Moravian Churchモラヴィア教会

General Information 総合案内

The Moravian Church is a Protestant communion closely linked to Lutheranism.モラビアは、プロテスタント教会の聖体拝領ルター主義と密接に結びついています。 It has its roots in the Czech Reformation and is a direct continuation of the Bohemian Brethren.それには、チェコ語のルーツは、改革の継続とは、直接、ボヘミア兄弟団です。

Influenced by the spiritual heritage of John Huss, Brother Gregory founded the Bohemian Unity of Brethren, which, having functioned within the Utraquist group of Hussites for a decade, separated in 1467 and established an independent ministry.影響されて、精神的な遺産のジョンフス、弟のグレゴリー設立ボヘミア同胞の団結、これは、 utraquistグループ内での役割がhussitesため、 10年に分離独立した1467部を設立しています。 The reform movement based itself solely on the Bible, and its leaders were able to procure non Roman ordination from a bishop of the Waldenses.改革の動きだけをベースにして聖書そのものであり、その指導者を調達することができました以外のローマからの司教のワルド派聖職叙任。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Occasional persecution of the Unity became systematic in the 16th century, a period marked by the theological creativity of Lukas of Prague (c. 1460 - 1528) and Jan Augusta (1500 - 72) and by contact with other Protestant reformers.不定期の迫害を系統的になったのは16世紀に団結し、ピリオドでマークされて神学の創造性ルーカスプラハ( c. 1460 -1 528)と1月オーガスタ( 1 500- 72 )と接触して他のプロテスタントの宗教改革された。 Toleration obtained in 1609 was short lived as the Czech Protestants were expelled by Catholic advances in the Thirty Years' War (1627).寛容で入手した1609年のチェコスロバキアとしては、ショートに住んで追放されたカトリックプロテスタントの進歩は、 30年戦争( 1627年) 。 John Amos Comenius, the Unity's last bishop, led the group into exile.ジョンアモスコメニュウスは、団結の最後の司教は、グループの国外追放をリードしています。 A century later, representatives of German Pietism encouraged survivors of the Unity to migrate from Moravia to Saxony, where in 1722 the community of Herrnhut was founded.一世紀後、ドイツ代表の生存者の団結を奨励敬けんに移行してザクセンモラビアから、どこで、コミュニティのヘルンフート1722設立。 Graf von Zinzendorf assumed leadership, and a spiritual awakening swept the congregation in 1727, which is often taken as the founding date of the Moravian Church.グラーフフォンツィンツェンドルフリーダーシップを想定し、集会では、 1727年スウェプト気付き、これはしばしば取らとしては、モラヴィア教会の創立日です。

The Moravians were pioneers in Protestant home and foreign missions, seeking renewal of European Christianity and the evangelization of the non Christian world.ホームmoraviansれたプロテスタントの先駆者の外国公館や、欧州の更新を求めてキリスト教とキリスト教以外の世界の福音伝道のです。 August Gottlieb Spangenberg, sent to America in 1735, founded churches in Georgia, Pennsylvania, and North Carolina.シュパンゲンベルクゴットリーブ8月、アメリカで送られた1735 、ジョージア州の教会を設立、ペンシルベニア州、ノースカロライナ州とします。 Zinzendorf stimulated the church by his missionary leadership and religious genius, especially in community formation and cultic celebration.ツィンツェンドルフ刺激された彼の宣教教会や宗教指導者の天才、特にコミュニティの形成と祝賀cultic 。 He also troubled the church with financial instability and devotional excesses that nearly wrecked it in the 1740s.彼はまた、金融の不安定性に問題を抱えた教会の祈りの行き過ぎとは、 1740年代に難破して近くです。 After his death more moderate leadership was introduced by Spangenberg.彼の死の後こちらシュパンゲンベルク穏健派指導部が紹介されています。

Moravianism is basically presbyterian in structure, and its bishops are chosen on spiritual merit to serve in pastoral and cultic roles rather than in administrative ones. moravianism長老では、基本的構造、およびその司教は、精神的なメリットを提供する上で選ばれた牧歌的というよりは行政の役割culticものです。 Composed of approximately 360,000 members, the Moravian Church has played a major role in the development of Protestant worship, evangelism, missions, and theology in the last three centuries.構成メンバーは約360000 、モラヴィア教会の再生に大きな役割を果たすには、プロテスタントの発展に仕え、福音主義、ミッション、そして神学では、過去3世紀にもわたっている。

James D Nelsonジェームズdネルソン

Bibliography 文献情報
G L Gollin, Moravians in Two Worlds: A Study of Changing Communities (1967); J T / K G Hamilton, History of the Moravian Church: The Renewed Unitas Fratrum, 1722 - 1957 (1967); E Langton, History of the Moravian Church (1956). gl gollin 、 2つの世界でmoravians :コミュニティの変化に関する研究( 1967 ) ;日本たばこ産業/ kgのハミルトンは、教会の歴史のモラヴィア: unitas fratrumのリニューアルは、 1722 -1 957( 1 967) ; eラングトン、モラヴィア教会の歴史( 1 956年) 。


Bohemian Brethrenボヘミア兄弟団

Catholic Information カトリック情報

(MORAVIAN BRETHREN, or UNITAS FRATRUM). (モラヴィア兄弟団、あるいはunitas fratrum ) 。

DEFINITION AND DOCTRINAL POSITION定義や教義上の位置

"Bohemian Brethren" and "Moravian Brethren" are the current popular designation of the Unitas Fratrum founded in Bohemia in 1457, renewed by Count Zinzendorf in 1722, and still active in our own day. "ボヘミア兄弟団"と"モラヴィア兄弟団"の名称は、現在の人気unitas fratrum設立された1457ボヘミアでは、リニューアルされた1722カウントツィンツェンドルフでは、依然として活発で、私たち自身の日です。 Placing life before creeds, the Moravian Church seeks "to exemplify the living Church of Christ constituted or regenerated men and women, while it affords a common meeting-point for Christians who apprehend dogmas variously".生活信条を配置する前には、モラヴィア教会シーク"を体現するキリスト教会の生活を構成したり、男性と女性の再生は、会議中に共通点を支払う人を逮捕キリスト教徒教義さまざま" 。 Personal faith in the crucified Saviour constitutes the chief foundation for the fellowship thus established.個人的な信仰は、十字架につけられ、救い主のチーフの基礎を構成するためのフェローシップを設立。 Scripture is the only rule of faith, but "nothing is posited as to the mode of inspiration, for this partakes of the mysteries which it has not pleased God to reveal".啓典の信仰は、唯一のルールですが、 "何もないが、モードのインスピレーションをpositedとしては、このためであるが、謎を明らかにすることは、神に満足していない" 。 The Trinity, the Fall, Original Sin, and "Total Depravity" are admitted, but "discussion about them is shunned".このトリニティは、秋には、原罪、および"全堕落"とは認めたが、 "についての議論は敬遠して" 。 The Love of God manifested in Christ - without theories about the mode - is the centre of Moravian belief and practice.神の愛を明らかにし、キリストは-w ithout理論については、モード-モラヴィアの中心部には、信念と実践です。 Justification by faith alone and the necessity of regeneration "are posited as facts of personal experience".他力本願だけで、再生の必要性"は、個人的な経験事実としてposited " 。 Sanctifying grace, the need of prayer, and other public means of grace, a complete ritual, a strict discipline, "the orders of the ministry with no conception of the functions of the episcopate", i.e. bishops ordain, but the episcopal office implies no further ruling or administrative power (see infra in regard to Zinzendorf), Baptism and the Lord's Supper as the only sacraments, and the common Christian eschatology: Resurrection, Judgment, Heaven, Hell; such are the tenets from which Moravians are expected not to depart, whilst they are allowed to speculate about them on Scriptural lines with entire liberty. sanctifyingグレースは、祈りの必要性、およびその他の公共の手段グレースは、完全な儀式には、厳格な規律は、 "教育部の命令なしでは、関数の概念bishopの地位" 、すなわち命じる司教は、聖公会の事務所が、お察しのないさらに与党や行政権力(ツィンツェンドルフ関連してインフラを参照してください) 、そして、主の洗礼の秘跡だけで夕食としては、キリスト教との共通の終末論:復活、審判、天国、地獄;教義からは、どのようなことが期待しないように出発moraviansは、彼らが認められている間に聖書について思索して行全体を自由にします。

HISTORY OF THE ANCIENT UNITAS FRATRUM (1457-1722)古代史unitas fratrum ( 1457-1722 )

The Bohemian Brethren are a link in a chain of sects beginning with Wyclif (1324-84) and coming down to the present day.ボヘミア兄弟団の中には、リンクをクリックするwyclifチェーンの宗派で始まる( 1324年から1384年)と、現在の一日を下りています。 The ideas of the Englishman found favour with Hus, and Bohemia proved a better soil for their growth than England.そのアイデアは、英国人が見つかりましたフス賛成して、より良い土壌とボヘミアを証明するためにイングランドに比べて成長した。 Both Wyclif and Hus were moved by a sincere desire to reform the Church of their times; both failed and, without intending it, became the fathers of new heretical bodies - the Lollards and the Hussites.フス両方wyclifと誠実な願いを動かされるが、教会の改革の時代;両方に失敗したとは、意図することなしに、新たな異端の祖先になった遺体-l ollardsとh ussites。 The former were persecuted out of existence in England by Catholic rulers; the latter prospered in Bohemia, thanks to royal and national support.元イングランドが迫害されたカトリック教徒のうち、支配者の存在;ボヘミア後者の繁栄は、王室と国民のおかげでサポートしています。 The burning of John Hus at the stake for his stubborn adherence to the condemed doctrines of Wyclif (at Constance, 6 July, 1415) was considered an insult to the faith of the Bohemian nation, which, since its first conversion to Christianity, had never swerved from the truth.バーニングのジョンフスは、利害関係のために、彼の頑固な粘着condemed教説のwyclif (コンスタンツでは、 1415年7月6日)を侮辱する行為とみなされたのは、信仰の自由奔放な国では、最初に変換して以来、キリスト教には、行ったことがないswervedからの真理です。 The University of Prague came boldly forward to vindicate the man and his doctrines; the party which hitherto had worked at reforming the Church from within now rejected the Church's authority and became the Hussite sect.大学のプラハ大胆に前方に来た男と彼の教説の正当性を立証する;党がこれまで働いていたから、教会内での改革は教会の権威を拒否された今となっては宗派フス信奉者だ。 Divisions at once arose amongst its members.部門間のメンバーを一度に起こりました。 Some completely set aside the authority of the Church and admitted no other rule than the Bible; others only demanded Communion under both kinds for the laity and free preaching of the Gospel, with some minor reforms.いくつかを完全に空けておくと、教会の権威を認めていない他のルールよりも聖書;聖体拝領を求めたの下でのみ他の種類の両方のための福音説教素人と無料で、いくつかのマイナー改革している。 The former, who met for worship at "Mount Tabor", were called Taborites; the latter received the name of Calixtines, i.e., the party of the Chalice.前者は、人のための礼拝堂で会った"マウント小太鼓"と呼ばれたtaborites ; calixtinesの名前を受け取った後者、すなわち、党の聖杯です。 As long as they had a common enemy to fight they fought together under the leadership of that extraordinary man, John Trocznowski, known as Zizka (the one-eyed), and for fully fifteen years proved more than a match for the imperial armies and papal crusaders sent to crush them.限り、彼らは共通の敵と闘うために戦ってきた彼らのリーダーシップのもとに共同して臨時の男、ジョンtrocznowski 、として知られてジシュカ(片目)とは15年に完全試合を証明するために皇室を超えると教皇の軍隊ときめき十字軍に送信してください。 Peace was at length obtained, not by force of arms, but by skilful negotiations which resulted in the "Compactata of Basle" (30 November, 1433).平和が得られる長さではなく、武力ではなく、熟練の交渉につながった" compactataのバーゼル" ( 1433年11月30日) 。 The compact was chiefly due to the concessions made by the Calixtine party; it found little or no favour with the Taborites.主には、コンパクトで作られるため、譲歩calixtine党;ことが見つかりましたtaboritesほとんど、あるいは全く賛成しています。 The discontent led to a feud which terminated at the Battle of Lippau (30 May, 1434) with the death of Procopius, the Taborite leader, and the almost total extinction of this party.不満の確執を主導するのは、終端lippauの戦い( 1434年5月30日)の死をprocopius 、 taborite指導者は、これとほぼ絶滅党の合計です。 The small remnant, too insignificant to play a role in politics, withdrew into private life, devoting all their energies to religion.小さなレムナントは、あまりにも微々たるものにする役割を果たす政治、私生活を撤回し、彼らのエネルギーをすべての宗教devoting 。 In 1457 one section formed itself into a separate body under the name of the "Brethren's Union" (Unitas Fratrum), which is now generally spoken of as the Bohemian Brethren. 1457自体には1つのセクションを個別に体形成の名の下に、 "同胞の労働組合" ( unitas fratrum )は、通常、これは今、ボヘミア兄弟団として話されるのです。 Their contemporaries coined for them several opprobrious designations, such as Jamnici (cave-dwellers) and Pivnicnici (beerhouse men), Bunzlau Brethren, Picards (corrupted to Pickarts), etc.鋳造用の契約していくつかの不名誉な指定など、 jamnici (洞くつ-ビヤホールの住人)とpivnicnici (男性)は、同胞ブンツラウ、 picards (破損してpickarts )等

The originator of the new sect was a certain Gregory, a nephew of the leading Calixtine preacher, Rokyzana, whose mind was imbued with the conviction that the Roman Church was helplessly and hopelessly corrupt.新教派の生みの親は、特定のグレゴリー、説教師の甥であるリーディングcalixtine 、 rokyzana 、その心に染み込んと確信していたローマ教会はどうすることもできず、どうしようも破損しています。 Gregory therefore decided to found a new Church in accordance with his uncle's and his own ideas of what a perfect Church should be.グレゴリーしたがって、新しい発見を決めた叔父の教会に基づいて、自分のアイデアや教会では何をしなければならない完璧です。 Through Rokyzana's influence he obtained leave from the governor George von Podiebrad to organize a community in the village of Kunwald near Senftenberg.彼の影響力を残すrokyzanaを通じて入手してから、州知事のジョージフォンポディエブラートコミュニティを組織するのは、村の近くにゼンフテンベルククンバルト。 Michel, the parish priest of Senftenberg, and Matthias, a farmer of Kunwald, joined Gregory, and soon the community counted several thousand members.ミシェルは、教区司祭のゼンフテンベルク、マティアスとは、ある農民のクンバルト、グレゴリー入社し、すぐに数千人のコミュニティのメンバーにカウントされます。 Their distinguishing tenets at this early period were rather vague: abolition of all distinctions of rank and fortune, the name of Christian being the one all-sufficient dignity; abolition of oaths, of military service, etc. Governor von Podiebrad kept a vigilant eye on the growing community.彼らの区別がかなり早い時期から、この教義かすむ:すべての区別を廃止フォーチュンランクとは、 1つの名前をすべてのクリスチャンが、十分な尊厳;廃止を誓い、兵役等知事フォンポディエブラート油断のない目で保管してコミュニティに成長しています。 In 1461 he had Gregory and several other persons arrested on suspicion of reviving the heresies of the Taborites.彼はグレゴリーで1461人と他のいくつかの容疑で逮捕されるのtaborites再生heresies 。 The accused admitted that they did not believe in the real presence of Christ in the Holy Eucharist, but had partaken of the bread and wine at their nocturnal meetings as common food.非難していないことを認めたのは、本物の存在を信じて、キリストの聖体、 partakenものの、パンやワインでも共通の食品としての夜間ミーティング。 They were set free, but, to avoid further interference, Gregory and his companions fled into the Lordship of Reichenau, where they lived hidden in the mountains.無料で設定されたものではなく、さらなる干渉を避けるためには、グレゴリーと仲間を支配逃げたライヒェナウは、どこに住んで山が隠されている。 There, in 1464, was held a secret assembly consisting of Brethren from Bohemia and Moravia, who accepted as basis of their creed the doctrine that justification is obtained through faith and charity and confers the hope of eternal salvation.そこは、 1464は、秘密集会が開かれた。ベーメンメーレンから成る兄弟は、誰の基盤として利用して自分の信条の教義を信仰や慈善団体を通じて正当性が得られると期待confersの永遠の救いだ。 The rich were requested to abandon their wealth and worldly pomp and to live in voluntary poverty.金持ちが要求を放棄しては世俗的な富と貧困の自発的な華やかさに住んでいるとしています。 The Brethren were to give up private property for the benefit of the Brotherhood.兄弟は、私有財産を放棄することの利益のために、同胞団です。 Anyone not observing the brotherhood of faith and practice was to be separated from the community.誰も見ていないが、同胞団の信仰と実践のコミュニティから分離される。

Meanwhile the persecution continued.いっぽう、迫害を続けています。 The Utraquist (Calixtine) priests refused the Sacrament to the Brethren.プリーストのutraquist ( calixtine )聖餐式を拒否したの兄弟です。 These, therefore, were forced to constitute a priesthood of their own belief.これらのは、このため、強制的には聖職に就くには、独自の信念を構成する。 A bishop and a number of priests were chosen by lot, and the separation from the Utraquists became an accomplished fact.ビショップとする数多くのプリーストが抽選で選ばれた、とutraquistsから分離する既成事実になった。 The head of the Austrian Waldenses, who was believed to have received consecration from a real bishop, gave episcopal orders to the ex-parish priest, Michael, and Michael consecrated his friend, Matthias, bishop and ordained several priests.オーストリアのワルド派の頭の部分を、奉献受け取っていたとみられているから本物の司教は、聖公会の受注を与えた元教区司祭、マイケルは、彼の友人とマイケル聖体拝領、マティアスは、いくつかのプリーストビショップと定められた。 The new Bishop Matthias of Kunwald then reordained his consecrator, to make him a true priest of the Brotherhood.新司教のマティアスクンバルトそれから彼reordained奉献者は、彼の真の司祭を作るの兄弟です。 This happened in 1467 at the synod of Lhotka, near Reichenau, where also all those present were rebaptized. 1467こんなことが起こったのでは、会議のlhotka 、近くライヒェナウは、その場に居合わせた人がどこでもすべてのrebaptized 。 The breach with both Catholics and Utraquists was now completed, and the Brethren began to order their community on the model of "the primitive Church".カトリック教徒の両方に違反していたとutraquists今すぐ完了すると、彼らのために始めたと同胞社会のモデル"の原始教会" 。 The governing power centred in a council presided over by a judge.イラク統治評議会が主宰する力を中心に判断される。 Four seniors, or elders, held the episcopal power. 4つの高齢者、または年長者は、開かれた、米国聖公会の電源です。 The priests had no property and were encouraged to celibacy.プリーストはなかったが、財産や独身を奨励しています。 The strictest morality and modesty were exacted from the faithful.慎み深さの厳しい道徳とは、忠実なexactedからです。 All acts subservient to luxury were forbidden; oaths and military service were only permitted in very exceptional cases.すべての行為が禁じられて卑屈に高級;誓い、兵役は非常に例外的な場合にのみ認められています。 Public sins had to be publicly confessed, and were punished with ecclesiastical penalties or expulsion.公共の罪を公然と告白されるが、教会とは、罰則や追放処分を受ける。 A committee of women watched with relentless severity over the behaviour of their sisters.女性委員会の重症度を見守った上での動作は彼らの容赦ない姉妹です。 A new persecution quickly followed on the synod of Lhotka.その後すぐには、新たな迫害の会議lhotka 。 The Brethren defended their cause in copious writings, but in 1468 many of them were imprisoned and tortured, one was burnt at the stake.その原因は多量の同胞擁護記述は、 1468だが、かれらの多くは投獄され、拷問を受けたが、 1つは、出資比率が焼けています。 The death of the governor George von Podiebrad in 1471 brought some relief.知事のジョージフォンの死をもたらした1471ポディエブラートでいくつかのレリーフ。 Brother Gregory died in 1473.グレゴリーの兄が死亡した1473 。 From 1480 Lucas of Prague was the leading man.ルーカス監督は、 1480プラハからメインの男です。 Thanks to him, and to toleration granted the Brethren by King Ladislaus II, the Brotherhood rapidly increased in numbers.彼のおかげで、寛容とを付与された王ラースロー2世の同胞は、同胞団の数字急速に増加しています。 By the end of the fifteenth century there were 400 communities. 15世紀末までに、 400人のコミュニティがあった。 Pope Alexander VI's endeavour to reconvert the Brethren (in 1499) proved futile.教皇アレクサンデル六世の同胞エンデバーに再変換する無益な立証( 1499 ) 。 About this time an internal feud in the "Unity of Brethren" led to a renewal of persecution.この時期の内部抗争については、 "同胞の団結"を主導するの迫害を更新した。 The Amosites, so called from their leader, Brother Amos, accused their more moderate Brethren of fomenting violent opposition to the Government in imitation of their spiritual ancestors, the Taborites.そのamosites 、いわゆる彼らの指導者からは、兄アモスは、被告人が自分の兄弟fomentingより穏健な暴力に反対し、政府が彼らの精神的な模造の先祖は、 taborites 。 King Ladislaus II thereupon issued a decree prohibiting the meetings of the Brethren under heavy penalties.そこで2世国王ラースロー禁止令を発行するのは、兄弟の下に重い罰則ミーティング。 In many places, however, the decree was left unheeded, and powerful landowners continued to protect the Brotherhood.いろいろなところで、しかし、左側に向けられない令は、継続的かつ強力な地主の兄弟を保護します。 Once more the king resorted to milder measures.かつてより多くの手段を軟らかいキング対策です。 In 1507 he invited the chiefs of the Brethren to meet the Utraquists in conference at Prague.彼は1507年には、招待状の長老utraquists同胞を満たすためにプラハで会見しています。 The Brethren sent a few rude, unlettered fellows unable to give answer to the questions of the professors.失礼な送信数の同胞は、読み書きのできない連中を与えるできませんでしたが、教授たちの質問に答えている。 The king regarded this as an insult and ordered all the meetings of the "Pickarts" to be suppressed, all their books to be burnt, and the recalcitrants to be imprisoned (1508).王の侮辱と考え、このよう命じ、すべてのミーティング" pickarts "抑圧される、すべてのは、書籍を焼き、およびrecalcitrants投獄される( 1508年) 。

The Brethren now began to look for foreign sympathy.同胞を探すため、外国人の同情を今始めた。 Erasmus complimented them on their knowledge of truth, but refused to commit himself further.エラスムスcomplimentedかれらは、真理の知識ではなく自分自身のさらなるコミットを拒否しています。 Luther objected to their doctrine on the Eucharist, to the celibacy of their clergy, to the practice of rebaptizing, and to the belief in seven sacraments.ルーサー反対して彼らの教義上の聖体は、独身の聖職者には、練習のrebaptizingには、 7つの秘跡を信念としています。 Brother Lucas answered in a sharp pamphlet and, having ascertained the low standard of church discipline among the Lutherans of Wittenberg, ceased all attempts at union.ルーカス監督は、シャープのパンフレットの兄と答え、判然とするが、低水準の教会の間に規律をlutheransヴィッテンベルク、やんだのすべての労働組合の試みです。 At the same time (1525) Lucas rejected the Zwinglian doctrines which some Brethren were trying to introduce.それと同時にツヴィングリ( 1525 )ルーカスの教説を拒否されたいくつかの同胞を導入しようとしていた。 After the death of Lucas (1528) the government of the Brotherhood passed into the hands of men fond of innovations, among whom John Augusta is the most remarkable.ルーカス監督の死の後( 1528 ) 、政府は、同胞団の手に渡されること気に入っているの革新的な男性は、ジョンオーガスタのうち誰が最も顕著です。 Augusta reopened negotiations with Luther and so modified his creed that it gained the Reformer's approbation, but the union of the two sects was again prevented by the less rigid morals of the Lutherans in Bohemia and Moravia.オーガスタルーサーとの交渉を再開だから彼の信条修飾改質装置の賛同を得たことが、労働組合は、再び阻止される2つの宗派が少ないlutheransでは、厳格な道徳ベーメンメーレン。 Augusta pleaded for stricter church discipline, but Luther dismissed him, saying: "Be you the apostle of the Bohemians, I will be the apostle of the Germans. Do as circumstances direct, we will do the same here" (1542).オーガスタ教会の規律を厳格化については、しかし、ルーサー解任彼は、と言って: "あなたの使徒には、 bohemians 、私は、ドイツ人の使徒です。状況を直接行うとして、我々はここでは、同じ" ( 1542年) 。 Soon afterwards the Bohemian Estates were requested to join Charles V in his war against the Smalkaldic league.そのすぐ後には、自由奔放な土地への参加を要請したチャールズV INでsmalkaldicリーグの戦いです。 Catholics and old Utraquists obeyed, but the Bohemian Protestants, having met in the house of Brother Kostka, established a kind of provisional government composed of eight members, four of whom belonged to the Brotherhood, and appointed a general to lead the armed rebels into Saxony against the emperor.古いutraquistsカトリックと言われたとおりには、しかし、自由奔放なプロテスタント、家の中の弟に会ったことコストカは、ある種の確立に8人のメンバーで構成さ暫定政府は、 4人の兄弟に所属し、総長を任命する武装集団をリードするザクセン天皇反対です。 Charles's victory over the Smalkaldians at Muhlberg (1547) left the rebels no choice but to submit to their king, Ferdinand I. The Brethren, who had been the chief instigators of the rebellion, were now doomed to extinction.チャールズの勝利で、 smalkaldians左muhlberg ( 1547年)を提出し、反乱軍をつけるしかない彼らの王、フェルディナンドi.の同胞は、長されていたの反乱instigators 、今は絶滅の運命にある。 John Augusta and his associate, Jacob Bilek, were cast into prison; the Brethren's meetings were interdicted throughout the whole kingdom; those who refused to submit were exiled.ジョンオーガスタと彼の仲間は、ジェイコブbilek 、刑務所に投げ込まれるが、その兄弟のミーティングが全体を通してinterdicted王国;者が亡命中の提出を拒否しています。 Many took refuge in Poland and Prussia (1578); those who remained in the country joined, at least pro forma, the Utraquist party.避難した多くのポーランドとプロイセン( 1578 ) ;参加した人たちはその国では、少なくともプロフォーマベースのは、党のutraquist 。 Owing to Maximilian II's leniency and Protestant propensities, the Bohemian diet of 1575 could draw up the "Bohemian Confession of Faith" in which the principles of the Brethren find expression along with those of the Lutherans.おかげで情状酌量をマクシミリアン2世とプロテスタントの傾向は、 1575自由奔放な食生活の可能性を起草する"ボヘミアン信仰告白"があり、その兄弟を見つけるの原則に沿って表現して、それらのlutherans 。 Under Rudolph II (1584) persecution was again resorted to, and lasted with more or less intensity down to 1609, when Rudolph's Charter granted the free exercise of their religion to all Protestants.ルドルフ2世の下では、再び迫害手段( 1584年)には、多かれ少なかれ強度と続いたダウンして1609年には、憲章に付与する際のルドルフ自分たちの宗教の自由の行使をすべてのプロテスタントです。 No sooner, however, did external oppression relent than internal dissension broke out in the Protestant ranks.や否や、しかし、抑圧は外部よりも内部のあつれきが勃発しました。くじけプロテスタントは、階段を上る。 The Consistory, composed of Lutherans and Brethren, was unable to maintain peace and union between the two parties.この教会会議は、同胞で構成さlutheransとは、平和を維持することができませんでしたし、両党間の労働組合です。 Ferdinand II, after his victory over the rebellious Bohemians at the white Mountain near Prague (1620), offered them the choice between Catholicism and exile.フェルディナント2世は、彼の勝利の後には、白い山の近くに反抗bohemiansプラハ( 1620 ) 、カトリックとの間で、その選択肢を提供して亡命した。 Many Brethren emigrated to Hungary, but a greater number to northern Poland, where they settled in Lissa (now in Prussian Posen).多くの同胞に移住してハンガリー、ポーランド北部にある数多くしかし、彼らはどこで決着リサ(プロイセンのポーゼン現在) 。 Even to this day there are in that district seven communities calling themselves Brethren, although their confession of faith is the Helvetic.この日までに7つのコミュニティ地区には、その兄弟の呼び出し自体が、彼らの信仰告白は、 helvetic 。 In Prussian Silesia there are also three communities of Brethren claiming descent from the Bohemian Brotherhood.プロイセンシレジアでもある3つのコミュニティの同胞からの自由奔放な兄弟の子孫と主張しています。

THE BOHEMIAN BRETHREN AND ENGLANDイングランド、ボヘミア兄弟団と

During the reign of Maximillian II and Rudolph II the Bohemian Brethren enjoyed a period of prosperity which allowed them to establish relations with younger Protestant churches.治世中にmaximillianルドルフ2世と2世の時代のボヘミア兄弟団の繁栄を享受することを許さ若いプロテスタント教会の関係を確立する。 They sent students to Heidelberg and one at least to Oxford.彼らの学生を派遣して、少なくとも1つのハイデルベルクとオックスフォード。 In 1583 "Bernardus, John, a Moravian", was allowed to supply B.D.で1583 " bernardus 、ジョンは、モラヴィア"は、供給を許されていたバングラデシュ He had studied theology for ten years in German universities and was now going to the universities of Scotland.彼は10歳でドイツ語を学ぶための神学大学とは、今の大学に行くことは、スコットランドのです。 This Bernardus, however, has left no trace but the entry in the Register of Oxford just quoted.このbernardusしかし、トレースが残っていないのが、オックスフォードのエントリを登録するだけで引用した。 The man who brought the Brotherhood prominently before the Anglican Church was Johann Amos, of Comna, generally known as Comenius.その男の人のおかげで、同胞団は、聖公会の前に目立つヨハンアモス、 comna 、通常コメニュウスとして知られています。 As a scholar and educationist he was invited by his English friends to assist in improving the state and administration of the universities, then under consideration in Parliament.学者や教育者としての彼は友人に招待された彼の英語の状態の改善を支援すると政権は、大学、それから議会の下に配慮しています。 The outbreak of the Civil War brought all these plans to naught, and Comenius returned to Germany in 1642.内戦が勃発し、これらすべての計画をパーにもたらした、とコメニュウスドイツで1642年に戻っている。 His influence in England allowed him to set on foot several collections for his severely persecuted church in Poland: the first three were failures, but the fourth, authorized by Cromwell, produced £5,900, of which sum Cambridge University contributed £56.彼の影響力が彼に許さイングランドコレクションのために設定されたいくつかの彼の足に深刻な迫害教会でポーランド:最初の3つの失敗が、しかし、 4番目は、認可されてクロムウェル、プロデューサ£ 5900 、そのうちの合計ケンブリッジ大学貢献£ 56 。 This was in 1658-59.これは、 1658年から1659年です。 Intercourse with the Anglican Church was kept up uninterruptedly until the remnants of the ancient Brotherhood had dwindled away and been swallowed up by other Evangelical confessions.聖公会と交際していた途切れずに保管されるまでは、古代の同胞団の残党とされていたに縮まった他の福音派の自白飲み込まれる。 When the renewed Brotherhood was established in England it benefited by the memory of former friendly relations.同胞団は、新たに設立されたときに恩恵を受けているイングランドとの友好関係を元のメモリです。

HISTORY OF THE RENEWED BROTHERHOOD同胞団は、新たな歴史

Persecution from without and dissension within wellnigh brought about the total extinction of the Bohemian Brethren.迫害wellnigh内の意見の相違からもたらされることなく、絶滅のボヘミア兄弟団の合計です。 The small but faithful remnant was, however, destined to blossom into a new and vigorous religious body under the name of Moravian Brethren.忠実なレムナントは、小さいけれど、しかし、新たに発展する運命にあるとの積極的な宗教の名の下にモラヴィア兄弟団体です。 The founder and moulder of this second Unitas Fratrum was the pious and practical Count Zinzendorf (b. 1700, d. 1760).この2番目の創始者とモルダーunitas fratrumツィンツェンドルフは、信心深いと実用的なカウント( 1700 Bには、 d. 1760 ) 。 In 1722 the Lutheran Pastor Rothe, of Berthelsdorf in Upper Lusatia, introduced to the Count, from whom he held his living, a Moravian carpenter named Christian David. 1722ローテのルター派教会の牧師では、上部のラウジッツberthelsdorfでは、カウントを導入して、開かれた心に適うから彼の生活は、キリスト教のデビッドモラヴィア大工名前です。 This man had been deputed by his co-religionists to look out for a concession of land where they could freely practise their religion.この男deputedていた彼の共同による宗教的な譲歩をする土地の外を見るために彼らがどこに自分たちの宗教を自由に練習しています。 Zinzendorf was so far unacquainted with the history and the tenets of the Bohemian Brethren, but in his charity, he granted them the desired land, on the slopes of the Hutberg in the parish of Bertlesdorf.ツィンツェンドルフは、これまでのところ、面識のない歴史と教義のボヘミア兄弟団は、彼の慈善しかし、彼は付与して、目的の土地には、斜面のhutberg教区内のbertlesdorf 。 In a short time emigrants from Moravia founded there a colony, call Herrnhut.短い時間で、コロニーが設立モラビアからの移民は、コールヘルンフート。 The colonists worshipped at the Lutheran parish church.ルター派の入植者は、教区教会崇拝。 Two years later, there arrived from Zauchenthal in Moravia five young men fully conscious of being true members of the old "Bohemian Brotherhood". 2年後、そこに到着したzauchenthalモラビアから完全に意識している若い男性5人のメンバーは昔の真の"ボヘミアン同胞団" 。 At once religious quarrels arose, to the annoyance of Count Zinzendorf and his friends.宗教上の争いが生じた一度は、不快感をツィンツェンドルフと彼の友人のカウントです。 The count was not slow in perceiving that the colonists, all simple labourers and craftsmen, were more concerned with church discipline and Christian rules of life than with dogma.低速でのカウントではないが、入植知覚は、すべての単純労働者や職人は、もっと心配していた教会の規律とキリスト教の教義に比べて、生活のルールです。 Accordingly he set about elaborating a constitution for a community of which religion should be the chief concern and bond of union.彼はそれに応じて設定するための憲法を起草するコミュニティについて、どの宗教にしなければならないと債券の労働組合の主な関心事だ。 He left Dresden and, with the pastor's leave, began to work as a lay catechist among the Brethren at Herrnhut.彼は左のドレスデンとは、牧師のままにして、作業を始めたとして、レイ兄弟の間でカテキスタヘルンフート。 The community met for their religious services in their own hall where one of the Brethren, either chosen by lot or elected by the assembly, acted as minister.彼らの宗教のためのコミュニティサービスで会い、自分のホールでは、 1つの同胞は、選出されるかのどちらかを抽選で選ばれたアセンブリは、大臣としての行動だ。 In 1731 they seceded from the parish church and added to their usual services the celebration of the Lord's Supper.彼らは1731年からseceded教区教会やサービスを追加して、祝賀会は、いつもの主の夕食。 They were divided in "choirs" according to age, sex, and calling; each choir was ruled by elders (male and female), pastors, and administrators chosen among its members.かれらは分かれて"合唱団"によると、年齢、性別、および呼び出し;各合唱団が支配されて年長者(オスとメス)は、牧師は、管理者に選ばれたとの間で、会員です。 The female choirs were distinguished by their dresses.女性合唱団が、彼らの衣装で区別される。 Widows, unmarried young men, and young women formed separate choirs under the supervision of elders.寡婦、未婚の若い男たちは、若い女性と別の合唱団の監視下で形成さ年長者です。 Everything at Herrnhut was controlled by the College of Elders, even matrimony, subject to the sanction of the lot.ヘルンフートで制御されるすべての大学は年長者でも、結婚生活は、制裁措置の対象となるのは、たくさんいます。 Provision was made for the poor and the sick, for prayer meetings and so forth.貧しい人々のための規定は前に病気になると、会議のために祈りをささげるために。 Deacons, acting for the Elders, administered the property accruing to the community from donations. deacons 、演技は、年長者は、財産を投与して、コミュニティからの寄付金が発生します。 Great care was given to the education of the young, Zinzendorf being anxious to raise a generation that would perpetuate his work.偉大なケアが与えられ、青少年の教育は、ツィンツェンドルフ心配している世代を育てることが自分の仕事を永続させる。 The organization of the renewed Brotherhood was complete in 1731.その組織は、同胞団は、完全にリニューアル1731 。 It bore the stamp of the personality of its founder, a man deeply religious, nurtured in Spencer's Pietism by the two noble ladies who brought him up, and well acquainted with Catholic life from his sojourn in Paris.それは、人柄が滲み出口径の創始者は、一人の男を深く宗教、スペンサーの養成に敬けんされる2つのもたらした高貴な女性たちは彼には、カトリックと熟知してからの彼の人生はパリに滞在。 As soon as the foundations were solidly laid at Herrnhut, Zinzendorf began to think of missionary work.できるだけ早くヘルンフートの基盤が強固にレイアウトでは、宣教師ツィンツェンドルフ仕事のことを考え始めました。 His personal connection with the Danish Court led him to choose the Danish possessions in the West Indies and in Greenland for the field of his labours.彼は個人的に関連して、デンマーク語、デンマーク語を選ぶことがきっかけ裁判所の財産では、西インド諸島とグリーンランドは、労働分野における彼のです。 His first missionaries were sent out in 1732 and 1733.彼の最初の宣教師が1732と1733を送信する。 Feeling, however that as a simple layman he could not well confer missionary powers, he took orders at Tübingen in 1734 and, moreover, received episcopal consecration from the Reformed court-preacher Jablonsky of Berlin, in whose family the Moravian episcopacy, originated in 1467 by a validly ordained Waldensian bishop, had been - or was said to have been - preserved.気持ちは、しかしその彼ができなかったとしても、単純な素人宣教協議パワーズは、彼の受注でtübingenで1734 - 1467 waldensianによって定められた正当な司教は、いた-かによるとしてきたが-保存します。 Persecution was not long in coming.長い迫害ではないが登場してきます。 The orthodox Lutherans became the Brethren's bitterest enemies.正統派の同胞がどんなに苦いlutherans敵になった。 The Imperial Government in Vienna strongly objected to their propaganda in Bohemia, which caused Austrian subjects to emigrate and sowed discontent in the country.ウィーンのインペリアル政府に強く反対してボヘミアのプロパガンダには、オーストリアの科目に移住を引き起こしたと、その国の不満sowed 。 Under imperial pressure the King of Saxony banished Zinzendorf "for ever".皇室の圧力の下で追放ツィンツェンドルフザクセンの王"は永遠に" 。 The zealous count put his exile to good use.彼の亡命者の熱意をうまく使うにカウントします。 During the ten years (1737-47) of his absence from Saxony he founded congregations in Holland, England, Ireland, America; new ones also arose in Germany at Herrenhag, Neuwied, Gnadenfrei, Gnadenberg, and Neusatz.期間中の10年間( 1737年から1747年)からザクセン彼は彼の不在を設立congregationsオランダ、イングランド、アイルランド、アメリカ;新しいもので、ドイツでも起こりましたherrenhag 、ノイウィート、 gnadenfrei 、 gnadenberg 、およびneusatz 。 Zinzendorf showed a special predilection for the London establishment.ツィンツェンドルフ特別な親和性を示し、ロンドンで設立。 In 1750 he fixed his residence in the English capital and from there ruled the whole "Unity of Brethren". 1750彼は彼の居住地では、英語の固定資本とそこから全体の支配"同胞の団結" 。 But in 1755 he returned to Herrnhut, which now became and remained the centre of the whole administration.しかし、 1755年に復帰してヘルンフートで、現在の中心部になったとは依然全体を管理します。 To the present day the "Provincial Board of Elders for Germany" occupies Zinzendorf's own house at Berthelsdorf. 1日から現在までの"ドイツの地方委員会の年長者のための"自分の家を占有ツィンツェンドルフberthelsdorf 。 The finishing touch of the new church system is the liberty enjoyed by those who join it to retain the Lutheran, the Reformed, or the Moravian Confession to which they belonged, and to be placed under the rule of Elders of the same belief.教会の仕上げの新システムは、参加者たちの自由を享受されることを保持するルター派、改革派、あるいは彼らの所属を告白モラヴィア、として年長者の支配下に置かれるのと同じ信念です。 This peculiar feature shows the founder's disregard for dogma and the great value he attached to Christian practice and ecclesiastical discipline.この特有の機能を示すための創始者の教義を無視すると、彼は偉大な値に接続して、キリスト教の教会の規律を練習します。 He held that faith and justification could only be found by individuals who were, or became, members of a religious community.彼の信仰と正当化して行われる可能性がわずかに発見された人、またはは、宗教的なコミュニティのメンバーです。 However much, in this and in other points, he copied the Catholic Church, yet he was to the end a faithful adherent of the Augsburg Confession and obtained from the Consistory in Dresden an official acknowledgment that the Moravian Brethren were followers of the same faith.しかし多くは、この方法や他のポイントは、彼は、カトリック教会のコピーは、まだ彼は最後まで忠実に付着すると、アウクスブルク信仰告白教会会議ドレスデンから入手して確認応答モラヴィア兄弟団のある関係者は信者の信仰と同じです。 He also succeeded after a long struggle in securing for the Brotherhood recognition by the Saxon government.彼はまた、長い闘いに成功した後、同胞団のために確保されるサクソン政府の認識だ。 When, regretted by all, he died in 1760, his work and his spirit lived on in the strongly organized body of the "Unity of Brethren".ときには、後悔されたすべてのは、彼が死亡した1760は、彼の作品と彼の精神に住んでは、体の組織を強く"同胞の団結" 。 No material changes have taken place since.材料の変更が行われていないからだ。 In 1775 the Brethren, assembled in a synod at Barby, adopted the following statement of principles: 1775年、兄弟は、組み立て会議では、バーベキューは、以下の声明を採択したの原則:

"The chief doctrine to which the Church of the Brethren adheres, and which we must preserve as an invaluable treasure committed unto us, is this: That by the sacrifice for sin made by Jesus Christ, and by that alone, grace and deliverance from sin are to be obtained for all mankind. We will, therefore, without lessening the importance of any other article of the Christian faith, steadfastly maintain the following five points: (1) The doctrine of the universal depravity of man: that there is no health in man, and that, since the Fall he has no power whatever left to help himself. (2) The doctrine of the Divinity of Christ: that God, the Creator of all things, was manifest in the flesh, and reconciled us to Himself; that He is before all things and that in Him all things exist. (3) The doctrine of the atonement and satisfaction made for us by Jesus Christ: that He was delivered for our offences and raised again for our justification and that by His merits alone we receive freely the forgiveness of sin, faith in Jesus and sanctification in soul and body. (4) The doctrine of the Holy Spirit and the operation of His grace: that it is He who worketh in us conviction of sin, faith in Jesus, and pureness in heart. (5) The doctrine of the fruits of faith: that faith must evidence itself by willing obedience to the commandment of God, from love and gratitude." "のチーフ教会の教義には、同胞を遵守し、これを保持しなければならない非常に貴重な宝物としてコミットわたしたちは、これは:ことによって作られるイエスキリストの罪のために犠牲にし、それだけでは、恵みと罪からの解放は、全人類のために採取している。我々は、したがって、その重要性を低下せずに、他の記事は、キリスト教の信仰は、断固として維持する、以下の5つのポイント: ( 1 )の教義は、人間の普遍的堕落:健康があることではない男になるだろうとし、秋以降、彼は自分自身を助ける残っていて、電源が何であれ。 ( 2 )その教義は、キリストの神性:その神は、凡てのものの創造は、人間の肉はマニフェストでは、私たちが自分自身と仲直り;その彼は、彼の前にすべてのものであり、すべてのものが存在します。 ( 3 )の教義の償いと私たちを満足させるためにイエスキリストの前に:配達をしていた私たちのために私たちの正当性犯罪を再び提起されたとして彼の長所受信するだけで自由に我々の罪の赦し、イエスキリストへの信仰とは魂と体の清浄化。 ( 4 )この学説は、聖霊の恵みと、彼の操作:それは、彼の人のworkethの罪で有罪判決を私たちは、イエスキリストへの信仰は、純粋に心臓とします。 ( 5 )果物は、その教義を信仰:信仰して証拠をしなければ、自分自身の自発的な服従を神の命令は、愛と感謝の気持ちからです。 "

Faith in the Redemption and entire surrender of self to Christ (with Whom in 1741 a spiritual covenant was made) are held to be the very essence of religion.信仰の償還や自己全体の引き渡しをキリスト(誰が1741年には前に精神的な誓約)は、非常に開かれた宗教の真髄です。 The will of Christ was ascertained by casting of lots as the final sanction in case of marriage (until 1820), in the election of superiors (until 1889), etc. Zinzendorf ruled as bishop over all the communities, both in Europe and America, but since his death the episcopal office has remained a mere title.キリストが確認されたのは、たくさん鋳造の例として、最終的な制裁に結婚( 1820まで)は、総選挙での上司( 1889まで)等ツィンツェンドルフけいビショップ以上のすべてのコミュニティとして、ヨーロッパやアメリカの両方で、しかし、彼の死以来、米国聖公会の事務所には、単なるタイトルのままです。 In 1857 the British and American Unity became independent; the only bond of union being now the General Synod held once every ten years. 1857は、イギリスとアメリカの結束が独立;ボンドだけで、今の労働組合が10年に1回開かれる総会です。

THE MORAVIANS IN ENGLANDイングランドのmoravians

The beginnings of the Brethren's Church in England are an interesting chapter in the commerce of thought between Germany and that country.兄弟の始まりは、イングランドの教会では、興味深い章では、商取引のドイツとその国の間に考えた。 The German dynasty on the English throne had attracted a strong colony of their countrymen; towards the middle of the eighteenth century London alone numbered from 4000 to 5000 Germans among its inhabitants.王位王朝は、英語、ドイツ語、強いコロニーが彼らの同胞惹か;真ん中に向かって一人で、 18世紀のロンドン四〇 〇 〇 〜五〇 〇 〇番号の住民の間でドイツ人だ。 These would naturally be in sympathy with the Brethren.これらは当然の同胞に同情している。 But the "Religious Societies" founded by Doctor Smithies, curate of St. Giles, and Dr. Horneck, of the Lower Palatinate, together with the writings of William Law-the father of the religious revival of the eighteenth century-had prepared the minds of many Englishmen for stronger spiritual food than that offered by the established religion.しかし、 "宗教的な社会"の医師によって設立さスミティーズ、バーテンのセントジャイルズストリート、およびhorneck博士は、その下部palatinate 、記述のウィリアムと共に父の宗教法の復活には、 18世紀の心の準備多くのイギリス人のための食品よりも強い精神的な宗教を設立して提供されています。 Horneck was a German Pietist, and William Law, in his "Serious Call", sets up a standard of perfection little short of Catholic monasticism. horneckはpietistドイツ語、およびウィリアム法では、彼の"深刻なコール"は、標準セットアップするのカトリック修道院生活を少しショート完ぺきです。 John Wesley, who confesses that he was stimulated into activity by William Law, at first sought satisfaction of his spiritual cravings in the Moravian Brotherhod.ジョンウェスリー、告白していた人の活動を刺激するウィリアム法では、最初は彼の精神的な満足感を求めて禁断症状がモラヴィアbrotherhod 。 He, with three other Oxford Methodists, met the Moravian Bishop Nitschmann and twenty Brethren at Gravesend, where they were waiting for the vessel that was to carry them all to Georgia (1736).彼は、他の3つのオックスフォードメソジスト、モラヴィアの司教ニッチマンと会ったのは20歳グレーブゼンド兄弟は、どこにかれらは船を待ってそれらを運ぶことは、すべてをジョージア( 1736年) 。 The Englishmen were favourably impressed with the religious fervour of the Germans, and a fruitful friendship sprang up between them.そのイギリス人は、宗教的なfervour favourablyに感銘を受け、ドイツ人は、実り多いとの間に友情を跳びアップしてください。 As early as 1728 Zinzendorf had sent to England a deputation headed by the Moravian Johann Toltschig "to tell such as were not blinded by their lusts, but whose eyes God had opened, what God had wrought".ツィンツェンドルフは、早ければ1728年にイングランド代表を率いる送られるのヨハンtoltschigモラヴィア"を伝えるなど、自分の私欲に目がくらんではないが、神の目が開けられると、神はどのようなごしらえ" 。 Countess Sophia von Schaumburg-Lippe, Lady-in-Waiting at the English Court, used her influence in their behalf, but was unable to counteract the opposition of the Lutheran court-chaplain Ziegenhagen.ショウンバーグ-フォンリッペ伯爵夫人ソフィアは、女性を待っている、英語の裁判所では、彼女の影響力を彼らに代わって使用され、是正することができませんでしたが、野党は、ルター派の牧師裁判所ziegenhagen 。 The embassy had little or no result.大使館の結果がほとんどあるいは全くない。 Other visits followed at intervals, most of them by missionaries and emigrants on their way to America.続いて他の訪問の間隔では、ほとんどの人宣教師によって自分の道をアメリカや移民している。 On the occasion of such a visit Zinzendorf himself induced some young people to form a society for the reading of the Bible, mutual edification, abstention from theological controversy, brotherly love, etc. It was the first step towards realizing his ideals in England.このような機会にして自分自身ツィンツェンドルフを訪問して引き起こされる社会を形成するいくつかの若い人たちは、聖書を読むために、相互啓発、棄権神学論争からは、兄弟愛などの最初のステップに向かっていた彼の理想を実現するイングランド。 The next step was Peter Boehler's zealous preaching to the "religious societies" and the working classes.次のステップでは、ピーターの熱意ベーラー説教して"宗教的な社会"とのワーキングクラスです。

It was Boehler who founded the religious society in Fetter Lane of which John Wesley became a member, and for which he framed most of the rules; it seems also due to the influence of Boehler that John and Charles Wesley "found conversion" (June, 1738), yet not a conversion exactly of the Moravian type.それは、宗教的な社会ベーラー創業者のジョンウェスリーフェッター車線のメンバーになった、と彼はどのフレーム構成のほとんどは、ルール;ようにも影響を与えるために、ジョンとチャールズウェスリーベーラーこと"が見つかりましたコンバージョン" ( 6月には、 1738 )は、まだ正確には、コンバージョンではありませんモラヴィアタイプです。 A visit of John Wesley to the German centres made it clear that the Brotherhood had no room for two men like Zinzendorf and Wesley, both being born leaders of men, but having little else in common.ジョンウェズリーを訪問するのは、ドイツのセンター前にはなかったことを明確にして部屋には兄弟のような二人の男とウェスリーツィンツェンドルフは、両方の指導者が生まれ、男性が、他に共通点がほとんどない。 Little by little Wesley became estranged from the Brethren, and his former friendship turned to open hostility (12 November, 1741), according to Wesley's journal).少しずつ少しずつ疎遠になったウェスリーの兄弟は、元の友情と彼の電源が敵意を開く( 1741年11月12日)によると、ウェスリーのジャーナル) 。 At a meeting in Fetter Lane Wesley accused the Brethren of holding false doctrines and left the hall exclaiming: "Let those who agree with me follow me."懇談会で車線フェッターウェズリー兄弟の持ち株虚偽告訴の教説と左のホールexclaiming : "同意せてくれる人たちに従いなさい。 " Some eighteen or nineteen of the members went out after him, the rest called upon the Brethren to be their leaders.いくつかのメンバー18人か19人に出掛けた後には、彼は、その時の残りと呼ばれる彼らの指導者たちの同胞に。 Thus a religious society of the Church of England became a society of the Brethren.こうして、宗教的な社会では、イングランドの教会は、同胞社会になった。 After their rupture with Wesley the Brethren began to work on their own account in England.ウェズリー破裂して後に自分の仕事を始めたの同胞は、自分のアカウントにイングランドです。 Professor Spangenberg organized the young church with rare talent, and its activity spread far and wide in the provinces, even to Scotland and Ireland, but their success was greatest in Yorkshire.教授は、若い教会組織シュパンゲンベルクまれな才能とは、遠くまで広がるとその活動は、地方でも、スコットランドやアイルランドには、しかし、彼らの最大の成功は、ヨークシャー。 They also came in for some persecution from people who still confused them with the Methodists.彼らのためにも、いくつかの迫害から来た人たちのメソジストまだ混乱しています。 The legal status of the Brotherhood was now to be determined.同胞団の法的地位は、今すぐに決定された。 They did not wish to be classed as Dissenters, which would at once have severed them from the Anglican Church, and, on the other hand, the Anglican Church, disowned them because they neither had Anglican orders nor did they use the Boo of Common Prayer.かれらの願いをしなかったとして分類教徒には、一度に切断してから、聖公会、そして、その一方では、聖公会、アングリカンdisowned受注していたので、どちらもかれらにブーイングを使用して、共通の祈り。 Archbishop Potter would grant them no more than the toleration accorded to foreign Protestants.大司教ポッター付与していないが、寛容にふさわしい以上を外国人プロテスタントです。 To obtain a license from a Justice of the Peace they had to adopt a name, and Spangenberg decided on "Moravian Brethren, formerly of the Anglican Communion".からライセンスを取得するに彼らは、平和と正義の名を採用すると決定してシュパンゲンベルク"モラヴィア兄弟団は、以前は、アングリカンコミュニオン" 。 This name implied a new denomination and led to the immediate formation of the first congregation of Brethren of English nationality (1742).この名前の新しい名称および黙示のは、当面の形成を主導して最初の集会の国籍同胞の英語( 1742 ) 。 Zinzendorf greatly objected to the name of Moravians being given to his Brethren whom he considered as an ecclesiola in ecclesiâ, a select small church within a greater one, which might exist in almost any denomination.ツィンツェンドルフmoravians大幅に反対して名前を指定している彼の兄弟の心に適うecclesiolaでecclesiâ見なされて、教会内で、大中小の1つを選択して、ほぼすべての宗派が存在するかもしれない。 The proposed designation, "Old Lutheran Protestants", was distasteful to English members.提案名称は、 "昔のルター派プロテスタント"は、英語のメンバーには面白くない。 They resolutely clung to the names "United Brethren" and "Moravians" as their official and popular designations, and the "Bill for encouraging the people known by the name of Unitas Fratrum or United Brethren to settle in His Majesty's colonies", passed in 1749, gives official sanction to the old name, recognizes that the Brethren belonged to an "ancient protestant and episcopal Church", and maintains their connection with Germany.断固として彼らの名前にしがみつく"ユナイテッド兄弟"と" moravians "として人気の彼らの関係者と指定し、 "法案を促すため、人々の名前で知られるユナイテッドunitas fratrumや兄弟を解決するに国王陛下の植民地"は、 1749可決は、公式の制裁を与え、古い名前、所属する同胞を認識して"古代のプロテスタントや聖公会"は、ドイツとの接続を維持しています。

BEGINNINGS OF THE MORAVIAN CHURCH IN AMERICAアメリカで始まり、モラビア教会

In 1734 Zinzendorf obtained for thirty families of banished Schwenkfelders (adherents of Kaspar von Schwenkfeld) a home in Georgia which had just been carved out of the Carolina grant "to serve as an asylum for insolvent debtors and for persons fleeing from religious persecution". 1734年30歳で家族のために追放さツィンツェンドルフ入手schwenkfelders (支持者のカスパーシュヴェンクフェルトフォン) 、ジョージア州の自宅で彫刻されていただけで助成金のうち、カロライナ"を亡命者としての役割を果たすためには人の不良債務者や宗教的迫害からの逃走" 。 These exiles, however, found it preferable to join an older colony in Pennsylvania.これらの亡命者は、しかし、見つけた古いコロニーに参加することが望ましいペンシルバニア。 The Brethren now conceived the plan of securing for themselves in Georgia a home of refuge in time of persecution.今の同胞を確保するための計画を自ら考え、ジョージア州の避難所で、ホームの迫害時間です。 The governor general, Oglethorpe, granted them 500 acres, and Spangenberg, the negotiator, received a present of 50 acres for himself, a part of the site on which the city of Savannah now stands.総督は、オグルソープ、五〇 〇エーカー付与して、そしてシュパンゲンベルクは、交渉担当者は、受け取った自分自身のために存在するの50エーカー、このサイトの一部の都市では、サバンナ世の常です。 The first eleven immigrants reached Savannah 17 April, 1734, led by Spangenberg.サバンナの最初の11人の移民に達した1734年4月17日、シュパンゲンベルク率いる。 Bishop Nitschmann brought over another twenty, 7 February, 1736.別の20歳の司教繰越しニッチマンは、 1736年2月7日です。 The work of evangelizing and colonizing was at once vigorously taken in hand and carried on with more courage than success. evangelizingとコロニーの仕事を一度に精力的に撮影を手に持っていたとして運ば勇気よりももっと成功しています。 The climate, wars, enmities from within and without, checked the growth and cramped the organization of the Brotherhood.気候は、戦争は、内からenmitiesとせず、チェックの成長とその組織は、同胞団窮屈だ。

PRESENT CONDITION OF THE MORAVIAN BODY体の状態を分析し、現在のモラヴィア

The outcome of their faithful struggles during 175 years is shown in the subjoined statistics, and may be read in detail in the "Transactions of the Moravian Historical Society," Vol.彼らの中に忠実な闘争の結果が示されている175年間subjoined統計では、詳細に読むかもしれないとは、 "取引は、歴史的な社会モラヴィア、 " vol 。 VI: viの:

Statistics for America (from "The Moravian," 13 March, 1907).- On the 1st of January, 1907, there were in the five northern districts of America 96 congregations with 13,859 communicants, 1,194 noncommunicants, and 5,316 children; a total membership of 20,369; an increase of 228 over the previous year.アメリカの統計(から"と、モラヴィアは、 " 1907年3月13日) .-は、 1907年1月1日、北部の5つの地区があったのは、アメリカの96 congregationsで13859 communicants 、 1194 noncommunicants 、子供たちと5316 ;合計メンバーシップ、 20369 ;増加し、前年比228 。 In Sunday schools there were 9,666 pupils under 1,156 officers and teachers, a total membership of 10,822, against 11,012 in the preceding year, implying a loss of 187.日曜学校の生徒があった9666年で1156警察官と教師の下では、会員数の合計10822 、 11012反対では、前の年には、 187の損失を示唆した。 Receipts from all sources: 31 December, 1906, $145,517.67; a decrease of $8,006.19 on 1905.すべてのソースからの領収書: 1906年12月31日、 145517.67ドル; 8006.19ドル減少して1905 。 Expenses exactly balance receipts.経費の領収書を正確にバランスです。 In the Southern Province of America there were on the 1st of January, 1907, 3,703 communicants, 320 non-communicants, 1,819 children; total, 5,842.は、アメリカ南部の州があったのは、 1907年1月1日、 3703 communicants 、 320非communicants 、 1819年の子供たち;合計は、 5842 。 Sunday schools contained 3,883 pupils, 323 officers and teachers; total, 4,206.- Total membership in both provinces: 26,211 against 25,877 in 1906- an increase of 334.日曜日の学校の生徒3883に含まれる、 323警察官と教師;合計は、 4206年の総会員数の両方で地方.- : 25877 、 26211対1906 -3 34増加しています。

In Great Britain and Ireland, the Moravian Church numbered on the 31st of December, 1906, 41 congregations, with a total membership of 6,343; an increase of 211 on 1905; 5,072 pupils attended Sunday schools, with 568 teachers; there were also 213 pupils, with 5 teachers, in 5 day schools, and 305 scholars, with 38 teachers, in 5 boarding schools.グレートブリテンおよびアイルランドでは、モラヴィア教会では、番号が1906年12月31日、 41 congregations 、会員は、合計で6343 ;が増加して1905年の211 ; 5072日曜学校の生徒が参加し、教師568 ; 213生徒にもあったで、 5教師は、学校では5日、および305の学者で、 38教師は、寄宿学校では5です。

The German Province, 31 December, 1905, had 25 congregations, with a total membership of 7,958, of whom 5,795 were communicants; 50 missionary centres ministered to about 70,000 (the "Diaspora").ドイツの州は、 1905年12月31日、 25 congregationsは、総会員数は7958年で、 5795人がcommunicants ;約70000 ministered 50宣教センター(以下、 "離散したユダヤ人"を参照) 。

The Mission Fields of the Moravians: In North America, Labrador, begun 1771; Alaska, 1885; California, 1890.-In Central America, Mosquito Coast, 1849.-In South America, Surinam, 1735, Demerara, 1878.-In the West Indies, Jamaica, 1754; St. Thomas, 1732, St. Jan, 1754; St. Croix, 1740; Antigua, 1756; St. Kitts, 1777; Barbadoes, 1765; Tobago, 1790; Trinidad, 1890.-In Africa, Cape Colony, East and West, 1736; German East Africa, 1891.-In Asia, West Himalaya, 1853; Jerusalem, Leper House, 1867.-In Australia, Victoria, 1849; North Queensland, 1891.今回のミッションは、フィールドmoravians :北米では、ラブラドール、始まった1771 ;アラスカ、 1885 ;カリフォルニア州、 1890. -中央アメリカでは、蚊の海岸、 1849. -南米、スリナム、 1735 、デメララ、 1878. -は、西インド諸島、ジャマイカ、 1754 ;セントトマス、 1732 、聖1月、 1754 ;聖クロア、 1740 ;アンティグア、 1756 ;セントキッツ、 1777 ; barbadoes 、 1765 ;トバゴ島、 1790 ;トリニダード、アフリカで1890. -は、喜望峰、東と西は、 1736年、ドイツ領東アフリカ、 1891. -アジアでは、西ヒマラヤ、 1853 ;エルサレムは、ハンセン病患者の家は、 1867. -は、オーストラリア、ビクトリア、 1849 ;北クイーンズランド、 1891 。 The work is carried on by 470 missionaries of whom 76 are natives.仕事をして運ばれるのは470人宣教師の先住民七十六アール。 Bohemia and Moravia are also counted among the mission fields.ベーメンメーレンフィールドは、今回のミッションの間にも数えられる。 The mission work there, like that of the foreign missions, is a joint undertaking of all the Provinces of the Church.今回のミッションはそこでは、外国公館のように、すべての共同事業は、地方の教会です。 In December, 1905, the total membership was 984; income (of which £111 was from the British Province), £1761, 16/4; outlay, £1,991, 10/9.昨年12月、 1905年の総会員数は984 ;所得(うち£ 111は、英国の道から) 、 £ 1761 、 16 / 4 ;支出は、 £ 1991 、 10 / 9 。

Publication information Written by J. Wilhelm.ヴィルヘルムj.書かれた文献の情報です。 Transcribed by Thomas M. Barrett.転写されたトーマスm.バレット。 Dedicated to Christian unity in Jesus' name The Catholic Encyclopedia, Volume II.ひたむきには、イエスキリスト教の結束'名前のカトリック百科事典は、第Ⅱ巻です。 Published 1907.日付1907 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.公認、 1907 。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

CAMERARIUS, Historica narratio de Fratrum orthodoxorum ecclesiis in Bohemia, Moravia, et Polonia (Frankfurt, 1625); BOROWY, s.カメラリウス、 historica narratioデfratrum orthodoxorum ecclesiisでボヘミア、モラビア、 etポロニア(フランクフルト、 1625 ) ; borowy 、米 v. Bruder, Bohmische in Kirchenlex., II; HAMILTON, A History of the Moravian Church, or the Unitas Fratrum (Bethlehem, Pa., 1900); WAUER, The Beginnings of the Brethren's Church in England (Baildon, near Shipley, Yorks, 1901); The Moravian (official organ of the N. Prov. Of the Unitas Fratrum in America); The Moravian Messenger.- See also Bibliography prefixed to SCHWEINITZ, History of the Unitas Fratrum.対bruder 、 bohmischeでkirchenlex 。 、 2世;ハミルトンは、教会の歴史のモラヴィア、またはunitas fratrum (ベツレヘム、 pa. 、 1900 ) ; wauer 、同胞の教会の始まりで、イングランド( baildon 、近くのシプリー、 yorks 、 1901 ) ;のモラヴィア(公式臓器のn.地方では、アメリカfratrum unitas ) ;モラヴィアメッセンジャーの接頭辞をschweinitz .-参考文献は、歴史のunitas fratrum 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです