Sacrament, Ordinance, Mystery聖餐式は、条例では、ミステリー

General Information 総合案内

Sacraments are Christian rites that are believed to be outward visible signs of inward spiritual grace to which the promise of Christ is attached. The Roman Catholic and Eastern Orthodox churches accept seven sacraments: Baptism, the Eucharist, Confirmation (or Chrismation), Confession, Anointing of the Sick, marriage, and Holy Orders. The Council of Trent (1545 - 63) declared that all were instituted by Christ. Protestants accept only baptism and the Eucharist as instituted by Christ. The Anglican (Episcopal) church, however, accepts the other five as sacramental rites that evolved in the church. 秘跡は、キリスト教の儀式には目に見える外側の兆候とみられる精神的な猶予を内側には、キリストの約束が取り付けられています。ローマカトリック教会と東方正教会7つの秘跡を受け入れる:洗礼、聖体、確認(またはchrismation ) 、告白、 anointing病気になるのは、結婚し、僧籍。トレントの評議会( 1545 -6 3)によって設立されたキリストのすべてを宣言しています。のみを受け入れるプロテスタントの洗礼とキリスト聖体によって設立されたとして、英国教会(聖公会)の教会は、しかし、その受け付けます他の5つの神聖な儀式としては、教会に進化しています。 Other churches consider those of the five they observe as ecclesiastical ceremonies.これらの他の5つの教会を考える教会の儀式として彼らを観察する。

Christians have differed widely as to the meaning of the sacraments and how God works through them. Catholics, and many Protestants, consider them means of grace through which God bestows spiritual gifts. This view was held by Martin Luther and John Calvin.キリスト教徒が異論を広くとしての意味の秘跡と神の作品を通してどのようにしてください。 カトリック、プロテスタントと多く、それらの手段を検討するが、神の恵みを介しbestows霊的な贈り物です。このビューが行われたとされたジョンマーティンルーサーcalvinです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Other Protestants, following Ulrich Zwingli, view the sacraments as signs of Christian profession and testimony to grace that has already been given through faith. Some Protestant groups, notably the Quakers and the Salvation Army, do not use sacraments.他のプロテスタントは、次のウルリヒツウィングリは、 キリスト教の兆候としてビューの秘跡を職業と証言を通じて与えられた猶予は既に信仰しています。プロテスタントのいくつかのグループには、特に、クエーカー教や救世軍は、秘跡は使用しないでください。

L L Mitchellすべてミッチェル

Bibliography 文献情報
M Hellwig, The Meaning of the Sacraments (1972); B Leeming, Principles of Sacramental Theology (1956); J Martos, Doors to the Sacred (1982); E Russell and J Greenhalgh, eds., Signs of Faith, Hope, and Love: The Christian Sacraments Today (1988); Schmemann, Alexander, For the Life of the World: Sacraments and Orthodoxy (1973).ヘルビヒmには、意味の秘跡( 1972 ) ; leeming Bには、聖礼典の神学の原則( 1956年) ; jマルトス、ドアを聖なる( 1982 ) ; e greenhalghとJラッセルは、 EDS社。 、信仰の兆候は、希望、そして愛:今日、キリスト教の秘跡( 1988 ) ; schmemann 、アレキサンダーは、世界のために懸命に努力:秘跡と正教( 1973 ) 。


Sacrament聖餐

General Information 総合案内

Introduction導入

A Sacrament is any of several liturgical actions of the Christian church, believed to have been instituted by Christ and to communicate the grace or power of God through the use of material objects.典礼秘跡は、いくつかのいずれかのアクションは、キリスト教の教会は、キリストによって設立されたと考えられてきたとのコミュニケーションを通じて、神の恵みや電力の材料を使用するオブジェクトです。 In the 4th-century theologian St. Augustine's definition, the sacraments are "outward and visible signs of an inward and spiritual grace."第4世紀の神学者聖アウグスティヌスの定義は、秘跡は"目に見える外側と内側の兆候や精神的な猶予する"と述べた。

Sacrament in the New Testament聖餐式は、新約聖書

The word sacrament does not appear in the Bible, although baptism, Eucharist, and perhaps other rites that fit the definition are reported there.聖餐式という言葉は、聖書に表示されないが、洗礼、聖体、そしておそらく他の儀式が報告してそこにフィットするように定義します。 The New Testament basis for sacraments is found in its teaching about Mystery, which remains the Eastern Orthodox word for sacrament.新約聖書の基礎を教えることについては、秘跡ことが判明したミステリー、これは、東方正教会の聖餐式の単語です。 In the New Testament, the word mystery refers to God's plan for the redemption of the world through Christ, a plan that is hidden from the understanding of unbelievers but revealed to those who have faith (see Ephresians 1:9-10).新約聖書では、その言葉の謎を指し、神の計画は、キリストを通して、世界の償還は、計画を理解することは、不信心者が隠されてから、明らかに信仰を持っている人は( ephresians 1:9-10を参照してください) 。

In the Christian experience, the saving action of Christ is made known and accessible to the church especially through certain liturgical actions such as baptism and the Eucharist.経験は、キリスト教、キリストの貯蓄行動は、教会の前に知られると、特に介してアクセスできるようにするなどのアクションを特定の典礼洗礼と聖体です。 Therefore, these actions came to be known among the Greeks as mysteries, perhaps by analogy to mystery cults.したがって、これらのアクションに来たとして、ギリシア人の間で知られる推理小説は、たぶんcultsを類推して謎だ。

From Mystery to Sacrament謎を聖餐から

In the early 3rd century, Tertullian, the first Latin theologian, translated the Greek word musterion ("mystery") by the Latin sacramentum, which in pre-Christian use denoted a pledge of future performance, as in oath of loyalty taken by soldiers to their commander; emphasis fell on the thing that was given in pledge. In the Christian case, the word sacrament came to focus attention on the water of baptism and on the bread and wine of the Eucharist. These different nuances of mystery and sacrament account in part for the differing character of Eastern and Western sacramental theology. 3世紀の初めに、 tertullian 、神学者の最初のラテン語、ギリシャ語の単語の翻訳musterion ( "ミステリー" )によってsacramentumラテン語でこれは事前に示さキリスト教の約束を取り付けて使用する将来のパフォーマンスのように、忠誠の誓いを取らされた兵士彼らの司令官;強調して下落していたことを誓う与えられた。 は、キリスト教の場合は、その言葉に焦点を絞る聖餐式に来たとは、水の洗礼、聖体パンとワインです。これらのさまざまなニュアンスのアカウントで謎と聖餐式性格の異なる部分は、東と西聖礼典の神学です。

Sacraments and Signs秘跡との兆候

Sacraments are sometimes called signs.秘跡は、いくつかの兆候と呼ばれる。 In Roman Catholic and much Protestant theology, sacraments are regarded as "communicating signs."ローマカトリックとプロテスタントの神学くらいでは、秘跡と見なされても"コミュニケーションの兆候です。 " That is, the sign itself actually conveys the reality for which it stands.つまり、実際に自身のサインを伝えるために、現実の状勢だ。 In some Protestant theology, however, sacraments are not thought to be the vehicles of divine reality; rather, they are "arbitrary signs" that simply call to the believer's mind the inner reality of grace.いくつかのプロテスタント神学は、しかし、秘跡ではないと考えられている現実には車両の神;むしろ、彼らは"任意の兆し"として電話をかけるだけで、信者の心の内面の現実の恵みを受けています。

Ex Opere Operato元opere operato

If the communicative nature of the sacraments is acknowledged, a sacrament properly performed is seen to convey God's grace independently of the faith or moral character of the celebrant or recipients.場合には、コミュニケーションの性質の秘跡を認め、適切に行われ、聖餐式が見られるとは無関係に神のお恵みを伝える信仰や祝賀会の参加者や受信者は、道徳的なキャラクターだ。 Its value springs from its divine institution, "from the work already done" (Latin ex opere operato ), in which the sacrament participates.その値スプリングス機関からその神は、 "仕事からの手続きを済ませている" (ラテン語元opere operato )で、聖餐式に参加しています。 The opposite position has been maintained by some - that the value of the sacrament does depend in some way on those who celebrate and receive, ex opere operantis ("from the work being done").反対の位置に維持されてきたいくつか-それは、聖餐式の値が依存するいくつかの方法を祝って、受信者は、元o pereo perantis( "からの作業が行われた"といいます。 )

Sacramental Character聖礼典のキャラクター

Certain sacraments, such as the Eucharist and penance, are to be repeated often.特定の秘跡、聖体と苦行のような、頻繁に反復される。 Others - baptism, confirmation, Holy Orders - are to be administered to a person only once.その他-洗礼、確認、僧籍-を投与される人は1回だけです。 From the time of Augustine, this second group of sacraments has been recognized as having "character."アウグスティヌスの時から、この2番目のグループとして認識されて秘跡"の文字です。 " In other words, because God is faithful to his promises, the gift in these sacraments cannot be withdrawn. Grace may become latent if a person fails to act as the church intends, but the sacrament need not be repeated if the person is restored to the communion of the church.言い換えれば、神のためには、自分の約束を忠実には、これらの秘跡ギフト撤回することはできません。 猶予になる潜在的可能性がある人が失敗した場合には教会として動作するようにする意向だが、聖餐式に繰り返される必要はない人が復帰している場合は、聖体拝領は、教会です。

Number of Sacraments数の秘跡

The New Testament affirms one Mystery - God's plan for redeeming the world through Christ.肯定する新約聖書の謎-神の計画の欠点を補うために、キリストを通して世界です。 In the history of Christian thought, however, a large number of acts have been called Mysteries or Sacraments. In the 12th century, the Italian theologian Peter Lombard summarized a growing consensus that there should be just seven: baptism, confirmation, Eucharist, penance, extreme unction, anointing of the sick, Holy Orders, and marriage. These were, in fact, what the church found necessary for the regular, adequate liturgical celebration of the Christian Mystery. A series of conciliar decisions in the 13th century made the number seven official. Orthodox churches also recognize these seven rites as sacraments, but no official decision enjoins that number.キリスト教の歴史の思考は、しかし、数多くの謎と呼ばれる行為または秘跡てきた。 12世紀には、イタリアの神学者ピーターロンバード要約コンセンサスの高まりがあることをしなければならないだけに7 :洗礼、確認、聖体、苦行、終油の秘跡、病者の塗油、僧籍、と結婚した。これらは、実際には、何が必要なため、通常の教会が見つかりました、十分な典礼を祝って、キリスト教の謎だ。 conciliar一連の意思決定は、 13世紀には、 7つの番号公式です。正統派教会でもこれらを認識する7つの秘跡の儀式として、正式な決定がないことenjoins番号です。 The 16th-century Protestant reformers declared that there are but two sacraments, baptism and Eucharist - these having been instituted by Christ.第16世紀のプロテスタントの宗教改革を宣言してそこには2つの秘跡しかし、洗礼と聖体-これらによって設立されたキリストを続けてきた。 The reformers dismantled the rest of the sacramental system, maintaining that God's grace is morereadily accessible through more personal channels - prayer, the Scripture, and preaching Reformation.改革派解体聖礼典のシステムの残りの部分は、神の恵みを維持することは、もっと個人的なチャンネルを通じてアクセスできるmorereadily -祈りは、この啓典は、改革と説法。

Charles P. Priceチャールズp.価格


The Seven Sacraments of the Roman Catholic Church七つの秘跡は、ローマカトリック教会

General Information 総合案内

The sacramental principle is another characteristic tenet of Roman Catholicism. The sacramental system worked out especially in the Middle Ages by the schoolmen and subsequently at the Council of Trent envisaged sacraments primarily as causes of grace that could be received independent of the merit of the recipient. もう一つの特徴は、聖礼典の原理ローマカトリック教の教義。働いて、聖礼典のシステムで、特に中世schoolmanの複数の理事会とその後の秘跡トレント想定して、主の恵みの原因として受け取った可能性があるが、受取人にメリットが独立しています。 Recent Catholic sacramental theology emphasizes their function as signs of faith.最近のカトリック神学聖礼典の信仰の印として機能する点を強調しています。 Sacraments are said to cause grace insofar as they are intelligible signs of it, and that the fruitfulness, as distinct from the validity, of the sacrament is dependent on the faith and devotion of the recipient.秘跡が知る限りの猶予を引き起こすによると彼らは理解することの兆候は、多産として、その妥当性をより明確には、聖餐式は、信仰と献身に依存して、受信者です。 Sacramental rites are now administered in the vernacular, rather than in Latin, to increase the intelligibility of the signs.神聖な儀式には、今すぐお国言葉で投与されるよりも、ラテン語では、了解の兆しを増やすことです。

Conservative Catholicism connected sacramental theology to Christology, stressing Christ's institution of the sacraments and the power of the sacraments to infuse the grace of Christ, earned on Calvary, to the recipient.保守的なカトリック神学を接続christology聖礼典は、キリストの機関の秘跡を強調して電源の秘跡キリストの恵みを吹き込む、カルバリー獲得して、受信者に。 The newer emphasis connects the sacraments to ecclesiology.秘跡を接続して、新しい教会論を強調した。 We do not encounter Christ directly, but in the church, which is his body. The church mediates the presence and action of Christ.キリストに直接遭遇することはありませんが、それまでの教会で、これは彼の体です。 仲介教会の存在とキリストのアクションです。

The number of sacraments was finally fixed at seven during the medieval period (at the councils of Lyons 1274, Florence 1439, and Trent 1547). 秘跡の数は最終的に固定された中世の期間中には7人 ( 1274ライオンズの委員会で、フィレンツェ、 1439 、および1547年のトレント) 。 In addition Roman Catholicism has innumerable sacramentals, e.g., baptismal water, holy oil, blessed ashes, candles, palms, crucifixes, and statues.ローマカトリック教sacramentalsが無数に加えて、例えば、水の洗礼は、神聖な油は、遺灰を祝福、ろうそく、手のひら、 crucifixes 、および像です。 Sacramentals are said to cause grace not ex opere operanto like the sacraments, but ex opere operantis, through the faith and devotion of those using them.グレースはないと述べたsacramentalsを引き起こすような例の秘跡opere operanto 、元opere operantisしかし、これらを通じて、信仰と献身を使用しています。

Three of the sacraments, 3つの秘跡は、
baptism, confirmation, Eucharist,洗礼、確認、聖体、
are concerned with Christian initiation心配しては、キリスト教のイニシエーション

Baptismバプテスマ

The sacrament is understood to remit original sin and all personal sin of which the recipient sincerely repents. 聖餐式は、理解に送金を原罪とすべてが、受信者の個人的な罪repentsよろしくお願いします。 All must be baptized or they cannot enter the kingdom of heaven. But not all baptism is sacramental baptism by water. すべてのバプテスマを受けたりしなければならないことはできません天国を入力してください。すべてではありませんが聖礼典の洗礼は、水の洗礼された。 There is also "baptism of blood," which is received by dying for Christ (e.g., the "holy innocents," Matt. 2:16 - 18), and "baptism of desire," which is received by those who, implicitly or explicitly, desire baptism but are prevented from receiving it sacramentally. "Even those who through no fault of their own do not know Christ and his church may be counted as anonymous Christians if their striving to lead a good life is in fact a response to his grace, which is given in sufficient measure to all."そこでも"血の洗礼は、 "キリストのためには、受信された死にかけている(例えば、 "神聖な罪のない者は、 "マットです。 2時16 -1 8) 、および"欲望の洗礼は、 "これは、受信された人たちは、暗黙的または明示的には、欲望が洗礼を受けてから防がsacramentally 。 "人たちでさえ、自分の落ち度ではありません知っていると彼のキリスト教会匿名キリスト教徒として数えられるかもしれない自分の努力している場合は、実際に良い生活を送る彼の反応をするグレースは、これはすべての措置を十分に与えられた"と述べた。

Confirmation (Christmation)確認( christmation )

A theology of confirmation was not developed until the Middle Ages.確認の神学を開発するまで、中世ではない。 Confirmation was said to be the gift of the Spirit for strengthening (ad robur) while baptismal grace is for forgiveness (ad remissionem).確認の贈り物だったと言われるのは、精神力強化のための猶予(広告オウシュウナラ)は、洗礼を許しながら(広告remissionem ) 。 This distinction has no basis in the Scriptures or the fathers, but has been retained to the present following ratification by the Council of Trent.この区別は、聖書は根拠がないか、父親が、留保されてから現在までの批准された次の協議会のトレント。 Today, however, the rite is sometimes administered at the same time as baptism and by the priest, not the bishop, to emphasize that both are really aspects of the one sacrament of initiation.今日では、しかし、この儀式は、時にはそれと同時に投与したとされる洗礼司祭として、司教は、実際には、両方の側面を強調して、 1つの聖餐式の開始です。

Eucharist聖体

Distinctively Catholic doctrines on the Eucharist include the sacrificial nature of the Mass and transubstantiation. Both were defined at Trent and neither was modified at Vatican II. 独特のカトリックは、聖体には、いけにえの教説の性質の質量と変質した。両方で定義されたトレントとどちらも2世はバチカンで更新します。 The unbloody sacrifice of the Mass is identified with the bloody sacrifice of the cross, in that both are offered for the sins of the living and the dead.犠牲の血に染まっていないのが識別され、大量の流血の犠牲の十字架は、その両方を提供するためには様々な罪とオブザリビングデッドです。 Hence Christ is the same victim and priest in the Eucharist as he was on the cross.したがって、キリストは、同じ被害者としての聖体と司祭は、彼は十字架上です。 Transubstantiation, the belief that the substance of bread and wine is changed into the body and blood of Christ, was first spoken of at the Fourth Lateran Council (1215). The Eucharist is also known as Holy Communion.変質、という信念を持って、物質のパンとワインは、体に変更すると、キリストの血は、最初に話されたのは、第4ラテラン評議会( 1215 ) 。 、聖体は聖体拝領としても知られています。

Two sacraments, 2つの秘跡、
penance and anointing the sick,苦行anointing 、病気や、
are concerned with healing心配しても治癒

Penance苦行

By the Middle Ages the sacrament of penance had four components which were confirmed by the Council of Trent: satisfaction (the doing of an act of penance), confession, contrition, and absolution by a priest. All grave sins had to be confessed to a priest who acted as judge.聖餐式で、中世の贖罪の4つのコンポーネントが確認されたが、評議会のトレント: 満足度(贖罪の行為のこと) 、告白、悔い改め、赦免されると住職。ならなかったれるすべての重大な罪を告白する司祭の人の判事としての行動だ。 Since Vatican II the role of the priest in penance is understood as healer, and the purpose of the sacrament is reconciliation with the church rather than the restoration of friendship with God.バチカン市国の役割をして以来2世苦行僧では、ヒーラーとして理解し、聖餐式の目的は、和解では、教会ではなく、神の友情を復元します。 Through contrition the sinner's union with God is restored, but he is still required to seek forgiveness in the sacrament of penance because his sin compromises the mission of the church to be a holy people.痛恨の罪人の労働組合を介して、神が回復したが、彼はまだ必要と赦しを求めるためには、自分の罪の贖罪の聖礼典妥協の使命は、教会の神聖される人々だ。

Anointing the Sick病人anointing

During the Middle Ages the rite of anointing the sick was reserved increasingly for the dying, hence the description of Peter Lombard: extreme unctio (last anointing).中世の間には、儀式のanointing 、病気のために予約さますます死にかけている、したがって、その説明のピーターロンバード: unctioエクストリーム(最終anointing ) 。 Vatican II relabeled the sacrament "anointing of the sick," stating explicitly that it "is not a sacrament reserved for those who are at the point of death."バチカンrelabeled 2世の秘跡"病者の塗油"と明記して明示的に"聖餐式のために予約さではない人たちは死に際している。 " The last sacrament is now known as viaticum, received during Mass if possible. Earlier, this was called Extreme Unction.終油の秘蹟は今餞別として知られ、ミサの間に受け取った可能であればこれに先立って、これは終油の秘跡と呼ばれる。

There are two sacramentsそこには2つの秘跡
of vocation and commitment:職業とのコミットメント:
marriage and orders結婚と注文

Marriage結婚

The sacramentality of marriage was affirmed by the councils of Florence and Trent. sacramentalityの結婚生活は、肯定されるとの協議会のフィレンツェトレント。 Marriage is understood to be indissoluble, although dispensations, chiefly in the form of annulment (a declaration that a valid marriage never existed), are permitted.理解される結婚は変わらないが、分配は、主には、フォームの廃止(宣言して、有効な結婚生活は決して存在) 、が許されています。 The grounds of nullity so carefully delimited in the 1918 Code of Canon Law have now been broadened to embrace many deficiencies of character.だから慎重に無効理由は、 1918年区切りの教会法典が広がった今すぐに抱擁され、多くの不備キャラクターです。

Orders受注

Vatican II recognized that all the baptized participate in some way in the priesthood of Christ, but confirmed Catholic tradition on the clerical hierarchy by decreeing that there is a distinction between the priesthood conferred by baptism and that conferred by ordination. バチカン2世認識して、何らかの形で参加するすべてのバプテスマを受け、キリストの聖職者が、カトリックの伝統を確認して事務 decreeing 階層によって違いがあることを聖職に就くとして与えられたバプテスマによって与えられた聖職叙任された。

The ordained priesthood has three orders: bishops, priests, and deacons. The first and third are offices of the NT church. 聖職に就くには、定められた3つの受注:司教、司祭、およびdeacons 。は、 1番目と3番目の事務所はNTの教会です。 The office of priest emerged when it was no longer practical to continue recognizing the Jewish priesthood (owing to the destruction of the temple and the great influx of Gentiles into the church) and with the development of a sacrificial understanding of the Lord's Supper.司祭の事務所に登場したときには、もはや現実的な認識を続けるユダヤ教聖職(せいで、寺を破壊すると、大きな教会への流入gentiles )と発展していけにえを理解するのは、主に夕食です。

F S Piggin fs piggin

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Sacrament聖餐

Advanced Information 高度情報

A religious rite or ceremony instituted or recognized by Jesus Christ.宗教的な儀式や式典設立やイエスキリストによって認識されています。 Baptism and the Lord's Supper were given a prominent place in the fellowship of the early church (Acts 2:41 - 42; 10:47; 20:7, 11), along with the proclamation (kerygma) and teaching (didache).バプテスマと主の晩餐が与えられたの目立つ場所には、早期のフェローシップ教会(行為2時41 -4 2; 1 0:47;午前2 0時0 7分、 1 1)とともに、宣言( k erygma)と教え(新約聖書) 。 Both rites were regarded as means appointed by Jesus Christ to bring the members of the church into communion with his death and resurrection, and thus with himself through the Holy Spirit (Matt. 28:19 - 20; Acts 2:38; Rom. 6:3 - 5; 1 Cor. 11:23 - 27; Col. 2:11 - 12).儀式と見なされていたの両方の手段を持って来るように任命されたイエスキリスト教会のメンバーは彼の死と復活を拝領して、こうして自分自身を介して、聖霊( matt. 28:19 -2 0;行為2 : 3 8; R OMのです。 6 : 3 -5 ; 1うわっ。 1 1:23- 27 ;大佐2時1 1 -1 2) 。 They were linked together in our Lord's teaching (Mark 10:38 - 39) and in the mind of the church (1 Cor. 10:1 - 5ff.) as having such significance.彼らは私たちの主の授業でつながって(マーク10:38 -3 9)とは、心の中にある教会( 1うわっ。 1 0時0 1分- 5f f。)意義としてそのようなことです。 They were the visible enactment of the word proclaimed in the kerygma, and their significance must be understood as such.かれらは、目に見える宣言は、その言葉の成立kerygma 、およびそれらの意義を理解しなければならないようだ。

The proclamation of the gospel in the NT was no mere recital of the events of the life, death, resurrection, and ascension of Jesus, the Son of God.この宣言は、単なるゴスペルではない、 NTのリサイタルのイベントは、人生、死、復活、昇天イエスとは、神の御子です。 It was the representation of these events to the hearers in the power of the Spirit so that through such proclamation they could become related to these events in a living way through faith.それは、これらのイベントに耳をかす表現力は、このような宣言の精神を介しようになる可能性に関連して、これらのイベントを通じて信仰生活の方法です。 In the proclamation of the gospel the once - for - all event continued to be effective for salvation (1 Cor. 1:21; 2 Cor. 5:18 - 19).福音の宣言では、一度-を-すべてのイベントを継続するために効果的な救済(1うわっ。1 : 2 1 ;2うわっ。5時1 8 -1 9) 。 The word of the kerygma gave men fellowship in the mystery of the kingdom of God brought nigh in Jesus (Matt. 13:1 - 23; Mark 4:11), and the preacher in fulfilling his task was the steward of this mystery (1 Cor. 4:1; Eph. 3:8 - 9; Col. 1:25).その言葉を与えたkerygmaフェローシップは、謎の男たちが神の国に近付いもたらしたイエス( matt. 13時01 -2 3;マーク4時1 1分) 、そして、彼の仕事は充実した説教師は、この謎のスチュワード( 1うわっ。 4時01分; eph 。 3時08分-9 ;大佐1時2 5分) 。 The miracles or signs accompanying the proclamation in the early church were the visible aspect of the living power the word derived from its relation to the mystery of the kingdom of God.その奇跡または添付の宣言は、初期の兆候は、目に見える教会のアスペクトパワーオブザリビングという言葉から派生したのと関連して、神の王国の謎だ。

It was inevitable, therefore, that baptism and the Lord's Supper, the other visible counterparts of the kerygma, should also come to be regarded as giving fellowship in the same mysterion of the Word made flesh (1 Tim. 3:16), and should be interpreted as themselves partaking in the mystery of the relationship between Christ and his church (Eph. 5:32).それは避けられない、したがって、その洗礼と主の夕食は、他の国は、目に見えるkerygma 、と見なされて来ても、同じmysterionフェローシップを与えるという言葉の前に肉( 1ティム。 3時16分) 、および必要自身として解釈される謎の参加者間の関係のキリスト教会と彼( eph. 5時32分) 。

The Greek word mysterion was later often given the Latin sacramentum, and the rites themselves came to be spoken of as sacramenta.それ以降は、ギリシャの言葉がしばしばmysterionラテン語sacramentum与え、そして自身の儀式のように来たsacramenta話される。 The word sacramentum meant both "a thing set apart as sacred" and "a military oath of obedience as administered by the commander." sacramentumの両方を意味する言葉"を神聖なものとして際立たせる"と"の服従を誓い、軍事司令官として投与される"と述べた。 The use of this word for baptism and the Lord's Supper affected the thought about these rites, and they tended to be regarded as conveying grace in themselves, rather than as relating men through faith to Christ.この単語を使用すると、主の洗礼の儀式夕食これらの影響を受けることについて考えたのは、彼らと見なされる傾向に伝えることで自らの恵みではなく、信仰をキリストを通して人間として関わる。

A sacrament came later to be defined (following Augustine) as a "visible word" or an "outward and visible sign of an inward and spiritual grace."聖餐式で定義されるが、それ以降(以下アウグスティヌス)として、 "目に見える言葉"または、 "目に見えるサインを外側と内側には、精神的な猶予する"と述べた。 The similarity between the form of the sacrament and the hidden gift tended to be stressed.の間の類似の形で、隠れた才能の聖餐式と強調される傾向があった。 Five lesser sacraments became traditional in the church: confirmation, penance, extreme unction, order, matrimony.小5つの秘跡は、教会の伝統になった:確認、苦行、終油の秘跡、注文は、結婚した。 But the church had always a special place for baptism and the Lord's Supper as the chief mysteries, and at the Reformation these were regarded as the only two that had the authority of our Lord himself, and therefore as the only true sacraments.しかし、教会には、常に特別な場所での夕食のために、主の洗礼と謎のチーフとしては、これらの改革とは見なされていた2つのことだけでは、私たちの主ご自身の権限、およびそのための真の秘跡のみです。

Since God in the OT also used visible signs along with the word, these were also regarded as having sacramental significance. ot神でも使用されて以来、目に見える兆候という言葉とともに、これらのことと見なされても聖礼典の意義です。 Among the OT sacraments the rites of circumcision and the passover were stressed as being the OT counterparts of baptism (Col. 2:11 - 12) and the Lord's Supper (1 Cor. 5:7). ot秘跡のうち、割礼の儀式のペサハが強調されると、相手の洗礼ot (大佐2時11 -1 2)と、主の晩餐( 1うわっ。 5時0 7分) 。

R S Wallace rsウォレス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
Calvin, Institutes 4.14; R Bruce, Sermons upon the Sacraments; T F Torrance, "Eschatology and the Eucharist," in Intercommunion; G Bornkamm, T D N T , IV; O C Quick, The Christian Sacraments; J I Packer, ed., Eucharistic Sacrifice.カルビン、塾4.14 ;研究ブルース、説教するの秘跡; TF審議トーランス、 "聖体終末論とは、 " intercommunion ;グラムbornkamm 、 tdnt 、 4世;のocクイックは、キリスト教の秘跡;智パッカー、エド。 、犠牲eucharistic 。


Sacraments秘跡

Catholic Information カトリック情報

Sacraments are outward signs of inward grace, instituted by Christ for our sanctification (Catechismus concil. Trident., n.4, ex S. Aug. "De Catechizandis rudibus").内側には、外側の兆し秘跡グレースは、私たちのためにキリストの神聖化によって設立された( catechismus concil 。トライデント。 、 n.4 、元米8 。 "デcatechizandis rudibus "を参照) 。 The subject may be treated under the following headings:件名に、以下の見出しの下に扱われるかもしれません:

I. The necessity and the nature of the sacramental system i.の必要性や、システムの性質の聖礼典

II. Ⅱ 。 The nature of the sacraments of the new lawの性質は、新しい法律の秘跡

III. Ⅲ 。 The origin (cause) of the sacraments起源(原因)の秘跡

IV. 4 。 The number of the sacraments数の秘跡

V. The effects of the sacraments対の影響の秘跡

VI. viのです。 The minister of the sacraments大臣の秘跡

VII.第VII 。 The recipient of the sacramentsが、受取人の秘跡

I. NECESSITY AND NATURE i.必要性と自然

(1) In what sense necessary ( 1 )には、何の意味で必要な

Almighty God can and does give grace to men in answer to their internal aspirations and prayers without the use of any external sign or ceremony.全能の神の恵みを与えることとは男性の願望に答えて自分の内部と外部の祈りを使用せずに署名または任意の式です。 This will always be possible, because God, grace, and the soul are spiritual beings.これは常に可能なので、神は、恵みは、魂とは精神的な生き物です。 God is not restricted to the use of material, visible symbols in dealing with men; the sacraments are not necessary in the sense that they could not have been dispensed with.神ではない材料の使用を制限しては、目に見える男性のシンボルを扱う;の秘跡必要ではないという意味ではない可能性がdispensedされています。 But, if it is known that God has appointed external, visible ceremonies as the means by which certain graces are to be conferred on men, then in order to obtain those graces it will be necessary for men to make use of those Divinely appointed means.しかし、もし神が任命することが知られている外付けは、目に見えるような式典には手段を美神に協議して特定の男性、そしてそれらを得るために必要とされる美神それを使おうとする人男性のための手段を神に任命した。 This truth theologians express by saying that the sacraments are necessary, not absolutely but only hypothetically, i.e., in the supposition that if we wish to obtain a certain supernatural end we must use the supernatural means appointed for obtaining that end.この真理の秘跡神学を表明したと言っては、必要に応じて、絶対にしかない仮定、すなわち、私たちの願いと仮定している場合、特定の超自然端を取得しなければならない超自然的手段を使って入手するために任命して終了します。 In this sense the Council of Trent (Sess. VII, can. 4) declared heretical those who assert that the sacraments of the New Law are superfluous and not necessary, although all are not necessary for each individual.この意味でトレントの評議会(第VII sess. 、可能です。 4 )を宣言したと主張し、異端者たちは、新しい法律は、余計な秘跡とする必要はありませんが、個々のために必要なすべてではない。 It is the teaching of the Catholic Church and of Christians in general that, whilst God was nowise bound to make use of external ceremonies as symbols of things spiritual and sacred, it has pleased Him to do so, and this is the ordinary and most suitable manner of dealing with men.それはカトリック教会の教えは、キリスト教徒との全般して、神の間nowise縛られた外部の儀式を使おうとすると神聖な霊的なものの象徴として、それは彼に満足してこれには、これは、普通のとで、最も適した男性への対処方法です。 Writers on the sacraments refer to this as the necessitas convenientiae, the necessity of suitableness.これは、作家としての秘跡necessitas convenientiaeを参照して、その必要性をsuitableness 。 It is not really a necessity, but the most appropriate manner of dealing with creatures that are at the same time spiritual and corporeal.実際には必要なことではないが、最も適切な方法で対処することは、それと同時に生き物の精神と肉体。 In this assertion all Christians are united: it is only when we come to consider the nature of the sacramental signs that Protestants (except some Anglicans) differ from Catholics.この主張は、米国のすべてのキリスト教徒:それは来るときにのみ我々は、聖礼典の性質を考慮する兆しがプロテスタント( anglicansを除いていくつかの)カトリック信者と異なる。 "To sacraments considered merely as outward forms, pictorial representations or symbolic acts, there is generally no objection", wrote Dr. Morgan Dix ("The sacramental system", New York, 1902, p. 16). "外向きのフォームを秘跡としてみなさ単に、絵入り表明や象徴的な行為には、そこに異論は通常ない"と、モーガンディクスドクター書きました( "システムの聖礼典"は、ニューヨーク、 1902 、 p. 16 ) 。 "Of sacramental doctrine this may be said, that it is co-extensive with historic Christianity. Of this there is no reasonable doubt, as regards the very ancient days, of which St. Chrysostom's treatise on the priesthood and St. Cyril's catechetical lectures may be taken as characteristic documents. Nor was it otherwise with the more conservative of the reformed bodies of the sixteenth century. Martin Luther's Catechism, the Augsburg, and later the Westminster, Confessions are strongly sacramental in their tone, putting to shame the degenerate followers of those who compiled them" (ibid., p. 7, 8) "かもしれないが、この聖礼典の教義によると、それは、キリスト教の歴史共同して広範囲にわたる。この合理的疑いがない、非常に古代の日に関しては、そのうちの論文は、聖クリュソストモス聖職者と聖シリルの問答式の講義5月文書の特徴として取られる。またそれ以外では、より多くの保守派は、 16世紀の遺体改心した。マーティンルーサーの公教要理は、アウクスブルク、およびそれ以降のウェストミンスター寺院では、聖礼典の自白は、トーンが強く、パッティングの信者に恥の縮退人々にコンパイルして" ( ibid. 、 p. 7 、 8 )

(2) Why the sacramental system is most appropriate ( 2 )なぜ聖礼典のシステムは、最も適切な

The reasons underlying a sacramental system are as follows:聖礼典のシステムの根底にある理由は以下のとおりです:

Taking the word "sacrament" in its broadest sense, as the sign of something sacred and hidden (the Greek word is "mystery"), we can say that the whole world is a vast sacramental system, in that material things are unto men the signs of things spiritual and sacred, even of the Divinity.服用という言葉を"聖餐式"は、広い意味では、何かの徴候として、神聖にして隠されて(ギリシャ語の単語は、 "ミステリー" ) 、我々は、全世界の言うことは、広大な聖礼典のシステムは、物質的なものにしては、かれの男性神聖なものと精神的な兆候でも、その教理。 "The heavens show forth the glory of God, and the firmament declareth the work of his hands" (Ps. xviii, 2). "来たり、天の神の栄光を示す、と彼の手の仕事大空declareth " ( ps. 18 、 2 ) 。 The invisible things of him [i.e.彼の目に見えないもの[すなわち God], from the creation of the world, are clearly seen, being understood by the things that are made; his eternal power also, and divinity" (Romans 1:20).神]は、創造の世界から、はっきりと見られるが、理解されていることは、彼の永遠の力にも、そして神" (ローマ人への手紙1時20分) 。

The redemption of man was not accomplished in an invisible manner.償還の男ではないのは、目に見えない形で成し遂げています。 God renewed, through the Patriarchs and the Prophets, the promise of salvation made to the first man; external symbols were used to express faith in the promised Redeemer: "all these things happened to them [the Israelites] in figure" (1 Corinthians 10:11; Hebrews 10:1).神に改装され、 patriarchsと預言者を通して、救いの約束を前にして初の男;外部への信仰を表す記号が使われて約束の救い主: "これらすべてのことが起こったにして[イスラエル]図" ( 1コリンチャンス10 : 11 ;ヘブル人への手紙10時01分) 。 "So we also, when we were children, were serving under the elements of the world. But when the fullness of time was come, God sent his Son, made of a woman" (Galatians 4:3-4). "だから我々も、私たちは子供のときには、 [検索]の下には、世界の要素です。しかし、時間が来るときの充実、神に送られる息子は、前のような女" (ガラテヤ人への手紙4:3-4 ) 。 The Incarnation took place because God dealt with men in the manner that was best suited to their nature.神の化身が行われたため、このような方法で処理していた男性が自分の性格に適しています。

The Church established by the Saviour was to be a visible organization (see CHURCH: The Visibility of the Church): consequently it should have external ceremonies and symbols of things sacred.救世主イエスキリスト教会によって設立された組織で、目に見える(教会を参照してください:教会の認知度) :その結果必要があること外部神聖な儀式や記号のことです。

The principal reason for a sacramental system is found in man.システムの主な理由は、聖礼典の男が見つかった。 It is the nature of man, writes St. Thomas (III:61:1), to be led by things corporeal and semse-perceptible to things spiritual and intelligible; now Divine Providence provides for everything in accordance with its nature (secundum modum suae conditionis); therefore it is fitting that Divine Wisdom should provide means of salvation for men in the form of certain corporeal and sensible signs which are called sacraments.それは人間の本質は、書き込みセントトマス( ⅲ : 61:1 )は、物事を率いるsemse -肉体と精神的なものと理解して知覚;今神の摂理に基づいて提供するためのすべての性質(よってmodum suae conditionis ) ;したがってこれは神の知恵を試着して救済のための手段を提供するという形で特定の男性と肉体秘跡と呼ばれる賢明な兆候だ。 (For other reasons see Catech. Conc. Trid., II, n.14.) (ほかの理由catechを参照してください。 conc 。 trid 。 、 2世、 n.14 。 )

(3) Existence of sacred symbols神聖なシンボルの存在( 3 )

(a) No sacraments in the state of innocence. ( )なしの状態で無罪秘跡です。 According ot St. Thomas (III:61:2) and theologians generally there were no sacraments before Adam sinned, i.e., in the state of original justice.セントトマスよるot ( ⅲ : 61:2 )と神学通常、アダムの前にはありませんでしたsinned秘跡、すなわち、元の状態には、正義だ。 Man's dignity was so great that he was raised above the natural condition of human nature.人間の尊厳を提起していたがあまりにも偉大な自然条件の上に人間の本性だ。 His mind was subject to God; his lower faculties were subject to the higher part of his mind; his body was subject to his soul; it would have been against the dignity of that state had he been dependent, for the acquisition of knowledge or of Divine grace, on anything beneath him, i.e., corporeal things.彼の心は神に服従して;彼の能力が低いの高い部分の対象となる彼の心;彼の遺体が彼の魂の対象となることに反対してきたが尊厳をしていた彼の状態に依存され、今回の買収のための知識や、神の恵みは、彼の下に何か、すなわち、肉体的なことです。 For this reason the majority of theologians hold that no sacraments would have been instituted even if that state had lasted for a long time.この理由から、大多数の秘跡神学を開くことがない場合でも導入されていた状態で、長い間続いた。

(b) Sacraments of the law of nature. ( b )には、自然の法則秘跡です。 Apart from what was or might have been in that extraordinary state, the use of sacred symbols is universal.別に何をしていたかもしれないまたは臨時状態では、神聖なシンボルの使用は普遍的だ。 St. Augustine says that every religion, true or false, has its visible signs or sacraments.聖アウグスティヌスによれば、すべての宗教、 trueまたはfalse 、または秘跡には、目に見える兆候です。 "In nullum nomen religionis, seu verum seu falsum, coadunari homines possunt, nisi aliquo signaculorum seu sacramentorum visibilium consortio colligantur" (Cont. Faust., XIX, xi). "保留名nullum religionis 、 verum seu seu falsum 、 coadunari homines possunt 、仮aliquo signaculorum seu sacramentorum visibilium consortio colligantur " (続きファウスト。 、 19 、 xi ) 。 Commentators on the Scriptures and theologians almost unanimously assert that there were sacraments under the law of nature and under the Mosaic Law, as there are sacraments of greater dignity under the Law of Christ.解説者は、ほぼ満場一致で聖書や神学者があったと主張し秘跡法の下での自然とモザイク法の下で、さらなるとしての尊厳には、法の下の秘跡キリストです。 Under the law of nature -- so called not to exclude supernatural revelation but because at that time there existed no written supernatural law -- salvation was granted through faith in the promised Redeemer, and men expressed that faith by some external signs.法の下での自然-いわゆる超自然的啓示を除外していないが存在していないため、その時点で書いてある超自然の法則-救世信仰は、約束された救い主付与を介して、外部の人間を表明して信仰されたいくつかの兆候です。 What those signs should be God did not determine, leaving this for the people, most probably to the leaders or heads of families, who were guided in their choice by an interior inspiration of the Holy Ghost.これらの兆候は何を決定しなければならないしなかった神は、このままの人々のため、おそらくほとんどの指導者や首長の家族には、自分たちの選択によって導かれたインテリアでは、聖霊のインスピレーションです。 This is the conception of St. Thomas, who says that, as under the law of nature (when there was no written law), men were guided by interior inspiration in worshiping God, so also they determined what signs should be used in the external acts of worship (III:60:5, ad 3).これは、受胎セントトマス氏によると、法の下での性質として(書かれたときにはなかった法)は、男たちは、神に導かれてworshipingインテリアインスピレーションで、今も彼らに決定しなければならないものが使用されて外部の兆し崇拝する行為( ⅲ : 60:5 、広告3 ) 。 Afterwards, however, as it was necessary to give a written law: (a) because the law of nature had been obscured by sin, and (b) because it was time to give a more explicit knowledge of the grace of Christ, then also it became necessary to determine what external signs should be used as sacraments (III:60:5, ad 3; III:61:3, ad 2) This was not necessary immediately after the Fall, by reason of the fullness of faith and knowledge imparted to Adam.その後、しかし、それは書面で行うために必要な法: (に)ていたので、自然界の法則に隠される罪、および( b )のための時間を与えることが、より明示的な知識は、キリストの恵みは、その後も何を判別することが必要な外部の徴候として使われるべき秘跡( ⅲ : 60:5 、広告3 ; 3世: 61:3 、広告2 )この後すぐには必要ないが、秋には、信仰の理由や知識の充実アダム付与しています。 But about the time of Abraham, when faith had been weakened, many had fallen into idolatry, and the light of reason had been obscured by indulgence of the passions, even unto the commission of sins against nature, God intervened and appointed as a sign of faith the rite of circumcision (Genesis 17; ST III:70:2, ad 1; see CIRCUMCISION).しかし、時間については、アブラハムは、信仰が弱体化したときに、多くの偶像礼拝に陥っていた、としていたの光で隠される理由は、情欲にふけることは、同委員会でも、かれの自然に対する罪は、神が介入したとの印として任命信仰の儀式の割礼(創世記17 ;セント3世: 70:2 、広告1 ;割礼を参照してください) 。

The vast majority of theologians teach that this ceremony was a sacrament and that it was instituted as a remedy for original sin; consequently that it conferred grace, not indeed of itself (ex opere operato), but by reason of the faith in Christ which it expressed.圧倒的大多数の神学を教えることと、この聖餐式には、それが救済策を導入したとして、原罪;したがって与えられた猶予することではなく、実際にはそれ自体が(例えばopere operato )は、理由だったのですが、それは、キリストを信じている表明しています。 "In circumcisione conferebatur gratia, non ex virtute circumcisionis, sed ex virtute fidei passionis Christi futurae, cujus signum erat circumcisio -- quia scilicet justitia erat ex fide significata, non ex circumcisione significante" (ST III:70:4). " circumcisione conferebaturグレーシアでは、元virtute circumcisionis以外は、信仰のvirtute sedで元passionisクリスティfuturae 、 cujus符号erat circumcisio -すなわちj ustitiaq uiae rat元f ides ignificata、元c ircumcisione以外s ignificante" (セント3世: 7 0:4) 。 Certainly it was at least a sign of something sacred, and it was appointed and determined by God himself as a sign of faith and as a mark by which the faithful were distinguished from unbelievers.確かにそれは何かのサイン少なくとも神聖な、そしてそれは、神に任命決定されると自分自身の信仰の印としてマークされると、その忠実な不信心者が区別されます。 It was not, however, the only sign of faith used under the law of nature.それは、しかし、信仰の徴候にのみ使用され、法の下での自然です。 It is incredible, writes St. Augustine, that before circumcision there was no sacrament for the relief (justification) of children, although for some good reason the Scriptures do not tell us what that sacrament was (Cont. Jul., III, xi).それは信じられないほど、聖アウグスティヌスの書き込みは、その前に割礼がなかったため、救援聖餐式(名分)の子供たちは、聖書にもかかわらず、いくつかの十分な理由がないことについて教えてください聖餐式は、 (続き7月、 3世、 xi ) 。 The sacrifice of Melchisedech, the sacrifice of the friends of Job, the various tithes and oblations for the service of God are mentioned by St. Thomas (III:61:3, ad 3; III:65:1, ad 7) as external observances which may be considered as the sacred signs of that time, prefiguring future sacred institutions: hence, he adds, they may be called sacraments of the law of nature. melchisedechを犠牲にし、その友人の仕事を犠牲にし、様々なoblations tithesと神への奉仕のためには言及さセントトマス( ⅲ : 61:3 、広告3 ; 3世: 65:1 、広告7 )として外部慣例と見なされる可能性がありますが、その時点で神聖な兆候は、将来の聖なるprefiguring機関:それ故に、彼は追加し、かれらの秘跡と呼ばれるかもしれない自然の法則です。

(c) Sacraments of the Mosaic Law. ( C参照)秘跡のモザイク法です。 As the time for Christ's coming drew nearer, in order that the Israelites might be better instructed God spoke to Moses, revealing to him in detail the sacred signs and ceremonies by which they were to manifest more explicitly their faith in the future Redeemer.キリストが来るまでの時間のために近づくにつれ、イスラエル人のために、より良いかもしれないスポークをムーサーの神の指示は、詳細を明かすことを彼には、神聖な儀式の兆候とされる彼らは彼らの信仰をマニフェストより明示的には、将来救い主です。 Those signs and ceremonies were the sacraments of the Mosaic Law, "which are compared to the sacraments which were before the law as something determined to something undetermined, because before the law it had not been determined what signs men should use" (ST III:61:3, ad 2).式典では、それらの兆候とは、モザイク秘跡法では、 "秘跡と比較しているが、法として何か決定する前に何か未定ため、法の前に決定されていないていた男性は、どのような印を使用する" (セント3世: 61:3 、広告の2 ) 。 With the Angelic Doctor (I-II:102:5) theologians usually divide the sacraments of this period into three classes:医者の天使(私の2世: 102:5 )秘跡の神学者は通常、この期間に分ける3つのクラス:

The ceremonies by which men were made and signed as worshippers or ministers of God.男性の儀式があったとされる署名や閣僚としての神を崇拝する。 Thus we have (a) circumcision, instituted in the time of Abraham (Genesis 17), renewed in the time of Moses (Leviticus 12:3) for all people; and (b) the sacred rites by which the Levitical priests were consecrated.従って我々は(する)割礼は、導入時には、アブラハム(創世記17 )は、リニューアル時には、モーゼス(レビ記12 : 03 )すべての人々 ;および( b )は、神聖な儀式leviticalプリーストが聖体拝領される。 The ceremonies which consisted in the use of things pertaining to the service of God, i.e. (a) the paschal lamb for all the people, and (b) the loaves of proposition for the ministers.式典で構成での使用に係るものを神に仕えること、すなわち( a )その過ぎ越しの小羊のためのすべての人々 、および( b )は、閣僚のloafの複数の命題です。

The ceremonies of purification from legal contamination, i.e. (a) for the people, various expiations, (b) for the priests, the washing of hands and feet, the shaving of the head, etc. St. Augustine says the sacraments of the Old Law were abolished because they had been fulfilled (cf. Matthew 5:17), and others have been instituted which are more efficacious, more useful, easier to administer and to receive, fewer in number ("virtute majora, utilitate meliora, actu faciliora, numero pauciora", Cont. Faust., XIX, xiii).清めの儀式の法的な汚染から、すなわち(する)ために、人々は、様々なexpiations 、 ( b )には、プリーストは、手と足を洗うのは、ひげそりの頭などによると、聖アウグスティヌスは、昔の秘跡法が廃止されたため、彼らは果たさ( cf.マタイ5時17分) 、および他のユーザーが導入されているより効果的な、より便利に、より簡単に投与を受けると、数が少ない( "大virtute 、 utilitate meliora 、 actu faciliora 、ニュメロpauciora " 、があります。ファウスト。 、 19 、 13 ) 。 The Council of Trent condemns those who say that there is no difference except in the outward rite between the sacraments of the Old Law and those of the New Law (Sess. VII, can. ii).トレントの評議会非難ではない人たちとの差があることを除いては、外側の間の秘跡の儀式は、それらの古い法律と新しい法律( sess. 7世は、次のです。 ⅱ ) 。 The Decree for the Armenians, published by Order of the Council of Florence, says that the sacraments of the Old Law did not confer grace, but only prefigured the grace which was to be given by the Passion of Christ.この政令は、アルメニア人は、評議会の命令によって出版さフィレンツェ、秘跡によると、古い法律の猶予協議しなかったが、 prefigured猶予されただけに与えられたキリストの受難。 This means that they did not give grace themselves (i.e. ex opere operato) but only by reason of the faith in Christ which they represented -- "ex fide significata, non ex circumcisione significante" (ST I-II:102:5)これは、彼ら自身の猶予を与えるしなかった(すなわち元opere operato )だけの理由では、キリストを信じている彼ら表さ-"元f ides ignificata、元c ircumcisione以外s ignificante" (セント私- Ⅱ : 1 02:5)

II. Ⅱ 。 NATURE OF THE SACRAMENTS OF THE NEW LAW自然は、新しい法律の秘跡

(1) Definition of a sacrament ( 1 )の定義を聖餐式

The sacraments thus far considered were merely signs of sacred things.これまでの秘跡の兆し単に神聖なものとみなされた。 According to the teaching of the Catholic Church, accepted today by many Episcopalians, the sacraments of the Christian dispensation are not mere signs; they do not merely signify Divine grace, but in virtue of their Divine institution, they cause that grace in the souls of men.によると、カトリック教会の教えは、今日、多くの利用episcopalians 、キリスト教の神の摂理の秘跡は、単なる兆候ではない;神の恵みを意味していないだけではなく、彼らの神の美徳機関は、彼らの魂を引き起こすことは、グレース男性です。 "Signum sacro sanctum efficax gratiae" -- a sacrosanct sign producing grace, is a good, succinct definition of a sacrament of the New Law. "神聖な神聖な場所efficax符号gratiae " -猶予を生産する極めて神聖なサインはいいが、聖礼典の定義を簡潔には、新しい法律です。 Sacrament, in its broadest acceptation, may be defined as an external sign of something sacred.聖餐式は、広い意味では、外部で定義されるかもしれない神聖な何かのサインです。 In the twelfth century Peter Lombard (d. 1164), known as the Master of the Sentences, author of the manual of systematized theology, gave an accurate definition of a sacrament of the New Law: A sacrament is in such a manner an outward sign of inward grace that it bears its image (i.e. signifies or represents it) and is its cause -- "Sacramentum proprie dicitur quod ita signum est gratiae Dei, ei invisibilis gratiae forma, ut ipsius imaginem gerat et causa existat" (IV Sent., d.I, n.2).ピーターは、 12世紀ロンバード( 1164 ) 、マスターの文章として知られ、著者は、マニュアルの体系的神学は、正確な定義を与えたのは、新しい法律聖餐式:聖餐式は、このような形で、外側にサインするベアーズの内側に猶予してそのイメージ(すなわち意味を表したりすること)とは、その原因-"イタ符号s acramentump ropried iciturq uode stg ratiaeデイ、 e ii nvisibilisg ratiae法廷は、偉大なi maginemしかしi psiuse t死因e xistat" ( ⅳ送信されます。 、ディ、 n.2 ) 。 This definition was adopted and perfected by the medieval Scholastics.この定義が採択されると中世scholastics完成です。 From St. Thomas we have the short but very expressive definition: The sign of a sacred thing in so far as it sanctifies men - "Signum rei sacrae in quantum est sanctificans homines" (III:60:2).セントトマスより短いしかし、我々は、非常に表情豊か定義:神聖なものに署名することで今までに寄付さsanctifies男性-"レイs acraeで量子符号e sth ominess anctificans" ( ⅲ : 6 0:2) 。

All the creatures of the universe proclaim something sacred, namely, the wisdom and the goodness of God, as they are sacred in themselves, not as they are sacred things sanctifying men, hence they cannot be called sacraments in the sense in which we speak of sacraments (ibid., ad 1um).宇宙のすべての生き物は、何か神聖な宣言は、すなわち、神の知恵と、善良、神聖にしているとして、彼らは神聖なものとしてはsanctifying男性は、したがって秘跡と呼ばれることができないという意味で、我々に話す秘跡( ibid. 、広告1um ) 。 The Council of Trent includes the substance of these two definitions in the following: "Symbolum rei sacrae, et invisibilis gratiae forma visibilis, sanctificandi vim habens" -- A symbol of something sacred, a visible form of invisible grace, having the power of sanctifying (Sess. XIII, cap.3).トレントの評議会は、これら2つの物質が含まれては、以下の定義: " symbolumレイsacrae 、 et invisibilis gratiae法廷visibilis 、 sanctificandi vimをhabens " -何かを象徴する神聖な、目に見えない恵みを目に見える形で、力を持ってs anctifying ( 13世sess. 、 cap.3 ) 。 The "Catechism of the Council of Trent" gives a more complete definition: Something perceptible by the senses which by Divine institution has the power both to signify and to effect sanctity and justice (II, n.2). "公教要理トレントの評議会"は、より完全な定義:何かによって知覚される感覚をどの機関には、神の力の両方に効果を表す記号と尊厳と正義( ⅱ 、 n.2 ) 。 Catholic catechisms in English usually have the following: An outward sign of inward grace, a sacred and mysterious sign or ceremony, ordained by Christ, by which grace is conveyed to our souls.英語では通常のカトリックには、以下のcatechisms :外側にサインするの内側にグレースは、神聖にして神秘的なサインや式典では、キリストによって定められた、優雅さには、我々の魂を伝えています。 Anglican and Epscopalian theologies and catechisms give definitions which Catholics could accept. epscopalian theologiesとcatechismsアングリカンとカトリック信者を与える可能性の定義を受け入れる。 In every sacrament three things are necessary: the outward sign; the inward grace; Divine institution. 3つのことが必要なすべての聖餐式:その外側にサイン;の対内グレース;神の機関です。 A sign stands for and represents something else, either naturally, as smoke represents fire, or by the choice of an intelligent being, as the red cross indicates an ambulance.スタンドにサインを表すために、何か他のは、当然のいずれかに、火災の煙を表し、または選択されたインテリジェントれ、救急車として、日本赤十字社を示します。 Sacraments do not naturally signify grace; they do so because they have been chosen by God to signify mysterious effects.自然の恵みを意味しない秘跡;てきたので、彼らは神によって選ばれた神秘的な効果を意味します。 Yet they are not altogether arbitrary, because in some cases, if not in all, the ceremonies performed have a quasi-natural connection with the effect to be produced.まだ完全にされていない任意のため、いくつかのケースでは、すべての場合は、その式典が行われ、準天然効果に関連して制作される。 Thus, pouring water on the head of a child readily brings to mind the interior purification of the soul.したがって、土砂降りの子供の頭に水を容易に思い浮かべるのは、魂の浄化インテリアです。 The word "sacrament" (sacramentum), even as used by profane Latin writers, signified something sacred, viz., the oath by which soldiers were bound, or the money deposited by litigants in a contest.その言葉"聖餐式" ( sacramentum )は、俗ラテン語で使用される作家としても、何か神聖な意味、 viz 。 、その誓いの兵士が拘束される、あるいは訴訟で、金蒸着されたコンテストです。 In the writings of the Fathers of the Church the word was used to signify something sacred and mysterious, and where the Latins use sacramentum the Greeks use mysterion (mystery).で、父親の記述は、教会の神聖な言葉が使われたと神秘的な何かを意味する、とどこlatins使用sacramentumギリシア使用mysterion (謎) 。 The sacred and mysterious thing signified is Divine grace, which is the formal cause of our justification (see GRACE), but with it we must associate the Passion of Christ (efficient and meritorious cause) and the end (final cause) of our sanctification, viz., eternal ife.神秘的なことを意味し、聖なる神の恵みが、これは、我々の正式な正当性の原因(猶予を参照してください) 、しかし、それは私たちキリストの受難に関連付ける必要があります(効率的かつ勲功を引き起こす原因)との最後(最終)の清浄化、 viz 。 、永遠のイフェ。 The significance of the sacraments according to theologians (e.g. ST III:60:3) and the Roman Catechism (II, n.13) extends to these three sacred things, of which one is past, one present, and one future.秘跡の意義は、神学者によると、 (例えばセント3世: 60:3 )とローマの公教要理( ⅱ 、 n.13 )を拡張してこれらの3つの神聖なもの、そのうちの1つは、過去、現在の1つ、および1つの未来だ。 The three are aptly expressed in St. Thomas's beautiful antiphon on the Eucharist: "O sacrum convivium, in quo Christus sumitur, recolitur memoria passionis ejus, mens impletur gratia, et futurae gloriae nobis pignus datur -- O sacred banquet, in which Christ is received, the memory of the passion is recalled, the soul is filled with grace, and a pledge of future life is given to us".その三アールセントトマス適切に表現されるのは、美しいアンティフォン聖体: "おお仙骨コンビビウム、そこからクリストゥスsumitur 、 recolitur記憶passionis ejus 、メンズimpleturグレーシア、 et gloriae nobis futurae質物datur -o神聖なパーティは、キリストには、受理されると、その情熱は、メモリのリコールは、グレースの魂が満ちているし、将来の約束を取り付けて、私たちの命が与えられる"とした。

(2) Errors of Protestants ( 2 )エラーのプロテスタント

Protestants generally hold that the sacraments are signs of something sacred (grace and faith), but deny that they really cause Divine grace.プロテスタント保留して通常の兆候は何か神聖な秘跡(恵みと信仰)が、本当の原因を否定して神の恵みです。 Episcopalians, however, and Anglicans, especially the Ritualists, hold with Catholics that the sacraments are "effectual signs" of grace. episcopalians 、しかし、そしてanglicans 、特にritualists 、ホールドでは、カトリック教徒の秘跡は、 "効果的な兆候"の恵みを受けています。 In article XXV of the Westminster Confession we read:ウェストミンスター信仰告白では、我々の記事を読む弐拾伍:

Sacraments ordained of God be not only badges or tokens of Christian men's profession, but rather they be certain sure witnesses and effectual signs of grace and God's good will towards us by which He doth work invisibly in us, and doth not only quicken but strengthen and confirm our faith in Him (cf. art. XXVII).定められた神の秘跡れるだけでなく、キリスト教のバッジやトークンの男性の職業は、彼らではなく、確実に特定の目撃者と効果的な兆候を神の恵みとされた善意の方が私たちの目に見えないように働く彼は本当に私たちは、しかし、蓄えが速くなるだけでなく、強化し、我々は彼を信じて確認する( cf.アートです。 27 ) 。

"The Zwinglian theory", writes Morgan Dix (op.cit., p.73), "that sacraments are nothing but memorials of Christ and badges of Christian profession, is one that can by no possible jugglery with the English tongue be reconciled with the formularies of our church." "ツヴィングリの理論"は、書き込みモーガンディクス( op.cit 。 、 p.73 ) 、 "記念碑に過ぎないことは、キリストの秘跡とキリスト教のバッジの職業は、 1つのことではない可能性が曲芸して、英語の舌に仲直りして私たちの教会のformularies 。 " Mortimer adopts and explains the Catholic formula "ex opere operato" (loc. cit., p. 122).モーティマーと説明してカトリック式を採用し"元opere operato " ( loc. cit 。 、 p. 122 ) 。 Luther and his early followers rejected this conception of the sacraments.ルーサーとその追随者の早期受胎の秘跡これを拒否した。 They do not cause grace, but are merely "signs and testimonies of God's good will towards us" (Augsburg Confessions); they excite faith, and faith (fiduciary) causes justification.グレース原因していないが、単に"良い兆候とは、神の証言に向けた私たち" (アウクスブルク自白) ;エキサイト彼らの信仰、そして信仰を正当化(受託者)の原因となる。 Calvinists and Presbyterians hold substantially the same doctrine. calvinistsと同じ教義を大幅にpresbyteriansホールド。 Zwinglius lowered still further the dignity of the sacraments, making them signs not of God's fidelity but of our fidelity.まだzwingliusさらなる引き下げの秘跡の尊厳は、かれらの兆候はなく、神の忠実度でも私たちの忠実度です。 By receiving the sacraments we manifest faith in Christ: they are merely the badges of our profession and the pledges of our fidelity.秘跡を受けて、我々の信仰は、キリストマニフェスト:彼らは我々のバッジだけで、私たちの職業との公約を忠実に。 Fundamentally all these errors arise from Luther's newly-invented theory of righteousness, i.e. the doctrine of justification by faith alone (see GRACE).根本的に、これらすべてのエラーが発生するルーサーから正義の新発明の理論、すなわち他力本願の教義の一人(の猶予を参照してください) 。 If man is to be sanctified not by an interior renovation through grace which will blot out his sins, but by an extrinsic imputation through the merits of Christ, which will cover his soul as a cloak, there is no place for signs that cause grace, and those used can have no other purpose than to excite faith in the Saviour.男は神聖化される場合には修復されたインテリアを通して自分の罪を覆い隠す猶予されるが、補完される外因性のメリットは、キリストを通して、彼の魂がカバーする口実として、兆候がない場所を猶予して原因は、そしてそれら他の目的に使用されることがないよりは、信仰をエキサイト救い主です。 Luther's convenient doctrine on justification was not adopted by all his followers and it is not baldly and boldly proclaimed by all Protestants today; nevertheless they accept its consequences affecting the true notion of the sacraments.ルーサー教義上の都合で採択されたすべての正当ではないと彼の信者ではないと大胆に宣言されたすべてのプロテスタント飾らず、今日の結果に影響を及ぼすにもかかわらず、彼らの真の概念を受け入れるの秘跡です。

(3) Catholic Doctrine ( 3 )カトリック教義

Against all innovators the Council of Trent declared: "If anyone say that the sacraments of the New Law do not contain the grace which they signify, or that they do not confer grace on those who place no obstacle to the same, let him be anathema" (Sess. viii, can.vi).トレントの評議会に対するすべての革新を宣言: "もし誰にも言うことは、新しい法律の秘跡の恵みが含まれていないことを意味するのか、または猶予して協議していないの障害になっていない人たちと同じ場所には、ほっておけに忌み嫌われる" ( sess. VIIIやcan.vi ) 。 "If anyone say that grace is not conferred by the sacraments ex opere operato but that faith in God's promises is alone sufficient for obtaining grace, let him be anathema" (ibid., can. viii; cf. can.iv, v, vii). "もし誰にも言うことはないの猶予を与えられた元の秘跡opere operatoしかし、神の約束を信じていることだけで十分に入手するための猶予は、ほっておけに忌み嫌われる" ( ibid. 、可能です。 viii ; cf 。 can.iv 、 v 、第VII ) 。 The phrase "ex opere operato", for which there is no equivalent in English, probably was used for the first time by Peter of Poitiers (D. 1205), and afterwards by Innocent III (d. 1216; de myst. missae, III, v), and by St. Thomas (d. 1274; IV Sent., dist. 1, Q.i, a.5). "という言葉を元opere operato "は、英語版と同等ではない、おそらく使われるのは初めてでは、ピーターのポアティエ( d. 1205 ) 、およびその後3世によって無辜( d. 1216 ;デミスト。 missae 、 3世は、 5 ) 、およびさセントトマス( d. 1274 ;静脈送信されます。 、 distのです。 1 、旗、ページA.5 ) 。 It was happily invented to express a truth that had always been taught and had been introduced without objection.それを表現するには、喜んで発明され、常に真実を教えていたと異議なしで導入していた。 It is not an elegant formula but, as St. Augustine remarks (In Ps. cxxxviii): It is better that grammarians should object than that the people should not understand.エレガントな数式ではないが、聖アウグスティヌスの発言として(しまう。 ) CXXXVIII ) :オブジェクトの方が良いことgrammariansすべきではない人々よりも理解しています。 "Ex opere operato", i.e. by virtue of the action, means that the efficacy of the action of the sacraments does not depend on anything human, but solely on the will of God as expressed by Christ's institution and promise. "元opere operato " 、すなわち美徳の行動によって、アクションの効果を意味しては、何かに依存して人間の秘跡はありませんが、神の意志だけで、キリストの機関として表現されると約束した。 "Ex opere operantis", i.e. by reason of the agent, would mean that the action of the sacraments depended on the worthiness either of the minister or of the recipient (see Pourrat, "Theology of the Sacraments", tr. St. Louis, 1910, 162 sqq.). "元opere operantis " 、すなわち、エージェントの理由で、ということでは、アクションの秘跡値打ちに依存していたかのいずれかの大臣は、レシピエント( pourratを参照して、 "神学の秘跡" 、 tr 。セントルイス、 1910年、 162 sqq 。 ) 。 Protestants cannot in good faith object to the phrase as if it meant that the mere outward ceremony, apart from God's action, causes grace.プロテスタントに異議を唱えることはできませんが、誠意を持っている場合を意味する言葉としては、単なる外側式典では、神の行動は別に、グレース原因です。 It is well known that Catholics teach that the sacraments are only the instrumental, not the principal, causes of grace.教えることは周知のことは、カトリック教徒の秘跡はインストゥルメンタルだけではなく、校長は、グレースの原因です。 Neither can it be claimed that the phrase adopted by the council does away with all dispositions necessary on the part of the recipient, the sacraments acting like infallible charms causing grace in those who are ill-disposed or in grievous sin.どちらもそれができると主張して理事会で採択されたというフレーズが去るとは、必要な部分をすべて売却、受取人には、絶対確実な魅力のように振る舞って秘跡を引き起こしてグレースでは、悪意を持った人たちや、重罪だ。 The fathers of the council were careful to note that there must be no obstacle to grace on the part of the recipients, who must receive them rite, i.e. rightly and worthily; and they declare it a calumny to assert that they require no previous dispositions (Sess. XIV, de poenit., cap.4).その祖先は、評議会が注意して慎重に障害物があってはならない部分を猶予して、受信者は、かれらの儀式を受けなければならない人、すなわち正しく、ふさわしく;かれらを中傷することを宣言する必要がないと主張して前の売却( sess 。 14 、デpoenit 。 、 cap.4 ) 。 Dispositions are required to prepare the subject, but they are a condition (conditio sine qua non), not the causes, of the grace conferred.売却の準備のために必要となる件名が、彼らは、発生条件( conditio心須条件)ではなく、その原因は、与えられた恵みのです。 In this case the sacraments differ from the sacramentals, which may cause grace ex opere operantis, i.e. by reason of the prayers of the Church or the good, pious sentiments of those who use them.このような場合と異なるの秘跡sacramentals 、これを引き起こす可能性の猶予元opere operantis 、すなわちされた理由は、教会の祈りが良いか、信心深い人たちの感情を使用してください。

(4) Proofs of the Catholic Doctrine ( 4 )証拠は、カトリック教義

In examining proofs of the Catholic doctrine it must be borne in mind that our rule of faith is not simply Scripture, but Scripture and tradition.証拠調べでは、カトリックの教義を負担しなければならないことに注意して私たちの信仰のルールだけではない啓典が、啓典と伝統。

(a) In Sacred Scripture we find expressions which clearly indicate that the sacraments are more than mere signs of grace and faith: "Unless a man be born again of water and the Holy Ghost, he cannot enter into the kingdom of God" (John 3:5); "He saved us, by the laver of regeneration, and renovation of the Holy Ghost" (Titus 3:5); "Then they laid their hands upon them, and they received the Holy Ghost" (Acts 8:17); "He that eateth my flesh and drinketh my blood, hath everlasting life . . . For my flesh is meat indeed, and my blood is drink indeed" (John 6:55-56).啓典(は)我々は神聖な表現を見つけるの秘跡を明確に示すことは、単なる兆候以上の恵みと信仰: "しない限り、一人の男に生まれ変わるの水と聖霊のは、彼のことはできませんが神の国に入る" (ヨハネ3時05分) ; "と彼救ってくださった、海苔の再生される、との聖霊の革新" (タイタス3時05分) ; "じゃあ、その手にレイアウトかれらは、かれらは聖霊を受け取った" (行為8 : 17 ) ; "彼は私のことeateth肉と血をdrinketh私は、かれら来世。 。 。ためには、私の肉の肉確かに、私の血とは、実際に酒を飲む" (ヨハネ6:55-56 ) 。 These and similar expressions (see articles on each sacrament) are, to say the least, very much exaggerated if they do not mean that the sacramental ceremony is in some sense the cause of the grace conferred.これらのと似たような表現(聖餐式の各記事を参照してください)は、控えめに言って、非常に誇張されていないことを意味している場合聖餐式には、いくつかの感覚を与えられた猶予の原因です。

(b) Tradition clearly indicates the sense in which they have been interpreted in the Church. ( b )に伝統を明確に示しているという意味では、彼らは教会と解釈されています。 From the numerous expressions used by the Fathers we select the following: "The Holy Ghost comes down from heaven and hovers over the waters, sanctifying them of Himself, and thus they imbibe the power of sanctifying" (Tertullian, De bapt., c. iv).数多くの表現を使用されてから、我々の祖先を選択して、以下: "聖霊のとばりが降りるの領海からやり直すhovers天国とは、かれらのsanctifying自身は、こうして彼らのパワーsanctifying水分を吸収する" ( tertullian 、デbapt 。千佳子ⅳ ) 。 "Baptism is the expiation of sins, the remission of crimes, the cause of renovation and regeneration" (St. Gregory of Nyssa, "Orat. in Bapt."). "の洗礼は、罪の償いは、寛解期の犯罪は、その原因の革新と再生" (聖グレゴリーのnyssa 、 " orat 。 bapt 。 "を参照) 。 "Explain to me the manner of nativity in the flesh and I will explain to you the regeneration of the soul . . . Throughout, by Divine power and efficacy, it is incomprehensible; no reasoning, no art can explain it" (ibid.) "He that passes through the fountain [Baptism] shall not die but rises to new life" (St. Ambrose, De sacr., I, iv). "私のやり方を説明するのは、生まれの肉に説明すると、私はあなたの魂の再生。 。 。を通して、神の力によって、効果は、それは理解できない;ない推論は、美術ないことを説明すること" ( ibid. ) "と彼を通過するものではないの泉[洗礼]ダイでも上昇して新しい人生" (聖アンブローズ、デsacr 。 、私は、 ⅳ ) 。 "Whence this great power of water", exclaims St. Augustine, "that it touches the body and cleanses the soul?" "この偉大な力でwhenceの水"は、聖アウグスティヌスexclaims 、 "それに触れて、身体と魂cleansesですか? " (Tr. 80 in Joann). ( 80 、ジョアンtr. ) 。 "Baptism", writes the same Father, "consists not in the merits of those by whom it is administered, nor of those to whom it is administered, but in its own sanctity and truth, on account of Him who instituted it" (Cont. Cres., IV). "洗礼"は、父と同じ書き込みは、 "構成のメリットはないことは誰に投与された人は、誰もがそれらを投与することは、これで、独自の尊厳と真実は、彼の人のアカウントを導入したことで" (続き。ツレス。 、 ⅳ ) 。 The doctrine solemnly defined by the Council of Trent had been announced in previous councils, notably at Constantinople (381; Symb. Fid.), at Mileve (416; can.ii) in the Second Council of Orange (529; can. xy); and in the Council of Florence (1439; Decr. pro. Armen., see Denzinger-Bannwart, nn. 86, 102, 200, 695).教義を厳粛に定義されていたと発表したトレントの評議会前の協議会では、特に、コンスタンティノープル( 381 ; symb 。円錐状のピンです。 ) 、 mileve ( 416 ; can.ii )で2番目のオレンジ色の評議会( 529 ;ことです。 xy ) ;とは、評議会のフィレンツェ( 1439 ; decr 。プロです。 armen 。 、デンツィンガーを参照してください- bannwart 、 nn 。 86 、 102 、 200 、 695 ) 。 The early Anglican Church held fast to the true doctrine: "Baptism is not only a sign of profession and a mark of difference, whereby christened men are discerned from those that be not christened, but is also a sign of regeneration or New-Birth, whereby as by an instrument they that receive Baptism rightly are grafted into the church" (Art. XXVII).英国国教会の早期開催を高速の真の教義: "洗礼だけではないとする職業のサインマークの違いで、男性は洗礼の違いから洗礼を受けるものではないが、再生の兆しはまた新たに生まれたり、楽器として何をして洗礼を受けることは、当然、教会の移植される" (第二十七) 。

(c) Theological argument. ( C参照)神学的議論です。 -- The Westminster Confession adds: "The Baptism of children is in any wise to be retained in the church as most agreeable with the institution of Christ". -ウェストミンスター信仰告白の追加: "の洗礼を子供たちがどのようにも、教会の中に保持されるように、非常に快いキリストの機関"です。 If Baptism does not confer grace ex opere operato, but simply excites faith, then we ask: (1) Of what use would this be if the language used be not understood by the recipient, i.e. an infant or an adult that does not understand Latin?洗礼がない場合に元グレースopere operato協議が、単にワクワク信仰、それからいただきますようお願い: ( 1 )を使用するのは、これがどのような言語で使用されている場合は、受信者に理解されていない、すなわち、幼児や大人のラテン語を理解していない? In such cases it might be more beneficial to the bystanders than to the one baptized.そのような場合の方がより有益なことをするよりも、 1つのbystandersバプテスマを受けています。 (2) In what does the Baptism of Christ surpass the Baptism of John, for the latter could excite faith? ( 2 )にはどのような機能を超えたキリストの洗礼バプテスマのヨハネは、後者の可能性エキサイト信仰のためですか? Why were those baptized by the Baptism of John rebaptized with the Baptism of Christ?これらの理由は、バプテスマのヨハネによるバプテスマを受けてキリストの洗礼rebaptizedですか? (Acts 19). (行為19 ) 。 (3) How can it be said that Baptism is strictly necessary for salvation since faith can be excited and expressed in many other ways? ( 3 )によると、バプテスマにはどうすればそれは厳密にできるために必要な信仰救世興奮と表明して以来、他の多くの方法がありますか? Finally Episcopalians and Anglicans of today would not revert to the doctrine of grace ex opere operato unless they were convinced that the ancient faith was warranted by Scripture and Tradition.最後に、今日はないepiscopaliansとanglicansドクトリンの恵みを受けて、元に戻すopere operatoしない限り、かれらは、古代の信仰を確信して正当化された啓典と伝統。

(5) Matter and Form of the sacraments ( 5 )の問題とフォームの秘跡

Scholastic writers of the thirteenth century introduced into their explanations of the sacraments terms which were derived from the philosophy of Aristotle.修学導入される13世紀の作家は、彼らの秘跡用語解説されたアリストテレスの哲学に由来します。 William of Auxerre (d. 1223) was the first to apply to them the words matter (materia) and form (forma).ウィリアムのオセール( d. 1223 )が、かれらの言葉を最初に適用する物質(物体)とフォーム(法廷) 。 As in physical bodies, so also in the sacramental rite we find two elements, one undetermined, which is called the matter, the other determining, called the form.のように物理的な遺体は、今も私たちは、神聖な儀式を見つけるの2つの要素は、 1つの未定、これは物質と呼ばれ、他の決定は、フォームと呼ばれています。 For instance, water may be used for drinking, or for cooling or cleansing the body, but the words pronounced by the minister when he pours water on the head of the child, with the intention of doing what the Church does, determines the meaning of the act, so that it signifies the purification of the soul by grace.例えば、水を飲むために使用されるかもしれない、あるいはそのための冷却やクレンジングボディが、大臣の言葉を発音されるとき、彼の頭の上に水が降り注ぐ子供は、どのようなことを意図してその教会は、その意味を決定その行為は、それを意味するように、魂の浄化されたグレース。 The matter and form (the res et verba) make up the external rite, which has its special significance and efficacy from the institution of Christ.その問題とフォーム(この解像度etバーバ)を構成する外部の儀式、これには、特別な意義と効能をキリストの機関からです。 The words are the more important element in the composition, because men express their thoughts and intentions principally by words.その言葉は、もっと重要な要素の組成は、自分の考えや意思を表明するため、男性の言葉を主としています。 "Verba inter homines obtinuerunt principatum significandi" (St. Augustine, De doct. christ.", II, iii; ST III:60:6). It must not be supposed that the things used for the acts performed, for they are included in the res, remarks St. Thomas (ST III:60:6, ad 2) have no significance. They too may be symbolical, e.g. anointing the body with oil relates to health; but their significance is clearly determined by the words. "In all the compounds of matter and form the determining element is the form: (ST III:60:7). "バーバインターhomines obtinuerunt principatum significandi " (聖アウグスティヌスは、デdoct 。キリストです。 " 、 2世、 3世;セント3世: 60:6 ) 。仮定してはならないことのために使用する行為を行うことは、かれらが含まれてで、解像度は、発言セントトマス(セント3世: 60:6 、広告2 )の意味も持たない。すぎるかもしれない象徴的な彼らは、例えばanointing体内に油を健康に結び付いた;しかし、彼らの言葉に意義が明確に決定される"と述べた。すべての物質との化合物の形を決定する要素は、フォーム: (セント3世: 60:7 ) 。

The terminology was somewhat new, the doctrine was old; the same truth had been expressed in former times in different words.新しい用語は、多少、その学説は古い;と同じ真理を表明していたが、別の言葉を元倍です。 Sometimes the form of the sacrament meant the whole external rite (St. Augustine, "De pecc. et mer.", xxxiv; Conc. Milev., De bapt.).ときどきのフォームには、全体を意味する外部の儀式聖餐式(聖アウグスティヌスは、 "デpecc 。 et merに。 " 、 34 ; conc 。ミレフ。 、デbapt 。 ) 。 What we call the matter and form were referred to as "mystic symbols"; "the sign and the thing invisible"; the "word and the element" (St. Augustine, tr. 80 in Joann.).我々はどのような形での問題が呼ばれると"神秘的なシンボル" ; "のサインと、目に見えないもの" ; "の単語や要素" (聖アウグスティヌス、 tr 。 80 、ジョアンです。 ) 。 The new terminology immediately found favour.すぐに新しい用語の恩恵が見つかりました。 It was solemnly ratified by being used in the Decree for the Armenians, which was added to the Decrees of the Council of Florence, yet has not the value of a conciliar definition (see Denzinger-Bannwart, 695; Hurter, "Theol. dog. comp.", I, 441; Pourrat, op.cit., p. 51).それは厳粛に批准されるために使われているアルメニア人は、判決は、追加されたのは、評議会令フィレンツェ、まだしていないの値を定義するconciliar (デンツィンガーを参照してください- bannwart 、 695 ;保護するものは、 " theol 。犬です。伴奏です。 "と、私は、 441 ; pourrat 、 op.cit 。 、 p. 51 ) 。 The Council of Trent used the words matter and form (Sess. XIV, cap. ii, iii, can. iv), but did not define that the sacramental rite was composed of these two elements.トレントの評議会の形で使われる言葉の問題や( 14 sess. 、キャップです。 2世、 3世は、次のです。 ⅳ )は、定義することができなかったことは、神聖な儀式は、これら2つの要素で構成されます。 Leo XIII, in the "Apostolicae Curae" (13 Sept., 1896) made the scholastic theory the basis of his declaration, and pronounced ordinations performed according to the ancient Anglican rite invalid, owing to a defect in the form used and a lack of the necessary intention on the part of the ministers.レオ13世は、 " apostolicae curae " ( 13 1896 )は、理論の基礎学力彼の宣言は、実行すると発音ordinations無効によると、古代の聖公会の儀式の兆しを見せて、欠陥の形で使われるとの欠如意図して、必要な部分の閣僚です。 The hylomorphistic theory furnishes a very apt comparison and sheds much light on our conception of the external ceremony.その理論hylomorphistic sheds furnishes 、非常に多くの光のaptと比較して我々の概念は、外部式です。 Nevertheless our knowledge of the sacraments is not dependent on this Scholastic terminology, and the comparison must not be carried too far.にもかかわらず、私たちの知識に依存してこの秘跡修学用語ではない、との比較をするべきではありません運ば過ぎだ。 The attempt to verify the comparison (of sacraments to a body) in all details of the sacramental rite will lead to confusing subtilities or to singular opinions, e.g., Melchior Cano's (De locis theol., VIII, v.3) opinion as to the minister of Matrimony (see MARRIAGE; cf. Pourrat, op.cit., ii).この試みを確認して比較(体の秘跡を)すべての詳細は、神聖な儀式につながると紛らわしいsubtilities単数またはご意見を、例えば、カノのメルヒオール(デlocis theol 。 、 VIIIやv.3 )としての意見を大臣の結婚(結婚を参照してください; cf 。 pourrat 、 op.cit 。 、 ⅱ ) 。

III. Ⅲ 。 ORIGIN (CAUSE) OF THE SACRAMENTS起源(原因)の秘跡

It might now be asked: in how far was it necessary that the matter and form of the sacraments should have been determined by Christ?今すぐするように頼まれるかもしれません:までに寄付されたことをどのようにして必要な形で問題とされ決定されるはずの秘跡キリストのですか?

(1) Power of God ( 1 )パワーオブゴッド

The Council of Trent defined that the seven sacraments of the New Law were instituted by Christ (Sess. VII, can.i).トレントの評議会は、 7つの秘跡の定義は、新しい法律によって設立されたキリスト(第VII sess. 、 can.i ) 。 This settles the question of fact for all Catholics.この事実上の問題解決のためのすべてのカトリック教徒です。 Reason tells us that all sacraments must come originally from God.すべての秘跡ばならない理由を教えてくれることは当初から来神。 Since they are the signs of sacred things in so far as by these sacred things men are sanctified (ST III:60:2); since the external rite (matter and form) of itself cannot give grace, it is evident that all sacraments properly so called must originate in Divine appointment.以来彼らは、これまでのところ兆候として神聖なもので、男性は神聖化されたこれらの神聖なもの(セント3世: 60:2 ) ;以来、外部の儀式(物質とフォーム)の猶予を与えられないこと自体、それは明らかにしてすべての秘跡を正しくいわゆる神の約束に由来する必要があります。 "Since the sanctification of man is in the power of God who sanctifies", writes St. Thomas (ST III:60:2), "it is not in the competency of man to choose the things by which he is to be sanctified, but this must be determined by Divine institution". "以来、清浄の男たちは、神の力をsanctifies "は、書き込みセントトマス(セント3世: 60:2 )は、 "これは、能力のない男を選ぶことに彼は神聖化される、しかし、この神の機関決定される必要があります" 。 Add to this that grace is, in some sense, a participation of the Divine nature (see GRACE) and our doctrine becomes unassailable: God alone can decree that by exterior ceremonies men shall be partakers of His nature.グレースは、このことを追加して、いくつかの意味では、神の性質には、参加(猶予を参照してください)になると我々の難攻不落の教義:神の一人でできることで外装令partakers式典には、彼の性格の男性です。

(2) Power of Christ ( 2 )電源のキリスト

God alone is the principal cause of the sacraments.神だけでは、校長の秘跡の原因です。 He alone authoritatively and by innate power can give to external material rites the power to confer grace on men.彼は生来の力だけで厳然としたことを外部に材料を与える儀式の電源をお伺いしてグレースの男性です。 Christ as God, equally with the Father, possessed this principal, authoritative, innate power.キリストの神として、父親を均等にして、このプリンシパルを保有し、権威は、生来の電源です。 As man He had another power which St. Thomas calls "the power of the principal ministry" or "the power of excellence" (III:64:3).男としての彼は別の電源をセントトマスコール"の主な省電力"または"パワーオブエクセレンス" ( ⅲ : 64:3 ) 。 "Christ produced the interior effects of the sacraments by meriting them and by effecting them. . . The passion of Christ is the cause of our justification meritoriously and effectively, not as the principal agent and authoritatively but as an instrument, inasmuch as His Humanity was the instrument of His Divinity" (III:64:3; cf. III:13:1, III:13:3). "キリストの秘跡の影響で生産されたインテリアmeritingかれらによる影響としてください。 。 。キリストの受難の原因は、私たちの称賛に値するように正当かつ効果的には、代理店と高圧的な態度ではなく、校長としてしかし、楽器としては、彼の人間性が〜だけれども彼の神性の楽器" ( ⅲ : 64:3 ; cf 。 3世: 13時01分、 3世: 13時03分) 。 There is theological truth as well as piety in the old maxim: "From the side of Christ dying on the cross flowed the sacraments by which the Church was saved" (Gloss. Ord. in Rom.5: ST III:62:5).神学的には真実の信心深さだけでなく、古い格言: "死にかけている側からは、キリストの十字架の流れは、教会の秘跡に保存される" ( ord gloss. 。 rom.5 :セント3世: 62:5 ) 。 The principal efficient cause of grace is God, to whom the Humanity of Christ is as a conjoined instrument, the sacraments being instruments not joined to the Divinity (by hypostatic union): therefore the saving power of the sacraments passes from the Divinity of Christ, through His Humanity into the sacraments (ST III:62:5).校長は、神の恵みを受けて効率的な原因は、キリストの人間性を誰が結ばれた楽器としては、楽器の秘跡未加入している神性(労働組合による沈下) :したがって、電力節約の秘跡キリストの神性からのパスは、彼の人間性を介しての秘跡(セント3世: 62:5 ) 。 One who weighs well all these words will understand why Catholics have great reverence for the sacraments. 1つの言葉では、これらすべての人の重井戸カトリック教徒が偉大な畏敬の念を理解するためになぜ秘跡です。 Christ's power of excellence consists in four things: (1) Sacraments have their efficacy from His merits and sufferings; (2) they are sanctified and they sanctify in His name; (3) He could and He did institute the sacraments; (4) He could produce the effects of the sacraments without the external ceremony (ST III:64:3).パワーオブエクセレンスキリストの4つの点で構成: ( 1 )より効果秘跡は、彼の長所や苦しみ;神聖化( 2 )彼らは自分の名前と彼らを浄化し、 ( 3 )と、彼はそれを彼が研究所の秘跡; ( 4 )彼の影響の可能性を生み出すことなく、外部の秘跡式典(セント3世: 64:3 ) 。 Christ could have communicated this power of excellence to men: this was not absolutely impossible (III:64:4).キリストの可能性があると伝えられ、この男性のパワーオブエクセレンス:この絶対に不可能ではない( ⅲ : 64:4 ) 。 But, (1) had He done so men could not have possessed it with the same perfection as Christ: "He would have remained the head of the Church principally, others secondarily" (III:64:3).しかし、 ( 1 )これは彼の男性が保有することができなかったとして完成の域に達したと、同じキリスト: "彼は、主として、教会の頭は依然、他の二次的" ( ⅲ : 64:3 ) 。 (2) Christ did not communicate this power, and this for the good of the faithful: (a) that they might place their hope in God and not in men; (b) that there might not be different sacraments, giving rise to divisions in the Church (III:64:1). ( 2 )このキリストしなかったコミュニケーション力、そして、このためには、良い忠実: (する)ことかもしれない自分の希望の場所ではなく、神と人間; ( b )に別の秘跡があるかもしれない、上昇を与える部門教会は、 ( ⅲ : 64:1 ) 。 This second reason is mentioned by St. Paul (1 Corinthians 1:12-13): "every one of you saith: I indeed am of Paul; and I am of Apollo; and I of Cephas; and I of Christ. Is Christ divided? Was Paul then crucified for you? Or were you baptized in the name of Paul?"この2番目の理由は言及された聖パウロ( 1コリンチャンス1:12-13 ) : "と言うごとに1つの場合:実際には私のポール;と私は、アポロ;と私のシーファス;と私は、キリストのですが、キリスト分裂か?は、十字架につけられ次にポールがよろしいですか?あるいは、バプテスマを受け、使用されていたポールの名前ですか? "

(3) Immediate or Mediate Institution ( 3 )を仲裁機関または即時

The Council of Trent did not define explicitly and formally that all the sacraments were instituted immediately by Christ.トレントの評議会で正式には明示的に定義してすぐに設立されたすべての秘跡キリストです。 Before the council great theologians, e.g.偉大な神学者協議会の前には、例えば、 Peter Lombard (IV Sent., d. xxiii), Hugh of St. Victor (De sac. II, ii) Alexander of Hales (Summa, IV, Q. xxiv, 1) held that some sacraments were instituted by the Apostles, using power that had been given to them by Jesus Christ.ピーターロンバード( ⅳ送信されます。 、 d. 23 ) 、サンヴィクトールのフーゴ(デ嚢。 2世、 2世)アレクサンダーのヘールズ(総合的研究論文は、 4世は、問いxxiv 、 1 )で行われたが、使徒によって設立されたいくつかの秘跡を使用して、電源していたイエスキリストによって与えられた。 Doubts were raised especially about Confirmation and Extreme Unction.疑問が提起については、特に終油の秘跡を確認しています。 St. Thomas rejects the opinion that Confirmation was instituted by the Apostles.セントトマスの確認を拒否していたという意見使徒によって設立された。 It was instituted by Christ, he holds, when he promised to send the Paraclete, although it was never administered whilst He was on earth, because the fullness of the Holy Ghost was not to be given until after the Ascension: "Christus instituit hoc sacramentum, non exhibendo, sed promittendo" (III. Q.lxii, a.1, ad 1um).それは、キリストによって設立された、彼は保持し、そのとき彼は聖霊を送ると約束したにもかかわらず、彼は決して間に投与された地球上で、そのためには、聖霊が充満しないようになるまでに与えられた後、アセンション: "クリストゥスinstituitアドホックsacramentumは、非exhibendo 、 sedでpromittendo " ( iii. q.lxii 、ページA.1 、広告1um ) 。 The Council of Trent defined that the sacrament of Extreme Unction was instituted by Christ and promulgated by St. James (Sess. XIV, can.i).トレントの評議会聖餐式の終油の秘跡を定義していたと公布されたキリストによって設立されたセントジェームズ( 14 sess. 、 can.i ) 。 Some theologians, e.g.いくつかの神学者は、例えば、 Becanus, Bellarmine, Vasquez, Gonet, etc. thought the words of the council (Sess. VII, can.i) were explicit enough to make the immediate institution of all the sacraments by Christ a matter of defined faith. becanus 、ベラルミーノ、バスケス、 gonet 、思考の言葉は、審議会等(第VII sess. 、 can.i )が明示的に十分な施設を作るのは、当面の秘跡のすべての定義されたキリストの信仰の問題である。 They are opposed by Soto (a theologian of the council), Estius, Gotti, Tournély, Berti, and a host of others, so that now nearly all theologians unite in saying: it is theologically certain, but not defined (de fide) that Christ immediately instituted all the sacraments of the New Law.かれらは反対したソト(神学者は、評議会) 、 estius 、ゴッティ、 tournély 、ベルティ、および他のホストのように、今ではほぼすべての神学者は言って団結: theologically特定することは、定義されていないこと(デfide )キリストのすべての秘跡は、すぐに導入した新しい法律です。 In the decree "Lamentabili", 3 July, 1907, Pius X condemned twelve propositions of the Modernists, who would attribute the origin of the sacraments to some species of evolution or development.判決は、 " lamentabili "は、 1907年7月3日、死刑囚ピウス12 x modernists命題のは、誰がその属性の起源や進化の種のいくつかの秘跡を開発中です。 The first sweeping proposition is this: "The sacraments had their origin in this that the Apostles, persuaded and moved by circumstances and events, interpreted some idea and intention of Christ", (Demzinger-Bannwart, 2040).この命題は、最初の抜本: "の秘跡その起源は、このことで、使徒は、説得の状況やイベントを動かされるとは、キリストの意図を解釈するといくつかのアイデア" 、 ( demzinger - bannwart 、 2040 ) 。 Then follow eleven propositions relating to each of the sacraments in order (ibid., 2041-51).その後に従ってイレブンに係る提案するためにそれぞれの秘跡( ibid. 、二〇四一から五一まで) 。 These propositions deny that Christ immediately instituted the sacraments and some seem to deny even their mediate institution by the Saviour.これらの命題を否定してすぐに導入したの秘跡とキリストを否定するいくつかのように見えるの調停機関でも、彼らの救い主です。

(4) What does Immediate Institution Imply? ( 4 )当面の教育機関は何を意味するか? Power of the Church.電源は、教会です。

Granting that Christ immediately instituted all the sacraments, it does not necessarily follow that personally He determined all the details of the sacred ceremony, prescribing minutely every iota relating to the matter and the form to be used.付与してすぐに導入したすべての秘跡キリストは、それに従うことは、必ずしもすべての詳細を決定個人的に彼の神聖な儀式では、処方ごとに1分おきに関連する問題やイオタのフォームを使用している。 It is sufficient (even for immediate institution) to say: Christ determined what special graces were to be conferred by means of external rites: for some sacraments (e.g. Baptism, the Eucharist) He determined minutely (in specie) the matter and form: for others He determined only in a general way (in genere) that there should be an external ceremony, by which special graces were to be conferred, leaving to the Apostles or to the Church the power to determine whatever He had not determined, e.g.それは、十分な(即時機関でも)を言う:特別美神キリストがどのような決定をされるという意味の外部の儀式:いくつかの秘跡(例:洗礼、聖体)彼は1分おきに決定(正金)の問題やフォーム:彼は他の一般的な方法で決定するだけで( genere )してある必要があり、外部式では、特別に甘えていたとされるが、その使徒を残したり、電源を判別して、教会のない彼がどのような決定は、例えば、 to prescribe the matter and form of the Sacraments of Confirmation and Holy Orders.物質を処方すると、フォームの確認や僧籍の秘跡です。 The Council of Trent (Sess. XXI, cap. ii) declared that the Church had the power to change the "substance" of the sacraments.トレントの評議会( 21 sess. 、キャップです。 ⅱ )と宣言していた教会の電源を変更する"物質"の秘跡です。 She would not be claiming power to alter the substance of the sacraments if she used her Divinely given authority to determine more precisely the matter and form in so far as they had not been determined by Christ.彼女を変える力はないと主張し、物質の秘跡使われている場合彼女は彼女の神に与えられた権限を判別する形で、もっと正確に言えば、これまでのところ問題とされていないとしても、キリストに基づいて決定されます。 This theory (which is not modern) had been adopted by theologians: by it we can solve historical difficulties relating, principally, to Confirmation and Holy Orders.この理論(近代的ではありませんが)が採択された神学:歴史的な困難を解決することができることに関連は、主として、僧籍を確認しています。

(5) May we then say that Christ instituted some sacraments in an implicit state? ( 5 )次に我々が導入したいくつかの秘跡キリストの言うことは、暗黙の状態ですか?

That Christ was satisfied to lay down the essential principles from which, after a more or less protracted development, would come forth the fully developed sacraments?キリストを横たえる満足していたから、本質的な原則には、多かれ少なかれ、長引く開発した後、全面的に開発が、罷り出る時の秘跡ですか? This is an application of Newman's theory of development, according to Pourrat (op.cit., p.300), who proposes two other formulae; Christ instituted all the sacraments immediately, but did not himself give them all to the Church fully constituted; or Jesus instituted immediately and explicitly Baptism and Holy Eucharist: He instituted immediately but implicitly the five other sacraments (loc.cit., p.301).これは、アプリケーションの開発とニューマン氏の説によると、 pourrat ( op.cit 。 、 p.300 )は、他の人の2つの提案式;キリストを導入したすべての秘跡を行う場合は、それら全てを与えることができなかった自分自身の教会を完全に構成;すぐに明示的に導入したり、イエスのバプテスマと聖体:彼はすぐにでも導入した他の5つの暗黙の秘跡( loc.cit 。 、 p.301 ) 。 Pourrat himself thinks the latter formula too absolute.あまりにも自分自身だと思って、後者フォーミュラpourrat絶対です。 Theologians probably will consider it rather dangerous, and at least "male sonans".神学者は、おそらくかなり危険なことを考慮すると、少なくとも"男性sonans " 。 If it be taken to mean more than the old expression, Christ determined in genere only the matter and the form of some sacraments, it grants too much development.もしそれ以上の意味に取られる古い表現は、キリストの決定genereのみという形でいくつかの問題と秘跡、それ過ぎる開発助成金です。 If it means nothing more than the expression hitherto in use, what is gained by admitting a formula which easily might be misunderstood?もし何もないことを意味するという表現をこれまで以上に使うとは、どのように獲得された公式に認めるという誤解されやすいかもしれないですか?

IV. 4 。 NUMBER OF THE SACRAMENTS数の秘跡

(1) Catholic Doctrine: Eastern and Western Churches ( 1 )カトリック教義:東と西の教会

The Council of Trent solemnly defined that there are seven sacraments of the New Law, truly and properly so called, viz., Baptism, Confirmation, Holy Eucharist, Penance, Extreme Unction, Orders, and Matrimony.厳粛にトレントの評議会は、 7つの秘跡の定義があることは、新しい法律は、真にと正しくいわゆる、 viz 。 、洗礼、確認、聖体、苦行、終油の秘跡は、受注し、結婚した。 The same enumeration had been made in the Decree for the Armenians by the Council of Florence (1439), in the Profession of Faith of Michael Palaelogus, offered to Gregory X in the Council of Lyons (1274) and in the council held at London, in 1237, under Otto, legate of the Holy See.同じ列挙されていたためには、法令によるアルメニア人の評議会フィレンツェ( 1439 ) 、職業は、信仰のマイケルpalaelogus 、グレゴリーxに提供してライオンズの評議会( 1274 ) 、ロンドンで開かれた理事会で、 1237は、オットーの下では、使節の神聖を参照してください。 According to some writers Otto of Bamberg (1139), the Apostle of Pomerania, was the first who clearly adopted the number seven (see Tanquerey, "De sacr.").バンベルクのオットーによると、いくつかの作家( 1139 )は、ポメラニアの伝道者は、明確に採択された最初の数を7人( tanquereyを参照して、 "デsacr 。 "を参照) 。 Most probably this honour belongs to Peter Lombard (d. 1164) who in his fourth Book of Sentences (d. i, n.2) defines a sacrament as a sacred sign which not only signifies but also causes grace, and then (d.ii, n.1) enumerates the seven sacraments.たぶん、この栄誉に属しますピーターロンバード( d. 1164 )の作品では4本の人の文章( d.私は、 n.2 )として聖餐式を定義するだけでなく、神聖なサインを意味するだけでなく原因を猶予し、次に( d. 2世、 n.1 )の7つの秘跡を数えます。 It is worthy of note that, although the great Scholastics rejected many of his theological opinions (list given in app. to Migne edition, Paris, 1841), this definition and enumeration were at once universally accepted, proof positive that he did not introduce a new doctrine, but merely expressed in a convenient and precise formula what had always been held in the Church.それは価値があると注意して、偉大なscholastics拒否されたにもかかわらず、彼の神学的な意見の多くは( 。 1841 )は、この定義をまとめ、列挙が広く受け入れられ、肯定的な証拠を導入することはなかった新たな学説が、単に便利かつ正確な数式で表現されるものでは、いつもの教会で開催されています。 Just as many doctrines were believed, but not always accurately expressed, until the condemnation of heresies or the development of religious knowledge called forth a neat and precise formula, so also the sacraments were accepted and used by the Church for centuries before Aristotelian philosophy, applied to the systematic explanation of Christian doctrine, furnished the accurate definition and enumeration of Peter Lombard.多くの教説と同じように考えられていたが、必ずしも正確に表明し、非難されるまで、開発heresiesたり来たりすると呼ばれる宗教的知識をきちんとしていて正確な数式は、今でも、秘跡を受け入れ、使用されていたために、教会の前世紀にもわたってアリストテレス哲学、応用キリスト教の教義を体系的な説明をして、その正確な定義や家具のピーターロンバード列挙します。 The earlier Christians were more concerned with the use of sacred rites than with scientific formulae, being like the pious author of the "Imitation of Christ", who wrote: "I had rather feel compunction than know its definition" (I, i).もっと心配していた以前のキリスト教徒の神聖な儀式を使用するよりも、科学的な式では、信心深い作者のように、 "キリストの模倣"と、書いた: "私は知っているというよりも、良心の呵責を感じるの定義" (私は、私) 。

Thus time was required, not for the development of the sacraments - except in so far as the Church may have determined what was left under her control by Jesus Christ -- but for the growth and knowledge of the sacraments.そのために必要な時間は、ないの発展のための秘跡-教会を除き、これまでのところ可能性があるとして、どのような決定は、彼女の制御されたイエスキリストの下左-しかし、成長や知識の秘跡です。 For many centuries all signs of sacred things were called sacraments, and the enumeration of these signs was somewhat arbitrary.すべての兆候世紀にもわたって多くの聖なる秘跡と呼ばれるものが、これらの兆候とは、多少の任意の列挙。 Our seven sacraments were all mentioned in the Sacred Scriptures, and we find them all mentioned here and there by the Fathers (see THEOLOGY; and articles on each sacrament).私たちの7つの秘跡に記載されたすべての神聖な聖書は、私たちを見つけると、そこここに記載されたすべてのかれらの祖先(神学を参照してください;聖餐式と各記事) 。 After the ninth century, writers began to draw a distinction between sacraments in a general sense and sacraments properly so called. 9世紀の後、作家を始めたの区別を描くと秘跡秘跡一般的な意味では、いわゆる適切です。 The ill-fated Abelard ("Intro. ad Theol.", I, i, and in the "Sic et Non") and Hugh of St. Victor (De sacr., I, part 9, chap. viii; cf. Pourrat, op.cit., pp.34, 35) prepared the way for Peter Lombard, who proposed the precise formula which the Church accepted.この不運なアベラード( "入門。 theol広告です。 " 、私は、私とは、 "シックetでない" )とサンヴィクトールのフーゴ(デsacr 。 、私は、 9団体、やつです。 viii ; cf 。 pourrat 、 op.cit 。 、 pp.34 、 35 )のピーターロンバードへの道を準備し、提案者は、教会の正確な数式を受け入れています。 Thenceforward until the time of the so-called Reformation the Eastern Church joined with the Latin Church in saying: by sacraments proper we understand efficacious sacred signs, i.e. ceremonies which by Divine ordinance signify, contain and confer grace; and they are seven in number.その時以来になるまでの時間は、いわゆる改革の東方教会で教会ラテン語と言って入社して:我々に理解された適切なあらたかな神聖な兆候秘跡、すなわち神の条例によって儀式を意味する、と協議の猶予を含む;そして彼らは、 7つの番号です。 In the history of conferences and councils held to effect the reunion of the Greek with the Latin Church, we find no record of objections made to the doctrine of seven sacraments.会議や審議会の歴史の中で行われたのは、ギリシャの再会を有効にして、ローマカトリック教会は、我々の記録を見いだせない異議申し立てを行った場合、 7つの秘跡ドクトリンです。 On the contrary, about 1576, when the Reformers of Wittenberg, anxious to draw the Eastern Churches into their errors, sent a Greek translation of the Augsburg Confession to Jeremias, Patriarch of Constantinople, he replied: "The mysteries received in this same Catholic Church of orthodox Christians, and the sacred ceremonies, are seven in number -- just seven and no more" (Pourrat, op.cit., p.289).とは逆に、 1576年については、改革派のヴィッテンベルクときには、東方教会を心待ちにしてエラーを引くのは、ギリシャ語の翻訳文を送ったのアウクスブルク信仰告白をイェレミアス、コンスタンティノープル総主教は、彼はこう答えた: "の謎を受け取ったが、この同じカトリック教会正統派キリスト教徒は、神聖な儀式とは、 7つの番号には-そしてこれ以上のわずか7 " ( p ourrat、 o p.cit。 、 p .289) 。 The consensus of the Greek and Latin Churches on this subject is clearly shown by Arcadius, "De con. ecc. occident. et orient. in sept. sacr. administr."コンセンサスは、ギリシャ語、ラテン語の教会とは明確に示され、このarcadius件名は、 "デコンです。 ECCなどがあります。 occident 。 etオリエント。は9月。 sacr 。 administr 。 " (1619); Goar in his "Euchologion" by Martene (q.v.) in his work "De antiquis ecclesiae ritibus", by Renaudot in his "Perpetuite de la foi sur sacrements" (1711), and this agreement of the two Churches furnishes recent writers (Episcopalians) with a strong argument in support of their appeal for the acceptance of seven sacraments. ( 1619 ) ; goar彼の" euchologion "によってmartene ( qv ) 、彼の作品"デantiquis ecclesiaの複数ritibus "は、彼によってルノドー"シュールperpetuiteデラfoi sacrements " ( 1711 ) 、および本契約書は、最近の2つの教会furnishes作家( episcopalians )で、彼らの強い支持を訴えるため、引数で、 7つの秘跡受け入れています。

(2) Protestant Errors ( 2 )プロテスタントのエラー

Luther's capital errors, viz.ルーサーの首都エラー、 viz 。 private interpretation of the Scriptures, and justification by faith alone, logically led to a rejection of the Catholic doctrine on the sacraments (see LUTHER; GRACE).民間の聖書解釈、と他力本願だけでも、論理的には、拒絶反応を主導するカトリック教義上秘跡(ルーサーを参照してください;グレース) 。 Gladly would he have swept them all away, but the words of Scripture were too convincing and the Augsburg Confession retained three as "having the command of God and the promise of the grace of the New Testament".彼は喜んでは、それらすべてが吹き荒れる去っても、しかし、言葉とその啓典があまりにも説得力の3つの留保としてアウクスブルク信仰告白"コマンドを持って、神の恵みとの約束は、新約聖書" 。 These three, Baptism, the Lord's Supper, and Penance were admitted by Luther and also by Cranmer in his "Catechism" (see Dix, "op.cit.", p. 79).これら3つは、洗礼は、主の夕食は、苦行と認めていたともされるルーサークランマー彼の"公教要理" (参照してくださいディクスは、 " op.cit 。 " 、 p. 79 ) 。 Henry VIII protested against Luther's innovations and received the title "Defender of the Faith" as a reward for publishing the "Assertio septem sacramentorum" (re-edited by Rev. Louis O'Donovan, New York, 1908).ヘンリー8世の革新的な抗議を受けたルーサーのタイトル"信仰の擁護者"を出版することへの報酬として、 " assertio septem sacramentorum " (再編集されたルイオドノヴァン牧師は、ニューヨーク、 1908 ) 。 Followers of Luther's principles surpassed their leader in opposition to the sacraments.信者のルーサーの原則を突破した彼らの指導者の秘跡に反対しています。 Once granted that they were merely "signs and testimonies of God's good will towards us", the reason for great reverence was gone.一度だけでは、彼らが与えられる"と証言兆候に向けた私たちの神の善意"は、偉大な理由は、畏敬の念は消えていた。 Some rejected all sacraments, since God's good will could be manifested without these external signs.いくつかの秘跡をすべて拒否し、以来、神の善意を明らかにせずにこれらの外部の兆候かもしれない。 Confession (Penance) was soon dropped from the list of those retained.告白(ざんげ)は、それらのリストからすぐに落とし保持されます。 The Anabaptists rejected infant Baptism, since the ceremony could not excite faith in children. anabaptists幼児洗礼を拒否し、以来、記念式典での子供たちの信仰エキサイトできませんでした。 Protestants generally retained two sacraments, Baptism and the Lord's Supper, the latter being reduced by the denial of the Real Presence to a mere commemorative service.通常、 2つの秘跡留保プロテスタントは、洗礼と主の夕食は、後者が減額されるのは、本物の存在を否定して、単なる記念サービスです。 After the first fervour of destruction there was a reaction. fervourを破壊した後の最初の反応があった。 Lutherans retained a ceremony of Confirmation and ordination. lutherans留保すると聖職叙任式の確認です。 Cranmer retained three sacraments, yet we find in the Westminster Confession: "There are two Sacraments ordained of Christ Our Lord in the Gospel, that is to say, Baptism, and the Supper of the Lord. Those five commonly called sacraments, that is to say Confirmation, Penance, Orders, Matrimony, and Extreme Unction, are not to be counted for sacraments of the Gospel, being such as have grown partly of the corrupt following of the Apostles, partly are states of life allowed in the Scriptures but yet have not like nature of sacraments with Baptism and the Lord's Supper, for that they have not any visible signs or ceremony ordained by God (art.XXV). The Wittenberg theologians, by way of compromise, had shown a willingness to make such a distinction, in a second letter to the Patriarch of Constantinople, but the Greeks would have no compromise (Pourrat, loc.cit., 290).クランマー留保3つの秘跡は、まだ我々は、ウェストミンスター信仰告白を見つける: "には2つの秘跡で定められた私たちの主キリストの福音は、これは、つまり、洗礼は、主との夕食のです。よく呼ばれるこれらの5つの秘跡、それは、と言うの確認、苦行、注文は、結婚し、終油の秘跡は、秘跡のためにはカウントされないように、ゴスペル、などが栽培され、破損部分は、次の使徒は、部分的には人生の国でも認められていないが、聖書秘跡のような性質をしていないと、主の洗礼の夕食は、目に見えるためのいかなる兆候も出ていないことや式神によって定められた( art.xxv ) 。ヴィッテンベルクの神学者は、道の妥協によって、意欲を見せていたような区別は、で、 2番目のコンスタンティノープル総主教の手紙を、妥協することはないが、ギリシア人( pourrat 、 loc.cit 。 、 290 ) 。

For more than two centuries the Church of England theoretically recognized only two "sacraments of the Gospel" yet permitted, or tolerated other five rites. 2世紀以上も教会イングランド、理論的に認められた2つのみ"の秘跡福音"と認めていない、または他の5つの儀式容認。 In practice these five "lesser sacraments" were neglected, especially Penance and Extreme Unction.これら5つの実践"小秘跡"がおろそかには、特に贖罪と終油の秘跡。 Anglicans of the nineteenth century would have gladly altered or abolished the twenty-fifth article. anglicans喜んでは、 19世紀には二十五改変または廃止の記事です。 There has been a strong desire, dating chiefly from the Tractarian Movement, and the days of Pusey, Newman, Lyddon, etc. to reintroduce all of the sacraments.そこてきたという強い願いは、主に出会い系tractarianの動きから、その日のピュージーと、ニューマン、 lyddon等の全ての秘跡を再提出する。 Many Episcopalians and Anglicans today make heroic efforts to show that the twenty-fifth article repudiated the lesser sacraments only in so far as they had "grown of the corrupt following of the Apostles, and were administered 'more Romamensium'", after the Roman fashion. episcopaliansとanglicans多くの英雄的な努力を行うことを証明して今日の第二十五小秘跡否認しただけで、今までに寄付として彼らは"腐敗した栽培は、次の使徒、そして投与された'こちらromamensium ' " 、ローマの後、ファッション。 Thus Morgan Dix reminded his contemporaries that the first book of Edward VI allowed "auricular and secret confession to the priest", who could give absolution as well as "ghostly counsel, advice, and comfort", but did not make the practice obligatory: therefore the sacrament of Absolution is not to be "obtruded upon men's consciences as a matter necessary to salvation" (op.cit., pp.99, 101, 102, 103).こうしてモーガンディクスの最初の本を連想させることとなるエドワードviの可"と秘密の告白を耳介の司祭"とは、誰も赦免を与えるだけでなく、 "幽霊の助言は、助言、そして快適さ"と、お定まりの練習はしなかった作る:したがって聖餐式ではないが、赦免される"メンズobtruded時に必要な物質としての良心を救い" ( op.cit 。 、 pp.99 、 101 、 102 、 103 ) 。 He cites authorities who state that "one cannot doubt that a sacramental use of anointing the sick has been from the beginning", and adds, "There are not wanting, among the bishops of the American Church, some who concur in deploring the loss of thiss primitive ordinance and predicting its restoration among us at some propitious time" (ibid., p.105).彼はワシントン条約州当局者は、 " 1つのことを疑うことはできませんanointing聖礼典の使用されてから、病気の始まり"とし、追加は、 "そこにはしたくない、その中で、アメリカの教会の司教は、いくつかの人の同意は、損失のdeploring原始thiss条例と予測した復旧時間の中で私たちはいくつかの吉兆" ( ibid. 、 p.105 ) 。 At a convention of Episcopalians held at Cincinnati, in 1910, unsuccessful effort was made to obtain approbation for the practice of anointing the sick. episcopaliansで開かれた大会でのシンシナティは、 1910年には、不成功の賛同を得るための努力は前の練習のanointing 、病気です。 High Church pastors and curates, especially in England, frequently are in conflict with their bishops because the former use all the ancient rites.教会の牧師や高curates 、特に英国では、頻繁には、彼らの司教と競合して使用するため、元のすべての古代の儀式です。 Add to this the assertion made by Mortimer (op.cit., I, 122) that all the sacraments cause grace ex opere operato, and we see that "advanced" Anglicans are returning to the doctrine and the practices of the Old Church.これに加えて作られるの主張モーティマー( op.cit 。 、私は、 122 )は、すべての秘跡の恵みを引き起こす元opere operato 、そして我々を参照して"上級"の教義に戻ったanglicansが慣行とは、古い教会です。 Whether and in how far their position can be reconciled with the twenty-fifth article, is a question which they must settle.自分の立場とはどのようにするかどうかできるまでに仲直りして二十五記事では、質問には、これを解決しなければならない。 Assuredly their wanderings and gropings after the truth prove the necessity of having on earth an infallible interpreter of God's word.確かに彼らのwanderings gropings後、真実と証明することの必要性を地球上で、通訳者の絶対確実な神の言葉だ。

(3) Division and Comparison of the Sacraments ( 3 )部門との比較の秘跡

(a) All sacraments were instituted for the spiritual good of the recipients; but five, viz. ( a )すべての秘跡を導入したのは、受信者の精神的な良い;しかし、 5人は、 viz 。 Baptism, Confirmation, Penance, the Eucharist, and Extreme Unction, primarily benefit the individual in his private character, whilst the other two, Orders and Matrimony, primarily affect man as a social being, and sanctify him in the fulfillment of his duties tiowards the Church and society.洗礼、確認、苦行は、聖体、終油の秘跡とは、彼の主な利点は、個々の民間キャラクターは、他の2つの間、注文と結婚は、男としての社会的な影響を与える主が、彼には、達成感と浄化の職務のtiowards教会と社会だ。 By Baptism we are born again, Confirmation makes us strong, perfect Christians and soldiers.バプテスマによって私たちは生まれながらに再度、確認する私たちの強い、完璧なキリスト教徒と兵士たち。 The Eucharist furnishes our daily spiritual food.聖体furnishes私たちの日常の精神的な食品です。 Penance heals the soul wounded by sin.苦行を癒し、魂の罪で負傷した。 Extreme Unction removes the last remnant of human frailty, and prepares the soul for eternal life, Orders supplies ministers to the Church of God.終油の秘跡の最後のレムナント人間のもろさを削除し、魂のために永遠の命を準備し、物資の注文閣僚には教会の神です。 Matrimony gives the graces necessary for those who are to rear children in the love and fear of God, members of the Church militant, future citizens of heaven.結婚美神与えるために必要な人たちは子供たちには、背面の恐怖、神の愛と、教会の過激派のメンバーは、将来の市民の天国だ。 This is St. Thomas's explanation of the fitness of the number seven (III:55:1).これは、フィットネスセントトマスの説明は、 7つの番号( ⅲ : 55:1 ) 。 He gives other explanations offered by the Schoolmen, but does not bind himself to any of them.彼は他の説明を与えschoolmanの複数提供されて、自分自身にあるわけではありませんバインドしてください。 In fact the only sufficient reason for the existence of seven sacraments, and no more, is the will of Christ: there are seven because He instituted seven.実際には存在するだけの十分な理由は、 7つの秘跡、そしてこれ以上は、キリストの意志は:なぜなら、彼には7つの導入7 。 The explanations and adaptations of theologians serve only to excite our admiration and gratitude, by showing how wisely and beneficently God has provided for our spiritual needs in these seven efficacious signs of grace.神学者の説明や適応のサーブをエキサイト私たちの称賛と感謝の気持ちだけは、どのように表示されると賢く奇特神が私たちの精神的なニーズに提供するために、これら7つのグレースあらたかな兆候だ。

(b) Baptism and Penance are called "sacraments of the dead", because they give life, through sanctifying grace then called "first grace", to those who are spiritually dead by reason of original or actual sin. ( b )に洗礼と呼ばれる苦行は、 "秘跡オブザデッド"は、生命を与えるので、次にを通じてsanctifyingグレースと呼ばれる"初の恵み"は、霊的に死んだ人たちはオリジナルの理由や実際の罪です。 The other five are "sacraments of the living", because their reception presupposes, at least ordinarily, that the recipient is in the state of grace, and they give "second grace", i.e. increase of sanctifying grace.他の五アール"秘跡オブザリビング"は、彼らのためにレセプションを前提に、少なくとも人並みには、その状態で、受信者は、グレースは、かれらを"第二の恵み" 、すなわちsanctifyingグレースの増加です。 Nevertheless, since the sacraments always give some grace when there is no obstacle in the recipient, it may happen in cases explained by theologians that "second grace" is conferred by a sacrament of the dead, e.g.にもかかわらず、秘跡以来、常にいくつかの猶予を与える障害物がないときには、受信者が、説明された場合に起こることがあります神学者は、 "第二の恵み"が協議されるオブザデッド聖餐式は、例えば、 when one has only venial sins to confess receives absolution and that "first grace" is conferred by a sacrament of the living (see ST III:72:7 ad 2; III:79:3). 1つのみ許されるときには罪の赦しを受け取ると罪を告白して"の最初の恵み"が協議される聖餐オブザリビング( 3セントを参照してください: 72:7広告2 ; 3世: 79:3 ) 。 Concerning Extreme Unction St. James explicitly states that through it the recipient may be freed from his sins: "If he be in sins, they shall be forgiven him" (James 5:15).セントジェームズに関する終油の秘跡をあからさまに明示して、受信者を介して自分の罪から解放されるかもしれません: "もし彼には罪は、かれらは彼を許される" (ジェームズ5時15分) 。

(c) Comparison in dignity and necessity. ( C参照) 、尊厳と必要性を比較した。 The Council of Trent declared that the sacraments are not all equal in dignity; also that none are superfluous, although all are not necessary for each individual (Sess. VII, can.3, 4).トレントの評議会ではないと宣言され、すべての秘跡の尊厳等しい;も余計なことなしには、個々のために必要なすべてではない(第VII sess. 、 can.3 、 4 ) 。 The Eucharist is the first in dignity, because it contains Christ in person, whilst in the other sacraments grace is conferred by an instrumental virtue derived from Christ (ST III:56:3) To this reason St. Thomas adds another, namely, that the Eucharist is as the end to which the other sacraments tend, a centre around which they revolve (ST III:56:3).尊厳の聖体のは初めてでは、キリストにある人を含んでいるため、他の秘跡間の猶予が与えられたキリストから派生したインストゥルメンタル徳(セント3世: 56:3 )を追加し、このセントトマスもう一つの理由は、すなわち、その聖体の終わりには、どのように他の秘跡傾向は、かれらを中心に周りを回転させる(セント3世: 56:3 ) 。 Baptism is always first in necessity; Holy Orders comes next after the Eucharist in the order of dignity, Confirmation being between these two.洗礼は、常に最初に必要な;僧籍来る聖体後、次の順序で尊厳は、これら2つの間に確認れています。 Penance and Extreme Unction could not have a first place because they presuppose defects (sins).苦行と終油の秘跡を持つことができなかったので、第1位の欠陥を仮定する(罪を) 。 Of the two Penance is the first in necessity: Extreme Unction completes the work of Penance and prepares souls for heaven.贖罪のは、最初の2つの必要性:終油の秘跡を完了し、魂のための準備作業の苦行と天国です。 Matrimony has not such an important social work as Orders (ST III:56:3, ad 1).結婚していないこのような重要な社会的な仕事として受注(セント3世: 56:3 、広告の1 ) 。 If we consider necessity alone -- the Eucharist being left out as our daily bread, and God's greatest gift -- three are simply and strictly necessary, Baptism for all, Penance for those who fall into mortal sin after receiving Baptism, Orders for the Church.もし我々の必要性を考慮するだけで-聖体取り残されている私たちの日々の糧として、そして神の最大の贈り物-三アール単に必要と厳密には、すべての洗礼は、苦行大罪に陥る人のための洗礼を受け、教会の注文。 The others are not so strictly necessary.そのほかは、それほど厳密に行う必要はありません。 Confirmation completes the work of Baptism; Extreme Unction completes the work of Penance; Matrimony sanctifies the procreation and education of children, which is not so important nor so necessary as the sanctification of ministers of the Church (ST III:56:3, ad 4).確認作業が完了するの洗礼;終油の秘跡の作業が完了するの贖罪; sanctifies結婚や子供の教育の産み出すことは、非常に重要な意味ではないとしても、清浄化のために必要な閣僚の教会(セント3世: 56:3 、広告4 ) 。

(d) Episcopalians and Anglicans distinguish two great sacraments and five lesser sacraments because the latter "have not any visible sign or ceremony ordained by God" (art. XXXV). episcopaliansとanglicans (民主党)の2つを区別するために偉大な秘跡と、 5人の小後者の秘跡"目に見えるサインしていないまたは任意の式神によって定められた" (第35 ) 。 Then they should be classed among the sacramentals since God alone can be the author of a sacrament (see above III).それからかれらの中に分類しなければならないことができますsacramentals以来、神だけで、作者は、聖餐式(上記参照ⅲ ) 。 On this point the language of the twenty-fifth article ("commonly called sacraments") is more logical and straightforward than the terminology of recent Anglican writers.この点については、 20の言語で5番目の記事( "よく呼ばれる秘跡" )は、複数の論理と最近の聖公会の用語よりも分かりやすい作家です。 The Anglican Catechism calls Baptism and Eucharist sacraments "generally (i.e. universally) necessary for salvation".アングリカン教要理コールの洗礼と聖体秘跡"通常(すなわち普遍)救済のために必要な" 。 Mortimer justly remarks that this expression is not "entirely accurate", because the Eucharist is not generally necessary to salvation in the same way as Baptism (op.cit., I, 127).モーティマー公正に発言して、この表現ではない"と完全に正確な"と、聖体ではありませんので、必要に救いは、通常と同じように洗礼( op.cit 。 、私は、 127 ) 。 The other five he adds are placed in a lower class because, "they are not necessary to salvation in the same sense as the two other sacraments, since they are not necessary for everyone" (loc.cit., 128).彼は、他の5つの下位クラスを追加するには置かれているため、 "彼らは救済する必要がないのと同じ感覚で他の2つの秘跡としては、これらが、みんなのためには必要ない" ( loc.cit 。 、 128 ) 。 Verily this is interpretation extraordinary; yet we should be grateful since it is more respectful than saying that those five are "such as have grown partly of the corrupt following of the Apostles, partly are states of life allowed in the Scriptures" (art. XXV).これは本当に驚くべき解釈;ていないので、我々は感謝しなければならないと言ってそれらよりももっと敬意を表する五アール"のような成長を遂げたのは、腐敗した部分は、次の使徒は、部分的には国の許可は、聖書の人生" (第弐拾伍) 。 Confusion and uncertainty will be avoided by accepting the declaration of the Council of Trent (above).混乱や不確実性が回避される宣言には、評議会の承認トレント(上) 。

V. EFFECTS OF THE SACRAMENTS対効果の秘跡

(1) Catholic Doctrine ( 1 )カトリック教義

(a) The principal effect of the sacrament is a two-fold grace: (1) the grace of the sacrament which is "first grace", produced by the sacraments of the dead, or "second grace", produced by the sacraments of the living (supra, IV, 3, b); (2) The sacramental grace, i.e., the special grace needed to attain the end of each sacrament. ( a )その主な効果は、聖餐式は、 2つの倍のグレース: ( 1 )は、聖餐式の恵みには、 "最初の恵み"は、生成される秘跡オブザデッド、または"第二の恵み"は、生成されるの秘跡リビング(スープラ、 4世、 3 、 Bに) 、 ( 2 )の聖礼典の恵み、すなわち、特別の計らいで、必要に応じて各聖餐式の最後に到達しています。 Most probably it is not a new habitual gift, but a special vigour or efficacy in the sanctifying grace conferred, including on the part of God, a promise, and on the part of man a permanent right to the assistance needed in order to act in accordance with the obligations incurred, e.g., to live as a good Christian, a good priest, a good husband or wife (cf. ST III:62:2).おそらく最も新しい習慣的な贈り物ではないのですが、効果は、特別な強勢やsanctifying与えられた猶予は、神の部分を含めて、あることを約束した、として永続的な部分に男の援助を受ける権利を有するためには必要に応じて行動する義務に基づいて被ったのは、例えば、良いクリスチャンとして生きるには、良い司祭は、良き夫や妻( cf.セント3世: 62:2 ) 。

(b) Three sacraments, Baptism, Confirmation and Orders, besides grace, produce in the soul a character, i.e., an indelible spiritual mark by which some are consecrated as servants of God, some as soldiers, some as ministers. ( b )に3つの秘跡、洗礼、注文の確認や、それにグレースは、魂のあるキャラクターを生み出すのは、すなわち、精神的なマークを消せないが聖体拝領されるいくつかの神のしもべとして、いくつかの兵士としては、いくつかの閣僚としてです。 Since it is an indelible mark, the sacraments which impress a character cannot be received more than once (Conc. Trid., sess. VII, can.9; see CHARACTER).マークは、消せないので、キャラクターの秘跡を感動させる2回以上受信することはできません( conc. trid 。 、 sess 。第VII 、 can.9 ;キャラクターを参照してください) 。

(2) How the sacraments cause Grace: Theological controversies. ( 2 )どのように恵みの秘跡を引き起こす:神学論争です。

Few questions have been so hotly controverted as this one relative to the manner in which the sacraments cause grace (ST IV, Sent., d.1, Q.4, a.1.).いくつかの質問controvertedとして熱くてきたので、この1つの方法で、相対的に秘跡を引き起こすグレース( 4世Stには、送信されます。 、ページD.1 、 q.4 、ページA.1 。 ) 。

(a) All admit that the sacraments of the New Law cause grace ex opere operato, not ex opere operantis (above, II, 2, 3). ( a )すべての秘跡を認めることは、新しい法律の猶予元opere operato原因ではなく、元opere operantis (上記は、 2世、 2 、 3 ) 。

(b) All admit that God alone can be the principal cause of grace (above 3, 1). ( b )に一人ですべてを認めることができますが、神の恵みを受けて、校長の原因(上記3 、 1 ) 。

(c) All admit that Christ as man, had a special power over the sacraments (above, 3, 2). ( C参照)すべての男としてのキリストを認めることは、特別な力があるのは、秘跡(上記、 3 、 2 ) 。

(d) All admit that the sacraments are, in some sense, the instrumental causes either of grace itself or of something else which will be a "title exigent of grace" (infra e). (民主党)のすべての秘跡を認めることは、いくつかの意味では、インストゥルメンタルのいずれかの原因そのものや、何か他の猶予される"緊急のタイトルグレース" (インフラe ) 。 The principal cause is one which produces an effect by a power which it has by reason of its own nature or by an inherent faculty.その主な原因は、 1つの電力を生産する効果があることを理由には、独自の自然や教職員内在される。 An instrumental cause produces an effect, not by its own power, but by a power which it receives from the principal agent.インストゥルメンタルの効果を生成する原因ではなく、独自の力で、しかし、それによって電力校長代理店から受け取る。 When a carpenter makes a table, he is the principal cause, his tools are the instrumental causes.大工をするときの表で、彼はその主な原因は、彼のツールが原因のインストゥルメンタルです。 God alone can cause grace as the principal cause; sacraments can be no more than his instruments "for they are applied to men by Divine ordinance to cause grace in them" (ST III:62:1).一人で、神の恵みを引き起こす可能性が主な原因として;秘跡彼の楽器を超えることはない"と男性に適用されるために彼らは神の恵みにして条例を引き起こす" (セント3世: 62:1 ) 。 No theologian today defends Occasionalism (see CAUSE) i.e. the system which taught that the sacraments caused grace by a kind of concomitance, they being not real causes but the causae sine quibus non: their reception being merely the occasion of conferring grace.今日の神学者を守るない偶因論(原因を参照してください) 、すなわち、システムの秘跡を教えたことが原因で、一種の併存グレースは、彼られていないが、本当の原因quibus以外の正弦causae :彼らのレセプションが単に協議の場のグレースです。 This opinion, according to Pourrat (op.cit., 167), was defended by St. Bonaventure, Duns Scotus, Durandus, Occam, and all the Nominalists, and "enjoyed a real success until the time of the Council of Trent, when it was transformed into the modern system of moral causality".この意見によると、 pourrat ( op.cit 。 、 167 ) 、擁護された聖bonaventure 、ドゥンススコトゥス、ドゥランドゥス、 occam 、およびすべてのnominalistsし、 "本当の成功を享受するまでの時間は、評議会のトレントは、時それは、現代のシステムに変身させ、道徳的な因果関係" 。 St. Thomas (III:62:1, III:62:4; and "Quodlibeta", 12, a, 14), and others rejected it on the ground that it reduced the sacraments to the condition of mere signs.セントトマス( ⅲ : 62:1 、 3世: 62:4 ;や" quodlibeta "は、 12日には、 14 ) 、そしてそれを地上に他人を拒否することを条件に減額の秘跡単なる兆候です。

(e) In solving the problem the next step was the introduction of the system of dispositive instrumental causality, explained by Alexander of Hales (Summa theol., IV, Q. v, membr. 4), adopted and perfected by St. Thomas (IV Sent., d. 1, Q. i, a. 4), defended by many theologians down to the sixteenth century, and revived later by Father Billot, S.J. ( E )の問題を解決するために、次のステップは、システムの導入任意インストゥルメンタルの因果関係は、説明されたアレクサンダーのヘールズ(総合的研究論文theol 。 、 4世は、問いv 、 membr 。 4 ) 、および完成採択されたセントトマス(静脈内に送信します。 、 d. 1 、問い私は、 a. 4 ) 、擁護された16世紀に至るまで多くの神学者、そして後に復活した父billot 、スバールバルヤンマイエン ("De eccl. sacram.", I, Rome, 1900). ( "デeccl 。 sacramです" 、私は、ローマでは、 1900 ) 。 According to this theory the sacraments do not efficiently and immediately cause grace itself, but they cause ex opere operato and instrumentally, a something else -- the character (in some cases) or a spiritual ornament or form -- which will be a "disposition" entitling the soul to grace ("dispositio exigitiva gratiae"; "titulus exigitivus gratiae", Billot, loc.cit.).この理論によれば、効率的にしないとすぐに原因秘跡グレース自体が、それらの原因と元opere operato楽器では、何か他-の文字(いくつかのケースで)あるいは精神的な装飾やフォーム-される"気質"権利の魂を猶予( " dispositio exigitiva gratiae " ; "所有権exigitivus gratiae " 、 billot 、 loc.cit 。 ) 。 It must be admitted that this theory would be most convenient in explaining "reviviscence" of the sacraments (infra, VII, c).しなければならないことを認めたことが最も便利で、この理論を説明する"復活"の秘跡(インフラは、第VII 、 C参照) 。 Against it the following objections are made:反対には反対する前に、以下のこと:

From the time of the Council of Trent down to recent times little was heard of this system.評議会の時から、最近のトレント回ダウンして、このシステムのほとんどが聞こえた。

The "ornament", or "disposition", entitling the soul to grace is not well explained, hence explains very little. "飾り" 、または"処分"は、権利の魂の井戸ではないと説明してグレースは、非常に小さなしたがって説明しています。

Since this "disposition" must be something spiritual and of the supernatural order, and the sacraments can cause it, why can they not cause the grace itself?以来、この"気質"何かしなければならないとは、超自然的精神的な秩序は、それとの秘跡を引き起こす可能性が、どうしてかれらは猶予自体の原因ですか?

In his "Summa theologica" St. Thomas does not mention this dispositive causality: hence we may reasonably believe that he abandoned it.彼の"総合的研究論文theologica "セントトマス言及この任意因果関係はありません:だから我々は彼を放棄することが合理的と考えています。

(f) Since the time of the Council of Trent theologians almost unanimously have taught that the sacraments are the efficient instrumental cause of grace itself. ( f )には、評議会の時以来、ほぼ満場一致でトレント神学者が教えたことは、効率的なインストゥルメンタルの秘跡の恵みの原因そのものです。 The definition of the Council of Trent, that the sacraments "contain the grace which they signify", that they "confer grace ex opere operato" (Sess. VII, can.6, 8), seemed to justify the assertion, which was not contested until quite recently.トレントの定義については、評議会は、ことの秘跡"を含む彼らの恩恵を意味する" 、という"元opere operato協議グレース" (第VII sess. 、 can.6 、 8 )は、この主張を正当化するように見えたが、これではないごく最近までは激戦です。 Yet the end of the controversy had not come.この論争の末までにはまだ来ていない。 What was the nature of that causality?因果関係の性質とは何だったのですか? Did it belong to the physical or to the moral order?それに属することで、身体的なものかを、道徳的な注文ですか? A physical cause really and immediately produces its effects, either as the principal agent or as the instrument used, as when a sculptor uses a chisel to carve a statue.物理的な原因を生成すると、すぐにその効果を実際には、どちらかの代理店として、校長の楽器として使われたり、彫刻家として使用する際に像を彫る彫る。 A moral cause is one which moves or entreats a physical cause to act.道徳的な原因は、 1つの物理的な動きやentreatsに行動を起こす。 It also can be principal or instrumental, e.g., a bishop who in person successfully pleads for the liberation of a prisoner is the principal moral cause, a letter sent by him would be the instrumental moral cause, of the freedom granted.校長やインストゥルメンタルできることも、例えば、ある司教たちのために人が無事解放されている囚人pleads校長は、道徳的な原因は、彼から送られた手紙インストゥルメンタル道徳的な原因となる、その自由を与えています。 The expressions used by St. Thomas seem clearly to indicate that the sacraments act after the manner of physical causes.セントトマスの表現で使用されるように見えるの秘跡を明確にして行動することを示す形での物理的な原因を後にした。 He says that there is in the sacraments a virtue productive of grace (III:62:4) and he answers objections against attributing such power to a corporeal instrument by simply stating that such power is not inherent in them and does not reside in them permanently, but is in them only so far and so long as they are instruments in the hands of Almighty God (loc.cit., ad um and 3 um).と彼は言いますがあることが美徳の秘跡の恵みを受けて生産( ⅲ : 62:4 )と彼の回答に対する反論の電源を関連付けるような楽器を肉体だけで電源が入っていないことをこのように内在し、それらを永久に住んではないが、それらだけでは、これまでのところ、彼らはそんなに長く楽器としての全能の神の手( loc.cit 。 、広告や3ええとええと) 。 Cajetan, Francisco Suárez, and a host of other great theologians defend this system, which is usually termed Thomistic. cajetan 、フランシスコスアレス、そして他の多くの偉大な神学このシステムを守るのは、通常thomistic呼ばれる。 The language of the Scripture, the expressions of the Fathers, the Decrees of the councils, they say, are so strong that nothing short of an impossibility will justify a denial of this dignity to the sacraments of the New Law.啓典の言語は、これらの表現は、父親のは、審議会令のは、彼らによれば、短いが非常に強いことは、不可能なことは何もない拒絶を正当化するのは、この秘跡の尊厳には、新しい法律です。 Many facts must be admitted which we cannot fully explain.私たちがしなければならない多くの事実を認めて十分に説明することはできません。 The body of man acts on his spiritual soul; fire acts, in some way, on souls and on angels.人間の身体精神的な行為をする彼の魂;火災行為には、何らかの方法では、天使たちの魂としています。 The strings of a harp, remarks Cajetan (In III, Q.lxii) touched by an unskilled hand, produce nothing but sounds: touched by the hands of a skilful mmusician they give forth beautiful melodies.ハープの弦を、発言cajetan ( 3世、 q.lxii )の落ちこぼれ手触れられて、音を作り出すに過ぎない:手に触れられてmmusician彼らの見事な美しいメロディーを与える来たりする。 Why cannot the sacraments, as instruments in the hands of God, produce grace?なぜできないの秘跡は、神の手に楽器としては、グレースを生み出すか?

Many grave theologians were not convinced by these arguments, and another school, improperly called the Scotistic, headed by Melchior Cano, De Lugo, and Vasquez, embracing later Henno, Tournély, Franzelin, and others, adopted the system of instrumental moral causality.重大な神学者の多くは、これらの引数はないと確信し、別の学校では、不適切と呼ばscotistic 、メルヒオール率いるカノ、デルーゴ、およびバスケス、抱き締めて後でhenno 、 tournély 、 franzelin 、および他のは、道徳的な因果関係を採用したシステムのインストゥルメンタルです。 The principal moral cause of grace is the Passion of Christ.校長道徳的な原因は、キリストの受難の恵みを受けています。 The sacraments are instruments which move or entreat God effectively and infallibly to give his grace to those who receive them with proper disposotions, because, says Melchior Cano, "the price of the blood of Jesus Christ is communicated to them" (see Pourrat, op. cit., 192, 193).秘跡は、神を切望する楽器を移動したり、効果的に、いつも彼の猶予を与えることを受信者に適切なdisposotions 、なぜなら、メルヒオールカノによれば、 "この価格は、イエスキリストの血中には、かれらに伝達" ( pourratを参照して、営業。 cit 。 、 192 、 193 ) 。 This system was further developed by Franzelin, who looks upon the sacraments as being morally an act of Christ (loc.cit., p.194). franzelinによって開発されたこのシステムはさらに、外見上の人の秘跡キリストの行為として道徳的に( loc.cit 。 、 p.194 ) 。 The Thomists and Francisco Suárez object to this system:フランシスコスアレスthomistsと、このシステムをオブジェクト:

Since the sacraments (i.e. the external rites) have no intrisic value, they do not, according to this explanation, exert any genuine causality; they do not really cause grace, God alone causes the grace: the sacrament do not operate to produce it; they are only signs or occasions of conferring it.以来、秘跡(すなわち、外部の儀式) intrisic価値がない、彼らは、この説明によると、正規の因果関係を発揮する;ていない本当に恵みの原因は、一人で、神の恵みの原因:操作はしないで、聖餐式を作り出すこと;彼らは回のみの兆しか協議することです。

The Fathers saw something mysterious and inexplicable in the sacraments.何か見ましたが、父親の不可解な謎とは、秘跡です。 In this system wonders cease or are, at least, so much reduced that the expressions used by the Fathers seem altogether out of place.このシステムでは、驚異の中止または、少なくとも、そんなに減額して使用され、父親のような表現を完全に場違いな存在だ。

This theory does not sufficiently distinguish, in efficacy, the sacraments of the Gospel from the sacraments of the Old Law.この理論は十分な区別はない、効果は、福音書の秘跡秘跡からは、古い法律です。 Nevertheless, because it avoids certain difficulties and obscurities of the physical causality theory, the system of moral causality has found many defenders, and today if we consider numbers alone, it has authority in its favour.にもかかわらず、特定の困難を避けているためとは、物理的な因果関係obscurities理論は、道徳的な因果関係のシステムの多くは、守備が見つかりました、そして今日の数字だけを考慮すれば、それはその恩恵権威です。

Recently both of these systems have been vigorously attacked by Father Billot (op.cit., 107 sq.), who proposes a new explanation.最近、これらのシステムの両方を精力的に襲われてきた父billot ( op.cit 。 、 107 sq 。 )氏は、新たな説明を提案しています。 He revives the old theory that the sacraments do not immediately cause grace itself, but a disposition or title to grace (above e).彼は、古い理論復活してすぐに原因はありませんグレース秘跡そのものではなく、またはタイトルを猶予処分(上記のe ) 。 This disposition is produced by the sacraments, neither physically nor morally, but imperatively.この気質で産生される秘跡は、道徳的にも肉体的にも、しかし威厳を持っている。 Sacraments are practical signs of an intentional order: they manifest God's intention to give spiritual benefits; this manifestation of the Divine intention is a title exigent of grace (op.cit., 59 sq., 123 sq.; Pourrat, op.cit., 194; Cronin in reviews, sup. cit.).秘跡は、実用的な兆候を意図的秩序:マニフェスト彼らの精神的恩恵を与える神の意思;この症状は、神の恵みを受けて緊急の意図は、タイトル( op.cit 。 、 59 sq 。 、 123 sq 。 ; pourrat 、 op.cit 。 、 194 ;クローニンのレビューは、国会議長。 cit 。 ) 。 Father Billot defends his opinions with remarkable acumen.彼の父親の意見を擁護してbillot驚くべき洞察力だ。 Patrons of the physical causality gratefully note his attack against the moral causality, but object to the new explanation, that the imperative or the intentional causality, as distinct from the action of signs, occasions, moral or physical instruments (a) is conceived with difficulty and (b) does not make the sacraments (i.e. the external, Divinely appointed ceremonies) the real cause of grace.常連客は、物理的な因果関係の道徳的な攻撃をありがたくメモ彼の因果関係ではなく、新しいオブジェクトを説明する、あるいは命令して、意図的な因果関係は、より明確なアクションの兆候としては、機会は、道徳的または物理的な楽器( a )は困難と考えられたおよび( b )の秘跡ではありません(すなわち、外部のは、神の力で任命式)の実際の原因グレース。 Theologians are perfectly free to dispute and differ as to the manner of instrumental causality.神学論争とは、完全に自由に形が異なるように、因果関係のインストゥルメンタルです。 Lis est adhuc sub judice.リスest adhuc未決です。

VI. viのです。 MINISTER OF THE SACRAMENTS大臣の秘跡

(1) Men, Not Angels ( 1 )男性ではなく、天使たち

It was altogether fitting that the ministration of the sacraments be given, not to the angels, but to men.それは完全にフィッティングして奉仕の秘跡に与えられた、天使たちには、それらを男性です。 The efficacy of the sacraments comes from the Passion of Christ, hence from Christ as a man; men, not angels, are like unto Christ in His human nature.その効果は、キリストの受難の秘跡から来て、一人の男として、キリストからしたがって;男性ではなく、天使たちは、キリストには、かれは彼のような人間の本性だ。 Miraculously God might send a good angel to administer a sacrament (ST III:64:7).奇跡的に神の守り神を送信するかもしれない聖餐式を運営する(セント3世: 64:7 ) 。

(2) Ordination Requirements for the Ministers of Particular Sacraments聖職叙任( 2 )の要件は、特定の閣僚の秘跡

For administering Baptism validly no special ordination is required.正規の洗礼を投与していないために特別な聖職叙任が必要です。 Any one, even a pagan, can baptize, provided that he use the proper matter and pronounce the words of the essential form, with the intention of doing what the Church does (Decr. pro Armen., Denzinger-Bannwart, 696).いずれか1つでも、異教のは、洗礼を施すことは、適切な物質を使用して提供して彼の言葉を発音すると、フォームに必要不可欠な目的で、教会はどのようなこと( decr.プロarmen 。 、デンツィンガー- bannwart 、 696 ) 。 Only bishops, priests, and in some cases, deacons may confer Baptism solemnly (see BAPTISM).のみ司教、司祭、およびいくつかのケースでは、 5月deacons協議厳粛に洗礼(洗礼を参照してください) 。 It is now held as certain that in Matrimony the contracting parties are the ministers of the sacrament, because they make the contract and the sacrament is a contract raised by Christ to the dignity of a sacrament (cf. Leo XIII, Encycl. "Arcanum", 10 Febr., 1880; see MATRIMONY).として行われたことは、今や結婚して、特定の契約当事者は、閣僚の聖餐式は、契約を行うため、彼らとの契約を提起した聖餐式は、キリストの尊厳をして聖餐式( cf.レオ13世は、 encycl 。 "秘薬"は、 10 febr 。 、 1880 ;結婚を参照してください) 。 For the validity of the other five sacraments the minister must be duly ordained.妥当性のため、他の5つの秘跡大臣定められた正式にしなければならない。 The Council of Trent anathematized those who said that all Christians could administer all the sacraments (Sess. VII, can.10).トレントアナテマ評議会の人たちによると、すべてのキリスト教徒が管理するすべての秘跡(第VII sess. 、 can.10 ) 。 Only bishops can confer Sacred Orders (Council of Trent, sess. XXIII, can.7).聖なる司教協議することでのみ注文(トレント評議会は、 sess 。 23 、 can.7 ) 。 Ordinarily only a bishop can give Confirmation (see CONFIRMATION).通常、ビショップのみを与えることの確認(確認を参照してください) 。 The priestly Order is required for the valid administration of Penance and Extreme Unction (Conc. Trid., sess. XIV, can.10, can.4).聖職者のための有効な投与が必要なため、苦行と終油の秘跡( conc. trid 。 、 sess 。 14 、 can.10 、 can.4 ) 。 As to the Eucharist, those only who have priestly Orders can consecrate, i.e. change bread and wine into the Body and Blood of Christ.聖体ようには、これらの聖職者たちのみを注文することができます奉献、すなわち身体の変化やパンやワインをキリストの血中です。 Consecration presupposed, any one can distribute the Eucharistic species but, outside of very extraordinary circumstances this can be lawfully done only by bishops, priests, or (in some cases) deacons.奉献前提は、 eucharistic種のいずれか1つでも配布することは、非常に異例な状況の外に合法的に行われることによってのみ、この司教、司祭、または(いくつかのケースで) deacons 。

(3) Heretical or Schismatic Ministers ( 3 )分離の異端や閣僚

The care of all those sacred rites has been given to the Church of Christ.すべての人々のケアは与えられてきた神聖な儀式キリスト教会です。 Heretical or schismatical ministers can administer the sacraments validly if they have valid Orders, but their ministrations are sinful (see Billot, op.cit., thesis 16). schismatical異端や閣僚の秘跡を投与することが有効な場合に正規の注文は、しかし、彼らは、罪深いministrations ( billotを参照して、 op.cit 。 、論文16 ) 。 Good faith would excuse the recipients from sin, and in cases of necessity the Church grants jurisdiction necessary for Penance and Extreme Unction (see EXCOMMUNICATION: V, Effects of Excommunication).言い訳には、受信者からの善意の罪は、例の必要性とは、教会のために必要な補助金管轄苦行と終油の秘跡(破門を参照してください: v 、効果を破門) 。

(4) State of Soul of the Minister ( 4 )長官の魂の状態

Due reverence for the sacraments requires the minister to be in a state of grace: one who solemnly and officially administers a sacrament, being himself in a state of mortal sin, would certainly be guilty of a sacrilege (cf. ST III:64:6).崇敬の念のための秘跡を必要とされる大臣は、ステートオブグレース: 1つの管理者を正式に厳粛と聖餐式は、自分自身が大罪状態で、有罪になるのは確実の冒とく( cf.セント3世: 64:6 ) 。 Some hold that this sacrilege is committed even when the minister does not act officially or confer the sacrament solemnly.この冒とくしては、いくつかのコミットを開くときにも大臣と協議していない行為や聖餐式を正式に厳粛です。 But from the controversy between St. Augustine and the Donatists in the fourth century and especially from the controversy between St. Stephen and St. Cyprian in the third century, we know that personal holiness or the state of grace in the minister is not a prerequisite for the valid administration of the sacrament.しかし、このような論争の間から聖アウグスティヌスとdonatistsで、特に第4世紀から聖シュテファンとの間で論争は、第3世紀の聖シプリアンは、個人的なことが分かっているか、ステートオブグレースホーリネス大臣は、必要条件ではない聖餐式のための有効な投与です。 This has been solemnly defined in several general councils including the Council of Trent (Sess VII, can.12, ibid., de bapt., can.4).厳粛に定義されてきたこの協議会を含むいくつかの全般トレントの評議会(第VII sess 、 can.12 、同じです。 、デbapt 。 、 can.4 ) 。 The reason is that the sacraments have their efficacy by Divine institution and through the merits of Christ.その理由は、その効果によっては、神の秘跡を通じて、教育機関やキリストのメリットです。 Unworthy ministers, validly conferring the sacraments, cannot impede the efficacy of signs ordained by Christ to produce grace ex opere operato (cf. St. Thomas, III:64:5, III:64:9).値しない長官は、正規の秘跡協議は、その効力を妨げることはできないの兆候を作り出すキリストの恵みによって定められた元opere operato ( cf.セントトマス、 3世: 64:5 、 3世: 64:9 ) 。 The knowledge of this truth, which follows logically from the true conception of a sacrament, gives comfort to the faithful, and it should increase, rather than diminish, reverence for those sacred rites and confidence in their efficacy.この真理の知識は、以下のとおりですから論理的には、聖餐式の真の概念は、快適さを与え、忠実には、それが増加すると、減少するというよりは、それらの神聖な儀式を畏敬の念と自信が彼らの効果です。 No one can give, in his own name, that which he does not possess; but a bank cashier, not possessing 2000 dollars in his own name, could write a draft worth 2, 000, 000 dollars by reason of the wealth of the bank which he is authorized to represent.誰にも与え、自分の名前で、彼が持っていないものを持つ;しかし、銀行の現金出納係は、 2000ドルを所持していないで、自分の名前、価値がある可能性を書くドラフト2 、 000 、 000ドルの理由では、豊富な銀行彼はどの権限を表しています。 Christ left to His Church a vast treasure purchased by His merits and sufferings: the sacraments are as credentials entitling their holders to a share in this treasure.彼のキリスト教会の左側にある広大な宝物を購入するには、自分の長所や苦しみ:秘跡には、彼らの権利保有者としての資格情報を共有して、この宝物です。 On this subject, the Anglican Church has retained the true doctrine, which is neatly proved in article XXVI of the Westminster Confession: "Although in the visible church the evil be ever mingled with the good, and sometimes the evil hath the chief authority in the ministration of the Word and Sacraments, yet forasmuch as they do not the same in their own name, but in Christ's, and do minister by His commission and authority, we may use their ministry both in hearing the Word of God and in receiving the Sacraments. Neither is the effect of Christ's ordinance taken away by their wickedness nor the grace of God's gifts from such as by faith, and rightly, do receive the sacraments ministered unto them; which be effectual, because of Christ's institution and promise, although they be administered by evil men" (cf. Billuart, de sacram., d.5, a.3, sol.obj.)この問題については、聖公会には、真の教義を保持、これはきちんと証明では、第二十六ウェストミンスター信仰告白: "にもかかわらず、これまでに目に見える教会の悪混じりの良い、そして時には、邪悪な権威は、かれらのチーフ奉仕の秘跡という言葉とは、まだ〜であるからしていないと同じで、自分の名前ではなく、キリストの、そして彼の委員会とは大臣の権限によって、我々の両方で使用することが、同省の聴聞会とは、神の言葉を受けての秘跡。どちらも効果は、キリストの条例連行さも彼らの邪悪神の恩寵からの贈り物のような信仰によって、正しくは、かれらを受ける秘跡ministered ;を効果的には、キリストのための教育機関との約束は、彼らにもかかわらず投与される邪悪な男" ( cf. billuart 、デsacram 。 、 1.6.6は、ページA.3 、 sol.obj 。 )

(5) Intention of the Minister ( 5 )大臣の意図

(a) To be a minister of the sacraments under and with Christ, a man must act as a man, i.e. as a rational being; hence it is absolutely necessary that he have the intention of doing what the Church does. (に)大臣になると、キリストの秘跡の下には、一人の男一人の男として行動しなければ、すなわちとして合理的で、だからそれは絶対に必要なことをやってのける彼は、教会の意図している。 This was declared by Eugene IV in 1439 (Denzinger-Bannwart, 695) and was solemnly defined in the Council of Trent (Sess.VII, can.II).これは静脈内で宣言されたユージン1439 (デンツィンガー- bannwart 、 695 )と定義され、評議会は、厳粛にトレント( sess.vii 、 can.ii ) 。 The anathema of Trent was aimed at the innovators of the sixteenth century.トレント忌み嫌われるが、その狙いは、 16世紀の革新です。 From their fundamental error that the sacraments were signs of faith, or signs that excited faith, it followed logically that their effect in no wise depended on the intention of the minister.彼らの根本的なエラーが発生してからの秘跡が信仰の兆候は、興奮したりして信仰の兆候は、その後の影響はないということを論理的に依存していたの意図は、賢明な大臣です。 Men are to be "ministers of Christ, and the dispensers of the mysteries of God" (1 Corinthians 4:1), and this they would not be without the intention, for it is by the intention, says St. Thomas (III:64:8, ad 1) that a man subjects and unites himself to the principal agent (Christ).男性には、 "キリストの閣僚は、この機とは、神の謎" ( 1コリンチャンス4時01分) 、そして、このことはしないとの意図がなく、そのために意図されたことは、聖トマスによれば( ⅲ : 64:8 、広告1 )一人の男の対象として自分自身をunites主薬(キリスト) 。 Moreover, by rationally pronouncing the words of the form, the minister must determine what is not sufficiently determined or expressed by the matter applied, eg the significance of pouring water on the head of the child (ST III:64:8).しかも、その単語の発音を合理フォームでは、大臣を決定する必要があります十分ではないことを表明または決定問題に適用される、例えば土砂降りの意義については、子供の頭に水を(セント3世: 64:8 ) 。 One who is demented, drunk, asleep, or in a stupor that prevents a rational act, one who goes through the external ceremony in mockery, mimicry, or in a play, does not act as a rational minister, hence cannot administer a sacrament. 1つは、認知症の人は、酒を飲んで、眠っている、または昏迷状態で使用しているため、合理的な行動は、 1つの中を通って、外部の人の嘲笑式典では、擬態、または再生中には、合理的な役目をするしない大臣は、したがって聖餐式を投与することはできません。

(b) The necessary object and qualities of the intention required in the minister of the sacrament are explained in the article INTENTION. ( b )に必要なオブジェクトや意図に必要な資質は、聖餐式では、大臣の意図を説明してその記事です。 Pourrat (op.cit., ch.7) gives a history of all controversies on this subject. pourrat ( op.cit 。 、 ch.7 )を与え、このテーマに関する論争の歴史のすべてだ。 Whatever may be said speculatively about the opinion of Ambrosius Catherinus (see POLITI, LANCELOT) who advocated the sufficiency of an external intention in the minister, it may not be followed in practice, because, outside of cases of neccessity, no one may follow a probable opinion against one that is safer, when there is question of something required for the validity of a sacrament (Innoc. XI, 1679; Denzinger-Bannwart, 1151).どのような思いにふけっているかもしれないの意見については、 ambrosius catherinus (ポリティを参照して、ランスロ)を提唱し、十分な意図で、外部大臣は、それに続いて練習することはできませんので、外にneccessity例は、 1つの可能性なしに従う概には、 1つの安全に対する意見は、何か問題があった場合は、その妥当性をするために必要聖餐式( innoc. xi 、 1679 ;デンツィンガー- bannwart 、 1151 ) 。

(6) Attention in the Minister注目は、大臣( 6 )

Attention is an act of the intellect, viz.注目の行為は、知性、 viz 。 the application of the mind to what is being done.このアプリケーションは、心に何が行われた。 Voluntary distraction in one administering a sacrament would be sinful.自発的な注意散漫になる罪深い聖餐式の1つを管理する。 The sin would however not be brave, unless (a) there be danger of making a serious mistake, or (b) according to the common opinion, the distraction be admitted in consecrating the Eucharistic species.勇敢に罪はない、しかし、そこに危険がない限り(は)重大なミスを作り、あるいは( b )によると、共通の意見では、 consecratingに邪魔されるのを認めたeucharistic種です。 Attention on the part of the minister is not necessary for the valid administration of a sacrament, because in virtue of the intention, which is presupposed, he can act in a rational manner, notwithstanding the distraction.注意して大臣ではない部分の有効な管理のために必要な聖餐式は、美徳のための意図で、これは前提は、合理的な行動をとることができるように、邪魔にもかかわらずだ。

VII.第VII 。 RECIPIENT OF THE SACRAMENTSレシピエントの秘跡

When all conditions required by Divine and ecclesiastical law are complied with, the sacrament is received validly and licitly.必要な時にすべての条件を満たすことによって神と教会法では、正規の聖餐式は、合法に受け取った。 If all conditions required for the essential rite are observed, on the part of the minister, the recipient, the matter and form, but some non-essential condition is not complied with by the recipient, the sacrament is received validly but not licitly; and if the condition wilfully neglected be grave, grace is not then conferred by the ceremony.もしすべての条件を観察するために必要不可欠な儀式には、上の部分の大臣は、受信者は、その件と形が、いくつかの非本質的な条件を満たすことではないとしたが、受取人には、正規の聖餐式を受け取ったことはできませんが合法;と無視された場合、条件に重大なwilfully 、次に与えられた猶予される授賞式ではない。 Thus baptized persons contracting Matrimony whilst they are in the state of mortal sin would be validly (ie really) married, but would not then receive sanctifying grace.こうしてバプテスマを受けている人の間で、契約結婚状態になる大罪の正当な(つまり、実際に)結婚したが、その後はないsanctifyingの猶予を受ける。

(1) Conditions for valid reception ( 1 )の条件は、有効なレセプション

(a) The previous reception of Baptism (by water) is an essential condition for the valid reception of any other sacrament. ( a )その前のレセプションの洗礼(水)は、有効なレセプションのために必要不可欠な条件その他の聖餐式です。 Only citizens and members of the Church can come under her influence as such; Baptism is the door by which we enter the Church and thereby become members of a mystical body united to Christ our head (Catech. Trid., de bapt., nn.5, 52).市民や教会のメンバーだけが彼女の影響力の下に来るよう;洗礼は、私たちが、ドアをもって教会を入力して会員になると、キリストの神秘的なボディユナイテッド私たちの頭( catech. trid 。 、デbapt 。 、 nn 。 5 、 52 ) 。

(b) In adults, for the valid reception of any sacrament except the Eucharist, it is necessary that they have the intention of receiving it. ( b )には大人のための有効なレセプションを除いて、すべての秘跡聖体、それは彼らが必要として受信することを意図しています。 The sacraments impose obligations and confer grace: Christ does not wish to impose those obligations or confer grace without the consent of man.グレースと協議する義務を課すの秘跡:キリスト者の義務を課すことを希望しないまたは協議の同意なしに恵みの男です。 The Eucharist is excepted because, in whatever state the recipient may be, it is always the body and blood of Christ (see INTENTION; cf. Pourrat, op.cit., 392).聖体除いているためには、どのような状態で、受信者かもしれないが、それは、常にキリストの体と血(意図を参照してください; cf 。 pourrat 、 op.cit 。 、 392 ) 。

(c) For attention, see above, VI, 6. ( C参照)注目を集めるためには、上記を参照して、 viのは、 6 。 By the intention man submits himself to the operation of the sacraments which produce their effects exopere operato, hence attention is not necessary for the valid reception of the sacraments.男の意図を操作して自分自身を送信し、その効果を生み出すexopere operato秘跡が、そのために必要な配慮のための有効なレセプションではないの秘跡です。 One who might be distracted, even voluntarily, during the conferring, e.g.一人かもしれない気を取られても、自発的には、協議期間中は、例えば、 of Baptism, would receive the sacrament validly.の洗礼は、正規には、聖餐を受ける。 It must be carefully noted, however, that in the case of Matrimony the contracting parties are the ministers as well as the recipients of the sacraments; and in the sacrament of Penance, the acts of the penitent, contrition, confession, and willingness to accept a Penance in satisfaction, constitute the proximate matter of the sacraments, according to the commonly received opinion.慎重に注意しなければならないことは、しかし、結婚しては、例の契約当事者は、閣僚だけでなく、受け手の秘跡;とは、聖餐式の苦行は、その行為を後悔して、悔い改め、告白し、意欲を受け入れる苦行を満足させるには、近接を構成する物質の秘跡によると、広く意見を受け取った。 Hence in those cases such attention is required as is necessary for the valid application of the matter and form.したがって、これらの事例としては、このような配慮が必要なアプリケーションのために必要な物質との有効なフォームです。

(2) Conditions for the Licit Reception ( 2 )の条件は、正当なレセプション

(a) For the licit reception, besides the intention and the attention, in adults there is required: ( )は、正当なレセプションは、上述の意図や関心は、そこに大人が必要です:

for the sacraments of the dead, supernatural attrition, which presupposes acts of faith, hope, and repentance (see ATTRITION and JUSTIFICATION);秘跡オブザデッドのため、超自然的損耗は、信仰を前提行為には、希望、そして後悔(損耗と正当性を参照してください) ;

for the sacraments of the living the state of grace.秘跡オブザリビングは、同州の恵みを受けています。 Knowingly to receive a sacrament of the living whilst one is in the state of mortal sin would be a sacrilege.聖餐式を受けるために故意オブザリビングに1つは、国家間の大罪ができれば、冒とくだ。

(b) For the licit reception it is also necessary to observe all that is prescribed by Divine or ecclesiastical law, e.g. ( b )には、正当なレセプションを観察することも必要で規定されたすべてのことは、神や教会法では、例えば、 as to time, place, the minister, etc. As the Church alone has the care of the sacraments and generally her duly appointed agents alone have the right to administer them, except Baptism in some cases, and Matrimony (supra VI, 2), it is a general law that application for the sacraments should be made to worthy and duly appointed ministers.時間としては、場所は、大臣等の一人として、教会には、彼女のケアは、通常、秘跡と正式に任命権を持つ代理店を運営して一人を除いて、いくつかのケースで洗礼、そして結婚( viのスープラ、 2 ) 、これは、一般法申請して行われなければならないの秘跡を閣僚に値すると正式に任命されます。 (For exceptions see EXCOMMUNICATION.) (例外を破門を参照してください。 )

(3) Reviviscence of the Sacraments ( 3 )復活の秘跡

Much attention has been given by theologians to the revival of effects which were impeded at the time when a sacrament was received.神学者が注目されて与えられたの復活の効果を妨げていた時期に、聖餐式では受信しています。 The question arises whenever a sacrament is received validly but unworthily, i.e. with an obstacle which prevents the infusion of Divine grace.聖餐式の問題が発生するたびには、正当に受け取ったunworthilyしかし、すなわち障害物を前にして、神の恵みを注入する。 The obstacle (mortal sin) is positive, when it is known and voluntary, or negative, when it is involuntary by reason of ignorance or good faith.その障害物(大罪)は、肯定的な、そしてときに自発的なことが知られ、または除外は、それが理由で不随意の無知や善意です。 One who thus receives a sacrament is said to receive it feignedly, or falsely (ficte), because by the very act of receiving it he pretends to be properly disposed; and the sacrament is said to be validum sed informe -- valid, but lacking its proper form, i.e. grace or charity (see LOVE).聖餐式を受信するための1つの人がそれを受け取ることによるとfeignedly 、または虚偽( ficte )ので、受理されたことを彼は非常に行動するふりを適切に処分される;聖餐式は、と言われると、 sedでvalidum informe -有効ですが、欠けてその適切な形で、すなわちグレースまたは慈善(愛を参照してください) 。 Can such a person recover or receive the effects of the sacraments?またはそのような人物を回復することの影響を受けるの秘跡ですか? The term reviviscence (reviviscentia) is not used by St. Thomas in reference to the sacraments and it is not strictly correct because the effects in question being impeded by the obstacle, were not once "living" (cf. Billot, op.cit., 98, note).復活という言葉ではない( reviviscentia )で使用されるセントトマスの秘跡を引き合いに出すことではないと厳密に正しい問い掛けられているため、効果が阻害される障害物は、一度もない"リビング" ( cf. billot 、 op.cit 。 、 98 、注) 。 The expression which he uses (III:69:10), viz., obtaining the effects after the obstacle has been removed, is more accurate, though not so convenient as the newer term.彼の表現を使って( ⅲ : 69:10 ) 、 viz 。 、その効果を取得した後、障害物が削除され、より正確には、あるわけではありませんので、より新しい用語として便利です。

(a) Theologians generally hold that the question does not apply to Penance and the Holy Eucharist. (する)神学保留して通常の質問には適用されません苦行と聖体です。 If the penitent be not sufficiently disposed to receive grace at the time he confesses his sins the sacrament is not validly received because the acts of the penitent are a necessary part of the matter of this sacrament, or a necessary condition for its reception.後悔している場合は十分ではないの猶予処分を受ける時に彼は自分の罪を告白、聖餐式ではないの正当な行為を受けて、後悔しているので、必要な部分には、この聖礼典の問題、あるいはその受信するために必要な条件だ。 One who unworthily receives the Eucharist can derive no benefit from that sacrament unless, perhaps, he repent of his sins and sacrilege before the sacred species have beeen destroyed.一人unworthily聖体を受け取ること聖餐式を導き出すことがない限り何のメリットもないから、たぶん、彼は自分の罪を悔い改める冒とくする前に、ある種の聖なるbeeen破棄してください。 Cases that may occur relate to the five other sacraments.事件に関連して発生する可能性の5つの他の秘跡です。

(b) It is certain and admitted by all, that if Baptism be received by an adult who is in the state of mortal sin, he can afterwards receive the graces of the sacrament, viz. ( b )にあると認めたことは、すべて、バプテスマしている場合に受信された状態で、大人たちの大罪は、彼はその後、美神の秘跡を受ける、 viz 。 when the obstacle is removed by contrition or by the sacrament of Penance.痛恨の障害が取り除かれるとき、または聖餐式の贖罪される。 On the one hand the sacraments always produce grace unless there be an obstacle; on the other hand those graces are necessary, and yet the sacrament cannot be repeated.片手の秘跡を猶予されない限り、常にそこにある障害物を生み出す;他方では、それらの美神必要に応じて、それにもかかわらず、聖餐式を繰り返したことはできません。 St. Thomas (III:69:10) and theologians find a special reason for the conferring of the effects of Baptism (when the "fiction" has been removed) in the permanent character which is impressed by the sacrament validly administered.セントトマス( ⅲ : 69:10 )や神学者を発見する特別な理由は、協議の洗礼の影響(時の"フィクション"は削除されました)は、永続的なキャラクターが投与さに感銘を受けた正規の聖餐式です。 Reasoning from analogy they hold the same with regard to Confirmation and Holy Orders, noting however that the graces to be received are not so necessary as those conferred by Baptism.彼らから類推推論と関連して確認を行うと、同じ僧籍を表し、しかし美神にして受信する必要がないので、これらの洗礼を与えられた。

(c) The doctrine is not so certain when applied to Matrimony and Extreme Unction. ( C参照)学説ではありませんので、特定の終油の秘跡と結婚する際に適用されます。 But since the graces impeded are very important though not strictly necessary, and since Matrimony cannot be received again whilst both contracting parties are living, and Extreme Unction cannot be repeated whilst the same danger of death lasts, theologians adopt as more probable the opinion which holds that God will grant the graces of those sacraments when the obstacle is removed.しかし美神妨げて以来、非常に重要なわけではありませんが厳密には、必要に応じて、結婚して以来再び受信することはできません契約当事者間の両方が生活し、終油の秘跡を繰り返したことはできません間続くと同じ死の危険には、予想より多くの神学者の意見として採択を保持する神は付与して、それらの秘跡美神の障害時には削除されます。 The "reviviscence" of the effects of sacraments received validly but with an obstacle to grace at the time of their reception, is urged as a strong argument against the system of the physical causality of grace (supra, V, 2), especially by Billot (op.cit., thesis, VII, 116, 126). "復活"の影響を受けた正規の秘跡しかし、障害となるものを猶予している時点で彼らのレセプション、促したとしては、システムに対する強い反対論は、物理的な因果関係のグレース(スープラ、 v 、 2 ) 、特にbillot ( op.cit 。 、論文は、第VII 、 116 、 126 ) 。 For his own system he claims the merit of establishing an invariable mode of causality, namely, that in every case by the sacrament validly received there is conferred a "title exigent of grace".彼は、自分のシステムを確立するメリットがあると主張して不変モードの因果関係、すなわち、あらゆるケースを受け取った正規の聖餐式には、与えられた"とのタイトルの恵みを受けて緊急"だ。 If there be no obstacle the grace is conferred then and there: if there be an obstacle the "title" remains calling for the grace which will be conferred as soon as the obstacle is removed (op.cit., th.VI, VII).障害物がない場合は、その場ですぐに与えられた猶予は:障害物がある場合、 "タイトル"遺跡の猶予を求める協議されるとすぐに障害物が取り外さ( op.cit 。 、 th.vi 、 7 ) 。 To this his opponents reply that exceptional cases might well call for an exceptional mode of causality.この彼の反対派を例外的な場合に返信しているかもしれないの因果関係を求める異例のモードです。 In the case of three sacraments the character sufficiently explains the revival of effects (cf. ST III:66:1, III:69:9, III:69:10).秘跡の例は、 3つのキャラクターの復活効果を十分に説明して( cf.セント3世: 66:1 、 3世: 69:9 、 3世: 69:10 ) 。 The doctrine as applied to Extreme Unction and Matrimony, is not certain enough to furnish a strong argument for or against any system.終油の秘跡の教義として適用されると結婚生活は、十分ではない特定の文を提出するよう強く主張したり、任意の制度に反対です。 Future efforts of theologians may dispel the obscurity and uncertainty now prevailing in this interesting chapter.神学者の将来的な取り組みの可能性や不確実性を払しょくする無名支配して今すぐこの章で興味深いものです。

Publication information Written by D.J.文献情報の書かれた金大中 Kennedy.ケネディです。 Transcribed by Marie Jutras.マリーjutras転写される。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.カトリック百科事典は、 13巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認は、 1912年2月1日。 Remy Lafort, D.D., Censor.レミlafort 、 dd 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


The Seven Great Mysteries (Sacraments) of the Orthodox Church 7つの偉大な謎(秘跡)は、正教会

Catholic Perspective カトリックの視点

There are, lastly, services for the administration of the Seven Great Mysteries (the Seven Sacraments) that are printed in the Euchologion after the liturgies (ed. cit., pp. 136-288).そこには、最後には、サービスの運用のための7つの偉大な謎(七つの秘跡)が印刷され、 euchologion後、 liturgies (編cit 。 、 pp 。百三十六〜二百八十八) 。

Baptismバプテスマ

Baptism is always conferred by immersion (the Orthodox have grave doubts as to the validity of baptism by infusion. See Fortescue, Orth. E. Church, p. 420).洗礼は、常に協議を浸漬(重大な疑問が、正統派としての正当性の洗礼を注入された。フォーテスキューを参照して、オース。 e.教会、 p. 420 ) 。 The child is anointed all over its body and dipped three times with its face towards the east.聖なるすべての子供が3倍以上に浸したボディとした顔をして、東に向かっています。 The form is: "The servant of God N. is baptized in the name of the Father, Amen, and of the Son, Amen, and of the Holy Ghost, Amen."このフォームは: " n.は、バプテスマを受け、神のしもべの父の名の下、アーメン、とは、息子は、アーメン、とは、聖霊は、アーメン"と述べた。

Confirmation確認

Confirmation follows at once and is conferred by priests (the Holy See recognizes this confirmation as valid and neither rebaptizes nor reconfirms converts from Orthodoxy).一度には、以下の通りと確認された協議プリースト(聖の確認を参照してくださいとして有効と認識し、このどちらもrebaptizesから変換reconfirms正教) 。 The whole body is again anointed with chrism (to hagion hyron) prepared very elaborately with fifty-five various substances by the cumenical patriarch on Maundy Thursday (Fortescue, op. cit., 425-426).体全体では再び聖なる聖油( hagion hyronに)非常に趣向を凝らして準備して55 cumenical家父長される様々な物質を洗足木曜日(フォーテスキュー、 opです。 cit 。 、 425から426まで) 。 The form is: "The seal of the gift of the Holy Ghost" (Euch., 136-144).このフォームは: "のシールは、聖霊の贈り物" ( euch. 、 136から144まで) 。 The Orthodox never rebaptize when they are sure of the validity of former baptism; but they reconfirm continually.正統派の再洗礼するのは決して自信があるときは、元の正当性の洗礼;だがかれら継続を再確認する。 Confirmation has become the usual rite of admittance into their Church, even in the case of apostates who have already been confirmed orthodoxly.確認の儀式となって、いつもの自分の教会への入場は、この例でもすでに確認されてorthodoxly背教者たちだ。

Holy Communion聖体拝領

The pious Orthodox layman Communicates as a rule only four times a year, at Christmas, Easter, Whitsunday, and the Falling Asleep of the Mother of God (15 August).正統派の敬虔なルールとして、素人が通信のみ年に4回、クリスマス、イースター、聖霊降臨、寝付けないとは、神の母( 8月15日) 。 The Blessed Sacrament is reserved for the sick in the artophorion, (or ierophylakion) under both kinds more or less, that is to say it has been dipped into the chalice and allowed to dry.聖餐式の祝福は、病気のために予約さartophorionでは、両方の種類の下(またはierophylakion )多かれ少なかれ、それはそれを言うとされて聖杯を許可するに浸した乾燥している。 It is given to the sick with a spoon and with the usual form (see above under Holy Liturgy).それは、病気をスプーンで与えられると、いつものフォームにしてください(上記参照聖なる典礼下) 。 They have no tradition of reverence for the reserved Eucharist.彼らの伝統がないために予約さ聖体崇敬。

Penance苦行

Penance (metanoia) is administered rarely, usually on the same occasions as Holy Communion.贖罪(回心)は、めったに投与は、通常の場合と同じように聖体拝領。 They have no confessionals.彼らconfessionalsがない。 The ghostly father (pneumatikos) sits before the ikonostasis under the picture of Our Lord, the penitent kneels before him (one of the rare cases of kneeling is in this rite), and several prayers are said, to which the choir answers "Kyrie eleison".幽霊の父( pneumatikos )の前に座っikonostasisの写真の下にわたしたちの主は、彼の前に後悔してkneels (まれな例の1つは、ひざまづいては、この儀式) 、およびいくつかの祈りでいるといわれ、合唱団の回答には、 "連祷" 。 The "choir" is always the penitent himself. "合唱"は、常に自分自身に後悔しています。 Then the ghostly father is directed to say "in a Cheerful voice: Brother, be not ashamed that you come before God and before me, for you do not confess to me but to God who is present here."その後、監督の父は幽霊と言って"と朗らかな声:弟は、恥ずかしいことではないと、神の前に来る前に私は、告白をする必要はありませんが、神が私たちをここには存在する"と述べた。 He asks the penitent his sins, says that only God can forgive him, but that Christ gave this power to his Apostles saying: "Whose sins ye shall forgive", etc., and absolves him with a deprecatory form in a long prayer in which occur the words: "May this same God, through me a sinner, forgive you all now and for ever."自分の罪を後悔しておくと、彼は、彼を許すことによれば、神のみが、それは、この力をキリストの使徒と言って彼: "なたがたはその罪を許す"など、 absolves彼と言い訳をする形で、長い祈りの中で起こるの言葉: " 5月、この同じ神は、罪人を通して私には、今、すべてを許すことではない。 " (Euch., pp. 221-223.) ( euch. 、 pp 。二二一から二二三まで。 )

Holy Order神聖な順序

Holy Order (cheirotonia) is given by laying on the right hand only.聖順( cheirotonia )は、与えられた右手のみを敷設している。 The form is (for deacons): "The grace of God, that always strengthens the weak and fills the empty, appoints the most religious sub-deacon N. to be deacon. Let us then pray for him that the grace of the Holy Ghost may come to him."このフォームでは、 ( deacons ) : "神の恩寵、それはいつも弱者を増強すると、空の残りの部分は、宗教上の最も指名されるサブディーコンn.ディーコン。みましょうそれから彼のために祈ることは、聖霊の恩寵5月に来なさい。 " Long prayers follow, with allusions to St. Stephen and the diaconate; the bishop vests the new deacon, giving him an orarion and a ripidion.長い祈りに従って、聖シュテファンと助祭の職をallusions ;チョッキ新司教ディーコン、 orarionとripidionを与えてくれた。 For priests and bishops there is the same form, with the obvious variants, "the most religious deacon N. to be priest", or "the most religious elect N. to be Metropolitan of the holy Metropolis N."プリーストと司教のためには、同じ形で、明白な変種で、 "最も宗教ディーコンn.される司祭" 、または"最も宗教選出される首都圏の聖なるn. n.メトロポリス" (nearly all their bishops have the title Metropolitan), and the subjects receive their vestments and instruments. (彼らの司教は、ほぼすべてのタイトル都) 、そして自分の服や楽器の科目を受ける。 Priests and bishops concelebrate at once with the ordainer (Euch., 160-181).プリースト司教共同執行者として参加すると、一度にordainer ( euch. 、一六〇 〜一八一) 。 The Orthodox believe that the grace of Holy orders may perish through heresy or schism, so they generally reordain converts (the Russian Church has officially refused to do this, Fortescue, op. cit., 423-424).グレースの正統派だと信じて消滅する可能性が僧籍異端や分裂を介して、だから通常変換reordain (ロシアの教会では正式に拒否したためには、オニカサゴ、 opです。 cit 。 、 423から424 ) 。

Matrimony結婚生活

Matrimony (gamos) is often called the "crowning" (stephanoma) from the practice of crowning the spouses (Euch., 238-252).結婚(ガモス)は往々に呼ばれ、 "戴冠" ( stephanoma )の配偶者からの練習の戴冠( euch. 、 238から252まで) 。 They wear these crowns for a week, and have a special service for taking them off again (Euch., 252).これらのクローネを身に着けると、 1週間、特別なサービスがあるとオフを服用して再び( euch. 、 252 ) 。

The Anointing of the Sickその病者の塗油

The Anointing of the Sick (euchelaion) is administered (when possible) by seven priests.その病者の塗油( euchelaion )は、投与された7つのプリースト(可能な場合) 。 The oil contains as a rule wine, in memory of the Good Samaritan.ルールとして、ワインの油が含まれ、メモリ内の良きサマリア人です。 It is blessed by a priest just before it is used.それは祝福される直前の司祭が使用されています。 They use a very long form invoking the all-holy Theotokos, the "moneyless physicians" Sts.彼らは非常に長いフォームを呼び出して使用するすべての聖なるtheotokosは、 "金のない医師" sts 。 Cosmas and Damian, and other saints.コスマスとダミアヌス、およびその他の聖人。 They anoint the forehead, chin, cheeks, hands, nostrils, and breast with a brush.かれらの額に塗る、あご、ほおには、手には、鼻の穴、および乳房のひとはけでいます。 Each priest present does the same (Euch., 260-288).現在、各司祭は、同じ( euch. 、 260から288まで) 。 The service is, as usual, very long.このサービスは、いつものように、非常に長い。 They anoint people who are only slightly ill, (they very much resent our name: Extreme Unction), and in Russia on Maundy Thursday the Metropolitans of Moscow and Novgorod anoint everyone who presents himself, as a preparation for Holy Communion (Echos d'Orient, II, 193-203).彼ら塗るほんの少しの悪い人たちは、 (かれら非常に不快感を抱く我々の名前:終油の秘跡) 、および、ロシアのモスクワでmetropolitans洗足木曜日、すべての人に塗るとノブゴロド男性自身は、準備としての聖体拝領( d' echosオリエントは、 2世、百九十三から二百三まで) 。

Sacramentals sacramentals

There are many Sacramentals. sacramentalsが多い。 People are sometimes anointed with the oil taken from a lamp that burns before a holy icon (occasionally with the form for confirmation: "The seal of the gift of the Holy Ghost").人々は、いくつかの聖なるランプの油から採取してやけどをする前に、神聖なアイコン(たまにしてフォームを確認: "のシールは、聖霊の贈り物"を参照) 。 They have besides the antidoron another kind of blessed bread -- the kolyba eaten in honour of some saint or in memory of the dead.彼らは祝福さに加えて、別の種類のパンantidoron -k olybaに敬意を表して食べたり、いくつかのサンオブザデッドメモリです。 On the Epiphany ("The Holy Lights" -- ta hagia phota) there is a solemn blessing of the waters.エピファニーは、 ( "聖なるライト" -t ah agiap hota)には、厳かに祝福の海域。 They have a great number of exorcisms, very stern laws of fasting (involving abstinence from many things besides flesh meat), and blessings for all manner of things.彼らは、数多くのexorcisms 、非常に厳しい法律の断食(禁断事件から多くのことに加えて鳥獣の肉) 、および恵みをあらゆる種類のものです。 These are to be found in the Euchologion.これらは、 euchologionされています。 Preaching was till lately almost a lost art in the Orthodox Church; now a revival of it has begun (Gelzer, Geistliches u. Weltliches, etc., 76-82).説教は、最近までは、ほとんどが失われたアート正教会;今すぐに復活することが始まった(ゲルツァー、 geistliches米weltliches等、 76〜82 ) 。 There is a long funeral service (Euch., ed. cit., 393-470).葬儀には長く( euch. 、エド。 cit 。 、三九三〜四七〇 ) 。 For all these rites (except the Liturgy) a priest does not wear all his vestments but (over his cassock) the epitrachelion and phainolion.これらのすべての儀式(典礼を除く)をすべて自分の服を着るの司祭はありませんが(彼のカソック以上)のepitrachelionとphainolion 。 The high black hat without a brim (kalemeukion) worn by all priests of this rite is well known.黒い帽子のつばの高いことなくすべてのプリースト( kalemeukion )削られて、この儀式はよく知られています。 It is worn with vestments as well as in ordinary life.服を着用することは、普通の生活と同様です。 Bishops and dignitaries have a black veil over it.司教の要人と黒のベールをかけることがある。 All clerks wear long hair and a beard.すべての長い髪とひげの店員。 For a more detailed account of all these rites see "Orth. Eastern Church", pp.より詳細なアカウントのためのすべてのこれらの儀式"を参照してオース。東方教会" 、 pp 。 418-428.四一八から四二八まで。

Publication information Written by Adrian Fortescue.エイドリアンフォーテスキュー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写された。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume IV.ひたむきに、イエスキリストの聖心カトリック百科事典は、ボリュームの4世です。 Published 1908.日付1908 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.公認です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 文献情報
The Orthodox Service-books in Greek are published at their official press (ho phoinix) at Venice (various dates: the Euchologion quoted here, 1898); the Uniat ones at Rome (Propaganda).オーソドックスなサービスには、ギリシャ語の書籍出版では、彼らの公式プレス(ホphoinix )でベネチア(様々な日程: euchologion引用符で、ここでは、 1898 ) ; uniatもので、ローマ(宣伝) 。 There is also an Athenian edition; and the Churches that use translations have published their versions.また、アテナイのエディション;教会を使用すると、彼らのバージョンの翻訳が出版されます。 Provost ALEXIOS MALTZEW (of the Russian Embassy church at Berlin) has edited all the books in Old Slavonic with a parallel German translation and notes (Berlin, 1892); RENAUDOT, Liturgiarum orientalium collectio (2d ed., 2 vols., Frankfort, 1847); NEALE, The Liturgies of St. Mark, St. James, St. Clement, St. Chrysostom, St Basil (London, 1875, in Greek); another volume contains The Translations of the Primitive Liturgies of St. Mark, etc.; ROBERTSON, The Divine Liturgies of Our Fathers among the Saints John Chrysostom, Basil the Great and that of the Presanctified (Greek and English, London 1894); DE MEESTER, La divine liturgie de S. Jean Chrysostome (Greek and French, Paris, 1907); iHe theia leitourgia, periechousa ton esperinon, k.t.l.学長アレクシオスmaltzew (教会では、ロシア大使館ベルリン)は、編集中のすべての書籍を平行して古いスラヴ語ドイツ語訳やノート(ベルリン、 1892 ) ;ルノドー、 liturgiarum orientalium collectio (二次元エド。 、 2 vols 。 、フランクフォート、 1847 ) ;ニールは、聖マルコのliturgies 、セントジェームズ、聖クレメント、聖クリュソストモス、セントバジル(ロンドン、 1875は、ギリシャ語) ;別のボリュームには、訳語の原始liturgies聖マルコ等;ロバートソン氏は、我々の祖先の中に神のliturgies聖人ヨハネクリュソストモス、バジルの偉大とは、あらかじめ清めして(ギリシャ語と英語では、 1894年ロンドン) ;デメーステル、神liturgieデラ米ジーンchrysostome (ギリシャ語、フランス語、パリ、 1907 ) ; ihe theia leitourgia 、 periechousaトンesperinon 、 ktl (Athens, 1894); CHARON, Les saintes et divines Liturgies, etc. (Beirut, 1904); STORFF, Die griechiechen Liturgien, XLI of THALHOFER, Bibliothek der Kirchenväter (Kempten, 1877); Kitãb al-liturgiãt al-ilahiyyeh (Melchite Use in Arabic, Beirut, 1899); GOAR, Euchologion, sive Rituale Gr corum (2nd ed., Venice, 1720); PROBST, Liturgie der drei ersten christlichen Jahrhunderte (Tübingen, 1870); ANON., Liturgie des vierten Jahrhunderts und deren Reform (Münster, 1893); KATTENBUSCH, Lehrbuch der vergleichenden Konfessionskunde: Die orthodoxe anatolische Kirche (Freiburg im Br., 1892); NILLES, Kalendarium manuale utriusque ecclesi (2nd ed., Innsbruck, 1896-97); PRINCE MAX OF SAXONY, Pr lectiones de Liturgiis orientalibus (Freiburg im Br., 1908), I; HAPGOOD, Service-Book of the Holy Orthodox-Catholic Apostolic (Gr co-Russian) Church (Boston and New York, 1906); ALLATIUS, De libris et rebus eccl. (アテネ、 1894 ) ;カロン、レサントet liturgies神学者等(ベイルート、 1904 ) ; storff 、死ぬgriechiechen liturgien 、 41のthalhofer 、文庫デアkirchenväter (ケンプテンは、 1877 ) ; kitãbアルliturgiãtアルilahiyyeh ( melchiteアラビア語を使用し、ベイルート、 1899 ) ; goar 、 euchologion 、 sive rituale grチョルム(第2エド。 、ベニス、 1720 ) ;プロプスト、 liturgieデアdrei ersten christlichen jahrhunderte ( tübingen 、 1870 ) ;程なく。 、 liturgieデvierten jahrhundertsウントderen改革(ミュンスター、 1893 ) ;カッテンブッシュ、 lehrbuchデアvergleichenden konfessionskunde :死ぬorthodoxe anatolische kirche (フライブルクイムbr 。 、 1892 ) ; nilles 、 kalendarium manuale utriusque ecclesi (第2エド。 、インスブルック、 1896年から1897年) ;プリンス最大のザクセン、広報lectionesデliturgiis orientalibus (フライブルクイムbr 。 、 1908 ) 、私;ハップグッドは、本サービスの神聖ローマ教皇の正統派のカトリック教会( gr共同ロシア語) (ボストンやニューヨーク、 1906 ) ; allatius 、デlibris et rebus eccl 。 Gr corum (Cologne, 1646); CLUGNET, Dictionnaire grec-français des noms liturgiques en usage dans l'église grecque (Paris, 1895); ARCHATZIKAKI, Etudes sur les principales Fêtes chrétiennes dans l'ancienne Eglise d'Orient (Geneva, 1904); DE MEESTER, Officio dell' inno acatisto (Greek and Italian, Rome, 1903); GELZER, Geistliches und Weltliches aus dem türkisch-griechischen Orient (Leipzig, 1900); GAISSER, Le système musical de l'Eglise grecque (Maredsous, 1901); REBOURS, Traitê de psaltique. grチョルム(ケルン、 1646 ) ; clugnet 、デnoms français liturgiques辞典- grec en使い方dans l' église grecque (パリ、 1895 ) ; archatzikaki 、シュールレetudes dans古風chrétiennes principales fêtes d' egliseオリエント(ジュネーブ、 1904 ) ;デメーステル、デルofficio ' inno acatisto (ギリシャ語、イタリア語、ローマ、 1903 ) ;ゲルツァー、 geistlichesウントtürkisch - weltliches aus dem griechischenオリエント(ライプツィヒ、 1900 ) ; gaisser 、ルsystèmeミュージカルドレグリーズgrecque ( maredsous 、 1901 ) ; rebours 、 traitêデpsaltique 。 Théorie et pratique du chant dans l'Eglise grecque (Paris, 1906); FORTESCUE, The Orthodox Eastern Church (London, 1907).検疫théorie et dansレグリーズgrecqueデュチャント(パリ、 1906 ) ;フォーテスキュー、東部の正統派教会(ロンドン、 1907 ) 。


Editor's Notesエディタの注意事項

There are some differences between the celebration of the Eucharist in various Churches.祝賀会の違いがいくつかありますが、様々な教会の聖体。 For more extensive discussion, including Advanced Information articles, please see either the (Protestant oriented) Last Supper presentation or the (Catholic oriented) Mass presentation, linked below.より広範な議論のため、詳細な情報を含む記事は、次のいずれかを参照してください(プロテスタント指向)やプレゼンテーションの最後の晩餐(カトリック指向)質量プレゼンテーションは、リンクをご覧ください。

It is generally accepted by Christian scholars that the last meal of Jesus was a (Jewish) Seder meal which is part of the Passover celebration.一般的に受け入れられることは、キリスト教の学者たちは、イエスキリストの最後の食事は、食事のセダー(ユダヤ人)が、ペサハ祝賀部分です。 A presentation on the Seder includes the specific foods and procedures involved, along with the Jewish (historic) reasons for them.セダーが含まれてプレゼンテーションをして、特定の食品や手続きにかかわるとともに、ユダヤ教(歴史的)な理由を持っています。 References to Christian adaptations of the Seder are also included.参考文献には、キリスト教の翻案セーデルも含まれています。


Also, see:また、参照してください:
Baptism バプテスマ
Confirmation 確認
Eucharist 聖体
(Protestant-oriented) Last Supper 最後の晩餐(プロテスタント志向)
(Catholic oriented) Mass (カトリック指向)質量
(Jewish) Seder (ユダヤ人)セーデル

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです