Predestination宿命

General Information 総合案内

Predestination is a Christian doctrine according to which a person's ultimate destiny, whether it be salvation or damnation, is determined by God alone prior to, and apart from, any worth or merit on the person's part. In some cases, it is claimed that God only determines those to be saved; in others, that he determines those to be saved and those to be condemned. The latter teaching is called double predestination. 宿命は、キリスト教の教義によると、人の究極の運命に、救いや天罰れるかどうかは、一人では、神の前に決定される、とは別に、任意の価値やメリットは、人の団体です。いくつかのケースでは、それは、神と主張してそれらの決定にのみ保存される;で他は、それらのことを彼に保存して、それらの決定を非難した。 後者の授業は、二重予定説と呼ばれる。

Predestination has roots in the Old Testament concept of an elect people.宿命は、旧約聖書にルーツがある人々の概念を選出する。 Hints of the doctrine appear in the New Testament, especially in Rom.ヒントが表示されるのは、新約聖書の教義、特にROMのです。 8:28 - 30, 9:6 - 24. 8時28 -3 0日、午前9時0 6- 24 。 It does not appear in full form, however, until the 5th century in the writings of Saint Augustine.完全な形で表示されていない、しかし、 5世紀になるまでは、記述のセントオーガスティンです。 Opposing Pelagianism, which held that humans can merit salvation by good works performed by application of their own will, Augustine insisted that humans require the help of God's Grace to do good and that this grace is a free gift, given by God without regard to human merit.反対pelagianism 、これは、人間で行われたことによるメリット救世良い作品には、独自のアプリケーションを実行されるが、アウグスティヌスと主張して人間の助けを必要として、神の恵みとして善行には、この猶予景品は、神に与えられた人間を気にせずにメリットです。 Thus God alone determines who will receive the grace that alone assures salvation.このように、神の恵みを受けるだけでは判別して一人の人の救いを保証します。 In this sense God predestines some to salvation.この意味で神の救いをいくつかpredestines 。 Augustine's teaching was generally upheld by the church, but the further idea that some are predestined to condemnation was explicitly rejected at the Council of Orange (529).アウグスティヌス支持される通常の授業は、教会ではなく、さらにいくつかのアイデアがpredestinedをして非難を明示的に拒否されたのは、オレンジ色の評議会( 529 ) 。 The classical medieval formulation, based on Augustine, was given by Thomas Aquinas in Summa Theologica.中世の古典的定式化に基づいて、アウグスティヌス、トマスアクィナスの総合的研究論文は、与えられたtheologica 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The doctrine of predestination again became important in the late medieval period and passed into the theology of the Protestant reformers, especially John Calvin.再び宿命の教義になったのは、後半に重要な期間と渡された中世の神学は、プロテスタントの宗教改革を、特にジョンcalvinです。 Calvin also insisted, against other forms of Christian theology, that grace is a gift and that a person cannot earn salvation.カルヴィン主張にも、他の形態のキリスト教神学に対しては、その恵みの贈り物とは、その人の救いを得ることはできません。 In the course of subsequent controversies, Calvin's doctrine of double predestination was strongly affirmed by the Synod of Dort (1619) in Holland and in the Westminster Confession (1647) in England.その後の議論の過程で、カルヴィンの教義の二重予定説が強く肯定されるのドルト教会会議( 1619 )は、オランダやイングランドウェストミンスター信仰告白( 1647 ) 。 Until recently, it has remained a characteristic teaching of churches in the Calvinist tradition (Calvinism; Presbyterianism).つい最近まで、それはまだ残って教えるの特性は、カルビン派教会の伝統(カルビン主義;長老制) 。 In other branches of Christianity, however, it has received only limited support.キリスト教の他の支店では、しかし、それは限られた受信のみサポートしています。

The 20th century theologian Karl Barth radically restated the doctrine of predestination. 20世紀の神学者カールバルトの教義の根本的再宿命です。 He argued that God's election and condemnation of humankind converge in the divine election and rejection of Jesus Christ.彼は神の選挙と主張して非難を集中させるのは、人類が神の選挙とイエスキリストの拒絶反応です。 In Jesus' resurrection lies all humankind's salvation.でイエスの復活は、人類の救世嘘です。

William S Babcockウィリアム秒バブコック

Bibliography 文献情報
K Barth, "Election and Command of God" in Church Dogmatics (1957); J Calvin, Concerning the Eternal Predestination of God (1961); M J Farrely, Predestination, Grace and Free Will (1964); J G Gerstner, Predestination Primer (1981). kバルトは、 "神の選挙とコマンド"で教会の教義学( 1957 ) ; jカルヴァンは、神の永遠の宿命( 1961年) ; mj farrely 、宿命は、恵みと自由意志( 1964年) ; jgガースナーは、宿命入門( 1981 ) 。


Brief Definitions簡単な定義

General Information 総合案内

determinism 決定論
The view that every event has a cause and that everything in the universe is absolutely dependent on and governed by causal laws.との見解を原因としてすべてのイベントには、宇宙のすべてを支配されるとは絶対に因果関係の法律に依存しています。 Since determinists believe that all events, including human actions, are predetermined, determinism is typically thought to be incompatible with free will.すべてのイベントdeterministsと信じて以来、人間の行動を含めて、あらかじめ決められたが、決定論は、通常は互換性がないと考えられている自由意志です。
fatalism 運命論
The belief that "what will be will be," since all past, present, and future events have already been predetermined by God or another all-powerful force.という信念を持って"なるようになるさ"以来のすべての過去、現在、そして将来のイベントがすでにによってあらかじめ定められたまたは別の全能の神の力です。 In religion, this view may be called predestination ; it holds that whether our souls go to Heaven or Hell is determined before we are born and is independent of our good deeds.宗教では、このビューと呼ばれるかもしれない宿命 ;それを保持して天国に行くかどうか私たちの魂は、地獄とは、生まれながらに決定する前に我々は我々の善行独立しています。
free will 自由意志
The theory that human beings have freedom of choice or self-determination; that is, that given a situation, a person could have done other than what he did.という説を人間が選択の自由や自決;ことは、それが与えられた状況で、他の人よりも可能性があること、彼はそれをどのようです。 Philosophers have argued that free will is incompatible with determinism.哲学者には互換性がないと主張して自由意志決定論です。 See also indeterminism.自由意志も参照してください。
indeterminism 不確定
The view that there are events that do not have any cause; many proponents of free will believe that acts of choice are capable of not being determined by any physiological or psychological cause.との見方をしていないイベントには原因不明;多くの支持者の選択の自由意志と思われる行為は、いかなる能力が反映されて生理や心理的な原因によって決定されます。


Predestination宿命

Advanced Information 高度情報

The doctrine of predestination as formulated in the history of the Christian church by such theologians as Augustine of Hippo and John Calvin has been a constant cause of discussion and controversy, for many Christians have been unwilling to accept it in any form.教義の定式化の宿命として、キリスト教の教会の歴史の中でこのようなアウグスティヌスの神学者としてのジョンカルビンカバとされ、定数の議論が原因との論争は、多くのキリスト教徒を受け入れることが不本意なことは、いかなる形式です。 Pelagius in the early church and John Wesley in the eighteenth century provide two examples of those who had no use for such teaching. pelagiusジョンウェズリーの初めに教会とは、 18世紀の2つの例を提供する人たちのために使ってこのような指導はなかった。 This division concerning the doctrine has continued down to the present.この課に関する学説は、現代に至るまで続いている。

The doctrine of predestination has both a wider and a narrower aspect.その教義の宿命とは、より広い狭い範囲の両方の側面です。 In its wider reference it refers to the fact that the Triune God foreordains whatsoever comes to pass (Eph. 1:11, 22; cf. Ps. 2).その広い参照しているという事実を指してのものとなると、三位一体の神foreordainsパス( eph. 1時11分、 22 ; cf 。しまう。 2 ) 。 From all eternity God has sovereignly determined whatsoever shall happen in history.すべての永遠から神が起きるsovereignly決定は、歴史の中のものです。 The narrower aspect or use of the term is that God from all eternity has chosen a body of people for himself, that they should be brought into eternal fellowship with him, while at the same time he has ordained that the rest of humanity should be allowed to go their own way, which is the way of sin, to ultimate eternal punishment.アスペクトたり、狭いという用語を使用するのは、神からのすべての人々に永遠には、自分で自分の体を選んだのは、永遠に入っていくことをしなければならないと交わりを持つ彼が、それと同時に彼は、人類の残りの定められたことが許されるべきだ独自の道を行く、これは罪の道のため、究極的に永遠の懲罰を受ける。 These are known as the doctrines of election and reprobation.これらは、教説として知られている選挙と非難した。 While some may accept the idea of God choosing some to eternal life, they reject completely any idea of a decree of reprobation (Rom. 9:16 - 19). 5月中にいくつかのアイデアを受け入れる神の永遠の命をいくつか選択し、それらを完全に拒否するという考えは、いかなる非難令( rom. 9時16 -1 9) 。

In the Scriptures there is not one term in either the Hebrew or the Greek which encompasses the term "predestination."そこではないが、聖書は、ヘブライ語のどちらか1つの単語を網羅したという用語は、ギリシャの"宿命"と述べた。 In the OT a number of words indicate the divine plan and purpose: esa (to counsel, Jer. 49:20; 50:45; Mic. 4:12); ya'as (to purpose, Isa. 14:24, 26 - 27; 19:12; 23:9); and bahar (to choose, Num. 16:5, 7; Deut. 4:37; 10:15; Isa. 41:8; Ezek. 20:5). otは、数多くの言葉を神の計画や目的を示す: esa (検には、 jer 。 49:20 ; 50:45 ;情通です。 4時12分) ; ya'as (を目的に、のISA 。 14時24分、 26 -2 7;午前1 9時1 2分、 2 3時0 9分) ;とb ahar(を選択し、 N UM件。 1 6時0 5分、 7 ; d eut。 4時3 7分; 1 0:15;のI SA。 4 1:8; e zek。 2 0時0 5分) 。 In the NT there are even more words which have the meaning of predestine (proorizo, Rom. 8:29 - 30; Eph. 1:5, 11), elect (eklektos, Matt. 24:22ff.; Rom. 8:33; Col. 3:12), and to choose (haireomai, 2 Thess. 2:13; eklego, I Cor. 1:27ff.; Eph. 1:4). NTのは、そこにはさらに多くの意味を持つ言葉を運命づける( proorizo 、 ROMのです。 8時29 -3 0; e ph。 1時0 5分、 1 1) 、選出( e klektos、マットです。 2 4:22F Fのです。 ; R OMのです。 8時3 3分;大佐3時12分) 、そしてを選ぶ( haireomai 、 2 thess 。 2時13 ; eklego 、私うわっ。 FFの午前1時27分です。 ; eph 。 1時04分) 。 But the doctrine does not depend upon the use of a few words, for as one studies the Bible as a whole this doctrine is seen to be central to much of the teaching of both testaments.しかし、教義に依存しないいくつかの単語を使用すると、 1つのタイプとしては、全体として、この学説は聖書に見られる中央の多くは、教えることの両方をtestaments 。

The foundation of the doctrine of predestination is the biblical doctrine of God.同財団は、聖書の教義の教義は、神の宿命だ。 He is the Eternal One, above and beyond time and space, for there never was a time when he did not exist, so he is not subject to changes of time and place (Mal. 3:6; Rom. 1:20 - 21; Deut. 33:27; Isa. 57:15).彼は、永遠の1つは、時間と空間の枠を超え、時間のあるときには、決して彼には存在しなかったので、彼の対象ではないが時間と場所を変更( mal. 3 : 06 ; ROMのです。 1時20 -2 1 ; deut 。 33:27 ;のISA 。 57:15 ) 。 Furthermore, God is sovereign over all things as the Creator, Sustainer, and Ruler of the universe.また、全能の神は、主権以上のクリエーターとしては、支持者、そして宇宙の支配者です。 He is Lord over all (Dan. 4:34 - 35; Isa. 45:1ff.; Rom. 9:17ff.; Eph. 1:11).彼はすべてのオーバーロード( dan. 4時34 -3 5;のI SA。 4 5:1F Fのです。 ; R OMのです。 F Fの午前9時1 7分。 ; e ph。 1時1 1分) 。 God is also sovereignly righteous, so that all that he does is according to the perfection of his nature (Jer. 23:6; 33:16; Rom. 1:17; 10:3; 2 Pet. 1:1).神はまたsovereignly正義のように、すべてが完ぺきによると、彼は彼の性質( jer. 23 : 06 ; 33:16 ; ROMのです。 1時17分、 10時03分、 2ペット。 1:1 ) 。 In eternity he sovereignly established his own plan and purpose, which is far above anything that man can think of, conceive, or understand.永遠に彼自身の計画や目的に設立sovereignly 、これは何よりもはるかにあの男のことは、想像、または理解しています。 Man, therefore, may know God's plan only as he reveals it (Jer. 23:18; Deut. 29:29; Ps. 33:11; Isa. 46:10; 55:7ff.; Heb. 6:17).男は、したがって、可能性として知っている彼は神の計画を明らかにすることのみ( jer. 23 : 18 ; deut 。 29:29 ;しまう。 33:11 ;のISA 。 46:10 ; 55:7 FFのです。 ; heb 。 6時17分) 。

God has revealed his counsel to men, insofar as it was necessary for them to know it, through the prophets of the OT, through the apostolic writers of the NT, but preeminently through his Son Jesus Christ, to whom both prophets and apostles have borne witness.神は彼の助言を明らかに男性は、知る限りために必要なことを知っていたことは、預言者を通じて、 ot 、使徒を通じて、 NTの作家が、彼の息子イエスキリストを通して卓越して、両方の預言者と使徒を誰が負担証人です。 It was by divine revelation that the prophets could point forward to the coming of the Redeemer (Gen. 3:15; Deut. 18:15; Isa. 53; Mal. 4:2; Heb. 1:1ff.), and it was the apostles who could bear witness to him who had come and explain the meaning of his life, death, resurrection, and ascension (Acts 2:22ff.; John 20:3off.).それは神の啓示された点は、預言者が、今後の前進を救い主(大将3 : 15 ; deut 。 18:15 ;のISA 。 53 ;マルです。 4時02分; heb 。 FFの1:1です。 ) 、およびそれ証言する可能性は、使徒たちに来ていた彼と彼の人生の意味を説明するのは、死、復活、昇天( 2時22分FFの行為です。 ;ヨハネ20時03分オフにします。 ) 。

Therefore, human beings are limited in their understanding of God's purpose to what he has revealed to them, and the ultimate meanings, purposes, and plans must remain a mystery.したがって、人間は限られて彼らの理解をどのような目的で彼は神の啓示をかれらは、究極の意味とは、目的のためには、いまだ謎のままと計画する必要があります。 Furthermore, because of God's infinitude, eternality, unchanging being, wisdom, power, justice, righteousness, and truth, man simply could not understand him, even should he reveal himself fully and completely to them.また、神の無限のためには、 eternality 、変わらぬれ、知恵、力、正義、正義、真実とは、男は彼を理解することができなかっただけでも、彼は自分自身を完全かつ完全に明らかにしています。 This means that God's relationship to time and space cannot be comprehended by spacial temporal beings, for they do not even know the meaning of eternity (cf. Isa. 26:12ff.; Dan. 4:24ff.; Acts 2:22ff.).これは、神との関係を理解することはできません時間と空間の空間的時間的な生き物で、かれらは永遠の意味すら分かっていない( cf.のISA 。 26:12 FFのです。 ;ダン。 4:24 FFのです。 ;行為FFの2時22分です。 ) 。 This ultimate mystery of the being of God must be kept in mind when studying biblical doctrine.この究極の謎には、神を念頭に置いて保管しなければならないときに聖書の教義を勉強しています。

At this point the question arises of the possibility of individual freedom and responsibility if God is absolutely sovereign.この時点での問題が発生する可能性は、個人の自由と責任の場合は、絶対君主の神です。 How can these things be?どうすればこのようなものは何ですか? Yet the Scriptures repeatedly assert both.しかし、聖書は両方の主張を繰り返しています。 Joseph's remarks to his brothers and Peter's statement concerning Christ's crucifixion highlight this fact (Gen. 45:4ff.; Acts 2:23).ジョセフの発言を彼の兄弟やピーターの声明に関するこのような事実をハイライト表示し、キリストの磔刑( 45:4 FFの大将。 ;行為2時23分) 。 Man, in carrying out God's plan, even unintentionally, does so responsibly and freely.男は、神の計画を遂行する中でも、無意識に、そして自由には責任を持っている。

Those who refuse to accept the biblical teaching are faced with the necessity of providing some other explanation.人を受け入れることを拒否するのは、聖書の教えに直面して、その必要性は、他のいくつかの説明を提供する。 Some Christians attempt to combine God's sovereignty with human independence, but have the difficulty of explaining both the statements in the Bible and also their belief in God's saving work in Jesus Christ.キリスト教徒は、神のいくつかの試みを組み合わせることで人間の独立主権が、両方の難しさを説明すると、ステートメントは、聖書の節約にも彼らの神への信仰はイエスキリストの仕事です。 Non Christians have two choices.キリスト教徒以外の選択肢は二つだ。 They can posit an ultimate chance, which destroys any possibility of human responsibility (for there is no one to whom to be responsible), of logical thought, and thus of scientific knowledge.究極のチャンスを仮定することができる、人間の可能性を破壊するいかなる責任( 1つがないために誰に対して責任を負うもの)は、論理的思考は、こうして、科学的知識。 The other alternative is that of a complete determinism which results in much the same outcome, for it is but solidified chance.して、他の選択肢は、完全な決定論の結果とほとんど同じ結果が、しかしそれは、固形のチャンスです。 Although the biblical point of view cannot be fully rationalized according to our temporal spacial laws, it is the only one which makes any responsibility or freedom possible.聖書の視点にもかかわらず、完全にすることはできません私たちの時間的空間的合理化に関する法律によれば、それは、 1つだけになる可能性がいかなる責任や自由です。

To understand the biblical teaching concerning predestination, we must commence with the account of man's fall, which was part of God's eternal plan.宿命に関する聖書の教えを理解して、アカウントを開始しなければならないの男の秋には、どの部分が、神の永遠の計画です。 At the same time, as Paul points out in Rom.それと同時に、ポールとしては、 ROM指摘しています。 1:18ff., man's refusal to acknowledge God as sovereign and his willful blindness to God's commands brought upon him God's wrath and condemnation. FFの午前1時18分。 、男の拒絶を認めると彼の神としての主権を故意に目をつぶって、神のコマンドをもたらした彼に神の怒りと非難をします。 Basically, therefore, all human beings are corrupt because they refuse to acknowledge that God is Lord and that they themselves are only creatures.基本的には、したがって、すべての人間は、腐敗を認めることを拒否するので、神は彼ら自身が主として生き物だけです。 Yet despite human disobedience and rebellion, God has not let his creatures go.反抗と反乱にもかかわらず、まだ人間は、神が彼の生き物に行くせない。 On the one hand he has restrained their sinfulness by his grace, so that even the sinners of this world have accomplished much that is good and true.片手では、彼は自分の罪深さに拘束された彼の恵みは、罪人のように、この世界でも多くのことが成し遂げられたのが良いと本当です。 On the other hand, as soon as man sinned, God promised a redeemer who would crush the tempter and bring restoration (Gen. 3:15).その半面、できるだけ早くsinned男は、神の約束を誘惑する身請けしてくださるとときめきをもたらす復旧(大将3時15分) 。 Thus the purpose of redemption was woven inextricably into the fabric of human history from the beginning.このように償還する目的では、織布と密接な人間の歴史を初めからです。

Because of the sinfulness of the creature, however, the creature would not freely seek peace or reconciliation with him who is the Creator.罪深さのため、その生き物は、しかし、その生き物はない平和や自由を求める人は、彼と和解するクリエーターです。 This is shown in the story of Cain, the song of Lamech, and in the sinfulness of antediluvian society (Gen. 2 - 5).これはカインの物語が示され、その歌のレメクは、時代遅れとは、社会の罪深さ(大将2 -5 ) 。 Yet at the same time there was a faithful minority descending from Seth to Noah, who was called to survive the flood and carry on the line of those who were obedient and trusted in God's promise of redemption.しかしそれと同時に忠実な少数派があったから降下するノアセスして、生き残るために呼ばれていたのを受け継いで洪水やセリフの指導者たちは、神の約束に従順で、信頼の償還です。 One of this line was Abraham, whom God called out of Ur of the Chaldees, and through the descendants of his grandson Jacob established Israel as his people in the pre Christian world.このセリフの1つは、アブラハムは、神と呼ばれる新バビロニアのうち、我々は、彼の孫の子孫であるとジェイコブを通じて、イスラエルとして確立したキリスト教世界の人々が、事前。 All this was the result of divine grace which was summed up in Jehovah's covenant with Abraham, Isaac, and Jacob (Gen. 12ff.).これは、すべての結果を要約すると、神の恵みがエホバの約束をアブラハムは、アイザック、とジェイコブ(大将12ff 。 ) 。 Although up to this time little is said in Genesis about God's election and reprobation, when it came to the differentiation between Jacob and Esau it was made quite clear that even before their birth Jacob was chosen and Esau rejected, even though they were twins (Gen. 25:19ff; Mal. 1:3; Rom. 9:10ff.).にもかかわらずこの時までに約リトルは、神の創世記によると、選挙と非難、それに来たときに、ジェイコブとエサウの間に分化することは前にかなり明確にしても自分の出生前に選ばれたジェイコブとエサウ否決にもかかわらず、彼らは双子(ゲン。 25:19 FFの;マルです。 1 : 03 ; ROMのです。 FFの午前9時10分です。 ) 。 Here we find the first clear statement of the doctrine of double predestination.ここで我々の最初の明確な声明を見つけるの教義の二重予定説です。

Throughout the OT the doctrine of election is set forth with increasing clarity. ot全体の教義の選挙は明快に規定して増加しています。 On the one hand it is stated that Israel was chosen, not because of anything it had to offer, but solely because of the grace of God and by his sovereign choice (Deut. 7:7ff.; Isa. 41:8 - 9; Ezek. 20:5).片手を記載することは、イスラエルが選ばれたことではなく、何かのために提供していたが、神の恩寵だけの理由で、彼の主権を選択( FFのdeut. 7時07分です。 ;のISA 。 41:8 -9 ; ezek 。 20時05分) 。 Furthermore, from both Israel and other nations God freely chose individuals who would do his will in history for the blessing of Israel (1 Sam. 16:1ff.; Isa. 45:1ff.; 1 Chr. 28:1ff.).また、イスラエルと他の国と神の両方から自由に選んだ人は、彼のことを祝福するためには、イスラエルの歴史( 1サム。 FFの16時01分です。 ;のISA 。 45:1 FFのです。 ; 1 chr 。 28:1 FFのです。 ) 。 On the other hand, not all Israel was of the elect, but only a faithful remnant whom God had chosen (Isa. 1:9; 10:21ff.; Jer. 23:3; 31:7).他方では、すべての当選者は、イスラエルでは、忠実なレムナントしかし、神のみが選ばれた( isa. 1 : 09 ; 10:21 FFのです。 ; jer 。 23 : 03 ; 31:7 ) 。 These Paul calls "a remnant according to the election of grace" (Rom. 11:5).これらのポールコール"によると、総選挙でのレムナントグレース" ( rom. 11時05分) 。 Those not of the elect remnant were rejected because of their sin to suffer ultimate punishment.当選者は、自分の罪のために残留を拒否していた究極の刑罰を受ける。

Throughout the OT there is also a constant reference to One who would come to redeem God's people, not only Israel but his elect from every race and tribe. otを通してそこでも、定数のリファレンスを1つのプロモーションコードを誰が来て、神の人々は、イスラエルだけでなく、すべてのレースでは彼の部族から選出する。 While there are foreshadowings of this universal election and redemption in the histories of such individuals as Ruth and Naaman, the prophets set forth the universality of God's electing grace very clearly (Isa. 11:10; 56; Mic. 5:8; Rom. 9:24, 30; 11:12 - 13; Acts 15).この中には普遍的foreshadowings償還選挙とは、このような個人の履歴やネイアマンルースとしては、預言者に定める選ばれた神の恵みの普遍性を非常に明確に( isa. 11:10 ; 56 ;情通です。 5時08分; ROMのです。 9時24分、 30 ; 11:12 -1 3;行為1 5) 。 All those elected and predestined to become God's people, both Jew and Gentile, would indeed enter the covenant relationship. predestinedすべての当選者になると、神の人々は、ユダヤ人とジェンティーレの両方を、実際には、契約関係を入力してください。 But they would do so only through the One who would be the elect Mediator (Isa. 42:1ff.; 53:1ff.; cf. Matt. 12:18).しかし、彼らは、自分たちだけでそうなるの選出メディエーター( 42:1 FFのisa. 。 ; 53:1 FFのです。 ; cf 。マットです。 12:18 ) 。

In the NT the OT doctrines of election and predestination are expanded and clarified. ot教説では、 NTの宿命の選挙とは明らかに拡大しています。 There was no attempt to reject or alter them, but they are given a more clearly universal scope.はなかった試みを拒否したり変更して、かれらは与えられた普遍的範囲をより明確にする。 Christ claimed that he was the mediator spoken of in the OT, and that to him the Father had given his elect people (Mark 1:15; Luke 4:21; John 5:39; 10:14ff.).キリストの仲介役を話されると主張していたのは、 ot 、彼の父親としていた彼の選出与えられた人々 (のマーク1 : 15 ;ルーク4 : 21 ;ジョン5 : 39 ; 10:14 FFのです。 ) 。 Furthermore, he stated very clearly that he had come to lay down his life as redeemer for his people.さらに、彼は非常にはっきりして来た彼は彼の人生を書き記す救い主として彼の人々のためです。 This is the theme of both his sermon in John 10 and his prayer for his own in John 17.これは、彼のような説教の両方のテーマで10のジョンと彼のために祈り、自分の中のジョン17 。 He promised that his people would all come to him and would persevere in their faith unto eternal life (John 6:39, 65; 10:28ff.).彼と彼は約束して来てすべての人々が彼とは、彼らの信仰を間断かれ永遠の生命(ジョン6時39分、 65 ; 10:28 FFのです。 ) 。 True, as the incarnate Son of God his righteousness was such that his life, death, and resurrection were sufficient in their merits for all men, but as he himself pointed out, his mediatorial work was directed to the salvation of his people only (John 17).真のように、神の化身の息子のように彼の人生は、彼の正義は、死、そして復活のためには十分なメリットは、すべての男性には、しかし、彼は自分自身指摘するように、彼の仲裁の仕事を指示された彼の人々の救いにのみ(ジョン17 ) 。 In this he was fulfilling the teaching of the OT.この彼は、教育の充実、 ot 。

Such was also the position of the apostles.このような立場でも、使徒です。 The book of Acts gives a number of examples of apostolic teaching on this matter.この本は、いくつかの例を与える行為を教えるこの件について使徒です。 In his sermon at Pentecost, Peter gives a clear indication of the sovereignty of God and the responsibility of man (Acts 2:14ff.).彼のような説教は聖霊降臨日、ピーターには、国家主権を明確に示して、神と人間の責任( 2時14分FFの行為です。 ) 。 The speech of Stephen in chapter 7, Peter's call to witness to Cornelius (10:24ff.), and various other passages present the same doctrines.スティーヴン演説で、第7章は、ピーターの目撃者に電話をかけるコルネリウス( 10:24 FFのです。 ) 、および様々な他の通路と同じ教説を提示する。 In Peter's and John's letters and in the Apocalypse these themes of God's sovereignty, man's responsibility, and God's election and predestination of people reappear constantly.ピーターの中で、ヨハネの黙示録のこれらの文字とは、神の主権をテーマに、男の責任は、神の選挙と宿命の人々と絶えず再表示します。

The apostolic writer who gives the clearest exposition of the doctrine, however, is Paul.作家の使徒たちの教義には明確な博覧会は、しかし、ポールは。 While he refers to the doctrine of predestination in passing in a number of places, he expounds the doctrine in detail in Rom.教義の中に彼を指しているために渡す予定説では、多くの場所で、彼はその教義を詳細には、 ROM expounds 。 8:29 - 11:36 and throws further light on it in Eph. 8時29分-1 1:36例外とすることでさらなる光をe ph。 1. 1 。 In these passages he stresses the hopeless condition of man in his sinfulness and the fact that because of man's disobedience and rebellion God not only turns from him but hardens him in his sinfulness (Rom. 9:14ff.).これらの通路で、彼は絶望的な状態を強調する男という事実を罪深さと男の反抗と反乱のために、神からの電源が入るだけでなく、彼しかし、彼は自分の罪深さを硬くする( rom. FFの午前9時14分です。 ) 。 At the same time, however, he reaches out and draws to himself those whom he has chosen from all eternity, redeeming and justifying them in Jesus Christ (Rom. 10:11ff.; Eph. 1:4ff.).それと同時に、しかし、彼は自分自身に到達すると引き分けにすべての者から選ばれた彼は永遠には、イエスキリストの欠点を補うと正当化して( FFのrom. 10:11 。 ; eph 。 FFの午前1時04分です。 ) 。 Yet in all of this is the mystery of God's sovereign action and man's responsibility (Rom. 9:19; 11:33).しかし、これは、すべての謎が、神の主権と人間の行動の責任( rom. 9:19 ; 11:33 ) 。 And in all things the glory of God's righteousness is made manifest (Rom. 9:16ff.).そして、すべての物事の正義は、神の栄光の前にマニフェスト( rom. FFの午前9時16分です。 ) 。

These doctrines have continued to raise questions ever since the days of the apostles, but especially since the Protestant Reformation of the sixteenth century, when they were formulated most precisely.これらの教説の問題提起が続いて以来、日々の使徒だが、特に宗教改革以来、プロテスタントは、 16世紀、最も正確に定式化されたときだ。 Despite their biblical basis both Christians and non Christians have rejected them on various grounds.聖書の中にもかかわらず、キリスト教徒と非キリスト教徒の両方をベースにしても様々な理由で拒否された。 If all human beings are sinners and God is sovereign, then he must be the author of sin and is unjust in punishing anyone.もしすべての人間は、神の罪人とは、主権、それから彼はしなければならないと、作者の罪で処罰は、誰にも理にかなっていない。 Furthermore, what is the basis upon which God makes his choice?また、どのような根拠は、彼の選択をする上での神ですか? Is he not arbitrary; and if not, is he not then a respecter of persons?彼は、任意のない;とそうでない場合は、次には、彼は、えこひいきする人ですか? If these doctrines are true, do they not destroy any desire, even any necessity, for a human being to seek to live a moral life, to do justly, to love mercy, and to walk humbly with God?もしこれらの教説が真ならば、かれらはすべて破壊願望でも、任意の必要性は、人間を求めるために道徳的な生活を送るために、公正にしては、慈悲を愛し、そして謙虚にして神を歩くのですか? All these questions are put forward, and many of those who do so feel that they have now answered and condemned the doctrines effectively.これらすべての質問には、前方には、多くの人たちとそう感じると非難して彼らは今の教説を効果的に答えた。 They forget, however, that these questions were all raised in the time of Christ and the apostles (John 10:19ff.; Rom. 9:19ff.).かれらを忘れては、しかし、このような質問をしていた時に提起されたすべてのキリストと使徒(ヨハネ10:19 FFのです。 ; ROMのです。 FFの9:19です。 ) 。

That these doctrines are set forth in both testaments would seem to be clear, along with great stress upon God's sovereign righteousness and holiness.教説は、これらの両方に規定されてtestamentsがクリアされるように見えるとともに、大きなストレスに神の主権と正義ホーリネスです。 But no further explanation is offered, and beyond what the Scriptures have to say finite man cannot go and, if he accepts the authority of the Bible as God's Word, will not wish to go.しかし、それ以上の説明もご用意して、どのような聖書を越えて行くことはできないと言って有限男とは、もし彼の権威を受け入れる神の言葉として聖書には、希望に行くことはありません。 All one can say is what Job said when rebuked by God (Job. 42:1 - 6) or what Paul said when closing his exposition of these doctrines (Rom. 11:33 - 36).すべての1つは、何と言ってもよい仕事を叱責されたときによると、神( job. 42:1 -6 )やポール氏はどのようなときに彼の万博閉会これらの教説( r om.1 1:33- 36 )。 God's wisdom and grace are beyond every creature's comprehension or understanding.知恵とは、神の恵みの理解度や理解を超えてすべての生き物です。 One can but bow in worship and praise.しかし、 1つのことで頭を下げて礼拝すると称賛した。 Those who do so have within them a sense of comfort and strength which is not their own, but which is a gift of God to enable them to face the world with confidence and enable them to mind.人々がそうしてある意味で、快適さと強さ、自分のことではありませんが、しかし、これは、神の贈り物を有効にして、世界に直面すると自信を持って心を有効にしています。

W S Reidレイドは、

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
L Boettner, The Reformed Doctrine of Predestination; J Calvin, Institutes of the Christian Religion 3:21 - 24 and The Eternal Predestination of God; C Hodge, Systematic Theology; J Murray, Calvin on Scripture and Divine Sovereignty; B B Warfield, Biblical Doctrines.信用boettner 、その教義の宿命改心; jカルバンは、キリスト教の宗教機関は、 3時21 -2 4と、神の永遠の宿命; cホッジ、体系的神学; jマレーは、啓典として神の主権カルヴィン; b bウォーフィールドは、聖書の教説。


Predestination宿命

Advanced Information 高度情報

This word is properly used only with reference to God's plan or purpose of salvation.この単語のみを基準には、適切に使用されるかの目的は、神の救いの計画です。 The Greek word rendered "predestinate" is found only in these six passages, Acts 4:28; Rom.レンダ単語は、ギリシャの"運命"は、これら6つの通路が見つかりましただけでは、行為の午前4時28分; ROMのです。 8:29, 30; 1 Cor. 8時29分、 30 ; 1うわっ。 2:7; Eph. 2 : 07 ; eph 。 1:5, 11; and in all of them it has the same meaning. 1時05分、 11 ;およびそれらのすべてのことが同じ意味です。 They teach that the eternal, sovereign, immutable, and unconditional decree or "determinate purpose" of God governs all events.かれらは永遠に教えることは、主権、不変、かつ無条件の法令または"限定された目的を"神の規制すべてのイベントです。 This doctrine of predestination or election is beset with many difficulties.この教義の宿命や選挙は多くの困難を抱えている。 It belongs to the "secret things" of God.それに属して、 "秘密のこと"の神です。

But if we take the revealed word of God as our guide, we must accept this doctrine with all its mysteriousness, and settle all our questionings in the humble, devout acknowledgment, "Even so, Father: for so it seemed good in thy sight."しかし、もし私たちの神の言葉を取る明らかに我々のガイドとして、この教義を我々に順応しなければならないと、その神秘さ、そして私たちのすべてを解決するquestionings謙虚には、敬けんな確認応答は、 "それでも、父:ために、なたのような光景が良いように見えた。 " For the teaching of Scripture on this subject let the following passages be examined in addition to those referred to above; Gen. 21:12; Ex.この啓典を教えるのは、件名に検討させてから、次の文章に加えてそれらの前記;大将21 : 12 ;例です。 9:16; 33:19; Deut. 9時16分; 33:19 ; deut 。 10:15; 32:8; Josh. 10:15 ; 32:8 ;ジョシュ。 11:20; 1 Sam. 11:20 ; 1サム。 12:22; 2 Chr. 12:22 ; 2 chr 。 6:6; Ps. 6時06分;しまう。 33:12; 65:4; 78: 68; 135:4; Isa. 33:12 ; 65:4 ; 78 : 68 ; 135:4 ;のISAです。 41:1-10; Jer. 41:1-10 ; jer 。 1:5; Mark 13:20; Luke 22:22; John 6:37; 15:16; 17:2, 6, 9; Acts 2:28; 3:18; 4:28; 13: 48; 17:26; Rom. 1 : 05 ;マーク13時20分;ルーク22 : 22 ;ジョン6時37分、 15時16分、 17時02分、 6 、 9 ;行為2 : 28 ;午前3時18分、 4時28分、 13 : 48 ; 17 : 26 ; ROMのです。 9:11, 18, 21; 11:5; Eph. 9時11 、 18 、 21 、 11 : 05 ; eph 。 3:11; 1 Thess. 3 : 11 ; 1 thess 。 1:4; 2 Thess. 1 : 04 ; 2 thess 。 2:13; 2 Tim. 2 : 13 ; 2ティム。 1:9; Titus 1:2; 1 Pet. 1 : 09 ;タイタス1 : 02 ; 1ペットです。 1:2. 1時02分です。 (See Election.) Hodge has well remarked that, "rightly understood, this doctrine (1) exalts the majesty and absolute sovereignty of God, while it illustrates the riches of his free grace and his just displeasure with sin. (2.) It enforces upon us the essential truth that salvation is entirely of grace. That no one can either complain if passed over, or boast himself if saved. (3.) It brings the inquirer to absolute self-despair and the cordial embrace of the free offer of Christ. (4.) In the case of the believer who has the witness in himself, this doctrine at once deepens his humility and elevates his confidence to the full assurance of hope" (Outlines). (選挙を参照してください。 )ホッジは、井戸は"を正しく理解し、この学説( 1 )絶対exaltsの威厳と神の主権は、それを示しながら、彼の自由な恵みの富と彼の罪だけで不快。 ( 2 。 )私たちの本質的な真理を強制することは、完全に救いの恵みを受けています。して文句なしのいずれか1つのことを通過する場合、または保存した場合に自分自身を誇る。 ( 3 ) 。もたらすことには絶対的な自己インクワイアラー絶望とは、無料で提供し、誠心誠意の抱擁キリストのです。 ( 4 )は、例の信奉者たちは、自分自身の証人では、この説を一度に彼の謙虚さが深まると自信を完全に保証elevates彼の希望" (概要) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Predestination宿命

Catholic Information カトリック情報

Predestination (Latin prœ, destinare), taken in its widest meaning, is every Divine decree by which God, owing to His infallible prescience of the future, has appointed and ordained from eternity all events occurring in time, especially those which directly proceed from, or at least are influenced by, man's free will.宿命(ラテン語prœ 、 destinare )は、撮影は、広範な意味は、神がすべての天命される兆しを見せて彼の先見の絶対確実な将来的には、任命したとは、定められた時に発生するすべてのイベントから永遠には、特にどの進むから直接、あるいは少なくとも影響されるが、人間の自由意志です。 It includes all historical facts, as for instance the appearance of Napoleon or the foundation of the United States, and particularly the turning-points in the history of supernatural salvation, as the mission of Moses and the Prophets, or the election of Mary to the Divine Motherhood.それがすべて含まれて歴史的事実は、たとえば、ナポレオンの外観や同財団は、米国では、ターニングポイントと特に超自然的救いの歴史の中に、ムーサーとその預言者の使命は、選挙のメアリーたりして神の母性。 Taken in this general sense, predestination clearly coincides with Divine Providence and with the government of the world, which do not fall within the scope of this article (see DIVINE PROVIDENCE).一般的な意味で、この撮影では、宿命をはっきりとして神の摂理を同じくして、政府は、世界では、秋にはありませんが、この記事の範囲内での(神の摂理を参照してください) 。

I. NOTION OF PREDESTINATION i.概念の宿命

Theology restricts the term to those Divine decrees which have reference to the supernatural end of rational beings, especially of man.神学の任期を制限令を持つそれらの神の超自然の最後のリファレンスを合理的な生き物、特に人間です。 Considering that not all men reach their supernatural end in heaven, but that many are eternally lost through their own fault, there must exist a twofold predestination: (a) one to heaven for all those who die in the state of grace; (b) one to the pains of hell for all those who depart in sin or under God's displeasure.すべての男性に到達することを検討していない彼らの超自然の天端で、それを通じて多くの人々は永遠に失われた独自の断層は、そこに存在しなければ、二重の宿命: (する)ためのすべての人々を天に向かって1つのダイのステートオブグレース; ( b )に1つの地獄の苦しみを出発するすべての人々に、神の下に罪または不快です。 However, according to present usages to which we shall adhere in the course of the article, it is better to call the latter decree the Divine "reprobation", so that the term predestination is reserved for the Divine decree of the happiness of the elect.しかし、現在の使用に関する情報によると、わたしたちはこれに固執して、その講座の記事では、後者の方が良い令の神を呼ぶ"と非難"に追加することで、任期宿命は天命のために予約さの幸せを選出する。

A

The notion of predestination comprises two essential elements: God's infallible foreknowledge (prœscientia), and His immutable decree (decretum) of eternal happiness.宿命には、 2つの概念に不可欠な要素:神の絶対確実な先見( prœscientia ) 、そして彼の不変の永遠の幸福令( decretum ) 。 The theologian who, following in the footsteps of the Pelagians, would limit the Divine activity to the eternal foreknowledge and exclude the Divine will, would at once fall into Deism, which asserts that God, having created all things, leaves man and the universe to their fate and refrains from all active interference.神学者は、次のpelagiansの足音が、神の活動を制限するには、神の永遠の先見の除外とは、一度に陥る自然神は、神の主張は、すべてのものを作成、人間と宇宙の葉を彼らの運命は、すべてのアクティブな干渉を自粛しています。 Though the purely natural gifts of God, as descent from pious parents, good education, and the providential guidance of man's external career, may also be called effects of predestination, still, strictly speaking, the term implies only those blessings which lie in the supernatural sphere, as sanctifying grace, all actual graces, and among them in particular those which carry with them final perseverance and a happy death.天然かかわらず、純粋に神の贈り物は、信心深い両親から降下としては、立派な教育を受け、神の導きと外部の人間のキャリアは、 5月の宿命とも呼ばれる効果は、まだ、厳密に言えば、これらの用語の幸運な出来事を意味するだけでは、超自然的なうそ球は、グレースsanctifyingとしては、すべて実際の美神、およびそれらのうち特に最終的な粘り強さを持ち歩いていると幸せな死に方をする。 Since in reality only those reach heaven who die in the state of justification or sanctifying grace, all these and only these are numbered among the predestined, strictly so called.天国に達するので現実にそれらの人だけの状態で死亡または正当sanctifyingグレースは、これらすべての番号との間でのみpredestinedこれらは、厳密にいわゆる。 From this it follows that we must reckon among them also all children who die in baptismal grace, as well as those adults who, after a life stained with sin, are converted on their death-beds.このことから起算しなければならないということになるすべての子供たちの間で死亡しても洗礼の恵みだけでなく、それらの大人たちは、後の人生に染まった罪は、彼らの死の床に変換している。 The same is true of the numerous predestined who, though outside the pale of the true Church of Christ, yet depart from this life in the state of grace as catechumens, Protestants in good faith, schismatics, Jews, Mahommedans, and pagans.同じことが言えるのは、多くの人predestined 、青白いの外にかかわらず、真のキリスト教会は、まだこの世を去るのステートオブグレースcatechumensとしては、プロテスタント誠意を持って、 schismatics 、ユダヤ人、 mahommedans 、そして多神教徒です。 Those fortunate Catholics who at the close of a long life are still clothed in their baptismal innocence, or who after many relapses into mortal sin persevere till the end, are not indeed predestined more firmly, but are more signally favoured than the last-named categories of persons.これらの幸運は、近くのカトリック信者たちはまだ、寿命が長い服を着て、彼らの洗礼無罪、あるいは多くの人の後に再発大罪を最後まで辛抱、もっとしっかりpredestined確かではないが、昨年よりももっと特別な信号と名付けられたカテゴリ人です。

But even when man's supernatural end alone is taken into consideration, the term predestination is not always used by theologians in an unequivocal sense.しかし、たとえ一人の男の最後には、超自然的考慮されるように、宿命という言葉ではないが、常に明確な意味で使用される神学者です。 This need not astonish us, seeing that predestination may comprise wholly diverse things.この私たちを驚かせる必要はない、というのがわかると宿命の全額を構成するさまざまなものかもしれません。 If taken in its adequate meaning (prœdestinatio adœquata or completa), then predestination refers to both grace and glory as a whole, including not only the election to glory as the end, but also the election to grace as the means, the vocation to the faith, justification, and final perseverance, with which a happy death is inseparably connected.その場合には十分な意味を取ら( prœdestinatio adœquataまたはcompleta ) 、それから宿命の恵みと栄光の両方を指します全体としては、栄光をはじめとしてだけでなく、選挙の終わりではなく、選挙にも恵みの手段として、その職業に信仰は、正当性、および最終的な粘り強さで、幸せな死は密接に接続されます。 This is the meaning of St. Augustine's words (De dono persever., xxxv): "Prædestinatio nihil est aliud quam præscientia et præparatio beneficiorum, quibus certissime liberantur [i.e. salvantur], quicunque liberantur" (Predestination is nothing else than the foreknowledge and foreordaining of those gracious gifts which make certain the salvation of all who are saved).これは、聖アウグスティヌスの言葉の意味(デdono persever 。 、 35 ) : " prædestinatio全くpræscientia et est aliud quam præparatio beneficiorum 、 quibus certissime liberantur [すなわちsalvantur ] 、 quicunque liberantur " (宿命の先見以外は何もないとforeordainingこれらの優雅な贈り物をするすべての人の救いには、特定の保存) 。 But the two concepts of grace and glory may be separated and each of them be made the object of a special predestination.しかし、 2つの概念の恵みと栄光のかもしれないとかれらをそれぞれ分離される前に、オブジェクトの特別な宿命だ。 The result is the so-called inadequate predestination (prœdestinatio inadœquata or incompleta), either to grace alone or to glory alone.その結果が不十分な、いわゆる宿命( prœdestinatio inadœquataまたはincompleta ) 、またはどちらかに引導を渡す一人一人に恵みです。 Like St. Paul, Augustine, too, speaks of an election to grace apart from the celestial glory (loc. cit., xix): "Prædestinatio est gratiæ præparatio, gratia vero jam ipsa donatio."聖パウロのように、アウグスティヌスは、あまりにも、喋るの選挙を離れ、天の恵みの栄光( loc. cit 。 、 19 ) : " prædestinatio est gratiæ præparatio 、贈与ipsaグレーシアベロジャムです。 " It is evident, however, that this (inadequate) predestination does not exclude the possibility that one chosen to grace, faith, and justification goes nevertheless to hell.これは明らかに、しかし、このことはありません(不適切な)宿命の1つに選ばれたという可能性を除外するの恵みは、信仰は、地獄にもかかわらず、正当な理由が。 Hence we may disregard it, since it is at bottom simply another term for the universality of God's salvific will and of the distribution of grace among all men (see GRACE).従って我々を無視することは、それが単に別の言葉では、底の普遍性とは神の救済意志の分配は、すべての男性の間の猶予(猶予を参照してください) 。 Similarly eternal election to glory alone, that is, without regard to the preceding merits through grace, must be designated as (inadequate) predestination.永遠の選挙と同様に引導を渡すだけで、それは、前述のメリットを気にせずにグレースを通じて、指定される必要があります(不適切な)の宿命だ。 Though the possibility of the latter is at once clear to the reflecting mind, yet its actuality is strongly contested by the majority of theologians, as we shall see further on (under sect. III).かかわらず、後者の可能性を明確には、一度に心を反映して、まだその現実が強く大多数の神学論争の的とされる、我々としては、さらに上を参照してください(下の宗派です。 ⅲ ) 。 From these explanations it is plain that the real dogma of eternal election is exclusively concerned with adequate predestination, which embraces both grace and glory and the essence of which St. Thomas (I, Q. xxiii, a. 2) defines as: "Præparatio gratiæ in præsenti et gloriæ in futuro" (the foreordination of grace in the present and of glory in the future).これらの説明をしてから、本当のことは平野の選挙は、排他的な教義の永遠の宿命の適切な心配して、両方の恵みと栄光を囲むと、本質をセントトマス(私は、問い23 、 a. 2 )の定義として: " præparatio gratiæでfuturo præsenti et gloriæで" (猶予の予定で、現在とは、将来の栄光) 。

In order to emphasize how mysterious and unapproachable is Divine election, the Council of Trent calls predestination "hidden mystery".神秘性を強調するためにはどのようには、神と無類の選挙は、評議会のトレントコール宿命"隠された謎" 。 That predestination is indeed a sublime mystery appears not only from the fact that the depths of the eternal counsel cannot be fathomed, it is even externally visible in the inequality of the Divine choice.その宿命が表示されるだけでなく、実際に崇高なミステリーという事実から、永遠のどん底に助言することはできませんfathomed 、外部からアクセスすることは、不平等にも、神の選択です。 The unequal standard by which baptismal grace is distributed among infants and efficacious graces among adults is hidden from our view by an impenetrable veil.不等標準洗礼の恵みが配布されるとの間で効果的な美神乳幼児から成人の間では、私たちの隠された不可解なベールに表示されます。 Could we gain a glimpse at the reasons of this inequality, we should at once hold the key to the solution of the mystery itself.利得の片鱗を示す可能性は、我々の理由により、この不平等は、一度にしなければならないの解決の鍵を握る謎そのものです。 Why is it that this child is baptized, but not the child of the neighbour?なぜそれが、バプテスマを受けて、この子は、その子は、隣人はありませんか? Why is it that Peter the Apostle rose again after his fall and persevered till his death, while Judas Iscariot, his fellow-Apostle, hanged himself and thus frustrated his salvation?それはなぜですが、ピーターバラの使徒とperseveredまで下落した後、再び彼の彼の死は、イスカリオテユダの中には、同僚の使徒は、自分自身と絞首刑こうして自分の欲求不満の救いか? Though correct, the answer that Judas went to perdition of his own free will, while Peter faithfully co-operated with the grace of conversion offered him, does not clear up the enigma.正しいかかわらず、その答えがユダに行って、自分の自由意志破滅のは、ピーターを忠実に共同で運営している間の猶予を提供コンバージョン彼は、最大の謎をクリアしない。 For the question recurs: Why did not God give to Judas the same efficacious, infallibly successful grace of conversion as to St. Peter, whose blasphemous denial of the Lord was a sin no less grievous than that of the traitor Judas?再発の質問:なぜユダと同じ効き目を与える神は、完ぺきに成功した聖ペテロの恵みをコンバージョンとして、その拒否の不敬罪のない、主だったのに比べて少ない痛ましい裏切り者ユダのですか? To all these and similar questions the only reasonable reply is the word of St. Augustine (loc. cit., 21): "Inscrutabilia sunt judicia Dei" (the judgments of God are inscrutable).似たような質問をすると、これらすべての合理的な返事だけでは、単語の聖アウグスティヌス( loc. cit 。 、 21 ) : " inscrutabilia sunt judiciaデイ" (神の判断は不可解) 。

B Bに

The counterpart of the predestination of the good is the reprobation of the wicked, or the eternal decree of God to cast all men into hell of whom He foresaw that they would die in the state of sin as his enemies.宿命の相手国の非難の良いのは、邪悪な、または、永遠の神の命令をすべての人に地獄キャストの心に適う予想して彼らは、国家の罪で死ぬとしての彼の敵です。 This plan of Divine reprobation may be conceived either as absolute and unconditional or as hypothetical and conditional, according as we consider it as dependent on, or independent of, the infallible foreknowledge of sin, the real reason of reprobation.このプランの神として非難かもしれない絶対的かつ無条件のいずれかを考えたり、仮想的な条件としては、それによると我々として考慮に依存して、または独立し、絶対確実な先見の罪は、本当の理由を非難した。 If we understand eternal condemnation to be an absolute unconditional decree of God, its theological possibility is affirmed or denied according as the question whether it involves a positive, or only a negative, reprobation is answered in the affirmative or in the negative.永遠の非難を理解すれば、絶対に神の無条件令は、その可能性は肯定や否定神学によると肯定的なのか、という疑問とのかかわり、あるいは負のみ、または非難は、肯定的な答えでは、否定的だ。 The conceptual difference between the two kinds of reprobation lies in this, that negative reprobation merely implies the absolute will not to grant the bliss of heaven while positive reprobation means the absolute will to condemn to hell.概念的な違いは、嘘で、この2種類の非難は、単に非難して否定的な意味を付与することはありません絶対天国の至福の中に肯定的な非難を非難する手段は、絶対に地獄です。 In other words, those who are reprobated merely negatively are numbered among the non-predestined from all eternity; those who are reprobated positively are directly predestined to hell from all eternity and have been created for this very purpose.言い換えると、否定的な人たちは単にreprobatedの番号のうち、非predestinedからすべてのエタニティ; reprobated人たちは積極的には、地獄から直接predestinedを作成しているすべての永遠の目的のため、この非常に。 It was Calvin who elaborated the repulsive doctrine that an absolute Divine decree from all eternity positively predestined part of mankind to hell and, in order to obtain this end effectually, also to sin.それは誰カルビンの精緻化して反発する絶対的な教義天命predestined団体から積極的にすべての人類の永遠に地獄とは、この目的を得るために効果的には、罪もしています。 The Catholic advocates of an unconditional reprobation evade the charge of heresy only by imposing a twofold restriction on their hypothesis: (a) that the punishment of hell can, in time, be inflicted only on account of sin, and from all eternity can be decreed only on account of foreseen malice, while sin itself is not to be regarded as the sheer effect of the absolute Divine will, but only as the result of God's permission; (b) that the eternal plan of God can never intend a positive reprobation to hell, but only a negative reprobation, that is to say, an exclusion from heaven.カトリックの擁護者は、無条件で非難を回避するだけで、異端を担当する二重の制限して堂々と自分の仮説: ( )は、地獄の懲罰を受けることは、時間は、アカウントの罪に招いただけで、すべての永遠からできると定め予見して、悪意のアカウントのみで、罪そのものではない、と見なされるものは、絶対的な神の薄手の効果は、しかし、その結果として、神のみの許可なしに、 ( b )には、神の永遠の計画に肯定的な非難するつもりは絶対に地獄には、否定的な非難だけで、これは、つまり、天から除外する。 These restrictions are evidently demanded by the formulation of the concept itself, since the attributes of Divine sanctity and justice must be kept inviolate (see GOD).これらの制限は明らかに定式化を要求されるという概念自体が、以来、神の尊厳と正義の属性を保持しなければならない破られていない(神を参照してください) 。 Consequently, if we consider that God's sanctity will never allow Him to will sin positively even though He foresees it in His permissive decree with infallible certainty, and that His justice can foreordain, and in time actually inflict, hell as a punishment only by reason of the sin foreseen, we understand the definition of eternal reprobation given by Peter Lombard (I. Sent., dist. 40): "Est præscientia iniquitatis quorundam et præparatio damnationis eorundem" (it is the foreknowledge of the wickedness of some men and the foreordaining of their damnation).したがって、もし我々が神の神聖さを考慮できるように彼には決して罪を積極的には、それにもかかわらず、彼は自分の許容令予測して絶対確実な確実性は、正義とは自分の運命づけることは、実際に時間を与えるとは、地獄の懲罰としての理由だけで罪予見し、我々の永遠の定義を理解して与えられた非難ピーターロンバード( i.送った。 、 distのです。 40 ) : " præscientia iniquitatis quorundam et est præparatio damnationis eorundem " (それは、先見の男性と、いくつかの邪悪foreordaining彼らの天罰) 。 Cf. cf 。 Scheeben, "Mysterien des Christentums" (2nd ed., Freiburg, 1898), 98-103.シェーベン、 " mysterienデchristentums " (第2エド。 、フライブルク、 1898 ) 、 98から103まで。

II. Ⅱ 。 THE CATHOLIC DOGMAカトリック教義

Reserving the theological controversies for the next section, we deal here only with those articles of faith relating to predestination and reprobation, the denial of which would involve heresy.予約の神学論争は、次のセクションでは、ここで我々だけでこれらの契約に関連する記事の信仰を非難宿命とは、異端を伴うが、拒否されます。

A. The Predestination of the Elect A.付録宿命の選出

He who would place the reason of predestination either in man alone or in God alone would inevitably be led into heretical conclusions about eternal election.彼は誰もその理由の宿命のいずれかの場所で、神の存在または一人一人の男が必然的に主導される永遠の異端の選挙について結論を出す。 In the one case the error concerns the last end, in the other the means to that end.は、エラーが発生する場合は、最後の最後の懸念は、他の手段で終わりにしています。 Let it be noted that we do not speak of the "cause" of predestination, which would be either the efficient cause (God), or the instrumental cause (grace), or the final cause (God's honour), or the primary meritorious cause, but of the reason or motive which induced God from all eternity to elect certain definite individuals to grace and glory.レットイットビー注意して話すことはありませんが、 "原因"の宿命は、どちらかになるの効率的な原因(神) 、またはその原因インストゥルメンタル(猶予) 、または最終的な原因(神の栄誉) 、または、プライマリ勲功原因が、その理由や動機が引き起こされるすべての神からの明確な特定の個人を選出永遠に恵みと栄光。 The principal question then is: Does the natural merit of man exert perhaps some influence on the Divine election to grace and glory?その後は、校長の質問:男の真価を発揮するが、天然おそらくいくつかの選挙に影響を与える神の恵みと栄光のですか? If we recall the dogma of the absolute gratuity of Christian grace, our answer must be outright negative (see GRACE).もし我々の絶対的なリコール賜金は、キリスト教の教義の恵みは、私たちのあからさまな否定的な返事をしなければならない(猶予を参照してください) 。 To the further question whether Divine predestination does not at least take into account the supernatural good works, the Church answers with the doctrine that heaven is not given to the elect by a purely arbitrary act of God's will, but that it is also the reward of the personal merits of the justified (see MERIT).さらに質問して神の宿命がないかどうかを考慮することは、少なくとも超自然的良い作品は、教会の教義をして答えを与えられ、天国ではない純粋に任意で選出されたのは、神の行為が、それはそれはまた、報奨金個人的なメリットは、正当(メリットを参照してください) 。 Those who, like the Pelagians, seek the reason for predestination only in man's naturally good works, evidently misjudge the nature of the Christian heaven which is an absolutely supernatural destiny.人々は、このようなpelagians 、原因を突き止めようとする男の宿命だけで自然に良い作品は、明らかに、キリスト教の本質を見誤る天国では、絶対に超自然的運命です。 As Pelagianism puts the whole economy of salvation on a purely natural basis, so it regards predestination in particular not as a special grace, much less as the supreme grace, but only as a reward for natural merit. pelagianism Answersは、経済全体としては、純粋な自然の救世の基礎から、これに関して特にない宿命として、特別の計らいで、最高の恵みとしてはるかに少ないが、自然なメリットをご褒美としてのみです。

The Semipelagians, too, depreciated the gratuity and the strictly supernatural character of eternal happiness by ascribing at least the beginning of faith (initium fidei) and final perseverance (donum perseverantiœ) to the exertion of man's natural powers, and not to the initiative of preventing grace. semipelagiansのは、あまりにも、償却の賜金や超自然的性格を厳密に永遠の幸福を先頭に、少なくともascribing信仰(信仰のinitium )と最終的な粘り強さ( donum perseverantiœ )の男の労作を自然の力ではなく、率先して活動を防止するグレースです。 This is one class of heresies which, slighting God and His grace, makes all salvation depend on man alone.これは1つのクラスのheresiesには、軽蔑的な神と神の恵みは、一人の男がすべての救いに依存しています。 But no less grave are the errors into which a second group falls by making God alone responsible for everything, and abolishing the free co-operation of the will in obtaining eternal happiness.しかし、あまりないが、重大なエラーをどのようにすることで、神の滝2番目のグループだけですべての責任を負う、との共同作戦を廃止し、無料で入手するのは、永遠の幸福です。 This is done by the advocates of heretical Predestinarianism, embodied in its purest form in Calvinism and Jansenism.この処理が行われるの異端predestinarianismの擁護者は、その純粋な形で具体化さカルビン主義とジャンセニスム。 Those who seek the reason of predestination solely in the absolute Will of God are logically forced to admit an irresistibly efficacious grace (gratia irresistibilis), to deny the freedom of the will when influenced by grace and wholly to reject supernatural merits (as a secondary reason for eternal happiness).その理由を求める人々の宿命だけで、絶対的な神の意志を認めることは、論理的に強制するあらたかたまらなくグレース(グレーシアirresistibilis )は、意志の自由を否定する際に左右される超自然の恵みと完全に拒否するメリット(二次的な理由として、永遠の幸福のため) 。 And since in this system eternal damnation, too, finds its only explanation in the Divine will, it further follows that concupiscence acts on the sinful will with an irresistible force, that there the will is not really free to sin, and that demerits cannot be the cause of eternal damnation.そして永遠の苦しみ以来、このシステムは、あまりにも、説明を見つけたのは、神のみが、それをさらに次のような行為をすることは罪深い強欲さが魅力的な力、意志があることを自由に本当に罪ではない、として短所することはできません永遠の苦しみの原因です。

Between these two extremes the Catholic dogma of predestination keeps the golden mean, because it regards eternal happiness primarily as the work of God and His grace, but secondarily as the fruit and reward of the meritorious actions of the predestined.これらの2つの両極端の間で、カトリック教義の宿命中庸を保持し、それに関しての仕事として、主に永遠の幸福を神と神の恵みが、副次的には、報酬として、果物やアクションの勲功predestined 。 The process of predestination consists of the following five steps: (a) the first grace of vocation, especially faith as the beginning, foundation, and root of justification; (b) a number of additional, actual graces for the successful accomplishment of justification; (c) justification itself as the beginning of the state of grace and love; (d) final perseverance or at least the grace of a happy death; (e) lastly, the admission to eternal bliss.宿命の過程で構成は、以下の5つのステップ: ( a )その最初の恵みの職業は、特に信仰の始まりとしては、財団、およびルートの正当性、 ( b )に、いくつかの追加は、実際の美神成就の成功のための名分; ( C参照)正当性そのものの状態を初めとして、恵みと愛; (民主党)の最終的な粘り強さや恵み少なくとも幸せな死; ( E )の最後に、永遠の至福の入場している。 If it is a truth of Revelation that there are many who, following this path, seek and find their eternal salvation with infallible certainty, then the existence of Divine predestination is proved (cf. Matthew 25:34; Revelation 20:15).もしそれが真実であることが発覚することが多い人は、次のこのパスは、彼らの永遠の救いを求めるとして絶対確実な確実性を見つける、それから宿命は神の存在証明( cf.マタイ25:34 ;ヨハネの黙示録20:15 ) 。 St. Paul says quite explicitly (Romans 8:28 sq.): "we know that to them that love God, all things work together unto good, to such as, according to his purpose, are called to be saints. For whom he foreknew, he also predestinated to be made conformable to the image of his Son; that he might be the first born amongst many brethren. And whom he predestinated, them he also called. And whom he called, them he also justified. And whom he justified, them he also glorified."聖パウロによれば非常に明示的に(ローマ人への手紙sq 。 8時28分) : "我々が知っていることをして、神の愛は、すべてがうまくいくかれ良い、などによると、彼の目的は、聖人にも呼ばれています。ための心に適うforeknew 、彼はまた、 predestinatedされる前に、画像の言いなりになる息子;かもしれないが、彼は最初に多くの同胞の間に生まれた。 predestinated心に適うとは、かれらとも呼ばれています。心に適うと呼ばれ、彼はまた、正当化しています。と心に適う正当化は、それら彼はまた、見せかけのです。 " (Cf. Ephesians 1:4-11) Besides the eternal "foreknowledge" and foreordaining, the Apostle here mentions the various steps of predestination: "vocation", "justification", and "glorification". ( cf.エペソ1:4-11 )の他に、永遠の"先見"とforeordainingは、ここに記載して様々なステップの使徒宿命: "職業" 、 "正当性" 、および"賛美" 。 This belief has been faithfully preserved by Tradition through all the centuries, especially since the time of Augustine.この信念を介してきた伝統を忠実に保存されたすべての世紀にもわたって、特にアウグスティヌスの時以来です。

There are three other qualities of predestination which must be noticed, because they are important and interesting from the theological standpoint: its immutability, the definiteness of the number of the predestined, and its subjective uncertainty.そこには、 3つの他の資質をしなければならない宿命に気づいて、興味深いものがあっても重要であるとの観点から神学: immutabilityのは、その数は、定性predestined 、およびその主観的不確実性です。

(1) The first quality, the immutability of the Divine decree, is based both on the infallible foreknowledge of God that certain, quite determined individuals will leave this life in the state of grace, and on the immutable will of God to give precisely to these men and to no others eternal happiness as a reward for their supernatural merits. ( 1 )最初の品質は、 immutability 、天命は、ベースの両方には、神のことは、絶対確実な先見の特定は、かなり決定は、個人の人生は、このままの状態の恵みを受けて、不変とは、神の意志を正確に与えるこれらの他の男性としていないために永遠の幸福を自分のご褒美として超自然的メリットです。 Consequently, the whole future membership of heaven, down to its minutest details, with all the different measures of grace and the various degrees of happiness, has been irrevocably fixed from all eternity.その結果、全体の将来のメンバーシップの天国、ダウンして、取るに足りない詳細については、さまざまな対策をすべての恵みとは、様々な幸福度は、取消不能で固定されてからのすべてのエタニティ。 Nor could it be otherwise.またそれはそうでない。 For if it were possible that a predestined individual should after all be cast into hell or that one not predestined should in the end reach heaven, then God would have been mistaken in his foreknowledge of future events; He would no longer be omniscient.可能性がある場合にはそれがすべての後には、個々のpredestined地獄に投げ込まれるまたはpredestinedすべきではないことの1つの天端に達する、それから誤解され、神が彼の先見の今後のイベント;彼は全知にはもはや。 Hence the Good Shepherd says of his sheep (John 10:28): "And I give them life everlasting; and they shalt not perish forever, and no man shall pluck them out of my hand."したがって彼によれば、グッドシェファード羊(ヨハネ10:28 ) : "永遠の生命を与えてよい;すれば、彼らは永遠に消滅する、としていない人は、私の手をはじく。 " But we must beware of conceiving the immutability of predestination either as fatalistic in the sense of the Mahommedan kismet or as a convenient pretext for idle resignation to inexorable fate.しかし、我々は気を付ける必要がありますconceiving 、 immutabilityの宿命宿命論としては、どちらかの意味での運命やmahommedanアイドルとして、都合の良い口実を仮借なき運命を辞任した。 God's infallible foreknowledge cannot force upon man unavoidable coercion, for the simple reason that it is at bottom nothing else than the eternal vision of the future historical actuality.神の力に絶対確実な先見の男やむを得ない強制することはできません、という単純な理由で他のことは何もないよりも、永遠の下部には、将来のビジョンの歴史的現実です。 God foresees the free activity of a man precisely as that individual is willing to shape it.神の予測を正確に一人の男としての自由な活動をして個々の形状は、それを喜んでいる。 Whatever may promote the work of our salvation, whether our own prayers and good works, or the prayers of others in our behalf, is eo ipso included in the infallible foreknowledge of God and consequently in the scope of predestination (cf. St. Thomas, I, Q. xxiii, a. 8).どんなことが私たちの救済を促進する作業は、私たち自身の祈りと良い作品かどうか、あるいは他の祈りが私たちに代わって、絶対に正しいものが含まれてイプソのEO先見の結果は、神との宿命のスコープ( cf.セントトマス、私は、問い23 、 a. 8 ) 。 It is in such practical considerations that the ascetical maxim (falsely ascribed to St. Augustine) originated: "Si non es prædestinatus, fac ut prædestineris" (if you are not predestined, so act that you may be predestined).それは、このような実用上の配慮して修徳マキシム(偽って生得的に聖アウグスティヌス)発祥: " es prædestinatus市以外は、 facしかしprædestineris " ( predestinedが明確でない場合は、今行動することpredestinedされる場合があります) 。 Strict theology, it is true, cannot approve this bold saying, except in so far as the original decree of predestination is conceived as at first a hypothetical decree, which is afterwards changed to an absolute and irrevocable decree by the prayers, good works, and perseverance of him who is predestined, according to the words of the Apostle (2 Peter 1:10): "Wherefore, brethren, labour the more, that by good works you may make sure your calling and election."厳格な神学は、それが事実であれば、これを承認することはできません大胆なと言って、これまでのところを除いては、元の法令の宿命としては、最初の仮想的な考えとして政令で、これは絶対に後で変更されると取り返しのつかない令の祈りは、良い作品、およびpredestined誰が彼の忍耐力は、使徒の言葉によれば、 ( 2ピーター1時10分) : "何のためには、兄弟は、より多くの労働者は、良い作品をお勧めしているか確認して電話をかけたり選挙です。 "

God's unerring foreknowledge and foreordaining is designated in the Bible by the beautiful figure of the "Book of Life" (liber vitœ, to biblion tes zoes).神の的確な先見とは、聖書foreordainingが指定された美しい姿は、 "ブックオブライフ" (自由vitœ 、 biblionテス川をzoes ) 。 This book of life is a list which contains the names of all the elect and admits neither additions nor erasures.人生は、この本の名前のリストを含む、すべての当選者と認めerasuresどちらも追加します。 From the Old Testament (cf. Exodus 32:32; Psalm 68:29) this symbol was taken over into the New by Christ and His Apostle Paul (cf. Luke 10:20; Hebrews 12:23), and enlarged upon by the Evangelist John in his Apocalypse [cf.旧約聖書から(出エジプト記32:32 cf. ;詩編68:29 )このシンボルを引き継いで、新しいされたキリストとその使徒パウロ( cf.ルカ10:20 ;ヘブル人への手紙12:23 )は、拡大するとされる彼のヨハネの黙示録エバンジェリスト[ cf 。 Apoc., xxi, 27: "There shall not enter into it anything defiled ... but they that are written in the book of life of the Lamb" (cf. Revelation 13:8; 20:15)]. apoc 。 、 21 、 27 : "そこに入るものではないことdefiled ...しかし、彼らには何も書かれては、その本の人生の子羊" ( cf.ヨハネの黙示録13 : 08 ; 20:15 ) ] 。 The correct explanation of this symbolic book is given by St. Augustine (De civ. Dei, XX, xiii): "Præscientia Dei quæ non potest falli, liber vitæ est" (the foreknowledge of God, which cannot err, is the book of life).正しい説明を与えられた本は、この象徴的な聖アウグスティヌス(デciv 。デイは、 XX社は、 13世) : " præscientiaデイquæ potest falli以外は、自由vitæ est " (神の先見、 errすることはできませんが、この本は、生命) 。 However, as intimated by the Bible, there exists a second, more voluminous book, in which are entered not only the names of the elect, but also the names of all the faithful on earth.しかし、 intimatedされる聖書は、そこに存在する2番目は、もっと膨大な数の書籍は、中に入っているだけでなく、当選者の名前は、名前だけでなく地球上のすべての忠実な。 Such a metaphorical book is supposed wherever the possibility is hinted at that a name, though entered, might again be stricken out [cf.このような隠喩はずの本はどこの可能性を示唆して、名前は、入力かかわらず、襲われるかもしれない再びアウト[ cf 。 Apoc., iii, 5: "and I will not blot out his name out of the book of life" (cf. Exodus 32:33)]. apoc 。 、 3世、 5 : "と、私はそれを覆い隠す彼の名前を出すのは、人生の本" ( cf.エクソダス32:33 ) ] 。 The name will be mercilessly cancelled when a Christian sinks into infidelity or godlessness and dies in his sin.無情にもその名をキャンセルされるときに、キリスト教の流し台に不貞やダイスgodlessness彼の罪です。 Finally there is a third class of books, wherein the wicked deeds and the crimes of individual sinners are written, and by which the reprobate will be judged on the last day to be cast into hell (cf. Revelation 20:12): "and the books were opened; ... and the dead were judged by those things which were written in the books according to their works".最後には、 3番目のクラスの本は、そこでの悪事や犯罪の個々の罪人が書かれた、とされるの無頼漢を最後の日になると判断して地獄に投げ込まれる( cf.ヨハネの黙示録20時12分) : "とこの書籍はオープン; ...死んでいたと判断されるのはそういったことが書かれていた本によると、彼らの作品" 。 It was this grand symbolism of Divine omniscience and justice that inspired the soul-stirring verse of the Dies irœ according to which we shall all be judged out of a book: "Liber scriptus proferetur: in quo totum continetur".それは神の全知このグランド象徴と正義の魂を揺さぶるような詩にインスピレーションを得たのは、わたしたちはこれによると、ダイスirœと判断されるすべての本のうち: "自由scriptus proferetur : totum continetur 、そこから" 。 Regarding the book of life, cf.この本の生活については、 cf 。 St. Thomas, I, Q. xxiv, a.セントトマス、私は、問いxxiv 、 a. 1-3, and Heinrich-Gutberlet, "Dogmat. Theologie", VIII (Mainz, 1897), section 453. 1-3 、およびハインリヒ-グートベルレート、 " dogmat 。 theologie " 、 viii (マインツ、 1897 ) 、 453セクションです。

(2) The second quality of predestination, the definiteness of the number of the elect, follows naturally from the first. ( 2 ) 2番目の質の宿命は、定性の当選者数は、以下のとおりですから、最初は当然です。 For if the eternal counsel of God regarding the predestined is unchangeable, then the number of the predestined must likewise be unchangeable and definite, subject neither to additions nor to cancellations.もし、永遠の神のための助言predestinedについては、不変のは、その後の数が不変のと同様に、確定する必要がありますpredestined 、件名をキャンセルどちらにも追加します。 Anything indefinite in the number would eo ipso imply a lack of certitude in God's knowledge and would destroy His omniscience.何かのEOイプソ不定の数が必須であるという確信は、神の知識の欠如と彼は全知を破壊する。 Furthermore, the very nature of omniscience demands that not only the abstract number of the elect, but also the individuals with their names and their entire career on earth, should be present before the Divine mind from all eternity.また、非常に要求して全知の性質だけでなく、抽象的な数の当選者は、自分の名前では、個人だけでなく、彼らのキャリア全体を地球上で、神の前に提示しなければならない永遠の心からのすべてです。 Naturally, human curiosity is eager for definite information about the absolute as well as the relative number of the elect.当然のことながら、人間の好奇心は、確かな情報については、熱心に求めるだけでなく、絶対数が相対的に選出する。 How high should the absolute number be estimated?どのようにすれば絶対数の高い推定されるか? But it would be idle and useless to undertake calculations and to guess at so and so many millions or billions of predestined.しかし、アイドル状態の方が無用に着手するとの計算ではそれを推測すると数百万または数十億predestined 。 St. Thomas (I, Q. xxiii, a. 7) mentions the opinion of some theologians that as many men will be saved as there are fallen angels, while others held that the number of predestined will equal the number of the faithful angels.セントトマス(私は、問い23 、 a. 7 )に記載していくつかの神学者の意見をできるだけ多くの男性が倒れたとして保存される天使たちは、その中で行われた他の数predestinedは、忠実な天使の数に等しい。

Lastly, there were optimists who, combining these two opinions into a third, made the total of men saved equal to the unnumbered myriads of berated spirits.最後に、楽観的な見方があった人は、これらの2つの意見を組み合わせた3つ目は、合計では、男性の保存に等しいberated無数の霊の番号が付けられています。 But even granted that the principle of our calculation is correct, no mathematician would be able to figure out the absolute number on a basis so vague, since the number of angels and demons is an unknown quantity to us.しかし、原則的にも付与して、我々の計算が正しい場合は、できることはないの数学者の絶対数を把握する上での基礎あいまいなので、以来、天使と悪魔の数は未知数だとしています。 Hence, "the best answer", rightly remarks St. Thomas, "is to say: God alone knows the number of his elect".したがって、 "最良の答え"は、当然の発言セントトマス、 "と言っては:神を知っているだけで自分の番号を選出する"とした。 By relative number is meant the numerical relation between the predestined and the reprobate.意図された番号は、数値の相対関係predestinedとの間の無頼漢。 Will the majority of the human race be saved or will they be damned?レースは、大多数の人間は、かれらに保存されるのろわれたか? Will one-half be damned the other half saved?のろわれたが、他の2分の1の半分に保存されるか? In this question the opinion of the rigorists is opposed to the milder view of the optimists.この質問には、その意見に反対して軟らかいrigoristsは楽観主義者の見解だ。 Pointing to several texts of the Bible (Matthew 7:14; 22:14) and to sayings of great spiritual doctors, the rigorists defend as probable the thesis that not only most Christians but also most Catholics are doomed to eternal damnation.聖書には、いくつかの文章を差している(マタイ7時14分、 22時14分)の偉大な精神的なことわざや医師には、論文の概rigoristsを擁護していないとしてのみならず、ほとんどのカトリック教徒は、キリスト教徒が最も運命に永遠の苦しみです。 Almost repulsive in its tone is Massillon's sermon on the small number of the elect.その調子ではほぼ反発マシロンのような説教して、当選者数が小さい。 Yet even St. Thomas (loc. cit., a. 7) asserted: "Pauciores sunt qui salvantur" (only the smaller number of men are saved).まださえセントトマス( loc. cit 。 、 a. 7 )議員: " paucioresのQui sunt salvantur " (男性の数が少ないだけで保存) 。 And a few years ago, when the Jesuit P. Castelein ("Le rigorisme, le nombre des élus et la doctrine du salut", 2nd ed., Brussels, 1899) impugned this theory with weighty arguments, he was sharply opposed by the Redemptorist P. Godts ("De paucitate salvandorum quid docuerunt sancti", 3rd ed., Brussels, 1899).そして、数年前には、イエズス会のとき、 p. castelein ( " rigorismeル、ルnombreデラélus et salutデュドクトリン"は、 2日にエド。 、ブリュッセル、 1899年) 、この説を有力な引数impugned 、彼は、大幅に反対されるredemptorist p. godts ( "デpaucitate salvandorum sancti docueruntひとかみ"は、 3日にエド。 、ブリュッセル、 1899 ) 。 That the number of the elect cannot be so very small is evident from the Apocalypse (vii, 9).その数を選出することはできませんので、非常に小さいのは明らかからの黙示録( 7 、 9 ) 。 When one hears the rigorists, one is tempted to repeat Dieringer's bitter remark: "Can it be that the Church actually exists in order to people hell?" rigorists自分の声を耳には、 1つは、誘惑の痛烈な発言を繰り返してdieringer : "は、実際に存在することにして教会の人々のために地獄ですか? " The truth is that neither the one nor the other can be proved from Scripture or Tradition (cf. Heinrich-Gutberlet, "Dogmat. Theologie", Mainz, 1897, VIII, 363 sq.).真実は、どちらも、他のことの1つであることが立証や伝統から啓典( cf.ハインリヒ-グートベルレート、 " dogmat 。 theologie " 、マインツ、 1897 、 VIIIや363 sq 。 ) 。 But supplementing these two sources by arguments drawn from reason we may safely defend as probable the opinion that the majority of Christians, especially of Catholics, will be saved.しかし、これらの2つのソースによって補完引数の中から選ばれた理由を安全に守ることが我々の意見としては、大多数の概キリスト教徒、特に、カトリック教徒は、自動的に保存されます。 If we add to this relative number the overwhelming majority of non-Christians (Jews, Mahommedans, heathens), then Gener ("Theol. dogmat. scholast.", Rome, 1767, II, 242 sq.) is probably right when he assumes the salvation of half of the human race, lest "it should be said to the shame and offence of the Divine majesty and clemency that the [future] Kingdom of Satan is larger than the Kingdom of Christ" (cf. W. Schneider, "Das andere Leben", 9th ed., Paderborn, 1908, 476 sq.).相対的にこの番号を追加すれば、圧倒的大多数の非キリスト教徒(ユダヤ人は、 mahommedans 、 heathens ) 、それからgener ( " theol 。 dogmat 。 scholastです" 、ローマ、 1767年、 2世、 242 sq 。 )は、おそらく正しいと仮定したとき救世の人類の半分は、するといけない"と述べたことをしなければならないの恥とは、神のオフェンスと寛大な処置をして陛下[将来]悪魔の王国は、キリストの王国よりも大きい" ( cf.ウィリアムシュナイダーは、 " das andere文化"は、 9日、エド。 、パーダーボルン、 1908 、 476 sq 。 ) 。

(3) The third quality of predestination, its subjective uncertainty, is intimately connected with its objective immutability. ( 3 )第3の質の宿命は、その主観的不確実性は、その客観的immutabilityは密接に関係しています。 We know not whether we are reckoned among the predestined or not.我々は我々が知らないことを無視するかどうかのうち、 predestinedなかろう。 All we can say is: God alone knows it.言っていることはすべてのことができる:神だけ知っていることだ。 When the Reformers, confounding predestination with the absolute certainty of salvation, demanded of the Christian an unshaken faith in his own predestination if be wished to be saved, the Council of Trent opposed to this presumptuous belief the canon (Sess. VI, can. xv): "S. q. d., hominem renatum et justificatum teneri ex fide ad credendum, se certo esse in numero prædestinatorum, anathema sit" (if any one shall say that the regenerated and justified man is bound as a matter of faith to believe that he is surely of the number of the predestined, let him be anathema).改革派ときには、絶対的な確信して交絡宿命の救いは、不動の要求は、キリスト教の信仰は、自分自身の宿命を希望している場合に保存されると、これに反対してずうずうしいトレント評議会の信念キヤノン( sess. viのことです。 15 ) : "米qd 、人renatum fide et justificatum teneri元広告credendum 、セprædestinatorumニュメロcertoエッセでは、忌み嫌われる座る" (もしあれば再生して1つのものと言うと男は、正当化の問題として信仰を束縛していると思われる彼は確かにその数は、 predestined 、ほっておけに忌み嫌われる) 。 In truth, such a presumption is not only irrational, but also unscriptural (cf. 1 Corinthians 4:4; 9:27; 10:12; Philippians 2:12).真実では、このような不合理な推定だけではない、聖書に反するだけでなく( cf. 1コリンチャンス4時04分、 9時27分; 10:12 ;ピリピ人への手紙2時12分) 。 Only a private revelation, such as was vouchsafed to the penitent thief on the cross, could give us the certainty of faith: hence the Tridentine Council insists (loc. cit., cap. xii): "Nam nisi ex speciali revelatione sciri non potest, quos Deus sibi elegerit" (for apart from a special revelation, it cannot be known whom God has chosen).私的啓示のみ、後悔している人などは、泥棒をvouchsafed十字架上で、私たちの確信を与える可能性の信仰:したがって、その主張tridentine評議会( loc. cit 。 、キャップです。 12世) : "ナム仮revelatione sciri以外の特殊例potestは、シビelegerit quosデウス" (ヨハネの黙示録は別に特別なことは、神に選ばれたことで知られていない) 。 However, the Church condemns only that blasphemous presumption which boasts of a faithlike certainty in matters of predestination.しかし、教会に非難して不敬なずうずうしさを誇るだけの確実性の点ではfaithlike宿命です。 To say that there exist probable signs of predestination which exclude all excessive anxiety is not against her teaching.と言って宿命の兆候が存在する確率をすべて除外彼女に対する過度の不安を教えることではない。 The following are some of the criteria set down by the theologians: purity of heart, pleasure in prayer, patience in suffering, frequent reception of the sacraments, love of Christ and His Church, devotion to the Mother of God, etc.以下は、いくつかの条件設定を下にして神学:純度の心は、喜びに祈り、忍耐力で苦しんでは、頻繁にレセプションの秘跡は、キリストの愛と彼の教会は、神の母の献身には、等

B. The Reprobation of the Damned Bには非難オブザヴァンパイア

An unconditional and positive predestination of the reprobate not only to hell, but also to sin, was taught especially by Calvin (Instit., III, c. xxi, xxiii, xxiv).無条件かつ積極的な宿命を地獄の自堕落なだけでなく、罪だけでなく、特に教えたされたカルヴィン( instit. 、 3世千佳子21 、 23 、 xxiv ) 。 His followers in Holland split into two sects, the Supralapsarians and the Infralapsarians, the latter of whom regarded original sin as the motive of positive condemnation, while the former (with Calvin) disregarded this factor and derived the Divine decree of reprobation from God's inscrutable will alone.彼の信者が2つに分割さホランド宗派、 supralapsariansとinfralapsarians 、後者の人と見なすこと原罪として肯定的な非難の動機は、前者(カルヴィン)を無視し、この因子と派生天命の非難からは、神の不可解一人です。 Infralapsarianism was also held by Jansenius (De gratia Christi, l. X, c. ii, xi sq.), who taught that God had preordained from the massa damnata of mankind one part to eternal bliss, the other to eternal pain, decreeing at the same time to deny to those positively damned the necessary graces by which they might be converted and keep the commandments; for this reason, he said, Christ died only for the predestined (cf. Denzinger, "Enchiridion", n. 1092-6).定論はヤンセニウスでも実施されます(デグレーシアクリスティ、 l. x千佳子2世、 sq 。 xi )は、人から教えられたことpreordainedマッサdamnata神は人類の永遠の至福の1つの部分には、この他に永遠の痛み、 decreeingで同じ時間を否定するのに必要な者を積極的にのろわれた美神に変換されるかもしれないと彼ら十戒を守る;この理由で、彼は、そのためにキリストが死んでのみpredestined ( cf.デンツィンガー、 " enchiridion " 、 n.一〇九二から六) 。 Against such blasphemous teachings the Second Synod of Orange in 529 and again the Council of Trent had pronounced the ecclesiastical anathema (cf. Denzinger, nn. 200, 827).冒とく的な教えに反対するようなオレンジ色の2番目の会議の中で再び529トレントの評議会は、教会の発音忌み嫌われる( cf.デンツィンガー、 nn 。 200 、 827 ) 。 This condemnation was perfectly justified, because the heresy of Predestinarianism, in direct opposition to the clearest texts of Scripture, denied the universality of God's salvific will as well as of redemption through Christ (cf. Wisdom 11:24 sq.; 1 Timothy 2:1 sq.), nullified God's mercy towards the hardened sinner (Ezekiel 33:11; Romans 2:4; 2 Peter 3:9), did away with the freedom of the will to do good or evil, and hence with the merit of good actions and the guilt of the bad, and finally destroyed the Divine attributes of wisdom, justice, veracity, goodness, and sanctity.これは完全に正当な非難は、異端のpredestinarianismので、真っ向から対立する明確なテキストの啓典は、普遍性を否定して神の救済意志だけでなく、キリストを通しての償還( cf.英知11:24 sq 。 ; 1ティモシー2 : 1 sq 。 ) 、神の慈悲を無効に向かって鍛えられた罪人(エゼキエル33:11 ;ローマ人への手紙2 : 04 ; 2ピーター3時09分)は、去るには、自由意志をいいか悪いか、そしてそのためにはメリットがあるアクションとは、良い悪いの罪悪感、そして最後に、神の属性を破壊知恵、正義、正直、善良、および神聖です。 The very spirit of the Bible should have sufficed to deter Calvin from a false explanation of Rom., ix, and his successor Beza from the exegetical maltreatment of I Pet., ii, 7-8.聖書には非常に精神sufficedを抑止する必要があるからカルビンROMに虚偽の説明です。 、 9世は、彼の後継者とベザexegetical虐待からの私のペットです。 、 2世、 7-8 。 After weighing all the Biblical texts bearing on eternal reprobation, a modern Protestant exegete arrives at the conclusion: "There is no election to hell parallel to the election to grace: on the contrary, the judgment pronounced on the impenitent supposes human guilt .... It is only after Christ's salvation has been rejected that reprobation follows" ("Realencyk. für prot. Theol.", XV, 586, Leipzig, 1904).聖書の中のすべてのテキスト軸受後秤量して永遠の非難は、現代のプロテスタント、という結論に着くexegete : "選挙ではないにして地獄に平行して、選挙グレース:むしろその逆では、人間の判断力と発音して改心supposes罪悪感... 。それは後にのみ、キリストの救いを拒否して非難されて以下の通りです" ( " realencyk 。 prot最近登録されます。 theol 。 " 、 15 、 586 、ライプチヒ、 1904 ) 。 As regards the Fathers of the Church, there is only St. Augustine who might seem to cause difficulties in the proof from Tradition.父親に関しては、教会は、聖アウグスティヌスの人がいるだけに思えるかもしれないが、証明の困難を引き起こすからの伝統だ。 As a matter of fact he has been claimed by both Calvin and Jansenius as favouring their view of the question.実を言うと彼は両方の領有権を主張してきたとヤンセニウスカルヴィンfavouringとしては、彼らの質問を表示します。 This is not the place to enter into an examination of his doctrine on reprobation; but that his works contain expressions which, to say the least, might be interpreted in the sense of a negative reprobation, cannot be doubted.この場所に入ることではないが、彼の教義上の検査を非難;しかし、彼の作品の表現を含んでは、控えめに言って、という意味に解釈されるかもしれないが、否定的な非難は、疑問視することはできません。 Probably toning down the sharper words of the master, his "best pupil", St. Prosper, in his apology against Vincent of Lerin (Resp. ad 12 obj. Vincent.), thus explained the spirit of Augustine: "Voluntate exierunt, voluntate ceciderunt, et quia præsciti sunt casuri, non sunt prædestinati; essent autem prædestinati, si essent reversuri et in sanctitate remansuri, ac per hoc prædestinatio Dei multis est causa standi, nemini est causa labendi" (of their own will they went out; of their own will they fell, and because their fall was foreknown, they were not predestined; they would however be predestined if they were going to return and persevere in holiness; hence, God's predestination is for many the cause of perseverance, for none the cause of falling away).おそらく、シャープな言葉では、調色ダウンマスターは、彼の"一番弟子" 、聖プロスパー、彼に対する謝罪のヴィンセントlerin ( resp.広告12 obj 。ビンセント。 )は、このように説明したアウグスティヌスの精神: " voluntate exierunt 、 voluntate ceciderunt 、 et quia præsciti sunt casuri 、非sunt prædestinati ; essent prædestinati autem 、 et reversuri市essent sanctitate remansuriでは、アドホックあたりのACマルチprædestinatioデイest standi死因、死因nemini est labendi " (かれらは、独自に出掛けた;彼らの彼ら自身が下落したため、そして、彼らのforeknown秋には、かれらはないpredestined ;しかし彼らは、もし彼らがpredestinedに行くのを返すと間断ホーリネス;それ故に、神の宿命は、多くの粘り強さの原因は、その原因をなし落下距離) 。 Regarding Tradition cf.伝統に関するcf 。 Petavius, "De Deo", X, 7 sq.; Jacquin in "Revue de l'histoire ecclésiastique", 1904, 266 sq.; 1906, 269 sq.; 725 sq.ペタヴィウス、 "デdeo " 、 × 、 7 sq 。 ; jacquinで"レベニューデl' histoire ecclésiastique "は、 1904年、 266 sq 。 ; 1906 、 269 sq 。 ; 725 sq 。 We may now briefly summarize the whole Catholic doctrine, which is in harmony with our reason as well as our moral sentiments.我々が今のカトリック教義を簡潔にまとめる全体では、理性と調和して私たちだけでなく、我々の道徳的感情です。 According to the doctrinal decisions of general and particular synods, God infallibly foresees and immutably preordains from eternity all future events (cf. Denzinger, n. 1784), all fatalistic necessity, however, being barred and human liberty remaining intact (Denz., n. 607).教義上の決定によると、特定のsynods総長とは、神を完ぺきに予測や将来のすべてのイベントを永遠不変preordainsから( cf.デンツィンガー、 n. 1784 )は、すべての宿命論の必要性は、しかし、そのまま残っている人間の自由と鉄格子( denz. 、なし。 607 ) 。 Consequently man is free whether he accepts grace and does good or whether he rejects it and does evil (Denz., n. 797).彼はその結果を受け入れるかどうかの男は無料かどうかを猶予して善行を拒否してから、彼は悪( denz. 、 n. 797 ) 。 Just as it is God's true and sincere will that all men, no one excepted, shall obtain eternal happiness, so, too, Christ has died for all (Denz., n. 794), not only for the predestined (Denz., n. 1096), or for the faithful (Denz., n. 1294), though it is true that in reality not all avail themselves of the benefits of redemption (Denz., n. 795).それと同じように、神の真実と誠実さは、すべての男性にして、誰除いては、永遠の幸福を受けなければならないので、あまりにも、キリストのためにはすべて亡くなった( denz. 、 n. 794 ) 、 predestinedのためだけでなく、 ( denz. 、なし。 1096 ) 、またはのために忠実( denz. 、 n. 1294 ) 、現実にはないことは確かだが、自身のすべての給付金の償還のでご了承願います( denz. 、 n. 795 ) 。 Though God preordained both eternal happiness and the good works of the elect (Denz., n. 322), yet, on the other hand, He predestined no one positively to hell, much less to sin (Denz., nn. 200, 816).神の永遠の幸福とpreordainedかかわらず、両方の良い作品を選出( denz. 、 n. 322 ) 、しかし、その一方で、誰も彼predestined地獄に積極的には、罪をはるかに少ない( denz. 、 nn 。 200 、 816 ) 。 Consequently, just as no one is saved against his will (Denz., n. 1363), so the reprobate perish solely on account of their wickedness (Denz., nn. 318, 321).その結果、だれもが同じように意思に反してを保存( denz. 、 n. 1363 ) 、自堕落なので、アカウントが消滅するだけで自分の邪悪( denz. 、 nn 。 318 、 321 ) 。 God foresaw the everlasting pains of the impious from all eternity, and preordained this punishment on account of their sins (Denz., n. 322), though He does not fail therefore to hold out the grace of conversion to sinners (Denz., n. 807), or pass over those who are not predestined (Denz., n. 827).予想は、神の永遠の掟に背く者からのすべての永遠の痛み、そしてこのpreordained彼らの罪を処罰してアカウント( denz. 、 n. 322 ) 、失敗しないためにかかわらず、彼の恵みのコンバージョンを要求して粘る罪人( denz. 、なし。 807 ) 、または通過する人たちではないpredestined ( denz. 、 n. 827 ) 。 As long as the reprobate live on earth, they may be accounted true Christians and members of the Church, just as on the other hand the predestined may be outside the pale of Christianity and of the Church (Denz., nn. 628, 631).自堕落な生活する限り、地球上で、かれらの割合かもしれない真のキリスト教徒と教会の会員と同じように、その一方で、社外の青白いpredestinedかもしれないとは、キリスト教の教会( denz. 、 nn 。 628 、 631 ) 。 Without special revelation no one can know with certainty that he belongs to the number of the elect (Denz., nn. 805 sq., 825 sq.).特別啓示なしには誰もが知っている彼は確信を持って、当選者の数に属します( denz. 、 nn 。 805 sq 。 、 825 sq 。 ) 。

III. Ⅲ 。 THEOLOGICAL CONTROVERSIES神学論争

Owing to the infallible decisions laid down by the Church, every orthodox theory on predestination and reprobation must keep within the limits marked out by the following theses: (a) At least in the order of execution in time (in ordine executionis) the meritorious works of the predestined are the partial cause of their eternal happiness; (b) hell cannot even in the order of intention (in ordine intentionis) have been positively decreed to the damned, even though it is inflicted on them in time as the just punishment of their misdeeds; (c) there is absolutely no predestination to sin as a means to eternal damnation.絶対確実な意思決定により、敷設された教会は、すべての正統派の宿命論と非難しておく必要がありますマークアウトの範囲内では、以下の論文: ( 、 )で、少なくとも順序で実行時間(オルディーヌexecutionis )の勲功作品predestinedの部分は、彼らの永遠の幸福をもたらす;地獄にすることはできません( b )にも、注文の意図(オルディーヌintentionis )を積極的に定めてきたが、のろわれたにもかかわらず、かれらを招いたことは、時間だけで懲罰として彼らの悪行; ( C参照)には全く罪の宿命をする手段として永遠の苦しみです。 Guided by these principles, we shall briefly sketch and examine three theories put forward by Catholic theologians.これらの原則に導かれて、わたしたちは3つの粗筋を調べるとカトリック神学理論を提唱した。

A. The Theory of Predestination ante prœvisa merita A.付録宿命論アンティーprœvisa merita

This theory, championed by all Thomists and a few Molinists (as Bellarmine, Francisco Suárez, Francis de Lugo), asserts that God, by an absolute decree and without regard to any future supernatural merits, predestined from all eternity certain men to the glory of heaven, and then, in consequence of this decree, decided to give them all the graces necessary for its accomplishment.この理論は、すべてのthomistsと支持されたいくつかのmolinists (ベラルミーノとしては、フランシスコスアレス、フランシスデルーゴ)は、神の主張は、絶対的な命令されると任意の将来を気にせずに超自然的メリットは、すべてのpredestinedから特定の男性を永遠の栄光天国、そして、結果として、この命令は、すべてを与えることを決定し、その達成のために必要な美神。 In the order of time, however, the Divine decree is carried out in the reverse order, the predestined receiving first the graces preappointed to them, and lastly the glory of heaven as the reward of their good works.そのための時間は、しかし、天命を逆の順序で行われるが、その最初のpredestined美神preappointedを受理して、そして最後に天の栄光の褒美として、彼らの良い作品です。 Two qualities, therefore, characterize this theory: first, the absoluteness of the eternal decree, and second, the reversing of the relation of grace and glory in the two different orders of eternal intention (ordo intentionis) and execution in time (ordo executionis). 2つの資質は、したがって、この理論を特徴付ける:第一に、永遠のabsoluteness令、そして第二に、逆転の恵みと栄光の関係は、永遠の異なる2つの数量の意図( ordo intentionis )と実行時間( ordo executionis ) 。 For while grace (and merit), in the order of eternal intention, is nothing else than the result or effect of glory absolutely decreed, yet, in the order of execution, it becomes the reason and partial cause of eternal happiness, as is required by the dogma of the meritoriousness of good works (see MERIT).中にはグレース(やメリット)は、そのための永遠の意図で、ほかは何もないよりも絶対に栄光の結果や効果を定め、まだ、実行の順序では、その理由となる部分の原因と永遠の幸福と同じように、必要なドグマmeritoriousnessされるのは、良い作品(功績を参照してください) 。 Again, celestial glory is the thing willed first in the order of eternal intention and then is made the reason or motive for the graces offered, while in the order of execution it must be conceived as the result or effect of supernatural merits.再び、天の栄光は、最初のものは、注文の永遠の意志を意図し、次にその理由や動機は、前には、美神を提供し、それを実行しなければならないため、その結果としての考えや超自然的効果のメリットです。 This concession is important, since without it the theory would be intrinsically impossible and theologically untenable.この譲歩も重要だが、それ以来なしの理論theologically支持できないだろうと本質的に不可能だ。

But what about the positive proof?だがについては、肯定的な証拠は何ですか? The theory can find decisive evidence in Scripture only on the supposition that predestination to heavenly glory is unequivocally mentioned in the Bible as the Divine motive for the special graces granted to the elect.決定的な証拠を見つけることで、理論上でのみ典宿命と仮定して明確に言及して天国の栄光は、神の動機としては、聖書のための特別美神当選者に与えられている。 Now, although there are several texts (e.g. Matthew 24:22 sq.; Acts 13:48, and others) which might without straining be interpreted in this sense, yet these passages lose their imagined force in view of the fact that other explanations, of which there is no lack, are either possible or even more probable.さて、テキストはいくつかありますが(例えば、マタイ24:22 sq 。 ;行為を13時48分、その他)を負担せずに解釈されるかもしれないその意味では、これらの通路まだ自分の想像力を失うという事実から見て、他の説明には、の不足がない、あるいはもっと確率は、どちらかの可能性だ。 The ninth chapter of the Epistle to the Romans in particular is claimed by the advocates of absolute predestination as that "classical" passage wherein St. Paul seems to represent the eternal happiness of the elect not only as the work of God's purest mercy, but as an act of the most arbitrary will, so that grace, faith, justification must be regarded as sheer effects of an absolute, Divine decree (cf. Romans 9:18: "Therefore he hath mercy on whom he will; and whom he will, he hardeneth").第9章では、特にローマの信徒への領有権を主張し、支持者たちは、絶対的な宿命としては、 "古典"聖パウロの通路そこに永遠の幸福を表すようには、当選者としての仕事だけでなく、純粋な神の慈悲は、しかし、行為の大半は、任意のように、恵みは、信仰、正当化しなければならないと見なされて、絶対的な影響を薄手のは、天命( cf.ローマ人への手紙9時18分: "だからかれの慈悲を御望み;と御望み、彼hardeneth "を参照) 。 Now, it is rather daring to quote one of the most difficult and obscure passages of the Bible as a "classical text" and then to base on it an argument for bold speculation.さて、大胆不敵を引用しているとはいえ、最も難しいと無名の1つは、聖書の通路としての"古典テキスト"とし、次にそれをベースに議論のための大胆な憶測です。 To be more specific, it is impossible to draw the details of the picture in which the Apostle compares God to the potter who hath "power over the clay, of the same lump, to make one vessel unto honour, and another unto dishonour" (Romans 9:21), without falling into the Calvinistic blasphemy that God predestined some men to hell and sin just as positively as he pre-elected others to eternal life.もっと具体的に指定して、その詳細を描くことは不可能で、画像の比較神の使徒たちをかれらのポッター"パワーオーバーの粘土は、同じしこりのは、 1つの容器を作る名誉かれは、かれと別の不渡り" (ローマ人への手紙9時21分)に陥ることなく、いくつかのpredestined男性calvinistic神を冒とくして地獄と同じように積極的に罪として事前に選ばれた彼は他の人に永遠の命です。 It is not even admissible to read into the Apostle's thought a negative reprobation of certain men.を読んでも許容することではないの伝道者を特定の思想に否定的な非難の男性です。 For the primary intention of the Epistle to the Romans is to insist on the gratuity of the vocation to Christianity and to reject the Jewish presumption that the possession of the Mosaic Law and the carnal descent from Abraham gave to the Jews an essential preference over the heathens.そのために、プライマリの信徒への意向を主張するのは、ローマ人への手紙賜金の職業を拒否して、キリスト教とユダヤ教の所持を仮定して、モザイクから降下法と肉欲には、ユダヤ人アブラハム与えた上必要不可欠な選好heathens 。 But the Epistle has nothing to do with the speculative question whether or not the free vocation to grace must be considered as the necessary result of eternal predestination to celestial glory [cf.しかし、信徒は何の関係もないし、投機的な質問をするかどうかを無料で職業を考慮しなければならないの恵みの結果として、必要な天体の栄光を永遠の宿命[ cf 。 Franzelin, "De Deo uno", thes. franzelin 、 "デdeoウノ"は、 thesという。 lxv (Rome, 1883)]. 65 (ローマ、 1883 ) ] 。 It is just as difficult to find in the writings of the Fathers a solid argument for an absolute predestination.それは同様の記述を見つけることが困難には、父の引数を確実にするために絶対的な宿命だ。 The only one who might be cited with some semblance of truth is St. Augustine, who stands, however, almost alone among his predecessors and successors.たった1人のかもしれないうわべだけの真実を引用していくつかの聖アウグスティヌスは、人のスタンドは、しかし、彼の前任者と後継者の間でほぼ一人です。 Not even his most faithful pupils, Prosper and Fulgentius, followed their master in all his exaggerations.彼の最も忠実な生徒でもない、とフルゲンチウスプロスパー、続いて、すべて彼のマスターexaggerations 。 But a problem so deep and mysterious, which does not belong to the substance of Faith and which, to use the expression of Pope Celestine I (d. 432), is concerned with profundiores difficilioresque partes incurrentium quœstionum (cf. Denz., n. 142), cannot be decided on the sole authority of Augustine.しかし、問題の深さと神秘的なので、これに属していないが、物質の信仰とは、ローマ法王の表現を使用するセレスタイン私( d. 432 ) 、心配してはprofundiores difficilioresque partes incurrentium quœstionum ( cf. denz 。 、 n. 142 )は、単独で決定することはできませんアウグスティヌスの権威です。 Moreover, the true opinion of the African doctor is a matter of dispute even among the best authorities, so that all parties claim him for their conflicting views [cf.また、アフリカの医師の意見の真の問題は、最良の当局間の紛争でも、彼のように主張するためのすべての政党が対立する見解[ cf 。 O. Rottmanner, "Der Augustinismus" (Munich, 1892); Pfülf, "Zur Prädestinationslehre des hl. Augustinus" in "Innsbrucker Zeitschrift für kath. Theologie", 1893, 483 sq.]. Oをrottmanner 、 "デアaugustinismus " (ミュンヘン、 1892 ) ; pfülf 、 "ツアprädestinationslehreデhl 。 augustinus "は、 " innsbrucker zeitschrift最近登録kath 。 theologie " 、 1893 、 483 sq 。 ] 。 As to the unsuccessful attempt made by Gonet and Billuart to prove absolute predestination ante prœvisa merita "by an argument from reason", see Pohle, "Dogmatik", II, 4th ed., Paderborn, 1909, 443 sq.しようとして失敗した場合に作られることを証明gonetとbilluartアンティーprœvisa merita絶対的な宿命"との理由から議論される"を参照してくださいpohle 、 " dogmatik "は、 2世、 4位エド。 、パーダーボルン、 1909 、 443 sq 。

B. The Theory of the Negative Reprobation of the Damnedその理論Bには、否定的な非難オブザヴァンパイア

What deters us most strongly from embracing the theory just discussed is not the fact that it cannot be dogmatically proved from Scripture or Tradition, but the logical necessity to which it binds us, of associating an absolute predestination to glory, with a reprobation just as absolute, even though it be but negative.私たちは何deters最も強く抱き締めてから議論の理論だけではないという事実を立証することはできません。 dogmatically典や伝統からではなく、それにバインドする論理的必然性を私たちは、絶対的な宿命を関連付けるの栄光は、同じようにして、絶対的な非難にもかかわらず、それには否定的だ。 The well-meant efforts of some theologians (eg Billot) to make a distinction between the two concepts, and so to escape the evil consequences of negative reprobation, cannot conceal from closer inspection the helplessness of such logical artifices.善意から出たが、いくつかの神学的な取り組みを行う(例: billot )の2つの概念を区別し、悪を逃れるために否定的な影響をもたらすの非難は、より緊密な検査を隠すことができないような論理の無力artifices 。 Hence the earlier partisans of absolute predestination never denied that their theory compelled them to assume for the wicked a parallel, negative reprobation - that is, to assume that, though not positively predestined to hell, yet they are absolutely predestined not to go to heaven (cf. above, I, B).したがって、その以前の絶対的な支持者の宿命は決して否定して自分の理論を強要しては、邪悪な仮定のパラレルは、否定的な非難-つまり、と仮定して、地獄をp redestinedわけではありませんが積極的には、まだ彼らは絶対にしないように天国に行くp redestined( cf 。上記では、私は、 b )と等価。 While it was easy for the Thomists to bring this view into logical harmony with their prœmotio physica, the few Molinists were put to straits to harmonize negative reprobation with their scientia media.それはとても簡単ながらthomistsをもたらすために、このビューを論理的に調和してprœmotio physica彼らは、そのいくつかをmolinists海峡を調和させるためには否定的な非難して自分のscientiaメディアです。 In order to disguise the harshness and cruelty of such a Divine decree, the theologians invented more or less palliative expressions, saying that negative reprobation is the absolute will of God to "pass over" a priori those not predestined, to "overlook" them, "not to elect" them, "by no means to admit" them into heaven.とげとげしさを隠すためには、このような残酷天命とは、多かれ少なかれ、神学姑息的な表現を発明した、と言って否定的な非難には、絶対的な神の意志"通り越す" predestinedない先験的な人は、 "見落とす"かれらは、 "を選出していない"とし、 "を認めるものではない"として天国です。 Only Gonet had the courage to call the thing by its right name: "exclusion from heaven" (exclusio a gloria). gonetいただけの勇気を呼び出すことによって、その権利名: "天国から除外する" ( exclusio 、グロリア) 。

In another respect, too, the adherents of negative reprobation do not agree among themselves, namely, as to what is the motive of Divine reprobation.別の意味で、あまりにも、否定的な非難の支持者の間で同意しないことは、すなわち、動機としては、どのような神を非難した。 The rigorists (as Alvarez, Estius, Sylvius) regard as the motive the sovereign will of God who, without taking into account possible sins and demerits, determined a priori to keep those not predestined out of heaven, though He did not create them for hell.そのrigorists (アルバレスとして、 estius 、シルビウス)として、動機については、神の主権者は、罪の可能性なしと短所を考慮して、それらを守る決意先験的な天のうちpredestinedないが、彼はそれらを作成するための地獄。

A second milder opinion (eg de Lemos, Gotti, Gonet), appealing to the Augustinian doctrine of the massa damnata, finds the ultimate reason for the exclusion from heaven in original sin, in which God could, without being unjust, leave as many as He saw fit.セカンドオピニオン軟らかい(例:デlemos 、ゴッティ、 gonet )は、魅力的には、マッサdamnataアウグスティノドクトリンは、究極の理由を見つけるために天から除外さ原罪は、神の可能性では、不当にも気付かれずには、できるだけ多くとして残すフィット彼を見た。 The third and mildest opinion (as Goudin, Graveson, Billuart) derives reprobation not from a direct exclusion from heaven, but from the omission of an "effectual election to heaven"; they represent God as having decreed ante prœvisa merita to leave those not predestined in their sinful weakness, without denying them the necessary sufficient graces; thus they would perish infallibility (cf. "Innsbrucker Zeitschrift für kath. Theologie", 1879, 203 sq.). 3番目の意見やmildest ( goudinとして、 graveson 、 billuart )から派生した直接的な非難は天からの除外が、脱落するから"効果的な選挙を天に向かって" ;彼らの神として表すことを厳しく定めていないpredestinedそれらを残すprœvisa merita自分の弱さで罪深い、それらを否定することなく、必要な十分な美神;こうして彼らは滅びる無謬性( cf. " innsbrucker zeitschrift最近登録kath 。 theologie " 、 1879 、 203 sq 。 ) 。

Whatever view one may take regarding the internal probability of negative reprobation, it cannot be harmonized with the dogmatically certain universality and sincerity of God's salvific will.どのような1つのビューを取る可能性については否定的な非難の内部確率は、調和を図ることはできません。 dogmatically特定の普遍性と誠意の神の救済意志です。 For the absolute predestination of the blessed is at the same time the absolute will of God "not to elect" a priori the rest of mankind (Suarez), or which comes to the same, "to exclude them from heaven" (Gonet), in other words, not to save them.祝福のためには絶対的な宿命それと同時に、絶対的な神の意志"を選出しない"先験的な人類の残りの部分(スアレス) 、またはこれと同じとなると、 "天からそれらを除外する" ( gonet )は、言い換えれば、保存しないようにしてください。 While certain Thomists (as Bañez, Alvarez, Gonet) accept this conclusion so far as to degrade the "voluntas salvifica" to an ineffectual "velleitas", which conflicts with evident doctrines of revelation, Francisco Suárez labours in the sweat of his brow to safeguard the sincerity of God's salvific will, even towards those who are reprobated negatively.中に特定のthomists ( bañezとして、アルバレス、 gonet )この結論を受け入れるとして今までに寄付しているため、 " voluntas salvifica "を無力な" velleitas "は、教説の啓示が明らかと競合して、フランシスコスアレス労働は、自分の額に汗を保護する神の救済意志の誠意のは、ある人たちはreprobated否定的にも向かっています。 But in vain.しかし、無駄だった。 How can that will to save be called serious and sincere which has decreed from all eternity the metaphysical impossibility of salvation?どのように保存することができると呼ばれる深刻かつ誠意定めてきた永遠の形而上学的に不可能なことから、すべての救いですか? He who has been reprobated negatively, may exhaust all his efforts to attain salvation: it avail's him nothing. reprobatedされた人は否定的には、すべて彼の努力を達成する可能性排気救い:それは彼に何もないのでご了承願います。 Moreover, in order to realize infallibly his decree, God is compelled to frustrate the eternal welfare of all excluded a priori from heaven, and to take care that they die in their sins.しかも、いつも彼の命令を実現するために、神は永遠の福祉を廃案にせざるを得ないのすべての先験的な天から除外し、世話をして自分の罪のうちに死ぬ。 Is this the language in which Holy Writ speaks to us?この言語には、聖書を私たちが喋るか? No; there we meet an anxious, loving father, who wills not "that any should perish, but that all should return to penance" (2 Peter 3:9).いいえ;ある我々の不安を満たし、愛する父は、遺言者いない"として消滅するいかなるばならないが、そのすべてを返さなければなりません苦行" ( 2ピーター3時09分) 。 Lessius rightly says that it would be indifferent to him whether he was numbered among those reprobated positively or negatively; for, in either case, his eternal damnation would be certain.正しくレッシウスによれば彼に無関心であることを明らかにするかどうか彼はそれらの間の番号が肯定的または否定的reprobated ;ためには、いずれの場合も、彼の永遠の苦しみがある。 The reason for this is that in the present economy exclusion from heaven means for adults practically the same thing as damnation.その理由は、現在の経済を排除して、天から実質的に同じことを大人のための手段としての苦しみです。 A middle state, a merely natural happiness, does not exist.真ん中の状態では、単に自然の幸せは、存在しない。

C. The Theory of Predestination post prœvisa merita c.その理論の宿命投稿prœvisa merita

This theory defended by the earlier Scholastics (Alexander of Hales, Albertus Magnus), as well as by the majority of the Molinists, and warmly recommended by St. Francis de Sales "as the truer and more attractive opinion", has this as its chief distinction, that it is free from the logical necessity of upholding negative reprobation.この理論を擁護される以前のscholastics (アレクサンダーのヘールズ、アルベルトゥスマグヌス)だけでなく、多数のmolinistsによっては、推奨されると温かく聖フランシスドセールス"として、より魅力的な意見や真実"は、このようには、チーフ区別は、それが論理的必然性から自由に否定的な非難を支持します。 It differs from predestination ante prœvisa merita in two points: first, it rejects the absolute decree and assumes a hypothetical predestination to glory; secondly, it does not reverse the succession of grace and glory in the two orders of eternal intention and of execution in time, but makes glory depend on merit in eternity as well as in the order of time.それと異なる2つのポイント宿命アンティーprœvisa merita :第一に、それは絶対的な命令を拒否すると仮定して仮想的な宿命の栄光;第二に、それを逆に相続の恵みを受けていないとの永遠の栄光は、 2つの命令の実行時間の意図とはが、栄光は、永遠にかかっているだけでなく、メリットは、注文の時間です。 This hypothetical decree reads as follows: Just as in time eternal happiness depends on merit as a condition, so I intended heaven from all eternity only for foreseen merit.この仮想的な命令を読み込み、以下の通り:永遠の幸福と同様に時間がかかっている状態のメリットとしては、天からの意図だから予見すべての永遠のためにだけメリットです。 -- It is only by reason of the infallible foreknowledge of these merits that the hypothetical decree is changed into an absolute: These and no others shall be saved. -それは絶対確実な先見の理由だけで、これらのメリットは、仮想的な命令には絶対に変更:これらの他のものに保存していない。

This view not only safeguards the universality and sincerity of God's salvific will, but coincides admirably with the teachings of St. Paul (cf. 2 Timothy 4:8), who knows that there "is laid up" (reposita est, apokeitai) in heaven "a crown of justice", which "the just judge will render" (reddet, apodosei) to him on the day of judgment.このビューを表示するだけでなく、セーフガードの普遍性と誠意の神の救済意志が、見事に一致して、聖パウロの教え( cf. 2ティモシー4時08分) 、知っている人があること"とは寝ている" ( reposita est 、 apokeitai )天国"正義の冠"は、 "判事は、ちょうどレンダリング" ( reddet 、 apodosei )を彼には、審判の日です。 Clearer still is the inference drawn from the sentence of the universal Judge (Matthew 25:34 sq.): "Come, ye blessed of my Father, possess you the kingdom prepared for you from the foundation of the world. For I was hungry, and you gave me to eat" etc. As the "possessing" of the Kingdom of Heaven in time is here linked to the works of mercy as a condition, so the "preparation" of the Kingdom of Heaven in eternity, that is, predestination to glory is conceived as dependent on the foreknowledge that good works will be performed.推論は、まだ明確に描かれたの宣告を受けてから判断するのユニバーサル(マタイ25:34 sq 。 ) : "わーい、なたがたは私の父の祝福は、あなたの王国を持つことから、財団のために準備をしている。空腹のために私は、そしてあなたを食べるのを与えてくれた"などとして、 "所持"天国では、時間がここにリンクして慈悲の作品の条件としては、今の"準備"は、永遠の天国では、それは、宿命栄光に依存して考えられるのは先見して良い作品が演奏されます。 The same conclusion follows from the parallel sentence of condemnation (Matthew 25:41 sq.): "Depart from me, you cursed, into everlasting fire which was prepared for the devil and his angels. For I was hungry, and you gave me not to eat" etc. For it is evident that the "everlasting fire of hell" can only have been intended from all eternity for sin and demerit, that is, for neglect of Christian charity, in the same sense in which it is inflicted in time.同じ結論には、パラレルの宣告を受けてからの非難を以下のとおりです(マタイ25:41 sq 。 ) : "出発から私は、呪われた場合、火災に永遠のために準備された、悪魔と天使たち。空腹のために私は、あなたを与えてくれたとしないを食べる"ことなどを明らかにすることは、 "永遠の地獄の火の中"でしかないからすべての永遠のために意図され罪とデメリット、それは、キリスト教の慈善怠慢のためには、それと同じ感覚では、時間を招いた。 Concluding a pari, we must say the same of eternal bliss.足並みを締結する、我々の永遠の至福ばならないと言うのと同じです。 This explanation is splendidly confirmed by the Greek Fathers.この説明は、ギリシャの祖先は、立派な確定される。 Generally speaking, the Greeks are the chief authorities for conditional predestination dependent on foreseen merits.一般的に言えば、ギリシア軍当局は、最高の条件を予見メリット宿命に依存しています。 The Latins, too, are so unanimous on this question that St. Augustine is practically the only adversary in the Occident.そのlatins 、あまりにも、満場一致では、このような質問を聖アウグスティヌスだけでは、実質的には、対審occident 。 St. Hilary (In Ps. lxiv, n. 5) expressly describes eternal election as proceeding from "the choice of merit" (ex meriti delectu), and St. Ambrose teaches in his paraphrase of Rom., viii, 29 (De fide, V, vi, 83): "Non enim ante prædestinavit quam præscivit, sed quorum merita præscivit, eorum præmia prædestinavit" (He did not predestine before He foreknew, but for those whose merits He foresaw, He predestined the reward).聖ヒラリー(でしまう。 64 、 n. 5 )永遠の選挙の説明として明示的に進むから"と、その選択肢のメリット" (例meriti delectu ) 、そして彼の聖アンブローズ言い換えのROMを教えてください。 、 VIIIや29 (デfide 、 v 、 viのは、 83 ) : "以外の出走馬enim prædestinavit quam præscivit 、 sedで定足数merita præscivit 、 eorum præmia prædestinavit " (彼は彼の前に運命づけるforeknewしなかったが、彼は予想人を対象にメリットは、彼の報酬predestined ) 。 To conclude: no one can accuse us of boldness if we assert that the theory here presented has a firmer basis in Scripture and Tradition than the opposite opinion.を締結:誰も私たちの大胆さを非難することを主張すれば、理論的にはここで提示さには、啓典と伝統よりも堅調に反対の意見です。

Publication information Written by J. Pohle. j. pohle書かれた文献の情報です。 Transcribed by Gary A. Mros. a.転写されたゲイリーmros 。 The Catholic Encyclopedia, Volume XII.カトリック百科事典は、 12世のボリュームです。 Published 1911.日付1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認は、 11年6月1日。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

Besides the works quoted, cf.ほかの作品を引用符では、 cf 。 PETER LOMBARD, Sent., I, dist.ピーターロンバードは、送信されます。 、私は、 distのです。 40-41: ST.四〇から四一:セントです。 THOMAS, I, Q. xxiii; RUIZ, De prœdest.トーマス、私は、問い23 ;ルイス、デprœdest 。 et reprobatione (Lyons, 1828); RAMÍREZ, De prœd. et reprobatione (ライアンズ、 1828 ) ;ラミレス、デprœd 。 et reprob. et reprob 。 (2 vols., Alcalá, 1702); PETAVIUS, De Deo, IX-X; IDEM, De incarnatione, XIII; LESSIUS, De perfectionibus moribusque divinis, XIV, 2; IDEM, De prœd. ( 2 vols 。 、アルカラ、 1702 ) ;ペタヴィウス、デdeo 、 9世- Xを;同文献は、ドincarnatione 、 13 ;レッシウス、デperfectionibus moribusque divinis 、 14 、 2 ;同文献は、ドprœd 。 et reprob., Opusc. et reprob 。 、 opusc 。 II (Paris, 1878); TOURNELY, De Deo, qq. 2世(パリ、 1878 ) ; tournely 、デdeo 、 qq 。 22-23; SCHRADER, Commentarii de prœdestinatione (Vienna, 1865); HOSSE, De notionibus providentiœ prœdestinationisque in ipsa Sacra Scriptura exhibitis (Bonn, 1868); BALTZER, Des hl. 22から23まで;シュレイダー、 commentariiデprœdestinatione (ウィーン、 1865 ) ; hosse 、デnotionibus providentiœ prœdestinationisqueでサクラipsa scriptura exhibitis (ボン、 1868 ) ; baltzer 、デhl 。 Augustinus Lehre über Prädestination und Reprobation (Vienna, 1871); MANNENS, De voluntate Dei salvifica et prœdestinatione (Louvain, 1883); WEBER, Kritische Gesch.非難の催し物スポンサprädestinationウントaugustinus lehre (ウィーン、 1871 ) ; mannens 、デsalvifica et voluntateデイprœdestinatione (ルヴァン、 1883 ) ;ウェーバー、 kritische gesch 。 der Exegese des 9 Kap.デアexegeseデ9甲。 des Römerbriefes (Würzburg, 1889).デrömerbriefes (ヴュルツブルク、 1889 ) 。 Besides these monographs cf.これらの論文に加えcf 。 FRANZELIN, De Deo uno (Rome, 1883); OSWALD, Die Lehre von der Gnade, d. franzelin 、デdeoウノ( 1883 ) ;オズワルド、死ぬlehreフォンデアgnade 、 d. i. Gnade, Rechtfertigung, Gnadenwahl (Paderborn, 1885); SIMAR, Dogmatik, II, section 126 (Freiburg, 1899); TEPE, Institut. gnade 、 rechtfertigung 、 gnadenwahl (パーダーボルン、 1885 ) ; simar 、 dogmatik 、 2世は、セクション126 (フライブルク、 1899 ) ;テペ、研究所です。 theol., III (Paris, 1896); SCHEEBEN-ATZBERGER, Dogmatik, IV (Freiburg, 1903); PESCH, Prœl. theol 。 、 3世(パリ、 1896 ) ;シェーベン- atzberger 、 dogmatik 、 4世(フライブルク、 1903 ) ;ペッシュ、 prœl 。 Dogmat., II (Freiburg, 1906); VAN NOORT, De gratia Christi (Amsterdam, 1908); P0HLE, Dogmatik, II (Paderborn, 1909). dogmat 。 、 2世(フライブルク、 1906 ) ;ヴァンノールト、デグレーシアクリスティ(アムステルダム、 1908 ) ; p0hle 、 dogmatik 、 2世(パーダーボルン、 1909 ) 。


Also, see:また、参照してください:
Salvation 救済
Sanctification 神聖
Justification 正当化
Conversion 変換
Confession 告白

Arminianism アルミニウス主義
Supralapsarianism supralapsarianism
Infralapsarianism 後定論
Amyraldianism amyraldianism

Determinism 決定論
Fatalism 運命論



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです