Salvation救済

General Information 総合案内

Salvation (from the Latin salus, "health," "safety," "well being") is a religious concept that refers either to the process through which a person is brought from a condition of distress to a condition of ultimate well being or to the state of ultimate well being that is the result of that process.救世( salusラテン語から、 "健康" 、 "安全性" 、 "健康" )は、宗教的な概念のことを指しますプロセスのいずれかを介して人には苦痛をもたらしたの条件から、究極の健康状態や、究極の状態をよくしているのは、そのプロセスの結果です。 The meaning of the concept varies according to the different ways religious traditions understand the human plight and the ultimate state of human well being.その概念の意味が異なります宗教的伝統によると、さまざまな方法で、人間の窮状を理解すると、究極の人間の健康状態です。 Ideas of salvation may or may not be linked to the figure of a savior or redeemer or correlated with a concept of God.アイデアの救世5月にリンクしたりすることはできませんが、図の救世主と関係しているか、または救い主神の概念です。

In Christianity, salvation is variously conceived. キリスト教では、救いは、いろいろ考えています。 One prominent conception emphasizes justification - the process through which the individual, alienated from God by sin, is reconciled to God and reckoned just or righteous through faith in Christ. Other religions present other views. 1つの正当性を強調する著名な概念-これは、個々のプロセスを通して、神から疎外された罪は、神と和解しては無視や正義だけで、キリストを通して信仰です。他の宗教他の意見を提示した。 In certain forms of Hinduism and Buddhism, for example, salvation is understood as liberation from the inevitable pain of existence in time by means of religious disciplines that ultimately achieve a state of being that is not determined by time bound perceptions and forms of thought.特定の形態のヒンドゥー教や仏教では、たとえば、救いを受けることは避けられないものとして理解の痛みからの解放された時間の存在は、宗教的な規律を意味して最終的に達成する状態に基づいて決定されている時間を束縛されていないとの認識の形態の思想です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
These and other ideas of salvation rest on the notion that the human condition is marked by fundamental forms of distress that prevent persons from attaining true and enduring well being.これらおよびその他のアイデアの救いにかかっているという考えを、人間の条件は、マークされることを防ぐ根本的な形態の遭難者からの真の達成と永続的な健康問題です。 Salvation, then, is the process through which true well being is realized.救いは、その後、その過程を通じてこれは、真の健康が実現します。

William S Babcockウィリアム秒バブコック

Bibliography 文献情報
K Klostermaier, Liberation, Salvation, Self Realization: A Comparative Study of Hindu, Buddhist, and Christian Ideas (1973); A W Pink, The Doctrine of Salvation (1975); C R Smith, The Bible Doctrine of Salvation: A Study of the Atonement (1969). k klostermaier 、解放、救いは、自己実現:ヒンドゥー教の比較研究では、仏教、キリスト教の思想や( 1973 ) ;アウピンク、その教義の救世( 1975 ) ; crスミス氏は、聖書の教義の救世:研究の償い( 1969 ) 。


Salvation救済

General Information 総合案内

Salvation is perceived in a variety of ways by different Christians and even different Christian Churches.救いはさまざまな方法では感知された別のキリスト教徒とキリスト教の教会でも異なる。 The Salvation process is unique to each individual.救世プロセスは、各個人に固有です。 In some cases, it can be a slow, methodical procedure.いくつかのケースでは、ゆっくりとすることが可能で、整然とした手順です。 In others, an instantaneous flash of insight causes a miraculous transformation!他では、フラッシュの洞察力を瞬時に奇跡的な原因に変換! For most people, the Salvation process is somewhere between these extremes.ほとんどの人々にとって、救いのプロセスは、これらの両極端の間のどこかにいる。

In all cases, the central human condition involved for Salvation is absolute total trust in God.すべてのケースでは、救済のための中枢にかかわる人間の条件は、絶対的な神を信じるの合計です。

A very analytical way of looking at it involves the following:分析の方法を見て、非常には、以下のこと:
(This presents a generalized Protestant perspective. Catholics and Orthodox are taught rather different views on Salvation.) (この男性は全身プロテスタントの視点です。正統派のカトリック信者とはやや異なる見解を教えた救いです。 )

Many Christian Churches consider only some of these 'stages' to be part of the Salvation process.多くのキリスト教の教会のうちのいくつかを検討するだけの段階'に参加する救世プロセスです。 Various Denominations describe their concept of Salvation in different ways.救いの概念を説明して様々な宗派で異なる方法です。 In addition, the indwelling Holy Spirit understands what unique sequence and process is necessary for each individual, so sweeping generalities (like this description!) are often incorrect.また、聖霊の留置プロセスを理解し、どのようなユニークなシーケンスは、個々のために必要なので、抜本的総論(このような説明! )は、しばしば間違っている。 These matters make precise general discussion on the subject somewhat difficult.これらの問題を正確に総合的な討議を行うの件名やや難しい。

In addition, this listing is a specifically Protestant description.また、このリストは、具体的プロテスタントの説明を表示します。 Catholic and Orthodox desciptions have some differences, and generally discuss fewer "stages". desciptions正統派のカトリックとの違いがいくつかある、と話し合う通常より少ない"の段階" 。 Also, where Protestant beliefs insist on Salvation being totally by the Grace of God, with no input by the person, Catholic beliefs include finding substantial value in the Good Works of the person.また、どこに救いを主張するプロテスタントの信念が完全に神の恵みによって、入力された人なしでは、カトリック教徒の信仰を含める実質的価値を見つけるのは、人の良い作品です。

(BELIEVE contains individual presentations on these different matters. See the very end of this page for links to them.) (個々のプレゼンテーションを信じて、これらのさまざまな問題が含まれています。このページの最後を参照してくださいために非常にリンクしています。 )


Salvation救済

Advanced Information 高度情報

The saving of man from the power and effects of sin.電力の節約や効果から来た男は、罪のです。

The Biblical Ideaこの聖書のアイデア

The common Hebrew words for salvation, deriving from the root yasa' (width, spaciousness, freedom from constraint, hence, deliverance) obviously lend themselves to broad development in application.ヘブライ語の単語のための共通の救いは、ルートに由来するyasa ' (幅、広さは、自由の制約から、それ故に、デリヴァランス)で明らかに貸与して広範なアプリケーションを開発した。 Literally, they cover salvation from any danger, distress, enemies, from bondage in Egypt (Exod. 14:13; 15:2), exile in Babylon (Isa. 46:13; 52:10 - 11), adversaries (Ps. 106:10), defeat (Deut. 20:4), or oppression (Judg. 3:31; etc.).文字通り、彼らのカバーいかなる危険から救い、遭難、敵には、エジプトの束縛から( exod. 14時13分、 15時02分) 、亡命中バビロン( isa. 46:13 ; 52:10 -1 1)は、敵( p s. 106:10 ) 、敗北( deut. 20時04分) 、または抑圧( judg. 3 : 31 ;等) 。 Metaphorically, in salvation from social decay (Hos. 1:7) and from want, the meaning approaches moral and personal welfare ("prosperity"; Job 30:15); in Ps.比喩的、社会的崩壊から救世( hos. 1時07分)から望むとは、道徳的かつ個人的な福祉の意味のアプローチ( "繁栄" ;仕事30:15 ) ;でしまう。 28:9, religious blessing in general. 28:9は、宗教的な祝福全般です。 "The Lord is. . . my salvation" is the heart of OT testimony, always with an overtone of underserved mercy. "の主は。 。 。私の救世"とは、心臓のot証言は、必ず慈悲をunderserved倍音のです。 Later Judaism anticipated a messianic deliverance, which might include political, national, or religious elements (Pss. Sol. 10:9; T Benj. 9:10; cf. Luke 1:69, 71, 77).ユダヤ教の救世主と予想救出後、これを含めるかもしれない政治的、国家的、宗教的な要素(ゾルpss. 。 10 : 09 ;トンbenj 。 9時10分; cf 。ルーク1:69 、 71 、 77 ) 。

Soteria therefore gathered a rich connotation from LXX to carry into NT.したがってsoteriaから集まった70リッチな意味合いを持ってNTのです。 There, too, it means deliverance, preservation, from any danger (Acts 7:25; 27:31; Heb. 11:7).そこでも、デリヴァランスことを意味する、保存は、いかなる危険から( 7時25行為; 27:31 ; heb 。 11時07分) 。 The roots saos, sozo, however, add the notion of wholeness, soundness, health, giving "salvation" a medical connotation, salvation from affliction, disease, demon possession, death (Mark 5:34; James 5:15; etc.). saosのルーツは、 sozo 、しかし、追加するという考えは、完全、健全、健康、与える"救世"医学的なニュアンスでは、苦悩から救い、病気は、悪魔の所持は、死(マーク5時34分;ジェームス5 : 15 ;等) 。 Sometimes this meaning is literal; peace, joy, praise, faith are so interwoven with healing as to give "saved" a religious significance also.時にはこれは、文字どおりの意味;平和、喜び、褒め言葉は、信仰としては非常に織り交ぜると癒しを与える"保存"宗教的な意義もある。 Jesus' self description as "physician" (Mark 2:17) and the illustrative value of the healing miracles in defining his mission show how readily physical and spiritual healing unite in "salvation" (Luke 4:18 - 19).イエスの自己紹介として"医師"との実例(マーク2時17分)の値を定義する彼の任務は、奇跡の治癒を容易にする方法を示す物理的および精神的な癒しの団結は、 "救い" (ルカ4時18 -1 9) 。

Much of the most frequent use of soteria and derivatives is for deliverance, preservation from all spiritual dangers, the bestowal of all religious blessings.の多くは、最も頻繁に利用するための救出soteriaおよびデリバティブは、すべての霊的な危険から保護は、すべての宗教の幸運な出来事を交付します。 Its alternative is destruction (Phil. 1:28), death (2 Cor. 7:10), divine wrath (1 Thess. 5:9); it is available to all (Titus 2:11), shared (Jude 3), eternal (Heb. 5:9).その代替が破壊( phil. 1時28分) 、死( 2うわっ。 7時10分) 、神の怒り( 1 thess 。 5時09分) ;利用できるようにすることはすべて(タイタス2時11分) 、共有(ジュード3 )は、永遠( heb. 5時09分) 。 It is ascribed to Christ alone (Acts 4:12; Luke 19:10), "the pioneer of salvation," and especially to his death (Heb. 2:10; Rom. 5:9 - 10).それだけでは、生得的にキリスト(行為4 : 12 ;ルーク19時10分) 、 "救世の先駆者である"とし、特に彼の死( heb. 2時10 ; ROMのです。 5時09 -1 0) 。 In that sense salvation was "from the Jews" (John 4:22), though for Gentiles too (Rom. 11:11).救世その意味では、 "ユダヤ人から" (ヨハネ4時22分)は、あまりにもかかわらずためgentiles ( rom. 11:11 ) 。 It is proclaimed (taught) as a way of thought and life (Acts 13:26; 16:17; Eph. 1:13), to be received from God's favor by faith alone, a confessed confidence and trust (Acts 16:30 - 31; Eph. 2:8) focused upon the resurrection and Lordship of Christ (Rom. 10:9), "calling" upon him (Acts 2:21; Rom. 10:13).これは宣言(教えた)の思想や生活の手段として、 (行為13 : 26 ;午前16時17分; eph 。 1時13分)から受信される信仰によって神の恩恵だけでも、自信と信頼を告白(行為16:30 -3 1; e ph。 2時0 8分)を中心に、キリストの復活と支配( r om.1 0時0 9分) 、 "呼び出し"彼時( 2時2 1行為; R OMのです。 1 0:13) 。 Once received, salvation must not be "neglected" but "held fast," "grown up to," humbly "worked out" (Heb. 2:3; 1 Cor. 15:2; 1 Pet. 2:2; Phil. 2:12), some being only narrowly saved in the end (1 Cor. 3:15; 1 Pet. 4:18).いったん受理されると、救世てはならない"と無視された"ではなく"高速で開かれた" 、 "オトナには、 "謙虚に"うまくいった" ( heb. 2時03 ; 1うわっ。 15 : 02 ; 1ペットです。 2時02 ;フィル。 2時12分) 、いくつかの僅差でのみ保存され、最後に( 1うわっ。 3時15分; 1ペットです。 4時18分) 。

The Comprehensiveness of Salvation 、包括的な救済

The comprehensiveness of salvation may be shown: 5月、包括的な救済に表示:

(1) By what we are saved from. ( 1 )私たちはどのように保存されるからだ。 This includes sin and death; guilt and estrangement; ignorance of truth; bondage to habit and vice; fear of demons, of death, of life, of God, of hell; despair of self; alienation from others; pressures of the world; a meaningless life.これには、罪と死;罪悪感と疎外;無知の真実;ボンデージを習慣と副;悪魔の恐怖は、死は、人生は、神は、地獄;絶望のセルフ;他人から疎外;圧力は、世界;する無意味な人生だ。 Paul's own testimony is almost wholly positive: salvation has brought him peace with God, access to God's favor and presence, hope of regaining the glory intended for men, endurance in suffering, steadfast character, an optimistic mind, inner motivations of divine love and power of the Spirit, ongoing experience of the risen Christ within his soul, and sustaining joy in God (Rom. 5:1 - 11).ポール自身の証言はほぼ完全に肯定:救世神に平和をもたらした彼には、アクセスできるように、神の存在を支持すると、希望の栄光を取り戻すために意図した男性は、持久力で苦しんで、しっかりした性格で、楽観的精神は、神の愛と内面の動機のパワーその精神は、現在進行中の経験は、彼の魂の内に上昇し、キリストは、神と喜びを賛助( rom. 5時01 -1 1) 。 Salvation extends also to society, aiming at realizing the kingdom of God; to nature, ending its bondage to futility (Rom. 8:19 - 20); and to the universe, attaining final reconciliation of a fragmented cosmos (Eph. 1:10; Col. 1:20).救世拡張して社会にも、神の王国の実現を目指して;自然には、その結末を無益ボンデージ( rom. 8時19 -2 0) ;や宇宙には、最終的な和解を達成する断片化のコスモス( e ph.1時1 0分;大佐1時20分) 。

(2) By noting that salvation is past (Rom. 8:24; Eph. 2:5, 8; Titus 3:5 - 8); present (1 Cor. 1:18; 15:2; 2 Cor. 2:15; 6:2; 1 Pet. 1:9; 3:21); and future (Rom. 5:9 - 10; 13:11; 1 Cor. 5:5; Phil. 1:5 - 6; 2:12; 1 Thess. 5:8; Heb. 1:14; 9:28; 1 Pet. 2:2). ( 2 )されたことは、過去の救世( rom. 8時24分; eph 。 2時05分、 8 ;タイタス3時05分-8 ) ;プレゼント( 1うわっ。 1時1 8分、 1 5時0 2分; 2うわっ。 2 : 15 ;午前6時02分; 1ペットです。 1時09分、 3時21分) ;と将来( rom. 5時09 -1 0;午前1 3時1 1分; 1うわっ。 5時0 5分;フィル。 1時0 5分- 6; 2 : 12 ; 1 thess 。 5時08分; heb 。 1時14分、 9時28分; 1ペットです。 2時02分) 。 That is, salvation includes that which is given, freely and finally, by God's grace (forgiveness, called in one epistle justification, friendship; or reconciliation, atonement, sonship, and new birth); that which is continually imparted (santification, growing emancipation from all evil, growing enrichment in all good, the enjoyment of eternal life, experience of the Spirit's power, liberty, joy, advancing maturity in conformity to Christ); and that still to be attained (redemption of the body, perfect Christlikeness, final glory).つまり、与えられた救いが含まれていることは、自由にそして最後に、神のお恵み(赦し、信徒と呼ばれる1つの正当性、友情;または和解には、償いは、息子であること、そして新たな誕生) ;ものは、常に付与( santification 、解放の高まりすべての悪からは、すべての高まり濃縮いいが、永遠の生命の楽しみは、経験の精霊の力は、自由の女神像、喜びは、キリストにのっとって進出満期) ;であり、まだ達成される(償還の体は、完璧なchristlikeness 、最終的な栄光) 。

(3) By distinguishing salvation's various aspects: religious (acceptance with God, forgiveness, reconciliation, sonship, reception of the Spirit, immortality); emotional (strong assurance, peace, courage, hopefulness, joy); practical (prayer, guidance, discipline, dedication, service); ethical (new moral dynamic for new moral aims, freedom, victory); personal (new thoughts, convictions, horizons, motives, satisfactions, selffulfillment); social (new sense of community with Christians, of compassion toward all, overriding impulse to love as Jesus has loved). ( 3 )のさまざまな側面を区別救世:宗教(神を受諾して、赦し、和解、息子であることは、レセプションの精神は、不死) ;情動(強い保証は、平和、勇気、希望に満ちた、喜び) ;実用(祈り、導き、規律は、除幕式には、サービス) ;倫理的な(新たな道徳的な目的のための新しいダイナミックな道徳的、自由、勝利) ;個人的な(新たな考え、信念、地平、動機は、 satisfactions 、 selffulfillment ) ;社会(コミュニティで新しい感覚のキリスト教徒は、すべての方への思いやりは、インパルスを最優先としてイエスキリストの愛は、愛される) 。

Salvation in the NT救世ではNT

Distinctive approaches underline the richness of the concept.独特のアプローチの豊かさの概念を強調する。 Jesus presupposed the universal sin and need of men, originating in rebelliousness (Matt. 7:23; 13:41; 24:12 "lawless"; 21:28 - 29), and causing "sickness" of soul (Mark 2:17), which lies deep within personality, defiling from within (Matt. 7:15 - 16; 12:35; cf. 5:21 - 22, 27 - 28; 15:19 - 20; 23:25), and leaving men in debt to God for unpaid duty (6:12; 18:23 - 24).イエスキリストの普遍的前提とする必要があります男性の罪は、元に反抗( matt. 7時23分、 13時41分; 24:12 "無法" ;午前21時28 -2 9) 、および原因となる"酔い"の魂(マーク2時1 7分)は、人格の奥深くに嘘は、内からdefiling ( matt. 7時15 -1 6; 1 2:35; c f。 5時2 1- 22 、2 7 -2 8;午前1 5時19 - 20 ;午前2 3時2 5分) 、男性と離れる無給の義務を神のために借金をしている( 6時12分、 18時23 -2 4) 。 He therefore called all to repentance (Mark 1:15; Luke 5:32; 13:3, 5; 15:10), to a change of outlook and life style that enthrones God (Luke 8:2; 19:9 (John 8:11); Matt. 9:9; etc.), urged daily prayer for forgiveness, himself offered forgiveness (Mark 2:5), and commended humble penitence as the only acceptable basis upon which to approach God (Luke 18:9 - 10).したがって彼はすべてを後悔と呼ばれる( 1時15分マーク;ルーク5時32分、 13時03分、 5 ; 15:10 ) 、アウトルックの変更をすることや生活スタイルenthrones神(ルーク8時02分、 19時09分(ヨハネ8時11分) ;マットです。 9時09分;等)は、毎日の祈りのために御赦しを求めて、自分自身で提供赦し(マーク2時05分) 、および表彰謙虚な懺悔として受け入れられるだけの基礎の上に、神のアプローチ( 18時09分ルーク-1 0) 。

In Jesus' openness and friendship toward sinners, the loving welcome of God found perfect expression.で、イエス'と友情の開放に向けた罪人は、神を愛する歓迎の完璧な表現が見つかりました。 Nothing was needed to win back God's favor.必要に応じて何もないが、神の恩恵を勝ち取る。 It waited eagerly for man's return (Luke 15:11 - 24).躍起になってそれを待っていた男のリターン(ルーク15 : 11 -2 4) 。 The one indispensable preliminary was the change in man from rebelliousness to childlike trust and willingness to obey.予備の1つは、変化に不可欠な男からの信頼と意欲を子供らしい反抗して従う。 That shown, there followed life under God's rule, described as feasting, marriage, wine, finding treasure, joy, peace, all the freedom and privilege of sonship within the divine family in the Father's world.して表示し、神の支配の下にある生活の後、祝宴に記述としては、結婚、ワインは、宝物を見つけるのは、喜び、平和、すべての自由と特権の息子である神の家族内では、父の世界です。

Peter also called to repentance (Acts 2:38), promising forgiveness and the Spirit to whoever called upon the Lord.ピーターとも呼ばれて後悔(行為2時38分)は、前途有望な寛容とは、主の精神を誰でも求められます。 Salvation was especially from past misdeeds and for conformity to a perverse generation (vss. 23 - 40); and with a purpose, inheritance, and glory still to be revealed (1 Pet. 1:3 - 5; etc.).救いは、特により適合するために過去の悪行とひねくれた世代( vss. 23 -4 0) ;とする目的で、相続は、まだ明らかになって、栄光( 1ペットです。 1時0 3分- 5;等) 。

In John's thought salvation is from death and judgment.ジョンの考えでは、救世死との判断からだ。 He restates its meaning in terms of life, rich and eternal (thirty six times in Gospel, thirteen in 1 John), God's gift in and with Christ, beginning in total renewal ("new birth"); illumined by truth ("knowledge," "light"); and experienced as love (John 3:5 - 16; 5:24; 12:25; 1 John 4:7 - 11; 5:11). restates彼の人生の意味の点では、金持ちと永遠( 36回福音書は、 13人に1ジョン)は、神の贈り物としてキリストには、合計で始まり更新( "新しい誕生" ) ; illuminedされた真実( "知識は、 " "光" ) ;や経験を積んだとしての愛(ジョン3 : 05 -1 6;午前5時2 4分; 1 2:25;ヨハネの手紙第4時0 7- 11 ;午前5時1 1分) 。

Paul saw his own failure to attain legal righteousness reflected in all men and due to the overmastering power ("rule") of sin, which brought with it death.自分の失敗を見たポール法的な正義を達成するために反映されるすべての男性との激しい権力( "ルール" )の罪は、それが死をもたらした。 Salvation is therefore, first, acquital, despite just condemnation, on the ground of Christ's expiation of sin (Rom. 3:21 - 22); and second, deliverance by the invasive power of the Spirit of holiness, the Spirit of the risen Christ.救いは、したがって、まず、 acquital 、正当な非難にもかかわらず、地面には、キリストの罪の償い( rom. 3時21 -2 2) ;と2番目は、救出される侵襲的ホーリネスの精神力は、キリストの精神の上昇。 The faith which accepts and assents to Christ's death on our behalf also unites us to him so closely that with him we die to sin and rise to new life (Rom. 6:1 - 2). assentsの信仰を受け入れると、キリストの死の上に私たちに代わって私たちにもunites密接にして彼と彼のために死ぬ罪と上昇して我々の新しい人生( rom. 6時01分-2 ) 。 The results are freedom from sin's power (vss. 7, 18; 8:2); exultation in the power of the indwelling Spirit and assurance of sonship (ch. 8); increasing conformity to Christ.その結果は、罪の力からの自由( vss. 7 、 18 ;午前8時02分) ;歓喜には、電源の留置の精神と保証の息子である(第8 ) ;増えキリスト適合しています。 By the same process death is overcome, and believers are prepared for life everlasting (6:13, 22 - 23; 8:11).死は、同じプロセスを克服する、と信者たちは永遠の生命のために準備( 6時13分、 22 -2 3;午前8時1 1分) 。

Further Developmentさらなる発展

It is evident, even from this brief outline, that need would arise for endless analysis, comparison, systematization, and restatement in contemporary terms of all that salvation means to Christian faith.明らかなことは、これまでより簡単なアウトラインは、その必要性が生じるために無限の分析、比較、体系化し、現代の条件をすべて更新して救済手段をキリスト教の信仰です。 This is the task of soteriology, the doctrine of soteria, salvation.これは、タスクの救済は、その教義のsoteria 、救世。 How far, for example, did the mystery religions of the first century influence the Christian hope derived from Judaism?どの程度までは、たとえば、宗教は、ミステリー世紀の最初の期待から派生したユダヤ教、キリスト教に影響を与えるか? They offered salvation, as "all the blessings it is possible to desire," and above all else, immortality.救世提供彼らは、 "すべての幸運な出来事を望むことは可能だ"と何にもまして、不滅です。 Before becoming absorbed in Christology, patristic reflection probed especially the meaning of the ransom Christ had paid for man's salvation and freedom. christologyに夢中になる前に、反射プローブpatristic特にキリストの意味は、身代金を支払ったと自由の男の救いだ。

Later, the Eastern Church traced the effect of Adam's fall chiefly in man's mortality, and saw salvation as especially the gift of eternal life through the risen Christ. その後、東方教会のアダムの効果を追跡主に男性の死亡率の低下、そして救いを見たの永遠の生命の贈り物として特にキリストを通して上昇しています。 The Western Church traced the effect of Adam's fall chiefly in the inherited guilt (Ambrose) and corruption (Augustine) of the race, and saw salvation as especially the gift of grace through Christ's death. 西洋の教会の効果を追跡アダムの下落は、主に罪悪感を継承(アンブローズ)と腐敗(アウグスティヌス)は、レース、そして救いを見たの恵みの贈り物として、特にキリストの死を介しています。 Divine grace alone could cancel guilt and deliver from corruption. 神の恵みだけでもキャンセルすると罪悪感から腐敗届ける。

Anselm and Abelard explored further the relation of man's salvation to the cross of Jesus as satisfaction for sin, or redeeming example of love; Luther, its relation to man's receiving faith; Calvin, its relation to God's sovereign will.アンセルムとの関係をさらに模索アベラードの男の救いの十字架のイエスを満足させるために罪としては、例の愛や欠点を補う;ルーサーは、その男の受信と関連して信仰;カルビン、その神の主権と関連していくと思います。 Roman Catholic thought has emphasized the objective sphere of salvation within a sacramental church; and Protestantism, the subjective experience of salvation within the individual soul.ローマカトリックの思想は、客観性を強調する聖礼典教会内の球の救済;とプロテスタントは、主観的で、個々の魂の救済を経験した。 Modern reflection tends to concentrate on the psychological process and ethical results of salvation, emphasizing the need to "save" society.リフレクションに集中する傾向にある近代的心理的なプロセスと倫理的な結果を救い、その必要性を強調して"保存"社会だ。

R E O White白い鉄筋

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
L H Marshall, Challenge of NT Ethics; H R Mackintosh, Christian Experience of Forgiveness; V Taylor, Forgiveness and Reconciliation; E Kevan, Salvation; U Simon, Theology of Salvation.マーシャルlh 、 NTのチャレンジの倫理;時間マッキントッシュは、キリスト教の赦しの経験; vテイラーは、容赦と和解; e kevan 、救世; uサイモンは、神学の救いだ。


.

Soteriological Ordering発注soteriological

Advanced Information 高度情報

There are four major ways of ordering the soteriological elements of God's eternal decree.ご注文には、 4つの主要な方法がありますが、神の永遠の法令soteriological要素です。

Arminianismアルミニウス主義 Supralapsarianism supralapsarianism Infralapsarianism後定論 Amyraldianism amyraldianism
  1. Create作成
  2. Permit Fall秋の許可証
  3. Provide salvation for all救済のためのすべてを提供する
  4. Call all to salvationすべてのコールを救世
  5. Elect those who believe信仰する者たちを選出
  1. Elect some, reprobate restいくつかの選出、残りの無頼漢
  2. Create作成
  3. Permit Fall秋の許可証
  4. Provide salvation for elect救いを提供するために選出
  5. Call elect to salvation救世コールを選出
  1. Create作成
  2. Permit Fall秋の許可証
  3. Elect some, pass over the restいくつかの選出、残り通り越す
  4. Provide salvation for elect救いを提供するために選出
  5. Call elect to salvation救世コールを選出
  1. Create作成
  2. Permit Fall秋の許可証
  3. Provide salvation sufficient for allすべてを提供するための十分な救済
  4. Elect some, pass over restいくつかの選出、残り通り越す
  5. Call elect to salvation救世コールを選出

The distinction between infralapsarianism and supralapsarianism has to do with the logical order of God's eternal decrees, not the timing of election.定論と区別していることは、 論理 supralapsarianism 注文の神の永遠の政令ではなく、選挙のタイミングだ。 Neither side suggests that the elect were chosen after Adam sinned.どちらの側に示唆して当選者が選ばれた 、アダムsinned 。 God made His choice before the foundation of the world (Eph. 1:4), long before Adam sinned.神の前に自分の選択の前には、世界基金( eph. 1時04分) 、アダムの前に長いsinned 。 Both infras and supras (and even many Arminians) agree on this.両方infrasとsupras (とでも多くのarminians )に同意している。

SUPRALAPSARIANISM is the view that God, contemplating man as yet unfallen, chose some to receive eternal life and rejected all others.神と見解をsupralapsarianismは 、まだ堕落していないcontemplating男としては、永遠の命を受け取ることを選んだといくつかの他のすべて拒否された。 So a supralapsarian would say that the reprobate (non-elect) vessels of wrath fitted for destruction (Rom. 9:22) were first ordained to that role, and then the means by which they fell into sin was ordained.だからと言って、堕罪前予定説無頼漢(非選出)船舶の怒りの仮縫いを破壊( rom. 9時22分)が最初に定められた役割をして、 それから手段を彼らは、定められた罪に落ちてしまった。 In other words, supralapsarianism suggests that God's decree of election logically preceded His decree to permit Adam's fall, so that their damnation is first of all an act of divine sovereignty, and only secondarily an act of divine justice.言い換えれば、神の命令を示唆してsupralapsarianismの選挙で彼の命令を論理的に先行許可証アダムの秋ように、彼らの苦しみは、まず第一に、神の主権行為とは、神の行為であるとする正義の二次のみです。

Supralapsarianism is sometimes mistakenly equated with "double predestination." supralapsarianism同等では、ときどき誤って"二重予定説"と述べた。 The term "double predestination" itself is often used in a misleading and ambiguous fashion.という言葉を"二重予定説"自体は、よく使われると誤解を招くあいまいなファッション。 Some use it to mean nothing more than the view that the eternal destiny of both elect and reprobate is settled by the eternal decree of God.何もないことを意味するいくつかの使用を超えるとの見方を選出すると、永遠の運命の両方の無頼漢によって解決されるのは、神の永遠の法令です。 In that sense of the term, all genuine Calvinists hold to "double predestination" and the fact that the destiny of the reprobate is eternally settled is clearly a biblical doctrine (cf. 1 Peter 2:8; Romans 9:22; Jude 4).その意味では、任期は、 すべて正規calvinists保留して"二重予定説"という事実と、無頼漢の運命は、永遠に決着は、明らかに聖書の教義( cf. 1ピーター2 : 08 ;ローマ人への手紙9時22分;ジュード4 ) 。 But more often, the expression "double predestination" is employed as a pejorative term to describe the view of those who suggest that God is as active in keeping the reprobate out of heaven as He is in getting the elect in. (There's an even more sinister form of "double predestination," which suggests that God is as active in making the reprobate evil as He is in making the elect holy.)しかし、より頻繁には、表現の"二重予定説"は、軽蔑的な言葉として雇われる人たちの見解を記述するには、積極的に示唆して神を維持するための無頼漢としての彼は、天国のうちの入手を選出インチ(あるのにさらに多くの不吉な形の"二重予定説は、 "神はこれを示唆しており、無頼漢としての積極的な悪として選出している彼は神聖です。 )

This view (that God is as active in reprobating the non-elect as He is in redeeming the elect) is more properly labeled "equal ultimacy" (cf. R.C. Sproul, Chosen by God, 142).このビューを表示する(その神として積極的には、非選出reprobatingとして彼は、その欠点を補う選出)の方が適切に表示され"最後に等しい" ( cf. sproulのrcは、 神によって選ばれた、 142 ) 。 It is actually a form of hyper-Calvinism and has nothing to do with true, historic Calvinism.それは実際にはフォームには、 Hyper -カルビン主義とは何の関係も本当のは、歴史的なカルビン主義です。 Though all who hold such a view would also hold to the supralapsarian scheme, the view itself is not a necessary ramification of supralapsarianism.ホールドかかわらずすべての人にもそのような表示を行うスキーム堕罪前予定説は、それ自体ではないビューの分岐supralapsarianism必要です。

Supralapsarianism is also sometimes wrongly equated with hyper-Calvinism. supralapsarianism同等では、間違ってもハイパー時にはカルビン主義です。 All hyper-Calvinists are supralapsarians, though not all supras are hyper-Calvinists.ハイパーsupralapsariansすべてcalvinistsは、すべてのsuprasわけではありませんがハイパーcalvinists 。

Supralapsarianism is sometimes called "high" Calvinism, and its most extreme adherents tend to reject the notion that God has any degree of sincere goodwill or meaningful compassion toward the non-elect. supralapsarianismはときどきと呼ばれる"高"カルビン主義であり、その最も極端な支持を拒否する傾向にあるという概念で、神がどの程度の誠実なのれんまたは非当選者の方への思いやり有意義です。 Historically, a minority of Calvinists have held this view.歴史的には、少数のcalvinistsこのビューが開かれた。

But Boettner's comment that "there is not more than one Calvinist in a hundred that holds the supralapsarian view," is no doubt an exaggeration.しかしboettnerのコメントは、 " 2つ以上のカルビン派ではないが、 100堕罪前予定説を保持するためのビューで、 "疑い過言ではない。 And in the past decade or so, the supralapsarian view seems to have gained popularity.とは、過去10年ほど、そのように表示堕罪前予定説が人気を集めています。

INFRALAPSARIANISM (also known sometimes as "sublapsarianism") suggests that God's decree to permit the fall logically preceded His decree of election. 定論 (時にはとしても知られる" sublapsarianism " )を示唆して、神の命令を論理的に許可して秋の総選挙前に彼の命令です。 So when God chose the elect and passed over the non-elect, He was contemplating them all as fallen creatures.だから、神を選んだ時に渡された上、当選者と非選出、彼はそれらをすべてcontemplating生き物として倒れた。

Those are the two major Calvinistic views.これらの者は、 2つの主要な見解calvinistic Under the supralapsarian scheme, God first rejects the reprobate out of His sovereign good pleasure; then He ordains the means of their damnation through the fall. 堕罪前予定説スキームの下では、神が彼の最初の主権を拒否して良い自堕落な快楽; ordainsそれから彼は、自分の苦しみを通して、秋の手段です。 In the infralapsarian order, the non-elect are first seen as fallen individuals, and they are damned solely because of their own sin. infralapsarian注文では、非選出は、最初に倒れたと見られて個人、そして彼らは、自分の罪のためにのろわれただけです。 Infralapsarians tend to emphasize God's "passing over" the non-elect ( preterition ) in His decree of election.神のinfralapsariansを強調する傾向にある"通過する"非選出( 脱落 )の総選挙で彼の命令です。

Robert Reymond, himself a supralapsarian, proposes the following refinement of the supralapsarian view: (See Robert Reymond, Systematic Theology of the Christian Faith, 489).ロバートレーモンは、自分自身を堕罪前予定説は、以下の改善を提案し、堕罪前予定説ビュー: (ロバートレーモン参照して、 体系的神学は、キリスト教の信仰は、 489 ) 。

Reymond's Modifiedレーモンの更新
Supralapsarianism supralapsarianism
  1. Elect some sinful men, reprobate restいくつかの罪深い男性を選出残りの無頼漢
  2. Apply redemptive benefits to the elect贖いの福利厚生の適用を選出
  3. Provide salvation for elect救いを提供するために選出
  4. Permit Fall秋の許可証
  5. Create作成

Notice that in addition to reording the decrees, Reymond's view deliberately stresses that in the decree of election and reprobation, God is contemplating men as sinners.注意してreordingに加えて、令は、レーモンの見解をわざと強調して選挙と非難令では、神は罪人としてcontemplating男性です。 Reymond writes, "In this scheme, unlike the former [the classic supra- order], God is represented as discriminating among men viewed as sinners and not among men viewed simply as men."レーモン書き込みは、 "このスキーム違って [クラシックスープラ-注文]は、目の肥えたとして表される神は罪人と見なされていないの中の男の中の男として閲覧するだけの男性です。 " Reymond's refinement avoids the criticism most commonly leveled against supralapsarianism, that the supralapsarian has God damning men to perdition before He even contemplates them as sinners.レーモンの洗練最もよく破壊に対する批判を避けてsupralapsarianism 、堕罪前予定説は、神が彼の前に手厳しい男性トゥパーディション罪人としてもそれらcontemplates 。 But Reymond's view also leaves unanswered the question of how and why God would regard all men as sinners even before it was determined that the human race would fall.しかしレーモン葉っぱの見方も回答されていないという問題点は、どうやって、そしてなぜ、神の前にすべての男性にも罪人としてそれは、人間のレースは秋に決定しています。 (Some might even argue that Reymond's refinements result in a position that, as far as the key distinction is concerned, is implicitly infralapsarian.) (いくつかのレーモンかもしれないと主張しても結果の絞り込みをする立場には、キー限りの区別については、暗黙的にはinfralapsarian 。 )

All the major Reformed Creeds are either explicitly infralapsarian, or else they carefully avoid language that favors either view. No major creed takes the supralapsarian position. (This whole issue was hotly debated throughout the Westminster Assembly. William Twisse, an ardent supralapsarian and chairman of the Assembly, ably defended his view. But the Assembly opted for language that clearly favors the infra position, yet without condemning supralapsarianism.) 改心のすべての主要な信条は、明示的にinfralapsarian 、または他の言語を避けるために注意深く彼らのいずれかの恩恵を表示しています。 ありません堕罪前予定説の立場は、主要な信条です。 (この問題は全体を通してウェストミンスター組立けんけんごうごう。 twisseウィリアムは、委員長と熱烈な堕罪前予定説このアセンブリは、うまく自分の見解を擁護した。しかし、アセンブリ言語を選んだのためのインフラの恩恵の立場を明確にして、まだ非難supralapsarianismなしです。 )

"Bavinck has pointed out that the supralapsarian presentation 'has not been incorporated in a single Reformed Confession' but that the infra position has received an official place in the Confessions of the churches" (Berkouwer, Divine Election, 259). "と指摘しているがbavinckプレゼンテーション堕罪前予定説'に組み込まされていないため、 1つの改革の告白'それを受け取ったのは、インフラの立場を公式の場では、教会の告白" ( berkouwer 、 神の選挙で、 259 ) 。

Louis Berkhof's discussion of the two views (in his Systematic Theology ) is helpful, though he seems to favor supralapsarianism.ルイberkhofのディスカッションは、 2つのビュー(彼の体系的神学 )は役に立つが、彼はsupralapsarianism賛成です。 I take the Infra view, as did Turretin, most of the Princeton theologians, and most of the leading Westminster Seminary men (e.g., John Murray).私のインフラを取るビューで、 turretinとしては、プリンストン大学のほとんどは、神学者、およびウエストミンスター神学校のほとんどは、メインの男性(例えば、ジョンマーレイ) 。 These issues were at the heart of the "common grace" controversy in the first half of the Twentieth Century.これらの問題の核心は、 "共通の恵み"の論争は、 20世紀前半のです。 Herman Hoeksema and those who followed him took such a rigid supralapsarian position that they ultimately denied the very concept of common grace.ハーマンhoeksemaかれの追従者とはこのような硬直した姿勢堕罪前予定説を否定して最終的には非常に共通の恵みの概念です。

Finally, see the chart ( above ), which compares these two views with Amyraldism (a kind of four-point Calvinism) and Arminianism.最後に、このチャートを参照してください( )は、これら2つのビューを比較してamyraldism (ある種の4点カルビン主義)とアルミニウス説です。 My notes on each view ( below ) identify some of the major advocates of each view.私の注意事項を各ビュー後述)を識別するいくつかの主要な擁護者は、各ビューです。

Notes on the Order of the Decreesメモして注文の令

Supralapsarianism supralapsarianism

Beza, who held this view, often is credited with formulating the supralapsarian position, but he did not.ベザは、誰で開かれたこのビューは、多くの場合は、堕罪前予定説の立場を公式に入金して、しかし、彼はしなかった。 Other historic supras include Gomarus, Twisse, Perkins, Voetus, Witsius, and Comrie.他の歴史を含めるsuprasゴマルス、 twisse 、パーキンス、 voetus 、ウィツィウス、およびcomrie 。 Louis Berkhof sees value in both views, but seems to lean slightly toward supralapsarianism.ルイberkhof両方の景色を見て値が、わずかに傾くようにsupralapsarianismに向かっている。 Karl Barth felt supralapsarianism was more nearly correct than infralapsarianism.カールバルトフェルトsupralapsarianismが正しいことよりももっと近く定論。 Robert Reymond's Systematic Theology of the Christian Faith takes the supralapsarian view and includes a lengthy defense of supralapsarianism.ロバートレーモン神学系統は、堕罪前予定説は、キリスト教の信仰を表示したり、長時間の防衛supralapsarianismが含まれています。 Turretin says supralapsarianism is "harsher and less suitable" than infralapsarianism. supralapsarianismはturretinによれば"と厳しい少ない適した"より定論。 He believes it "does not appear to agree sufficiently with [God's] unspeakable goodness".と彼は考えて"を十分に同意されない場合は[神の]善良言葉では表せない" 。 Herman Hoeksema and the entire leadership of the Protestant Reformed Churches (including Homer Hoeksema, Herman Hanko, and David Engelsma) are determined supralapsarians, often arguing both implicitly and explicitly that supralapsarianism is the only logically consistent scheme. This presumption clearly contributes to the PRC's rejection of common grace. In fact, the same arguments used in favor of Supralapsarianism have been employed against common grace.ハーマンhoeksema全体のリーダーシップとは、プロテスタントの改革派教会( hoeksema本塁打を含め、ハーマンハンコ、そしてデビッドengelsma )に決定されます。 supralapsarians 、しばしば口論して両方の陰に陽にsupralapsarianismスキームは、理路整然としただけです。 この推定を明確に貢献して、中華人民共和国の拒絶反応グレース共通です。それどころか、同じ引数で使用されてきた雇わsupralapsarianism賛成反対の共通の恵みです。 So supralapsarianism may have in it a tendency that is hostile to the idea of common grace. supralapsarianism可能性があるので、それを敵視する傾向には共通のグレースという発想です。 (It is a fact that virtually all who deny "common grace" are supralapsarians.) Supralapsarianism also necessitates the harshest sort of "double predestination." (これは、ほぼすべての人の事実を否定する"と共通の恵み"はsupralapsarians 。 ) supralapsarianismも、昔ながらの並べ替えが必要"と二重予定説"と述べた。 It is hard to find exponents of supralapsarianism among the major systematic theologians.それを見つけるのは難しいsupralapsarianism exponentsの系統のうち、主要な神学者です。 R. A. Webb says supralapsarianism is "abhorrent to metaphysics, to ethics, and to the scriptures. It is propounded in no Calvinistic creed and can be charged only upon some extremists."ウェッブ氏はsupralapsarianismラーは、 "忌まわしい形而上学には、倫理的には、聖書としています。提唱していないことがcalvinistic信条とするいくつかの過激派のみ請求できる"と述べた。 ( Christian Salvation, 16).キリスト教の救いは、 16 ) 。 [Webb is a 19th-cent. [ウェッブは、 19セントです。 southern Presbyterian.]南部長老派教会です。 ]

Infralapsarianism後定論

This view is also called "sublapsarianism."このビューとも呼ばれる" sublapsarianism 。 " John Calvin said some things that seem to indicate he would have been in sympathy with this view, though the debate did not occur in his lifetime (see Calvin's Calvinism, trans. by Henry Cole, 89ff; also William Cunningham, The Reformers and the Theology of the Reformation, 364ff).ジョンカルビン氏はいくつかのように見えることを示すものとしてきた彼に同情して、このビューで、議論しなかったかかわらず、彼の生涯に起こる( カルビン主義を参照してくださいカルビンのは、トランスです。ヘンリーコールによって、 89ff ;もウィリアムカニンガムは、改革派との神学その改革は、 364ff ) 。 W G T Shedd, Charles Hodge, L Boettner, and Anthony Hoekema held this view.シェッドwgt 、チャールズホッジ、信用boettner 、およびアンソニーhoekemaこのビューで開かれた。 Both R L Dabney and William Cunningham lean decidedly to this view but resist arguing the point.ウィリアムカニンガムrl dabneyと赤身の両方をきっぱりと反論レジストしかし、このビューをポイントします。 They believe the whole debate goes beyond scripture and is therefore unnecessary.全体討論と彼らは考えて啓典を超えるとは、したがって、不必要です。 Dabney, for example, says "This is a question which ought never to have been raised" ( Systematic Theology, 233). dabney 、たとえば、氏は"これは、絶対に疑問を提起されたはずだ" ( 系統的な神学は、 233 ) 。 Twisse, the supralapsarian, virtually agreed with this. twisse 、堕罪前予定説は、この事実上合意しています。 He called the difference "merely apex logicus, a point of logic. And were it not a mere madness to make a breach of unity or charity in the church merely upon a point of logic?"彼はその違いと呼ばれる"単にlogicus尖、一点のロジックです。としていたことは、単なる狂気に違反するだけで団結して教会や慈善団体は、一点のロジックですか? " (cited in Cunningham, The Reformers, 363). (引用でカニンガムは、改革派は、 363 ) 。 G.C. GCの Berkouwer also agrees: "We face here a controversy which owes its existence to a tresspassing of the boundaries set by revelation." berkouwerも同意: "我々の顔を払うべきここではその存在を議論するtresspassingヨハネの黙示録の境界線を設定されています。 " Berkouwer wonders aloud whether we are "obeying the teaching of Scripture if we refuse to make a choice here" ( Divine Election, 254-55).私たちは声を出しているかどうberkouwer驚異"の指導に従うことを拒否する場合典ここで取捨選択する" ( 神の選挙では、二百五十四から五十五まで) 。 Thornwell does not agree that the issue is moot. thornwell同意するものとしていない問題は、議論の余地がある。 He says the issue "involves something more than a question of logical method. It is really a question of the highest moral significance. . . . Conviction and hanging are parts of the same process, but it is something more than a question of arrangement whether a man shall be hung before he is convicted" ( Collected Writings, 2:20).彼によれば、この問題"とは何かを超える論理法の問題です。それは、実際には最高の道徳的な意義の問題。 。 。 。 。信念とつりは、同じプロセスの部分が、それ以上の何かがあるかどうか疑問の配置一人の男は、有罪判決がハングアップする前に彼は" ( 収集記述は、午前2時20分) 。 Thornwell is vehemently infralapsarian. thornwellは躍起になってinfralapsarian 。 Infralapsarianism was affirmed by the synod of Dordt but only implied in the Westminster standards.定論は肯定されるだけ黙示ドルト教会会議の基準は、ウエストミンスター。 Twisse, a supralapsarian, was the first president of the Westminster Assembly, which evidently decided the wisest course was to ignore the controversy altogether (though Westminster's bias was arguably infralapsarian) . twisse 、堕罪前予定説は、最初の大統領には議会のウェストミンスター、これを明らかにすることを決定コースは最も賢明な論争を完全に無視する(ただし、ウエストミンスターのバイアスは間違いなくinfralapsarian ) 。 The Westminster Confession, therefore, along with most of the Reformed Creeds, implicitly affirmed what the Synod of Utrecht (1905) would later explicitly declare: "That our confessions, certainly with respect to the doctrine of election, follow the infralapsarian presentation, [but] this does not at all imply an exclusion or condemnation of the supralapsarian presentation."ウェストミンスター信仰告白し、そのため、ほとんどの改革を信条に沿って、どのような暗黙のアファームドユトレヒト会議の後には、明示的に宣言( 1905 ) : "我々の自白して、確かに選挙の原則を尊重しては、下記のinfralapsarianプレゼンテーションは、 [しかし、 ]これは、すべての意味での除外または非難するプレゼンテーションの堕罪前予定説"と述べた。

Amyraldism amyraldism

Amyraldism is the preferred spelling, not Amyraldianism ). amyraldismが好ましいつづり、 amyraldianismていない) 。

Amyraldism is the doctrine formulated by Moise Amyraut, a French theologian from the Saumur school. amyraldismドクトリンは、モイーズアミロー策定された、フランスの神学者からソーミュール学校です。 (This same school spawned another aggravating deviation from Reformed orthodoxy: Placaeus' view involving the mediate imputation of Adam's guilt). (この他の子と同じ学校からの逸脱の悪化に改心正教: placaeus 'ビューを巻き込むのアダムの罪悪感を調停インピュテーション) 。 By making the decree to atone for sin logically antecedent to the decree of election, Amyraut could view the atonement as hypothetically universal, but efficacious for the elect alone.令を作ることにより、論理的に先行して罪を償う令の選挙では、ビューの償いとしての可能性仮定アミロー普遍的ではなく一人を選出するために効果的です。 Therefore the view is sometimes called "hypothetical universalism."したがって、ビューはときどきと呼ばれる"仮想的なユニバーサリズム"と述べた。 Puritan Richard Baxter embraced this view, or one very nearly like it.ピューリタンリチャードバクスター抱き合い、このビューで、または1つのことのように非常に近い。 He seems to have been the only major Puritan leader who was not a thoroughgoing Calvinist.彼はメジャーピューリタンてきただけで、徹底したカルビン派の指導者ではない。 Some would dispute whether Baxter was a true Amyraldian.いくつかの論争が本当かどうかは、バクスターamyraldian 。 (See, e.g. George Smeaton, The Apostles' Doctrine of the Atonement [Edinburgh: Banner of Truth, 1991 reprint], Appendix, 542.) But Baxter seemed to regard himself as Amyraldian. (参照して、例えば、ジョージスミートン、使徒'ドクトリンの償い [エディンバラ:真実の旗印のは、 1991年の増刷] 、付録、 542 。 )だがamyraldianバクスターのように見えたとして自分自身を考慮します。 This is a sophisticated way of formulating "four-point Calvinism," while still accounting for an eternal decree of election.これは、洗練された方法の策定"の4点カルビン主義は、 "永遠の中にまだ会計令のための選挙だ。 But Amyraldism probably should not be equated with all brands of so-called "four-point Calvinism."しかし、おそらくamyraldismてはならないと同等のすべてのブランドのいわゆる" 4点カルビン主義です。 " In my own experience, most self-styled four-pointers are unable to articulate any coherent explanation of how the atonement can be universal but election unconditional.私自身の経験では、ほとんどの自称4点を明確に表現することができませんどのように償いの理路整然とした説明ができるユニバーサル選挙無条件です。 So I wouldn't glorify their position by labeling it Amyraldism.そこで私は自分の立場を美化していないことamyraldismラベリングです。 (Would that they were as committed to the doctrine of divine sovereignty as Moise Amyraut! Most who call themselves four-pointers are actually crypto-Arminians.) A H Strong held this view ( Systematic Theology, 778). (とは、彼らが神としてコミットして、国家主権の原則としてモイーズアミロー!ほとんどの人に電話して4つの点は、実際の暗号arminians 。 )ああ強い開かれたこのビュー( 系統的な神学、 778 ) 。 He called it (incorrectly) "sublapsarianism."彼と呼ばれること(誤って) " sublapsarianism 。 " Henry Thiessen, evidently following Strong, also mislabeled this view "sublapsarianism" (and contrasted it with "infralapsarianism") in the original edition of his Lectures in Systematic Theology (343). thiessenヘンリーは、次の強いどうやら、このビューを表示するにも偽装" sublapsarianism " (それと対照的に"定論" )は、オリジナル版の彼の講義で体系的神学 ( 343 ) 。 His discussion in this edition is very confusing and patently wrong at points.彼の議論は非常に混乱し、このモードでポイントをあきらかに間違っています。 In later editions of his book this section was completely rewritten.彼の本はそれ以降のエディションのこのセクションでは完全に書き直されています。

Arminianismアルミニウス主義

Henry Thiessen argued for essentially this view in the original edition of his Systematic Theology. The revised edition no longer explicitly defends this order of the decrees, but Thiessen's fundamental Arminianism is still clearly evident.このビューを表示するための基本的主張thiessenヘンリーは、彼の体系的神学オリジナル版です。改訂版は、もはやこの注文には、明示的に擁護令が、根本的なthiessenのアルミニウス説は、まだはっきりと明らかにした。 Most Arminian theologians decline to deal with God's eternal decree, and extreme Arminians even deny the very concept of an eternal decree.ほとんどの神学者アルミニウス説衰退して、神の永遠の法令に対処し、非常に極端なarminiansの概念すら否定する判決を永遠です。 Those who acknowledge the divine decree, however, must end up making election contingent upon the believer's response to the call of the gospel.天命を認める人たちは、しかし、結局、選挙をしなければ信者の上の偶発的な反応を呼ぶの福音です。 Indeed, this is the whole gist of Arminianism.確かに、これは、全体の要旨アルミニウス説です。

P R Johnson広報ジョンソン


Salvation救済

Catholic Information カトリック情報

(Greek soteria; Hebrew yeshu'ah). (ギリシャsoteria ; yeshu'ahヘブライ語) 。

Salvation has in Scriptural language the general meaning of liberation from straitened circumstances or from other evils, and of a translation into a state of freedom and security (1 Samuel 11:13; 14:45; 2 Samuel 23:10; 2 Kings 13:17).救いは、聖書の言語で、総困窮した状況からの解放を意味するのか、他の弊害、との状態に翻訳することは自由と安全保障( 1サミュエル11:13 ; 14:45 ; 2サミュエル23:10 ; 2キングス13 : 17 ) 。 At times it expresses God's help against Israel's enemies, at other times, the Divine blessing bestowed on the produce of the soil (Isaiah 45:8).時々それを表現し、イスラエルの敵に対する神の助け、またある時は、神の祝福を授けたのは、生産の土壌(イザヤ書45:8 ) 。 As sin is the greatest evil, being the root and source of all evil, Sacred Scripture uses the word "salvation" mainly in the sense of liberation of the human race or of individual man from sin and its consequences.悪としての最大の罪は、すべてのソースが悪のルートとは、神聖な啓典では、単語の"救い"を中心に、人類の解放感や個々の罪の男とその帰結からです。 We shall first consider the salvation of the human race, and then salvation as it is verified in the individual man.わたしたちは最初の人類の救済を考慮して、それから救世としては、個々に確認することは男だ。

I. SALVATION OF THE HUMAN RACE i. 、人類の救世

We need not dwell upon the possibility of the salvation of mankind or upon its appropriateness.我々の上に住む必要はない可能性が、その時の妥当性や人類の救いだ。 Nor need we remind the reader that after God had freely determined to save the human race, He might have done so by pardoning man's sins without having recourse to the Incarnation of the Second Person of the Most Holy Trinity.我々のリーダーの必要性を思い出させることも、神が自由に決定後に人類を救うために、彼は赦免された可能性があるので男の罪を完了せずによらないで、 2番目の人の権化の最もホーリートリニティー。 Still, the Incarnation of the Word was the most fitting means for the salvation of man, and was even necessary, in case God claimed full satisfaction for the injury done to him by sin (see INCARNATION).それでも、その言葉の権化のための手段が最もふさわしい男の救いになっていたにも必要に応じて、完全な満足感を主張した場合に、神が彼のために行われる傷害罪(権化を参照してください) 。 Though the office of Saviour is really one, it is virtually multiple: there must be an atonement for sin and damnation, an establishment of the truth so as to overcome human ignorance and error, a perennial source of spiritual strength aiding man in his struggle against darkness and concupiscence.かかわらず、実際には1つの事務所の救い主、それは事実上、複数:あってはならないために、罪の償いとののしり、真実を確立するために人間の無知を克服するとエラーが発生して、精神的な強さの源支援する多年生の男の闘い暗闇の中、強欲だ。 There can be no doubt that Jesus Christ really fulfilled these three functions, that He therefore really saved mankind from sin and its consequences.疑いの余地はないイエスキリストが実際に果たさこれら3つの関数は、したがって彼は本当に保存してから人類を罪とその帰結です。 As teacher He established the reign of truth; as king He supplied strength to His subjects; as priest He stood between heaven and earth, reconciling sinful man with his angry God.教師としての彼の治世の真実を設立;王として彼の強さを供給臣民;として司祭天と地の間に立っていた彼は、彼の怒りの神を持つ男和解罪深い。

A. Christ as Teacher a.教師としてのキリスト

Prophets had foretold Christ as a teacher of Divine truth: "Behold, I have given him for a witness to the people, for a leader and a master to the Gentiles" (Isaiah 55:4).教師としての預言者がキリストの神の前から予報真理: "見よ、私は彼のために証人を与えられた人々は、指導者とするために、マスターしてgentiles " (イザヤ書55:4 ) 。 Christ himself claims the title of teacher repeatedly during the course of His public life: "You can call me Master, and Lord; and you say well, for so I am" (John 13:13; cf. Matthew 23:10; John 3:31).キリストのタイトルが教師自身の主張を繰り返し、コースの中に彼の公的生活: "って呼んでマスターすることができますし、主;とおっしゃるまあ、そんなに私は" (ジョン13 : 13 ; cf 。マタイ23:10 ;ジョン3時31分) 。 The Gospels inform us that nearly the whole of Christ's public life was devoted to teaching (see JESUS CHRIST). gospels連絡して、ほぼ全国民の生活は、キリストの教えをテーマにした(イエスキリストを参照してください) 。 There can be no doubt as to the supereminence of Christ's teaching; even as man, He is an eyewitness to all He reveals; His truthfulness is God's own veracity; His authority is Divine; His words are the utterance of a Divine person; He can internally illumine and move the minds of His hearers; He is the eternal and infinite wisdom of God Incarnate Who cannot deceive and cannot be deceived.疑いの余地はないとして卓絶して、キリストの教え;男としても、彼は彼のすべての目撃者によると、彼の誠実さは、神の恵みの信憑;彼は神の権威;彼の言葉は、神の人の発話;彼は内部啓発と聞き手の心の動き;彼は、永遠の神の化身と無限の人の知恵をだますことはできないとだまされることはできません。

B. Christ as King Bの王としてキリスト

The royal character of Christ was foretold by the Prophets, announced by the angels, claimed by Christ Himself (Psalm 2:6; Isaiah 9:6-7; Ezekiel 34:23; Jeremiah 23:3-5; Luke 1:32-33; John 18:37).ロイヤルキャラクターは、前から予報されるキリストの預言者は、発表された天使たちは、キリストの領有権を主張し自分自身(詩篇2 : 06 ;イザヤ書9:6-7 ;エゼキエル34:23 ;エレミア23:3-5 ;ルーク1時32分- 33 ;ヨハネ18時37分) 。 His royal functions are the foundation, the expansion and the final consummation of the kingdom of God among men.彼のロイヤル関数は、同財団は、最終的な成就の拡大との間では、男たちが神の国です。 The first and last of these acts are personal and visible acts of the king, but the intermediate function is carried out either invisibly, or by Christ's visible agents.最初と最後に、これらの行為は、個人的な行為とは、目に見える国王は、しかし、中間関数は、目に見えないように行われるのどちらか、または表示されたキリストの代理店です。 The practical working of the kingly office of Christ is described in the treatises on the sources of revelation; on grace, on the Church, on the sacraments, and on the last things.王者らしい、実用的な作業は、キリストの事務所では、論文に記載され、ソースのヨハネの黙示録;上の恵みは、教会、秘跡して、最後のものとしています。

C. Christ as Priest c.司祭としてキリスト

The ordinary priest, is made God's own by an accidental unction, Christ is constituted God's own Son by the substantial unction with the Divine nature; the ordinary priest is made holy, though not impeccable, by his consecration, while Christ is separated from all sin and sinners by the hypostatic union; the ordinary priest draws nigh unto God in a very imperfect manner, but Christ is seated at the right hand of the power of God.普通の司祭は、神の前に自分では、誤って熱心には、キリストは、自分の息子構成される神の慰めとなるもので、神の実質的性質;司祭は、前の通常聖なる、非の打ちどころがないわけではありませんが、彼の神聖化されたが、キリストはすべての罪から分離罪人の労働組合とされる沈下;近付いて、普通の司祭引き分けで、非常に不完全な形で神が、イエスキリストが装着さは、神の右手には、電源です。 The Levitical priesthood was temporal, earthly, and carnal in its origin, in its relations to God, in its working, in its power; Christ's priesthood is eternal, heavenly, and spiritual. levitical聖職に就くのは、時間的、この世で、現世で、その起源は、神との関係を、その作業は、その力;キリストの聖職者は、永遠には、天上、および精神的です。 The victims offered by the ancient priests were either lifeless things or, at best, irrational animals distinct from the person of the offerer; Christ offers a victim included in the person of the offerer.古代プリーストの犠牲者に提供されていたかのどちらか生命のないものは、せいぜい、不合理な動物は、申込者からの明確な;キリストを提供する人の犠牲者は、申込者に含まれています。 His living human flesh, animated by His rational soul, a real and worthy substitute for mankind, on whose behalf Christ offers the sacrifice.彼の生きた人間の肉は、彼のアニメーションによる合理的な魂は、本当の価値があると人類の代用品としては、犠牲者に代わって、キリスト提供しています。 The Aaronic priest inflicted an irreparable death on the victim which his sacrificial intention changed into a religious rite or symbol; in Christ's sacrifice the immutation of the victim is brought about by an internal act of His will (John 10:17), and the victim's death is the source of a new life to himself and to mankind.取り返しのつかないaaronic司祭の死を招いたのは、彼のいけにえの犠牲者の意図を変更する宗教上の儀式やシンボル; immutationキリストの犠牲者を犠牲にするのは、内部の行為によってもたらされる彼は、 (ヨハネ10:17 ) 、および被害者の死は、新たな人生を自分自身の源として人類のです。 Besides, Christ's sacrifice, being that of a Divine person, carries its own acceptance with it; it is as much of a gift of God to man, as a sacrifice of man to God.それに加えて、キリストの犠牲は、神の人がいることは、独自の受入れを運ぶこと;と同じくらいのことは、神からの贈り物として、男で、男を神として犠牲にしています。

Hence follows the perfection of the salvation wrought by Christ for mankind.完ぺきには、以下のとおりです従って、人類にとっての救い、キリストによってもたらされた。 On His part Christ offered to God a satisfaction for man's sin not only sufficient but superabundant (Romans 5:15-20); on God's part supposing, what is contained in the very idea of man's redemption through Christ, that God agreed to accept the work of the Redeemer for the sins of man, He was bound by His promise and His justice to grant the remission of sin to the extent and in the manner intended by Christ.キリスト提供して自分のパートを満足させるために、神の罪のない男だけでも十分有り余る(ローマ人への手紙5:15-20 ) ;仮定して、神の部分とは、どのような考えが非常に含まれて男の償還キリストを通して、神を受け入れることに合意して、仕事は、人間の罪を買い戻すために、彼は自らの約束に縛られると彼の正義を付与して、罪の赦しの範囲とは、意図された方法で、キリストです。 In this way our salvation has won back for us the essential prerogative of the state of original justice, i.e., sanctifying grace while it will restore the minor prerogatives of the Resurrection.このように私たちの救いには必要不可欠なの大権ウォンに戻って来るのは、我々の正義の元の状態、すなわち、グレースsanctifyingながら細部の特権を回復することは、復活した。 At the same time, it does not at once blot out individual sin, but only procures the means thereto, and these means are not restricted only to the predestined or to the faithful, but extend to all men (1 John 2:2; 1 Timothy 2:1-4).それと同時に、それをまとめていない個々の罪を覆い隠すが、その手段を温め、そこにのみ、およびこれらの手段ではないだけに制限したりしてpredestined忠実な、しかし、すべての男性を延長( 1ヨハネ2 : 02 ; 1ティモシー2:1-4 ) 。 Moreover salvation makes us coheirs of Christ (Romans 8:14-17), a royal priesthood (1 Peter 2:9; cf. Exodus 19:6), sons of God, temples of the Holy Ghost (1 Corinthians 3:16), and other Christs--Christianus alter Christus; it perfects the angelical orders, raises the dignity of the material world, and restores all things in Christ (Ephesians 1:9-10).しかもキリストの救いを私たちcoheirs (ローマ人への手紙8:14-17 )は、ロイヤル聖職( 1ピーター2 : 09 ; cf 。エクソダス19時06分) 、神の息子たちは、寺院の聖霊( 1コリンチャンス3時16分) 、およびその他のキリスト-c hristianus変えるクリストゥス; a ngelicalことp erfectsの受注は、材料の尊厳をもたらします世界では、すべてのものを元に戻すと、キリスト(エペソ1 :9-10) 。 By our salvation all things are ours, we are Christ's, and Christ is God's (1 Corinthians 3:22-23).我々は我々のすべてのものを救い、私たちは、キリストの、そして、キリストは神の( 1コリンチャンス3:22-23 ) 。

II. Ⅱ 。 INDIVIDUAL SALVATION個々の救世

The Council of Trent describes the process of salvation from sin in the case of an adult with great minuteness (Sess. VI, v-vi).トレントの評議会からの救いのプロセスを記述した例は、大人の罪を非常にminuteness ( sess. viのは、 V型6世) 。

It begins with the grace of God which touches a sinner's heart, and calls him to repentance.神の恩寵から始まることを、罪人の心に触れて、彼を後悔と呼ぶ。 This grace cannot be merited; it proceeds solely from the love and mercy of God.この猶予することはできません見合った;それからの収入だけで、神の愛と慈悲。 Man may receive or reject this inspiration of God, he may turn to God or remain in sin.この男または拒否インスピレーションを受ける可能性の神、彼は神に救いを求める可能性または罪にとどまる。 Grace does not constrain man's free will.グレース男の自由意志を制約はありません。

Thus assisted the sinner is disposed for salvation from sin; he believes in the revelation and promises of God, he fears God's justice, hopes in his mercy, trusts that God will be merciful to him for Christ's sake, begins to love God as the source of all justice, hates and detests his sins.したがってアシストの罪人は、罪からの救済のために配置された;と彼は考えては、神の啓示と約束し、彼は神の正義への懸念は、彼の慈悲を願って、信託して慈悲深き神が彼のためにキリストのために、神の愛を開始すると、ソースとしてすべての正義は、自分の罪を嫌うとdetests 。

This disposition is followed by justification itself, which consists not in the mere remission of sins, but in the sanctification and renewal of the inner man by the voluntary reception of God's grace and gifts, whence a man becomes just instead of unjust, a friend instead of a foe and so an heir according to hope of eternal life.次いで、この処分は正当性自体は、どの構成ではなく、単なる罪の赦しが、それまでの清浄化や更新された男の内面の自発的なレセプションの贈り物神の恵みとは、一人の男でwhence不当になるだけではなく、友人の代わりにだから敵とは、相続人の希望によると、永遠の命です。 This change happens either by reason of a perfect act of charity elicited by a well disposed sinner or by virtue of the Sacrament either of Baptism or of Penance according to the condition of the respective subject laden with sin.この変更の理由のいずれかが起こって完璧な慈善行為によって引き出された罪人または処分された井戸の美徳は、聖餐式や洗礼の贖罪のいずれかの条件によると、罪を積んで、それぞれのテーマです。 The Council further indicates the causes of this change.原因は、この審議会のさらなる変化を示します。 By the merit of the Most Holy Passion through the Holy Spirit, the charity of God is shed abroad in the hearts of those who are justified.その功績によって、最も神聖な情熱聖霊を通して、神の慈善事業は、海外では、小屋の人たちは心を正当化した。

Against the heretical tenets of various times and sects we must hold異端の教義に反対しなければならない様々な時代や宗派を開く

that the initial grace is truly gratuitous and supernatural;いわれのないことと、最初の超自然の恵みが真に;

that the human will remains free under the influence of this grace;して、人間の自由の影響下にある遺跡は、この猶予;

that man really cooperates in his personal salvation from sin;本当にあの男は自分の個人的な協力から救い罪;

that by justification man is really made just, and not merely declared or reputed so;その男は本当に前に正当化されただけでは、と宣言したり評判だけではないので;

that justification and sanctification are only two aspects of the same thing, and not ontologically and chronologically distinct realities;神聖化して正当化とは2つの側面だけ同じことを、日付順とは別個の存在論と現実;

that justification excludes all mortal sin from the soul, so that the just man is no way liable to the sentence of death at God's judgment-seat.すべての正当性を除外してから、魂の大罪ので、その責任を負わないものだけではない男の死刑判決の判断は、神の席です。

Other points involved in the foregoing process of personal salvation from sin are matters of discussion among Catholic theologians; such are, for instance,他のポイントは前述の過程に関与して罪からの救済は、個人的な事柄のカトリック神学者の間で議論;これらは、例えば、

the precise nature of initial grace,正確な自然の恵み初回は、

the manner in which grace and free will work together,この方法で協力し合う恵みと自由意志は、

the precise nature of the fear and the love disposing the sinner for justification,正確な自然の恐怖との愛の処分を正当化している罪人は、

the manner in which sacraments cause sanctifying grace.この方法で秘跡sanctifyingグレース原因です。

But these questions are treated in other articles dealing ex professo with the respective subjects.しかし、これらの質問には、他の治療を受けて元の記事professo対応して、それぞれの科目です。 The same is true of final perseverance without which personal salvation from sin is not permanently secured.同じ最終的な粘り強させずには本当の罪ではないから永久に個人的な救済を確保しています。

What has been said applies to the salvation of adults; children and those permanently deprived of their use of reason are saved by the Sacrament of Baptism.どのように適用されている大人たちの救いに、彼らの子供たちとそれらの使用を完全に奪われる理由は、聖礼典の洗礼に保存される。

Publication information Written by A.J. aj書かれた文献情報 Maas.マース。 Transcribed by Donald J. Boon.ドナルドブーン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.カトリック百科事典は、 13巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認は、 1912年2月1日。 Remy Lafort, D.D., Censor.レミlafort 、 dd 、検閲。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Conversion 変換
Regeneration 再生
Justification 正当化
Sanctification 神聖
Confession 告白
Predestination 宿命
Arminianism アルミニウス主義
Supralapsarianism supralapsarianism
Infralapsarianism 後定論
Amyraldianism amyraldianism

The Arising of Jesus イエスが生じる


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです