Preexistence of Christ先在のキリスト

Advanced Information 高度情報

The preincarnate existence of Christ may be "only a simple, contemplative inference backwards from the spiritual glory of the present Christ" (Deissmann); certainly its clearest expression is found in later writing reflecting upon the rudimentary messianic, even adoptionist, assessment of Christ in the primitive Christian community (Acts 2:22 - 23; 10:38). preincarnateキリストの存在かもしれない"と、単純なだけ、霊的観想推論後方から、現在の栄光のキリスト" (ダイスマン) ;確かにその明確な表現が発見され、後の文章を反映し、初歩的な救世主には、養子論信奉者でも、キリストの評価キリスト教社会のプリミティブ(行為2時22 -2 3; 1 0:38) 。 Yet preexistence is at least implied in words of Jesus himself: "The son of man came"; the owner of the vineyard "had still. . . a beloved son: finally he sent him."まだ先在黙示的には、少なくともイエス自身の言葉: "男の息子が" ;ブドウ園の持ち主は、 "まだいた。 。 。 、最愛の息子:最後に彼は彼に送った"と述べた。 It is explicit in sayings attributed to Jesus in John's Gospel: "I came down from heaven"; "The glory I had with thee before the world was."ことわざに起因することが明示的にイエスキリストがヨハネの福音書: "天国から来たダウン" ; "の前に、なたの栄光を私は、世界では。 "

Jewish scholars attributed "ideal" preexistence to things (law, temple) and persons (Adam, Moses) deeply reverenced, echoed perhaps in Paul's calling Christ "last Adam. . . from heaven."ユダヤ人学者の原因"理想的な"先在すること(法では、寺)と人(アダムは、ムーサー) reverenced深く、ポールの呼び出しにこだまたぶんキリスト"最後のアダム。 。 。天からです。 " Greek thinking, reflected in Philo, was familiar with preexistence of souls.ギリシャの思考は、フィロ反映され、先在の魂に精通していた。 But it is unnecessary to find here more than a source of usable terms.しかし、ここを見つけることは、不必要以上にすることで、ソースの利用可能な条件です。 The idea that the Son of God, eternally preexisting in glory with the Father, moved by love became incarnate was too central to Christian faith to depend upon coincidences of language for its basis.という考えを神の御子は、既存の栄光を永遠の父、愛を動かされるの化身になったキリスト教の信仰を中心にしてはあまりにも偶然の積み重ねの言語に依存するためにその根拠だ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Paul appeals for generosity because Christ, "through rich, became poor."ポール寛大さを訴えているため、キリストは、 "お金持ちを通じて、貧しい人々になった"と述べた。 He pleads that converts live as sons because "God sent forth his son"; argues for self effacement from the fact that Christ, being in the form of God, "emptied himself"; contends, against the Gnostics' pleroma filling the gulf between God and creation, that "all things were created in, through, and for Christ. . . who is before all things."彼pleads人の息子として生きることに変換するために"神の息子を遣わした" ;自己主張を消失という事実から、キリストは、神の形で、 "自分自身に空に" ;主張は、対gnostics '神の間で、湾岸pleroma充てん創造とは、その"で作成されたすべてのものは、を通して、キリストとは。 。 。たちは、すべてのものの前です。 " As "Lord from heaven" Christ provides the pattern of our resurrected humanity; as he first descended, so he has ascended, the measure of his triumph and assurance of ours (2 Cor. 8:9; Gal. 4:4; Phil. 2:5 - 6; Col. 1:15 - 16; Eph. 4:8 - 9).として"天からの主"キリストの復活は、私たち人類のパターン;としての彼の最初の子孫は、今彼が昇って、彼の勝利を測定すると、私たちの保証( 2うわっ。 8時09分;ギャル。 4時04分;フィル。 2時05分-6 ;大佐1 :15- 16 ;e p h。4時0 8分- 9 )。 For such practical, pastoral exhortations one does not argue from fringe speculations, but only from familiar, accepted, foundation truths.このような現実的なため、 1つの牧歌exhortationsフリンジ憶測から議論しないが、より身近にのみ、受け入れ、財団の真理です。

John's Gospel and Epistle, assuming that Christ came from God and went to God (John 13:3), emphasize his being sent by the Father on divine mission, expressing divine love (John 3:16; 1 John 4:9 - 10), a revelation of the unseen Father by one belonging "in the bosom of the Father" (John 1:18), a divine Word, present when God spoke at creation and now again conveying meaning and power to the world (John 1).ヨハネの福音書や信徒は、キリストのから来たと仮定して、神と神に行った(ヨハネ13時03分)は、送られているかを強調した彼の父親は神の使命は、神の愛を表現する(ジョン3 : 16 ;ヨハネの手紙第4時09 -1 0)は、父を啓示した、幽玄界の1つに属する"の懐の父" (ヨハネ1時18分)は、神の言葉は、現在の時には、神の創造そして今再びスポークとパワーを世界に伝えることを意味する(ヨハネ1 ) 。 For John as for Paul, mankind's salvation derives not from any human initiative but from the inbreaking of the eternal Son into time.ヨハネパウロ用としては、人類の救世から派生したすべての人間の主導権がないからinbreaking息子には、永遠の時間です。 That is the crucial truth here at issue.ここでは、決定的な真実が問題だ。

The implications of preexistence are a concern of subsequent Christian thought.先在の意味があるのは、その後のキリスト教思想の関心事です。 Does it impair the manhood of Jesus?男らしさを損なうことは、イエスか? (Christological controversies: answer, No, two real natures coexist in one person). ( christological論争:答えは、いいえ、 1人で2つの真の性質の共存) 。 Why the delay in Christ's arrival?キリストの到着が遅れたのはなぜですか? (medieval: answer, God patiently prepared). (中世:答えは、神辛抱強く準備) 。 Does preexistence imply continuity of memory between the eternal Son and Jesus?先在意味は永遠の連続性メモリの息子との間のイエスか? (modern: answer, No, a growing consciousness of his uniqueness). (現代:答えは、いや、彼の意識が高まって一意) 。 But the fact of preexistence is not questioned, except where Christ's deity and divine mission are wholly denied.しかし、先在ではないという事実に疑問を除いて、どこにキリストの神と神の使命は、完全に否定しています。

R E O White白い鉄筋

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
D M Baillie, God Was in Christ; H R Mackintosh, The Doctrine of the Person of Christ; O Cullmann, The Christology of the NT. baillie機DM 、神は、キリスト;時間マッキントッシュは、その教義は、キリストの人; oクルマンは、 christology 、 NTのです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです