Sabbath安息日

General Information 総合案内

The seventh day of the Jewish week - from sundown Friday to sundown Saturday - the Sabbath commemorates the seventh day of creation, on which God rested. It is a divinely appointed day of rest (Exod. 20:8), to be devoted to prayer and study, and its observance is a mark of Jewish faith. 七日目は、ユダヤ人の週-日没から日没から金曜日土曜日-七日目の安息日の設立を記念し、神で静養した。任命することは、神の残りの日( e x od.20時0 8分) 、祈りに専念すると研究、およびその儀式は、ユダヤ教の信仰をマークした。

Christians have generally considered the Sabbath to be fulfilled by Christ's Sabbath rest in the tomb and celebrate, instead, the Lord's Day (Sunday) as a weekly day of worship.キリスト教徒が通常とみなされるが果たされるの安息日には、キリストの墓や休息を祝う安息日は、その代わりに、主の日(日曜日)の礼拝の日として、週刊誌です。 It is the first day of the new week, symbolic of the unending Day of the Lord, the day of Christ's resurrection and of his expected return.それは、新しい週の最初の日には、象徴的なのは、一日の終わりなき主は、キリストの復活の日に、自分の予想を返す。 Some Protestant groups have traditionally called Sunday the Sabbath and apply to it the Old Testament Sabbath regulations (Sabbatarianism).いくつかのグループには伝統的にプロテスタントの日曜日の安息日と呼ばれ、旧約聖書の安息日に適用することの規制(安息日厳守) 。 In many places these have been given the force of civil law (Blue Laws).これらの多くの場所で、力を与えてきたの民法(青法) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
L L Mitchellすべてミッチェル

Bibliography 文献情報
T Gaster, Festivals of the Jewish Year (1953); H B Porter, Day of Light (1960); W Rordorf, Sunday (1968); Schauss, Hayyim, Jewish Festivals (1938).トンガスターは、ユダヤ教の祭りは、 1年( 1953年) ;のhbポーターは、日の光( 1960 ) ;ワットrordorf 、日曜日( 1968年) ; schauss 、 hayyim 、ユダヤ教の祭り( 1938年) 。


Sabbath安息日

Advanced Information 高度情報

Sabbath (Heb. verb shabbath, meaning "to rest from labour") is the day of rest.安息日( heb.動詞shabbath 、という意味"としてから残りの労働" )は、その日の残りです。 It is first mentioned as having been instituted in Paradise, when man was in innocence (Gen. 2:2).それは最初に導入されて天国で取り上げられて、ときには男は無罪(大将2時02分) 。 "The sabbath was made for man," as a day of rest and refreshment for the body and of blessing to the soul. "安息日のための男は前には、 "一日の残りや軽食としては、身体と魂を祝福している。 It is next referred to in connection with the gift of manna to the children of Israel in the wilderness (Ex. 16:23); and afterwards, when the law was given from Sinai (20:11), the people were solemnly charged to "remember the sabbath day, to keep it holy."それは次の接続を参照されてマンナの贈り物を、イスラエルの子孫の荒野(例: 16時23分) ;そしてその後、法が与えられたとき、シナイ半島から( 20時11分) 、その人たちが厳粛に帯電した"安息日を覚えて、神聖な状態に保つことです。 " Thus it is spoken of as an institution already existing.このようにすることは、すでに既存の機関として話されるのです。 In the Mosaic law strict regulations were laid down regarding its observance (Ex. 35:2, 3; Lev. 23:3; 26:34).モザイクは、厳しい規制が敷設に関する法律の順守(例: 35:2 、 3 ;レフです。 23 : 03 ; 26:34 ) 。

These were peculiar to that dispensation.これらは特有の特免をしています。 In the subsequent history of the Jews frequent references are made to the sanctity of the Sabbath (Isa. 56:2, 4, 6, 7; 58:13, 14; Jer. 17:20-22; Neh. 13:19).で、その後の歴史は、ユダヤ人を前に頻繁にリファレンスが安息日の神聖( isa. 56:2 、 4 、 6 、 7 ; 58:13 、 14 ; jer 。 17:20-22 ; neh 。 13時19分) 。 In later times they perverted the Sabbath by their traditions.彼らは後に倍の安息日倒錯した彼らの伝統だ。 Our Lord rescued it from their perversions, and recalled to them its true nature and intent (Matt. 12:10-13; Mark 2:27; Luke 13:10-17).わたしたちの主perversionsからそれらを救出すること、およびそれらの本性を振り返ると意図( matt. 12:10-13 ;マーク2 : 27 ;ルカによる福音書13:10-17 ) 。 The Sabbath, originally instituted for man at his creation, is of permanent and universal obligation.安息日は、設立当初の男は自分の創造のため、恒久的とは、普遍的義務だ。 The physical necessities of man require a Sabbath of rest.男の物理的な必需品の安息日の休養を必要とする。 He is so constituted that his bodily welfare needs at least one day in seven for rest from ordinary labour.だから彼は自分の身体を構成して、少なくとも1つの福祉ニーズに休息のため、 7日から通常の労働者です。

Experience also proves that the moral and spiritual necessities of men also demand a Sabbath of rest.経験を証明しても、道徳的かつ精神的な必需品の男性にも安息日の休息を要求する。 "I am more and more sure by experience that the reason for the observance of the Sabbath lies deep in the everlasting necessities of human nature, and that as long as man is man the blessedness of keeping it, not as a day of rest only, but as a day of spiritual rest, will never be annulled. I certainly do feel by experience the eternal obligation, because of the eternal necessity, of the Sabbath. The soul withers without it. It thrives in proportion to its observance. The Sabbath was made for man. God made it for men in a certain spiritual state because they needed it. The need, therefore, is deeply hidden in human nature. "私はますます多くの経験をして確認された理由は、安息日の遵守は、永遠の嘘必需品の深い人間の本性は、男としている限りは、男の至福の状態に維持することは、一日も休むしかないとして、しかし、精神的な休息の日として、虚しくされることはありません。私の経験で、確かに永遠の義務を感じることは、永遠のために必要なのは、安息日のです。ウィザーズ魂なしています。その順守することに比例して読んでもらっています。安息日は、前の男です。神の前にすることは、ある特定の男性のために必要なので、精神的な状態にすることです。の必要性は、したがって、人間の本性は深く隠されています。

He who can dispense with it must be holy and spiritual indeed.彼なしで済ます人がしなければならないことと精神的な神聖なものです。 And he who, still unholy and unspiritual, would yet dispense with it is a man that would fain be wiser than his Maker" (F. W. Robertson). The ancient Babylonian calendar, as seen from recently recovered inscriptions on the bricks among the ruins of the royal palace, was based on the division of time into weeks of seven days. The Sabbath is in these inscriptions designated Sabattu, and defined as "a day of rest for the heart" and "a day of completion of labour." The change of the day. Originally at creation the seventh day of the week was set apart and consecrated as the Sabbath. The first day of the week is now observed as the Sabbath.そして彼の人は、まだあきれるほどの霊的ではないとは、まだ完全には、一人の男が進んですることは賢明でよりも彼のメーカー" ( fwロバートソン) 。古代バビロニアのカレンダーは、先日から見られるように回復して碑文のうち、遺跡のレンガロイヤルパレス、課の時間に基づいていたに週間の7日間。安息日は、これらの碑文指定sabattu 、と定義される"と、一日の残りのための心臓"と"一日の労働の完成です"の変化その日です。創設当初では、 7日の週の安息日として際立たせると聖体拝領。初日の1週間は今の安息日として観測された。

Has God authorized this change?この変更は、認可の神ですか? There is an obvious distinction between the Sabbath as an institution and the particular day set apart for its observance.そこには明らかな違いが安息日機関として特定の日に設定すると、その遵守を離れている。 The question, therefore, as to the change of the day in no way affects the perpetual obligation of the Sabbath as an institution.この質問は、したがって、その日を変更するように影響を及ぼすことはありません永久機関としての義務の安息日。 Change of the day or no change, the Sabbath remains as a sacred institution the same.その日の変更なしに変更または、安息日神聖な機関としての遺跡と同じです。 It cannot be abrogated.廃止することはできません。 If any change of the day has been made, it must have been by Christ or by his authority.もしあれば、その日が変更されて、それをする必要がありますが、キリストや彼の権威です。 Christ has a right to make such a change (Mark 2:23-28).キリストには、このような変更を加える権利を(マーク2:23-28 ) 。 As Creator, Christ was the original Lord of the Sabbath (John 1:3; Heb. 1:10).クリエーターとしては、キリストは、元の主は、安息日(ジョン1 : 03 ; heb 。 1時10分) 。 It was originally a memorial of creation.それは、もともとは記念館の設立。 A work vastly greater than that of creation has now been accomplished by him, the work of redemption.仕事を大幅に上回ることが創出されたと思われますが、今彼は、その仕事の償還です。

We would naturally expect just such a change as would make the Sabbath a memorial of that greater work.私たちはこのような自然の変化を期待するだけとなることが安息日の記念碑としての大仕事をしています。 True, we can give no text authorizing the change in so many words.真は、テキストなし許可を与えることができるので、多くの単語に変化します。 We have no express law declaring the change.急行は行っておらず、法律の変更を宣言した。 But there are evidences of another kind.しかし、他にも別の種類の証拠です。 We know for a fact that the first day of the week has been observed from apostolic times, and the necessary conclusion is, that it was observed by the apostles and their immediate disciples.事実を知っているために、我々の最初の曜日からの使徒回観測されており、必要な結論を出すのは、それが観測されるとその使徒即時弟子です。 This, we may be sure, they never would have done without the permission or the authority of their Lord.これは、我々が必ず、かれらは決してだったらやってないの許可なくまたはかれらの主の権威です。 After his resurrection, which took place on the first day of the week (Matt. 28:1; Mark 16:2; Luke 24:1; John 20:1), we never find Christ meeting with his disciples on the seventh day.彼の復活の後、一日で行われたのは、最初の1週間( matt. 28:1 ;マーク16 : 02 ;ルーク24:1 ;ジョン20 : 01 ) 、我々は決して見つけるキリストの弟子の会談では、七日目。 But he specially honoured the first day by manifesting himself to them on four separate occasions (Matt. 28:9; Luke 24:34, 18-33; John 20:19-23).しかし、彼の最初の日に特別栄誉をして自分自身を顕在性は、 4つの別々の機会( matt. 28:9 ;ルカ24:34 、一八〜三三;ジョン20:19-23 ) 。

Again, on the next first day of the week, Jesus appeared to his disciples (John 20:26).繰り返しますが、内容は次の週の最初の日には、イエスキリストが登場して、弟子(ヨハネ20時26分) 。 Some have calculated that Christ's ascension took place on the first day of the week.いくつかの計算が行われたことは、キリストの昇天祭の週の最初の日です。 And there can be no doubt that the descent of the Holy Ghost at Pentecost was on that day (Acts 2:1).疑いの余地はないとして下り坂では、聖霊は、その日、聖霊降臨日(行為2:1 ) 。 Thus Christ appears as instituting a new day to be observed by his people as the Sabbath, a day to be henceforth known amongst them as the "Lord's day."こうしてキリストが表示されたら、新しいinstitutingとして観測される日を安息日として、彼の人々は、一日にかれらの間にあげたとして知られ、 "主の日です。 " The observance of this "Lord's day" as the Sabbath was the general custom of the primitive churches, and must have had apostolic sanction (comp. Acts 20:3-7; 1 Cor. 16:1, 2) and authority, and so the sanction and authority of Jesus Christ.の遵守、この"主の日"として、安息日は、カスタムの全般原始教会、ローマ教皇の制裁があったとする必要があります( comp.行為20:3-7 ; 1うわっ。 16時01分、 2 )と権限、および今イエスキリストの制裁や権威です。 The words "at her sabbaths" (Lam. 1:7, A.V.) ought probably to be, as in the Revised Version, "at her desolations."その言葉に"彼女のsabbaths " ( lam. 1時07分、動静)されるはずだ、おそらく、その改訂版としては、 "彼女desolations 。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Sabbath安息日

Advanced Information 高度情報

The Sabbath is the seventh day of the week in which God ceased from his work of creation and declared the day blessed and holy (Gen. 2:1-3).安息日は、週7日間では、彼の作品からやんだ神の創造と宣言したその日の祝福と聖(大将2:1-3 ) 。 Through the episode of the manna (Exod. 16), the sacred nature of the day was stressed to the Israelites.エピソードを通して、マンナ( exod. 16 )は、この日は、神聖な性質を強調して、イスラエル人です。 It was to be "a sabbath of the Lord," a day set apart for God and for rest.それには"安息日の主は、 "一日の残りを際立たせるために神とした。 The Decalogue forbids work on the sabbath, both for the Israelites and for their servants and guests (Exod. 20:8-11).その仕事をすることを禁じます十戒安息日は、両方のためには、イスラエル人と彼らのしもべとゲスト( exod. 20:8-11 ) 。 Deut. deut 。 5:12-15 implies that there is a humanitarian motive in the sabbath concept. 5:12-15は、人道主義的な動機があることを意味するの安息日の概念です。 In God's sight, no man or animal should be required to work seven days a week and to be enslaved as the Israelites were in Egypt.神の光景では、必要のない人や動物に仕事をしなければならないとされる週に7日、イスラエル人がエジプトでenslavedとして。 The sabbath is therefore a direct indication of God's consecration of Israel, as well as of his creation.したがって、安息日は、神の奉献直接的な兆候はイスラエルだけでなく、彼の創造です。

Violating the sabbath was a serious offense, and the person who worked on the sabbath was to be "cut off from among his people" (Exod. 31:14).安息日は、重大な違反の罪では、働いている人とは、安息日には"彼の人々の間から切り離されている" ( exod. 31:14 ) 。 During their wandering in the wilderness, the Israelites brought to trial a man found gathering wood on the sabbath.さすらいの荒野の中に自分の中には、イスラエル人一人の男が見つかりました検挙さ木材は、安息日の集まりです。 He was stoned to death according to the commandment of the Lord for profaning the sabbath (Num. 15:32-36).彼は死に投石されて、主の命令によると、安息日のためprofaning ( num. 15:32-36 ) 。 A fire was not to be kindled on the sabbath (Exod. 35:3), and admonitions to reverence the day are linked to reverence toward parents (Lev. 19:3) and reverence toward the Lord's sanctuary (19:30; 26:2).火事ではないに点火して安息日( exod. 35:3 ) 、およびadmonitionsに畏敬の念にリンクしてその日には両親に向かって頭を下げると畏敬の念( lev. 19時03分)に向かって主の聖域( 19:30 ; 26 : 2 ) 。 The sabbath terminated a week of work and was to be a complete rest unto the Lord, a distinguishing mark of God's choosing the Jewish people.安息日終了して、 1週間の仕事とは、主に、完全な休息かれは、神の識別マークのユダヤ人を選ぶ。

The sabbath was a joyous holy day, a day of spiritual refreshment and reverent worship.安息日は、喜ばしい聖日は、一日には精神的な軽食や敬けんな崇拝。 It seems to have been a popular day, an opportunity for man to imitate his Creator, to devote himself to contemplation and to community worship.してきたように人気のある日、彼のまねをする機会を創造して男は、全力を挙げる考えを熟考するとコミュニティを崇拝しています。 Those that delighted in the Lord in this fashion were promised that they would "ride on the heights of the earth" (Isa. 58:13-14).それらのことを喜んで、主の約束していた彼らは、このファッション"に乗って、地球のハイツ" ( isa. 58:13-14 ) 。 Even foreigners who kept from profaning the sabbath and held to God's covenant were promised blessing and deep joy (56:6-8). profaningよりも外国人の安息日保管して開かれた神の約束とは深い喜びと祝福を約束した( 56:6-8 ) 。 Jewish tradition held that Isaiah declared the eventual universalization of the sabbath among all nations (note 66:23).ユダヤ教の伝統にして行われた最終イザヤ書の普遍化を宣言し、すべての国の間で安息日(注66:23 ) 。 Prophets such as Jeremiah and Ezekiel placed such stress on the importance of observing the sabbath that at times the fate of the Jewish people was directly linked in prophecy to attitudes toward the sabbath (note Jer. 17:19-27 and Ezek. 20:12ff.).エレミアとエゼキエル預言者のような配置などの重要性を強調しているのを観察した時の安息日は、ユダヤ教の人々の運命を予言していた姿勢を直結安息日(注jer 。 17:19-27とezek 。 FFの20時12分。 ) 。

Josephus explains that during the first Christian century there were public discourses on the sabbath in the Jewish community.ヨセフス説明して中にあった公共世紀の最初のキリスト教国については、ユダヤ教の安息日のコミュニティです。 Jesus observed the sabbath, not only worshiping, but also teaching in the synagogue during that time of the week (Mark 6:2).観測されたイエスキリストの安息日、 worshipingだけでなく、教えるだけでなく、その時間中には、 1週間シナゴーグ(マーク6時02分) 。 The incidents regarding his disciples' plucking ears of grain or his healing on the sabbath were not a digression from the sabbath law, but were rather an indication that Jesus knew the content of the commandment very well.この事件については、弟子'摘採耳の穀物や彼の治癒してから脱線ではない、との安息日安息日法では、しかし、イエスキリストを知っていたことを示唆するというが、その命令の内容をよく売れている。 Not only his disciples, but also the apostle Paul and the early Jewish Christians observed the sabbath.彼の弟子だけでなく、使徒パウロだけでなく、ユダヤ人やキリスト教徒の早期観測安息日。

Jewish tradition has maintained the aspects of Torah observance, community worship, and joyful family participation to the present day.ユダヤ教の伝統的側面は、律法の順守を維持し、地域社会に仕え、家族と楽しい一日から現在までの参加です。 The mother prepares a special meal and kindles the sabbath candles remembering the holy day.特別な食事を準備すると、母親kindles安息日祭日のろうそくを思い出しています。 As she wafts the aura of the candles toward her and recites the blessing over the candles, she symbolizes the putting of her daily cares from her and acknowledges the historic sacredness of the hour. waftsとして彼女のオーラは、彼女のろうそくに向かって祝福すると、ろうそくrecites 、彼女は彼女の日常の苦労を象徴してからパッティング彼女とは、神聖さを認め、歴史的な時間です。 Two loaves of bread are placed on the dinner table and covered with a cloth to symbolize the double portion of manna given during the wilderness wandering. loafの複数配置して2つのパンは、夕食のテーブルや布で覆って、二重の部分を象徴マンナ荒野さすらいの中に投与されます。 Guests are often invited to share in this sabbath joy, and special prayers and hymns are recited, led by the father of the household.招待ゲストには、しばしばこの安息日の喜びを共有し、特別な祈りと賛美歌が読誦、家計の父が率いる。 The family worships at weekly sabbath services at the synagogue.崇拝の家族サービスでは、毎週の安息日シナゴーグ。 A farewell service is observed in a spirit of sadness that the blessed day has passed.お別れの精神の下で観測されたサービスは、悲しみを祝福して一日が過ぎた。 Jewish tradition has proposed that if every Jew kept the sabbath for two consecutive sabbaths, the Messiah would return.ユダヤ教の伝統を提案している場合は、すべてのユダヤ人は安息日のため2年連続で保管sabbaths 、救世主が復帰した。

The Bible also made provision for a sabbath year.聖書の安息日のためにも1年前に提供します。 During the seventh year the land was to lie fallow so that the land might rest, the needy might feed on the aftergrowth, and the animals might eat the surplus. 7年の間に土地を休ませていたかもしれないので、残りの土地は、フィードの困窮して二番かもしれない、との黒字を食べる動物かもしれない。 God promised an abundant harvest the sixth year to carry through the sabbatical period.豊作を約束する神の6年を通じて、サバティカル期間を運ぶ。 In addition, debts were to be cancelled during that year (note Exod. 23:10-11; Lev. 25:1-7, 18-22; Deut. 15:1-11).また、キャンセルされる債務は、その年の期間中(注exod 。 23:10-11 ;レフです。 25:1-7 、 18〜22 ; deut 。 15:1-11 ) 。 At the close of seven sabbatical cycles a year of jubilee was instituted. 7つのサイクルが終了する時点で、 1年間のサバティカルジュビリーが導入した。 Land that had been sold was to be returned to its former owner, and there were other sabbatical year provisions.土地を売っていたが、元の所有者に戻って、他のサバティカル年の規定があったとします。 These provisions underscored the fact that ultimately God owned the land.これらの規定に下線を引いたという事実を最終的に神の所有の土地です。

D A Rauschダrausch
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
A. E. Millgram, Sabbath: The Day of Delight; G. F. Moore, Judaism in the First Centuries of the Christian Era; A. J. Heschel, The Sabbath; S. Goldman, Guide to the Sabbath; D. A. Carson, From Sabbath to Lord's Day; R. T. Beckwith and W. Stott, The Christian Sunday; N. E. Andreasen, Rest and Redemption.愛millgram 、安息日:この日の喜び;フランス領ギアナムーアは、ユダヤ教、キリスト教の最初の数世紀の時代; ajヘシェルは、安息日;米ゴールドマンは、ガイドを安息日;ダカーソン、安息日に主からの日; beckwithとrtウィリアムストットは、キリスト教の日曜日; andreasen 、ネブラスカ州、そして残りの償還です。


Sabbath安息日

Catholic Information カトリック情報

(Hebrew shabbath, cessation, rest; Greek Sabbaton; Latin Sabbatum). (ヘブライ語shabbath 、停止、休息;ギリシャsabbaton ;ラテン語sabbatum ) 。

The seventh day of the week among the Hebrews, the day being counted from sunset to sunset, that is, from Friday evening to Saturday evening.第7日の週のヘブル人への手紙の中には、その日の日没から日没からカウントされ、それは、土曜日の夕方から金曜の夜にしています。

Prescriptions concerning the Sabbath処方箋に関する安息日

The Sabbath was a day of rest "sanctified to the Lord" (Exodus 16:23; 31:15; Deuteronomy 5:14).安息日は、一日の休息"を、主の神聖化" (出エジプト記第16 : 23 ; 31:15 ;申命記5時14分) 。 All work was forbidden, the prohibition including strangers as well as Israelites, beasts as well as men (Exodus 20:8-10; 31:13-17; Deuteronomy 5:12-14).すべての作業が禁じられ、見知らぬ人の禁止だけでなく、イスラエル人を含め、動物たちだけでなく、男性(出エジプト記20:8-10 ; 31:13-17 ;申命記5:12-14 ) 。 The following particular actions are mentioned as forbidden: cooking (ex., xvi, 23); gathering manna (xvi, 26 sqq.); plowing and reaping (xxxiv, 21); lighting a fire (for cooking, xxxv, 3); gathering wood (num., xv, 32 sqq.); carrying burdens (jer., xvii, 21-22); pressing grapes, bringing in sheaves, and loading animals (Nehemiah 13:15); trading (Ibid., 15 sqq.).特定のアクションには、以下のように記載禁断:クッキング(例、 16 、 23 ) ;収集マンナ( 16 、 26 sqq 。 ) ;耕や刈り取り( 34 、 21 ) ;焚付け(調理用、 35 、 3 ) ;木材の集まり( num. 、 15 、 32 sqq 。 ) ;運んで負担( jer. 、 17 、二一〜二二) ;押しブドウ、 sheafの複数形を持ち込むことは、動物との読み込み(ニーアマイア13:15 ) ;トレーディング( ibid. 、 15 sqq 。 ) 。 Travelling, at least with a religious object, was not forbidden, the prohibition of Ex., xvi, 29, referring only to leaving the camp to gather food; it is implied in the institution of holy assemblies (Leviticus 23:2-3, Heb. text), and was customary in the time of the kings (2 Kings 4:23).旅は、少なくともして、宗教的なオブジェクトは、禁じられていないが、元禁止します。 、 16 、 29 、参照のみを残しキャンプを収集し、食品;ことは、教育機関の聖なる黙示アセンブリ(レビ記23:2-3 、 heb 。テキスト) 、および慣例では、時間のキングス( 2キングス4時23分) 。 At a later period, however, all movement was restricted to a distance of 2000 cubits (between five and six furlongs), or a "sabbath day's journey" (Acts 1:12).で、後の期間は、しかし、すべての動きが制限され、 2000年の総腕尺( 6 furlongsとの間に5つ) 、または"安息日の旅" (行為の午前1時12分) 。 Total abstention from work was prescribed only for the Sabbath and the Day of Atonement; on the other feast-days servile work alone was prohibited (Exodus 12:16; Leviticus 23:7 sqq.).合計棄権から安息日のためだけに働くとは、所定の贖罪の日;して、他の饗宴-日卑屈な作業だけでは禁止されて(出エジプト記12:16 ;レビ記23時07 sqq 。 ) 。 Wilful violation of the Sabbath was punished with death (Exodus 31:14-15; Numbers 15:32-36).故意の違反で処罰された死の安息日(出エジプト記31:14-15 ;数字15:32-36 ) 。 The prohibition of work made it necessary to prepare food, and whatever might be needed, the day before the Sabbath, hence known as the day of preparation, or Parasceve (paraskeue; Matthew 27:62; Mark 15:42; etc.).その前に仕事をすることの禁止に必要な食糧を準備し、必要に応じて何かもしれない、安息日の前日には、そのための準備として知られ、 1日、またはparasceve ( paraskeue ;マタイ27:62 ;マーク15 : 42 ;等) 。 Besides abstention from work, special religious observances were prescribed.仕事から棄権に加えて、特別な宗教的慣習が処方されます。 (a) The daily sacrifices were doubled, that is two lambs of a year old without blemish were offered up in the morning, and two in the evening, with twice the usual quantity of flour tempered with oil and of the wine of libation (num., xxvii, 3-10). ( a )その日々の犠牲が倍増、それは、 2つの子羊歳せずには、午前中の傷が提供する、 2つの夕方には、通常の2倍の量の小麦粉を鍛えには、石油やワインの神酒( NUM件。 、 27 、 3-10 ) 。 (b) New loaves of proposition were placed before the Lord (Leviticus 24:5; 1 Chronicles 9:32). ( b )に新しいloafの複数の命題は、主の前に置かれた(レビ記24:5 ; 1クロニクル9時32分) 。 (c) A sacred assembly was to be held in the sanctuary for solemn worship (Leviticus 23:2-3, Heb. text; Ezekiel 46:3). ( C参照) 、アセンブリは、神聖な聖域のために開催される、厳粛な礼拝堂(レビ記23:2-3 、 heb 。テキスト;エゼキエル46:3 ) 。 We have no details as to what was done by those living at a distance from the sanctuary.詳細としては行っておらず、それらの生活に何が行われてから、聖域ある距離を置いています。 Synagogal worship belongs to the post-Exilic period; still it is probably a development of an old custom.礼拝堂に属しますsynagogal追放された後の期間;まだ発展することは、おそらく、古い習慣です。 In earlier days the people were wont to go to hear the instructions of the Prophets (2 Kings 4:23), and it is not unlikely that meetings for edification and prayer were common from the oldest times.これ以前の時代の人々がいつも行くの指示を聞いて、預言者( 2キングス4時23分)は、思いも寄らないことではないとの会合のための祈りが共通の啓発と最も古い時代からです。

Meaning of the Sabbath安息日の意味

The Sabbath was the consecration of one day of the weekly period to God as the Author of the universe and of time.奉献安息日は、 1日の期間には、週刊誌の作者として、宇宙の神との時間です。 The day thus being the Lord's, it required that man should abstain from working for his own ends and interests, since by working he would appropriate the day to himself, and that he should devote his activity to God by special acts of positive worship.こうしてその日の主が、あの男は、棄権することに必要な作業を終了すると、自分の利益には、彼が適切に働いて以来、一日に自分自身、彼の活動に充てるとして彼は神によって特別な行為を肯定的に仕えています。 After the Sinaitic covenant God stood to Israel in the relation of Lord of that covenant. sinaitic神の約束をした後、イスラエルに立っていたのは、主に関係して誓約します。 The Sabbath thereby also became a sign, and its observance an acknowledgment of the pact: "See that thou keep my sabbath; because it is a sign between me and you in your generations; that you may know that I am the Lord, who sanctify you" (Exodus 31:13).安息日にもサインになった、との協定を順守する謝辞: "を参照しておくことなたは私の安息日;なぜならこれは、わたしとなたがたとの間で署名して世代;知っていることと思いますが、私は、主には、人を浄化あなた" (出エジプト記31:13 ) 。 But while the Sabbath was primarily a religious day, it had a social and philanthropic side.しかし、中には、主に、宗教的な一日の安息日は、それは社会的な側面と慈善。 It was also intended as a day of rest and relaxation, particularly for the slaves (Deuteronomy 5:14).それは意図したとしても、一日の休養やリラクゼーション、特に、複数のスレーブ(申命記5時14分) 。 Because of the double character, religious and philanthropic, of the day, two different reasons are given for its observance.のため、二重人格、宗教や慈善事業は、その日のは、 2つの異なる理由は、その遵守のために与えられる。 The first is taken from God's rest on the seventh day of creation: "For in six days the Lord made heaven and earth, . . .and rested on the seventh day: therefore the Lord blessed the seventh day, and sanctified it" (Exodus 20:11; 31:17).最初は残りから採取して、神の創造7日目: "を前に、 6日の間に天と地の主は、 。 。 。と静養して七日目:それで主七日目を祝福し、神聖化すること" (出エジプト記20 : 11 ; 31:17 ) 。 This does not mean that the Sabbath was instituted at the Creation, as some commentators have thought, but that the Israelites were to imitate God's example and rest on the day which He had sanctified by His rest.この安息日わけではないのでは、導入の創造は、いくつかのコメンテーターとしてもみなかったが、それは、イスラエル人が神のまねをしてその日の残りの例でもなく彼が神聖化された彼の残りです。 The Sabbath as the sign of the Sinaitic covenant recalled the deliverance from the bondage of Egypt.安息日の兆候としては、リコールの救出sinaitic誓約エジプトの束縛からです。 Hence, in the second place, the Israelites are bidden to remember that they were once slaves in Egypt, and should therefore in grateful remembrance of their deliverance rest themselves and allow their bond-servants to rest (Deuteronomy 5:14-15).したがって、第2位は、イスラエル人が招かれたことを忘れないことが、かれらはかつて奴隷エジプトでは、訓戒とは、したがって、彼らの救出に感謝して休息できるように彼らの債券および使用人に残り(申命記5:14-15 ) 。 As a reminder of God's benefits to Israel the Sabbath was to be a day of joy (Isaiah 57:13) and such it was in practice (cf. Hosea 2:11; Lamentations 2:6).神の恩恵を彷彿させるものとして、イスラエルの安息日には、一日に喜びの声(イザヤ書57:13 )とは、実際にそのようなこと( cf.ホセア書2 : 11 ;哀歌2時06分) 。 No fasting was done on the Sabbath (Judith 8:6) on the contrary, the choicest meals were served to which friends were invited.断食していないことが行われた安息日(ジュディス8時06分)とは逆に、最高級の食事が提供されるように、友人たちが招待されます。

Origin of the Sabbath安息日の起源

The Sabbath is first met with in connection with the fall of the manna (Exodus 16:22 sqq.), but it there appears as an institution already known to the Israelites.最初に会ったのは、安息日に関連して、秋には、マナ(出エジプト記16時22 sqq 。 )が、それが表示されたら、すでに知られている教育機関としてのイスラエル人です。 The Sinaitic legislation therefore only gave the force of law to an existing custom. sinaiticしたがって、立法、法の効力を与えただけに、既存のカスタムです。 The origin of this custom is involved in obscurity.この風習の起源は無名関与している。 It was not borrowed from the Egyptians, as the week of seven days closing with a day of rest was unknown to them.エジプトからの借り物ではない、として、週7日間閉鎖して、一日の残りは不明にしてください。 In recent years a Babylonian origin has been advocated.近年、バビロニア起源提唱されています。 A lexicographical tablet gives shabattu as the equivalent of um nuh libbi, "the day of the appeasement of the heart" (of the gods). lexicographical shabattuとして提供するのと同等の錠nuh libbiええと、 "その日の融和の心" (の神々 ) 。 Furthermore, a religious calendar of the intercalary month Elul and of the month Marchesvan mentions the 7th, 14th, 21st, 28th, and 19th days, the latter probably because it was the 49th (7x7) day from the beginning of the preceding month, as days on which the king, the magician, and the physician were to abstain from certain acts.また、宗教上のカレンダーでは、うるう月elulとmarchesvanに記載して、その月の7日、 14日、 21日、 28日と19日、後者だったので、おそらく第49回( 7 x7の)一日からは、前の月の初めには、日間では、国王は、手品師は、医師とは、特定の行為を慎むこと。 The king, for instance, was not to eat food prepared with fire, put on bright garments, ride in a chariot, or exercise acts of authority.国王は、例えば、食べ物を食べるのではない火を用意して、鮮やかな衣装をかける、戦車に乗る、または行為をする権限を行使した。 These days were then, days of propitiation, and therefore shabattu days.このごろはその後、日間の和解、そしてしたがってshabattu終了。 We have thus periods of seven days the last day of which is marked by abstention from certain actions, and called shabattu, in other words the equivalent of the Sabbath.我々はこのようにピリオドでは、最終日の7日間では、特定の行動でマークされてから棄権、 shabattuと呼ばれ、言い換えれば、安息日に相当する。 A Babylonian origin is not in itself improbable, since Chaldea was the original home of the Hebrews, but there is no proof that such is actually the case.バビロニア起源そのものではないが、ありそうにないので、元のホームページのchaldeaヘブル人への手紙は、しかしそのような証拠は何もないことは、実際のケースです。 The reading shabattu is uncertain, shapattu being at lest equally probable.読書shabattuは不透明、 shapattuにしないように等しく概いる。 Besides, there is no evidence that these days were called shabattu; the signs so read are found affixed only to the 15th day of the month, where, however, sha patti, "division" of the month is the more probable reading.それに加えて、証拠がないと呼ばれることがこのごろshabattu ;の兆候が見つかったので読んで貼付のみ、その月の1日から15日までは、どこに、しかし、パティのSHAは、 "課"の1カ月は、こちらを読ん概。 These days, moreover, differed entirely from the Sabbath.このごろは、また、完全に異論安息日からです。 They were not days of general rest, business being transacted as on other days.彼らがいない日間の総残りは、ビジネス上の他の日として取引されています。 The abstention from certain acts had for object to appease the anger of the gods; the days were, therefore, days of penance, not of joy like the Sabbath.棄権のためのオブジェクトから特定の行為が、神々の怒りをなだめる;その日は、したがって、贖罪の日々は、喜びのない安息日のようだ。 Lastly, these days followed the phases of the moon, whereas the Sabbath was independent of them.最後に、このごろ続いて、月の位相が、安息日は独立している。 Since the Sabbath always appear as a weekly feast without connexion with the moon, it cannot be derived, as is done by some writers, from the Babylonian feast of the full moon, or fifteenth day of the month, which, moreover, has only doubtful claim to the designation shabattu.安息日に常に表示されて以来、毎週のごちそうとしてconnexionなくして月には、派生することはできません、いくつかの作家としての処理が行われるのは、宴会のバビロニアから満月、またはその月の15日間、これは、また、疑わしいのはほんのクレームshabattu指定してください。

Observance of the Sabbath安息日順守

Violations of the Sabbath seem to have been rather common before and during the exile (Jeremiah 17:19 sqq., Ezekiel 20:13, 16, 21, 24; 22:8; 22:38); hence the Prophets laid great stress on its proper observance (Amos 8:5; Isaiah 1:13; 57:13-14; Jeremiah loc. cit.; Ezekiel 20:12 sqq.).違反の安息日の前に共通のようだというが、亡命中( 17時19分エレミアsqq 。 、エゼキエル20 : 13 、 16 、 21 、 24 、 22時08分、 22時38分) ;したがって、その預言大きなストレスを与えるレイアウトその適切な順守(アモス8時05分;イザヤ書1 : 13 ; 57:13-14 ;ジェレマイア場所です。 cit 。 ;エゼキエル20時12 sqq 。 ) 。 After the Restoration the day was openly profaned, and Nehemias found some difficulty in stopping the abuse (Nehemiah 13:15-22).復旧後、この日は公然とprofaned 、およびいくつかの困難が見つかりましたnehemias停止虐待(ニーアマイア13:15-22 ) 。 Soon, however, a movement set in towrds a meticulous observance which went far beyond what the law contemplated.すぐには、しかし、運動を設定するには細心の儀式を行ったtowrdsどのような法律の予定をはるかに超えています。 At the time of the Machabees the faithful Jews allowed themselves to be massacred rather than fight on the Sabbath (1 Maccabees 2:35-38); Mathathias and his followers realizing the folly of such a policy decided to defend themselves if attacked on the Sabbath, though they would not assume the offensive (1 Maccabees 2:40-41; 2 Maccabees 8:26). machabees時点では、忠実なユダヤ人の虐殺を許可して戦うというよりは、安息日( 1 maccabees 2:35-38 ) ; mathathiasとその部下のこのような政策を実現することを決めたの愚かさを守るために攻撃している場合は、安息日が、攻勢に出ることはしないと( 1 maccabees 2:40-41 ; 2 maccabees 8時26分) 。 Under the influence of pharasaic rigorism a system of minute and burdensome regulations was elaborated, while the higher purpose of the Sabbath was lost sight of. pharasaicリゴリズムの影響下にあるシステムの負担分と規制の精緻化されたのに対し、高等安息日の目的は、失われた光景だった。 The Mishna treatise Shabbath enumerates thirty-nine main heads of forbidden actions, each with subdivisions. shabbath数えますmishna論文の主要39頭の行動を禁じられ、それぞれに細目です。 Among the main heads are such trifling actions as weaving two threads, sewing two stitches, writing two letters, etc. To pluck two ears of wheat was considered as reaping, while to rub them was a species of threshing (cf. Matthew 12:1-2; Mark 2:23-24; Luke 6:1-2).頭の中には、このようなささいな行動の主な2つのスレッドとして製織、縫製針縫う2つは、 2つの手紙を書くなど2つの色の麦の穂を摘む刈り見なされていたが、かれらは、種をこすって脱穀( cf.マタイ12時01分-2 ;マーク2:23-24 ;ルーク6:1-2 ) 。 To carry an object of the weight of a fig was carrying a burden; hence to carry a bed (John 5:10) was a gross breach of the Sabbath.重量の物体を運ぶのには、イチジクの負担を運んでいた;したがってベッドを運ぶ(ジョン5時10分)は、甚だしい違反の安息日。 It was unlawful to cure on the Sabbath, or to apply a remedy unless life was endangered (cf. Matthew 12:10 sqq.; Mark 3:2 sqq.; Luke 6:7 sqq.).それは非合法的な治療法は、安息日には、救済策を適用するかしない限り、人生は絶滅の危機に瀕( cf.マタイ12:10 sqq 。 ;マーク3:2 sqq 。 ;ルーク6時07 sqq 。 ) 。 This explains why the sick were brought to Christ after sundown (Mark, I, 32).なぜ、この病気の説明がもたらしたキリストの日没後に(マークは、私は、 32 ) 。 It was even forbidden to use a medicament the preceding day if it produced its effect on the Sabbath.それは薬物を使用することも禁じられている場合は、前の日の生産への影響を把握することは安息日。 In the time of Christ it was allowed to lift an animal out of a pit (Matthew 12:11; Luke 14:5), but this was later modified so that it was not permitted to lay hold of it and lift it out, though it might be helped to come out of itself by means of mattresses and cushions.キリストは、時間を解除することが許されていた動物のうち、ピット(マシュー12:11 ;ルーク14時05分)が、これは、後で変更することは認められていないので、ホールドのレイアウトしてから、それを持ち上げ、かかわらずそれを助けてから出てくるかもしれないという手段によってマットレスやクッションそのものです。 These examples, and they are not the worst, show the narrowness of the system.これらの例では、最悪の事態ではないと彼らは、そのシステムの狭さを示す。 Some of the rules were, however, found too burdensome, and a treatise of the Mishna (Erubin) tempers their rigour by subtle devices.いくつかのルールが、しかし、あまりにも負担が見つかりましたと、論文は、自分の気分mishna ( erubin ) rigourによって微妙なデバイスです。

The Sabbath in the New Testament安息日は、新約聖書

Christ, while observing the Sabbath, set himself in word and act against this absurd rigorism which made man a slave of the day.キリストは、安息日ながら観察し、自分自身の言葉や行動を設定すると、この不条理なリゴリズムを一日前には、男の奴隷。 He reproved the scribes and Pharisees for putting an intolerable burden on men's shoulders (Matthew 23:4), and proclaimed the principle that "the sabbath was made for man, and not man for the sabbath" (Mark 2:27).彼のreproved scribesとpharisees耐え難い負担をかけるためにパッティングする男性の肩(マタイ23時04分) 、との原則を宣言して"安息日は前には男で、男のためではなく、安息日" (マーク2時27分) 。 He cured on the Sabbath, and defended His disciples for plucking ears of corn on that day.彼は安息日硬化して、彼の弟子と擁護のためのトウモロコシ耳にしてその日の摘採です。 In His arguments with the Pharisees on this account He showed that the Sabbath is not broken in cases of necessity or by acts of charity (Matthew 12:3 sqq.; Mark 2:25 sqq.; Luke 6:3 sqq.; 14:5).彼の引数にして、このアカウントでphariseesによると、彼は安息日の必要性ではない例が壊れたりした慈善行為(マタイ12時03 sqq 。 ;マーク2時25 sqq 。 ;ルーク6時03 sqq 。 ; 14 : 5 ) 。 St. Paul enumerates the Sabbath among the Jewish observances which are not obligatory on Christians (Colossians 2:16; Galatians 4:9-10; Romans 14:5).聖パウロのうち、ユダヤ教の安息日が列挙されていない慣例上お定まりのキリスト教徒(コロサイ人への手紙2 : 16 ;ガラテヤ人への手紙4:9-10 ;ローマ人への手紙14時05分) 。 The gentile converts held their religious meetings on Sunday (Acts 20:7; 1 Corinthians 16:2) and with the disappearance of the Jewish Christian churches this day was exclusively observed as the Lord's Day.ジェンティーレに変換し、日曜日に行われた彼らの宗教的なミーティング( 20時07行為; 1コリンチャンス16時02分)消失しては、ユダヤ人とキリスト教の教会が独占的に観測されたとして、この日の主の日です。 (See SUNDAY.) (日曜日を参照してください。 )

Publication information Written by F. Bechtel. f.ベクテル社によって書かれた文献の情報です。 Transcribed by John Looby.転写されたジョンlooby 。 Dedicated to Christopher James Looby The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.クリストファージェームズlooby専用のカトリック百科事典は、 13巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認は、 1912年2月1日。 Remy Lafort, D.D., Censor.レミlafort 、 dd 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

EDERSHEIM, "Life and Times of Jesus II" (New York, 1897), 52-62, 777 sqq.; SCHURER, "Hist. Of the Jewish People" (New York, 1891), see index; PINCHES, "Sapattu, the Babylonian Sabbaath" in "Proceed. Of Soc. Of Bibl. Archeol." edersheim 、 "人生と時代のイエス2世" (ニューヨーク、 1897 ) 、 52から62 、 777 sqq 。 ;シューラーは、 "シーッ。は、ユダヤ教の人々 " (ニューヨーク、 1891 )は、インデックスを参照してください; pinches 、 " sapattu 、 sabbaathのバビロニア"は、 "続行します。のインフラです。のbibl 。 archeol 。 " (1904), 51-56; LAGRANGE, "Relig. Semit." ( 1904 ) 、 51-56 ;ラグランジュは、 " relig 。 semit 。 " (Paris, 1905), 291-5; DHORME in "Rev. bibl." (パリ、 1905年) 、二九一から五;ドルムで"牧師bibl 。 " (1908), 462-6; HERN, "Siebenzahl und Sabbath bei den Babyloniern un im A. T." ( 1908 ) 、四六二から六; hern 、 "安息日siebenzahlウントbeiデン保安babyloniern国連イム" (Leipzig, 1907); IDEM, Der Israelitische Sabbath" (Munster, 1909); KEIL, "Babel und Bibelfrage" (Trier, 1903), 38-44; LOTZ, "Quaestiones de histor. (ライプチヒ、 1907 ) ;同文献は、デアisraelitische安息日" (ミュンスター、 1909 ) ; keil 、 "バベルウントbibelfrage " (トリアー、 1903 ) 、三八から四四;ロッツ、 " quaestionesデhistor 。 sabbati" (1883); LESETRE in VIGOUROUX, "Dict. sabbati " ( 1883 ) ; lesetreでvigouroux 、 "辞書です。 de la bible", s.v. "Sabbat."デラバイブル" 、 sv "悪魔の宴"と述べた。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです