Original Sin原罪

General Information 総合案内

In Christian theology, original sin refers both to the sin of Adam and Eve by which humankind fell from divine grace and to the state of sin into which humans since the fall have been born. The scriptural foundation for original sin is found in the epistles of Saint Paul. キリスト教神学では、両方を指します原罪のアダムとイブの罪によって人類が落ちた状態から神の恵みとして以来、人間の罪をどの秋に生まれてきた。原罪の聖書財団の書簡が見つかったのは、セントポールです。 Christian theologians have argued a wide variety of positions on the nature of original sin and its transmission and on the efficacy of Baptism in restoring grace.キリスト教神学者は、多種多様なポジションを主張して原罪の性質とその伝送および復元中は、効果の洗礼の恵みです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Original Sin原罪

Advanced Information 高度情報

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 差出人:ホーム聖書の勉強を解説ジェームズm.白黒

Genesis Chapter 3創世記第3章

Introduction of Sin罪の導入

The Temptation誘惑

Gen. 3:vv.大将3 : vv 。 1-5 That more than the serpent was present is suggested by the speech and reasoning powers displayed, but is rendered certain by a comparison of Rev. 12:9 and 20:2, where the serpent is identified with Satan. 1-5以上の蛇が存在することが示唆されたスピーチや推理力を表示するが、特定されたがレンダ12時09分、 20時02分牧師の比較については、どこで識別して、蛇は悪魔です。 Some think the serpent originally stood upright and was very beautiful to look upon, which, if true, would contribute to its power over the woman and further explain why Satan employed it as his instrument.ヘビはもともと垂直に立っていたのではないかと考えると非常にきれいに見える時は、これは、 trueの場合は、電源が寄与してその理由を説明する以上、女性のさらなる悪魔と彼の楽器として採用することです。 Nevertheless, that Satan was the real tempter is additionally assured by John 8:44; 2 Cor.にもかかわらず、それが本当の悪魔の誘惑する人は、さらに安心されたジョン8時44分; 2うわっ。 11:3; 1 John 3:8 and 1 Tim. 11 : 03 ; 1ジョン3時08分、 1ティム。 2:14. 2時14分。 Read Satan's inquiry of the woman in the Revised Version, and perceive how it differs from the words of the prohibition (2:16).悪魔のお問い合わせは、女性を読む本バージョンでは、どのように違うのに気付くと、言葉の禁止( 2時16分) 。 How does it prove Satan "a liar from the beginning," and how does it impugn God's wisdom and love?悪魔はどのようなことを証明する"初めからうそつきだ"とはどのようなことimpugn神の知恵と愛ですか? Do you think the woman made a mistake in parleying with Satan?その女性があると思いますが間違えてparleying悪魔か?

And how does her language (v. 3) deflect from the truth?彼女とはどのような言語(対3 ) 、真実からそらすか? Does she also make God a harder master than He is, and thus has sin already entered her soul?彼女はまた、神をマスターするよりも難しい彼は、こうして入力したが、すでに彼女の魂の罪ですか? Notice that "gods" (v. 5) is translated "God" in the Revised Version.注意して"神"の翻訳(対5 )は、 "神"の改訂版です。 It was in seeking to be as God that Satan fell (1 Tim. 3:6), and he tries to drag man down by the same means.それは神のようにされることを求めて落ちたサタン( 1ティム。 3時06分) 、そして彼の男にしようとしてドラッグすると同じ意味を下にしています。 Compare the history of the Anti-Christ, Thess.比較の歴史は、反キリストは、 thess 。 2:4. 2時04分。

The Fall

Gen. 3:vv.大将3 : vv 。 6, 7 What three steps led to the open act of sin? 6 、 7の3つの手順を中心に、どのような行為の罪を開くか? How does 1 John 2:16 characterize these steps? 1ジョン2時16分にはどのように特徴付けるの手順を実行しますか? Compare the temptation of Jesus for the use of the same method (Luke 4:1-13).イエスキリストの誘惑を比較するために使用するのと同じ方法(ルーク4:1-13 ) 。 How does the further conduct of the woman illustrate the progress and propagation of sin?さらなる行うのは、どうやってその女性の進捗状況を説明すると伝搬の罪ですか? Did any part of Satan's promise come true?のいずれの部分は悪魔の約束がかなうか? What part failed? Our first parents came into the knowledge of good and evil by coming to know evil to which they had been strangers before, the moral effect on them being shame (compare 2:25). To quote another: "What the man and woman immediately acquired was the now predominant trait of self-consciousness. God-consciousness has been lost, and henceforth self-contemplation is to be the characteristic and bane of mankind, laying the foundation for those inner feelings or mental states comprehended under the term 'unhappiness,' and for all the external strivings whereby effort is made to attain a better condition."失敗した部分は何ですか? 私たちの最初の両親に入ってきた知識を善と悪の悪さを知って来ていた見知らぬ人を前には、道徳的な影響を及ぼすことが恥(比較2時25分) 。もう一つを引用: "どのような男そして女は、今すぐに優勢後天性形質の自意識過剰です。神の意識が失われた、としてあげた自己内省には、人類の悩みの種の特性と、それらの敷設のための基礎を理解内面の感情や精神状態の下での任期'不幸、 ' strivingsでは、外部とのすべての努力がより良い条件を達成する前にしています。 "

What was the first of these efforts they made (v. 7, last clause)?何が彼らの最初のこのような努力の前に(対7 、最後の節) ? And (to quote the same author again) "is not this act the germ of all subsequent human activities? Conscious of self and feeling the pressure of need, and no longer having a God to supply that need, man begins to invent and contrive" (Eccl. 7:29).と(同じ作者を再度見積もりが必要です) "ではない、この行為はその後の胚のすべての人間の活動ですか?意識していると感じて自らの圧力の必要性、および、もはや神を供給することが必要なのは、男が始まると発明考案して" ( eccl. 7時29分) 。 Nor are these inventions of a material kind merely, but chiefly a spiritual kind, since their effort to cover themselves illustrates the futile attempts of the race to save itself from the eternal effects of sin by works of morality, penance and the like.またこれらの発明は、材料の種類だけではなく、主に精神的な種は、彼らの努力をカバーして示して以来、無益な試みは、レースそのものより、永遠に保存された作品の効果的な道徳的罪は、そのような苦行とします。 What is the only covering that avails for the sinner (Ro. 3:22; 2 Cor. 5:21)? availsカバーして、何がしかの罪人( ro. 3 : 22 ; 2うわっ。 5時21分) ?

The Trial裁判

Gen. 3:vv.大将3 : vv 。 8-13 "Voice" might be rendered by sound, and "cool" by wind. 8-13 "声"レンダリングされた音かもしれない、と"クール"を風です。 How does verse 8 indicate the character and degree of their shame?詩ではどのように8度を示す文字と彼らの恥ですか? Do God's words (v. 9) express judgment only, or may they have expressed grace?神の言葉を行う(対9 )エクスプレス判断のみ、または可能性を表明して優雅ですか? If the latter, in what sense? Does Adam tell the exact truth (v. 10)? Was it merely shame or the sense of sin that drove him away? How does God's question (v. 11) suggest the kind of knowledge that had now come to Adam? Does verse 12 show a spirit of repentance or self-justification on his part?後者の場合は、どのような意味ですかは、正確な真実を伝えるアダム(対10 )ですかは、それだけで、恥や罪の意識が彼を走らせ続けるか? 質問にはどのような神の(対11 )のような知識を示唆していた今すぐ来てアダムですか?では12詩精神を見せる後悔や自己正当化して彼の部分ですか? In the last analysis does he cast the blame on the woman or God?彼の最後の分析では、女性やキャストして、神のせいですか?

The Sentence on the Serpentこの判決は、ヘビ

Gen. 3:vv.大将3 : vv 。 14, 15 On which of the guilty does God first pass sentence? Has the curse of verse 14 been fulfilled? 14日、 15日には、神のうち、最初の有罪判決を言い渡すか?には、呪いの詩14果たされたか? Compare Isaiah 65:25, and notice that even in the millennium when the curse is removed from all other cattle it will still remain on the serpent. 65:25イザヤ書を比較し、ミレニアムに注意しても、呪いが取り外されたときに、他のすべての牛からは、蛇が今も残っています。 But how does this curse suggest that previously the serpent did not crawl?しかし、この呪いはどのように示唆して、以前のヘビクロールしなかったか? (Naturalists describe the organism of the serpent as one of extreme degradation, and say that although it belongs to the latest creations of the animal kingdom, yet it represents a decided retrogression in the scale of being, thus corroborating the Biblical explanation of its condition.) Has the curse of verse 15 been fulfilled? (ナチュラリスト説明して、生物分解極端なヘビの一つとして、それに属していると言うことにもかかわらず、最新の創作の動物の王国は、退化することを決定していないことを表しているの規模は、このような説明を補強し、聖書の条件を指定します。 )は、呪いの詩15果たされたか? But we must not suppose the curse of verse 15 to be limited to the serpent, or else Satan were exempt.しかし、我々はいけませんいる15歳から詩の呪いのヘビに限定される、または他の悪魔が免除されます。

See by the marginal references that the seed of the serpent is placed by metonomy for that of Satan, and is identified as the wicked and unbelieving people of all the ages (Matt. 3:7; 13:38; 23:33; John 8:44; Acts 13:10; 1 John 3:8).限界リファレンスを参照してくださいされることは、種子metonomyヘビが置かれると、その悪魔は、邪悪な者として識別さとは、懐疑的な人々とのすべての年齢層( matt. 3時07分、 13時38分、 23時33分;ジョン8 : 44 ;行為13:10 ; 1ジョン3時08分) 。 In the same way the seed of the woman might be supposed to stand for the righteous and believing people in all the ages, and so it does in a certain sense, but very especially it stands for our Lord Jesus Christ, the Head and Representative of that people, the One through whom they believe and by whom they become righteous.種子は、同じ方法では、その女性に立つことになっているかもしれないが正しいと信じる人々のためのすべての年齢層で、これはある意味で、非常に特にしかし、わたしたちの主イエスキリストのための状勢では、頭や代表その人たちは、彼らを通じて、自分を信じて、彼らを畏れるなる。 He Himself is the seed of the woman, and they in Him (Is. 7:14; Matt. 1:18-25; Luke 1:31-35; Gal. 4:4, 5).彼は自分自身の種子は、その女性は、かれらがかれ( is. 7時14分;マットです。 1:18-25 ;ルーク1:31-35 ;ギャル。 4時04分、 5 ) 。 Observe how much this means to us.この観察する手段を私たちはどのくらいです。 It is really a promise of a Redeemer and redemption, and being the first promise, it is that out of which all subsequent promises flow.約束することは、実際には償還救い主とは、第1約束され、それはその後のすべての約束をして流れている。

The Bible refers to it again and again in one way and another, and we need to become well acquainted with it. 聖書を指して何度も繰り返しては、もう1つの方法は、我々が必要になると熟知しています。 Indeed the rest of the Bible is just a history of the fulfilment of this promise. 確かに聖書の残りの部分は単なる歴史は、この約束を達成した。 The Bible is not a history of the world or even of man, but a history of the redemption of man from the sin into which he fell in the garden of Eden. This explains why the whole story of creation is summed up in one chapter of the Bible, and why so little is said about the history of the nations of the earth except Israel. 聖書の世界の歴史ではないのかさえ人間ではなく、歴史から来た男は、罪の償還に落ちたが、彼はエデンの園のです。この理由を説明し、全体的な話を要約すると、 1つの章では、創造の聖書は、ほとんどが、なぜ今によると、国の歴史については、地球を除くイスラエルのです。 But in what sense is this a promise of redemption?しかし、これには、何の意味があるの償還を約束するか? On the supposition that Christ is the Seed of the woman, what will He do to Satan (v. 15)?と仮定して、キリストの種子は、その女性は、どのようなことを彼は、悪魔(対15 )ですか? When the serpent's head is bruised is not its power destroyed?傷ついたときには、蛇の頭の破壊力ではないのですか? (For the parallel see Heb. 2:14, 15; Rev. 20:1-3, 7-10.) But what will Satan do to Christ? ( hebためには、パラレルを参照してください。 2時14分、 15 ;牧師20:1-3 、 7-10 。 )には何をすれば、キリストは、悪魔か? How may Satan be said to have bruised Christ's heel?悪魔の可能性をどのようによると、キリストのかかとが傷ついたか? (For answer see Isaiah 50 and 53, Psalms 22 and 69, and the chapters of the Gospels which speak of Christ's sufferings and crucifixion.) (イザヤ書を参照して答えを50と53 、詩篇22と69 、およびgospels支部は、キリストの受難を話すとはりつけています。 )

The Sentence on Adam and Eveアダムとイブの刑に

Gen. 3:vv.大将3 : vv 。 16-21 What is the first feature of the sentence on the woman (v. 16, first clause)? 第1の特徴は何です十六から二十一まで文章は、女性(対16 、第1節) ? With what chiefly will her sorrow be connected (second clause)? 彼女の悲しみは、主にどのように接続される(第2節) ? What second feature of her sentence is contained in the last clause? 2番目の特徴は、どのような彼女の文章の最後の節に含まれるか? For what is the man condemned? その男は死刑囚は何ですか? Does this show him less or more guilty than his wife? この番組は彼の妻よりも少ない以上の罪を犯したか? What curse precedes that on the man himself? 男は、どのような呪いの前にして自分自身ですか? And yet how is it shown that this too is a curse on the man? "Sorrow" is rendered toil in the Revised Version, and hence the curse on the ground entails the toil on the man. にもかかわらず、この方法が示されていることは、あまりにも呪いは、男ですか? "悲しみ"の改訂版がレンダ労苦し、したがって、その呪いを地面に精を出してentails男です。 How does this curse on the ground express itself from the ground (v. 18)?この呪いはどのようにして、地面から地面自体エクスプレス(対18 )ですか? (The necessaries of life must now be forced out of the earth which before might have spontaneously yielded them.) What will this condition of things force out of man (v. 19)? (しなければ今の生活必需品を追われる可能性がある、地球の自然の前に屈したしてください。 )どのようなことを封殺するのは、この状態の男(対19 )ですか? For how long must this normally continue?このため、通常はどのくらい続ける必要がありますか? What part of man returns to the dust (Eccl. 12:7)?男のどの部分のほこりを返す( eccl. 12時07分) ?

Naturalists corroborate the Bible testimony to the curse by explaining that thorns and thistles are an abortion in the vegetable world, the result of arrested development and imperfect growth.聖書の証言を裏付けるナチュラリストの呪いによってイバラと説明することは、妊娠中絶や野菜thistlesは世界で、その結果、不完全な成長と発展を逮捕した。 They disappear by cultivation and are transformed into branches, thus showing what their character may have been before the curse, and what it may be when through Christ the curse will have been removed (Rev. 22:1-5). How deeply significant the crown of thorns, the sign of the curse which Jesus bore for us!彼らが消えると変身させ栽培された支店は、このように自分のキャラクターを示す可能性がどのような呪いの前に、どのようなときかもしれないが、キリストを通して、呪いが削除されて(牧師22:1-5 ) 。 有意にどのように深くイバラの冠は、イエスキリストのサインをうんざりさせるための我々の呪い!

The Penaltyペナルティー

Gen. 3:vv.大将3 : vv 。 22-24 To whom do you suppose the Lord God said this?誰かいる二二から二四までを主なる神は言われたのですか? Who is meant by "us"?誰が意図された"私たち"とは? Did you notice the same plural pronoun in 1:26? The use of this is one of the earliest intimations of the Trinity more fully revealed in the New Testament. Indeed the earliest intimation is in the first verse of Scripture in the name God or (Hebrew) Elohim.あなたの通知と同じで複数形の代名詞1時26分ですか、これは1つの使用をintimations最古のトリニティは、新約聖書より完全に明らかにした。通告は、実際の最古の最初の詩や神の名の啓典(ヘブライ語) elohim 。 This is a plural noun but associated with a singular verb, thus suggesting the idea of plurality in unity.しかし、これは、複数名詞単数動詞に関連付けられている、という考えを示唆こうして複数個で団結しています。 What reason is given for thursting Adam and Eve out of Eden (v. 22)? Has it occurred to you that there was mercy in this act?何のために与えられる理由はアダムとイブのうちthurstingエデン(対22 )ですか? が発生するおそれがあることで、この行為は、慈悲ですか? Having obtained the knowledge of evil without the power of resisting it, would it not have added to their calamity if, by eating of the tree of life, they had rendered that condition everlasting? 知識を得て、悪の力に抵抗することなく、彼らが災難追加することがない場合は、そのツリーオブライフを食べて、彼らは永遠のレンダリングが条件ですか?

What is the name of the mysterious beings placed on guard at the east of the garden?何が神秘的な生き物の名前が警備員を配置して、東の庭ですか? (v. 24) They seem to be the special guardians of God's majesty, the vindicators of God's broken law, a thought emphasized by their symbolical position over the mercy-seat in the tabernacle at a later period. (対24 )とみられるが、神の特別な保護者の陛下は、神の壊れたvindicators法では、彼らの象徴的な立場を強調する思想上のなすがままに、後席の幕屋期間です。 "The flaming sword" has been translated by "shekinah," the name of the visible glory of God which rested on the mercy seat. "炎の剣"とされて翻訳された" shekinah 、 "目に見えるのは、神の栄光の名前が静養して慈悲の席です。 May it be that we have here a representation of the mode of worship now established at Eden to show God's anger at sin, and to teach the mediation of a promised Saviour as the way of access to God?それが表現されることを我々はここでは、現在のモードを崇拝する確立は、神の怒りを示すエデン罪では、との調停を教えることを約束した救い主としてアクセスできるように、神の道のですか? As later, so now God seems to say: "I will commune with thee from between the cherubim" (Ex. 25:10-22).後でとしては、神のようだと言うので今: "私は、ケルビムの間からなたと歓談する" (例: 25:10-22 ) 。

Questions 1. 質問 1 。 How would you prove that Satan and not the serpent was the real tempter in Eden?悪魔をどのようにしていないことを証明するのは、本物のヘビエデンの誘惑するには? 2. 2 。 In what way does the temptation of the second Adam (Christ) harmonize with this of the first Adam?誘惑には、どんなふうに2番目のアダム(キリスト)この調和して、最初のアダムですか? 3. 3 。 What does the making of the aprons of fig leaves illustrate?エプロンの製作には、どのようなイチジクの葉を説明するのですか? 4. 4 。 How does natural history throw light on the curse pronounced on the serpent?自然史に光を投げるにはどのように発音してヘビの呪いか? 5. 5 。 Who especially is meant by "the Seed of the woman"?人という意味では、特に"の種子の女"とは? 6. 6 。 What is the Bible?聖書には何ですか? 7. 7 。 What do naturalists say as to the nature of thorns and thistles?何を言っナチュラリストとしての性質をとげとthistles ? 8. 8 。 With what two or three suggestions of the Trinity have we met thus far in our lessons? 2つまたは3つの提案をして何のトリニティが、これまで我々は我々の教訓に会ったか? 9. 9 。 Of what do the cherubim seem to be the vindicators, and what suggestions does this fact bring to mind?ケルビムのように見えるのは何ですvindicatorsされるか、どのような提案はこのような事実を想起させるか? 10. 10 。 How many questions in the text of our lesson have you been able satisfactorily to answer?どのように私たちの多くの質問には、テキストのレッスンができたことに満足のいく答えですか?

Genesis Chapter 2創世記第2章

The Garden of Edenエデンの園

The Garden Located庭に位置する

vv. vv 。 8-14. 8月14日。 What name is given to the locality of the garden?どのような名前が与えられ、庭の産地ですか? In which section of that locality was it planted?産地のセクションでは、それを植えですか? What expression in verse 9 shows God's consideration for beauty as well as utility? 9どのような表現で詩を示して、神の美しさだけでなく、実用的考察ですか? What two trees of life planted?人生の2つの木が植えられた何ですか? What geographical feature of verse 10 accentuates the historical character of this narrative?どのような地理的特徴の詩10 accentuatesこの物語の歴史的な性格ですか? Observe how this is further impressed by the facts which follow, viz: the names of the rivers, the countries through which they flow, and even the mineral deposits of the latter. Note: (a) the use of the present tense in this description, showing that the readers of Moses' period knew the location; (b) it must have been an elevated district, as the source of mighty rivers; (c) it could not have been a very luxuriant or fruitful locality, else why the need of planting a garden, and where could there have been any serious hardship in the subsequent expulsion of Adam and Eve?さらに感銘を観察するのは、どのようにこの事実を従って、 viz :川の名前は、その国の流れを介して、さらには、鉱物の預金は、後者です。 注: ( a )その使用は、現在時制で、この説明、ということを示す、読者のモーゼの期間の場所を知っていた; ( b )にする必要がありますが高架地区は、偉大な河川の源として; ( C参照)することができなかったが、非常に実り豊かな場所や、他の理由の必要性庭の植栽、そしてどこにも深刻な苦境にあるが、その後の任意のアダムとイブを追放しようか?

It is used to be thought that "Eden" was a Hebrew word meaning pleasure, but recent explorations in Assyria indicate that it may have been of Accadian origin meaning a plain, not a fertile plain as in a valley, but an elevated and sterile plain as a steppe or mountain desert. Putting these things together, the place that would come before the mind of an Oriental was the region of Armenia where the Euphrates and the Tigris (or Hiddekel) take their rise.が使用されることを考えて"エデンの園"は、ヘブライ語の単語の意味を喜びでしたが、最近でアッシリアexplorationsを示す可能性があることを意味するの起源accadianされ、平野ではなく、沃野としては、谷ではなく、高架と無菌平野砂漠や山岳としての草原。 パッティングこれらのものを合わせると、その場所に来る前には、東洋の心はどこにその地域のアルメニアや、チグリスユーフラテス(またはhiddekel )の上昇を取る。 There are two other rivers taking their rise in that region, the Kur and the Araxes, thence uniting and flowing into the Caspian Sea, but whether these are identical with the Pison and Gihon of the lesson can not yet be determined. Science now corroborates this location of Eden in so far as it teaches (a) that the human race has sprung from a common centre, and (b) that this centre is the table-land of central Asia. 彼らの他には2つの川が服用して地域の上昇は、クアルアラクセス川と、そこから流入して団結し、カスピ海のが、これらは同じものかどうかをpisonの教訓とすることはできませんgihonまだ未定です。サイエンス今すぐこのcorroboratesエデンの場所を教えることで今までに寄付さ( )は、人類共通の中心部からは、ひび割れた、および( b )当センターでは、テーブルにして土地の中央アジアです。


Original Sin原罪

Catholic Information カトリック情報

I. Meaning i.の意味

II. Ⅱ 。 Principal Adversaries主な敵

III. Ⅲ 。 Original Sin in Scripture原罪の啓典

IV. 4 。 Original Sin in Tradition伝統の原罪

V. Original Sin in face of the Objections of Human Reason対原罪は、人間の顔には、異議申し立ての理由

VI. viのです。 Nature of Original Sin自然の原罪

VII.第VII 。 How Voluntaryどのように自主

I. MEANING i.の意味

Original sin may be taken to mean: (1) the sin that Adam committed; (2) a consequence of this first sin, the hereditary stain with which we are born on account of our origin or descent from Adam.原罪を意味するかもしれない: ( 1 )アダムの罪にコミットして、 ( 2 )は、この最初の罪の結果、遺伝性染色して、私たちは生まれながらにして我々の口座からの起源やアダムの子孫です。 From the earliest times the latter sense of the word was more common, as may be seen by St. Augustine's statement: "the deliberate sin of the first man is the cause of original sin" (De nupt. et concup., II, xxvi, 43).太古の時代から、後者の意味でのより多くの共通の言葉は、聖アウグスティヌスとして見られるかもしれないの発言: "罪の審議の最初の男は、その原因の原罪" (デnupt 。 et concup 。 、 2世は、二十六、 43 ) 。 It is the hereditary stain that is dealt with here.染色して遺伝することが、ここでは対応しています。 As to the sin of Adam we have not to examine the circumstances in which it was committed nor make the exegesis of the third chapter of Genesis.我々としては、アダムの罪を検討していない状況でも行うことがコミットさ評釈の創世記第3章。

II. Ⅱ 。 PRINCIPAL ADVERSARIES主な敵

Theodorus of Mopsuestia opened this controversy by denying that the sin of Adam was the origin of death.この論争によってtheodorusのmopsuestiaオープンして罪を否定するのは、アダム死の起源です。 (See the "Excerpta Theodori", by Marius Mercator; cf. Smith, "A Dictionary of Christian Biography", IV, 942.) Celestius, a friend of Pelagius, was the first in the West to hold these propositions, borrowed from Theodorus: "Adam was to die in every hypothesis, whether he sinned or did not sin. His sin injured himself only and not the human race" (Mercator, "Liber Subnotationem", preface). (詳細については、 "要約theodori " 、マリウスメルカトル; cf 。スミス氏は、 "キリスト教辞典の伝記"は、 4 、 942 。 ) celestius 、 pelagiusの友人は、最初は西の方ではこれらの提案を行う、 theodorusから借りた: "アダムは、あらゆる仮説を死な、 sinnedたりしなかったかどうかを彼は罪です。彼の罪だけではなく、人間の負傷者自身のレース" (メルカトル、 "自由subnotationem "は、序文) 。 This, the first position held by the Pelagians, was also the first point condemned at Carthage (Denzinger, "Enchiridion", no 101-old no. 65).これは、最初の位置pelagiansで開かれた、第一のポイントは、死刑囚でもカルタゴ(デンツィンガー、 " enchiridion "は、 101 -旧いいえいいえ。 65 ) 。 Against this fundamental error Catholics cited especially Romans 5:12, where Adam is shown as transmitting death with sin.根本的なエラーが発生すると、この5時12ローマカトリック教徒引用特に、アダムがどこに表示さ死して罪を送信します。

After some time the Pelagians admitted the transmission of death -- this being more easily understood as we see that parents transmit to their children hereditary diseases -- but they still violently attacked the transmission of sin (St. Augustine, "Contra duas epist. Pelag.", IV, iv, 6).時間後に、いくつかの伝達を認めたpelagians死-これがもっと容易に理解できるように我々を参照して送信して、子どもたちの両親遺伝性疾患-しかし、彼らは依然として罪の伝達を激しく攻撃した(聖アウグスティヌスは、 "コントラdu asep ist。p e lag "と述べた。 、 4世、 4世、 6 ) 。 And when St. Paul speaks of the transmission of sin they understood by this the transmission of death.聖パウロと喋るときは、これを理解させる伝送の罪彼らの死の伝送します。 This was their second position, condemned by the Council of Orange [Denz., n.これは彼らの2番目の位置は、評議会に非難されるのオレンジ色の[ denz 。 、 n. 175 (145)], and again later on with the first by the Council of Trent [Sess. 175 ( 145 ) ] 、およびそれ以降にして再び審議会で、最初のトレント[ sess 。 V, can. v 、可能です。 ii; Denz., n. 2世; denz 。 、 n. 789 (671)]. 789 ( 671 ) ] 。 To take the word sin to mean death was an evident falsification of the text, so the Pelagians soon abandoned the interpretation and admitted that Adam caused sin in us.罪を取るという言葉は、明らかに死を意味すると、テキストの改ざんなので、すぐに捨てられたの解釈とpelagiansアダム引き起こした罪を認めている私たちです。 They did not, however, understand by sin the hereditary stain contracted at our birth, but the sin that adults commit in imitation of Adam.彼らは、しかし、遺伝性染色理解された契約で、我々の罪の誕生は、大人たちが、罪を犯すことに模造のアダムです。 This was their third position, to which is opposed the definition of Trent that sin is transmitted to all by generation (propagatione), not by imitation [Denz., n.これは彼らの3番目の位置は、この定義には反対して罪のトレントでは、送信されるすべての世代( propagatione )は、模倣ではなく、 [ denz 。 、 n. 790 (672)]. 790 ( 672 ) ] 。 Moreover, in the following canon are cited the words of the Council of Carthage, in which there is question of a sin contracted by generation and effaced by generation [Denz., n.また、キヤノンは、次の言葉を引用し、カルタゴの評議会は、そこでは、罪の契約によって発生する問題とされた世代effaced [ denz 。 、 n. 102 (66)]. 102 ( 66 ) ] 。

The leaders of the Reformation admitted the dogma of original sin, but at present there are many Protestants imbued with Socinian doctrines whose theory is a revival of Pelagianism.改革の指導者たちの罪を認め、元のドグマのが、現時点でそこには多くのプロテスタント教説ソッツィーニ染み込んでは、その理論の復活pelagianism 。

III. Ⅲ 。 ORIGINAL SIN IN SCRIPTURE原罪の啓典

The classical text is Romans 5:12 sqq.古典テキストは、ローマ人への手紙5時12 sqq 。 In the preceding part the apostle treats of justification by Jesus Christ, and to put in evidence the fact of His being the one Saviour, he contrasts with this Divine Head of mankind the human head who caused its ruin.団体では、前の正当化されたイエスキリストの使徒の扱いは、その事実や証拠を入れるのは、 1つの救い主彼が、彼はこの神の頭を対照して、人間の頭の人類の破滅を引き起こした。 The question of original sin, therefore, comes in only incidentally.原罪の問題は、したがって、ちなみに入ってくるだけだ。 St. Paul supposes the idea that the faithful have of it from his oral instructions, and he speaks of it to make them understand the work of Redemption.聖パウロsupposesという考えを忠実にあることから、彼の口頭指示し、彼が喋るの仕事を理解してそれを作るの償還している。 This explains the brevity of the development and the obscurity of some verses.これを説明したり、開発したり、無名のまま、短いのが良いのいくつかの印です。

We shall now show what, in the text, is opposed to the three Pelagian positions:わたしたちは今何を示す、には、テキスト、ペラギウスは、 3つのポジションに反対して:

(1) The sin of Adam has injured the human race at least in the sense that it has introduced death -- "Wherefore as by one man sin entered into this world and by sin death; and so death passed upon all men". ( 1 )負傷者の罪は、人類のアダムという意味で、少なくともそれは死を導入-"何のために一人の人間としての罪を入力すると、この世界の死によって罪;と死を通過するためのすべての男性" 。 Here there is question of physical death.ここにあるのは、物理的な疑問死。 First, the literal meaning of the word ought to be presumed unless there be some reason to the contrary.第一に、その言葉の意味をリテラルでなければならないと推定されるいくつかの理由がなければ、その反対だ。 Second, there is an allusion in this verse to a passage in the Book of Wisdom in which, as may be seen from the context, there is question of physical death.第二に、そこは、詩をほのめかしてこの本の中では、知恵の通路では、文脈から見られるかもしれないが、そこは、物理的な死の問題です。 Wisdom 2:24: "But by the envy of the devil death came into the world".知恵2時24分: "悪魔の羨望の的だったのですが、死の世界に入ってきた" 。 Cf. cf 。 Genesis 2:17; 3:3, 19; and another parallel passage in St. Paul himself, 1 Corinthians 15:21: "For by a man came death and by a man the resurrection of the dead".創世記2時17分、 3時03分、 19 ;と平行の通路で別の聖パウロ自身は、 1コリンチャンス15時21分: "を一人の男が死亡したとされた一人の男の復活オブザデッド"です。 Here there can be question only of physical death, since it is opposed to corporal resurrection, which is the subject of the whole chapter.ここで質問することもでき、物理的な死のみ、伍長の復活に反対しているため、これは、これは全体の章の話題だ。

(2) Adam by his fault transmitted to us not only death but also sin, "for as by the disobedience of one man many [i.e., all men] were made sinners" (Romans 5:19). ( 2 )アダムによって彼の死断層に送信されるだけでなく、私たちも罪は、 "不服従されるため、一人の人間として多くの[すなわち、すべての男性]れた罪人" (ローマ人への手紙5時19分) 。 How then could the Pelagians, and at a later period Zwingli, say that St. Paul speaks only of the transmission of physical death?次に、どのようにpelagians可能性、そして、後の期間ツウィングリは、聖パウロが喋ると言うことは、伝送の物理的な死だけですか? If according to them we must read death where the Apostle wrote sin, we should also read that the disobedience of Adam has made us mortal where the Apostle writes that it has made us sinners.もしかれらによると、我々はどこの使徒の死を読む必要があります書きました罪、しなければならないことにも目を通し、指示に従わないことは、私たち人間はどこのアダムの使徒そのことが私たち罪人に書き込みます。 But the word sinner has never meant mortal, nor has sin ever meant death.しかし、その言葉を意味している罪人は、決して人間は、これまでも罪は、死を意味する。 Also in verse 12, which corresponds to verse 19, we see that by one man two things have been brought on all men, sin and death, the one being the consequence of the other and therefore not identical with it. 12詩でも、これに対応して19詩は、私たち一人の人間を参照して2つのことをして来られたすべての男性が、罪と死は、 1つの帰結が、他のと同じではないことだ。

(3) Since Adam transmits death to his children by way of generation when he begets them mortal, it is by generation also that he transmits to them sin, for the Apostle presents these two effects as produced at the same time and by the same causality. ( 3 )アダム以来彼の死を送信する方法の世代の子供たちをかれらbegets臨終の時に彼は、それは彼によって生成して送信しても罪は、女性のための伝道者としてこれらの2つの効果を同時に生成される時間と同じ因果関係。 The explanation of the Pelagians differs from that of St. Paul.その説明の後、聖パウロのpelagians違うことです。 According to them the child who receives mortality at his birth receives sin from Adam only at a later period when he knows the sin of the first man and is inclined to imitate it.かれらによると、子供たちは自分の出生時の死亡率を受け取るアダムから罪を受け取るだけで、後の時期に彼の罪を知っている男との最初のまねをすることが傾いている。 The causality of Adam as regards mortality would, therefore, be completely different from his causality as regards sin.アダムの因果関係に関しては、死亡率は、したがって、因果関係が完全に違う彼の罪に関してです。 Moreover, this supposed influence of the bad example of Adam is almost chimerical; even the faithful when they sin do not sin on account of Adam's bad example, a fortiori infidels who are completely ignorant of the history of the first man.また、この例でも、その悪い影響を与えるはずのアダムはほぼ奇想;忠実なときでさえ、罪のない罪でアカウントのアダムの悪い例では、なおさら完全に井の中の不信心者たちが歴史の最初の男です。 And yet all men are, by the influence of Adam, sinners and condemned (Romans 5:18, 19).しかもすべての男性は、アダムの力では、罪人や死刑囚(ローマ人への手紙5時18分、 19 ) 。 The influence of Adam cannot, therefore, be the influence of his bad example which we imitate (Augustine, "Contra julian.", VI, xxiv, 75).アダムの影響を与えることができないのは、そのため、彼の影響力が、私たちが悪い手本をまねる(アウグスティヌスは、 "コントラジュリアンです。 " 、 viのは、 xxiv 、 75 ) 。

On this account, several recent Protestants have thus modified the Pelagian explanation: "Even without being aware of it all men imitate Adam inasmuch as they merit death as the punishment of their own sins just as Adam merited it as the punishment for his sin."このアカウントでは、このようにいくつかの変更が、最近のプロテスタントペラギウスの説明: "知っていることすらせずにすべての男性にまねをアダム〜だけれども彼らの死に値する罰として、アダムと同じようには、独自の罪の罰として当然のことを自分の罪です。 " This is going farther and farther from the text of St. Paul.これは、遠くから遠くに行くの聖パウロのテキストです。 Adam would be no more than the term of a comparison, he would no longer have any influence or causality as regards original sin or death.アダム以上はないという言葉を比較するのは、彼がどんな影響を及ぼすかは、もはや原罪または死亡の原因と因果関係についてです。 Moreover, the Apostle did not affirm that all men, in imitation of Adam, are mortal on account of their actual sins; since children who die before coming to the use of reason have never committed such sins; but he expressly affirms the contrary in the fourteenth verse: "But death reigned", not only over those who imitated Adam, but "even over them also who have not sinned after the similitude of the transgression of Adam."しかも、その使徒断言していないすべての男性には、アダムの模造が、人間には、アカウントの実際の罪;死ぬ前に子供たちに来て以来、このようなコミットを使用する理由はない罪;しかし、彼は、逆に肯定明示第14詩: "しかし、死の支配"は、人の真似するだけでなく、アダムが、 "オーバーしても誰もしていないの相似sinned後、アダムの罪です。 " Adam's sin, therefore, is the sole cause of death for the entire human race.アダムの罪は、したがって、単独の死亡原因は、人類全体のためだ。 Moreover, we can discern no natural connexion between any sin and death.また、天然connexionない識別することができると死の間の任意の罪です。 In order that a determined sin entail death there is need of a positive law, but before the Law of Moses there was no positive law of God appointing death as a punishment except the law given to Adam (Genesis 2:17).罪を決定するために、必然的に死には肯定的な法律を必要とするが、この法律の前に肯定的な法律がないモーゼス任命神の罰としての死を除いて、法を与えられたアダム(創世記2時17分) 。 It is, therefore, his disobedience only that could have merited and brought it into the world (Romans 5:13, 14).それは、したがって、彼の指示に従わないことだけが報われた可能性があるとそれをもたらしたの世界(ローマ人への手紙5時13分、 14 ) 。

These Protestant writers lay much stress on the last words of the twelfth verse.これらのプロテスタント作家レイずっと強調しているのは、第12回詩の最後の言葉です。 We know that several of the Latin Fathers understood the words "in whom all have sinned", to mean, all have sinned in Adam.いくつかのことが分かっている単語は、ラテン語の祖先理解して"すべての人は罪を犯しました" 、を意味するのか、すべてのアダムは罪を犯しました。 This interpretation would be an extra proof of the thesis of original sin, but it is not necessary.この解釈になる余分な証拠は、論文の原罪が、それは必然ではありません。 Modern exegesis, as well as the Greek Fathers, prefer to translate "and so death passed upon all men because all have sinned".近代的釈義、ギリシャ語の祖先と同様に、翻訳を好む"と死を通過するすべての人のためにすべては罪を犯しました" 。 We accept this second translation which shows us death as an effect of sin.この2番目の翻訳を示す我々を受け入れる私たちの死としての効果罪です。 But of what sin?しかし、どのような罪ですか? "The personal sins of each one", answer our adversaries, "this is the natural sense of the words 'all have sinned.'" It would be the natural sense if the context was not absolutely opposed to it. "一人一人の個人的な罪"は、我々の敵答えは、 "これは、自然の言葉の意味での'すべては罪を犯しました。 ' "すれば、自然な感覚のコンテキストではない場合、絶対に反対しています。 The words "all have sinned" of the twelfth verse, which are obscure on account of their brevity, are thus developed in the nineteenth verse: "for as by the disobedience of one man many were made sinners."その言葉に"すべては罪を犯しました"の第12詩は、アカウントがあいまいな上、短いのが良いのは、このように開発されたのは19詩: "反抗したため、一人の人間として多くの罪人があった"と述べた。 There is no question here of personal sins, differing in species and number, committed by each one during his life, but of one first sin which was enough to transmit equally to all men a state of sin and the title of sinners.ここに疑問の余地はない個人的な罪は、異なる種と番号が、それぞれ1つの中に彼の人生にコミットされたが、最初の1つの罪を送信するには十分な状態で男性と同等にすべての罪と罪人のタイトルです。 Similarly in the twelfth verse the words "all have sinned" must mean, "all have participated in the sin of Adam", "all have contracted its stain".同様に、第12回詩の言葉で"すべては罪を犯しました"としなければ意味は、 "すべての罪のアダムが参加して" 、 "すべてが契約の染色" 。 This interpretation too removes the seeming contradiction between the twelfth verse, "all have sinned", and the fourteenth, "who have not sinned", for in the former there is question of original sin, in the latter of personal sin.この解釈にも、第12回の間に矛盾ができているふりを取り除きます詩は、 "すべては罪を犯しました" 、そして、 14は、 "誰sinnedしていない"と、ためには、元の質問には原罪が、後者の個人的な罪だ。 Those who say that in both cases there is question of personal sin are unable to reconcile these two verses.これらの人たちは、どちらの場合には個人的な罪の問題はこれらの2つの印を仲直りはできません。

IV. 4 。 ORIGINAL SIN IN TRADITION伝統の原罪

On account of a superficial resemblance between the doctrine of original sin and the Manichaean theory of our nature being evil, the Pelagians accused the Catholics and St. Augustine of Manichaeism.浅類似してアカウントの原罪の教義との間に、私たちの性質が悪マニ教説は、被告人のカトリック信者やpelagians聖アウグスティヌスのmanichaeism 。 For the accusation and its answer see "Contra duas epist. Pelag.", I, II, 4; V, 10; III, IX, 25; IV, III.告発とその回答を参照してください"コントラduas epist 。 pelagです" 、私は、 2世、 4 ; v 、 10 ; IIIのは、 9世、 25 ; 4世、 3世です。 In our own times this charge has been reiterated by several critics and historians of dogma who have been influenced by the fact that before his conversion St. Augustine was a Manichaean.我々の時代で、この電荷を改めて強調されていくつかの批評家や歴史家たちのドグマに影響されてきたという事実に変換する前に彼は、マニ教の聖アウグスティヌスです。 They do not identify Manichaeism with the doctrine of original sin, but they say that St. Augustine, with the remains of his former Manichaean prejudices, created the doctrine of original sin unknown before his time. manichaeismを識別していない原罪の教義が、かれらは言うこと聖アウグスティヌスは、彼の元に遺骨のマニ教の偏見は、未知の原罪の教義を作成する前に、自分の時間です。

It is not true that the doctrine of original sin does not appear in the works of the pre-Augustinian Fathers.真実ではないことは、原罪の教義に表示されないの作品は、事前にアウグスティノ父親です。 On the contrary, their testimony is found in special works on the subject.とは逆に、彼らの証言は、特別な作品では、件名が見つかりました。 Nor can it be said, as Harnack maintains, that St. Augustine himself acknowledges the absence of this doctrine in the writings of the Fathers.またそれによるとは、ハルナックとして維持し、それを認め自分自身の不在の聖アウグスティヌスは、この学説には、父の記述です。 St. Augustine invokes the testimony of eleven Fathers, Greek as well as Latin (Contra Jul., II, x, 33).聖アウグスティヌスの証言を呼び出すイレブンの祖先は、ギリシャ語だけでなく、ラテン語(コントラ7月、 2世、 × 、 33 ) 。 Baseless also is the assertion that before St. Augustine this doctrine was unknown to the Jews and to the Christians; as we have already shown, it was taught by St. Paul.根拠のない主張をする前にも聖アウグスティヌスは、この学説には、未知のユダヤ人やキリスト教徒を、我々はすでに示さとしては、それは聖パウロ教わっている。 It is found in the fourth Book of Esdras, a work written by a Jew in the first century after Christ and widely read by the Christians.それは4番目の本が見つかりましたエスドラス書では、ユダヤ人が書いた作品で、キリストの後の最初の世紀に広く読まれると、キリスト教徒です。 This book represents Adam as the author of the fall of the human race (vii, 48), as having transmitted to all his posterity the permanent infirmity, the malignity, the bad seed of sin (iii, 21, 22; iv, 30).この本の著者としてアダムを表し、秋には、人間のレース( 7世、 48 )は、彼のように後世に送信されるすべての永続的な弱さは、悪意に満ちた、不良種子の罪( ⅲ 、 21 、 22 ; 4世、 30 ) 。 Protestants themselves admit the doctrine of original sin in this book and others of the same period (see Sanday, "The International Critical Commentary: Romans", 134, 137; Hastings, "A Dictionary of the Bible", I, 841).プロテスタントの教義を自ら認める原罪この本や他の同期間(サンデーを参照して、 "国際的批判的論評:ローマ人への手紙" 、 134 、 137 ;ヘイスティングスは、 "聖書辞典"と、私は、 841 ) 。

It is therefore impossible to make St. Augustine, who is of a much later date, the inventor of original sin.したがってを作ることは不可能である聖アウグスティヌスは、多くの人は、後日、発明者の原罪。

That this doctrine existed in Christian tradition before St. Augustine's time is shown by the practice of the Church in the baptism of children.キリスト教の伝統が存在し、この教義聖アウグスティヌス前の練習時間が表示されるのは、教会の子供たちの洗礼。 The Pelagians held that baptism was given to children, not to remit their sin, but to make them better, to give them supernatural life, to make them adoptive sons of God, and heirs to the Kingdom of Heaven (see St. Augustine, "De peccat. meritis", I, xviii). pelagians開催していたの洗礼を子供たちに与えられた、自分の罪を送金していないが、かれらを作るよりは、超自然的生命を与えて、神の息子を養子にして、天国の相続人を(聖アウグスティヌスを参照してください。 "デpeccat 。 meritis "と、私は、 18 ) 。 The Catholics answered by citing the Nicene Creed, "Confiteor unum baptisma in remissiomen peccatorum".カトリック教徒と答えたのニカイア信条を理由には、 "回心の祈りunum baptismaでremissiomen peccatorum " 。 They reproached the Pelagians with introducing two baptisms, one for adults to remit sins, the other for children with no such purpose.かれらの非難を導入して2つのpelagians baptisms 、大人のための1つの罪に送金を、他の子供たちのためにこのような目的がない。 Catholics argued, too, from the ceremonies of baptism, which suppose the child to be under the power of evil, i.e., exorcisms, abjuration of Satan made by the sponsor in the name of the child [Augustine, loc.カトリック教徒の主張は、あまりにも、儀式の洗礼からは、下にいる子供を悪の力には、すなわち、 exorcisms 、永久離のスポンサーで作られる悪魔の名の下、児童[アウグスティヌスは、場所です。 cit., xxxiv, 63; Denz., n. cit 。 、 34 、 63 ; denz 。 、 n. 140 (96)]. 140 ( 96 ) ] 。 V. ORIGINAL SIN IN FACE OF THE OBJECTIONS FROM REASON対原罪の顔からは、異議申し立ての理由

We do not pretend to prove the existence of original sin by arguments from reason only.我々の存在を証明するふりをしていないの原罪によってのみ引数の理由からだ。 St. Thomas makes use of a philosophical proof which proves the existence rather of some kind of decadence than of sin, and he considers his proof as probable only, satis probabiliter probari potest (Contra Gent., IV, lii).セントトマスを使用することにより、哲学の存在を証明する証拠がいくつかの種類の退廃というよりも、罪は、彼と彼の証拠として概のみを考慮し、満足probabiliter probari potest (コントラゲント。 、 4世、 52 ) 。 Many Protestants and Jansenists and some Catholics hold the doctrine of original sin to be necessary in philosophy, and the only means of solving the problem of the existence of evil.カトリックとプロテスタントの多くjansenistsおよびいくつかの教義を保持するのに必要な原罪で哲学、そして問題を解決するための手段だけでは、邪悪な存在です。 This is exaggerated and impossible to prove.これは誇張されて不可能なことを証明しています。 It suffices to show that human reason has no serious objection against this doctrine which is founded on Revelation.人間のすることで十分な理由はないということを示す重大な異議申し立てをすると、この学説は、ヨハネの黙示録に設立しています。 The objections of Rationalists usually spring from a false concept of our dogma. rationalists通常、春からの反対に我々のドグマに虚偽の概念です。 They attack either the transmission of a sin or the idea of an injury inflicted on his race by the first man, of a decadence of the human race.彼らの攻撃は、罪のいずれかまたは伝送するという考えをしてけがを負わ彼のレースでの最初の男は、人類の退廃のです。 Here we shall answer only the second category of objections, the others will be considered under a later head (VII).ここでわたしたちは2番目のカテゴリーに答えるだけの異議申し立ては、この他、後頭下で検討される( 7 ) 。

(1) The law of progress is opposed to the hypothesis of a decadence. ( 1 )同法の進歩は、仮説の退廃に反対しています。 Yes, if the progress was necessarily continuous, but history proves the contrary.はい、その進捗状況は必ずしも連続場合は、しかし、歴史を証明するのに反しています。 The line representing progress has its ups and downs, there are periods of decadence and of retrogression, and such was the period, Revelation tells us, that followed the first sin.ライン進捗状況を表すのには、浮き沈みを経験では、ピリオドの退廃との退化、などは、期間中、ヨハネの黙示録教えてくれる、最初の罪が続いています。 The human race, however, began to rise again little by little, for neither intelligence nor free will had been destroyed by original sin and, consequently, there still remained the possibility of material progress, whilst in the spiritual order God did not abandon man, to whom He had promised redemption.人類は、しかし、再び上昇を開始して少しずつ少しずつ、どちらも無料で知能が破壊されていた元の罪と、その結果、その可能性がある材料まだ残って進捗状況は、神の間で、精神的な秩序を放棄しなかった男は、心に適う償還を約束していた。 This theory of decadence has no connexion with our Revelation.この理論connexion退廃して我々の啓示されていません。 The Bible, on the contrary, shows us even spiritual progress in the people it treats of: the vocation of Abraham, the law of Moses, the mission of the Prophets, the coming of the Messias, a revelation which becomes clearer and clearer, ending in the Gospel, its diffusion amongst all nations, its fruits of holiness, and the progress of the Church.聖書は、逆に、私たちにも精神的な進歩を示して扱われるのは、人々 :職業は、イブラーヒーム、ムーサーの律法は、預言者の使命は、来るべきmessiasのは、ヨハネの黙示録が鮮明になると明確には、期末福音書では、すべての国の間に拡散し、その成果をホーリネス、およびその教会の進捗状況です。

(2) It is unjust, says another objection, that from the sin of one man should result the decadence of the whole human race. ( 2 )不当なことは、別の異議申し立てによれば、それからは、一人の人間の罪の結果、全人類の退廃。 This would have weight if we took this decadence in the same sense that Luther took it, i.e. human reason incapable of understanding even moral truths, free will destroyed, the very substance of man changed into evil.体重が、この場合には、私たちは、このデカダンスルーサー意味では同じことは、すなわち人間の道徳的な真理さえ理解できない理由は、自由意志で破壊は、非常に質の悪い男に変更されました。

But according to Catholic theology man has not lost his natural faculties: by the sin of Adam he has been deprived only of the Divine gifts to which his nature had no strict right, the complete mastery of his passions, exemption from death, sanctifying grace, the vision of God in the next life.しかし、カトリック神学によると、男ではない自然な能力を失った:アダムの罪によって彼は神の贈り物を奪われただけではない、彼の厳しい自然の権利は、完全に彼の情熱を使いこなすことは、死の免除、猶予sanctifying 、神のビジョンは、次の人生です。 The Creator, whose gifts were not due to the human race, had the right to bestow them on such conditions as He wished and to make their conservation depend on the fidelity of the head of the family.創造主は、その贈り物は、人類のために、かれらは、このような条件を授ける権利を望んだとして、彼は自分の保全を作るのにかかっているのを忠実には、ご家族の頭です。 A prince can confer a hereditary dignity on condition that the recipient remains loyal, and that, in case of his rebelling, this dignity shall be taken from him and, in consequence, from his descendants.世襲の君主の尊厳を協議することを条件にして、受信者に忠実な遺跡、それは、彼のrebelling例では、この尊厳は、かれから採取されると、結果として、彼の子孫からです。 It is not, however, intelligible that the prince, on account of a fault committed by a father, should order the hands and feet of all the descendants of the guilty man to be cut off immediately after their birth.それではない、しかし、理解して、王子は、断層上にコミットされたアカウントの父、注文は、手と足のすべての子孫は、罪を犯した人を自分の誕生直後から切り離される。 This comparison represents the doctrine of Luther which we in no way defend.この学説の比較を表しますルーサー守ることが我々の方法ではありません。 The doctrine of the Church supposes no sensible or afflictive punishment in the next world for children who die with nothing but original sin on their souls, but only the privation of the sight of God [Denz., n. supposes教会の教義のない悲惨な刑罰は、次の分別や子供たちのために死ぬ世界で自分の魂を原罪に過ぎないが、その光景は、神の不自由[ denz 。 、 n. 1526 (1389)]. 1526年( 1389 ) ] 。

VI. viのです。 NATURE OF ORIGINAL SIN自然の原罪

This is a difficult point and many systems have been invented to explain it: it will suffice to give the theological explanation now commonly received.これは、困難な点を発明してきた多くのシステムを説明すること:それは神学を与えるために十分な説明を受けて、現在では一般です。 Original sin is the privation of sanctifying grace in consequence of the sin of Adam.原罪sanctifyingグレースでは、不自由の帰結は、アダムの罪です。 This solution, which is that of St. Thomas, goes back to St. Anselm and even to the traditions of the early Church, as we see by the declaration of the Second Council of Orange (A.D. 529): one man has transmitted to the whole human race not only the death of the body, which is the punishment of sin, but even sin itself, which is the death of the soul [Denz., n.このソリューションは、これは、聖トーマス、聖アンセルムにまでさかのぼりますとさえして、初期の教会の伝統は、我々として宣言されるのを参照してください2番目のオレンジ色の評議会(広告529 ) :一人の人間が送信される人類全体の死だけでなく、体には、これは、罪の罰が、罪自体にも、これは、魂の死[ denz 。 、 n. 175 (145)]. 175 ( 145 ) ] 。 As death is the privation of the principle of life, the death of the soul is the privation of sanctifying grace which according to all theologians is the principle of supernatural life.不自由としての死は、人生の原則は、その死は、魂の不自由sanctifyingグレースは、すべての神学者によると、これは、超自然的生命の原理です。 Therefore, if original sin is "the death of the soul", it is the privation of sanctifying grace.従って、原罪場合には"魂の死"と、それは、グレースsanctifying不自由のです。

The Council of Trent, although it did not make this solution obligatory by a definition, regarded it with favour and authorized its use (cf. Pallavicini, "Istoria del Concilio di Trento", vii-ix).トレントの評議会は、この解決策とはいえ、そうしなかった義務定義される、と見なすことに賛成して使用すると、認可( cf. pallavicini 、 "デルistoriaコンシリオディトレント" 、第VII - 9 ) 。 Original sin is described not only as the death of the soul (Sess. V, can. ii), but as a "privation of justice that each child contracts at its conception" (Sess. VI, cap. iii).原罪としては、死を説明するだけでなく、その魂( sess. v 、可能です。 ⅱ )は、しかし、として、 "正義の不自由児には、各契約でその構想" ( sess. viのは、キャップです。 ⅲ ) 。 But the Council calls "justice" what we call sanctifying grace (Sess. VI), and as each child should have had personally his own justice so now after the fall he suffers his own privation of justice.しかし、審議会のコール"正義"我々は何sanctifyingコールグレース( viのsess. ) 、およびそれぞれの子供としては、個人的に自分の正義があったので今の崩壊後の不自由彼は、自分の正義の苦痛を被っています。

We may add an argument based on the principle of St. Augustine already cited, "the deliberate sin of the first man is the cause of original sin".我々の引数を追加する可能性の原理に基づいて、すでに聖アウグスティヌス引用し、 "罪の審議の最初の男は、その原因の原罪" 。 This principle is developed by St. Anselm: "the sin of Adam was one thing but the sin of children at their birth is quite another, the former was the cause, the latter is the effect" (De conceptu virginali, xxvi).この原則は、開発された聖アンセルム: "アダムの罪の一つだったが、子供たちは自分の犯した罪とはまったく別の誕生は、元の原因は、後者の効果は、 " (デconceptu virginali 、 26 ) 。 In a child original sin is distinct from the fault of Adam, it is one of its effects.子供には、別個の原罪のアダム断層から、それはその影響の1つです。 But which of these effects is it?しかし、これらの効果のうちどれですか? We shall examine the several effects of Adam's fault and reject those which cannot be original sin:わたしたちはいくつかの効果を調べるアダムの断層とそれらを拒否することはできません原罪:

(1) Death and Suffering.- These are purely physical evils and cannot be called sin. ( 1 )死や苦しみ.-これらは純粋に物理的な弊害と罪と呼ばれることはできません。 Moreover St. Paul, and after him the councils, regarded death and original sin as two distinct things transmitted by Adam.また聖パウロは、彼との協議会の後、死と見なすこと原罪アダムとして送信される2つの別個のものです。

(2) Concupiscence.- This rebellion of the lower appetite transmitted to us by Adam is an occasion of sin and in that sense comes nearer to moral evil.強欲.- ( 2 )この反乱の低い私たちの食欲に送信されるアダムは、罪の機会とその意味で道徳的な悪に近づいて来る。 However, the occasion of a fault is not necessarily a fault, and whilst original sin is effaced by baptism concupiscence still remains in the person baptized; therefore original sin and concupiscence cannot be one and the same thing, as was held by the early Protestants (see Council of Trent, Sess. V, can. v).しかし、この機会には、断層は、断層とは限らない、とeffaced間原罪は洗礼強欲さが残っては、人が、バプテスマを受け;したがって原罪と強欲ことはできないと、同じことの1つは、保有していたとして、初期のプロテスタント(トレントを参照してください評議会は、 sess 。 v 、できる。 5 ) 。

(3) The absence of sanctifying grace in the new-born child is also an effect of the first sin, for Adam, having received holiness and justice from God, lost it not only for himself but also for us (loc. cit., can. ii). ( 3 )の不在sanctifyingグレースでは、新たに生まれた子供にも効果があるの最初の罪は、アダムは、神から与えられたと正義を受け取ってホーリネスは、失われたことだけでなく、自分自身のためだけでなく、我々 ( loc. cit 。 、ことです。 ⅱ ) 。 If he has lost it for us we were to have received it from him at our birth with the other prerogatives of our race.もし彼が失われたことを私たちが受け取ったことを私たちは私たちの誕生してから、彼は私たちのレースの他の特権だ。 Therefore the absence of sanctifying grace in a child is a real privation, it is the want of something that should have been in him according to the Divine plan.したがって、グレースsanctifying不在で、子供は、ほんとうに不自由は、その望むことは何かをしなければならなかったが、彼によると、神の計画です。 If this favour is not merely something physical but is something in the moral order, if it is holiness, its privation may be called a sin.この恩恵ではない場合でも物理的な何かがあるだけでは、道徳的な秩序は、ホーリネスの場合は、その不自由罪と呼ばれるかもしれない。 But sanctifying grace is holiness and is so called by the Council of Trent, because holiness consists in union with God, and grace unites us intimately with God.しかし、グレースは、ホーリネスsanctifyingされるとは、いわゆるトレント評議会は、労働組合で構成しているためホーリネス神は、私たちと密接にして、神の恵みunites 。 Moral goodness consists in this, that our action is according to the moral law, but grace is a deification, as the Fathers say, a perfect conformity with God who is the first rule of all morality.道徳的な善良で構成その中では、私たちの行動には、道徳的な法則によると、グレースは、神格化しかし、父親の言うように、完全に準拠して、神の最初のルールは、すべての人の道徳です。 (See GRACE.) Sanctifying grace therefore enters into the moral order, not as an act that passes but as a permanent tendency which exists even when the subject who possesses it does not act; it is a turning towards God, conversio ad Deum. (猶予を参照してください。 ) sanctifyingグレースしたがって、道徳的な秩序に入った場合は、行動していないとして恒久的な傾向として、どのパスが存在する場合でも、保有していない人に服従行動;それは、神への転換、コンバージョン広告deum 。 Consequently the privation of this grace, even without any other act, would be a stain, a moral deformity, a turning away from God, aversio a Deo, and this character is not found in any other effect of the fault of Adam.したがって、この猶予不自由は、他の行為でもなく、染色なるだろう、道徳的な変形は、神から離れて旋回、 deo aversioには、この文字が見つからない場合や、その他の効果は、断層のアダムです。 This privation, therefore, is the hereditary stain.この不自由、したがって、遺伝は、染色です。

VII.第VII 。 HOW VOLUNTARYどのように自主

"There can be no sin that is not voluntary, the learned and the ignorant admit this evident truth", writes St. Augustine (De vera relig., xiv, 27). "あり得ないことではない自主的な罪は、これを学んだと明らかに無知な真実を認める"と、聖アウグスティヌスの書き込み(デヴェラrelig 。 、 14 、 27 ) 。 The Church has condemned the opposite solution given by Baius [prop.その教会は、死刑囚の向かいに与えられた溶液baius [小道具です。 xlvi, xlvii, in Denz., n. 46 、 47 、 denz 。 、 n. 1046 (926)]. 1046 ( 926 ) ] 。 Original sin is not an act but, as already explained, a state, a permanent privation, and this can be voluntary indirectly -- just as a drunken man is deprived of his reason and incapable of using his liberty, yet it is by his free fault that he is in this state and hence his drunkenness, his privation of reason is voluntary and can be imputed to him.原罪する行為ではないが、既述のように、ある状態では、永続的な不自由で、そして、このことは間接的に自発的な-と同じように、酒に酔った男ができないとの理由を奪われた彼の自由の女神を使用して、まだそれは彼の自由故障してこの状態で、彼は彼の酩酊したがって、彼の不自由な理由は、自発的に彼に帰属することができます。

But how can original sin be even indirectly voluntary for a child that has never used its personal free will?しかし、どうすれば元の罪のために、子供が自発的にも間接的には、個人の自由意志では使用できないことですか? Certain Protestants hold that a child on coming to the use of reason will consent to its original sin; but in reality no one ever thought of giving this consent.プロテスタントの特定の子供を持つことを理由に来ての使用に同意することには、オリジナルの罪;しかし、現実には、この同意を与えることの1つになろうと思った。 Besides, even before the use of reason, sin is already in the soul, according to the data of Tradition regarding the baptism of children and the sin contracted by generation.それに加えて、使用する前にもかかわらず理由で、罪は、すでにその魂は、データによると、伝統についての洗礼された世代の子供たちとの契約の罪です。 Some theosophists and spiritists admit the pre-existence of souls that have sinned in a former life which they now forget; but apart from the absurdity of this metempsychosis, it contradicts the doctrine of original sin, it substitutes a number of particular sins for the one sin of a common father transmitting sin and death to all (cf. Romans 5:12 sqq.).いくつかのtheosophistsとspiritists魂の存在を認めることは事前には罪を犯しました彼らは、今すぐに元の生活を忘れて;しかし、この不条理輪廻転生から離れて、原罪の教義に矛盾することは、それを置換するために、いくつかの特定の1つの罪罪の共通の父の死を送信するとすべての罪( cf.ローマ人への手紙5時12 sqq 。 ) 。 The whole Christian religion, says St. Augustine, may be summed up in the intervention of two men, the one to ruin us, the other to save us (De pecc. orig., xxiv).キリスト教の宗教全体には、聖アウグスティヌスによると、 5月に要約すると、二人の男の介入は、我々を破滅させようとすると、私たちの他に保存する(デpecc 。 orig 。 、 xxiv ) 。 The right solution is to be sought in the free will of Adam in his sin, and this free will was ours: "we were all in Adam", says St. Ambrose, cited by St. Augustine (Opus imperf., IV, civ).解決策が求められて右側には、自由意志で自分の罪のアダムは、この自由意志とは、我々 : "私たちはすべてのアダム" 、聖アンブローズ氏は、引用された聖アウグスティヌス(オプスimperf 。 、 4世、 civ ) 。 St. Basil attributes to us the act of the first man: "Because we did not fast (when Adam ate the forbidden fruit) we have been turned out of the garden of Paradise" (Hom. i de jejun., iv).聖バジルの属性を、私たちの行動の最初の男: "速くしていないため(禁断の果実を食べたときにアダム)と判明したが、我々は庭の楽園" ( hom.私デjejun 。 、 ⅳ ) 。 Earlier still is the testimony of St. Irenæus; "In the person of the first Adam we offend God, disobeying His precept" (Haeres., V, xvi, 3).以前の証言は、まだ聖irenæus ; "は、私たちの気分を害さないような人は、最初のアダム神は、彼の言うことを聞かない指針" ( haeres. 、 v 、 16世、 3 ) 。

St. Thomas thus explains this moral unity of our will with the will of Adam.セントトマスしたがって、この道徳的な説明をしては、我々の団結のアダムです。

"An individual can be considered either as an individual or as part of a whole, a member of a society . . . . Considered in the second way an act can be his although he has not done it himself, nor has it been done by his free will but by the rest of the society or by its head, the nation being considered as doing what the prince does. For a society is considered as a single man of whom the individuals are the different members (St. Paul, 1 Corinthians 12). Thus the multitude of men who receive their human nature from Adam is to be considered as a single community or rather as a single body . . . . If the man, whose privation of original justice is due to Adam, is considered as a private person, this privation is not his 'fault', for a fault is essentially voluntary. If, however, we consider him as a member of the family of Adam, as if all men were only one man, then his privation partakes of the nature of sin on account of its voluntary origin, which is the actual sin of Adam" (De Malo, iv, 1). "個々のことと見なされるかのどちらかと、個人としての一環として、全体的には、社会のメンバーである。 。 。 。 。 2番目の方法を考え行動することができます自分自身にもかかわらず彼はそれをやって、またそれが行われていたしかし、彼の自由意志によって社会の残りの部分またはその頭では、国と見なされ、王子はどのようなことですが、社会は見なされて、 1つの男の人は、別の会員の個人(聖パウロは、 1コリンチャンス12 ) 。このように、多くの男たちが人間の本性から受け取るアダムは、 1つのコミュニティとして考えられるようになるかというと、 1つのボディ。 。 。 。 。もしその男は、その不自由のオリジナルの正義のためには、アダムは見なされて民間人は、この不自由ではない彼の'断層' 、断層は、基本的には、自発的です。場合には、しかし、我々のメンバーとして彼を考える家族のアダムは、まるですべての男たちが1つだけの男、そして彼の不自由である罪の性質上のアカウントの自発的な起源、これは、実際の罪のアダム" (デマロ、 4世は、 1 ) 。

It is this law of solidarity, admitted by common sentiment, which attributes to children a part of the shame resulting from the father's crime.それは、この法律の連帯、共通の感情を認めて、どの属性を子供たちに恥ずかしい思いをする団体は、父親の犯罪から生じる。 It is not a personal crime, objected the Pelagians.個人的な犯罪ではないが、 pelagians反対しています。 "No", answered St. Augustine, " but it is paternal crime" (Op. imperf., I, cxlviii). "いいえ"は、聖アウグスティヌス答えは、 "しかし、それは父方の犯罪" ( op. imperf 。 、私は、 cxlviii ) 。 Being a distinct person I am not strictly responsible for the crime of another; the act is not mine.私ははっきりしない人が厳密には別の犯罪の責任を負う;鉱山の行為ではない。 Yet, as a member of the human family, I am supposed to have acted with its head who represented it with regard to the conservation or the loss of grace.しかし、人間の家族のメンバーとして、私は頭にはその人の行動を表現することと関連して、損失の保全やグレース。 I am, therefore, responsible for my privation of grace, taking responsibility in the largest sense of the word.私は、したがって、私の不自由責任を負うの恵みを受けて、最大の責任は、その言葉の意味です。 This, however, is enough to make the state of privation of grace in a certain degree voluntary, and, therefore, "without absurdity it may be said to be voluntary" (St. Augustine, "Retract.", I, xiii).これは、しかし、その状態を作るのに十分な猶予不自由で、ある程度の自発的な、そして、したがって、 "不条理なしと言われるかもしれないが自主的な" (聖アウグスティヌスは、 "撤回する"と述べた。 、私は、 13 ) 。 Thus the principal difficulties of non-believers against the transmission of sin are answered.したがって、校長の困難の非信者に対する罪の伝送には答えている。

"Free will is essentially incommunicable." "自由意志は、基本的に伝えることのできない"と述べた。 Physically, yes; morally, no; the will of the father being considered as that of his children.肉体的には、はい;道徳的には、いいえ;のは、彼の父親が子どもと見なされています。 "It is unjust to make us responsible for an act committed before our birth." "それは私たちの責任を作るための不当な行為にコミットする前に、私たちの生まれです。 " Strictly responsible, yes; responsible in a wide sense of the word, no; the crime of a father brands his yet unborn children with shame, and entails upon them a share of his own responsibility.厳格な責任は、はい;責任は、広い意味では、ありません;その犯罪には、まだ生まれていない子供たちが自分の父のブランド恥、および1株当たりentailsかれら自身の責任だ。

"Your dogma makes us strictly responsible for the fault of Adam." "あなたの教義に厳格な責任を負う我々の断層のアダムです。 " That is a misconception of our doctrine.それは我々の教義を誤解です。 Our dogma does not attribute to the children of Adam any properly so-called responsibility for the act of their father, nor do we say that original sin is voluntary in the strict sense of the word.ドグマはありませんが、我々の子供たちのアダム任意の属性を適切にいわゆる、父親の行為の責任を、また私たちは、自主的な原罪と言うことは、厳密な意味での言葉だ。 It is true that, considered as "a moral deformity", "a separation from God", as "the death of the soul", original sin is a real sin which deprives the soul of sanctifying grace.それは事実だが、考えられる"道徳的奇形" 、 "神からの分離" 、 "魂の死"は、本物の原罪は、罪をsanctifyingグレースの魂を奪う。 It has the same claim to be a sin as has habitual sin, which is the state in which an adult is placed by a grave and personal fault, the "stain" which St. Thomas defines as "the privation of grace" (I-II:109:7; III:87:2, ad 3), and it is from this point of view that baptism, putting an end to the privation of grace, "takes away all that is really and properly sin", for concupiscence which remains "is not really and properly sin", although its transmission was equally voluntary (Council of Trent, Sess. V, can. v.).それと同じだと主張するが、常習的な罪は罪として、これは、大人の状態では、個人的に配置される重大な過失とは、 "染色"として定義さセントトマス"不自由の恵みを受けて、 " (私- 2世: 109:7 ; 3世: 87:2 、広告3 ) 、そしてそれは、この観点から洗礼して、パッティングに終止符を打つの不自由の恵みを受けて、 "すべてのことを去るとは本当に正しく罪"は、強欲これは"適切ではないと本当に罪"ですが、その自発的な伝送が等しく(トレント評議会は、 sess 。 v 、可能です。対) 。 Considered precisely as voluntary, original sin is only the shadow of sin properly so-called.自発的な考えを正確には、原罪は、罪の影の下でのみ正しくいわゆる。 According to St. Thomas (In II Sent., dist. xxv, Q. i, a. 2, ad 2um), it is not called sin in the same sense, but only in an analogous sense.セントトマスによると( 2世に送信されます。 、 distのです。弐拾伍、問い私は、 a. 2 、広告2um )は、罪と呼ばれることではないが、同じ意味では、類似の感覚だけで。

Several theologians of the seventeenth and eighteenth centuries, neglecting the importance of the privation of grace in the explanation of original sin, and explaining it only by the participation we are supposed to have in the act of Adam, exaggerate this participation.いくつかの神学者は、 17および18世紀にもわたって、その重要性を無視して、グレースの不自由な説明を原罪、と説明しているだけの参加を持つはずで、我々はアダムの行為は、この参加を誇張する。 They exaggerate the idea of voluntary in original sin, thinking that it is the only way to explain how it is a sin properly so-called.彼らの自発的なアイデアを誇張原罪では、思考することが唯一の方法を説明することは、どのように適切ないわゆる罪です。 Their opinion, differing from that of St. Thomas, gave rise to uncalled-for and insoluble difficulties.彼らの意見によれば、聖トマス異なることから、上昇を与えたと不溶性差し出がましい困難です。 At present it is altogether abandoned.現時点では、完全に放棄することだ。

Publication information Written by S. Harent.米harent書かれた文献の情報です。 Transcribed by Sean Hyland.ショーンハイランド転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.カトリック百科事典は、ボリュームxi 。 Published 1911.日付1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認は、 1911年2月1日。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Adam アダム
Eden, Eve エデンは、前夜

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです