Resurrection復活

General Information 総合案内

The concept of resurrection from the dead is found in several religions, although it is associated particularly with Christianity because of the central belief in the resurrection of Jesus Christ. Hope of a resurrection from the dead may have entered Judaism from Persian sources, although the idea has deeper roots in Old Testament Yahwism and the concept of God's covenant with Israel.死んでからの復活という概念は、いくつかの宗教が見つかりましたが、これは特に関連して、中央キリスト教の信仰のためには、イエスキリストの復活です。死んでからの復活を期待する可能性があるからユダヤ教ペルシャ入力ソースは、そのアイデアにもかかわらずyahwism深いルーツは、旧約聖書の概念とイスラエルと神の約束だ。 The resurrection life was variously conceived, but the type of hope that passed into early Christian thought centered on the transformation of human life from the dead into a transcendental mode of existence.復活の人生はいろいろ考えられたが、教育への早期成立を期待してキリスト教思想を中心に人間の生活からの転換を超越モードでは、死者の存在です。 This was expressed poetically as "shining like the stars in heaven" (Dan. 12:3) or becoming "like the angels" (Mark 12:25).詩的に表現されたとして、この"天国の星のように輝く" ( dan. 12時03分)になるか"のように、天使たち" (マーク12:25 ) 。

After the Easter experiences, earliest Christianity expressed its faith in what had happened to Jesus as resurrection in the transcendental sense.復活祭後の体験を、最古のキリスト教への信仰を表明して何が起こったのかは、イエスキリストの復活としての感覚を超越した。 This concept is sharply distinguished from resuscitation, or a return to this worldly existence, as narrated in the raisings of Lazarus and others attributed to Jesus.この概念は、大幅に区別蘇生法、または、この世俗的存在に戻り、ナレーションとしては、他に起因するraisingsのラザロとイエスです。 Saint Paul conceived the resurrection of Jesus as the first instance of an apocalyptic type resurrection ("Christ the first fruits," 1 Cor. 15:20, 23); as a result of Christ's resurrection, all believers may hope for resurrection at the Second Coming of Christ.セントポールの考えとして、イエスキリストの復活の最初のインスタンスが復活する終末論の種類( "キリストの最初の成果は、 " 1うわっ。 15:20 、 23 ) ;キリストの復活の結果として、すべての信者たちは、 5月2番目の復活を期待するキリストの到来です。 Paul indicates that the resurrection body will be new and "spiritual" (1 Cor. 15:35 - 54); most theologians interpret this to mean that it is the personality that is resurrected.ポールは、その復活の体となる新たな"精神的な" ( 1うわっ。 15時35 -5 4) ;ほとんどの神学者の解釈を意味し、このことは、人格が復活している。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Islam also believes in the resurrection of the dead, as did traditional Judaism.イスラム教でも、死者の復活を信じている、伝統的なユダヤ教でした。

Reginald H Fullerレジナルドhフラー

Bibliography 文献情報
R H Fuller, The Formation of the Resurrection Narratives (1971); S H Hooke, The Resurrection of Christ as History and Experience (1967); P Perkins, Resurrection: New Testament Witness and Contemporary Reflection (1984); N Perrin, The Resurrection according to Matthew, Mark, and Luke (1977). rhフラーは、その形成は、復活の体験談( 1971 ) ; shフックは、キリストの復活の歴史と経験として( 1967年) ; pパーキンス、復活:新約聖書の証人と現代リフレクション( 1984 ) ;なしペランは、復活によると、マタイ、マルコ、ルカによる福音書( 1977 ) 。


Resurrection復活

Advanced Information 高度情報

That Jesus Christ died and afterward rose from the dead is both the central doctrine of Christian theology and the major fact in a defense of its teachings. イエスキリストが死んで、その後バラしてからの死者は、キリスト教の教義神学の両方を中心とする主要な事実に防衛の教えです。 This was true in the earliest church and remains so today. これが本当の最古の教会や遺跡は、今日のようです。

The Centrality of the Resurrectionその中心は、復活

It is the witness of the NT that the resurrection of Jesus is the pivotal point of Christian theology and apologetics.それは、証人は、イエスキリストの復活NTのことは、極めて重要なポイントとキリスト教神学弁証です。 Paul reports an early creed in I Cor.ポールは私の信条うわっ、早期のレポートです。 15:3ff. FFの15時03分です。 which both includes the resurrection as an integral part of the gospel and reports several eyewitness appearances.の両方が含まれて復活の不可欠な部分としては、複数の目撃者に福音書やレポートに出演しています。

Then Paul relates the importance of this event, for if Jesus did not literally rise from the dead, then the entire Christian faith is fallacious (vs. 14) and ineffective (vs. 17).次にポールの関連性の重要性をこのイベントでは、イエスキリストをしなかった場合には死んでから、文字通りの上昇は、その後、キリスト教の信仰は、人を惑わす全体( 14対17 )と効果がない(車の場合) 。 Additionally, preaching is valueless (vs. 14), Christian testimony is false (vs. 15), no sins have been forgiven (vs. 17), and believers have perished without any Christian hope (vs. 18).また、説教は、価値(対14 )は、キリスト教の証言は虚偽(対15 )は、ない罪を赦さてきた(対17 ) 、キリスト教信者が死んでもなく希望(対18 ) 。 The conclusion is that, apart from this event, Christians are the most miserable of all people (vs. 19).その結論を出すのは、別にこのイベントでは、キリスト教徒が最も悲惨なすべての人々の(対19 ) 。 Paul even states that without the resurrection we should "eat and drink, for tomorrow we die" (vs. 32).ポールの状態がなくても、復活しなければならない"と飲み物を食べて、明日のために死ぬこと" (対32 ) 。 If Jesus was not raised, believers have no hope of resurrection themselves and may as well turn to hedonistic philosophies of life.イエスが提起しない場合は、信者たち自身の復活の見込みはないと快楽主義に救いを求める可能性も人生の哲学だ。 He thereby strongly implies that it is this event that separates Christianity from other philosophies.彼はそれを強くすることを意味しては、このイベントの他の哲学からキリスト教を分離します。

Paul teaches the centrality of the resurrection in other passages as well.ポールの復活を教えるの中心として、他の通路だ。 In another ancient creed (Rom. 1:3-4) he recites a brief Christology and asserts that Jesus was shown to be the son of God, Christ, and Lord by his resurrection (cf. Rom. 14:9).別の古代信条( rom. 1:3-4 )彼christologyと主張recitesを簡単に表示されるイエスが神の御子は、キリストは、彼の復活と主( cf. ROMのです。 14時09分) 。 This event also provides salvation (Rom. 10:9-10) and ensures the resurrection of believers (I Cor. 15:20; II Cor. 4:14; I Thess. 4:14).このイベントにも提供救世( rom. 10:9-10 )と、確実に復活の信者(私うわっ。 15:20 ; 2世うわっ。 4時14分;私thess 。 4時14分) 。

Similarly, Luke's writings relate several instances where the resurrection provided the basis for the Christian proclamation.同様に、ルークの記述に関連するいくつかのインスタンスで、キリスト教の復活宣言の基本を提供しています。 Jesus taught that his death and resurrection was a central message of the OT (Luke 24:25-27).イエスの教えられたことは、彼の死と復活のメッセージは、中央ot (ルカによる福音書24:25-27 ) 。 Peter held that the miracles which Jesus performed, and his resurrection in particular, were the chief indications that God approved of his teachings (Acts 2:22-32).ピーター開かれたイエスキリストは、奇跡を行う、と彼の復活特に、主任は、彼の兆候が現れている神の教えを承認(行為2:22-32 ) 。 Paul's teaching frequently utilized the resurrection as the basis of the gospel message (cf. Acts 13:29-39; 17:30-31).ポールの教育の基礎として頻繁に利用さ復活の福音メッセージ( cf.行為13:29-39 ; 17:30-31 ) 。

Other NT writings share the same hope.同じ希望を共有する他のNT記述します。 Jesus utilized his resurrection as the sign vindicating the authority of his teachings (Matt. 12:38-40).イエスキリストの復活活用彼のサインvindicatingの権威として、彼の教え( matt. 12:38-40 ) 。 This event both ensures the believer's salvation (I Pet. 1:3) and provides the means by which Jesus serves as the believer's high priest (Heb. 7:23-25).このイベントにより、両方の信者の救世(私のペットです。 1時03分)と手段を提供し、イエスの信奉者として、大祭司( heb. 7:23-25 ) 。

Even such a brief survey indicates the centrality of the resurrection for the NT writers.簡単なアンケートにもそのような重要性を示すためには、復活のNTの作家です。 Clearly, early believers such as Paul realized that this event provided the central claim of Christianity.はっきりとは、初期の信者のようなポール実感してこのイベントを提供してキリスト教の中央クレーム。 With it the Christian message of eternal life is secure, resting on the reality of Jesus' victory over death.して、キリスト教のメッセージは、永遠の命を確保するのは、安静時は、現実のイエスの死の勝利だ。 Without it the Christian message is reduced to that of one of man's philosophies.それが減額させずに、キリスト教のメッセージの1つにすることや、男の哲学だ。

The earliest postapostolic writings held this same message of the centrality of Jesus' resurrection.このpostapostolic開かれた最古の記述は、同じメッセージが中心イエスの復活です。 For example, Clement of Rome asserts that this event both demonstrates the truthfulness of Christ's message (Cor. 42) and is an example of the believer's resurrection (24-26).たとえば、ローマのクレメント主張の誠実さを示し、このイベントの両方のキリストのメッセージ( cor. 42 )とは、信者の復活の一例( 24-26 ) 。 Ignatius insists on the literal facticity of this occurrence as an event in time (Mag. 11; Trall. 9; Smyr. 1), which is the believer's hope (Trall., Introduction) and an example of our resurrection (Trall. 9).イグナティウスリテラルを主張して、事実として発生するイベントで、この時間( mag. 11 ; trall 。 9 ; smyr 。 1 ) 、これは、信者の希望( trall. 、導入)と私たちの復活の一例( trall. 9 ) 。 He also stresses the belief that it was Jesus' flesh that was raised (Smyr. 3).彼は信じているということも強調していたイエスの肉を提起していた( smyr. 3 ) 。

This latter issue of whether it was Jesus' flesh which was resurrected, as supported by Ignatius and later by Tertullian, or whether it was a resurrected body not composed of flesh, as championed by the Alexandrian school and Origen in particular, was a major question in early Christian theology. 後者の問題だったのかどうか、このイエスの復活された肉、およびそれ以降でサポートされてイグナティウスtertullianまたは復活するかどうかは、体を構成しない肉、アレクサンドリアとして支持される学校や原産地特に、主要な問題はキリスト教神学初め。 It was the former position, or forms of it, which gradually became the more widely accepted view in the medieval church and even afterward. それは、元の位置、あるいは形態のことは、徐々には、もっと広く受け入れられている見方は、その後も中世の教会とします。

For many scholars today who accept the literal resurrection of Jesus, the emphasis has shifted to stress Paul's concept of the "spiritual body" (I Cor. 15:35-50, e.g.), endeavoring to do justice to both elements.今日、多くの学者たちはイエスキリストの復活を受け入れるリテラルは、ストレスの重点がシフトし、ポールのコンセプトは、 "精神的身体" (私うわっ。 15:35-50 、例えば)は、両方の要素を正義の努力を行う。 Thus, Jesus was raised in a real body which had new, spiritual qualities.したがって、イエスキリストは、本物の死体が提起された新たな、精神的な資質です。

The Resurrection and Contemporary Theology復活と現代神学

There is virtual agreement, even among most critical theologians, that the resurrection of Jesus is the central claim of Christianity.仮想協定には、最も重要な神学者の間でさえ、イエスキリストの復活は、キリスト教の主張は、中央。 Willi Marxsen asserts that it is still the decisive issue in Christian theology today; to have uncertainty concerning this claim is to jeopardize all of Christianity.マルクスセンビリィ主張することは、まだ決定的な問題で、キリスト教神学今日;に関する不確実性を持つこの主張は、キリスト教のすべてを台無しにした。 Gunther Bornkamm agrees that without the message of Jesus' resurrection there would be no church, no NT, and no Christian faith even to this day.グンターbornkammなしに同意して、メッセージのイエスの復活教会ではない、ないNT 、およびキリスト教の信仰でもないし、この日です。 Jurgen Moltmann clearly states that Christianity either stands or falls with Jesus' resurrection.ユルゲンモルトマンキリスト教のいずれかを明記して立ったりして滝イエスの復活です。

Yet a major issue here concerns the question of whether all that is required is the message of the resurrection, or the literal event itself.ここで重要な問題と懸念していないかどうかについて必要なことは、すべてのメッセージの復活、またはリテラルイベントそのものです。 This is not only a dispute between evangelicals and higher critical theologians, but also among these critical scholars themselves.このevangelicalsだけではない、との間で高い臨界神学論争は、このような批判的な学者の間だけでなくています。 The pivotal fact, recognized as historical by virtually all scholars, is the original experiences of the disciples.極めて重要な事実は、歴史的に認識されたとして、ほぼすべての学者は、この経験は、元の弟子です。 It is nearly always admitted that the disciples had real experiences and that "something happened."それは、いつも近くには弟子と認めている本物の経験としていた"何かが起きた"と述べた。 Yet, while contemporary scholars rarely utilize the naturalistic alternative theories, various views exist concerning the exact nature of these experiences. At the risk of oversimplification and partial repetition, at least four major critical positions can be outlined with regard to this question.しかし、現代の学者の中にはほとんどの写実的な代替理論を活用する、様々な意見が存在これらの性質に関する正確な経験をした。 部分は、単純化し過ぎと繰り返し、少なくとも4つの主要な重要なポジションを概説できるこの問題と関連している。

First, more radical critics hold that the nature of the original eyewitnesses' experiences cannot be ascertained. For example, Rudolf Bultmann and his followers claim that the actual cause of the disciples' transformation is obscured in the NT text. 第一に、もっと過激な批評家の性質を保持して、元の目撃者の体験を確認することはできません。たとえば、ルドルフブルトマンとその部下主張して、実際の原因は、弟子' NTのテキストに変換がぼやけている。 Regardless, it is not really important to inquire into the object of these experiences.に関係なく、本当に大切なことを尋ねることは、オブジェクトのこのような経験をした。 Similarly, Marxsen also believes that the constitution of these encounters cannot be known, including whether the disciples actually saw the risen Jesus.同様に、マルクスセンでも、憲法と考えていることで知られ、これらに遭遇したことができないなど、実際に見て、上昇するかどうか、イエスキリストの弟子です。 Paul van Buren believes that "something happened" which changed the disciples' outlook from discouragement of faith.ポールバンビューレンと考えている"何かが起きた"を変更して弟子の見通しから信仰をがっかりさせるのだ。 Although these experiences were more than subjective and were expressed in terms of actual appearances of Jesus, we still cannot judge their nature.にもかかわらず、これらの経験は主観以上の点では実際の外見を表明し、イエスは、まだ自分の性格を判断することはできません。

A second group of scholars is distinguished from the first not only by exhibiting some interest in the nature of the disciples' experiences, but often by the acceptance of the literal resurrection itself. Yet while the naturalistic theories are usually rejected, this group still insists that the event can be known only by faith completely apart from any verification. 2番目のグループの著名な学者たちは、最初から出展されただけでなく、いくつかの性質に関心の弟子'体験は、しかし、多くの場合、リテラルの受入れ復活さそのものだ。まだ拒否しながら、自然主義の理論は、通常、このグループまだ主張してこのイベントで知られることによってのみ信仰を完全に離れても確認した。

The theologians in this second group have usually been influenced by Soren Kierkegaard and more recently by Karl Barth, who held that the resurrection may be accepted by faith as a literal event, but that it cannot be ascertained by any historical investigation.神学者で、この2番目のグループに影響されていたが、通常より多く最近ゾーレンキルケゴールとカールバルトによっては、誰で行われたかもしれないが、復活の信仰として受け入れられるリテラルのイベントが、それを確認することはできません任意の歴史的な捜査だ。 Barth emphatically rejected naturalistic theories and asserted that Jesus appeared empirically to his disciples, yet this event occurred in a different sphere of history and thus cannot be verified by history.バルトきっぱりと拒否されたと主張して自然主義の理論と実験的にイエスキリストが登場して、弟子は、まだ、このイベントが発生したため、別の球の歴史や歴史を検証されることはできません。 Similar views were held by neo-orthodox theologians such as Emil Brunner and Dietrich Bonhoeffer, and are also popular in more contemporary works.似たような景色を保有していたネオエミールブルンナーなどの正統派神学者ディートリッヒボンヘッファーとは、そして、より多くの現代的な作品も人気です。 For example, Bornkamm notes the invalidity of naturalistic theories but yet, in a manner reminiscent of Barth, states that this event can be accepted only by faith apart from historical examination.たとえば、ノートの傷病の写実的な理論bornkammしかしまだ、バルト彷彿させるような方法では、このイベントの州で受け入れられることによってのみ信仰の歴史的な検査を離れています。

The third position is characterized by a significant interest in more historical aspects of the resurrection. Not only are naturalistic theories usually rejected, but the empty tomb is often held to be a historical fact. 3番目の位置は、より多くの関心を特徴とする重要な歴史的側面の復活。写実的な理論だけでなく、通常は拒否されたものの、空の墓には往々にして行われた歴史的事実がある。 Additionally, these scholars proceed a step further by setting forth a more or less abstract reconstruction of the historical nature of the appearances.加えて、これらの学者たちを設定することによりさらに一歩進んで来たりする多かれ少なかれ抽象的な復興の歴史的な性質の出演。 However, it is still held that the resurrection itself is an eschatological event and is not demonstrable by historical methodology, although some hold that it will be verifiable in the future.しかし、それはまだ復活して行われたイベント自体は、終末論と実証された歴史的な方法論ではないが、いくつかの検証を行うことをされる予定です。

Moltmann holds that the disciples were the recipients of appearances of the risen Jesus, which involved spoken messages and commissioned the hearers to service in the world.モルトマン弟子を保持していたのは、受給者の増加に出演し、イエスは、話さメッセージとかかわって、耳をかす委託して、世界のサービスです。 These events, which are not strictly verifiable, are placed in eschatological history and are subject to future verification.これらのイベントは、厳密に検証されていない、歴史と終末論が置かれては、今後の検証の対象となる。 Ulrich Wilckens likewise concludes that history cannot decide exactly what happened.ウルリッヒビルケンス同様の結論に何が起こったの歴史を正確に決定することはできません。 Thus, while naturalistic theories can be refuted and the facticity of the empty tomb upheld, the appearances themselves were private revelations, indications of a future, eschatological existence.したがって、自然主義の理論ながら反論できるとは、空の墓の事実支持は、民間の印が出演して、指示を将来的には、終末論の存在です。

Reginald Fuller notes that the disciples' transformations necessitate a cause.レジナルドフラーの注意事項は、弟子の変換を余儀なくさの原因だ。 This cause is Jesus' appearances, which are historically defined as visionary experiences of light and auditions of meaning communicated to the earliest eyewitnesses.この原因は、イエスキリスト'に出演し、歴史的に定義されている光の体験やオーディションの先見の明を意味する最古の目撃者に伝達している。 The messages both proclaimed that Jesus was risen and imparted a mission to his followers.イエスキリストのメッセージの両方を宣言していた彼の上昇と追随する任務を与えています。 Such phenomena were not subjective visions but actual experiences.しかし、このような現象は主観的なビジョンを実際に体験します。 They were the source of the Easter faith and message, but are removed from historical demonstration.かれらは、復活の信仰の源とメッセージは、歴史的なデモから削除されています。 Joachim Jeremias similarly taught that the appearances of Jesus were spiritual visions of shining light by which the disciples experienced Jesus as the risen Lord.ヨアヒムイェレミアス同様にイエスの教えに出演していた精神的なビジョンをどの輝く光イエスキリストの弟子としての経験を積んだ上昇の主です。

The fourth approach to the resurrection is that the available historical evidence demonstrates the probability that Jesus was literally raised from the dead. Perhaps the best-known recent theologian accepting this conclusion is Wolfhart Pannenberg, who both argues against naturalistic theories and concludes that the historical facts demonstrate the empty tomb and the literal appearances of Jesus. 復活の4番目のアプローチを利用できるのは、歴史的な証拠を示して確率を文字通りに引き上げたことから、イエスが死んでいた。恐らく最もよく知られるこの結論は、最近の神学者の受け入れボルフハルトパネンベルクは、両方の主張に反対の人の写実的な理論と結論して、歴史的事実でないリテラルを発揮すると、空の墓に出演し、イエスです。 Yet Pannenberg argues against a corporeal resurrection body in favor of appearances which are described in terms of a spiritual body which was recognized as Jesus, who appeared from heaven, imparted an audition, and, at least in Paul's case, was accompanied by a phenomenon of light.パネンベルクまだ復活の主張に反対する有体体に有利な外見を説明されている精神的な身体条件として認識されたイエスキリストは、天からの出演者は、付与オーディションには、とは、少なくともパウロの場合は、添付された現象光です。

A. M. Hunter utilizes historical investigation to conclude that Jesus' resurrection can be demonstrated by the facts.歴史的な捜査を締結時ハンターを利用してイエスの復活の事実が実証されています。 J. A. T. Robinson points out that historical studies cannot ascertain the exact details, but they may be sufficient to formulate a probable case for the probability of this event. jatロビンソンと指摘して正確な歴史的なタイプの詳細を確認することはできませんが、それらは十分かもしれない概ケースを策定する確率は、このイベントのためだ。 Raymond Brown, after an extensive study of the textual data, likewise supports the historical verification of Jesus' resurrection.レイモンドブラウンは、広範囲の研究を経て、テキストデータは、同様に歴史的な検証をサポートしてイエスの復活です。 Additionally, Hunter, Robinson, and Brown all favor the concept of the spiritual body.また、ハンター、ロビンソンは、すべて賛成という概念とブラウンの霊的な体です。

It is important to note that of these four critical positions only the first is generally characterized by a rejection of or agnostic attitude toward the literal resurrection of Jesus.することが重要に注意して、これら4つの重要なポジションだけは通常、最初の拒絶反応を特徴とする態度を取るのかさっぱり分からないリテラルイエスキリストの復活です。 Just as significant is the observation that the first position not only appears to be losing ground, but varying positions which support the facticity of the resurrection are presently quite popular.同様に重要なのは、最初の位置を観測していないと思われる押され気味だけではなく、さまざまなポジションをサポートする事実は、復活には現在非常に人気があります。

The Resurrection as History歴史として復活

Historical arguments for the resurrection have traditionally been based on two lines of support. First, naturalistic theories have failed to explain away this event, chiefly because each is disproven by the known historical facts.復活のために、伝統ある歴史的な議論に基づいて2行のサポートされています。 第一に、自然主義の理論を説明することができなかったこのイベントをオススメして、それぞれの主な理由は、既知の歴史的事実をdisproven 。

Additionally, critics themselves have attacked each theory.さらに、批評家自身がそれぞれの理論を攻撃した。 For instance, in the nineteenth century David Strauss disarmed the swoon theory while Theodor Keim and others pointed out the weaknesses in the hallucination theory.例えば、 19世紀には、理論間気絶デイビッドシュトラウステオドールカイムの武装解除とは、他人の弱点を指摘して幻覚理論です。 Form critical studies later revealed the futility of the legend theory popularized by the history of religions school of thought.後で明らかに批判的なフォームタイプの普及によって無益では、伝説の理論学校の宗教思想史。 In the twentieth century such diverse thinkers as Barth, Tillich, Bornkamm, and Pannenberg are examples of higher critical theologians who have rejected these alternative hypotheses.このように多様な思想家として、 20世紀のバルト、ティリヒ、 bornkamm 、およびパネンベルクは、批判的な神学者たちの例として高いこれらの代替仮説を拒否しました。

Second, historical evidences for the resurrection are often cited, such as the eyewitness testimony for Jesus' appearances, the transformed lives of the disciples, the empty tomb, the inability of the Jewish leaders to disprove these claims, and the conversion of skeptics such as Paul and James, the brother of Jesus. 第二に、復活のための歴史的証拠は、しばしば引用など、目撃者の証言は、イエス'に出演し、その弟子たちの生活の形質転換は、空の墓には、できないことは、ユダヤ人の指導者がこのような主張の反証は、懐疑的との変換のようなポールとジェームズは、イエスキリストの弟である。 When combined with the absence of naturalistic alternative theories these evidences are quite impressive. 自然主義の欠如を併用すれば、これらの代替理論は、非常に印象的な証拠です。

However, contemporary apologetics has moved even beyond these important issues to other arguments in favor of the resurrection. One crucial center of attention has been I Cor. しかし、現代の弁証は、これらの重要な問題を越えて移動したにも他の引数の復活に賛成しています。 1つの重要なセンターの注目を集めてきた私うわっ。 15:3-4, where Paul records material which he had "received" from others and then "delivered" to his listeners. 15:3-4 、どこにもなく彼がポール記録材料"を受け取った"とし、次に他の人から"配達"を彼のリスナーです。 It is agreed by virtually all contemporary theologians that this material contains an ancient creed that is actually much earlier than the book in which it is recorded.合意されたことは、ほぼすべての現代神学者が、この物質が含まれ、古代の信条には、実際よりもかなり早い時期にはそれがこの本を記録しています。

The early date of this tradition is indicated not only by Paul's rather technical terms for receiving and passing on tradition, but also by the somewhat stylized content, the non-Pauline words, the specific names of Peter and James (cf. Gal. 1:18-19), and the possible Semitic idioms used.この伝統は、早い時期に示されるだけでなく、むしろ専門用語を受信するためのポールと伝統を通過して、やや定型化されたコンテンツだけでなく、非ポーリーン言葉は、特定の名前のピーターとジェームズ( cf.ギャル。 1 :一八〜一九)は、ユダヤ人の可能性や熟語使用している。

These facts have accounted for the critical agreement as to the early origin of this material.これらの事実は、重要な会計処理の早期合意を起源として、この材料です。 In fact, Fuller, Hunter, and Pannenberg date Paul's receiving of this creed from three to eight years after the crucifixion itself. These data are quite significant in that they further indicate that both Paul and the other eyewitnesses proclaimed the death and resurrection of Jesus (I Cor. 15:11) immediately after the events themselves. This anchors their report firmly in early eyewitness testimony and not in legendary reports arising later.実際、フラーは、ハンターは、ポールの受理の日付とパネンベルクこの信条三から八年後にはりつけそのものです。これらのデータは非常に重要で、その彼らのさらなるによりますと、他の目撃者の両方のポールと宣言したイエスの死と復活(私うわっ。 15時11分)の直後に自身のイベントです。この報告書にアンカーがしっかりしていない初期の伝説的な報告書や目撃者の証言後に発生する。

Another extremely strong argument for the resurrection is derived from the known facts that are admitted as historical by virtually all critical scholars who deal with this subject. もう一つの復活のためには、非常に強力な議論から派生して、既知の事実を認めたとしては、ほぼすべての重要な歴史学者たちによってこの問題に対処します。 Events such as Jesus' death by crucifixion, the subsequent despair of the disciples, their experiences which they believed to be appearances of the risen Jesus, their corresponding transformations, and the conversion of Paul due to a similar experience are five facts which are critically established and accepted as historical by most scholars. イベントなどのイエスの死をはりつけ、その後の絶望の弟子は、彼らの経験が彼らの出演の上昇とみられるイエスは、 彼らの変化に対応し、ポールへの変換のために似たような経験を批判的には5つの事実が確立さ歴史学者として最も利用されたとします。

Of these facts the nature of the disciples' experiences is the most crucial. As historian Michael Grant asserts, historical investigation demonstrates that the earliest eyewitnesses were convinced that they had seen the risen Jesus. これらの事実は、弟子の性質'の経験が最も重要だ。史家マイケルグラント主張としては、最古の歴史的目撃者の捜査を示して確信していた彼らはイエスの上昇を見た。 Carl Braaten explains that skeptical historians agree with this conclusion.カールbraatenを説明し、この結論に同意することに懐疑的な歴史学者だ。 One major advantage of these critically accepted historical facts is that they deal directly with the issue of these experiences.これらの利点の1つの主要な歴史的事実を批判的に受け入れたと直接取引することは、これらの問題を経験しています。 On a more limited scale these facts are capable both of arguing decisively against each of the naturalistic alternative theories and of providing some strong evidences for the literal appearances of the risen Jesus as reported by the eyewitnesses.このような事実を、より限定された規模の両方の主張には断固として反対する有能それぞれの写実的な代替理論との強力な証拠を提供するために、いくつかのリテラルの上昇に出演し、イエスの目撃者として報告された。

Not only can the historical resurrection be established on this basis, but the additional advantage of these facts is that they are admitted by virtually all scholars as knowable history. Since such a minimum number of facts is adequate to historically establish the literal resurrection as the best explanation for the data, this event therefore should not be rejected even by those critics who disbelieve the reliability of Scripture. 歴史的な復活することができるだけでなく、これに基づき設立されるが、このような事実は、追加の利点を認めていることを知り、ほぼすべての学者としての歴史があります。以来の最低数のこのような歴史的な事実を立証するには十分なリテラルとして最良の復活説明のためのデータは、このイベントを拒否してはならないので、それらの批評家でも、信頼性の啓典を信じない。 Their questions on other issues do not disprove this basic conclusion, which can be established by critical and historical procedures.他の質問をして、この問題についての基本的な反証をしないで結論を出すことができるように設立された歴史的な手続きと批判した。

Especially when viewed in conjunction with the eyewitness evidence from the early creed, we have a strong twofold apologetic for the historicity of Jesus' resurrection. 特に併用して表示している場合は、目撃者の証言から、初期の信条は、私たちは二つの側面が強いため、申し訳なさそうな史実のイエスの復活です。 This contemporary approach also complements the more traditional apologetic summarized earlier, all of which combine to historically demonstrate the fact that Jesus was raised from the dead. この現代的なアプローチを補足するものでも伝統的な申し訳なさそうな要約より早く、そのどれも歴史的に組み合わせることを実証するという事実を、イエスキリストが死んでから引き上げた。

As Paul asserted in I Cor.うわっ!としてポールアサートしてよい。 15:12-20, the resurrection is the center of the Christian faith and theology. 15:12-20 、復活は、キリスト教の信仰の中心と神学。 This event signals the approval of Jesus' teachings (Acts 2:22-23) and thus continues to provide a basis for Christian belief today.このイベントの信号の承認を得てイエスの教え(行為2:22-23 )とこうして続けているキリスト教信仰の基礎を提供するために今日のです。 It guarantees the reality of eternal life for all who trust the gospel (I Cor. 15:1-4, 20).永遠の生命を保証することは現実にはすべての人の信頼の福音(うわっ私です。 15:1-4 、 20 ) 。

G R Habermas grハーバーマス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
K. Barth, Church Dogmatics, IV/1, 334-52; D. Bonhoeffer, Christ the Center; G. Bornkamm, Jesus of Nazareth; R. E. Brown, The Virginal Conception and Bodily Resurrection of Jesus; E. Brunner, Dogmatics, II, 366-72; R. Bultmann, Theology of the NT; D. P. Fuller, Easter Faith and History; R. H. Fuller, The Formation of the Resurrection Narratives; M. Grant, Jesus: An Historian's Review of the Gospels; G. R. Habermas, The Resurrection of Jesus: An Apologetic; A. M. Hunter, Bible and Gospel; J. Jeremias, NT Theology; W. Marxsen, The Resurrection of Jesus of Nazareth; J. Moltmann, Revolution and the Future; J. Orr, The Resurrection of Jesus; W. Pannenberg, Jesus, God and Man; J. A. T. Robinson, Can We Trust the NT? k.バルトは、教会の教義学は、 4 / 1 、三三四から五二まで; d.ボンヘッファーは、キリストの中心; bornkamm Gを、ナザレのイエス;再ブラウンは、身体の処女懐胎やイエスキリストの復活; e.ブルンナー、教義学、 2世、三百六十六から七十二まで;共和党ブルトマン、神学はNT ; dPをフラーは、復活の信仰と歴史; rhフラーは、その形成は、復活の体験談; m.グラントは、イエスキリスト:史家の見直しをするgospels ; grハーバーマス、復活イエス:申し訳なさそうな; a. m.ハンターは、聖書と福音書; j.イェレミアス、 NTの神学;ウィリアムマルクスセンは、ナザレのイエスの復活; j.モルトマンは、革命と将来; j.オーアは、復活イエス;ウィリアムパネンベルクは、イエスキリストは、神と人間; jatロビンソンは、信頼できるということは、 NTのですか? P. M. van Buren, The Secular Meaning of the Gospel; U. Wilkens, Resurrection.バンビューレン時は、世俗的な意味は、福音;米ウィルキンス、復活した。


Resurrection復活

Advanced Information 高度情報

The Resurrection is one of the cardinal facts and doctrines of the gospel.復活の1つで、基本的な事実とは、教説の福音です。 If Christ be not risen, our faith is vain (1 Cor. 15:14).キリストが上昇していない場合には、私たちの信仰はむなしい( 1うわっ。 15時14分) 。 The whole of the New Testament revelation rests on this as an historical fact.新約聖書のヨハネの黙示録全体にかかっているとして、この歴史的事実だ。 On the day of Pentecost Peter argued the necessity of Christ's resurrection from the prediction in Ps.聖霊降臨祭の日に、ピーターの必要性を主張したから、キリストの復活の予測でしまう。 16 (Acts 2:24-28). 16 (行為2:24-28 ) 。 In his own discourses, also, our Lord clearly intimates his resurrection (Matt. 20:19; Mark 9:9; 14:28; Luke 18:33; John 2:19-22).で、自分の国については、また、自分たちの主の復活を明確に親密( matt. 20 : 19 ;マーク9時09分、 14時28分;ルーク18 : 33 ;ジョン2:19-22 ) 。 The evangelists give circumstantial accounts of the facts connected with that event, and the apostles, also, in their public teaching largely insist upon it.伝道者の口座状況の事実を与えることに接続してイベントでは、使徒とは、また、彼らの大部分公共教えることに固執する。

Ten different appearances of our risen Lord are recorded in the New Testament. They may be arranged as follows: 10個の異なる外見の上昇の主は、私たちの新約聖書に記録されています。かれらは、以下の通りに配置される:

  1. To Mary Magdalene at the sepulchre alone.メアリーモードリンsepulchreには、一人です。 This is recorded at length only by John (20:11-18), and alluded to by Mark (16:9-11).これは長さだけで録音されたジョン( 20:11-18 ) 、と示唆されたマークを( 16:9-11 ) 。
  2. To certain women, "the other Mary," Salome, Joanna, and others, as they returned from the sepulchre.特定の女性には、 "他のメアリーは、 "サロメ、ジョアンナ、および他のは、彼らから返されたとしてsepulchre 。 Matthew (28:1-10) alone gives an account of this.マシュー( 28:1-10 )だけで、このアカウントを与えています。 (Comp. Mark 16:1-8, and Luke 24:1-11.) ( comp.マーク16:1-8 、ルカ24:1-11とします。 )
  3. To Simon Peter alone on the day of the resurrection.サイモンピーターには、復活の日にだけです。 (See Luke 24:34; 1 Cor. 15:5.) (ルカ24:34参照してください。 1うわっ。 15時05分です。 )
  4. To the two disciples on the way to Emmaus on the day of the resurrection, recorded fully only by Luke (24:13-35. Comp. Mark 16:12, 13).弟子には、 2つの方法をエマオ復活の日には、完全に記録されるだけルーク( 24:13-35 。伴奏。マルク16時12分、 13 ) 。
  5. To the ten disciples (Thomas being absent) and others "with them," at Jerusalem on the evening of the resurrection day. 10人の弟子を(トーマス欠席)および他"とし、 "エルサレムでは、夕方には、復活の日です。 One of the evangelists gives an account of this appearance, John (20:19-24). 1つのアカウントを与え、この外観の伝道者、ジョン( 20:19-24 ) 。
  6. To the disciples again (Thomas being present) at Jerusalem (Mark 16:14-18; Luke 24:33-40; John 20:26-28. See also 1 Cor. 15:5).弟子をやり直してください(トーマスマークが存在)でエルサレム( 16:14-18 ;ルーク24:33-40 ;ジョン20:26-28 。 1うわっも参照してください。 15時05分) 。
  7. To the disciples when fishing at the Sea of Galilee.釣りをする際には弟子のガリラヤ湖です。 Of this appearance also John (21:1-23) alone gives an account.この外観だけでもジョン( 21:1-23 )アカウントを与えています。
  8. To the eleven, and above 500 brethren at once, at an appointed place in Galilee (1 Cor. 15:6; comp. Matt. 28:16-20).イレブンには、 500人以上の同胞を一度には、定められた場所では、ガリラヤ( 1うわっ。 15 : 06 ;伴奏。マットです。 28:16-20 ) 。
  9. To James, but under what circumstances we are not informed (1 Cor. 15:7).ジェームズには、しかし、我々はどのような状況下ではインフォームドコンセント( 1うわっ。 15時07分) 。
  10. To the apostles immediately before the ascension.昇天の直前に、使徒です。 They accompanied him from Jerusalem to Mount Olivet, and there they saw him ascend "till a cloud received him out of their sight" (Mark 16:19; Luke 24:50-52; Acts 1:4-10).彼ら模造真珠をマウントエルサレムから彼に同行し、そこに彼を見た昇る"を受け取った彼のうちまで雲の光景" ( 16時19分マーク;ルーク24:50-52 ;行為1:4-10 ) 。
It is worthy of note that it is distinctly related that on most of these occasions our Lord afforded his disciples the amplest opportunity of testing the fact of his resurrection. He conversed with them face to face. それは価値があることに注意して関連することがはっきりしてこれらのほとんどは、弟子の機会が与えamplest主をテストする機会を彼の復活の事実です。 conversed彼に顔を合わせることにしています。 They touched him (Matt. 28:9; Luke 24:39; John 20:27), and he ate bread with them (Luke 24:42, 43; John 21:12, 13).彼らに触れた彼( matt. 28:9 ;ルーク24:39 ;ヨハネ20時27分) 、そして彼をつけてパンを食べた(ルカ24:42 、 43 ;ジョン21 : 12 、 13 ) 。 (11.) In addition to the above, mention might be made of Christ's manifestation of himself to Paul at Damascus, who speaks of it as an appearance of the risen Saviour (Acts 9:3-9, 17; 1 Cor. 15:8; 9:1). ( 11 。 )上記に加えて、キリストの前に言及したかもしれないが自分自身の症状をダマスカスポールでは、誰が喋るの外観は、上昇して救い主として(行為9:3-9 、 17 ; 1うわっ。 15 : 8 ;午前9時01分) 。 It is implied in the words of Luke (Acts 1:3) that there may have been other appearances of which we have no record.それは黙示の言葉は、ルーク(行為の午前1時03分)の他に出演してきた可能性があることを我々の記録がない。

The resurrection is spoken of as the act (1) of God the Father (Ps. 16:10; Acts 2:24; 3:15; Rom. 8:11; Eph. 1:20; Col. 2:12; Heb. 13:20); (2) of Christ himself (John 2:19; 10:18); and (3) of the Holy Spirit (1 Peter 3:18).復活が話さの行為として、 ( 1 )神の父( ps. 16:10 ;行為2 : 24 ;午前3時15分; ROMのです。 8時11分; eph 。 1 : 20 ;大佐2 : 12 ; heb 。 13時20分) 、 ( 2 )自分自身のキリスト(ヨハネ2 : 19 ; 10:18 ) ;および( 3 )は、聖霊( 1ピーター3時18分) 。 The resurrection is a public testimony of Christ's release from his undertaking as surety, and an evidence of the Father's acceptance of his work of redemption.このキリストの復活の証言は、公共事業のリリースから彼の保証人として、証拠とする彼は、父親の仕事の償還の受入れ。 It is a victory over death and the grave for all his followers.勝利を収めることは、すべて彼の死とその追随者の墓です。

The importance of Christ's resurrection will be seen when we consider that if he rose the gospel is true, and if he rose not it is false. His resurrection from the dead makes it manifest that his sacrifice was accepted. キリストの復活の重要性を考えるときに見られることは、もし彼が真の福音ローズは、バラのないことは、もし彼falseです。彼の死から復活することが自分を犠牲にしてマニフェストが受け入れられた。 Our justification was secured by his obedience to the death, and therefore he was raised from the dead (Rom. 4:25).我々の正当性が確保された彼の死を服従させる、それゆえに、彼は死んでから引き上げた( rom. 4:25 ) 。 His resurrection is a proof that he made a full atonement for our sins, that his sacrifice was accepted as a satisfaction to divine justice, and his blood a ransom for sinners.彼の復活は、彼のおかげで、完全な証拠を提出するために我々の罪の償いは、自分を犠牲にしていた神の裁きを受け入れたとしての満足感、そして彼の身代金を要求するために、血液中の罪人です。

It is also a pledge and an earnest of the resurrection of all believers (Rom. 8:11; 1 Cor. 6:14; 15:47-49; Phil. 3:21; 1 John 3:2).公約とすることも本格的には、復活のすべての信者( rom. 8時11分; 1うわっ。 6時14分; 15:47-49 ;フィル。 3時21分; 1ヨハネ3:2 ) 。 As he lives, they shall live also.彼の命は、かれらはライブも。 It proved him to be the Son of God, inasmuch as it authenticated all his claims (John 2:19; 10:17).彼にそれを証明される神の御子は、彼の主張〜だけれどもそれをすべて認証(ジョン2時19 ; 10:17 ) 。 "If Christ did not rise, the whole scheme of redemption is a failure, and all the predictions and anticipations of its glorious results for time and for eternity, for men and for angels of every rank and order, are proved to be chimeras. 'But now is Christ risen from the dead, and become the first-fruits of them that slept.' "キリストしなかった場合の上昇は、全体のスキームの償還は、失敗した場合、すべての予測と期待と栄光のために時間と永遠の検索結果は、男性にとっては、天使たちのためのすべてのランクと秩序、キメラ生物が立証される。 'しかし、今は死んでから、キリストの上昇、およびそれらの成果は、第1になることが眠っている。 '

Therefore the Bible is true from Genesis to Revelation. The kingdom of darkness has been overthrown, Satan has fallen as lightning from heaven, and the triumph of truth over error, of good over evil, of happiness over misery is for ever secured." Hodge. With reference to the report which the Roman soldiers were bribed (Matt. 28:12-14) to circulate concerning Christ's resurrection, "his disciples came by night and stole him away while we slept," Matthew Henry in his "Commentary," under John 20:1-10, fittingly remarks, "The grave-clothes in which Christ had been buried were found in very good order, which serves for an evidence that his body was not 'stolen away while men slept.' したがって、聖書の創世記には、真のヨハネの黙示録からです。転覆してきた王国の闇の中、悪魔が天から落ちた雷には、エラーが発生すると、真実の勝利は、良い以上の悪は、幸福のためには、これまでの悲惨さを確保する"と述べた。ホッジ。を参照して報告書をローマの兵士が買収に関する回覧( matt. 28:12-14 )キリストの復活を、 "彼の弟子たちがやって来て彼を盗んだ夜と眠っている間我々は、 "彼のマシューヘンリー"と論評は、 "ジョン20:1-10下で、 fittingly発言は、 "キリストの墓の服で埋まっていたのが見つかったために非常に良い、これのための証拠を提供して彼の体ではない'盗まれた男性の中に眠っている。 ' Robbers of tombs have been known to take away 'the clothes' and leave the body; but none ever took away 'the body' and left the clothes, especially when they were 'fine linen' and new (Mark 15:46).盗賊の墓を取り上げることが報告され'服'と体のままにしておく;しかし、いずれもこれまで奪った'体'と左の服は、特に彼らは'上質のリネン'と新しい(マーク15時46分) 。 Any one would rather choose to carry a dead body in its clothes than naked.むしろいずれか1つを選択し、死体を運ぶの服よりも裸です。 Or if they that were supposed to have stolen it would have left the grave-clothes behind, yet it cannot be supposed they would find leisure to 'fold up the linen.'"またはもし彼らが盗まれたことがあるはずの左の墓-服の背後には、まだそれを見つけることができないことになってもレジャーに'畳むのリネンです。 ' "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Resurrection復活

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 差出人:ホーム聖書の勉強を解説ジェームズm.白黒

Matthew Chapter 28マタイ28章

Perhaps the most important comment we can make on this chapter will be the order of the ten events on the day of which it speaks.おそらく最も重要なコメントをして行うことができるため、この章では、 10のイベント当日は、それが喋る。 (1) The three women, Mary Magdalene; Mary, the mother of James; and Salome, start for the sepulcher, followed by other women bearing spices. ( 1 )の3人の女性、メアリーモードリン;メアリーは、母親のジェームス;とサロメは、スタートは、地下墓所で、次いで他の女性軸受スパイスです。 (2) These find the stone rolled away and Mary Magdalene, goes to tell the disciples (Luke 23:55-24:9; John 20:1, 2). ( 2 )これらの石を見つけるとメアリーモードリン圧延去る、教えに行くの弟子(ルカ23:55-24:9 ;ヨハネ20時01分、 2 ) 。 (3) Mary, the mother of James, draws near the tomb and discovers the angel (Matthew 28:2). ( 3 )メアリーは、母親のジェームズは、引き分けを検出し、近くの墓や天使(マタイ28:2 ) 。 (4) She returns to meet the other women bearing the spices. ( 4 )その他の女性を満たすために彼女を返す軸受のスパイスです。 (5) Peter and John arrive, look in and go away. ( 5 )ピーターとジョンに到着、中を見ると消えてしまいます。 (6) Mary Magdalene returns, sees the two angels and Jesus (John 20:11-18). ( 6 )を返すメアリーモードリンは、 2つの天使を見ると、イエス(ヨハネ20:11-18 ) 。 (7) She goes to tell the disciples. ( 7 )彼女は、弟子を教えています。 (8) Mary, the mother of James, returns with the other women, all of whom see the two angels (Luke 24:4, 5; Mark 15:15). ( 8 )メアリーは、母親のジェームズは、返すと、他の女性には、すべての人を参照して2つの天使(ルーク24:4 、 5 ;マーク15時15分) 。 (9) They receive the angel's message. ( 9 )かれらの天使のメッセージを受け取る。 (10) While seeking the disciples are met by Jesus (Matthew 28:8-10). ( 10 )を求めている間、イエスキリストの弟子が満たされる(マタイ28:8-10 ) 。

Another comment of interest is the order of the appearances of Jesus on this day.別のコメントへの関心は、イエスのためには、この日に出演しています。 (1) To Mary Magdalene (John 20:14-18); (2) To the women returning from the tomb with the angel's message (Matthew 28:8-10); (3) To Peter (Luke 24:34; 1 Cor. 15:5); (4) To the two on the way to Emmaus (Luke 24:13-31); (5) To the apostles in the absence of Thomas (Luke 24: 36-43; John 20:19-24)). ( 1 )とメアリーモードリン(ジョン20:14-18 ) 、 ( 2 )を、女性たちの墓に復帰してから、天使のメッセージ(マタイ28:8-10 ) 、 ( 3 )にピーター(ルーク24:34 ; 1うわっ。 15時05分) ; ( 4 )には、 2つの方法をエマオ(ルカによる福音書24:13-31 ) ; ( 5 )の不在の中に、使徒トマス(ルーク24 : 36〜43 ;ヨハネ20時19分-24 ) ) 。

In dividing the chapter we have (1) The narative of the resurrection with the appearance of Jesus to the women (vv. 1-10); (2) The false invention of the Jews (v. 11-15); (3) The gathering in Galilee (vv. 16-20).章に分けて、我々は( 1 )のnarativeの外観では、イエスキリストの復活を、女性( vv. 1-10 ) 、 ( 2 )の虚偽の発明、ユダヤ人(対11-15 ) 、 ( 3 )集会で、ガリラヤ( vv. 16から20 ) 。 We can only touch upon the most important things, one of which is Christ's reference to His disciples as His "brethren" (v. 10).わずかに触れることができる最も重要なことは、これは1つのリファレンスをキリストの弟子としての彼の"兄弟" (対10 ) 。 For the first time does he use that word in such connection, showing that until His death and resurrection on their behalf the relationship had not become possible.彼は、初めてそのような言葉を使って接続して、表示されるまで彼の死と復活して彼らに代わって、関係していなかったが可能になります。 (Compare Ps. 22: 22 and Heb. 2:11, 12.) (比較しまう。 22 : 22とheb 。 2時11分、 12 。 )

Another important thing is verse 13, "Say ye, His disciples came by night, and stole Him away while we slept."もう一つ重要な点は、詩13日、 "と言う。なたがたは、彼の弟子たちがやって来て夜には、我々が眠っている間続けると彼を盗んだ"と述べた。 We give excerpts from Gaebelein on this verse: "The watch recover from their fright, and some hasten to the city. Surely something happened or why should they leave their post to make a report? Then it is strange they went to the priests first and not the Roman governor. This was an irregular proceeding, from which we conclude that what they had to report was of greater importance for the priests than Pilate. Who knows but these priests had instructed the guard that if He should come forth they were to come to them first of all?我々は、この詩を与えるgaebelein抜粋: "自分の恐怖から回復するのを見ると、いくつかの都市を急いでいる。本当にかれらはなぜか何かが起きた後に預けることが報告書を作るか?次に、彼らは、奇妙なことが第一とプリースト知事は、ローマです。これは、不規則な手続きは、彼らは私たちがどのような結論を報告していたよりも、もっと重要なのは、プリーストpilate 。誰でも知っているこれらのプリーストの警備を指示していた彼は、もし彼らが、罷り出る時に来るまず第一にしてですか?

Their report was a witness of the resurrection and that the tomb was empty.彼らの報告書は、復活の証人とし、墓は空っぽだった。 "The Sanhedrin was hastily summoned to receive the report in an offical way. The straightforward statement, as men of military training are apt to report, made doubt about veracity impossible. To impeach them would have been insane. But what would happen if this truth got out among the people? "The resurrection must be denied which could only be by inventing a lie. "と、あわてて召喚サンヘドリンは、公式の報告書を受け取る方法です。の率直な声明で、男性の軍事訓練としては、 aptをレポートでは、信憑疑う前に不可能だ。弾劾してきた彼らはばかげている。しかし、何が起こる場合、この真理人々の中に降りたところですか? "の復活を否定しなければならないことができる発明されただけにうそをついた。 The only possible lie was that His disciples stole the body.うそをつくのは、彼の弟子でのみ可能な体を盗んだ。 The story is incredible.その話が信じられない。

It is easier to believe He arose from the dead than to believe what the Jews invented about His resurrection.それは簡単に信じて死んでから、彼が生じたことを信じるよりも彼の復活については、ユダヤ人が発明した。 The disciples had forgotten about the resurrection promised and they were a scattered, poor, timid lot of people.忘れていたの弟子については、かれらは、少数の復活を約束したとは、貧しい人々は、多くの人々気弱です。 But even if they had been anxious to steal the body, how could they have done it?しかし、たとえ心配していた体を盗むのは、彼らがどのようにしてしまったのか。 Here was the company of armed men.ここでは、その会社の武装した男性です。 Then there was the sealed, heavy stone.次に封印があったのは、重い石です。 "But the ridiculous side of the lie came out with the report the soldiers were to circulate. The disciples came and stole the body, while they were sleeping! It is incredible that all these men had fallen asleep at the same time, and so fast asleep that the commotion of rolling away the stone and the carring away of the dead did not disturb them. "しかし、とんでもない側は、うその報告書が出ていた兵士たちに回覧する。盗んだ体の弟子来たとは、かれらが眠って!これらすべてのことが信じられないほどの男性が倒れたことで、同じ時間眠っているし、そんなに早く眠っているのは、騒ぎのローリングストーンとcarring去る去るオブザデッド邪魔していない。

Furthermore, sleeping at a post meant death for the Roman soldier.さらに、睡眠は、後には、ローマの兵士の死を意味します。 One might have nodded and risked his life, but that all slept is an impossiblity. 1つの可能性があるとリスクが彼の人生はうなずいたが、それは、すべてのimpossiblity眠っている。 But the report is foolish; they were asleep, and while asleep witnessed how the disciples stole the body of Jesus!しかし、報告書は愚かな;かれらは眠っている、と眠っている間に目撃どのようにイエスキリストの弟子の遺体を盗んだ! It was a miserable lie, and is continued to the present day." We might mention here the testimony of Josephus, who says in his antiquities: "He appeared to them alive on the third day, as the divine prophets had foretold these and ten thousand other wonderful things concerning Him."惨めなうそをつくことが、継続的には、現在の日です。 "我々がここで言及ヨセフスの証言は、誰によれば、彼の骨董品: "彼が登場して3日目にして生きているのは、預言者として、神の前から予報はこれらと10 1000に関する他の素晴らしいものなんですよ"

A third matter of importance is the "Great Commission" as it is called (vv. 19, 20). 3番目に重要な問題では、 "偉大な委員会"と呼ばれるように( vv. 19 、 20 ) 。 Note the word "Name" as indicative of the Trinity.言葉をメモして"名前"として、トリニティを示す。 It is not names but "Name."しかし名前ではない"との名前です。 " "Father, Son and Holy Spirit is the final name of the one true God. The conjunction in one name of the three affirms equality and oneness of substance." "父親は、息子と聖霊は、最後の本当の名前は、神の1つです。接続詞で、 1つの名前を3つの平等との一体性物質を肯定。 " Note the peculiarity of the terms.利用規約の特性に注意してください。 This is the Kingdom commission, as another expresses it, not the Christian commission.これは、王国委員会は、別の言葉で表現することではなく、キリスト教の委員会です。 The latter is in Luke, distinctively the Gentile Gospel, but not here, which is distinctively the Jewish Gospel.後者は、ルークは、独特のジェンティーレ福音書は、ここではなく、これは、ユダヤ教の福音書独特だ。 And this is all the more remarkable because in Luke, the disciples are commanded to go to the Jews (24:47), while here they are commanded to go to "all nations."そしてこれはもっと顕著なので、すべてのルークは、その弟子に移動するにはユダヤ人が命じられた( 24:47 )は、かれらが命じられたここに行っている間に"すべての国"と述べた。

It points to the close of the age when the commission will be carried out by the faithful remnant of the Jews so often spoken about.この点は、年齢を閉じる際に、委員会が実施されるのは、ユダヤ人はそれほど頻繁に忠実なレムナントについて話されています。 It has not yet been carried out.それがまだ行われている。 The story of the Acts is not its fulfilment.その物語は、その達成行為ではない。 Its accomplishment has been interrupted, but will be taken up before the Lord comes to deliver Israel at the last.その偉業が遮られたが、主が取られるまで来る前に、最後の最後で、イスラエルに届けています。

Questions 1. 質問 1 。 Repeat the order of the events on the day of resurrection.注文を繰り返すのは、復活の日のイベントです。 2. 2 。 Do the same with reference to the appearances of Jesus.同じことを基準に、イエス出演。 3. 3 。 Divide the chapter into three parts.この章の3つの部分に分ける。 4. 4 。 How would you answer the argument that the disciples stole the body of Jesus?引数をどのように回答してイエスキリストの弟子の遺体を盗んだか? 5. 5 。 What is the significance of the word "Name" in the "Great Commission"?その言葉の意味は何です"名前"は、 "偉大な委員会"とは? 6. 6 。 How do you distinguish the "Commission" in Matthew from that in Luke?どうやって区別する"委員会"のマシューからして、ルークですか?


General Resurrection全般復活

Catholic Information カトリック情報

Resurrection is the rising again from the dead, the resumption of life.復活のは、死んでから再び上昇し、生活の再開です。 The Fourth Lateran Council teaches that all men, whether elect or reprobate, "will rise again with their own bodies which they now bear about with them" (cap. "Firmiter").第4ラテラン評議会は、すべての男性を教え、無頼漢かどうかを選挙、または、 "再び上昇して、独自の遺体は、彼らを今ベアについては、かれらが" ( cap. " firmiter "を参照) 。 In the language of the creeds and professions of faith this return to life is called resurrection of the body (resurrectio carnis, resurrectio mortuoram, anastasis ton nekron) for a double reason: first, since the soul cannot die, it cannot be said to return to life; second the heretical contention of Hymeneus and Philitus that the Scriptures denote by resurrection not the return to life of the body, but the rising of the soul from the death of sin to the life of grace, must be excluded.その言語では、この信仰の信条や職業生活に戻るのは、体の復活と呼ばれる( resurrectio carnis 、 resurrectio mortuoram 、アナスタシスnekronトン)は、二重の理由:第一に、魂以来、死ぬことはできない、と述べたことに復帰することはできません人生; hymeneusと2番目の異端のコンテンションphilitus復活して、聖書を表していないのは、体の生活に戻りますが、上昇の魂を罪からの人生の死の恵みを受けて、除外する必要があります。 (We shall treat of the Resurrection of Jesus Christ in a separate article; here, we treat only of the General Resurrection of the Body.) "No doctrine of the Christian Faith", says St. Augustine, "is so vehemently and so obstinately opposed as the doctrine of the resurrection of the flesh" (In Ps. lxxxviii, sermo ii, n. 5). (わたしたちは、イエスキリストの復活を治療するという別の記事;ここでは、我々だけの治療は、体内の総復活です。 ) "は、キリスト教の教義を信仰のない"と、聖オーガスティン氏は、 "これは非常に頑固に躍起になって、反対の教義としては、復活の肉体" (でしまう。 88 、 sermo 2世、 n. 5 ) 。 This opposition had begun long before the days of St. Augustine: "And certain philosophers of the Epicureans and of the Stoics", the inspired writer tells us (Acts 17:18, 32), "disputed with him [Paul] ...and when they had heard of the resurrection of the dead, some indeed mocked, but others said: We will hear thee again concerning this matter."ずっと前に始まっていたが、この日の反対聖アウグスティヌス: "とは、特定の哲学者のepicureansとstoics "と、教えてくれる触発された作家( 17時18行為、 32 )は、 "彼と係争[ポール] ...と聞いたとき、彼らは、死者の復活は、確かに嘲笑するが、他によると:我々はこの件に関して再び聞くなた。 " Among the opponents of the Resurrection we naturally find first those who denied the immortality of the soul; secondly, all those who, like Plato, regarded the body as the prison of the soul and death as an escape from the bondage of matter; thirdly the sects of the Gnostics and Manichæans who looked upon all matter as evil; fourthly, the followers of these latter sects the Priscillianists, the Cathari, and the Albigenses; fifthly, the Rationalists, Materialists, and Pantheists of later times.反対派は、我々の中に自然に復活の第一発見者の霊魂の不滅を否定;第二に、すべての人々は、プラトンのように、体と見なすとして、刑務所としては、魂と死の束縛から逃れる事;第三に、宗派を見下ろしていましたgnosticsとすべての人の問題としてmanichæans悪;第四に、これらの後者の宗派の信者のpriscillianists 、 cathariし、アルビ派; fifthly 、 rationalists 、 materialists 、後で倍のpantheists 。 Against all these we shall first establish the dogma of the resurrection, and secondly consider the characteristics of the risen body.われは、これらすべてに対する最初のドグマは、復活を確立し、第二の上昇体の特性を考慮している。 A. DOGMA OF THE RESURRECTION The creeds and professions of faith and conciliar definitions do not leave it doubtful that the resurrection of the body is a dogma or an article of faith. a.ドグマは、復活の信仰や信条や職業conciliar定義しないで復活させたままにして体の疑問は、上の教義や信仰の記事です。 We may appeal, for instance, to the Apostles' Creed, the so-called Nicene and Athanasian Creeds, the Creed of the Eleventh Council of Toledo, the Creed of Leo IX, subscribed by Bishop Peter and still in use at the consecration of bishops the profession of faith subscribed by Michael Palaeologus in the Second Council of Lyons, the Creed of Pius IV, and the Decree of the Fourth Lateran Council (c. "Firmiter") against the Albigenses.我々が訴えは、例えば、その使徒信条、ニカイアとしている、いわゆるアタナシウス信条は、評議会の信条は、 11トレドは、信条のレオ9世は、ピーターと申し込んで現在も使用された司教は、奉献の司教マイケルな信仰告白を申し込んで、 2番目の評議会palaeologusライオンズは、ピウス4世の信条、および令第4ラテラン評議会( c. " firmiter " )に対して、アルビ派です。 This article of faith is based on the belief of the Old Testament, on the teaching of the New Testament, and on Christian tradition.この記事は、信仰の信念に基づいて、旧約聖書には、新約聖書の教えは、キリスト教の伝統としています。 (1) Old Testament The words of Martha and the history of the Machabees show the Jewish belief towards the end of the Jewish economy. ( 1 )旧約聖書の言葉をmachabeesマーサとショーの歴史は、 20世紀末に、ユダヤ教、ユダヤ教の信仰経済です。 "I know", says Martha, "that He shall rise again, in the resurrection at the last day" (John 11:24). "私は知っている"と、マーサ氏は、 "再び上昇して彼は、最後の最後では、復活の日" (ヨハネ11:24 ) 。 And the third of the Machabee martyrs put forth his tongue and stretched out his hands, saying: "These I have from heaven, but for the laws of God I now despise them: because I hope to receive them again from him" (2 Maccabees 12:11; cf. 9:14).そして第3は、自分の舌を出すmachabee殉教者と両手を伸ばして、と言って: "私はこれらの天からではなく、神のための法律を軽蔑して私を今:かれらを受け取りたいと願っているので、彼からもらった" ( 2 maccabees 12:11 ; cf 。 9時14分) 。 The Book of Daniel (xii, 2; cf. 12) inculcates the same belief: "Many of those that sleep in the dust of the earth, shall awake: some unto life everlasting, and others unto reproach, to see it always."この本のダニエル( 12世は、 2 ; cf 。 12 ) inculcates同じ信念: "睡眠中の人々の多くが、地球のほこりには必ず目を覚ます:いくつかの永遠の生命、かれは、かれと非難する他、常にそれを参照してください。 " The word many must be understood in the light of its meaning in other passages, e.g.その言葉は、多くの光を理解しなければならないという意味で他の通路は、例えば、 Is., liii, 11-12; Matt., xxvi, 28; Rom., v, I8-19.が。 、 53 、 11-12 ;マットです。 、 26 、 28 ; ROMのです。 、 v 、 i8 - 19 。 Though Ezechiel's vision of the resurrection of the dry bones refers directly to the restoration of Israel, such a figure would be hardly Israel, such a figure would be hardly intelligible except by readers familiar with the belief in a literal resurrection (Ezekiel 37).かかわらずezechielのビジョンは、復活の乾いた骨の修復を指します直接イスラエルは、このような図がほとんどイスラエルは、このような図を除いてはほとんど理解できるという信念を読者に精通して復活するリテラル(エゼキエル37 ) 。 The Prophet Isaias foretells that the Lord of hosts "shall cast down death headlong forever" (xxv, 8), and a little later he adds: "Thy dead men shall live, my slain shall rise again. . . the earth shall disclose her blood, and shall cover her slain no more" (xxvi, 19-21).預言者は、天帝isaias foretells "永遠に真っ逆さま死を落胆させるもの" ( 25 、 8 ) 、少し後に彼を追加します: "死人は、なたのライブは、再び上昇マイ殺害されたものです。 。 。 、地球は、彼女の開示血液は、殺害されたとは、彼女のこれ以上のカバー" ( 26 、 19-21 ) 。 Finally, Job, bereft of all human comfort and reduced to the greatest desolation, is strengthened by the thought of the resurrection of his body: "I know that my Redeemer liveth, and in the last day I shall rise out of the earth. And I shall be clothed again with my skin, and in my flesh I shall see God. Whom I myself shall see, and my eyes shall behold, and not another; this hope is laid up in my bosom" (Job 19:25-27).最後に、仕事は、すべての人間の快適さを失って減少して最大の荒廃とは、強化されたのは、彼の思想は、復活体: "それは分かって生きる私の救い主、と最後の日わたしは、地球外の上昇です。とわたしは自分の肌に服を着ていると、私の肉体と私は神を参照してください。私は、自分自身を参照して、私の目から見るとは、見よ、そしてもう一つは、この希望は私の懐で寝ている" (就職19:25-27 ) 。 The literal translation of the Hebrew text differs somewhat from the foregoing quotation, but the hope of resurrection remains.ヘブライ語のテキストを直訳した、前述の引用から多少異なりますが、復活の希望残っている。 (2) New Testament The resurrection of the dead was expressly taught by Christ (John 5:28-29; 6:39-40; 11:25; Luke 14:14) and defended against the unbelief of the Sadducees, whom He charged with ignorance of the power of God and of the Scriptures (Matthew 22:29; Luke 20:37). ( 2 )死者のよみがえり新約聖書の教えが明示されたキリスト(ヨハネ5:28-29 ; 6:39-40 ; 11:25 ;ルーク14時14分)と不信仰の擁護に反対sadducees 、心に適う請求無知とは、神の力とは、聖書(マタイ22 : 29 ;ルーク20時37分) 。 St. Paul places the general resurrection on the same level of certainty with that of Christ's Resurrection: "If Christ be preached, that he rose again from the dead, how do some among you say that there is no resurrection of the dead? But if there be no resurrection of the dead, then Christ is not risen again. And if Christ be not risen again, then is our preaching vain, and your faith is also vain" (1 Corinthians 15:12 sqq.).聖パウロの復活して、同じ場所で、一般的なレベルの確実性をして、キリストの復活: "もしキリストの説教には、再び上昇してから、彼は死んでは、いくつかの中にはどうすればそのようにおっしゃるのは、死者の復活はないのか。しかし、もしそこではない、死者の復活、キリストではないその後再び上昇しています。と再び上昇していない場合、キリストが、その後は私たちの無駄な説教は、信仰としても無駄" ( 1コリンチャンス15時12 sqq 。 ) 。 The Apostle preached the resurrection of the dead as one of the fundamental doctrines of Christianity, at Athens, for instance (Acts 17:18, 31, 32), at Jerusalem (xxiii, 6), before Felix (xxiv, 15), before Agrippa (xxvi, 8).説教は、使徒の一人として、死者の復活、キリスト教の根本的な教説は、アテネでは、例えば( 17時18行為、 31 、 32 ) 、エルサレム( 23 、 6 ) 、前フェリックス( xxiv 、 15 )は、前アグリッパ( 26 、 8 ) 。 He insists on the same doctrine in his Epistles (Romans 8:11; 1 Corinthians 6:14; 15:12 sqq.; 2 Corinthians 4:14; 5:1 sqq.; Philippians 3:21; 1 Thessalonians 4:12-16; 2 Timothy 2:11; Hebrews 6:2), and in this he agrees with the Apocalypse (xx, 12 sqq.).彼は、同じ教義を主張して彼の書簡(ローマ人への手紙8時11分; 1コリンチャンス6時14分、 15時12 sqq 。 ; 2コリンチャンス4時14分、 5時01 sqq 。 ;ピリピ人への手紙3 : 21 ; 1 thessalonians 4時12分- 16 ; 2ティモシー2時11 ;ヘブル人への手紙6時02分) 、および、これに賛成して彼の黙示録( XX社は、 12 sqq 。 ) 。 (3) Tradition It is not surprising that the Tradition of the early Church agrees with the clear teaching of both the Old and New Testaments. ( 3 )伝統ではないことは、驚くべきことで、初期の教会の伝統に同意して教えることの両方をクリアする旧約聖書と新約。 We have already referred to a number of creeds and professions of faith which may be considered as part of the Church's official expression of her faith.我々はすでに言及し、いくつかの職業の信仰や信条と見なされる可能性がありますが、教会の団体の関係者は彼女の信仰を表現した。 Here we have only to point out a number of patristic passages, in which the Fathers teach the doctrine of the general resurrection in more or less explicit terms.ここで我々は、いくつかの点を指摘のみpatristic通路で、父親の教義を教えるのは多かれ少なかれ、総復活の明示的な用語です。 St. Clement of Rome, I Cor., xxv; St. Justin Martyr, "De resurrect.", vii sqq.; Idem, "Dial. c. Tryph.", lxxx; Athenagoras, "De resur. carn.", iii; Tatian, "Adv. Graec.", vi; St. Irenæus, "Contra haer.", I, x; V, vi, 2; Tertullian, "Contra Marcion.", V, ix; Idem, "De praescript.", xiii; Idem, "De resurrect. carn.", I, xii, xv, Ixiii; Minucius Felix, "Octav.", xxxiv; Origen, tom.ローマの聖クレメント、私うわっ。 、 25 ;聖ジャスティン殉教者は、 "デよみがえらせる。 " 、第VII sqq 。 ;同著者は、 "ダイヤルです。 tryph c. 。 " 、 80 ;アテナゴラス、 "デresur 。 carn 。 " 3世; tatian 、 "前売graecです"でvi ;聖irenæus 、 "コントラhaer 。 "は、私、 × ; v 、 viのは、 2 ; tertullian 、 "コントラmarcion 。 " 、 v 、 9 ;同著者は、 "デpraescript "と述べた。 、 13 ;同著者は、 "デよみがえらせる。 carnです" 、私は、 12世、 15 、 ixiii ;ミヌキウスフェリクス、 " octav 。 " 、 34 ;原産地、トム。 XVII, in Matt., xxix; Idem, "De princip.", praef., v; Idem, "In Lev.", v, 10; Hippolytus, "Adv. Graec." 17は、マットです。 、 29 ;同著者は、 "デプリンチプ。 " 、 praef 。 、 v ;同著者は、 "レフ"と述べた。 、 v 、 10 ;ヒッポリュトスは、 "前売graec 。 " in P. G., X, 799; St. Cyril of Jerusalem, "Cat.", XVIII, xv; St. Ephraem, "De resurrect. mort."; St. Basil, "Ep. cclxxi", 3; St. Epiphanius, "In ancor.", lxxxiii sq., xcix; St. Ambrose, "De excessu frat. sui Satyri", II, lxvii, cii; Idem, "In Ps. cxviii", serm.パプアニューギニアで、 × 、 799 ;聖エルサレムの聖キュリロスは、 "猫"と述べた。 、 18 、 15 ;聖ephraem 、 "デよみがえらせる。モート。 " ;聖バジルは、 "欧州。 cclxxi " 、 3 ;聖聖エピファニオス、 " ancor 。 " 、 83 sq 。 、九十九;聖アンブローズは、 "デexcessu frat 。 satyriスイ" 、 2世、 67 、 cii ;同著者は、 "でしまう。 cxviii " 、 serm 。 x, n. x 、 n. 18; Ps. 18 ;しまう。 Ambr., "De Trinit.", xxiii, in P. L. XVII, 534; St. Jerome, "Ep. ad Paul" in LIII, 8; Rufinus, "In symbol.", xliv sq.; St. Chrysostom (Ps. Chrysostom), "Fragm. in libr. Job" in P. G., LXIV, 619; St. Peter Chrysologus, serm. ambr 。 、 "デtrinit 。 " 、 23 、 17 、 pl 、 534 ;聖ジェロームは、 "欧州です。広告のポール"は53 、 8 ;ルフィヌスは、 "シンボル"と述べた。 、 44 sq 。 ;聖クリュソストモス( ps.クリュソストモス) 、 " fragm 。 libr 。ジョブ"を観覧可、 64 、 619 ;サンピエトロクリソログス、 serm 。 103, 118; "Apost. Constit.", VII, xli; St. Augustine "Enchirid.", 84; Idem, "De civit. Dei", XX, xx; Theodoret, "De provident.", or. 103 、 118 ; " apost 。 constit 。 " 、第VII 、 41 ;聖アウグスティヌス" enchirid 。 " 、 84 ;同著者は、 "デcivit 。デイ"は、 XX社は、 XX社; theodoret 、 "デプロビデント。 " 、またはです。 ix; "Hist. eccl.", I, iii. 9 ; "シーッ。 eccl 。 " 、私は、 Ⅲ 。 The general resurrection can hardly be proved from reason, though we may show its congruity.総復活の理由からであることが立証は難しいが、その適合性を示すことがあります。 As the soul has a natural propensity to the body, its perpetual separation from the body would seem unnatural.としての魂には、体の自然な性向には、体内から分離した四季咲きのように見えるが不自然だ。 As the body is the partner of the soul's crimes, and the companion of her virtues, the justice of God seems to demand that the body be the sharer in the soul's punishment and reward.体には、パートナーとしての魂の犯罪は、彼女とその仲間の美徳は、神の正義を求めるように、体を共有して、魂の罰と褒美です。 As the soul separated from the body is naturally imperfect, the consummation of its happiness, replete with every good, seems to demand the resurrection of the body.体内から分離したとしても、魂は、自然に不完全な、幸福の成就のは、あらゆるいっぱいいいが、需要の復活のように体のです。 The first of these reasons appears to be urged by Christ Himself in Matt., xxii, 23; the second reminds one of the words of St. Paul, I Cor., xv, 19, and II Thess., i, 4.これらの理由が表示されたら、最初のキリストを自分自身でマットに迫られています。 、 22 、 23 ;第2の1つを連想させる聖パウロの言葉が、私うわっ。 、 15 、 19 、および2世thess 。 、私は、 4 。 Besides urging the foregoing arguments, the Fathers appeal also to certain analogies found in revelation and in nature itself, e.g.加えて、前述のよう呼び掛けて引数は、特定の類似性を、父親の訴えにも自然と見られるヨハネの黙示録自体は、例えば、 Jonas in the whale's belly, the three children in the fiery furnace, Daniel in the lions' den, the carrying away of Henoch and Elias, the raising of the dead, the blossoming of Aaron's rod, the preservation of the garments of the Israelites in the desert, the grain of seed dying and springing up again, the egg, the season of the year, the succession of day and night.ジョナスは、クジラの腹は、 3人の子供は、燃え盛る炉は、ダニエルは、ライオンの巣窟は、帳簿とエリアスヘーノホ去るのは、繰り上げオブザデッドは、花の咲いているのアロンの杖は、保全の衣装では、イスラエル人砂漠では、穀物の種子再び反騰死にかけていると、その卵は、その年のシーズンには、昼と夜の連続だ。 Many pictures of early Christian art express these analogies.多くの写真が初期キリスト教美術エクスプレスこれらの類似性。 But in spite of the foregoing congruities, theologians more generally incline to the opinion that in the state of pure nature there would have been no resurrection of the body.しかし、前述のcongruitiesにもかかわらず、神学者に傾斜して、より多くの意見が通常の状態にされていない純粋な自然のあるが、体の復活です。 B. CHARACTERISTICS OF THE RISEN BODY All shall rise from the dead in their own, in their entire, and in immortal bodies; but the good shall rise to the resurrection of life, the wicked to the resurrection of Judgment. Bの上昇は、体の特徴は、すべての死者の中から、独自の上昇は、その全体では、との不滅の遺体;しかし、良いものを、復活の人生の上昇は、邪悪な判断をして復活した。 It would destroy the very idea of resurrection, if the dead were to rise in bodies not their own.それは非常に破壊するという考えを復活、死んでいた場合には、自分の遺体を引き上げています。 Again, the resurrection, like the creation, is to be numbered amongst the principal works of God; hence, as at the creation all things are perfect from the hand of God, so at the resurrection all things must be perfectly restored by the same omnipotent hand.繰り返しますが、復活は、そのような創造は、校長は、作品の中に神の番号;それ故に、すべてのものの創造としては、神の手からは、完璧なので、すべてのことをしなければならないの復活は、完全に復元されたのと同じ全能手です。 But there is a difference between the earthly and the risen body; for the risen bodies of both saints and sinners shall be invested with immortality.しかし、この世の間の差異があると体の上昇;は、遺体の両方の上昇に投資して聖人と罪人は不滅だ。 This admirable restoration of nature is the result of the glorious triumph of Christ over death as described in several texts of Sacred Scripture: Is., xxv, 8; Osee, xiii, 14; I Cor., xv, 26; Apoc., ii, 4.この見事な自然の復元の結果、輝かしい功績は、キリストの死の上に記載されいくつかのテキストの神聖な啓典:です。 、 25 、 8 ; osee 、 13 、 14 ;私うわっ。 、 15 、 26 ; apoc 。 、 2世は、 4 。 But while the just shall enjoy an endless felicity in the entirety of their restored members, the wicked "shall seek death, and shall not find it, shall desire to die, and death shall fly from them" (Revelation 9:6).しかし、わずかながら楽しむには、無限の至福のメンバーは、全体の復元は、邪悪な"死を求めるものは、それを見つけるものではないとは、欲望を死ぬものは、死とは、かれらからフライ" (ヨハネの黙示録9時06分) 。 These three characteristics, identity, entirety, and immortality, will be common to the risen bodies of the just and the wicked.これらの3つの特徴は、アイデンティティは、全体は、不滅とは、共通して上昇されるだけでは、遺体と、邪悪な。 But the bodies of the saints shall be distinguished by four transcendent endowments, often called qualities.しかし、聖人の遺体は、並外れたものに区別される4つの天分、資質と呼ばれています。 The first is "impassibility", which shall place them beyond the reach of pain and inconvenience.最初は" impassibility " 、これは、かれらの手の届かない場所に痛みと不便です。 "It is sown", says the Apostle, "in corruption, it shall rise in incorruption" (1 Corinthians 15:42). "これは、作付面積"は、使徒によれば、 "不正腐敗では、それは、清廉潔白の上昇" ( 1コリンチャンス15時42分) 。 The Schoolmen call this quality impassibility', not incorruption, so as to mark it as a peculiarity of the glorified body; the bodies of the damned will be incorruptible indeed, but not impassible; they shall be subject to heat and cold, and all manner of pain.この通話品質のschoolmanの複数impassibility 'ではなく、清廉潔白、マークとなるように見せかけて、体の特性として;オブザヴァンパイアの遺体が本当に清廉潔白が、平気な;かれらは暑さと寒さの対象となる、とありとあらゆる痛みのです。 The next quality is "brightness", or "glory", by which the bodies of the saints shall shine like the sun.品質は、次の"明るさ" 、または"栄光"とされるのは、聖人の遺体は、太陽のように輝く。 "It is sown in dishonour," says the Apostle, "it shall rise in glory" (1 Corinthians 15:43; cf. Matthew 13:43; 17:2; Philippians 3:21). "これは、作付面積が不渡りは、 "によれば、この使徒は、 "これは、栄光の上昇" ( 1コリンチャンス15 : 43 ; cf 。マシュー13時43分、 17時02分;ピリピ人への手紙3時21分) 。 All the bodies of the saints shall be equally impassible, but they shall be endowed with different degrees of glory.聖人の遺体は、すべてのものに等しく平気な、しかし、かれらはさまざまな程度の栄光に恵まれている。 According to St. Paul: "One is the glory of the sun, another the glory of the moon, another the glory of the stars. For star differeth from star in glory"'(1 Corinthians 15:41-42).によると、聖パウロ: " 1つは、太陽の栄光は、もう一つの栄光ザムーンは、もう一つの栄光の星だ。 differethからスターにはスターの栄光" ' ( 1コリンチャンス15:41-42 ) 。 The third quality is that of "agility", by which the body shall be freed from its slowness of motion, and endowed with the capability of moving with the utmost facility and quickness wherever the soul pleases. 3番目の品質は、 "アジリティ" 、さから解放されるのは、体の動きの遅さは、その能力に恵まれていると動いて礼を尽くして、魂の好きな場所に施設や敏捷されます。 The Apostle says: "It is sown in weakness, it shall rise in power" (1 Corinthians 15:43).その使徒によれば: "これは、作付面積の弱点は、権力の座に上昇することは、 " ( 1コリンチャンス15時43分) 。 The fourth quality is "subtility", by which the body becomes subject to the absolute dominion of the soul. 4番目の質は" subtility "は、体内での絶対的な支配権の対象になるの魂です。 This is inferred from the words of the Apostle: "It is sown a natural body, it shall rise a spiritual body" (1 Corinthians 15:44).これは、使徒の言葉から推測: "それは自然な体の作付面積は、精神的に上昇することは、ボディ" ( 1コリンチャンス15時44分) 。 The body participates in the soul's more perfect and spiritual life to such an extent that it becomes itself like a spirit.体に参加して、魂と精神生活のより完璧なほどに送ったら、精神そのもののようだ。 We see this quality exemplified in the fact that Christ passed through material objects.我々の品質を参照して、この事実は、キリストに例示された材料を通過するオブジェクトです。 Publication information Written by A.J. aj書かれた文献情報 Maas.マース。 Transcribed by Donald J. Boon.ドナルドブーン転写された。 Dedicated to Bishop Andre Cimichella of Montreal, and to Blessed Kateri Tekakwitha The Catholic Encyclopedia, Volume XII.ビショップ専用のモントリオールアンドレcimichella 、およびkateriを祝福tekakwithaカトリック百科事典は、 12世のボリュームです。 Published 1911.日付1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認は、 11年6月1日。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Resurrection of Jesus Christイエスキリストの復活

Catholic Information カトリック情報

Resurrection is the rising again from the dead, the resumption of life.復活のは、死んでから再び上昇し、生活の再開です。 In this article, we shall treat only of the Resurrection of Jesus Christ.この記事でも、わたしたちは、治療のイエスキリストの復活だけです。 (The General Resurrection of the Body will be covered in another article.) The fact of Christ's Resurrection, the theories opposed to this fact, its characteristics, and the reasons for its importance must be considered in distinct paragraphs. (総復活される体の別の記事で取り上げられています。 )キリストの復活という事実は、この理論に反対してこのような事実は、その特性は、その理由とは別個の段落の重要性を考慮しなければならない。

I. THE FACT OF CHRIST'S RESURRECTION i.その事実は、キリストの復活

The main sources which directly attest the fact of Christ's Resurrection are the Four Gospels and the Epistles of St. Paul.メインのソースを直接その事実の証明には4つのgospelsキリストの復活と聖パウロの書簡のです。 Easter morning is so rich in incident, and so crowded with interested persons, that its complete history presents a rather complicated tableau.イースターの朝には、事件に富んでいるので、関心のある方々とにぎわっているので、どちらかというと、複雑なタブローの完全な履歴をプレゼントします。 It is not surprising, therefore, that the partial accounts contained in each of the Four Gospels appear at first sight hard to harmonize.意外なことではない、したがって、そのアカウントの部分に含まれているそれぞれの4つのハードgospels光景を調和させるため、最初に表示されます。 But whatever exegetic view as to the visit to the sepulchre by the pious women and the appearance of the angels we may defend, we cannot deny the Evangelists' agreement as to the fact that the risen Christ appeared to one or more persons.しかし、どのような解釈のように表示されるsepulchre訪問して、信心深い女性の外観と、天使たちに我々を守ることは、我々を否定することはできないの伝道者'としての契約書に上昇したという事実を、 1つまたは複数の人々をキリストの登場です。 According to St. Matthew, He appeared to the holy women, and again on a mountain in Galilee; according to St. Mark, He was seen by Mary Magdalen, by the two disciples at Emmaus, and the Eleven before his Ascension into heaven; according to St. Luke, He walked with the disciples to Emmaus, appeared to Peter and to the assembled disciples in Jerusalem; according to St. John, Jesus appeared to Mary Magdalen, to the ten Apostles on Easter Sunday, to the Eleven a week later, and to the seven disciples at the Sea of Tiberias.マタイによると、彼は、神聖な女性が登場して、山の中で、再びガリラヤ;サンマルコによると、彼はメアリーマグダレン見られる、エマオされる2つの弟子で、彼の昇天を前に11人と天国;聖ルカによる福音書によると、彼の弟子にして歩いたエマオは、ピーターと登場して弟子にして組み立てエルサレム;によると、聖ヨハネは、イエスキリストが登場してマグダレンメアリーは、復活祭の日曜日の10使徒には、 1週間に11人その後、そして弟子には、 7つの海のティベリアス。 St. Paul (1 Corinthians 15:3-8) enumerates another series of apparitions of Jesus after His Resurrection; he was seen by Cephas, by the Eleven, by more than 500 brethren, many of whom were still alive at the time of the Apostle's writing, by James, by all the Apostles, and lastly by Paul himself.聖パウロ( 1コリント書15:3-8 )別のシリーズを列挙した後、彼の復活のイエスapparitions ;シーファス見られる彼は、 11人で、 500人以上の同胞は、そのうちの多くはまだ生きている時には、銀製の文章は、ジェームズによっては、すべての使徒、そして最後にポール自身です。

Here is an outline of a possible harmony of the Evangelists' account concerning the principal events of Easter Sunday:ここでは、大綱の可能性が調和の伝道者のアカウントに関する主要なイベントの復活祭の日曜日:

The holy women carrying the spices previously prepared start out for the sepulchre before dawn, and reach it after sunrise; they are anxious about the heavy stone, but know nothing of the official guard of the sepulchre (Matthew 28:1-3; Mark 16:1-3; Luke 24:1; John 20:1).女性の神聖なスパイスを運ぶために事前に準備を開始するsepulchre夜明け前、日の出後に達すること;かれらは、重い石を心配して、何も知らないしかし、同関係者は、ガードsepulchre (マタイ28:1-3 ;マーク16 :1 - 3 ;ルーク24:1 ;ヨハネ20時01分) 。

The angel frightened the guards by his brightness, put them to flight, rolled away the stone, and seated himself not upon (ep autou), but above (epano autou) the stone (Matthew 28:2-4).エンジェルおびえた彼の明るさ、警備員は、それらを置く飛行、転がり続ける石は、自分自身に装着していない時(欧州autou )が、上記( epano autou )の石(マタイ28:2-4 ) 。

Mary Magdalen, Mary the Mother of James, and Salome approach the sepulchre, and see the stone rolled back, whereupon Mary Magdalen immediately returns to inform the Apostles (Mark 16:4; Luke 24:2; John 20:1-2).マグダレンメアリー、メアリーの母のジェームズは、このアプローチとサロメsepulchre 、石を参照してロールバックすると、すぐにそれを返すに知らせるメアリーマグダレン使徒( 16時04マーク;ルーク24:2 ;ジョン20:1-2 ) 。

The other two holy women enter the sepulchre, find an angel seated in the vestibule, who shows them the empty sepulchre, announces the Resurrection, and commissions them to tell the disciples and Peter that they shall see Jesus in Galilee (Matthew 28:5-7; Mark 16:5-7).他の2つの神聖な女性sepulchre入力して、天使を見つけるの前庭装着され、それらを示し、空のsepulchre者は、復活を発表し、それらの手数料を伝えるとピーターの弟子にしてかれらはイエスのガリラヤを参照してください(マタイ28:5 - 7 ;マーク16:5-7 ) 。

A second group of holy women, consisting of Joanna and her companions, arrive at the sepulchre, where they have probably agreed to meet the first group, enter the empty interior, and are admonished by two angels that Jesus has risen according to His prediction (Luke 24:10). 2番目のグループの聖なる女性は、彼女の仲間で構成さジョアンナと、到着するsepulchre 、どこで合意を満たすために彼らは、おそらく最初のグループは、空のインテリアを入力して、警告されるとは、イエスキリストが上昇して2つの天使たちの予測によれば、彼(ルカ24:10 ) 。

Not long after, Peter and John, who were notified by Mary Magdalen, arrive at the sepulchre and find the linen cloth in such a position as to exclude the supposition that the body was stolen; for they lay simply flat on the ground, showing that the sacred body had vanished out of them without touching them.その後間もなく、ピーターとジョンは、メアリーマグダレン人が通知されることは、 sepulchreに到着すると、亜麻布を見つけると、そのような立場を除外すると仮定して、体が盗まれた;ためには、平らな地面に彼らレイだけ、ということを示す遺体は、神聖な部分に触れることなく消えて口に出してしまうことです。 When John notices this he believes (John 20:3-10).と彼は考えて、このときに通知ジョン(ヨハネ20:3-10 ) 。

Mary Magdalen returns to the sepulchre, sees first two angels within, and then Jesus Himself (John 20:11-l6; Mark 16:9).メアリーマグダレンを返すsepulchre 、最初の2つの天使を見て、それから自分自身イエスキリスト(ジョン20 : 11 - l6 ;マーク16:9 ) 。

The two groups of pious women, who probably met on their return to the city, are favored with the sight of Christ arisen, who commissions them to tell His brethren that they will see him in Galilee (Matthew 28:8-10; Mark 16:8).この2つのグループの信心深い女性は、おそらく誰に会ったのは、市街地に戻り、その光景を見て、キリストの方が好ま生じて、それらの手数料を伝える彼の兄弟たちが、かれらはかれを参照してくださいガリラヤ(マタイ28:8-10 ;マーク16 : 8 ) 。 The holy women relate their experiences to the Apostles, but find no belief (Mark 16:10-11; Luke 24:9-11).自分の体験に関連して、聖なる女性の使徒が、信念を見つけていない(マーク16:10-11 ;ルーク24:9-11 ) 。

Jesus appears to the disciples, at Emmaus, and they return to Jerusalem; the Apostles appear to waver between doubt and belief (Mark 16:12-13; Luke 24:13-35).イエスキリストの弟子が表示されたら、エマオでは、かれらに戻るエルサレム;の疑いとの間で揺れ動く使徒信条に表示されます(マーク16:12-13 ;ルカによる福音書24:13-35 ) 。

Christ appears to Peter, and therefore Peter and John firmly believe in the Resurrection (Luke 24:34; John 20:8).キリストをピーターが表示されたら、それゆえにしっかりとジョンピーターの復活を信じている(ルカ24:34 ;ヨハネ20時08分) 。

After the return of the disciples from Emmaus, Jesus appears to all the Apostles excepting Thomas (Mark 16:14; Luke 24:36-43; John 20:19-25).弟子からの帰還後、エマオは、イエスキリストが表示されたら、使徒を除くすべてのトーマス(マーク16時14分;ルーク24:36-43 ;ジョン20:19-25 ) 。

The harmony of the other apparitions of Christ after His Resurrection presents no special difficulties.ハーモニーは、他のapparitions 、キリストの復活の後、特別な問題がない男性です。

Briefly, therefore, the fact of Christ's Resurrection is attested by more than 500 eyewitnesses, whose experience, simplicity, and uprightness of life rendered them incapable of inventing such a fable, who lived at a time when any attempt to deceive could have been easily discovered, who had nothing in this life to gain, but everything to lose by their testimony, whose moral courage exhibited in their apostolic life can be explained only by their intimate conviction of the objective truth of their message.簡潔には、したがって、その事実が証明されたキリストの復活は、 500以上の目撃者は、その経験は、シンプルさ、および垂直無能な人生のレンダリングしてそのような寓話の発明は、人の住んでいるときにどんな試みを欺く可能性がある簡単に発見は、この人の人生を得ることはなかったが、彼らの証言によってすべてを失うのは、道徳的な勇気の展示は、ローマ教皇の説明だけで生活できるの有罪判決は、彼らの親密な客観的真実のメッセージです。 Again the fact of Christ's Resurrection is attested by the eloquent silence of the Synagogue which had done everything to prevent deception, which could have easily discovered deception, if there had been any, which opposed only sleeping witnesses to the testimony of the Apostles, which did not punish the alleged carelessness of the official guard, and which could not answer the testimony of the Apostles except by threatening them "that they speak no more in this name to any man" (Acts 4:17).再びその事実が証明されたキリストの復活はその雄弁な沈黙がすべて完了していたシナゴーグごまかしを防ぐため、これを簡単に発見した可能性がある欺瞞は、いかなる場合には、これに反対しか寝て目撃者の証言は、使徒には、これは不注意のない疑惑の関係者を罰するガード、およびこれに答えることができなかったの証言を除いて、使徒を脅迫して"これ以上話すことで、この名前を任意の男" (行為の午前4時17分) 。 Finally the thousands and millions, both Jews and Gentiles, who believed the testimony of the Apostles in spite of all the disadvantages following from such a belief, in short the origin of the Church, requires for its explanation the reality of Christ's Resurrection, fot the rise of the Church without the Resurrection would have been a greater miracle than the Resurrection itself.最後には数百万数千人とは、ユダヤ人との両方gentiles 、信仰の証言にもかかわらず、使徒のすべてのデメリットより以下のような信念は、要するに、教会の起源は、その説明をする必要がキリストの復活の現実は、そのfot教会の台頭なしに奇跡の復活が大きいが、それ自体よりも、復活した。

II. Ⅱ 。 OPPOSING THEORIES反対論

By what means can the evidence for Christ's Resurrection by overthrown?どのような手段では、キリストの復活を転覆するための証拠? Three theories of explanation have been advanced, though the first two have hardly any adherents in our day. 3つの理論の詳細な説明がされ、最初の2日間は、支持者がほとんどない。

(1)The Swoon Theory ( 1 ) 、気絶説

There is the theory of those who assert that Christ did not really die upon the cross, that His supposed death was only a temporary swoon, and that His Resurrection was simply a return to consciousness.そこは、理論と主張している人は本当にキリストの十字架上で死ぬ、仮定して彼の死は、一時的に気絶だけは、彼の復活としていただけで、我に返る。 This was advocated by Paulus ("Exegetisches Handbuch", 1842, II, p. 929) and in a modified form by Hase ("Gesch. Jesu", n. 112), but it does not agree with the data furnished by the Gospels.これが提唱されたパウルス( " exegetisches handbuch " 、 1842 、 2世、 p. 929 )によって修正された形とはハーゼ( " gesch 。主イエス"と、 n. 112 ) 、が表示されないことに同意されたデータの中長期gospels 。 The scourging and the crown of thorns, the carrying of the cross and the crucifixion, the three hours on the cross and the piercing of the Sufferer's side cannot have brought on a mere swoon.イバラの冠のscourgingとは、帳簿の十字架はりつけとは、十字架上で、 3時間とは、患者の側にピアスをすることはできませんが現出した単なる気絶している。 His real death is attested by the centurion and the soldiers, by the friends of Jesus and by his most bitter enemies.彼の死は証明された本物の百人隊長と兵士たちは、イエスの友人とされる彼の最も苦い敵です。 His stay in a sealed sepulchre for thirty-six hours, in an atmosphere poisoned by the exhalations of a hundred pounds of spices, which would have of itself sufficed to cause death.彼の滞在するために密閉された36時間sepulchre 、毒された雰囲気の中でのexhalations一〇 〇ポンドの香辛料、これは、自身の死を引き起こすsufficed 。 Moreover, if Jesus had merely returned from a swoon, the feelings of Easter morning would have been those of sympathy rather than those of joy and triumph, the Apostles would have been roused to the duties of a sick chamber rather than to apostolic work, the life of the powerful wonderworker would have ended in ignoble solitude and inglorious obscurity, and His vaunted sinlessness would have changed into His silent approval of a lie as the foundation stone of His Church.しかも、単にから返される場合が気絶イエスは、復活祭の朝の感情が同情され、それらの喜びと勝利者というよりは、使徒rousedしてきたが、その職務をローマ教皇の仕事というより病気のチャンバーは、人生の終わりには、強力なwonderworker不名誉な卑劣な孤独とひっそりと、そして彼が誇示されてsinlessness彼の無言の承認を変更するにうそをつくの礎石としての彼の教会です。 No wonder that later critics of the Resurrection, like Strauss, have heaped contempt on the old theory of a swoon.不思議ではない批評家は、復活後、シュトラウスのように、古い理論が山盛りの軽蔑気絶している。

(2) The Imposition Theory ( 2 )の賦課理論

The disciples, it is said, stole the body of Jesus from the grave, and then proclaimed to men that their Lord had risen.その弟子、と述べたことは、イエスキリストのボディを盗んだ墓から、それからかれらの主を宣言していた男性が上昇しています。 This theory was anticipated by the Jews who "gave a great sum of money to the soldiers, saying: Say you, His disciples came by night, and stole him away when we were asleep" (Matthew 28:12 sq.).この理論は、ユダヤ人と予想される"偉大な額の金を与えたの兵士たちは、言っ:言うことは、彼の弟子の夜にやってきて、去るときに、私たちは彼を盗んだ眠っている" (マタイ28:12 sq 。 ) 。 The same was urged by Celsus (Orig., "Contra Cels.", II, 56) with some difference of detail.セルサスと同じに迫られていた( orig. 、 "コントラcels 。 " 、 2世、 56 )にいくつかの違いの詳細です。 But to assume that the Apostles with a burden of this kind upon their consciences could have preached a kingdom of truth and righteousness as the one great effort of their lives, and that for the sake of that kingdom they could have suffered even unto death, is to assume one of those moral impossibilities which may pass for a moment in the heat of controversy, but must be dismissed without delay in the hour of good reflection.しかし、その使徒にしてあると仮定して、この種の負担自分の良心に説教する可能性がある真実と正義の王国の偉大な努力の一つとして、自分たちの生活、そしてそのことのために彼らの王国にも苦しんで死に至る可能性がある、は、これらの道徳的不可能と仮定して1つのパスが少しの間で論争中の暑さが、却下しなければならない時間遅延なしには、反射の良いです。

(3) The Vision Theory ( 3 )そのビジョンの理論

This theory as generally understood by its advocates does not allow visions caused by a Divine intervention, but only such as are the product of human agencies.通常、この理論を理解させるの擁護者としては認められておりませんビジョン神の介入によって引き起こされるだけのような人間は、その製品の代理店です。 For if a Divine intervention be admitted, we may as well believe, as far as principles are concerned, that God raised Jesus from the dead.神の介入を認めている場合のために、我々としての可能性を信じる井戸は、原則として限りでは、イエスキリストが神からの死者引き上げた。 But where in the present instance are the human agencies which might cause these visions?しかし、どこで、現在のインスタンスを引き起こすかもしれないが、人間の機関がこれらのビジョンは? The idea of a resurrection from the grave was familiar to the disciples from their Jewish faith; they had also vague intimations in the prophecies of the Old Testament; finally, Jesus Himself had always associated His Resurrection with the predictions of his death.という考えは、復活の墓からは、より身近に彼らのユダヤ教の信仰の弟子; intimations漠然とした彼らはまた、旧約聖書の予言;最後に、イエスキリストは、常に自分自身に関連して、彼の復活、彼の死を予測します。 On the other hand, the disciples' state of mind was one of great excitement; they treasured the memory of Christ with a fondness which made it almost impossible for them to believe that He was gone.その一方で、その弟子の偉大な精神状態では、 1つの興奮;彼ら秘蔵のメモリキリストの優しさを前にしてあることはほぼ不可能だということを信じる彼は消えていた。 In short, their whole mental condition was such as needed only the application of a spark to kindle the flame.手短に言えば、彼らのような全体の精神状態は、アプリケーションが必要とするだけの火炎火花をおこす。 The spark was applied by Mary Magdalen, and the flame at once spread with the rapidity and force of a conflagration.メアリーマグダレンの火花が適用され、一度にまん延して火炎の速さと力のある大火。 What she believed that she had seen, others immediately believed that they must see.彼女は、彼女が見たものと考えられ、すぐに他を参照している必要があると考えられています。 Their expectations were fulfilled, and the conviction seized the members of the early Church that the Lord had really risen from the dead.彼らの期待に果たされた、との信念を押収したのは、教会のメンバーは初めからの上昇の主は本当に死んでいた。

Such is the vision theory commonly defended by recent critics of the Resurrection.このような理論は、共通のビジョンを擁護した最近の批評家は、復活した。 But however ingeniously it may be devised, it is quite impossible from an historical point of view.しかし、しかし巧妙に考案さかもしれないが、それは非常に歴史的な観点から不可能です。

It is incompatible with the state of mind of the Apostles; the theory presupposes faith and expectancy on the part of the Apostles, while in point of fact the disciples' faith and expectancy followed their vision of the risen Christ.互換性がないことは、精神状態の使徒;その理論を前提と期待して信仰の使徒部分は、実際には弟子の間でポイントの信念とビジョンを期待して上昇し続け、キリストです。

It is inconsistent with the nature of Christ's manifestations; they ought to have been connected with heavenly glory, or they should have continued the former intimate relations of Jesus with His disciples, while actually and consistently they presented quite a new phase that could not have been expected.それは、キリストの性質と矛盾しての症状を呈してくれずに接続しなければならないかもしれないとされ天上の栄光、またはしなければならないが、元の親密な関係を継続してイエスキリストの弟子、そして一貫しながら実際に彼らの新たな局面を提示してとてもできませんでしたが予想される。

It does not agree with the conditions of the early Christian community; after the first excitement of Easter Sunday, the disciples as a body are noted for their cool deliberation rather than the exalted enthusiasm of a community of visionaries.条件に同意することはない、初期キリスト教社会;興奮した後の最初の日曜日のイースターは、体内の弟子として有名だが、彼らのクールな審議というよりは、コミュニティの高貴な熱意visionaries 。

It is incompatible with the length of time during which the apparitions lasted; visions such as the critics suppose have never been known to last long, while some of Christ's manifestations lasted a considerable period.互換性がないことは、時間の長さの中にどのapparitions続いた;などの批判的なビジョンがないことが知られている最後の長い間、キリストの症状を呈している間に、かなりの期間続いた。

It is not consistent with the fact that the manifestations were made to numbers at the same instant.一貫していないことが、症状を呈していたという事実を前にして数字で、同じインスタントです。

It does not agree with the place where most of the manifestations were made: visionary appearances would have been expected in Galilee, while most apparitions of Jesus occurred in Judea.賛成していないのほとんどは、症状を呈している場所があった:先見の明の出演が予想され、ガリラヤは、イエスの中で最もapparitionsユダヤ発生しました。

It is inconsistent with the fact that the visions came to a sudden end on the day of Ascension.それは、ビジョンと矛盾して来たという事実を最後の日に突然昇天。

Keim admits that enthusiasm, nervousness, and mental excitement on the part of the disciples do not supply a rational explanation of the facts as related in the Gospels.カイムの熱意を認めて、緊張感、そして精神的に興奮していない部分は弟子を供給する合理的な説明は、事実としては、関連するgospels 。 According to him, the visions were directly granted by God and the glorified Christ; they may even include a "corporeal appearance" for those who fear that without this they would lose all.彼によると、このビジョンに直接付与された神とキリスト見せかけ;彼らを含める可能性もある"と肉体の外観"を恐れることなく、この人のためには、すべてを失う。 But Keim's theory satisfies neither the Church, since it abandons all the proofs of a bodily Resurrection of Jesus, nor the enemies of the Church, since it admits many of the Church's dogmas; nor again is it consistent with itself, since it grants God's special intervention in proof of the Church's faith, though it starts with the denial of the bodily Resurrection of Jesus, which is one of the principal objects of that faith.しかし、カイムの理論を満たしても、教会は、それ以降のすべての証拠を放棄する身体イエスキリストの復活、教会の敵であることも、それを認めて以来の多くは、教会の教義;も一貫していること自体が、それ以来、神の特別助成金介入では、教会の信仰の証拠が、それを起動して、身体の否定イエスキリストの復活は、校長のうちの1つの物体を信仰しています。

(4) Modernist View ( 4 )モダニズムビュー

The Holy Office describes and condemns in the thirty-sixth and thirty-seventh propositions of the Decree "Lamentabili", the views advocated by a fourth class of opponents of the Resurrection.その神聖なオフィスでの説明と非難30 - 30 - 7番目と6番目の命題令" lamentabili "は、 4番目のクラスの意見を主張する反対派では、復活した。 The former of these propositions reads: "The Resurrection of our Saviour is not properly a fact of the historical order, but a fact of the purely supernatural order neither proved nor provable, which Christian consciousness has little by little inferred from other facts."これらの提案を読み取ります元: "我々の救世主イエスキリストの復活ではないが、歴史的事実を正しくするためではなく、純粋に超自然的事実の証明も証明するためにも、これは、キリスト教の意識が少しずつ他の事実から推測します。 " This statement agrees with, and is further explained by the words of Loisy ("Autour d'un petit livre", p. viii, 120-121, 169; "L'Evangile et l'Eglise", pp. 74-78; 120-121; 171).この声明に賛成して、さらなる説明されるとは、言葉のロイシー( " autour d'国連プティリーヴル" 、 p. VIIIや一二〇 〜一二一、 169 ; " et l' evangileレグリーズ" 、 pp 。七十四〜七十八;百二十〜百二十一; 171 ) 。 According to Loisy, firstly, the entrance into life immortal of one risen from the dead is not subject to observation; it is a supernatural, hyper-historical fact, not capable of historical proof.ロワジによると、まず第一に、自分の人生の門出不滅の上昇ではないから、死者の対象となる観測;これは、超自然的、超歴史的事実ではなく、歴史的な証拠能力がある。 The proofs alleged for the Resurrection of Jesus Christ are inadequate; the empty sepulchre is only an indirect argument, while the apparitions of the risen Christ are open to suspicion on a priori grounds, being sensible impressions of a supernatural reality; and they are doubtful evidence from a critical point of view, on account of the discrepancies in the various Scriptural narratives and the mixed character of the detail connected with the apparitions.疑惑の証拠は、イエスキリストの復活には不十分な; sepulchre 、空の引数は、間接的にのみ、 apparitions中には、キリストが開いて上昇して先験的な根拠を疑い、超自然的現実には、表示回数が賢明;そして彼らは疑わしい証拠批判的な視点からは、アカウントの食い違いでは、様々な聖書の体験談やキャラクターの詳細混合apparitionsに接続している。 Secondly, if one prescinds from the faith of the Apostles, the testimony of the New Testament does not furnish a certain argument for the fact of the Resurrection.第二に、もし自分の信仰は、使徒prescindsから、新約聖書の証言はないという事実を提供するために、特定の引数は、復活した。 This faith of the Apostles is concerned not so much with the Resurrection of Jesus Christ as with His immortal life; being based on the apparitions, which are unsatisfactory evidence from an historical point of view, its force is appreciated only by faith itself; being a development of the idea of an immortal Messias, it is an evolution of Christian consciousness, though it is at the same time a corrective of the scandal of the Cross.この信仰は、使徒ほどではないが心配してイエスキリストの復活と同様に彼の不滅の人生; apparitionsに基づいている、これは、不満足な証拠から、歴史的な観点から見れば、その力は高く評価されただけの信仰自体;れ、不滅の開発messiasするという発想は、キリスト教の進化意識することは、それはそれと同時に、そのスキャンダルは、十字架の是正です。 The Holy Office rejects this view of the Resurrection when it condemns the thirty-seventh proposition in the Decree "Lamentabili": "The faith in the Resurrection of Christ pointed at the beginning no so much to the fact of the Resurrection, as to the immortal life of Christ with God."このビューの神聖なオフィスを拒否することは、復活の時に非難して三十七令命題は、 " lamentabili " : "キリストの復活の信仰は、冒頭に指摘そんなにないという事実は、復活には、このように不滅キリストの生涯を神"と述べた。

Besides the authoritative rejection of the foregoing view, we may submit the following three considerations which render it untenable: First, the contention that the Resurrection of Christ cannot be proved historically is not in accord with science.拒絶反応の権威に加えて、前述のビューで、我々は、次の3つの配慮を提出することを支持できない描画:第一に、キリストの復活のコンテンションは、歴史的に証明することはできませんが合致する科学ではない。 Science does not know enough about the limitations and the properties of a body raised from the dead to immortal life to warrant the assertion that such a body cannot be perceived by the senses; again in the case of Christ, the empty sepulchre with all its concrete circumstances cannot be explained except by a miraculous Divine intervention as supernatural in its character as the Resurrection of Jesus.科学はないと知っているの制限については、十分なプロパティは、死者の遺体を引き上げたから令状の不滅の人生をそのような主張をすることはできません知覚される身体感覚;再び例では、キリストは、その具体的な全ての空のsepulchre事情を説明することはできません除いとして超自然的な介入によって神の奇跡的なキャラクターとしては、イエスキリストの復活です。 Secondly, history does not allow us to regard the belief in the Resurrection as the result of a gradual evolution in Christian consciousness.第二に、私たちの歴史を認めていない点では、復活の信仰の結果として、キリスト教の意識が徐々に進化します。 The apparitions were not a mere projection of the disciples' Messianic hope and expectation; their Messianic hope and expectations had to be revived by the apparitions. apparitionsはないが、単なる投影の弟子'救世主希望と期待;彼らの救世主復活を期待されると期待されるapparitionsいた。 Again, the Apostles did not begin with preaching the immortal life of Christ with God, but they preached Christ's Resurrection from the very beginning, they insisted on it as a fundamental fact and they described even some of the details connected with this fact: Acts, ii, 24, 31; iii, 15,26; iv, 10; v, 30; x, 39-40; xiii, 30, 37; xvii, 31-2; Rom., i,4; iv, 25; vi, 4,9; viii, 11, 34; x, 7; xiv, 9; I Cor., xv, 4, 13 sqq.; etc. Thirdly, the denial of the historical certainty of Christ's Resurrection involves several historical blunders: it questions the objective reality of the apparitions without any historical grounds for such a doubt; it denies the fact of the empty sepulchre in spite of solid historical evidence to the contrary; it questions even the fact of Christ's burial in Joseph's sepulchre, though this fact is based on the clear and simply unimpeachable testimony of history.繰り返しますが、その使徒から始まる説法しなかったの不滅の神とキリストの生涯が、それらは、キリストの復活の説教当初から、かれらを主張して根本的な事実として、かれらにもいくつかの詳細を説明するに接続してこのような事実:行為は、 2世は、 24日、 31 ; IIIのは、 15,26 ;静脈内、 10 ; v 、 30 ; x 、三十九から四十まで; 13 、 30 、 37 、 17 、 31から2 ; ROMのです。 、私は、 4 ;静脈内、 25 ; viの、 4,9 ; VIIIや11 、 34 ; x 、 7 ; 14世は、 9 ;私うわっ。 、 15 、 4 、 13 sqq 。 ;等第三に、その歴史的な確実性を否定し、キリストの復活にはいくつかの歴史的な失策:現実には、客観的な質問のapparitions歴史的な根拠なしにこのような疑問;その事実を否定することは、空のsepulchre固体にもかかわらず、歴史的証拠に反し;質問でも、実際にそれがキリストの埋葬さsepulchreヨセフが、このような事実は、申し分のない単純に基づいて、はっきりと歴史の証言だ。

III. Ⅲ 。 CHARACTER OF CHRIST'S RESURRECTIONキャラクターのキリストの復活

The Resurrection of Christ has much in common with the general resurrection; even the transformation of His body and of His bodily life is of the same kind as that which awaits the blessed in their resurrection.キリストの復活には多くの共通点で、総復活;でさえ、自分の体の変化や自分の身体の人生は、同じ種類のものとしては、復活を心待ちに恵まれています。 But the following peculiarities must be noted:しかし、以下の特性に注意する必要があります:

Christ's Resurrection is necessarily a glorious one; it implies not merely the reunion of body and soul, but also the glorification of the body.キリストの復活、栄光には、必ずしも1つ;だけではないことを意味するの再会の体と心を、身体だけでなく、賛美します。

Christ's body was to know no corruption, but rose again soon after death, when sufficient time had elapsed to leave no doubt as to the reality of His death.キリストの遺体が腐敗していない知っているが、死の直後に再び上昇は、十分な時間が経過していたときに疑う余地はないとして、彼の死を現実です。

Christ was the first to rise unto life immortal; those raised before Him died again (Colossians 1:18; 1 Corinthians 15:20).キリストは、かれの人生の上昇を最初に不滅;亡くなった彼の前に再び提起者(コロサイ人への手紙1 : 18 ; 1コリント書15:20 ) 。

As the Divine power which raised Christ from the grave was His own power, He rose from the dead by His own power (John 2:19; 10:l7-18).神の力を引き上げたとして、キリストの墓からは、自分の力を、彼は死んでから、自分のバラの電源(ジョン2時19分、 10 : l7 - 18 ) 。

Since the Resurrection had been promised as the main proof of Christ's Divine mission, it has a greater dogmatic importance than any other fact.復活を約束していたので、メインの証拠としてキリストの神聖な使命は、独断的な重要性よりも大きいことには、他の事実です。 "If Christ be not risen again, then is our preaching vain, and your faith is also vain" (1 Corinthians 15:14). "キリストではない場合に再び上昇し、その後は我々の虚栄心の説教は、信仰としても無駄" ( 1コリンチャンス15時14分) 。

IV. 4 。 IMPORTANCE OF THE RESURRECTION復活の重要性

Besides being the fundamental argument for our Christian belief, the Resurrection is important for the following reasons:加えている私たちのためにキリスト教信仰の根本的な議論は、復活が重要な理由は、以下の通り:

It shows the justice of God who exalted Christ to a life of glory, as Christ had humbled Himself unto death (Phil., ii, 8-9).神の正義の人のことを示して、キリストの高貴な生活をして栄光は、キリストの死は、かれ自身humbled ( phil. 、 2世、 8-9 ) 。

The Resurrection completed the mystery of our salvation and redemption; by His death Christ freed us from sin, and by His Resurrection He restored to us the most important privileges lost by sin (Romans 4:25).謎の復活を完了した我々の救いと償還;我々から解放されたキリストの罪彼の死は、彼の復活と彼は、私たちにとって最も重要な権限が復元されたロスト罪(ローマ人への手紙4:25 ) 。

By His Resurrection we acknowledge Christ as the immortal God, the efficient and exemplary cause of our own resurrection (1 Corinthians 15:21; Philippians 3:20-21), and as the model and the support of our new life of grace (Romans 6:4-6; 9-11).キリストの復活を認めることによって彼は不滅の神としては、効率的で、私たち自身の復活の模範的な原因( 1コリンチャンス15 : 21 ;ピリピ人への手紙3:20-21 ) 、およびモデルとの支援として、私たちの新しい人生のグレース(ローマ人への手紙6:4-6 ; 9-11 ) 。

Publication information Written by A.J. aj書かれた文献情報 Maas.マース。 Transcribed by Donald J. Boon.ドナルドブーン転写された。 Dedicated to Bishop Andre Cimichella of Montreal, and to Blessed Kateri Tekakwitha The Catholic Encyclopedia, Volume XII.ビショップ専用のモントリオールアンドレcimichella 、およびkateriを祝福tekakwithaカトリック百科事典は、 12世のボリュームです。 Published 1911.日付1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認は、 11年6月1日。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Resurrection復活

Jewish Viewpoint Information ユダヤ教の視点情報

-Biblical Data: -聖書の中のデータ:

Like all ancient peoples, the early Hebrews believed that the dead go down into the underworld and live there a colorless existence (comp. Isa. xiv. 15-19; Ezek. xxxii. 21-30).すべての古代の人々のように、初期のヘブル人への手紙を考えられて死んで行くと、暗黒街のそこに住んで無色の存在( comp.のISAです。 14 。一五から一九; ezek 。 32 。二十一から三十まで) 。 Only an occasional person, and he an especially fortunate one, like Enoch or Elijah, could escape from Sheol, and these were taken to heaven to the abode of Yhwh, where they became angels (comp. Slavonic Enoch, xxii.).時折人だけ、と彼は幸運の1つは、特に、イノックやエリヤのような、 sheolから脱出する可能性、およびこれらが天国へ連れてyhwhのすみかだから、どこになった天使( comp.スラヴォニックイノックは、 22です。 ) 。 In the Book of Job first the longing for a resurrection is expressed (xiv. 13-15), and then, if the Masoretic text may be trusted, a passing conviction that such a resurrection will occur (xix. 25, 26).その本の中の最初の仕事は、復活へのあこがれを表明する( xiv. 13-15 ) 、そして、信頼されている場合はmasoreticテキストかもしれない、そのような復活を確信して合格が発生する( xix. 25 、 26 ) 。 The older Hebrew conception of life regarded the nation so entirely as a unit that no individual mortality or immortality was considered.ヘブライ語の古い人生観、国と見なすことがないので完全にユニットとしては、個々の死亡率または不死とみなされます。 Jeremiah (xxxi. 29) and Ezekiel (xviii.) had contended that the individual was the moral unit, and Job's hopes are based on this idea.エレミア( xxxi. 29 )とエゼキエル( xviii. )は、道徳的だが、個々のユニットは、仕事の期待とは、この考えに基づいています。

A different view, which made a resurrection unnecessary, was held by the authors of Ps.別の形式で表示するには、不要な復活は、作者のpsではされるが開かれた。 xlix. 49 。 and lxxiii., who believed that at death only the wicked went to Sheol and that the souls of the righteous went directly to God.そして73 。 、人の死を信じられているだけで、邪悪なsheolとして行って、正しい者の魂を神に直接行った。 This, too, seem based on views analogous to those of Jeremiah and Ezekiel, and probably was not widely held.これは、あまりにも、見える景色に基づいてこれらのエレミアとエゼキエルと類似して、広く支持されていないと、おそらくだった。 In the long run the old national point of view asserted itself in the form of Messianic hopes.長い目で見れば、古い国家的見地主張自体には、フォームの救世主を願っています。 These gave rise to a belief in a resurrection in order that more might share in the glory of the Messianic kingdom.これらの信念を与えた上昇するためには、復活の可能性を共有することでより多くの栄光王国の救世主です。 This hope first finds expression in Isa.最初に見つけたの希望で、この表現のISAです。 xxvi. 26 。 19, a passage which Cheyne dates about 334 B.C. 19日、日程を通過さ約334紀元前チェーンストークス The hope was cherished for faithful Israelites.忠実な希望を抱いてきたのは、イスラエル人です。 In Dan.ダン中です。 xii. 12世です。 1-4 (about 165 B.C.) a resurrection of "many . . . that sleep in the dust" is looked forward to. 1-4 (約紀元前165 )の復活"多くの。 。 。して睡眠中のほこり"は、楽しみにしています。 This resurrection included both righteous and wicked, for some will awake to everlasting life, others to "shame and everlasting contempt."この復活の両方に含まれて邪悪な正義とは、いくつかの目を覚ますには、来世は、他の人が"永遠の恥と侮辱"と述べた。

-In Extra-Canonical Apocalypses:イン余分-カノニカルapocalypses :

In the earliest part of the Ethiopic Book of Enoch (i.-xxxvi.) there is a great advance on the conceptions of Daniel, although the book is of earlier date.エチオピアは、最古の部分は、書籍のイノック( i. - 36 。 )は、事前にして偉大な概念のダニエルは、それ以前にもかかわらず、この本は、公開されます。 Ch.チャンネルです。 xxii. 22 。 contains an elaborate description of Sheol, telling how it is divided into four parts, two of which receive two classes of righteous; the others, two classes of wicked.手の込んだsheolの説明が含まれ、どのように伝えることが4つの部分に分かれて、 2つのクラスの2つの正義を受け取る;の他、 2つのクラスの邪悪な。 Of these, three classes are to experience a resurrection.これらは、 3つのクラスは、復活を体験する。 One class of the wicked has been judged and has received its punishment.邪悪な1つのクラスと判断され、処罰を受けたとは。 In H Maccabees the belief that all Israelites will be resurrected finds expression (comp. vi. 26, vii. 9-36, and xiv. 46). h maccabees信じているということで、すべてのイスラエル人が復活する表現を見つける( comp. viのです。 26日、第VII 。 9から36 、および14 。 46 ) 。 In the next Enoch apocalypse (Ethiopic Enoch, lxxxiii.-xc.), composed a few years after Daniel, it was thought that only the righteous Israelites would experience a resurrection.イノックは、次の黙示録(エチオピアイノック、 lxxxiii. - 90 。 )は、数年後に作曲ダニエルは、それだけを考えていたイスラエル人は、正義の復活を経験する。 That was to be a bodily resurrection, and the body was to be subsequently transformed.それは、肉体的に復活し、その後には、形質転換体です。 This writer realized that the earth was not a fit place for Yhwh's permanent kingdom, and so the conception of a heavenly Jerusalem appears, of which the earthly Jerusalem city is the prototype.この作家実感して、地上ではない場所に適合するための恒久的な王国yhwhており、その概念は、天のエルサレムが表示されたら、エルサレム市内のこの世には、試作品です。 Against these views some of the later psalmists uttered a protest, declaring that a resurrection was impossible (comp. Ps. lxxxviii. 10, cxv. 17).これらのいくつかの反対意見を口に抗議psalmists後、復活することは不可能だと宣言して( comp.しまう。 88 。 10日) CXV 。 17 ) 。 In spite of this protest, however, the idea persisted.この抗議にもかかわらず、しかし、そのアイデア固執した。 The next Enoch apocalypse (Ethiopic Enoch, xci.-civ.) looked for a resurrection of the righteous, but as spirits only, without a body (comp. ciii. 3, 4).次のイノック黙示録(エチオピアイノック、 xci. - civ 。 )畏れるの復活を探したが、しかし、スピリッツのみ、ボディなし( comp. ciii 。 3 、 4 ) 。 A later Enoch apocalypse (Ethiopic Enoch, xxxvii.-lxx.) expresses the conviction that both the righteous and the wicked will be raised (comp. li 1, 2; lxii. 15, 16), and that the spirits of the righteous will be clothed in a body of glory and light.イノック後の黙示録(エチオピアイノック、 xxxvii. - 70 。 )の両方を表現して正しいと確信して邪悪な引き上げられる( comp.李1 、 2 ; 62 。 15 、 16 ) 、そして、正しい者の霊をしては、服を着て、体の中に栄光や光です。

The author of the Slavonic Book of Enoch (Book of the Secrets of Enoch, xxii. 8-10) believed in a resurrection of spirits, without a body.この本の著者は、スラヴ語のイノック(イノックの本の秘密は、 22です。 8-10 )を信じて、復活の霊は、体なし。 He nevertheless believed in a spiritual body, for he describes the righteous as clothed in the glory of God.にもかかわらず、彼は精神的な体を信じて、彼は説明して正義のためには、神の栄光の服を着ています。 The authors of the Book of Jubilees and the Assumptio Mosis believed in a resurrection of the spirit only, without a body (comp. Jubilees, xxiii. 31 et al., and Assumptio Mosis, x. 9).その本の著者のjubileesと考えられてassumptio mosisの精神の復活だけで、体をなし( comp. jubilees 、 23 。 31ら。 、およびassumptio mosis 、 Xの9 ) 。

All these believed that the soul would sleep in Sheol till the judgment, but several Alexandrian writers about the beginning of the common era held, like Ps.これらすべての魂が眠ると信じてsheolまでの判断が、アレクサンドリアの作家については、いくつかの共通の時代の初めに行われるようにしまう。 xlix. 49 。 and lxxiii., that the spirits of the righteous entered on a blessed immortality immediately at death.そして73 。 、それは、正しい者の霊を入力して、すぐに死を祝福不滅です。 This was the view of the author of the Wisdom of Solomon (iii. 1-4; iv. 7, 10, et al.), of Philo, and of IV Maccabees.これは、ビューのは、著者は、ソロモンの知恵( iii. 1-4 ;静脈です。 7 、 10 、らです。 ) 、フィロ、 4世とのmaccabees 。 Finally, the scope of the resurrection, which in previous writers had been limited to Israel, was extended in the Apocalypse of Baruch and in II Esdras to include all mankind (comp. Baruch, xlix.-li. 4; II Esd. vii. 32-37).最後に、復活の範囲で、これは前の作家に限られていましたが、イスラエルは、拡張された黙示録のバルークエスドラス書を含めると、全人類の2世( comp.バルーク、 xlix.-li. 4 ;静電気による2世です。第VII 。三二から三七) 。

Bibliography: Charles, A Critical History of the Doctrine of a Future Life in Israel, in Judaism, and in Christianity, London, 1899.E.参考文献:チャールズは、重大な歴史の将来の生活の中で、イスラエルの教義は、ユダヤ教、キリスト教とは、ロンドン、 1899.e. C. G. A. B. cgab

Resurrection is asserted in all the Apocryphal writings of Pharisaic origin (comp. II Macc. vii. 9-36,xii. 43-44), where arguments against Sadducean Israel are prescented (Book of Jubilees, xxiii. 30; Test. Patr., Judah, 25; Zebulun, 10; Benjamin, 10; Vita Adæ et Evæ, xiii.; Sibyllines, ii. 85; Enoch, li. 1-2; Apoc. Baruch, xxx. 1-5, l.-li.: II Esd. vii. 32; Psalms of Solomon, iii. 16, xiv. 13), and in the Hellenistic writings (see Wisdom iii. 1-9, iv. 7, v. 16, vi. 20; IV Macc. ix. 8; xiii. 16; xv. 2; xvii. 5, 18; xviii. 23).復活の主張には、すべての作り話の記述の起源pharisaic ( comp. 2世macc 。第VII 。九〜三十六、 12世です。四三から四四まで)は、引数に反対sadduceanイスラエルはどこprescented (本jubilees 、 23 。 30 ;テストを実行します。 patr 。 、ユダ、 25 ; zebulun 、 10 ;ベンジャミン、 10 ;ヴィータadæ et evæ 、 13世です。 ; sibyllines 、 Ⅱ 。 85 ;イノックは、李です。 1-2 ; apoc 。バルークに、 XXX 。 1-5 、 l.-li. :静電気による2世です。第VII 。 32 ;詩篇ソロモンは、 Ⅲ 。 16 、 14 。 13 ) 、およびhellenistic記述は、 ( IIIの知恵を参照してください。 1-9 、 4世です。 7 、対16 、 viのです。 20 ;静脈macc 。 9 。 8 ; 13世です。 16 ; 15 。 2 ; 17 。 5 、 18 ; 18 。 23 ) 。 Immortality of the soul takes the place of bodily resurrection.霊魂の不滅の復活は、肉体的な場所です。 Rabbinical arguments in favor of resurrection are given in Sanh.ラビの復活に賛成の引数は、与えられたsanh 。 90b-92b, from promises made to the dead (Ex. iv. 4; Deut. xi. 9 [comp. Mark xii. 18]; Num. xviii. 28; Deut. iv. 4, xxxi. 16, xxxii. 39), and from similar expressions in which the future tense is applied to the future life (Ex. xv. 1; Deut. xxxiii. 6; Josh. viii. 30; Ps. lxxxiv. 5 [A. V. 4]; Isa. lii. 8); also in Ḥul. 90b - 92b 、前から約束して死んだ(例: 4世です。 4 ; deut 。 xi 。 9 [伴奏。マーク12世です。 18 ] ; NUM件。 18 。 28 ; deut 。 4世です。 4 、 31 。 16 、 32 。 39 ) 、および同様の表現で、将来のより緊張が適用され、将来の生活(例: 15 。 1 ; deut 。 33 。 6 ;ジョシュ。 viii 。 30 ;しまう。 84 。 5 [動静4 ] ;のISAです。 52 。 8 ) ;もḥul 。 142a, from promised rewards (Deut. v. 16, xxii. 17), which so frequently are not fulfilled during this life (Ber. 16b; Gen. R. xx. 26). 142aは、報酬を約束したから( deut.対16 、 22 。 17 )は、頻繁ではない果たされるので、この期間中の生活( ber. 16b ;大将共和党のXXです。 26 ) 。 Arguments are drawn from the grain of wheat (Sanh. 90b; comp. I. Cor. xv. 35-38), from historical parallels-the miracles of revival wrought by Elijah, Elisha, and Ezekiel (Lev. R. xxvii. 4)-and from a necessary conception of divine justice, body and soul not being in a position to be held to account for their doings in life unless, like the blind and the lame man in the parable, they are again brought together as they were before (Sifre, Deut. 106; Sanh. 91a; with reference to Ps. l. 4).引数の中から選ばれた穀物の小麦( sanh. 90b ;伴奏。私うわっています。 15 。三五から三八まで)は、歴史的な類似点から、奇跡の復活によってもたらされた-エリヤ、エリシャ、およびエゼキエル( 27 lev.共和党です。 4 )-and from a necessary conception of divine justice, body and soul not being in a position to be held to account for their doings in life unless, like the blind and the lame man in the parable, they are again brought together as they were前(シフレー、 deut 。 106 ; sanh 。 91a ;を参照してしまう。 l. 4 ) 。

The Sadducees denied the resurrection (Josephus, "Ant." xviii. 1, § 4; idem, "B. J." ii. 8, § 14; Acts xxiii. 8; Sanh. 90b; Ab. R. N. v.). sadducees否定して、復活(ヨセフスは、 "アリ"と述べた。 18 。 1 、 § 4 ;同著者は、 "ベナン" Ⅱ 。 8 、 § 14 ;行為23 。 8 ; sanh 。 90b ; ABのです。ラドン娘対) 。 All the more emphatically did the Pharisees enunciate in the liturgy (Shemoneh 'Esreh, 2d benediction; Ber. v. 2) their belief in resurrection as one of their fundamental convictions (Sanh. x. 1; comp. Abot iv. 22; Soṭah ix. 15).すべてのphariseesもっと強調して発音するのは、典礼( shemoneh ' esreh 、二次元祝祷; ber 。対2 )自分の信念の一つとして、彼らの基本的な信念の復活( sanh. Xの1 ;伴奏。 abot 4世です。 22 ; soṭah 9 。 15 ) 。

Both the Pharisees and the Essenes believed in the resurrection of the body, Josephus' philosophical construction of their belief to suit the taste of his Roman readers notwithstanding (see "B. J." ii. 8, § 11; "Ant." xviii. 1, § 5; compare these with the genuine source of Josephus, in Hippolytus' "Refutatio Hæresium," ed. Duncker Schneidewin, ix. 27, 29, where the original ἀνάστασις [= "resurrection"] casts a strange light upon Josephus' mode of handling texts).エッセネ派の両方phariseesと体の復活を信じて、ヨセフス'哲学の建設に合わせて、自分の信念の味が彼の読者にもかかわらずローマ(詳細については、 "ベナン" Ⅱ 。 8 、 § 11 ; "アリ"と述べた。 18 。 1 、 § 5 ;比較して、これらの正規の源ヨセフスは、ヒッポリュトス' " refutatio hæresium 、 "エド。ドゥンカーシュナイデビン、 9世です。 27 、 29 、元の場所ἀνάστασις [ = "復活" ]奇妙な光を投げかけてヨセフス'モードではハンドリングテキスト) 。 According to the Rabbis, Job and Esau denied resurrection (B. B. 16a, b).ラビによると、仕事やエサウの復活を否定( bb 16a 、 b )と等価。 Whosoever denies resurrection will have no share in it (Sanh. 90b).誰でも復活を否定することはないのシェア( sanh. 90b ) 。 The resurrection will be achieved by God, who alone holds the key to it (Ta'an. 2a; Sanh. 113a).神の復活によって達成されるのは、誰一人のカギを握ること( ta'an 。 2a ; sanh 。 113a ) 。 At the same time the elect ones, among these first of all the Messiah and Elijah, but also the righteous in general, shall aid in raising the dead (Pirḳe R. El. xxxii.; Soṭah ix. 15; Shir ha-Shirim Zuṭa, vii.; Pes. 68a; comp. "Bundahis," xxx. 17).それと同時に、選ばれたものは、まず第一に、これらのうちの救世主とエリヤは、正しい者だけでなく、一般的には、エイドでは、死者の引き上げ(共和党エルpirḳe 。 32 。 ; soṭah 9 。 15 ; shirハ- shirim zuṭaは、第VII 。 ;ペス。 68a ;伴奏です。 " bundahis 、 " xxx 。 17 ) 。

Universal or National.普遍的または国家です。

By means of the "dew of resurrection" (see Dew) the dead will be aroused from their sleep (Yer. Ber. v. 9b; Ta'an. i. 63d, with reference to Isa. xxvi. 19; Ḥag. 12b. with reference to Ps. lxviii. 10 [A. V. 9]).という意味では、 "復活の露" (デューを参照してください) 、死者は興奮してから自分の睡眠( yer. ber 。対9b ; ta'an 。私63d 、のISAを参照してください。 26 。 19 ; ḥag 。 12b 。を参照してしまう。 68 。 10 [動静9 ] ) 。 As to the question, Who will be raised from death?との質問には、人の死から提起されるか? the answers given vary greatly in rabbinical literature.その答えを与えられたラビ文学が大幅に変化する。 According to R. Simai (Sifre, Deut. 306) and R. Ḥiyya bar Abba (Gen. R. xiii. 4; comp. Lev. R. xiii. 3), resurrection awaits only the Israelites; according to R. Abbahu, only the just (Ta'an. 7a); some mention especially the martyrs (Yalḳ. ii. 431, after Tanḥuma).によると、共和党simai (シフレー、 deut 。 306 )と共和党ḥiyyaバーアバ(大将共和党13世です。 4 ;伴奏。レフです。共和党13世です。 3 ) 、復活を心待ちにのみ、イスラエル人; abbahu共和党によると、ただのみ( ta'an 。 7aの) ;いくつかの言及特に殉教者( yalḳ. Ⅱ 。 431 、後tanḥuma ) 。 R. Abbahu and R. Eleazar confine resurrection to those that die in the Holy Land; others extend it to such as die outside of Palestine (Ket. 111a).共和党と共和党abbahu復活eleazar監禁して死亡してそれらの聖地;他人を延長するなどしてパレスチナの外で死ぬ( ket. 111 ) 。 According to R. Jonathan (Pirḳe R. El. xxxiv.), the resurrection will be universal, but after judgment the wicked will die a second death and forever, whereas the just will be granted life everlasting (comp. Yalḳ. ii. 428, 499).によると、共和党のジョナサン(共和党エルpirḳe 。 34 。 )は、復活される普遍的ではなく、邪悪な判断をした後、 2番目は死ぬ永遠の死とは、付与されるだけで、永遠の生命( comp. yalḳ 。 Ⅱ 。 428 、 499 ) 。 The same difference of view prevails also among the New Testament writers; at times only "the resurrection of the just" is spoken of (Luke xiv. 14, xx. 35); at other times "the resurrection of the dead" in general is mentioned (John v. 29; Acts xxiv. 15; Rev. xx. 45).同じ見解の差が広がる中でも、新約聖書の作家;時のみ"の復活は、単に"が話さの(ルーク14 。 14 、 XXのです。 35 ) ;以外の時間"の復活オブザデッド"一般的には、言及(ジョン対29 ;行為xxiv 。 15 ;牧師のXXです。 45 ) 。

Part of the Messianic Hope.希望団体は、救世主です。

As a matter of fact, resurrection formed part of the Messianic hope (Isa. xxiv. 19; Dan. xii. 2; Enoch, xxv. 5, li. 1, xc. 33; Jubilees, xxiii. 30).実際問題として、復活の救世主的な期待形成の部分( isa. xxiv 。 19 ;ダン。 12世です。 2 ;イノック、 25 。 5 、李です。 1 、 90 。 33 ; jubilees 、 23 。 30 ) 。 Especially were those that died as martyrs in the cause of the Law expected to share in the future glory of Israel (II Macc. vii. 6, 9, 23; Yalḳ. to Isa. xxvi. 19; Midr. Teh. xvii. 14; Sibyllines, ii. 85).特にこれらのことが原因で死亡したとして同法殉教者のシェアは、将来予想されるイスラエルの栄光( ⅱ macc 。第VII 。 6 、 9 、 23 ; yalḳ 。からのISAです。 26 。 19 ; midr 。 。 17 。 14 ; sibyllines 、 Ⅱ 。 85 ) 。 The very term used to express the idea of sharing in the future life is "to inherit the land" (Ḳid. i. 10; Matt. v. 5, after Ps. xxxvii. 11; Sanh. xi. 1, with reference to Isa. lx. 21).非常に使われる言葉で表現するためのアイデアを共有し、将来の生活は"その土地を相続する" ( ḳid. i. 10 ;マットです。対5 、後しまう。 37 。 11 ; sanh 。 xi 。 1日を基準にのISAです。 60 。 21 ) 。 The resurrection, therefore, was believed to take place solely in the Holy Land (Pesiḳ. R. i., after Ps. cxvi. 9 ["the land of the living," that is, "the land where the dead live again"]; or Gen. R. lxxiv.: Yer. Ket. xii. 35b, with reference to Isa. xlii. 5 ["He giveth breath to the people upon it," that is, upon the Holy Land only]).復活、そのため、単独で行われると考えられていたの聖地(共和党pesiḳ. i. 、後しまう。 cxvi 。 9 [ "ランドオブザリビングは、 "それは、 "どこの土地を再び死者のライブ" ] ;または大将共和党74 。 : yer 。ケット。 12世です。 35b 、のISAを参照してください。 42 。 5 [ "彼は息をしている人に与えられることは、 "それは、その上で、聖地のみ] ) 。 Jerusalem alone is the city of which the dead shall blossom forth like grass (Ket. 111b, after Ps. lxxii. 16).エルサレムだけでは、シティオブザデッドが来たりするもののように咲く花草( ket. 111b 、後しまう。 72 。 16 ) 。 Those that are buried elsewhere will therefore be compelled to creep through cavities in the earth until they reach the Holy Land (Pesiḳ. R. l.c., with reference to Ezek. xxxvii. 13; Ket. 111a).これらのことは、別の場所に埋葬させざるを得ないためには、虫歯クリープを通して地球に達するまでは、聖地( pesiḳ.共和党のLC 、 ezekを参照してください。 37 。 13 ;ケット。 111 ) 。

Day of Judgment Precedes Messianic Era.審判の日を前に置く時代の救世主です。

The trumpet blown to gather the tribes of Israel (Isa. xxvii. 13) will also rouse the dead (Ber. 15b; Targ. Yer. to Ex. xx. 15; II Esd. iv. 23; comp. I Cor. xv. 52; I Thess. iv. 16; see Enoch, x. 12 et seq., xxv. 4 et seq., xlv. 2, xc. 25, xci. 11, xcviii. 12; Test. Patr., Simeon, 61; Judah, 25; Zebulun, 10; Benjamin, 10).トランペット吹きのイスラエルの部族を集めることができた( 27 isa. 。 13 )は、死んでも奮起( ber. 15b ;ターグ。 yer 。を例です。 XXのです。 15 ;静電気による2世です。 4 。 23 ;伴奏。私うわっ。 15 。 52 ;私thess 。 4 。 16 ;参照してくださいイノックは、 Xの12以下参照。 、 25 。 4以下参照。 、 45 。 2 、 90 。 25 、 91 。 11 、 98 。 12 ;テストを実行します。 patr 。 、シメオン、 61 ;ユダは、 25 ; zebulun 、 10 ;ベンジャミン、 10 ) 。 The nations, together with their guardian angels and stars, shall be cast into Gehenna (Enoch, xc. 24-25).その国は、彼らとともに星ガーディアンエンジェルスとは、地獄に投げ込まれるもの(イノック、 90 。 24から25まで) 。 According to R. Eleazar of Modi'im, to the angelic princes of the seventy-two nations who will protest because, though it has sinned like the rest, God favors Israel, God will answer, "Let each nation go through the fire together with its guardian deity "; then all the nations will be consumed in common with their deities, who can not shield them, but Israel will be saved by its God (Cant. R. ii. 1; comp. Tan., Shofeṭim, ed. Buber, end, after Isa. lxvi. 14, Ps. xxiii. 4, and Micah iv. 5). eleazarによると、共和党のmodi'im 、天使の君主には、 72カ国に抗議するため、誰が、それはsinnedご多分にもれず、イスラエルの神の恩恵は、神の答えは、 "せ、各民族共同の火を経るその地蔵" ;その後で消費されるすべての国に共通して彼らの神々は、それらの人のシールドすることはできませんが、イスラエルは、神に救われる(共和党cant. 2世です。 1 ;伴奏。タン。 、 shofeṭim 、エド。ブーバーは、結局、後のISAです。 66 。 14 、しまう。 23 。 4 、 4世とミカ。 5 ) 。 Another view is that the glare of the sun will test the heathen's loyalty to the Law they promised to observe, and they will be cast into the eternal fire ('Ab. Zarah).The conception of God entering Hades to save Israel from Gehenna gave rise to the Christian conception of the Messiah descending into Hades to reclaim his own among those who are imprisoned there (Test. Patr., Benjamin; Sibyllines, i. 377, viii. 310; Yalḳ. ii. 359; Jellinek, "B. H." ii. 50 [comp. I Peter iii. 19]; Ascensio Isaiæ, iv. 21, with reference to Isa. ix. 16, lii.-liii.; see Epstein, "Bereshit Rabbati," 1888, p. 31).別の説によると、照り付ける太陽の光が異教徒の忠誠心をテストして、法を守ることを約束して、かれらは、永遠の火に投げ込まれる( ' ABのです。 zarah ) 。ハデスに入るという概念を救う神からのイスラエルは地獄上昇して降下を救世主は、キリスト教の受胎ハデスを取り戻して、自分の中にある人たちは投獄( test. patr 。 、ベンジャミン; sibyllines勇377 、 viii 。 310 ; yalḳ 。 Ⅱ 。 359 ;イェリネックは、 "バーレーン" Ⅱ 。 50 [伴奏。私ピーターⅢ 。 19 ] ; ascensio isaiæ 、 4世です。 21日のISAを参照してください。 9 。 16 、 lii. - 53 。 ;参照してくださいエプスタインは、 " bereshit rabbati 、 " 1888 、 p. 31 ) 。 The sole end of the judgment of the heathen is, according to R. Eleazar of Modi'im (Mek., Beshallaḥ, 'Amaleḳ), the establishment of the kingdom of God.単独の最後の判断は、異教徒によると、共和党eleazarのmodi'im ( mek. 、 beshallaḥ 、 ' amaleḳ )は、神の王国の設立。 "When the Messiah appears on the roof of the Temple announcing Israel's redemption, the light emanating from him shall cause the nations to fall prostrate before him; and Satan himself will shudder, for the Messiah will cast him into Gehenna, and death and sorrow shall flee forever" (Pesiḳ. R. 36; Sibyllines, ii. 167, iii. 46-72). "と表示されたときに、救世主同寺の屋根の上にイスラエルの償還を発表、その原因は、彼から発せ光の国に彼の前にサジダ;と悪魔は身震いしながら自分自身は、彼のために、救世主は、地獄のキャストは、死と悲しみとは、永遠から逃げる" ( pesiḳ.共和党36 ; sibyllines 、 Ⅱ 。 167 、 Ⅲ 。四六〜七二) 。

Resurrection Universal.復活の普遍的です。

As in the course of time the national hope with its national resurrection and final day of judgment no longer satisfied the intellect and human sentiment, the resurrection assumed a more universal and cosmic character.時間の経過としては、国民国家の復活を期待しての判断と最終日にはもはや、知性と人間の感情を満たすことは、普遍的なものであり、より多くの復活と仮定する宇宙文字です。 It was declared to be solely the act of God, who alone possesses the key that will unlock the tombs (Ber. 15b).宣言していただけに、神の行為は、所有者だけで、キーロックを解除することが、墓( ber. 15b ) 。 "As all men are born and die, so will they rise again," says Eleazar ha-Ḳappar (Abot iv. 22). "すべての人間は生まれながらにし死ぬとして、だからかれらは再び上昇する"とeleazarハ- ḳappar ( 4世abot 。 22 ) 。 It was believed that resurrection would occur at the close of the Messianic era (Enoch, xcviii. 10, ciii. 8, civ. 5).起こると考えられていましたが、復活の救世主に近い時代(イノック、 98 。 10 、 ciii 。 8 、 civ 。 5 ) 。 This is particularly emphasized in II Esd.これは、特に強調されたESD 2世です。 vii.第VII 。 26-36: "Death will befall the Messiah, after his 400 years' reign, and all mankind and the world will lapse into primeval silence for seven days, after which the renewed earth will give forth its dead, and God will judge the world and assign the evil-doers to the fire of hell and the righteous to paradise, which is on the opposite side."二十六から三十六: "死を覆った救世主は、 400年後に彼の'君臨し、世界の全人類とは、原始陥る沈黙を7日間、リニューアル後には地球は死んで来たりして、神は、世界を判断する悪を行う者を割り当てると、地獄の火を畏れる者天国と、これは反対側にしています。 " Also, according to Syriac Apoc.また、 apocによると、シリア語です。 Baruch (xxx. 1-5; l.-lii.; cxxxv. 15), the resurrection will take place after the Messiah has "returned to heaven" and will include all men, the righteous to meet their reward, and the wicked to meet their eternal doom.バルーク( xxx. 1-5 ; l. - 52 。 ; ) CXXXV 。 15 )は、復活の後に行われるが、救世主は、 "天に返された"とは、すべての男性には、かれらへの報奨を満たす正義、そして邪悪な者に彼らの永遠の懲罰を満たしています。 This lasting doom is called "second death" (Targ. Deut. xxxiii. 6; Targ. Isa. xiv. 19; xxii. 14; lxv. 6, 15, 19; Jer. li. 39; Rev. xx. 6, 14).これは、永続的ドゥームと呼ばれる"第二の死" ( targ. deut 。 33 。 6 ;ターグ。のISAです。 14 。 19 ; 22 。 14 ; 65 。 6 、 15 、 19 ; jer 。李です。 39 ;牧師のXXです。 6 、 14 ) 。

Not the Heathen, but the Wicked Perish.異教徒ないが、邪悪な消滅する。

Nor is the wrath of the last judgment believed any longer to be brought upon the heathen solely as such.また、最後の判断は、怒りをもたらしたと考えられても、もはやこのように、異教徒だけです。 All evil-doers who have blasphemed God and His Law, or acted unrighteously, will meet with their punishment (Tos. Sanh. xiii.; Midr. Teh. vi. 1, ix. 15).すべて悪を行う者たちが神と神の法blasphemed 、または罪深く行動は、彼らの処罰と会談する予定( tos. sanh 。 13 。 ; midr 。 。 viのです。 1 、 9世です。 15 ) 。 It became a matter of dispute between the older school, represented by the Shammaite R. Eliezer, and the Hillelites, represented by R. Joshua, whether or not the righteous among the heathen have a share in the future world, the former interpreting the verse, "The wicked shall return to Sheol, even all the Gentiles that forget God" (Ps. ix. 18 [R. V. 17]), as condemning as wicked among the Jews and the Gentiles such as have forgotten God; the latter interpreting the verse as consigning to Sheol only such Gentiles as have actually forgotten God (Tos. Sanh. xiii. 2).これは、古い学校の間の紛争の問題は、共和党エリエゼルshammaite表される、とhillelites 、ジョシュアによって表される共和党は、正しいかどうかは、異教徒間のシェアを持つ、将来の世界は、元の詩の解釈は、 "邪悪なものに戻るsheolでも、すべてのことを忘れてgentiles神" ( ps. 9 。 18 [右心室17 ] )は、ユダヤ人との間で邪悪な非難としての神を忘れてしまったようなgentiles ;後者の解釈の詩このようなgentilesのみsheolとして委託を忘れていたとしても、実際の神( tos. sanh 。 13世です。 2 ) 。 The doctrine "All Israelites have a share in the world to come" (Sanh. xi. 1), based upon Isa.そのドクトリン"を共有するすべてのイスラエル人が、世界に来る" ( xi sanh. 。 1 ) 、のISAに基づいています。 lx. 60 。 21 (Hebr.), "Thy people all of them righteous shall inherit the land," is therefore identical with the Pharisaic teaching as stated by Josephus ("Ant." xviii. 1, § 3; "B. J." ii. 8, § 14), that the righteous will rise to share in the eternal bliss. 21 ( hebr. )は、 "なたのすべての人々の土地を相続して正しいものは、 "したがって同じでは、教員として記載さpharisaicヨセフス( "アリ"と述べた。 18 。 1 、 § 3 ; "ベナン" Ⅱ 。 8 、 § 14 )は、上昇して、正しい者は、永遠の至福を共有しています。 It is as deniers of the fundamentals of religion that heathen, Samaritans, and heretics are excluded from future salvation (Tos. Sanh. xiii.; Pirḳe R. El. xxxviii.; Midr. Teh. xi. 5). deniersとしては、それは宗教が異教徒のファンダメンタルズは、サマリア人は、異端とは、将来の救いから除外( tos. sanh 。 13 。 ; pirḳe共和党エル。 38 。 ; midr 。 。 xi 。 5 ) 。 Regarding the plurality of opinions in favor of the salvation of righteous non-Jews, and the opinions of those who adhere to the national view, see Zunz, "Z. G."複数個のご意見については、正義の味方をして救いの非ユダヤ人、そして人々の意見に固執する国家ビューで、参照してくださいツンツ、 " zg " pp. pp 。 371-389.三百七十一から三百八十九。 Related to the older, exclusive view also is the idea that the Abrahamic covenant releases the Israelites from the fire of Gehenna (Gen. R. xlviii.; Midr. Teh. vii. 1; 'Er. 19a).高齢に関連して、独占的な見解でもあるという考えをリリースしabrahamic誓約地獄の火の中から、イスラエル人(大将共和党48 。 ; midr 。 。 7 。 1 ; ' er 。 19a ) 。 At first, it seems, resurrection was regarded as a miraculous boon granted only to the righteous (see Test. Patr., Simeon, 6; Levi, 18; Judah, 25; Zebulun, 10; Vita Adæ et Evæ, 13; comp. Luke xiv. 14, xx. 36).最初は、それは、奇跡的に復活と見なされていただけに与え畏れるブーン(テストを参照してください。 patr 。 、シメオン、 6 ;レビ、 18 ;ユダは、 25 ; zebulun 、 10 ;ヴィータadæ et evæ 、 13 ;伴奏。ルーク14 。 14 、 XXのです。 36 ) 。 Afterward it came to be regarded as an act of God connected with the last judgment, and therefore universal resurrection of the dead became a doctrine, as expressed in the second benediction of the Shemoneh 'Esreh (; Sifre, Deut. 329; Sanh. 92b).その後に来たことを神の行為と見なされるの最後の判断に接続して、それゆえに普遍的教義を復活オブザデッドになった、と表明したが、 2番目の祝祷shemoneh ' esreh ( ;シフレー、 deut 。 329 ; sanh 。 92b ) 。 In Syriac Apoc.シリア語apoc中です。 Baruch, xlix.-li.バルーク、 xlix.-li. a description is given of the manner in which the righteous at the resurrection are transformed into angels shining like the stars, who behold the beauty of the heavenly "ḥayyot" beneath God's throne, whereas the wicked assume the horrible aspect of the pit of torture below.説明が与えられたのは、正しい方法では、復活の天使が変身させられるの星のように輝いて、人の天上の美しさ見よ" ḥayyot "神の玉座の下に、身の毛もよだつが、邪悪な側面を前提とする、拷問のピットは以下のとおり。 Whether or not the body at the resurrection undergoes the same process of growth as in the womb at the time of birth is a matter of dispute between the Hillelites and the Shammaites (Gen. R. xiv.; Lev. R. xiv.).かどうかは、復活の体の中で、同じような成長過程には、出産時には、子宮の問題hillelitesとの間の紛争shammaites (大将共和党14 。 ;レフです。共和党14です。 ) 。 In regard to the state of the soul separated from the body by death, whether it is supposed to dwell in heaven, or in some sort of dove-cot or a columbarium (= "guf") in Hades (Syriac Apoc. Baruch, xxx. 2; II Esd. iv. 35, 41; vii. 32, 80, 101), see Immortality of the Soul.これと関連し、国家の体から分離された魂の死は、するかどうかを思案することは、天国では、いくつかの並べ替えや簡易ベッドや地下墓の鳩( = " guf " )でハデス(シリア語apoc 。バルークに、 XXX 。 2 ;静電気による2世です。 4 。 35 、 41 ;第VII 。 32 、 80 、 101 ) 、霊魂の不滅を参照してください。

Jewish Creed or Not?ユダヤ教の信条となかろうか?

The belief in resurrection is expressed on all occasions in the Jewish liturgy; e.g., in the morning prayer Elohai Neshamah, in the Shemoneh 'Esreh, and in the funeral services.復活の信念を表明してすべての回では、ユダヤ教の典礼;例えば、 elohai neshamahは、午前中の祈りは、 shemoneh ' esreh 、とは、葬儀のサービスです。 Maimonides made it the last of his thirteen articles of belief: "I firmly believe that there will take place a revival of the dead at a time which will please the Creator, blessed be His name."それが彼の最後のmaimonides前に13人の信念の記事: "私はそこにしっかりと信じて復活が行わオブザデッドは一度にしてくださいクリエーターが、彼の名前を祝福される"と述べた。 Saadia also, in his "Emunot we-De'ot" (following Sanh. x. 1), declared the belief in resurrection to be fundamental. saadiaまた、彼の"我々 emunot - de'ot " (以下sanh 。 Xの1 ) 、復活を宣言したのには根本的な信念です。 Ḥasdai Crescas, on the other hand, declared it to be a specific doctrine of Judaism, but not one of the fundamental teachings, which view is taken also by Joseph Albo in his "'Iḳḳarim" (i., iv. 35-41, xxiii.). ḥasdaiクレスカス、その一方で、宣言されているユダヤ教の教義を特定しますが、 1つの基本的な教えには、どのビューがとられるジョセフalboも彼の" ' iḳḳarim " ( i. 、 4世です。三十五から四十一、 23 。 ) 。 The chief difficulty, as pointed out by the latter author, is to find out what the resurrection belief actually implied or comprised, since the ancient rabbis themselves differed as to whether resurrection was to be universal, or the privilege of the Jewish people only, or of the righteous only.困難主任は、後者の作者として指摘されたのは、どのような復活を確認するには、実際に黙示の信念や構成は、古代のラビして以来、異論として復活するかどうかを普遍的には、ユダヤ人の特権やのみ、またはの正しいのみです。 This again depends on the question whether it was to form part of theMessianic redemption of Israel, or whether it was to usher in the last judgment.この再びかかっているのか、という疑問を形成することが、イスラエルの償還themessianic団体名、またはしていたかどうかの最終判断を導く。 Saadia sees in the belief in resurrection a national hope, and endeavors to reconcile it with reason by comparing it with other miraculous events in nature and history recorded in the Bible. saadia見て復活を信じることは、国民の希望、そして和解することに努力してそれを比較することにより、他の奇跡的な理由で自然と歴史に記録されたイベントのバイブルです。 Maimonides and Albo in their commentary on Sanh. maimonidesとalboてsanh解説しています。 x. Xで 1, Ḳimḥi in his commentary on Ps. 1 、彼のダヴィドキムヒ解説してしまう。 i. 5, Isaac Aboab in his "Menorat ha-Ma'or" (iii. 4, 1), and Baḥya ben Asher in his commentary on Gen. xxiii. 5 、彼のアイザックaboab " menoratハ- ma'or " ( iii. 4 、 1 ) 、そして彼の洗浄器ベンbaḥya 23大将解説しています。 extend resurrection to the righteous only.正義の復活を延長するのみです。 On the other hand, Isaac Abravanel in his "Ma'yene Yeshu'ah" (ii. 9) concedes it to all Israel; Manasseh ben Israel, in his "Nishmat Ḥayyim" (i. 2, 8), and others, to all men.その一方で、彼のアイザックabravanel " ma'yene yeshu'ah " ( ii. 9 )タイムズ紙それをすべてのイスラエル;マナセベンイスラエルは、彼の" nishmatハイム" ( i. 2 、 8 ) 、そして、他人にすべての男性です。 Maimonides, however (see his commentary, l.c., and "Yad," Teshubah, viii.), took the resurrection figuratively, and substituted for it immortality of the soul, as he stated at length in his "Ma'amar Teḥiyyat ha-Metim"; Judah ha-Levi also, in his "Cuzari," took resurrection figuratively (i. 115, iii. 20-21). maimonides 、しかし(彼の解説を参照してください、セントルシア、および" yad 、 " teshubah 、 viii 。 )は、比喩的には復活し、置換すること霊魂の不滅のために、彼はとうとう彼の" ma'amar teḥiyyatハ- metim " ;ユダハ-レビでも、彼の" cuzari 、 "復活の比喩は( i. 115 、 Ⅲ 。二十から二十一) 。

The belief in resurrection is beautifully expressed in the old Morning Benediction, taken from Ber.その信念は見事に復活を表明し、旧朝祝祷、 berから取った。 60b: "O God, the soul which Thou hast set within me is pure. Thou hast fashioned it; Thou hast breathed it into me, and Thou dost keep it within me and wilt take it from me and restore it to me in time to come. As long as it is within me I will give homage to Thee, O divine Master, Lord of all spirits, who givest back the soul to dead bodies." 60b : "おお、神よ、なたの魂をセット内に残っているのは純粋です。なた依然たること;なた息それを私には、なたや内に入れて保管してから、わたしと、わたしと萎凋病を取ることを私には時間を戻すこと来ています。内に限り、それは私に、私は敬意を与え、なた、なた神マスターは、主のすべての霊は、人の魂を死体givest戻る"と述べた。 This benediction, for which the simpler form is given in Yer.この祝祷、どれをのためのシンプルなフォームでは、与えられたyer 。 Ber. ber 。 iv. 4 。 7d, Pesiḳ. 7d 、 pesiḳ 。 R. 40, and Midr.共和党40 、およびmidr 。 Teh.しています。 xvii.: "Blessed be Thou who revivest the dead"-recited after awakening from the night's sleep-throws light upon the whole conception of resurrection. 17 。 : "祝福される人revivestなたザデッド" -読誦した後、夜の眠りからの目覚め-例外復活の光の上に全体の概念です。 Just as the soul was believed to leave the body in sleep and return at the reawakening, so was the soul, after having left the body in death, to return to "those that sleep in the dust" at the time of the great reawakening.ちょうどその魂を残すと考えられていた睡眠と体内では、再覚醒を返すので、その魂は、体の左側には死を終え、に戻るには"これらのことは、睡眠ダスト"再覚醒時には、偉大です。 In modern times the belief in resurrection has been greatly shaken by natural philosophy, and the question has been raised by the Reform rabbis and in rabbinical conferences (see Geiger, "Jüd. Zeit." vii. 246) whether the old liturgical formulas expressing the belief in resurrection should not be so changed as to give clear expression to the hope of immortality of the soul instead.モダンタイムスで復活してきたという信念に基づいて自然哲学を大きく揺らいでは、との疑問を提起してきた改革会議のラビとラビ(ガイガーを参照して、 " jüd 。ツァイト"と述べた。第VII 。 246 )数式を表現するのかどうか、古い典礼復活を信じることはできませんので明確な表現を与えるように変更して、代わりに希望の霊魂の不滅です。 This was done in all the American Reform prayer-books.この改革が行われ、アメリカの祈り-すべての書籍です。 At the rabbinical conference held at Philadelphia it was expressly declared that the belief in resurrection of the body has no foundation in Judaism, and that the belief in the immortality of the soul should take its place in the liturgy.ラビは、フィラデルフィアで開かれた会議で明示的に宣言していたのは、身体の復活を信じることはユダヤ教の基盤がない、とし、霊魂の不滅の信念でその場所には、典礼てみるべきでしょう。 See Conferences, Rabbinical; Prayer-Books; Reform Judaism.を参照してください会議、ラビ;祈り-書籍;改革ユダヤ教です。

Executive Committee of the Editorial Board, George A. Barton, Kaufmann Kohler執行委員会は、編集委員会は、ジョージAバートン、カウフマンコーラー
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ百科事典は、 1901年から1906年の間に出版されます。

Bibliography: 参考文献:
Hamburger, R. B. T. s.v.ハンバーガー、 rbt sv Auferstehung und Wiederbelebung der Todten; ib. auferstehungウントwiederbelebungデアtodten ; ib 。 s.v. sv Belebung der Todten; Schürer, Gesch. belebungデアtodten ; schürer 、 gesch 。 ii. Ⅱ 。 3, 547-551; Volz, Jüdische Eschatologie; Weber, Jüdische Theologie, Index.E. 3 、五百四十七〜五百五十一; volz 、 jüdische eschatologie ;ウェーバー、 jüdische theologie 、 index.e 。 C. K.クック諸島


Also, see:また、参照してください:
The Arising of Jesus イエスが生じる

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです