Religion宗教

General Information 総合案内

Religion is a complex phenomenon, defying definition or summary.宗教は、複雑な現象は、定義や概略挑む。 Almost as many definitions and theories of religion exist as there are authors on the subject.ほぼ同じくらい多くの宗教の存在定義や理論としては、件名には作者です。 In the broadest terms, three approaches are generally taken to the scholarly study of religion: the historical, the phenomenological, and the behavioral or social - scientific.広い面では、通常の3つのアプローチは、学術的な研究のための宗教:歴史は、現象学、およびその行動や社会-科学的です。

Scholarly Approaches学術的なアプローチ

Historical歴史

The historical approach deals, of necessity, with texts, whether these be the doctrinal, devotional, or ritual texts that stem from the religious community per se or secular documents such as statistics through which the historian attempts to reconstruct the religious life of a community.取引の歴史的なアプローチは、必然的には、テキストでは、これらの教義上のかどうかは、祈り、またはその幹から、宗教的な儀式の文章自体や世俗社会統計資料などを再構築する試みを通じて、歴史学者の宗教的な生活をするコミュニティです。 The historians may weave both types of documents together to create a rich sense of the role of religion in the life of a people as a whole. 5月の歴史を織るの両方のタイプの書類を結集し、豊かな感覚を作成するには、宗教の役割は、国民全体の生活をする。 A particularly fine recent example of this approach is Le Roy Ladurie's Montaillou (1975; Eng. trans., 1978), in which the social and economic life of a small medieval French village is seen against the backdrop of religious heterodoxy.特に最近の例では、このアプローチは罰金ルロアラデュリのmontaillou ( 1975 ;エング。トランス。 、 1978 )で、社会的、経済的生活をする中世フランスの小さな村を背景には宗教的な異教見られる。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Phenomenological現象論

The phenomenological study of religion, although often starting with the results of the historian, is directed toward discovering the nature of religion - the fundamental characteristics that lie behind its historical manifestations.宗教の現象学の研究は、しばしば始まるにもかかわらず、結果は、歴史学者は、監督に向かっては、宗教の本質を発見-の基本的な特徴とその背後にある歴史的な症状を呈している。 In this particular field the classic treatment remains Gerardus van der Leeuw's Religion in Essence and Manifestation: A Study in Phenomenology (1933; Eng. trans., 1938).特定のフィールドで、この治療法のクラシックファンデルレーウの宗教遺跡ジェラルドゥス突き詰めると症状:現象学の研究( 1933 ;エング。トランス。 、 1938 ) 。 Many scholars of comparative religion, such as Mircea Eliade, may also be said to fall into this category, although their relations to the historical traditions are often complex.比較宗教学者の多くは、ミルチャエリアーデなどは、 5月にもこの範疇に入るによると、彼らの関係にもかかわらず、歴史的な伝統は、しばしば複雑です。 The phenomenological tradition has been criticized, both by the historians and the social scientists, for losing sight of the details of particular religions in overly general comparison and speculation, but contemporary scholars are attempting to overcome these problems by dissolving the artificial boundaries between the disciplines.この現象を批判してきた伝統には、両方の歴史家や社会科学者によっては、視力を失っては、特定の宗教に過度の詳細を比較するとの憶測総長が、現代の学者は、これらの問題を克服しようとする学問分野の間の境界線を人工的に解散しています。

Social社会

A clear example of this tendency may be seen in the rise of social scientific studies of religion in the last hundred years.この例では、明確な傾向が見られるかもしれないの台頭は、宗教の社会科学的研究の最後の100年。 Psychology, sociology, and especially anthropology have contributed great depth to the understanding of religious phenomena.心理学、社会学、人類学、特に貢献した偉大な宗教的な現象の深さを理解する。 In the psychology of religion, the two most important figures remain William James and Sigmund Freud.宗教心理学では、最も重要な2つの数字のウィリアムジェームズやジークムントフロイトのままだ。 James's Varieties of Religious Experience (1902) established a set of topics and approaches to those topics that set the overall tone for much later work in the field.ジェームズの種類の宗教的な体験を設立( 1902年)のトピックスやアプローチを設定してこれらのトピックを設定するための全体的な雰囲気の中で仕事をずっと後でフィールドに入力します。

While James dealt primarily with conscious expressions of religious experience, Freud and the psychoanalytic tradition stemming from him attempted to fit the various forms of religious experience into the framework of a general theory of the unconscious.ジェームズ取り扱った表現を意識しながら、主に宗教的体験は、フロイトの精神分析の伝統と彼からステミング未遂にフィットするように、様々な形態の宗教的な経験を一般理論の枠組みの中で、無意識のです。 C G Jung in particular has been influential among interpreters of religion, in part, no doubt, as the best developed alternative to Freud himself.特にチョンコンゴの間で通訳されて有力な宗教とは、まず、間違いなく、最良の開発に代わるものとして、フロイト自身です。

One problem usually associated with the psychological approach is the difficulty of moving from the individual's experience to the structure and experience of the religious community.通常、 1つの問題は、心理学的アプローチに関連付けられて移動する難しさを経験してから、個々の構造や経験は、宗教的なコミュニティです。 This problem has been confronted by the sociological and the anthropological traditions since the last third of the 19th century.この問題に直面してきた社会学や人類学の伝統以来、 19世紀の最後の3分の1だ。 William Robertson Smith, Emile Durkheim, and Max Weber were the leading figures in creating a sociological tradition in the analysis of religion.ロバートソンウィリアムスミス、エミールデュルケーム、マックスウェーバーは、メインの数字を作成するには、分析の宗教社会学の伝統だ。

The year 1922 is sometimes taken as marking the beginning of modern anthropology and with it the complex studies of existing cultures and their religions that have done much to illuminate contemporary thought about religion.時には取らとしては、 1922年の初めにマーキングすることで、複雑な現代の人類学の研究や、既存の文化や宗教を持つ彼ら調べずに照らす現代の宗教について考えた。 In that year Bronislaw Malinowski and A R Radcliffe - Brown published studies based on in - depth field work in foreign cultures.で、その年のbronislawマリノフスキとarラドクリフ-茶色のタイプに基づいて公開さ-フィールドで働く外国の文化の深さです。 Their functionalist approach to the analysis of religion became a school, from which a steady flow of detailed studies of religion in cultural context continues unabated.彼らの宗教の分析機能主義的アプローチになった学校は、より詳細な研究を着実に続けて宗教で文化的な文脈衰えない。 Perhaps the most eminent figure in this tradition was Sir Edward Evans - Pritchard, whose influential works continue to serve as points of departure for analysts of religion.おそらく最も著名な人物で、この伝統は、サーエドワードエバンス-プリチャード、その影響力を継続して動作するためのアナリストを務める宗教の出発点です。

Meanwhile, a French tradition was developing out of the school of Durkheim that was in some ways analogous with and in others opposed to the British school.一方、フランスの伝統は、発展途上のうち、学校でのデュルケームされたいくつかの点で類似して他人とは、英国の学校に反対しています。 In this context structure has played a role akin to that of function.この文脈においては、プレーする構造にすることや、同種の機能役割を果たす。 Claude Levi - Strauss has developed a complex theory of the way in which religious symbol and myth are transformed in the articulation by a culture of the cosmos in which it finds itself.クロードレヴィ-シュトラウスには、複雑な開発方法論や神話では、宗教的なシンボルに変換される文化の調音コスモスでは、それ自体を見つける。

This brief treatment cannot do justice to the variety of approaches to the study of religion, but one thing should be made clear.この簡単な治療を行うことはできませんが、さまざまなアプローチを正義の研究は宗教が、一つのことを明らかにしなければならない。 Any approach taken in isolation from the others will lead to distortion and bias.どんなアプローチ取らから孤立し、他の歪みや偏見につながる。 The attempt to integrate a number of theories stemming from a wealth of traditions is necessary to grasp the character of the religions of the world.この試みを統合するステミングから数多くの理論は、豊富な伝統のキャラクターを把握するのに必要なのは、世界の宗教。

Characteristics of Religion宗教の特性

Keeping in mind the dangers of general characterizations, what are the distinctive features of religion?一般的な危険性に気をつけてcharacterizations 、宗教の独自の特徴は何ですか? Several concepts may be isolated that, even though not necessary or sufficient conditions if taken separately, may jointly be considered "symptomatic" of religions.孤立したいくつかの概念かもしれないし、あるいは必要がないにもかかわらず、十分な撮影条件の場合は別に、共同と見なされるかもしれません"症候性"の宗教です。

The Holy神聖

Religious belief or experience is usually expressed in terms of the holy or the sacred.宗教的信念や経験では、通常の条件を表明したり、聖なる聖なる。 The holy is usually in opposition to the everyday and profane and carries with it a sense of supreme value and ultimate reality.神聖では、通常の日常と不敬と反対を運ぶことにして至高の価値と究極の現実感です。 The holy may be understood as a personal God, as a whole realm of gods and spirits, as a diffuse power, as an impersonal order, or in some other way.神聖な可能性として理解されるべきで、個人的な神は、全体としての神々と精霊の領域は、電源として、びまん性、非人格的秩序として、あるいは何かほかの方法です。 Although the holy may ultimately be nothing but the social order, a projection of the human mind, or some sort of illusion, it is nevertheless experienced in religion as an initiating power, coming to human life and touching it from beyond itself.にもかかわらず、最終的に何もないかもしれませんが、神聖な社会秩序は、人間の精神の投影は、ある種の錯覚か、それは宗教としての経験があるにもかかわらず、開始パワーは、人間の生活に来てから、感動すること自体を超えています。

Religions frequently claim to have their origin in Revelations, that is, in distinctive experiences of the holy coming into human life.宗教頻繁にクレームで印を起源に持って行って、それは、独特の経験では、神聖な人間の生活に入ってくる。 Such revelations may take the form of visions (Moses in the desert), inner voices (Muhammad outside Mecca), or events (Israel's exodus from Egypt; the divine wind, or kamikaze, which destroyed the invading Mongol fleet off Japan; the death and Resurrection of Jesus Christ).このような形態をとる可能性印ビジョン(ムーサーは、砂漠) 、内なる声(ムハンマドのメッカ外) 、またはイベント(エジプトからイスラエルのエクソダス;の神の風、または神風、モンゴル艦隊を破壊する日本の侵略;の死とイエスキリストの復活) 。 Revelations may be similar to ordinary religious experience, but they have a creative originating power from which can flow an entire religious tradition.普通の印と同様に宗教的な経験かもしれないが、それらは創造発信力を持つことができますから、宗教的伝統全体の流れだ。

Response応答

Response to the holy may take the form of participation in and acquiescence to the customs and rituals of a religious community or of a commitment of faith.神聖な対応をとるという形で参加する可能性を黙認して地域社会の習慣や宗教上の儀式や信仰のコミットメントです。 Faith is not merely belief but an attitude of persons in which they commit themselves to the holy and acknowledge its claim upon them.信仰の信念だけではない人々の態度ではなく、彼ら自身にコミットして、聖なるとの主張を認めるにしてください。 In a deeply religious person, faith commitment tends to shape all of that person's life and character.宗教的な人物で、深く、信仰を公約する傾向が、その人の人生のすべての形状やキャラクターです。

Beliefs信念

As religious traditions develop, they generate systems of belief with respect to both practice and doctrine.宗教的伝統として発展さは、彼らの信念を生成するシステムの両方を尊重して練習や教義。 These systems serve to situate the members of the religious tradition in the world around them and to make intelligible this world in relation to the holy.これらのシステムを位置付けるサーブの会員となって、世界の宗教的伝統を理解し、これと関連して、聖なる世界。 In early or primitive traditions this practice and doctrine usually find expression in bodies of myth or in ritual law.初めにこのような行為や原始的伝統とドクトリンで、通常の遺体を見つけるの表現法神話や儀式です。 In those traditions which develop an extensive literate class, Theology often comes to supplant myth as the vehicle for refining and elaborating belief.これらの伝統を開発する広範な読み書きができるクラスは、頻繁に来る神学神話として、車両のために取って代わるとの起草精製信念です。 The more this happens, the more the belief system has to be evaluated.この現象は、より多く、より多くのシステムにしなければならないという信念に基づいて評価されます。 The importance attached to right belief ("orthodoxy") has varied from religion to religion and from period to period.信念の重要性を右に接続して( "正統性" )からは、さまざまな宗教と宗教をしてからの期間の期間です。 It has loomed large in Christianity, as for example in the great Christological and Trinitarian controversies from the 3d century onward.それは、キリスト教大loomed 、たとえばとしては、大きな論争christologicalや三位一体説を信奉する三次元世紀からオンワードです。

Rituals and Liturgyリトイ典礼

Religious traditions almost invariably involve ritual and liturgical forms as well as systems of belief.宗教的伝統儀式や典礼ほぼ毎回フォームを侵すだけでなく、システムの信念だ。 These may take the form of Sacrifice or Sacrament, Passage Rites, or invocations of God or the gods.これらの形態をとる可能性を犠牲または聖餐式は、通過の儀式、あるいは神や神々の呼び出しです。 The most important cultic acts are in most cases those performed by the entire community or a significant portion of it, although in many traditions private devotional forms such as prayer, fasting, and pilgrimage are also practiced.最も重要なcultic行為は、ほとんどの場合、これらのコミュニティ全体に実行されるか、重要な部分には、民間の祈りにもかかわらず、多くの伝統のような形の祈り、断食、巡礼とも練習した。 A distinction is often made between religion and magic in this context.ある宗教との間の区別は往々にはこの文脈でマジックです。 In magic, attempts are made to manipulate divine forces through human acts.マジックでは、神の力を操作する試みは人間の行為を介しています。 In truly cultic acts such as prayer and sacrifice, the prevailing attitude is one of awe, worship, and thanksgiving.真にcultic行為などで犠牲に祈りをささげると、現在の支配的な態度は、 1つの畏敬の念、崇拝し、感謝祭です。

Participation in communal rituals marks a person as a member of the community, as being inside and integral to the community that is articulated in the system of beliefs.マルク共同体の儀式に参加する人が、コミュニティのメンバーとして、積分をされると、コミュニティの中では、システムの関節の信念だ。 That in many traditions the disfavor of the community is expressed in its barring a person from the important cultic acts is not surprising because these acts insure the proper standing of the individual and community in relation to the holy.嫌われることが多いのは、地域社会の伝統が表現ささえなければ、その人の重要なcultic行為ではないから、意外に立って、適切な保険をかけるため、これらの行為は、個人やコミュニティに関連して、聖なる。

Ethical Codes倫理規範

Connected with beliefs is yet another aspect of religion, the possession of an ethical code incumbent upon the members of the community.接続していないもう一つの側面は、宗教の信念は、倫理的なコードを所有する、コミュニティのメンバーに課せられたのです。 This is particularly evident in highly structured societies such as India, where the caste system is an integral part of traditional Hinduism.これは特に顕著に表れてインドのような高度に構造化社会は、どこのカースト制度は、伝統的なヒンドゥー教の不可欠な部分だ。 Marduk in ancient Babylon and Yahweh in ancient Israel were believed to be the authors of the laws of those nations, thus giving these laws the weight and prestige of holiness.古代バビロンマルドゥクは、古代イスラエルとヤハウェとみられるが、作者は、それらの国々の法律は、このようにこれらの法律の重みを与えると威信ホーリネスです。

The Prophets of Israel were social critics who claimed that righteous acts rather than cultic acts are the true expression of religion.イスラエルの批評家は、預言者と主張していた社会正義の行為ではなく、真のcultic行為は、宗教の表現です。 As religions develop, they come to place increasing stress on the ethical, and sometimes religion is almost totally absorbed into morality, with only a sense of the holiness of moral demands and a profound respect for them remaining.宗教の発展として、かれらに来る場所には、倫理的なストレスの増加、そして時には宗教道徳性はほぼ完全に吸収される、という意識だけでは、ホーリネスの道徳的な要求と深い敬意をして残っています。

Community社会

Although religious solitaries exist, most religion has a social aspect that leads its adherents to form a community, which may be more or less tightly organized. solitaries宗教的な存在にもかかわらず、ほとんどの宗教には、支持者の社会的側面をリードしたコミュニティを形成するには、多かれ少なかれきつくている場合があります組織です。 In earlier times the religious community could scarcely be distinguished from the community at large; all professed the same faith, and the ruler was both a political and a religious leader.これ以前の倍の宗教的なコミュニティの可能性はほとんどないが、コミュニティからの著名な大規模な;すべて、同じ信仰を公言し、その支配者は、政治的、宗教指導者の両方です。 In the course of time, however, religious and civil societies have become distinct and may even come into conflict.時間の経過では、しかし、宗教と市民社会とは別個になる可能性も生まれてくるの紛争です。 In modern secular states - India and the United States, for example - a plurality of religious communities coexist peacefully within a single political entity.世俗派は、近代国家-インドと米国では、たとえば-平和に共存する複数個の宗教的なコミュニティ内で、 1つの政治的なエンティティ。 Each religious community, whether in a pluralistic or homogeneous society, has its own organized structure.それぞれの宗教のコミュニティは、多元的かどうかは、均質社会では、組織的にはそれぞれ独自の構造です。 A common though by no means universal feature of these religious organizations is a priesthood charged with teaching and transmitting the faith and performing liturgical acts.かかわらず、共通の普遍的な特徴ではないこれらの宗教団体は、聖職者の信仰の罪で起訴さや成果を教えると典礼送信する行為。

Forms of Religious Experience形態の宗教的な体験

The complex phenomenon described above constitutes what may be called the religious experience of humankind.上記の構成が複雑な現象と呼ばれるものかもしれない、人類の宗教的な体験をした。 In different religions and in different individuals, one or more of the characteristics mentioned may predominate, whereas others may be weak or almost nonexistent.いろいろな人とは異なる宗教とは、 1つまたは複数の特性を言及優位に立つかもしれませんが、他の弱いまたはほとんど存在しないかもしれない。 This difference explains why religion is best treated as a polymorphous concept and why it is better to see religions as linked by variable family likenesses than by some constant but elusive essence.なぜ、この宗教の違いを説明するのが良いでしょう。多様な概念として扱わ方が良いとはなぜ宗教としてリンクされる変数を参照してくださいlikenessesよりも家族の本質をいくつかの定数が分かりにくいです。

Basic Forms基本的なフォーム

Even though many varieties of religious experience exist, they seem to occur in two basic forms.宗教的な経験にもかかわらず多くの種類の存在は、彼らに起こるように2つの基本的な形だ。 In the first, the sense of the holy is conjoined markedly with an awareness of human finitude.は、第一に、その意味では、聖なる顕著結ばれた人間の有限性を認識しています。 This conjunction is expressed in Friedrich Schleiermacher's characterization of religion as a "feeling of absolute dependence"; it might be called the negative approach to religious experience.この接続詞が表現されるフリードリヒシュライエルマッハーの宗教的特性として"感情の絶対的な依存性" ;かもしれませんが、否定的なアプローチと呼ばれる宗教的な体験をしています。 The awareness of the holy is set against the foil of finitude, sinfulness, and meaninglessness.意識がセットには、神聖な対箔の有限性、罪深さ、そして意味のなさです。 At an earlier stage in his career, however, Schleiermacher defined religion differently - as the "sense and taste for the Infinite."早い段階で、そのキャリアの中で、しかし、異なる宗教シュライエルマッハー定義-として、 "味の感覚とは、無限です。 " Here the awareness of the holy is conjoined with the human experience of transcendence, of going beyond every state of existence to a fuller existence that lures on the human being.ここでは、神聖な意識は、人間の経験を超越して結ばれた、すべての州に行くのを超えて存在することlurの複数フラーは、人間の存在です。 This method may be called the affirmative approach.このメソッドは、肯定的なアプローチと呼ばれるかもしれない。

Although one approach or another may dominate, both belong to the full range of religious experience.または別の可能性を支配するものの1つのアプローチは、両方の全範囲に属することで、宗教的な経験をした。 Both find their place in Rudolf Otto's classic, The Idea of the Holy (1917; Eng. trans., 1923), as a person's encounter with the mysterium tremendum et fascinans.自分の場所を見つけるの両方のクラシックルドルフオットーは、そのアイデアは、聖( 1917 ;エング。トランス。 、 1923年) 、人間としてのミステリウムtremendum et fascinans遭遇している。 Mysterium points to the otherness of the holy; tremendum to its overwhelmingness in relation to human finitude; and fascinans to the lure that draws individuals out of and beyond themselves.ミステリウムポイントには、神聖な異質; tremendumをoverwhelmingness人間の有限性と関連して;とfascinans引き分けにして個人のうち、ルアーを超えています。 Otto's work has been regarded as a masterly achievement in the phenomenology of religious experience.オットーの仕事をされて見事な成果と見なされるのは、宗教的な体験を現象学です。

Validity of Religious Experience宗教的な経験の妥当性

The question about the validity of religious experience must also be raised.この質問の妥当性については、宗教的な体験を提起する必要があります。 Do religious people or worshiping communities encounter a holy reality that is outside of themselves and other than anything purely natural? worshipingコミュニティは、人々や宗教上の神聖な現実に遭遇することは、自分自身や他の外以外の何物で純粋な自然ですか? Schleiermacher believed that the capacity for religious experience is universal in human beings.シュライエルマッハー信じられているため、生産能力は、普遍的で宗教的な人間の経験だ。 He therefore claimed that it could be accepted as self authenticating and could take the place of the traditional proofs offered for the existence of God.したがって彼は主張して自己認証として受け入れられるかもしれないと取って代わる可能性は、伝統的な証拠は、神の存在を提供しています。 Few people today would concede Schleiermacher's claim.今日は、少数の人々の主張を認めるシュライエルマッハー。 Not only might they deny having the kinds of experiences he described; they might also suggest quite different interpretations for them.可能性を否定するだけでなく、彼らの種類の経験を持つ彼は説明する;彼らと全く別の解釈を提案する可能性もあると思っています。 Many traditional revelations, which seemed to be miracles in a prescientific age, might now be judged as natural events or coincidences.多くの伝統的な印を、どのように見えたが、奇跡prescientific年齢には、今すぐかもしれないと判断されるイベントとしての自然や偶然の積み重ねです。

Inner voices and private visions might be explained psychologically as subconscious mental processes.内なる声や民間のビジョンとしての潜在意識かもしれない心理的精神的なプロセスを説明した。 From Ludwig Feuerbach to Freud, belief in God has been explained as a projection of the human mind; Karl Marx and other social analysts have seen religious belief as the product of socioeconomic forces.フロイトからルートヴィヒフォイエルバッハには、神への信仰を説明してきたが、人間の心の投影として;カールマルクスの社会や他のアナリストらに見られる宗教的信念の社会経済的勢力としての製品です。 Each of these naturalistic explanations of religious belief has drawn attention to some element that enters into the religious complex, but it may be questioned whether such theories account exhaustively for the phenomenon of religion.これらの各宗教的信念の写実的な説明は、いくつかの要素に注目して、宗教的な複雑に入ったが、それがこのような理論を勘定するかどうかに疑問を余すところなく宗教現象です。 The question about the validity of religious experience must ultimately be dealt with by returning to rational arguments for and against theism or, more broadly, for and against the existence of some holy reality, despite Schleiermacher's arguments to the contrary.この質問の妥当性については、宗教的な経験を返すように対処しなければ、最終的に合理的な賛成論と反対論有神論あるいは、もっと幅広く、と反対論が存在するいくつかの神聖な現実は、それとは反対にもかかわらず、シュライエルマッハーの引数です。

A Typologyの類型論

Any typology that attempts an ordering of religions is the product of a particular tradition in which others are seen relatively to its own centrality.類型とするいかなる試みは、ご注文の商品は、特定の宗教の伝統が見られるほかは、比較的に、独自の中心です。 For instance, starting from the perspective of the Christian experience of the holy as both transcendent and immanent makes possible the construction of a series in which the various traditions are related more or less closely to Christianity insofar as they emphasize one or the other.例えば、始動の視点からは、神聖なクリスチャンとしての経験は、超越と内在する可能性の両方を建設することで、様々なシリーズの伝統は、多かれ少なかれに密接に関連したキリスト教の知る限り、他の1つまたは彼らを強調した。 That is, Christian tradition strongly asserts the transcendence of God as an essential element in its Judaic heritage, but it just as strongly insists upon the immanence of God in the incarnation and in the sacraments.それは、キリスト教の伝統を強く主張するのに欠かせない要素として超越神は、ユダヤ人の遺産が、それと同じように強く主張するのは、神の化身と内在の秘跡です。 Roughly speaking, Judaism and Islam fall on the transcendent side of the series, whereas Hinduism and Buddhism fall more on the immanent.大ざっぱに言えば、ユダヤ教やイスラム教の秋には、並外れた側のシリーズが、こちらは、ヒンドゥー教や仏教の秋に内在する。

A detailed analysis along these lines, taking into account the variety of traditions within Christianity, reveals illuminating affinities, as for example between Calvinism and Islam and among the various mystical traditions.この線に沿って詳細な分析を考慮して、キリスト教内の様々な伝統は、明らかに照明affinities 、たとえばカルビン主義とイスラムとの間で様々な神秘的な伝統の中にいます。 Thus the construction of a typology, despite the limitations of any given perspective, draws attention to both the unity and diversity of religions.こうして類型を建設することは、与えられたにもかかわらず、すべての制限の観点から、注目して、団結と多様性の両方の宗教です。

Conclusion結論

In a world where the status and future of religion is in so many ways uncertain, understanding of religious concepts is not likely to be reached with extreme views, whether this extremism takes the form of a dogmatic and isolationist claim to the superiority of an individual's own faith or a vague blurring of the genuine differences among the traditions.世界のどこにあるのステータスと宗教の将来に非常に多くの方法がありますが不確かな、宗教的な概念を理解するのではないと予想される極端な見解に達した、という形にするかどうか、この過激主義と孤立主義の独断的な主張をするのは、個々の独自の優位性信仰やあいまいなぶれの伝統の中には、正規の違いです。 A middle ground must be established by those who accept the need for patient dialogue to uncover and explore both the agreements and disagreements among the religions.妥協点にしなければならない人たちが設立した患者を受け入れるための対話の必要性を発見すると、両方の合意を探ると宗教間の意見の食い違い。 This third way aims at deepening the commitment and understanding of religious groups in their own traditions while at the same time making them more open to and ready to learn from other traditions.この第三の道のコミットメントと理解を深めることを目的と宗教団体は、独自の伝統を製造している間は、同じ時間でより開放的に準備ができてから他の伝統を学ぶ。

John Macquarrieジョンmacquarrie

Bibliography 文献情報
M Banton, ed., Anthropological Approaches to the Study of Religion (1966); R M Bellah, Beyond Belief: Essays on Religion in a Post Traditional World (1970); C J Bleeker and G Widengren, eds., Historia Religionum: Handbook for the History of Religions (1969); J Bowker, The Sense of God (1973); S Budd, Sociologists and Religion (1973); J de Vries, Perspectives in the History of Religions (1961); M Douglas, Natural Symbols: Explorations in Cosmology (1973); M Eliade, The Sacred and the Profane: The Nature of Religion (1957) and A History of Religious Ideas (1976); M Eliade and J M Kitagawa, eds., History of Religions: Essays in Methodology (1959); M Hill, A Sociology of Religion (1973); J M Kitagawa, ed., The History of Religions: Essays on the Problem of Understanding (1967); mにバントン島、エド。 、宗教人類学的なアプローチを研究する( 1966 ) ; rmベラーは、信じられないほど:エッセイでは、後に伝統的な宗教の世界( 1970 ) ; bleekerのCJとgウィーデングレン、 EDS社。 、 historia religionum :ハンドブックは、世界宗教史( 1969 ) ; jバウカーは、センスオブゴッド( 1973 ) ;秒バッドは、社会学者や宗教( 1973 ) ; jドフリースは、宗教的な視点の歴史の中( 1961年) ; mにダグラスは、自然のシンボル: explorationsで宇宙論( 1973 ) ;エリアーデmには、神聖にして、不敬: ( 1957 )宗教の本質とする宗教思想史( 1976年) ;エリアーデとジャマイカ北川mには、 EDS社。 、宗教史:エッセイの方法論( 1959 ) ;メートルの丘に、宗教社会学( 1973 ) ;ジャマイカ北川、エド。 、宗教の歴史:エッセイは、問題の理解( 1967 ) ;

M Pye, Comparative Religion (1972); L Rosten, ed., Religions of America (1975); E J Sharpe, Comparative Religion: A History (1975); L D Shinn, Two Sacred Worlds: Experience and Structure in the World's Religions (1977); N Smart, The Phenomenon of Religion (1973) and The Science of Religion and the Sociology of Knowledge (1973); W C Smith, The Meaning and End of Religion: A New Approach to the Religious Traditions of Mankind (1963) and Faith and Belief (1979); R H Thouless, An Introduction to the Psychology of Religion (1971); J D J Waardenburg, Classical Approaches to the Study of Religion (1973), and Reflections of the Study of Religion (1978); J Wach, Joachim, The Comparative Study of Religions (1958); R J Z Werblowsky, Beyond Tradition and Modernity: Changing Religions in a Changing World (1976); R C Zaehner, ed., The Concise Encyclopedia of Living Faiths (1959).ピエmには、比較宗教学( 1972 ) ;信用ロステン、エド。 、宗教オブアメリカ( 1975 ) ; ejシャープは、比較宗教学:歴史( 1975 ) ; ldのシンは、 2つの神聖な世界:経験と構造で、世界の宗教( 1977年) ;なしスマートは、このような現象は、科学と宗教( 1973 ) 、宗教や社会学の知識( 1973 ) ;トイレスミス氏は、宗教の終わりを意味すると:新しいアプローチを人類の宗教的伝統と信仰( 1963 )と信念( 1979 ) ; rhサウレス、宗教心理学を紹介する( 1971 ) ; jdjワーデンバーグ、古典的なアプローチを研究する宗教( 1973 )は、宗教と反省の研究( 1978 ) ; jワッハ、ヨアヒム、宗教の比較研究( 1958年) ; rjz werblowsky 、伝統と近代性を超えて:変化は、変化している世界宗教( 1976 ) ;のrc zaehner 、エド。 、信仰生活の簡潔な百科事典( 1959 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです