousand years expected by the premillennialist is quite different from that anticipated by the postmillennialist. 1000年に期待されることはまったく異なるpremillennialist予想されるpostmillennialist 。 The premillennialist believes that the kingdom of Christ will be inaugurated in a cataclysmic way and that divine control will be exercised in a more supernatural manner than does the postmillennialist. premillennialistと考えているのは、キリストの王国発足されることは、神の激変や制御方法を行使されるよりも、もっと超自然的な方法では、 postmillennialist 。

.

Premillennialism前千年王国説

The premillennialist believes that the return of Christ will be preceded by signs including wars, famines, earthquakes, the preaching of the gospel to all nations, a great apostasy, the appearance of Antichrist, and the great tribulation. premillennialistと考えているが、先行して返還される兆しキリストウォーズ』をはじめ、飢餓、地震、その説教は、福音をすべての国には、大きな背教は、反キリストの外観、そして大きな試練です。 These events culminate in the second coming, which will result in a period of peace and righteousness when Christ and his saints control the world.これらのイベントの再臨ついには、これを行なうと、期間の平和と正義を制御する際に、キリストと彼の聖人の世界です。 This rule is established suddenly through supernatural methods rather than gradually over a long period of time by means of the conversion of individuals.このルールが確立さ突然、超自然のメソッドを通してオーバーというより徐々に長い期間では、変換された個人を意味します。 The Jews will figure prominently in the future age because the premillennialist believes that they will be converted in large numbers and will again have a prominent place in God's work.ユダヤ人は、将来の年齢は際立っていると考えているので、彼らpremillennialist大量に変換されるとは、ある著名な場所に再び、神の仕事です。 Nature will have the curse removed from it, and even the desert will produce abundant crops, Christ will restrain evil during the age by the use of authoritarian power.呪いの性質があるから削除すること、そして豊かな作物の生産は、砂漠でも、キリストの中には、悪を抑制するの権威主義時代に使用される電力です。 Despite the idyllic conditions of this golden age there is a final rebellion of wicked people against Christ and his saints.牧歌的な状況にもかかわらず、この黄金時代には最終的な反乱の邪悪な人々に対して、キリストと彼の聖人。

This exposure of evil is crushed by God, the non Christian dead are resurrected, the last judgment conducted, and the eternal states of heaven and hell established.この悪の暴露が押しつぶされる神は、キリスト教以外の死者が復活し、最後の判定を実施し、永遠の天国と地獄の状態に設立。 Many premillennialists have taught that during the thousand years dead or martyred believers will be resurrected with glorified bodies to intermingle with the other inhabitants of the earth. premillennialists教えたことが多く、千年の期間中に死亡または殉教見せかけの信者が復活して、他の遺体が混ざり合う地球の住人です。

.

Postmillennialism後千年王国説

In contrast to premillennialism, the postmillennialists emphasize the present aspects of God's kingdom which will reach fruition in the future.前千年王国説とは対照的には、現在のpostmillennialistsの側面を強調するが、神の王国に達する結実していく予定です。 They believe that the millennium will come through Christian preaching and teaching.ミレニアムは、かれらの間から出てくると信じて説教とキリスト教の教えです。 Such activity will result in a more godly, peaceful, and prosperous world.このような活動の結果として、もっと信心深い、平和と繁栄を世界です。 The new age will not be essentially different from the present, and it will come about as more people are converted to Christ.新しい時代には、本質的に異なることはありませんから、現在の、そしてそれは、より多くの人々が来るように変換さについては、キリストです。 Evil will not be totally eliminated during the millennium, but it will be reduced to a minimum as the moral and spiritual influence of Christians is increased.悪されませんミレニアム中に完全になくなるが、それを最小限に低減されるとして、道徳的かつ精神的な影響を与えるのは、キリスト教徒が増加しています。 During the new age the church will assume greater importance, and many economic, social, and educational problems can be solved.新しい時代には、教会の中に大きな重要性を想定し、多くの経済的、社会的、および教育上の問題が解決できることも。 This period is not necessarily limited to a thousand years because the number can be used symbolically.この期間は、必ずしも限定されるため、数千年を象徴的に使われることができます。 The millennium closes with the second coming of Christ, the resurrection of the dead, and the last judgment.ミレニアム展示して、キリストの再臨のは、死者のよみがえり、そして最後の判断だ。

.

Amillennialism amillennialism

The third position, amillennialism, states that the Bible does not predict a period of the rule of Christ on earth before the last judgment. 3番目の位置、 amillennialism 、聖書に述べられていない期間を予測するのは、ルールの前に地球上で、キリストの最後の判断だ。 According to this outlook there will be a continuous development of good and evil in the world until the second coming of Christ, when the dead shall be raised and the judgment conducted.これによると、持続的発展の見通しがあるでしょうが、世界の善と悪されるまで、キリストの再臨のは、死んだときに行われるもので飼育されるとの判断だ。 Amillennialists believe that the kingdom of God is now present in the world as the victorious Christ rules his church through the Word and the Spirit. amillennialistsと信じる者が神の国は今、世界に存在するとして、彼の勝利のキリスト教会を通じて、単語やルールの精神です。 They feel that the future, glorious, and perfect kingdom refers to the new earth and life in heaven.彼らの将来を感じることは、栄光には、完璧な王国を指しているため、新たな地球と生命は、天国です。 Thus Rev. 20 is a description of the souls of dead believers reigning with Christ in heaven.こうして牧師は、 20の説明は、死者の霊魂が、天国で、キリスト信者君臨しています。

The Rise of Millennialism至福千年の台頭

Early millennial teaching was characterized by an apocalyptic emphasis.初期の1000年間の授業の特徴は、終末論を強調した。 In this view the future kingdom of God would be established through a series of dramatic, unusual events.この観点から考えると、将来は、神の王国の確立を介しての劇的なシリーズは、異例の出来事だ。 Such teaching has been kept alive throughout the Christian era by certain types of premillennialism.保管されてこのような授業を通して、キリスト教の時代を生きている特定の種類の前千年王国説です。 Apocalyptic interpretation is based upon the prophecies of Daniel and the amplification of some of the same themes in the book of Revelation.予言終末論的な解釈に基づいて、いくつかのダニエルとその増幅の本の中では、同じテーマの啓示です。 These works point to the imminent and supernatural intervention of God in human affairs and the defeat of the seemingly irresistible progress of evil.これらの作品をポイントして、超自然的な介入差し迫ったとは、神と人間諸事の敗北は、表面上は圧倒的な悪の進捗状況です。 Numerology, theme figures, and angelology play a major role in these presentations.数霊術は、数字をテーマに、天使とこれらのプレゼンテーションに大きな役割を果たす。 The apocalyptic world view was very influential among the Jews in the period that elapsed between the OT and the NT.終末論的世界観の中では非常に有力なユダヤ人の間には、期間が経過していたとはNT ot 。 Consequently the audiences to which Jesus preached were influenced by it.したがって、イエスキリストの観客に説教されたことに影響されている。 The early Christians also embraced this outlook.初期のキリスト教徒は、この見通しも受け入れています。

The book of Revelation, composed during a period of persecution in the first century, used the Jewish apocalyptic interpretation to explain the Christian era.この本の啓示は、作曲期間中には、第1世紀の迫害は、ユダヤ教の終末論的な解釈に使われて、キリスト教の時代を説明する。 Daniel's Son of man was presented as Christ, numerological formulas were restated, and the dualistic world of good and evil was provided with a new set of characters.ダニエルの息子として提示された男は、キリストは、再numerological数式は、善と悪の二元的な世界には、新しいセットの文字を提供しています。 Despite these changes the essential apocalyptic message remained as the book taught the living hope of the immediate direct intervention of God to reverse history and to overcome evil with good.終末論の本質的な変化にもかかわらず、これらの書籍のメッセージが残って教えたとしては、当面の生活の希望を逆に神の直接介入の歴史と悪を克服して良いです。 Such an outlook brought great comfort to believers who suffered from persecution by the forces of Imperial Rome.このような展望をもたらした大きな慰めに苦しんだ信者の迫害されたローマ軍のインペリアルです。 Expressed in a form that has been called historic premillennialism, this hope seems to have been the prevailing eschatology during the first three centuries of the Christian era, and is found in the works of Papias, Irenaeus, Justin Martyr, Tertullian, Hippolytus, Methodius, Commodianus, and Lactantius.という形で表明されてきた歴史と呼ばれる前千年王国説は、このように希望終末論が優勢な中、最初の3つの世紀にもわたって、キリスト教の時代には、この作品を見られるとはpapias 、 irenaeus 、ジャスティン殉教者、 tertullian 、ヒッポリュトス、 methodius 、 commodianus 、およびラクタンティウス。

Several forces worked to undermine the millennialism of the early church.いくつかの作業を損なう軍の早期至福千年の教会です。 One of these was the association of the teaching with a radical group, the Montanists, who placed a great stress on a new third age of the Spirit which they believed was coming among their number in Asia Minor.これらの1つの授業では、同協会の過激派グループは、 montanists 、人の配置3番目に大きなストレスを与える新しい時代の精神に来てくれると信じていた彼らの間で、アジアのマイナー番号です。 Another influence which encouraged a change of eschatological views was the emphasis of Origen upon the manifestation of the kingdom within the soul of the believer rather than in the world.もう一つの変化に影響を与える終末論を奨励する意見が強調された時の症状は、原産地王国内の魂の信奉者というよりは、世界です。 This resulted in a shift of attention away from the historical toward the spiritual or metaphysical.この結果、シフトから離れて、歴史的な注目を集めて精神的または形而上に向かっている。 A final factor that led to a new millennial interpretation was the conversion of the Emperor Constantine the Great and the adoption of Christianity as the favored Imperial religion.最終的な要因が主導して、新しい千年への変換の解釈は、天皇との養子縁組のコンスタンティノス偉大なキリスト教の宗教として好まインペリアル。

Medieval and Reformation Millennialism至福千年中世と改革

In the new age brought in by the acceptance of Christianity as the main religion of the Roman Empire it was Augustine, Bishop of Hippo, who articulated the amillennial view which dominated Western Christian thought during the Middle Ages.新しい時代をもたらしたのは、メインとして、キリスト教の宗教を受け入れることは、それはローマ帝国アウグスティヌスは、カバの大主教は、人の関節のビューを支配amillennial中世の間に西洋のキリスト教の思想です。 The millennium, according to his interpretation, referred to the church in which Christ reigned with his saints.ミレニアムは、彼の解釈によると、言及して、キリスト教会が支配して彼の聖人。 The statements in the book of Revelation were interpreted allegorically by Augustine.その本の中では、ヨハネの黙示録ステートメント寓意的に解釈されたアウグスティヌス。 No victory was imminent in the struggle with evil in the world.差し迫った勝利ではない、世界には邪悪な闘争をしています。 On the really important level, the spiritual, the battle had already been won and God had triumphed through the cross.は、本当に大切なレベルでは、精神的、戦いの神ウォンとされていたが、十字架を通してtriumphed 。 Satan was reduced to lordship over the City of the World, which coexisted with the City of God.悪魔の減額を支配するのは、世界の都市は、シティオブゴッドcoexistedしている。 Eventually even the small domain left to the devil would be taken from him by a triumphant God.最終的にも、ドメインの左側に小悪魔から採取される彼は意気揚々とされる神です。

Augustine's allegorical interpretation became the official doctrine of the church during the medieval period.アウグスティヌスの寓話の解釈は、教会の教義を公式になった中世の期間中です。 However, in defiance of the main teaching of the church the earlier apocalyptic premillennialism continued to be held by certain counterculture groups.しかし、メインの指導を無視して、以前の終末論は、教会の前千年王国説を継続的に開催される特定のカウンターカルチャーのグループです。 These millenarians under charismatic leaders were often associated with radicalism and revolts.カリスマ的な指導者の下でこれらのmillenarians急進主義との反乱が頻繁に関連付けられている。 For example, during the eleventh century in regions most affected by urbanization and social change thousands followed individuals such as Tanchelm of the Netherlands, causing great concern to those in positions of power.たとえば、ほとんどの地域の中で、 11世紀の社会の変化や都市化の影響を受けるなど、数千人の個人tanchelm続いて、オランダ、大きな懸念を引き起こしているポジションの力がある。 In the twelfth century Joachim of Fiore gave fresh expression to the millennial vision with his teaching about the coming third age of the Holy Spirit.フィオーレのヨアキムは、 12世紀の1000年間のビジョンを与えた新鮮な表情をして彼の教示については、今後3番目、聖霊の時代です。 During the Hussite Wars in fifteenth century Bohemia the Taborites encouraged the resistance to the Catholic Imperial forces by proclaiming the imminent return of Christ to establish his kingdom.戦争中には15世紀にボヘミアのフス信奉taborites勇気づけカトリック帝国軍の抵抗を宣言して、キリストの差し迫った戻り彼の王国を確立します。 These outbreaks of premillennialism continued during the Reformation era and were expressed most notably in the rebellion of the city of Munster in 1534.これらの発生前千年王国説が継続中の改革の時代と最も顕著な変更点は、反乱を表明し、街中のミュンスター1534 。

Jan Matthys gained control of the community, proclaiming that he was Enoch preparing the way for the second coming of Christ by establishing a new code of laws which featured a community of property and other radical reforms. 1月の支配権を得た地域社会のマシス、宣言していたイノックへの道を準備し、キリストの再臨の新しいコードを確立するのがおすすめ、コミュニティの所有権に関する法律およびその他の抜本的改革です。 He declared that Munster was the New Jerusalem and called all faithful Christians to gather in the city.ミュンスターと宣言していた彼は、新しいエルサレムと呼ばれるすべての忠実なキリスト教徒は、市街地を収集しています。 Many Anabaptists answered his summons, and most of the original inhabitants of the town were forced to flee or to live in a veritable reign of terror.彼の答えの多くanabaptists召喚し、元の住民のほとんどは、この町から逃げるかを強制的には、真の恐怖に住んでいる。 The situation was so threatening to other areas of Europe that a combined Protestant and Catholic force laid siege to the place and after a difficult struggle captured the town, suppressing the wave of millennial enthusiasm.脅迫的な状況だったので、ヨーロッパの他の地域にプロテスタントとカトリックの力を組み合わせることでレイアウトを包囲した後、場所や困難な闘争を捕らえ、町は、千年の波抑制の熱意。

Perhaps the Munster episode led the Protestant Reformers to reaffirm Augustinian amillennialism.おそらく、プロテスタントの宗教改革を主導したエピソードミュンスターアウグスティノamillennialismを再確認した。 Each of the three main Protestant traditions of the sixteenth century, Lutheran, Calvinist, and Anglican, had the support of the state and so continued the same Constantinian approach to theology.それぞれの3つの主なプロテスタントの伝統は、 16世紀、ルター派、カルビン派は、聖公会と、同州での支持が続き、同じようなアプローチを神学constantinian 。 Both Luther and Calvin were very suspicious of millennial speculation.ルターとカルヴィンの両方の1000年間の憶測が非常に疑わしい。 Calvin declared that those who engaged in calculations based on the apocalyptic portions of Scripture were "ignorant" and "malicious."カルヴィン宣言した者たちの計算に基づいて、絶望的に取り組んで啓典部分は、 "無知"と"悪意のある"と述べた。 The major statements of the various Protestant bodies such as the Augsburg Confession (1, xvii), the Thirty nine Articles (IV), and the Westminister Confession (chs. 32, 33), although professing faith in the return of Christ, do not support apocalyptic millenarian speculation.主な発言は、遺体のような様々なプロテスタントアウクスブルク信仰告白( 1 、 17 ) 、 ( iv )第39記事、と告白westminister ( chs. 32 、 33 )は、 professing信じているにもかかわらず、キリストの返還は、しないで千年の絶望的な憶測をサポートします。 In certain respects, however, the Reformers inaugurated changes which would lead to a revival of interest in premillennialism.特定の点では、しかし、改革派の変化につながる発足する前千年王国説の復活の関心が集まっています。 These include a more literal approach to the interpretation of Scripture, the identification of the papacy with Antichrist, and an emphasis on Bible prophecy.これらのリテラルのアプローチをより多く含まれて啓典の解釈は、身分証明書のローマ教皇を反キリストは、聖書と予言を重視しています。

Modern Millennialismモダンな至福千年

It was during the seventeenth century that premillennialism of a more scholarly nature was presented.それは17世紀中には、より多くの学術的性質していた前千年王国説を提示した。 Two Reformed theologians, Johann Heinrich Alsted and Joseph Mede, were responsible for the renewal of this outlook. 2つの改革派神学者、ヨハンハインリッヒmede alstedとヨセフは、この更新が責任を負うの見通しだ。 They did not interpret the book of Revelation in an allegorical manner but rather understood it to contain the promise of a literal kingdom of God to be established on earth before the last judgment.解釈していないが、この本の啓示寓話の形ではなく、むしろ理解を約束することを含んでリテラル者が神の国に設立される前の最後の地球上での判断だ。 During the Puritan Revolution the writings of these men encouraged others to look for the establishment of the millennial kingdom in England.清教徒革命中には、これらの記述を奨励他の男性を探すの設立は、千年王国でイングランドです。 One of the more radical of these groups, the Fifth Monarchy Men, became infamous for their insistence on the reestablishment of OT law and a reformed government for England.これらの1つは、もっと過激派グループは、 5番目の男性君主国は、彼らの主張になったためには、悪名高いot法や再確立するための政府の改革イングランド。 The collapse of the Cromwellian regime and the restoration of the Stuart monarchy discredited premillennialism. cromwellian政権の崩壊と信用の回復の前千年王国説スチュアート君主制です。 Yet the teaching continued into the eighteenth century through the work of Isaac Newton, Johann Albrecht Bengel, and Joseph Priestley.しかし、継続的に教える仕事を通して、 18世紀のアイザックニュートンは、ヨハンアルブレヒトベンゲル、およびジョセフプリーストリー。

As the popularity of premillennialism wanted, postmillennialism rose to prominence.前千年王国説として指名手配の人気は、後千年王国のバラを卓立。 First expressed in the works of certain Puritan scholars, it received its most influential formulation in the writings of the Anglican commentator Daniel Whitby.最初の作品を表明し、特定のピューリタンの学者は、それを受け取ったのは、最も影響力の定式化記述は、聖公会の解説者ダニエルウィットビー。 It seemed to him that the kingdom of God was coming ever closer and that it would arrive through the same kind of effort that had always triumphed in the past.このように彼は、神の王国が来るまでに到着することを明らかに近づくと、同じような努力を通じて、常にtriumphedが過去にしていた。 Among the many theologians and preachers who were convinced by the arguments of Whitby was Jonathan Edwards.神学者や説教師のうち、多くの人が納得された引数のジョナサンエドワーズウィットビー。 Edwardsean postmillennialism also emphasized the place of America in the establishment of millennial conditions upon the earth. edwardsean後千年王国のアメリカでもその場所を強調して、地球の条件千年の設立。

During the nineteenth century premillennialism became popular once again. 19世紀中に再び前千年王国説が人気です。 The violent uprooting of European social and political institutions during the era of the French Revolution encouraged a more apocalyptic climate of opinion.欧州の社会的、政治的暴力抜根機関の中に、フランス革命の時代の風潮を勇気づけ、もっと絶望的な意見だ。 There was also a revival of interest in the fortunes of the Jews.復活にも興味があったが、ユダヤ人の財産です。 A new element was added to premillennialism during this period with the rise of dispensationalism.新しい要素が追加されましたこの期間中に前千年王国説天啓的史観台頭している。 Edward Irving, a Church of Scotland minister who pastored a congregation in London, was one of the outstanding leaders in the development of the new interpretation.エドワードアービング、スコットランド教会信徒部長官は、ロンドンでpastored人は、 1つの傑出した指導者たちは、開発中の新しい解釈です。 He published numerous works on prophecy and organized the Albury Park prophecy conferences, thus setting the pattern for other gatherings of premillenarians during the nineteenth and twentieth centuries.彼は数々の作品を出版オルベリー公園予言予言や組織の会議は、このように設定するためのパターンは他の集まりの中にpremillenarians 19と20世紀にもわたっている。 Irving's apocalyptic exposition found support among the Plymouth Brethren and led many in the group to become enthusiastic teachers of dispensational premillennialism.アーヴィングの終末論的支援のうち、万博が見つかりました主導プリマス同胞とは、多くの熱狂的な教師のグループになる前千年王国説dispensational 。

Perhaps the leading early dispensational expositor among the Brethren was John Nelson Darby.おそらく、メインの早期dispensationalエクスポジター兄弟のうち、ジョンネルソンダービーだった。 He believed that the second coming of Christ consisted of two stages, the first a secret rapture or "catching away" of the saints which would remove the church before a seven year period of tribulation devastates the earth, and the second when Christ appears visibly with his saints after the tribulation to rule on earth for a thousand years.彼は信じられているキリストの再臨の2つの段階で構成さは、最初の秘密ラプチャーや"を引く去る"の聖人の教会では、削除して、 7年前に地球devastates試練の期間、 2番目のときに目に見えて、キリストが表示されたら彼の聖人の後、地球上で試練のために1000年のルールです。 Darby also taught that the church was a mystery of which only Paul wrote and that the purposes of God can be understood as working through a series of periods, or dispensations, in each of which God dealt with people in unique ways.ダービーでも、教会の教えには、ポールの謎を書いたのみを目的として神のこととして理解されるべきで、一連の作業期間を通じて、または分配は、それぞれがユニークな方法で人々は神に対応しています。

Most premillennialists during the early nineteenth century were not dispensationalists, however.その中で最もpremillennialists 19世紀初めにはなかったdispensationalists 、しかし。 More typical of their number was David Nevins Lord, who edited a quarterly journal, The Theological and Literary Review, which appeared from 1848 to 1861.典型的なのは、彼らの数より多くのデビッドネビンス主よ、季刊誌の編集者、文芸評論、神学とは、どの登場一千八百四十八〜千八百六十一。 This periodical contained articles of interest to premillennialists and helped to elaborate a nondispensational system of prophetic interpretation.この記事に興味を持っpremillennialists定期刊行物に含まれるとの協力体制をnondispensational精巧な予言解釈する。 Lord believed that a historical explanation of the book of Revelation was preferable to the futurist outlook which characterized the dispensational view.主に歴史的な説明をすると信じて、書籍の啓示が望ましい未来を展望しdispensationalビューを特徴付けています。 This approach was followed by most premillennialists in the United States until after the Civil War, when dispensationalism spread among their number.次いで、このアプローチは、米国で最もpremillennialists後、内戦になるまでは、自分の番号をひろめる天啓的史観ときです。 Darby's interpretation was accepted because of the work of individuals such as Henry Moorhouse, a Brethren evangelist, who convinced many interdenominational speakers to accept many interdenominational speakers to accept dispensationalism.ダービーの解釈が受け入れられたため、個人の仕事のようなヘンリームーアハウスは、エバンジェリストの同胞は、多くの人の宗派間のスピーカーを受け入れることを確信多くの宗派間のスピーカー天啓的史観を受け入れる。

Typical of those who came to believe in Darby's eschatology were William E Blackstone, "Harry" A Ironside, Arno C Gaebelein, Lewis Sperry Chafer, and C I Scofield.来ている人の典型的なダービーの終末論を信じていたウィリアムeブラックは、 "ハリー"の頑張り屋は、アルノc gaebelein 、ルイススペリーコガネムシ、およびスコフィールドci 。 It is through Scofield and his works that dispensationalism became the norm for much of American evangelicalism.それは、彼の作品を通してスコフィールド天啓的史観になったことを多くのアメリカの福音主義の規範です。 His Scofield Reference Bible, which made the new eschatological interpretation an integral part of an elaborate system of notes printed on the same pages as the text, proved so popular that it sold over three million copies in fifty years.彼のリファレンススコフィールド聖書は、終末論的解釈をする前に、新しい精巧なシステムに不可欠な部分のメモと同じページに印刷され、テキストとしては、非常に人気が証明3000000コピーで販売されて50年以上。 Bible schools and seminaries such as Biola, Moody Bible Institute, Dallas Theological Seminary, and Grace Theological Seminary, along with the popular preachers and teachers who have utilized the electronic media, have made this interpretation popular among millions of conservative Protestants.聖書学校やseminariesなどbiola 、ムーディー聖書協会、ダラス神学校、グレース神学校とは、人気のある説教師や教師とともに、利用者の電子メディアが、この解釈は百万人の保守的プロテスタントの間で人気だ。 The new view replaced the older premillennial outlook to such an extent that when George Ladd restated the historic interpretation in the midtwentieth century it seemed like a novelty to many evangelicals.新しいビューに置き換え、古いキリスト再臨時に展望するほどまでに再ジョージラッドmidtwentieth世紀の歴史的な解釈をすることは、目新しさを感じられるような多くのevangelicals 。

While the various forms of premillennialism competed for adherents in nineteenth century America, a form of postmillennialism that equated the United States with the kingdom of God became very popular.さまざまな形態の中で支持者を前千年王国説を競い合いました19世紀にアメリカでは、後千年王国の一形態であり、米国と同等で、非常に人気のある者が神の国になった。 Many Protestant ministers fed the fires of nationalism and Manifest Destiny by presenting the coming of the golden age as dependent upon the spread of democracy, technology, and the other "benefits" of Western civilization.プロテスタント地区連銀の多くの閣僚や火災のナショナリズムマニフェストを提示し運命の黄金時代の到来を頼っているとして、民主主義の普及、技術、およびその他の"恩恵"西洋文明のです。 Perhaps the most complete statement of this civil millennialism was presented by Hollis Read.おそらく最も完全な声明を発表したが、この民事至福千ホリス読んでいます。 Ordained to the Congregational ministry in Park Street Church, Boston, he served as a missionary to India but was forced to return to the United States because of his wife's poor health.会衆に定められた同省のパークストリート教会で、ボストン、宣教師としての務めだったが、強制的にはインドに戻るには、米国の貧しい人々の健康のために彼の妻です。 In a two volume work, The Hand of God in History, he attempted to prove that God's millennial purposes were finding fulfillment in America.ボリュームは、 2つの仕事は、歴史の中に神の手は、彼は神の千年を試みたことを証明することが目的のためにアメリカで達成感を見つける。 He believed that geography, politics, learning, the arts, and morality all pointed to the coming of the millennium to America in the nineteenth century.彼は信じられている地理学、政治、学習、芸術、そして道徳性を指摘し、今後のすべてのミレニアムは、 19世紀にアメリカです。 From this base the new age could spread to the entire earth.この基地から、新しい時代にも地球全体に広がっている。

As Ps.としてしまう。 22:27 stated, "All the ends of the earth shall remember and turn to the Lord; and all the families of the nations shall worship before him." 22時27分は、 "すべての最果てに救いを求めるもので、主記憶;やご家族のすべての国々は、彼の目の前を崇拝するものです。 " In order to accomplish the purpose of global evangelism Read favored imperialism because the extension of Anglo Saxon control over other nations ensured the spread of the gospel.目的を達成するためには、世界的な福音主義の拡張子の読み込みに有利なので、アングロサクソン帝国主義の支配の広がりを他の国の福音を確保します。 He cited the prevalence of the English language, which made it easier to preach the Word and to teach the native people the more civilized Western culture, as one example of the benefits of Western control.彼は、英語の有病率を引用し、これを簡単に福音を伝える前にそれを教えるのは、ネイティブの人々とより多くの西洋文化文明は、 1つの例として西洋の恩恵を制御します。 Technological improvements such as the steam press, the locomotive, and the steamship were also given by God to spread enlightenment and the Christian message to all peoples.蒸気のような技術的な改善を押すと、機関車、汽船とは、神から与えられたにも広がると、キリスト教の悟りのすべての人々にメッセージを。

Whenever the United States has faced a time of crisis, there have been those who have revived civil postmillennialism as a means to encourage and comfort their fellow citizens.いつ、米国が直面する危機の時に、ある市民が持っている人は後千年王国復活を奨励する手段として、市民たちは仲間と快適です。 The biblical content of this belief has become increasingly vague as the society has become more pluralistic.この信念には、聖書の中のコンテンツとして、ますます漠然とした社会はますます多元的です。 For example, during the period of the Civil War many agreed with Julia Ward Howe's "Battle Hymn of the Republic," which described God as working through the Northern forces to accomplish his ultimate purpose.例えば、期間中には、内戦で多くの合意のジュリアハウ病棟"との戦いは、共和国の賛美歌、 "神のように説明する作業を通じて、彼の究極の目的を達成する勢力の北部。 President Wilson's crusade to "make the world safe for democracy," which led his country into World War I, was based upon a postmillennial vision that gave American ideals the major role in establishing peace and justice on earth.ウィルソン大統領の十字軍を"民主主義を世界の安全を確保するため、 "自分の国を中心に世界大戦は、至福1000年後のビジョンに基づいていたことは、アメリカの理念の確立に大きな役割を果たす地球上で平和と正義のです。 Since World War II several groups have revived civil millennialism to counter communism and to resist domestic changes such as those brought about by the moves for equal rights for women.第二次世界大戦以来いくつかの市民団体が復活共産主義に対抗すると至福千年の国内の変化に抵抗するような動きによってもたらされるために、女性の平等な権利を獲得した。

In addition to the premillennial, amillennial, and postmillennial interpretations there have been groups such as the Shakers, the Seventh Day Adventists, the Jehovah's Witnesses, and the Latter day Saints (Mormons) who tend to equate the activities of their own sect with the coming of the millennium.加えて、キリスト再臨、 amillennial 、至福1000年後の解釈があるとされ、ビデオなどのグループは、七日目adventists 、エホバの証人のは、との末日聖徒(モルモン教)と同等と見なす傾向にある人には、独自の宗派の活動をして来るミレニアムのです。 There are also movements including the Nazis and the Marxists who teach a kind of secular millennialism when they speak of the Third Reich or the classless society.そこも含めて、ナチスの動きや、ある種の世俗marxists至福千人を教えるときに話す又は第三帝国の階級社会です。

R G ClouseクラウズのRG
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
R G Clouse, ed., The Meaning of the Millennium: Four Views; E R Sandeen, The Roots of Fundamentalism; G E Ladd, The Blessed Hope; A Reese, The Approaching Advent of Christ; N West, Studies in Eschatology; R Anderson, The Coming Prince; W E Blackstone, Jesus Is Coming; R Pache, The Return of Jesus Christ; C C Ryrie, Dispensationalism Today; J F Walvoord, The Millennial Kingdom; L Boettner, The Millennium; D Brown, Christ's Second Coming; J M Kik, An Eschatology of Victory; O T Allis, Prophecy and the Church; A A Hoekema, The Bible and the Future; P Mauro, The Seventy Weeks and the Great Tribulation; G Vos, The Pauline Eschatology.クラウズのRG 、エド。 、ミレニアムの意味:四つの見解; er sandeen 、原理主義のルーツ; GEのLaddは、祝福の希望;するリーゼは、キリストの到来が近づい;なし西には、タイプの終末論;研究アンダーソン氏は、来る王子;ブラック我々は、イエスキリストが来る;研究pache 、イエスキリストの帰還;受理官庁ライリー、天啓的史観今日; jf walvoordは、千年王国;信用boettner 、ミレニアム; dブラウンは、キリストの再臨;ジャマイカkik 、終末論勝利; ot allis 、予言と教会; hoekemaああ、聖書や将来; pマウロは、 70週間と大きな試練;グラムウォスは、ポーリーン終末論です。


Millennium and Millenarianismミレニアムと至福千年

Catholic Information カトリック情報

The fundamental idea of millenarianism, as understood by Christian writers, may be set forth as follows: At the end of time Christ will return in all His splendour to gather together the just, to annihilate hostile powers, and to found a glorious kingdom on earth for the enjoyment of the highest spiritual and material blessings; He Himself will reign as its king, and all the just, including the saints recalled to life, will participate in it.至福千年の基本的な考えは、キリスト教作家として理解され、以下のとおり定めるかもしれない:時間の終わりに、キリストは、すべて彼の復帰させましたが集まって、ただ、敵対勢力を全滅させる、として地球上で見つけた輝かしい王国最高の喜びのために精神的かつ物質の幸運な出来事;彼は、自分自身の王として君臨し、すべてのだけでは、リコールを含め、諸聖人の人生は、それが参加しています。 At the close of this kingdom the saints will enter heaven with Christ, while the wicked, who have also been resuscitated, will be condemned to eternal damnation.終了する時点で、この天国の王国を入力して、聖徒は、キリストは、邪悪な中には、誰も復活され、永遠の苦しみを非難される。 The duration of this glorious reign of Christ and His saints on earth, is frequently given as one thousand years.栄光の治世の期間は、この地球上でキリストの聖人と彼は、 1000年には、頻繁に与えられた。 Hence it is commonly known as the "millennium", while the belief in the future realization of the kingdom is called "millenarianism" (or "chiliasm", from the Greek chilia, scil. ete).したがってことはよく知られているとして、 "ミレニアム"は、中には、将来の実現には、信念と呼ば王国"至福千年" (または" 1000年至福説"は、ギリシャ語からchilia 、 scil 。 ete ) 。 This term of one thousand years, however, is by no means an essential element of the millennium as conceived by its adherents.この用語は1000年、しかし、必要不可欠な要素ではないが、その支持者によるミレニアムとして考えています。 The extent, details of the realization, conditions, the place, of the millennium were variously described.その範囲は、その実現の詳細は、条件は、その場所には、ミレニアムの記述されたさまざまです。

Essential are the following points:本質的には、以下の点:

the early return of Christ in all His power and glory,キリストの早期返還、すべての電源ケーブルと彼の栄光は、

the establishment of an earthly kingdom with the just,この世の王国を設立するだけで、

the resuscitation of the deceased saints and their participation in the glorious reign,故人の蘇生の参加は、聖人とその輝かしい治世、

the destruction of the powers hostile to God, and,敵対する勢力の破壊の神、そして、

at the end of the kingdom, the universal resurrection with the final judgment,王国の終わりには、ユニバーサル復活して最終的な判断は、

after which the just will enter heaven, while the wicked will be consigned to the eternal fire of hell.これだけでは、入力した後、天には、委託される中、邪悪な地獄の火の中に永遠だ。

The roots of the belief in a glorious kingdom, partly natural, partly supernatural, are found in the hopes of the Jews for a temporal Messiah and in the Jewish apocalyptic.そのルーツは、信念で、栄光の王国は、自然の部分は、超自然的部分は、期待が見つかったのは、ユダヤ人は、時間的な救世主とは、ユダヤ教の終末論的です。 Under the galling pressure of their political circumstances the expectation of a Messiah who would free the people of God had in the Jewish mind, assumed a character that was to a great extent earthly; the Jews longed above all for a saviour who would free them from their oppressors and restore the former splendour of Israel.彼らの政治的な圧力の下でイライラする状況で、誰が期待する無料の救世主は、ユダヤ教の神の人々の心は、想定されたキャラクターを大いにこの世; longedユダヤ人は、上記のすべての人のために無料してから、救い主彼らの元に復元させましたoppressorsとイスラエルのです。 These expectations generally included the belief that Jehovah would conquer all powers hostile to Himself and to His chosen people, and that He would set up a final, glorious kingdom of Israel.通常、これらの期待に含まれるという信念を持ってエホバに敵対する勢力は、自分自身のすべてを征服して選ばれた人々を、そして最終的なセットアップすることを彼は、イスラエル王国輝かしい。 The apocalyptic books, principally the book of Henoch and the fourth book of Esdras, indicate various details of the arrival of the Messiah, the defeat of the nations hostile to Israel, and the union of all the Israelites in the Messianic kingdom followed by the renovation of the world and the universal resurrection.書籍の終末論は、主として、第4冊の本とのヘーノホエスドラス書は、様々な内容の到着を示すの救世主は、その国の敗北は、イスラエルと敵対しており、労働組合のすべてのイスラエル人は、救世主の王国続きます改築復活とは、世界の普遍的です。

The natural and the supernatural are mingled in this conception of a Messianic kingdom as the closing act of the world's history.人知を超えた自然と混ざり、この概念は、王国の救世主としての行動が、世界の歴史を閉じています。 The Jewish hopes of a Messiah, and the descriptions of apocalyptic writers were blended; it was between the close of the present world-order and the commencement of the new that this sublime kingdom of the chosen people was to find its place.救世主のユダヤ人の希望する、との説明については、終末論作家がブレンド;それは、現在の世界の間の緊密なの卒業式には、新たな秩序と、この崇高な王国を見つけ、その場所に選ばれた人々だった。 That many details of these conceptions should remain indistinct and confused was but natural, but the Messianic kingdom is always pictured as something miraculous, though the colours are at times earthly and sensuous.これらの概念は、多くの詳細ははっきりしないままでも自然と混乱が、しかし、王国の救世主としては、常に何か奇跡的な写真が、その時は、この世と感覚的な色です。 The evangelical accounts clearly prove how fervently the Jews at the time of Christ expected an earthly Messianic kingdom, but the Saviour came to proclaim the spiritual kingdom of God for the deliverance of man from his sins and for his sanctification, a kingdom which actually began with His birth.福音派のアカウントをはっきりと証明するのは、ユダヤ人どのように燃えている時点で、この世の救世主キリストの王国予想は、しかし、救い主宣言の精神に来た者が神の国から来た男は、彼の救出のために自分の罪を清浄化とは、実際にはどの王国から始まった彼の誕生です。 There is no trace of chiliasm to be found in the Gospels or in the Epistles of St. Paul; everything moves in the spiritual and religious sphere; even the descriptions of the end of the world and of the last judgment bear this stamp. 1000年至福の痕跡がないのを発見されるのか、 gospelsの聖パウロの書簡;すべての動きは、精神的な面と宗教的な球;でさえ、世界の終わりの説明については、このクマ切手の最後の判断だ。 The victory over the symbolical beast (the enemy of God and of the saints) and over Antichrist, as well as the triumph of Christ and His saints, are described in the Apocalypse of St. John (Revelation 20-21), in pictures that resemble those of the Jewish apocalyptic writers, especially of Daniel and Henoch.その象徴的な勝利を収めるの獣(神の敵とは、聖人)とする反キリストは、キリストの勝利だけでなく、彼の聖人と、が記述され、聖ヨハネの黙示録(ヨハネの黙示録20から21 )は、画像を終末論者は、ユダヤ人の作家に似て、特にダニエルとヘーノホのです。 Satan is chained in the abyss for a thousand years, the martyrs and the just rise from the dead and share in the priesthood and kingship of Christ.鎖につながれた悪魔は、 1000年の深淵には、殉教者と生き返ると共有するだけでは、キリストの聖職者と王です。 Though it is difficult to focus sharply the pictures used in the Apocalypse and the things expressed by them, yet there can be no doubt that the whole description refers to the spiritual combat between Christ and the Church on the one hand and the malignant powers of hell and the world on the other.かかわらず、大幅に集中することは難しいの黙示録の画像が使用されているものと表現されることは、まだ疑問の余地はないことを指しているため、全体の説明や、精神的な戦闘の間に、キリスト教会は、 1つの手と地獄の悪性パワーズそして、世界は、他のです。 Nevertheless, a large number of Christians of the post-Apostolic era, particularly in Asia Minor, yielded so far to Jewish apocalyptic as to put a literal meaning into these descriptions of St. John's Apocalypse; the result was that millenarianism spread and gained staunch advocates not only among the heretics but among the Catholic Christians as well.にもかかわらず、数多くのキリスト教徒は、後の時代の使徒、特にアジアマイナーは、今までに屈したとしてユダヤ人の終末論的に言え、これらの記述を文字どおりの意味の聖ヨハネの黙示録;至福千まん延していたとの結果を得た忠実な支持者しかし、異端の中だけでなく、キリスト教徒としての井戸のうち、カトリック教徒です。

One of the heretics, the Gnostic Cerinthus, who flourished towards the end of the first century, proclaimed a splendid kingdom of Christ on earth which He would establish with the risen saints upon His second advent, and pictured the pleasures of this one thousand years in gross, sensual colours (Caius in Eusebius, "Hist. Eccl.", III, 28; Dionysius Alex. in Eusebius, ibid., VII, 25). 1つは、異端、グノーシス主義のケリントス、誰繁盛の最初の世紀の終わり頃には、キリストの宣言地球上で、華麗な王国を確立して彼は彼の2番目の上昇聖人の出現に、そしてこの写真は1000年の楽しみグロスは、官能的な色(ユーセビアスキーズでは、 "シーッ。 eccl 。 " 、 3世、 28 ;ディオニュシオスアレックス。ユーセビアスでは、上に同じ、第VII 、 25 ) 。 Later among Catholics, Bishop Papias of Hierapolis, a disciple of St. John, appeared as an advocate of millenarianism.後でカトリック教徒の間では、ビショップpapiasのヒエラポリスは、弟子の聖ヨハネは、至福千年の提唱者として登場した。 He claimed to have received his doctrine from contemporaries of the Apostles, and Irenaeus narrates that other "Presbyteri", who had seen and heard the disciple John, learned from him the belief in millenarianism as part of the Lord's doctrine.彼は彼の主張を受けて、使徒の教義からなる、として他のirenaeus narrates " presbyteri "は、見たことがあると聞いたの弟子たちジョンは、彼の信念から学んだの一環として、主に至福千年の教義です。 According to Eusebius (Hist. Eccl., 111, 39) Papias in his book asserted that the resurrection of the dead would be followed by one thousand years of a visible glorious earthly kingdom of Christ, and according to Irenaeus (Adv. Haereses, V, 33), he taught that the saints too would enjoy a superabundance of earthly pleasures.によると、ユーセビアス( hist. eccl 。 、 111 、 39 ) papiasは著書の中で、死者の復活を主張して続きますが、 1000年の栄光の目に見えるキリストのこの世の王国、およびirenaeusによると( adv. haereses 、 vは、 33 )は、彼の聖人の教えられたことは、あまりにも有り余るほどのこの世の楽しみを享受する。 There will be days in which vines will grow, each with 10,000 branches, and on each branch 10,000 twigs, and on each twig 10,000 shoots, and in each shoot 10,000 clusters, and on each cluster 10,000 grapes, and each grape will produce 216 gallons of wine etc.ツルがあるでしょう日前には、成長率は、各支店に10000 、 10000小枝や、各支店、および各小枝シュート10000 、 10000撃つと、各クラスター、および各クラスタ10000ブドウは、ブドウが生産すると、各二百十六ガロンワイン等

Millenarian ideas are found by most commentators in the Epistle of St. Barnabas, in the passage treating of the Jewish sabbath; for the resting of God on the seventh day after the creation is explained in the following manner.千年のアイデアが発見されたほとんどの解説者は、信徒の聖barnabas 、通路では、ユダヤ教の安息日の治療;安静時のために、神の創造した後は、 7日目には、次のように説明しています。 After the Son of God has come and put an end to the era of the wicked and judged them, and after the sun, the moon, and the stars have been changed, then He will rest in glory on the seventh day.神の御子が来た後に終止符を打つと、邪悪な時代と判断して、そして後に、太陽、月、星が変更されて、それから彼は、残りの7日間では、栄光です。 The author had premised, if it is said that God created all things in six days, this means that God will complete all things in six millenniums, for one day represents one thousand years.その作者が前提とは、神を作成した場合は、すべてのものによると、 6日の間、このことは、神がすべて完了することが6 millenniums 、 1000年の一日を表しています。 It is certain that the writer advocates the tenet of a re-formation of the world through the second advent of Christ, but it is not clear from the indications whether the author of the letter was a millenarian in the strict sense of the word.それは確かだが、作家の擁護派の教義の再形成は、世界2番目を通してキリストの出現が、それからの明確な兆候ではないのかどうか、作者は、千年の書簡は、厳密な意味での言葉だ。 St. Irenæus of Lyons, a native of Asia Minor, influenced by the companions of St. Polycarp, adopted millenarian ideas, discussing and defending them in his works against the Gnostics (Adv. Haereses, V, 32).聖irenæusのライオンズは、アジア原産のマイナー、聖polycarpの仲間に影響されて、千年のアイデアを採用した、と話し合って、彼の作品に対する防衛gnostics ( adv. haereses 、 v 、 32 ) 。 He developed this doctrine mainly in opposition to the Gnostics, who rejected all hopes of the Christians in a happy future life, and discerned in the glorious kingdom of Christ on earth principally the prelude to the final, spiritual kingdom of God, the realm of eternal bliss.彼は、この教義を中心に開発さgnosticsに反対して、拒否されたすべての人の幸せを願って、今後の人生のキリスト教徒では、との違いは、地球上で、主キリストの栄光の王国の最後の前哨戦には、精神的な神の王国は、永遠の領域無上の喜びです。 St. Justin of Rome, the martyr, opposes to the Jews in his Dialogue with Tryphon (ch. 80-1) the tenet of a millennium and asserts that he and the Christians whose belief is correct in every point know that there will be a resurrection of the body and that the newly built and enlarged Jerusalem will last for the space of a thousand years, but he adds that there are many who, though adhering to the pure and pious teachings of Christ, do not believe in it.ローマの聖ジャスティンは、殉教者は、彼に反対するユダヤ人との対話をtryphon (第八十〜一)のテネットミレニアムと主張すると、彼はすべてのキリスト教徒の信念が正しいことを知っている点があるでしょう。体の復活とは、新しく建てられたとエルサレムの拡大のためのスペースは、昨年の1000年、彼は多くの人を追加して、守って、純粋で敬虔なキリストの教えは、それを信じていない。 A witness for the continued belief in millenarianism in the province of Asia is St. Melito, Bishop of Sardes in the second century.目撃者のための継続的な信念で、アジア地域では、至福千聖melito 、第2世紀の司教のsardes 。 He develops the same train of thought as did St. Irenæus.彼は、同じ列車を開発し、思想としての聖irenæusでした。

The Montanistic movement had its origin in Asia Minor.その起源は、アジアでの動きmontanisticマイナーです。 The expectation of an early advent of the celestial Jerusalem upon earth, which, it was thought, would appear in Phrygia, was intimately joined in the minds of the Montanists with the idea of the millennium.期待の早期出現は、天のエルサレム地球には、それは、それは、思想、 phrygiaに表示されますが、その心は密接に入社し、ミレニアムmontanistsというアイデアを持っています。 Tertullian, the protagonist of Montanism, expounds the doctrine (in his work now lost, "De Spe Fidelium" and in "Adv. Marcionem", IV) that at the end of time the great Kingdom of promise, the new Jerusalem, would be established and last for the space of one thousand years. tertullian 、モンタヌスの主人公は、その教義expounds (彼の仕事が失われた今、 "デ半導体製造装置fidelium "とは"前売marcionem " 、 ⅳ )の時間の終わりにして偉大な王国を約束する、新エルサレム、だろう最後に確立され、 1000年のための空間です。 All these millenarian authors appeal to various passages in the prophetic books of the Old Testament, to a few passages in the Letters of St. Paul and to the Apocalypse of St. John.千年の作者、これらすべての魅力を様々な書籍の文章は、旧約聖書の予言は、いくつかの通路には、聖パウロの手紙の聖ヨハネの黙示録としています。 Though millenarianism had found numerous adherents among the Christians and had been upheld by several ecclesiastical theologians, neither in the post-Apostolic period nor in the course of the second century, does it appear as a universal doctrine of the Church or as a part of the Apostolic tradition.至福千年が見つかりましたかかわらず多くの支持者の中にいたキリスト教徒と支持されたいくつかの教会の神学者は、どちらも期間は、後の使徒の過程でも2番目の世紀には、普遍的教義として表示されないことには、教会の一部として、またはローマ教皇の伝統だ。 The primitive Apostolic symbol mentions indeed the resurrection of the body and the return of Christ to judge the living and the dead, but it says not a word of the millennium.ローマ教皇のシンボルの原始的言及は、確かに、復活のキリストの遺体を返すと、生活者と死者を判断するが、それによれば、ミレニアムの言葉ではありません。 It was the second century that produced not only defenders of the millennium but pronounced adversaries of the chiliastic ideas.それは、第2世紀には、生産だけでなく、守備陣は、敵と発音chiliasticしかし、ミレニアムのアイデアです。 Gnosticism rejected millenarianism.至福千年グノーシス主義を拒否しました。 In Asia Minor, the principal seat of millenarian teachings, the so-called Alogi rose up against millenarianism as well as against Montanism, but they went too far in their opposition, rejecting not only the Apocalypse of St. John, alleging Cerinthus as its author, but his Gospel also.アジアのマイナー、校長席の千年の教えは、バラしている、いわゆるアロゴス派に反対するだけでなく、対至福千モンタヌス、しかし、彼らはあまりにもはるかには、野党は、拒否するだけでなく、聖ヨハネの黙示録、その作者として主張ケリントスが、彼も福音です。 The opposition to millenarianism became more general towards the end of the second century, going hand in hand with the struggle against Montanism.至福千年の反対をより一般的になった第2世紀の終わり頃には、手に手を取って行くとの戦いにモンタヌス。 The Roman presbyter Caius (end of the second and beginning of the third century) attacked the millenarians.ローマの祭司キーズ(終わりと始まり、第2 、第3世紀)の襲撃millenarians 。 On the other hand, Hippolytus of Rome defended them and attempted a proof, basing his arguments on the allegorical explanation of the six days of creation as six thousand years, as he had been taught by tradition.その一方で、ローマのヒッポリュトスかれらを擁護しようとする証拠は、彼の引数を根拠にして寓話の説明の後、 6日間の創出として6000年に、彼は伝統に教えられた。

The most powerful adversary of millenarianism was Origen of Alexandria.至福千年の最も強力な敵対者は、原産地のアレキサンドリアのです。 In view of the Neo-Platonism on which his doctrines were founded and of his spiritual-allegorical method of explaining the Holy Scripture, he could not side with the millenarians.ネオプラトン哲学を考慮して設立された彼と彼の精神的な教説の寓話の方法を説明した教典、彼はできませんでしたが、サイドmillenarians 。 He combatted them expressly, and, owing to the great influence which his writings exerted on ecclesiastical theology especially in Oriental countries, millenarianism gradually disappeared from the idea of Oriental Christians.彼combatted明示して、そして、彼のおかげで大きな影響力を行使して教会の神学特に記述オリエンタル国では、至福千年から徐々に姿を消したという発想オリエンタルキリスト教徒です。 Only a few later advocates are known to us, principally theological adversaries of Origen.ほんの数知られている私たちは、その後擁護者は、主として神学敵の原産地です。 About the middle of the third century, Nepos, bishop in Egypt, who entered the lists against the allegorism of Origen, also propounded millenarian ideas and gained some adherents in the vicinity of Arsino .第3世紀の半ばごろ、ネポス、ビショップエジプトでは、反対者リストに入ったの寓意的解釈の原産地は、千年の提唱にもいくつかのアイデアや支持を得たの近くアルシノ。 A schism threatened; but the prudent and moderate policy of Dionysius, Bishop of Alexandria, preserved unity; the chiliasts abandoned their views (Eusebius "Hist. Eccl.", VII, 14).分裂脅かさ;しかし、賢明な政策と穏健派のディオニュシオス、アレクサンドリアの司教は、保存団結; chiliasts捨て、自分の意見(ユーセビアス"シーッ。 eccl 。 " 、第VII 、 14 ) 。 Egypt seems to have harboured adherents of millenarianism in still later times Methodius, Bishop of Olympus, one of the principal opponents of Origen at the beginning of the fourth century, upheld chiliasm in his Symposion (IX, 1, 5).エジプトharboured支持者を持つようにまだ至福千年後に倍のmethodius 、司教のオリンパスは、 1つの主要な反対派の原産地の第4世紀の初めには、彼の支持で1000年至福シンポジオン( 9 、 1 、 5 ) 。 In the second half of the fourth century, these doctrines found their last defender in Apollinaris, Bishop of Laodicea and founder of Apollinarism (q.v.).また、下半期の第4世紀には、これらの教説が見つかりましたアポリナリス彼らの最後の守備では、ビショップとの創立者のラオディケアapollinarism ( qv ) 。 His writings on this subject, have been lost; but St. Basil of Caesarea (Epist. CCLXIII, 4), Epiphanius (Haeres. LXX, 36) and Jerome (In Isai. XVIII) testify to his having been a chiliast.彼の記述して、この問題は失われてしまいました;しかし、聖バジルのcaesarea ( epist. cclxiii 、 4 ) 、聖エピファニオス( haeres. 70 、 36 )とジェローム( isai 。 18 )の証言を続けてきた彼のchiliast 。 Jerome also adds that many Christians of that time shared the same beliefs; but after that millenarianism found no outspoken champion among the theologians of the Greek Church.ジェローム追加しても多くの時間を共有して、同じキリスト教徒の信念;しかし、その後は見つかっていないと辛口の至福千年のチャンピオンの中には、ギリシャの神学者教会です。

In the West, the millenarian expectations of a glorious kingdom of Christ and His just, found adherents for a long time.西の方では、栄光の千年王国を期待するだけでは、キリストと彼は、支持者のために長い時間が見つかりました。 The poet Commodian (Instructiones, 41, 42, 44) as well as Lactantius (Institutiones, VII) proclaim the millennial realm and describe its splendour, partly drawing on the earlier chiliasts and the Sybilline prophecies, partly borrowing their colours from the "golden age" of the pagan poets; but the idea of the six thousand years for the duration of the world is ever conspicuous.詩人commodian ( instructiones 、 41 、 42 、 44 )だけでなく、ラクタンティウス( institutiones 、 7 ) 、千年宣言を記述する領域とその輝きは、以前の部分を描画してchiliastsとsybilline予言は、彼らの部分の色からの借入"の黄金時代"とは、異教の詩人;しかし、そのアイデアは、 6000年に世界では、これまでの期間は目立つ。 Victorinus of Pettau also was a millenarian though in the extant copy of his commentary on the Apocalypse no allusions to it can be detected.プトゥイvictorinusのは、千年にもかかわらず彼は、現存のコピーを解説していないの黙示録allusionsを検出することができます。 St. Jerome, himself a decided opponent of the millenial ideas, brands Sulpicius Severus as adhering to them, but in the writings of this author in their present form nothing can be found to support this charge.聖ジェロームは、自分自身の相手をすることを決めたmillenialアイデア、セウェルスsulpiciusブランドとして守ってんだけど、でも、この記述は、著者は、現在の形に何もない、この電荷をサポートすることができます。 St. Ambrose indeed teaches a twofold resurrection, but millenarian doctrines do not stand out clearly.聖アンブローズ実際には二重の復活の教えが、千年の教説を明確にしないで際立っている。 On the other hand; St. Augustine was for a time, as he himself testifies (De Civitate Dei, XX, 7), a pronounced champion of millenarianism; but he places the millennium after the universal resurrection and regards it in a more spiritual light (Sermo, CCLIX).その半面;聖アウグスティヌスは時間のために、彼は自分自身証明(デcivitateデイは、 XXを、 7 )で、チャンピオンの至福千年と発音;しかし、彼の後、ミレニアムユニバーサル復活の場所とすることについて、もっと精神的な光( sermo 、 cclix ) 。 When, however, he accepted the doctrine of only one universal resurrection and a final judgment immediately following, he could no longer cling to the principal tenet of early chiliasm.ときには、しかし、彼は1つしか普遍の原則を受け入れたと復活の直後、最終的な判断は、もはや彼が、校長にしがみつく1000年至福の初期の教義です。 St. Augustine finally held to the conviction that there will be no millennium.最後に行われた聖アウグスティヌスのミレニアムの余地はないと確信しています。 The struggle between Christ and His saints on the one hand and the wicked world and Satan on the other, is waged in the Church on earth; so the great Doctor describes it in his work De Civitate Dei.キリストとの間の闘争は、片手で彼の聖人と悪魔の邪悪な世界とは、他のは、教会では、地球上で繰り広げ;ので、医者に説明することで彼の偉大な仕事デcivitateデイです。 In the same book he gives us an allegorical explanation of Chapter 20 of the Apocalypse.彼は私たちと同じ本を説明する寓話の黙示録第20章。 The first resurrection, of which this chapter treats, he tells us, refers to the spiritual rebirth in baptism; the sabbath of one thousand years after the six thousand years of history is the whole of eternal life -- or in other words, the number one thousand is intended to express perfection, and the last space of one thousand years must be understood as referring to the end of the world; at all events, the kingdom of Christ, of which the Apocalypse speaks, can only be applied to the Church (De Civitate Dei, XX 5-7).最初の復活は、この章で扱われるのが、私たちと彼は言うが、バプテスマを指しているために精神的な再生;安息日の1000年後の6000年の歴史は、全体の永遠の命-あるいは言い換えると、その番号1000は、完ぺきに意図を表明し、 1000年の最後の空間として理解しなければならないの終わりに言及し、世界;すべてのイベントでは、キリストの王国、そのうち喋るの黙示録は、教会の中でのみに適用される(デcivitateデイは、 XXの5-7 ) 。 This explanation of the illustrious Doctor was adopted by succeeding Western theologians, and millenarianism in its earlier shape no longer received support.この説明で採択された医師の輝かしい成功ウエスタン神学、そして至福千年は、もはや以前の形を受け取ったサポートしています。 Cerinthus and the Ebionites are mentioned in later writings against the heretics as defenders of the millennium, it is true, but as cut-off from the Church. ebionitesケリントスと後で記述に対しては、言及を異端としては、ミレニアムの守備は、それは真実ではなく、教会のカットオフからです。 Moreover, the attitude of the Church towards the secular power had undergone a change with closer connection between her and the Roman empire.しかも、その態度は、教会に向かって世俗の権力を受けた彼女の間の接続を変更して近づくとローマ帝国。 There is no doubt that this turn of events did much towards weaning the Christians from the old millenarianism, which during the time of persecution had been the expression of their hopes that Christ would soon reappear and overthrow the foes of His elect.疑いの余地はないが、このイベントは多くの方の電源離乳至福千年の昔からのキリスト教徒は、迫害の中にいた時、彼らの表情は、キリストが間もなく届くと期待して転覆し、彼の反対者を選出します。 Chiliastic views disappeared all the more rapidly, because, as was remarked above, in spite of their wide diffusion even among sincere Christians, and in spite of their defence by prominent Fathers of the early Church, millenarianism was never held in the universal Church as an article of faith based on Apostolic traditions.より多くの意見をすべて姿を消したchiliasticが急速に進んでいるため、上記の発言としては、彼らにもかかわらず誠実なキリスト教徒の間でも広く普及し、彼らの防御されたにもかかわらず、初期の著名な教会の長老たちは、至福千年には決して普遍的で開かれた教会として伝統使徒信条に基づいています。 The Middle Ages were never tainted with millenarianism; it was foreign both to the theology of that period and to the religious ideas of the people.中世には絶対に染まって至福千;ていた外国人の両方を、その期間の神学とは、人々の宗教的なアイデアだ。 The fantastic views of the apocalyptic writers (Joachim of Floris, the Franciscan-Spirituals, the Apostolici), referred only to a particular form of spiritual renovation of the Church, but did not include a second advent of Christ.終末論作家の幻想的な見方をして(フロリスヨアヒムのは、フランシスコ会-霊歌、 apostolici )は、参照のみを特定の形式で精神的な革新の教会ではなく、 2番目は含まれていないキリストの到来です。 The "emperor myths," which prophesied the establishment of a happy, universal kingdom by the great emperor of the future, contain indeed descriptions that remind one of the ancient Sybilline and millenarian writings, but an essential trait is again missing, the return of Christ and the connection of the blissful reign with the resurrection of the just. "皇帝神話は、 "幸せに設置することを予言、ユニバーサル王国天皇の偉大される将来的には、実際に含まれる1つの説明を思い出さsybillineと千年の記述は、古代のではなく、本質的な特徴は、再び行方不明になり、キリストの帰還との接続は、至福の治世だけでは、復活している。 Hence the millennium proper is unknown to them.したがって、その適切なミレニアムが不明にしてください。 The Protestantism of the sixteenth century ushered in a new epoch of millenarian doctrines.プロテスタントは、 16世紀の新しい時代にushered千年の教説です。 Protestant fanatics of the earlier years, particularly the Anabaptists, believed in a new, golden age under the sceptre of Christ, after the overthrow of the papacy and secular empires.プロテスタントの狂信者は、初期の数年間に、特にanabaptists 、信じて、新しい、キリストの黄金時代セプターの下には、後のローマ教皇と世俗打倒帝国。 In 1534 the Anabaptists set up in Münster (Westphalia) the new Kingdom of Zion, which advocated sharing property and women in common, as a prelude to the new kingdom of Christ. anabaptistsセットアップされ、 1534年にミュンスター(ヴェストファーレン) 、新王国ザイオンは、女性の主張と共通の共有財産として、新たな王国をキリストの前奏曲です。 Their excesses were opposed and their millenarianism disowned by both the Augsberg (art. 17) and the Helvetian Confession (ch. 11), so that it found no admission into the Lutheran and Reformed theologies.彼らの行き過ぎが反対したdisowned至福千年とその両方augsberg (第17 )とhelvetian告白(第11 ) 、入場料は見つかりませんでしたので、それをルター派と改革派theologies 。 Nevertheless, the seventeenth and eighteenth centuries produced new apocalyptic fanatics and mystics who expected the millennium in one form or another: in Germany, the Bohemian and Moravian Brethren (Comenius); in France, Pierre Jurien (L'Accomplissement des Propheties, 1686); in England at the time of Cromwell, the Independents and Jane Leade.にもかかわらず、 17世紀末と18世紀にもわたって作ら新しい千年紀狂信者や神秘主義者たちの予想では1つのフォームまたは別:ドイツでは、ボヘミアとモラヴィア兄弟団(コメニュウス) ;フランスでは、ピエールjurien ( l' accomplissementデpropheties 、 1686 ) ;クロムウェルはイングランドいる時点では、無所属とジェーンleade 。 A new phase in the development of millenarian views among the Protestants commenced with Pietism.新たな発展段階には、千年の間の意見のプロテスタント敬けん開始しています。 One of the chief champions of the millennium in Germany was I.A. 1つは、ミレニアムのチーフチャンピオンズドイツでは、アイオワ州 Bengel and his disciple Crusius, who were afterwards joined by Rothe, Volch, Thiersch, Lange and others.ベンゲルクルージウスと彼の弟子たちが参加したローテその後、 volch 、チールシュ、ランゲや他のです。 Protestants from Wurtemberg emigrated to Palestine (Temple Communities) in order to be closer to Christ at His second advent.プロテスタントから移住してパレスチナwurtemberg (コミュニティ寺)の近くにはキリストのためには、彼の2番目の出現です。 Certain fantastical sects of England and North America, such as the Irvingites, Mormons, Adventists, adopted both apocalyptic and millenarian views, expecting the return of Christ and the establishment of His kingdom at an early date.特定の幻想的な宗派のイングランドと北アメリカのように、 irvingites 、モルモン教、 adventists 、千年の採択との意見の両方を終末論は、キリストのリターンを期待し、彼の王国の確立を早期に公開されます。 Some Catholic theologians of the nineteenth century championed a moderate, modified millenarianism, especially in connection with their explanations of the Apocalypse; as Pagani (The End of the World, 1856), Schneider (Die chiliastische Doktrin, 1859), Rohling (Erklärung der Apokalypse des hl. lohannes, 1895; Auf nach Sion, 1901), Rougeyron Chabauty (Avenir de l'Eglise catholique selon le Plan Divin, 1890). 19世紀には、いくつかのカトリック神学支持する穏健派は、修正至福千年、特に彼らの説明に関連しての黙示録;としてpagani (エンドオブザワールドは、 1856 ) 、シュナイダー(ダイchiliastische doktrin 、 1859年) 、 rohling ( erklärungデアapokalypseデhl 。 lohannes 、 1895 ; auf nachシオン、 1901 ) 、 rougeyronシャボテ( avenirドレグリーズカトリックdivin selonル計画は、 1890年) 。

Publication information Written by J.P. Kirsch. jpキルシュによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Donald J. Boon.ドナルドブーン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.カトリック百科事典は、 1911年のボリュームXで公開されます。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認は、 11年10月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Imminence 切迫
Adventism 再臨説

London (Westminster) Confession ロンドン(ウェストミンスター)の告白
Augsburg Confession アウクスブルク信仰告白
Thirty-Nine Articles 39の記事

Second Coming of Christ キリストの再臨
Eschatology 終末論
Dispensation, Dispensationalism 天啓、天啓的史観
Last Judgement 最終判断
Rapture, Tribulation ラプチャー、試練
Tribulation, Great Tribulation 試練は、大きな試練


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです