Spiritualismスピリチュアリズム

General Information 総合案内

Spiritualism, in philosophy, is sometimes used as a synonym for Idealism.スピリチュアリズムは、哲学、同義語として使われるためには、時には観念論だ。 A far more common usage, however, refers to a system of religious beliefs centered on the presumption that communication with the dead, or spirits, is possible.もっとはるかに共通の使用法は、しかし、 宗教的信念を指しますシステムを中心に通信して死んだと仮定して、またはスピリッツ、が可能です。

Attempts to evoke the spirits of the dead are recorded in ancient Near Eastern and Egyptian sources, and spiritualistic practices have a long history in India, where they are regarded as bhuta worship, or worship of the dead.喚起しようと、死者の魂が記録された古代エジプトのソースに近い東部とは、唯心論的な慣行と長い歴史を持つインドでは、どこに仕えていると見なされてbhuta 、または崇拝オブザデッドです。 Spiritualism in its modern sense, though, traces its origins to the activities of Margaret Fox and, to a lesser extent, her two sisters.スピリチュアリズムは、モダンな感覚では、その起源の痕跡をキツネマーガレットの活動とは、特に年末年始は、彼女の2つの姉妹。 Beginning in 1848 at their parents' farmhouse near Hydesville, NY, the Fox sisters were able to produce spirit "rappings" in answer to questions put to them. 1848年初め、両親と近くの農家hydesville 、ニューヨーク、フォックス姉妹の精神を生み出すことができました" rappings "との質問に答えて入れるにしてください。 After moving to Rochester, NY, and receiving a wider audience, their fame spread to both sides of the Atlantic.ロチェスターの引っ越しをした後、ニューヨーク、および受信幅広いユーザーは、自分の名声大西洋の両側に広がっている。 By the mid 1850s they had inspired a host of imitators. 1850年代半ばに触発された彼らは、ホストのimitators 。 Margaret Fox admitted later in life that she had produced rapping noises through manipulation of her joints.マーガレットフォックス後年には彼女が彼を認めて作らハンマリング音を通じて彼女の関節を操作します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
A person who "channeled" communications between the earthly and spirit worlds was first referred to as a medium, although now they are often called channelers.ある人物"チャネリング"の精神世界との間の通信は、この世と呼ばれる最初のメディアは、今すぐにもかかわらずchannelersと呼ばれる彼らはしばしばです。 The repertoire of the early mediums included table levitations, Extrasensory Perception, speaking in a spirit's voice during trances, Automatic Writing, and the manifestation of apparitions and "ectoplasmic" matter.メディアのレパートリーに含まれるテーブルの早期levitations 、超感覚的知覚、心の声で話すのが、トランス中には、自動書き込み、およびapparitionsの現れと" ectoplasmic "の問題だ。 All such phenomena were attributed by the mediums to the agency of spirits.このような現象がカウントされるすべてのメディアを同庁のスピリッツ。 Early supporters of spiritualistic phenomena included American journalist Horace Greeley, British author Sir Arthur Conan Doyle, and British scientists A R Wallace and Sir William Crookes.早期サポーターのアメリカ人ジャーナリストホーレスグリーリー唯心論的な現象に含まれる、英国の作家サーアーサーコナンドイルは、英国の科学者たちとウォレスとウィリアムクルックスar 。 Support for spiritualism diminished, however, as many 19th century mediums were proven to be fakes.スピリチュアリズム支持を減退、しかし、 19世紀の多くのメディアが偽物と証明される。

Spiritualism has had, since its inception, a large following.スピリチュアリズムは、設立以来、大規模以下のとおりです。 Many churches and societies have been founded that profess some variety of spiritualistic beliefs.多くの教会や社会が設立されたいくつかのさまざまな唯心論的な信念を公言している。 It achieved particularly widespread popular appeal during the 1850s and '60s and immediately following World War I. Closely aligned with other New Age beliefs, belief in spiritualism again became popular during the 1980s, particularly in the United States.特に広範な大衆性があることを達成した1850年代と60年代と一次世界大戦直後に新しい時代に足並みをそろえる他の信念は、信念では1980年代に人気を再びスピリチュアリズム、特に米国です。 One new facet of spiritualism is that modern day channelers are as apt to attempt contact with extraterrestrials or spirits from ancient mythical societies as they are to try to communicate with the recently deceased.スピリチュアリズムのは、 1つの新たな一面channelers日には、近代的な試みとしてaptをextraterrestrials接触してからや古代神話の社会としての霊をかれらは、最近故人とコミュニケーションを試みる。

Bibliography 文献情報
G Abell and B Singer, eds., Science and the Paranormal (1986); R Brandon, The Spiritualists (1984); M Gardner, The New Age: Notes of a Fringe Watcher (1988); H Kerr and C Crow, The Occult in America (1983); J Oppenheim, The Other World (1985); J Webb, ed., The Mediums and the Conjurers (1979).エイグラムとBシンガー、 EDS社。 、科学や超常現象( 1986 ) ;研究ブランドンは、 spiritualists ( 1984 ) ; mにガードナーは、新しい年齢:メモは、フリンジウオッチャー( 1988 ) ; hカーとcカラスは、オカルトアメリカ( 1983 ) ; jオッペンハイムは、他の世界( 1985 ) ; jウェッブ、エド。は、メディアとのconjurers ( 1979 ) 。


Spiritualismスピリチュアリズム

Catholic Information カトリック情報

The term "spiritualism" has been frequently used to denote the belief in the possibility of communication with disembodied spirits, and the various devices employed to realize this belief in practice.という言葉を"スピリチュアリズム"頻繁に使われてきたことを表し、コミュニケーションの可能性を信じることで、肉体の霊は、様々なデバイスを採用し、これを実現する信念で練習。 The term "Spiritism", which is used in Italy, France, and Germany, seems more apt to express this meaning.という言葉を"心霊術"と、これは使用されてイタリア、フランス、ドイツでは、より多くのaptを表明するこのような意味です。

Spiritualism, then, suitably stands opposed to materialism.スピリチュアリズム、その後、適当スタンド唯物論に反対しています。 We may say in general that Spiritualism is the doctrine which denies that the contents of the universe are limited to matter and the properties and operations of matter.我々が何と言おうとしてスピリチュアリズム全般には、ドクトリンの内容を否認して宇宙空間に限られるとのプロパティとオペレーションの問題だ。 It maintains the existence of real being or beings (minds, spirits) radically distinct in nature from matter.本物の存在を維持していることや生き物(心、スピリッツ)根本的に異なる物質の性質からです。 It may take the form of Spiritualistic Idealism, which denies the existence of any real material being outside of the mind; or, whilst defending the reality of spiritual being, it may also allow the separate existence of the material world.かかる場合があります唯心論的観念論の形で、任意の存在を否定する材料が外部からの本当の心;や、精神的な存在という現実を守る間は、別々の存在が認められている場合にも、材料の世界です。 Further, Idealistic Spiritualism may either take the form of Monism (e.g., with Fichte), which teaches that there exists a single universal mind or ego of which all finite minds are but transient moods or stages: or it may adopt a pluralistic theory (e.g. with Berkeley), which resolves the universe into a Divine Mind together with a multitude of finite minds into which the former infuses all those experiences that generate the belief in an external, independent, material world.さらに、理想的スピリチュアリズムのいずれかの形態をとる可能性一元論(例えば、フィヒテ)は、そこに存在することを教えたり、 1つの普遍的自我の心を心には、すべての有限でも気分や過渡段階:あるいは多元論を採用することがあります(例:バークレー校で) 、これを解決する宇宙の心と一緒に、神の心を多くの有限infusesこれらすべての経験を元にして生成するという信念に基づいて、外部で、独立した、材料の世界です。 The second or moderate form of Spiritualism, whilst maintaining the existence of spirit, and in particular the human mind or soul, as a real being distinct from the body, does not deny the reality of matter.穏健な形で、第2またはスピリチュアリズム、霊の存在を維持する間、そして特に、人間の心や魂は、本物のように別個の体内からは、現実を否定する事はありません。 It is, in fact, the common doctrine of Dualism.それは、実際には、共通の教義の二元論です。 However, among the systems of philosophy which adhere to Dualism, some conceive the separateness or mutual independence of soul and body to be greater and others less.しかし、システムのうち、哲学の二元論に固執するのは、いくつかの構想や相互の分離独立の魂と体が大きいと他少ない。 With some philosophers of the former class, soul and body seem to have been looked upon as complete beings merely accidentally united.元のクラスでは、いくつかの哲学は、魂と体のように完全な生き物として見下ろしていましたが、誤って米国に過ぎない。 For these a main difficulty is to give a satisfactory account of the inter-action of two beings so radically opposed in nature.これらの主要な困難のためには、満足のいくものを与えるアカウントの相互作用の2つの根本的に反対されているので自然です。

Historically, we find the early Greek philosophers tending generally towards Materialism.歴史的に、我々ギリシャの哲学者の早期発見に向けたtending通常唯物論です。 Sense experience is more impressive than our higher, rational consciousness, and sensation is essentially bound up with the bodily organism.経験は、私たちの感覚よりももっと高い印象は、合理的な意識は、感覚とは本質的に結合する生物の身体。 Anaxagoras was the first, apparently, among the Greeks to vindicate the predominance of mind or reason in the universe.アナクサゴラスは、最初は、どうやら、ギリシア人の間での優位を心の正当性を立証するかの理由で、宇宙です。 It was, however, rather as a principle of order, to account for the arrangement and design evident in nature as a whole, than to vindicate the reality of individual minds distinct from the bodies which they animate.それは、しかし、むしろ秩序の原理としては、配置やデザインを説明するために、全体としての性質も明白には、正当性を立証するよりも、現実の個々の心をより明確に彼らの遺体有生。 Plato was virtually the father of western spiritualistic philosophy.プラトンは、事実上の唯心論的な西洋哲学の父です。 He emphasized the distinction between the irrational or sensuous and the rational functions of the soul.彼は、不合理な区別を強調したりと、合理的な感覚的な魂の機能です。 He will not allow the superior elements in knowledge or the higher "parts" of the soul to be explained away in terms of the lower.彼は優秀な要素が認められていないが、より高い知識や"部品"の魂を去るの点では低いと説明した。 Both subsist in continuous independence and opposition.継続的独立と野党の両方で生計を立てる。 Indeed, the rational soul is related to the body merely as the pilot to the ship or the rider to his horse.実際には、合理的な魂としては、単に体に関連して、船の操縦士をしたり、彼の馬の騎手。 Aristotle fully recognized the spirituality of the higher rational activity of thought, but his treatment of its precise relation to the individual human soul is obscure.アリストテレスの霊性を十分に認識し、合理的な活動が高く思ったんだけど、彼の治療で、個々の人間の魂の関係を正確には、無名のです。 On the other hand, his conception of the union of soul and body, and of the unity of the human person, is much superior to that of Plato.その一方で、彼の構想は、労働組合の魂と体は、団結とは、人間は、プラトンがずっと優れていることです。 Though the future life of the human soul, and consequently its capacity for an existence separate from the body, was one of the most fundamental and important doctrines of the Christian religion, yet ideas as to the precise meaning of spirituality were not at first clear, and we find several of the earliest Christian writers (though maintaining the future existence of the soul separate from the body), yet conceiving the soul in a more or less materialistic way (cf. Justin, Irenaeus, Tertullian, Clement, etc.).将来の生活にかかわらず、人間の魂は、その能力を獲得する結果とは別個の存在体は、 1つは、最も基本的かつ重要な教説は、キリスト教の宗教は、まだアイデアとしては、厳密な意味ではないスピリチュアリティ最初のクリアは、そして我々は、いくつかの最古のキリスト教の作家を見つける(ただし、魂の存在を維持して将来の体内から分離)は、まだconceivingの魂は、多かれ少なかれ唯物論的方法( cf.ジャスティン、 irenaeus 、 tertullian 、クレメント等) 。 The Catholic philosophic doctrine of Spiritualism received much of its development from St. Augustine, the disciple of Platonic philosophy, and its completion from Albertus Magnus and St. Thomas, who perfected the Aristotelian account of the union of soul and body.スピリチュアリズム哲学カトリック教義の多くの開発から受け取った聖アウグスティヌスは、弟子のプラトン哲学、およびその完成からセントトマスアルベルトゥスマグヌスとは、誰のアカウントを完成アリストテレスは、労働組合の魂と体です。

Modern Spiritualism, especially of the more extreme type, has its origin in Descartes.近代スピリチュアリズム、特に極端には、より多くの種類、その起源は、デカルトです。 Malebranche, and indirectly Berkeley, who contributed so much in the sequel to Monistic Idealism, are indebted to Descartes, whilst every form of exaggerated Dualism which set mind and body in isolation and contrast traces its descent from him.マルブランシュ、間接的バークレー校とは、誰の続編に貢献そんなにmonistic観念論、デカルトは、恩義を、あらゆる形の間の二重性が誇張されて心と体のセットで隔離さとコントラストの痕跡から、彼の子孫です。 In spite of serious faults and defects in their systems, it should be recognized that Descartes and Leibnitz contributed much of the most effective resistance to the wave of Materialism which acquired such strength in Europe at the end of the eighteenth and during the first half of the nineteenth centuries.にもかかわらず、彼らのシステムに深刻な欠陥欠点とは、認識しなければならないことに大いに貢献してデカルトとライプニッツは、最も効果的唯物論の波に抵抗してそのような強さを獲得したヨーロッパでは、 18月末と今年上半期中には、 19世紀にもわたっている。 In particular, Maine de Biran, who emphasized the inner activity and spirituality of the will, followed by Jouffroy and Cousin, set up so vigorous an opposition to the current Materialism as to win for their theories the distinctive title of "Spiritualism".特に、メーンデbiran 、人の霊性を強調して、内面の活動とは、次いでジュフロワといとこは、セットアップするための積極的唯物論に反対し、現在のように勝つために自分の理論の独特のタイトルを"スピリチュアリズム" 。 In Germany, in addition to Kant, Fichte, and other Monistic Idealists, we find Lotze and Herbart advocating realistic forms of Spiritualism.ドイツでは、カントに加えて、フィヒテ、およびその他のmonistic理想主義は、我々を見つけるとヘルバルトロッツェ現実的な形態のスピリチュアリズムを提唱した。 In England, among the best-known advocates of Dualistic Spiritualism, were, in succession to the Scottish School, Hamilton and Martineau; and of Catholic writers, Brownson in America, and W.G. Ward in England.英国では、支持者たちの間で最もよく知られる二元的なスピリチュアリズムが、スコットランドで継承して学校には、ハミルトンとマーティノー;とのカトリック作家、ブラウンソンアメリカでは、病棟でイングランドとwg 。

EVIDENCE FOR THE DOCTRINE OF SPIRITUALISM証拠のためのドクトリンスピリチュアリズム

Whilst modern Idealists and writers advocating an extreme form of Spiritualism have frequently fallen into grievous error in their own positive systems, their criticisms of Materialism and their vindication of the reality of spiritual being seem to contain much sound argument and some valuable contributions, as was indeed to be expected, to this controversy.近代的理想主義者や作家間の極端な形態を提唱するスピリチュアリズム頻繁に落ちてしまったのが、自分の肯定的なシステムに重大な誤りで、彼らの批判の的唯物論とその精神の現実を弁護しているように見えるくらいの音を含むいくつかの貴重な貢献を引数とは、実際には、予想される、この論争をしています。

(1) Epistemological Proof認識論的証明( 1 )

The line of reasoning adopted by Berkeley against Materialism has never met with any real answer from the latter.バークレー校で採択されたのセリフの推論的唯物論に反対して任意の本当の答えは、一度も会ったことから、後者です。 If we were compelled to choose between the two, the most extreme Idealistic Materialism would be incomparably the more logical creed to hold.もし私たちは、二つの選択肢を強要さは、最も極端な理想主義的唯物論は、複数の論理信条比較を行う。 Mind is more intimately known than matter, ideas are more ultimate than molecules.既知の問題よりももっと深く心は、究極のアイデアは、こちらよりも分子です。 External bodies are only known in terms of consciousness.外部の遺体は、意識の点でしか知られています。 To put forward as a final explanation that thought is merely a motion or property of certain bodies, when all bodies are, in the last resort, only revealed to us in terms of our thinking activity, is justly stigmatized by all classes of Spiritualists as utterly irrational.フォワードとしての最終的な説明を入れることを考えただけでは、特定の運動や財産の遺体は、遺体は、すべてのときには、最後の手段では、我々だけを明らかにして我々の思考活動の点では、すべてのクラスでは、公正stigmatizedとしては全くspiritualists非合理的だ。 When the Materialist or Sensationist reasons out his doctrine, he is landed in hopeless absurdity.唯物論やsensationistアウト時に彼の教義上の理由で、彼は絶望的な不条理に上陸した。 Materialism is in fact the answer of the men who do not think, who are apparently quite unaware of the presuppositions which underlie all science.唯物論は、実際にその答えは、男たちとは思わない、どうやら全く気付いていない人は、すべての科学の根底にpresuppositions 。

(2) Teleological Proof ( 2 )証明目的論

The contention, old as Anaxagoras, that the order, adaptation, and design evidently revealed in the universe postulate a principle distinct from matter for its explanation is also a valid argument for Spiritualism.コンテンション、旧アナクサゴラスとしては、注文して、適応し、明らかに設計の原則を明らかにする宇宙の公準別個の問題だから、説明のためにも有効な引数スピリチュアリズム。 Matter cannot arrange itself.問題自体を手配することはできません。 Yet that there is arrangement in the universe, an that this postulates the agency of a principle other than matter, is continually more and more forced upon us by the utter failure of natural selection to meet the demands made on it during the last half of the past century to accomplish by the blind, fortuitous action of physical agents work demanding the highest intelligence.しかし、宇宙の取り決めがあることは、この仮説をして、代理店以外は、原則の問題は、強制的には絶えず増えて丸つぶれにされた私たちの要求を満たすために自然淘汰の前にして昨年の半分の期間中ブラインドを達成した過去の世紀は、物理的な偶然の作用で最も高い知能エージェントの仕事を要求しています。

(3) Ethical Proof ( 3 )倫理的な証拠

The denial of spiritual beings distinct from, and in some sense independent of, matter inexorably involves the annihilation of morality.拒否の精神的な生き物の区別は、いくつかの感覚とは独立し、消滅の道徳性の問題には容赦なく。 If the mechanical or materialistic theory of the universe be true, every movement and change of each particle of matter is the inevitable outcome of previous physical conditions.唯物論的理論の場合、または機械的に真の宇宙、すべての動きや、各粒子の物質の変化は、必然的な結果前の物理的な条件を設定します。 There is no room anywhere for effective human choice or purpose in the world.どこかの余地はない人間のための効果的な目的は、世界の選択か。 Consequently, all those notions which form the constituent elements of man's moral creed--duty, obligation, responsibility, merit, desert, and the rest--are illusions of the imagination.したがって、これらの概念を形成するすべての要素を構成する人間の道徳的信条-義務は、義務、責任を持って、メリットは、砂漠で、残り-は、幻想の想像力です。 Virtue and vice, fraud and benevolence are alike the inevitable outcome of the individual's circumstances, and ultimately as truly beyond his control as the movement of the piston is in regard to the steam-engine.善と悪、詐欺や博愛の必然的な結果は同じで、個々の状況の中で、彼の制御を超えて、最終的に真にとしては、ピストンの動きとしては、これと関連し、蒸気機関車です。

(4) Inefficacy and Uselessness of Mind in the Materialist View ( 4 )無効果とは、心の唯物論無用ビュー

Again, unless the reality of spirit distinct from, and independent of, matter be admitted, the still more incredible conclusion inexorably follows that mind, thought, consciousness play no really operative part in the world's history.繰り返しますが、はっきりしない限り、現実の精神から、そして独立し、問題が認めては、以下のとおりです容赦なくまだ結論を心より信じられないほど、思考は、実際に手術意識のないプレーは、世界の歴史の部分です。 If mind is not a real distinct energy, capable of interfering with, guiding, and influencing the movements of matter, then clearly it has played no real part in the creations of art, literature, or science.もし本物ではない独特の心のエネルギーは、能力があるに干渉して、指導し、物質の動きに影響を及ぼすのは、それからプレーを明確にすることはない、本当の部分は、創作芸術、文学、あるいは科学です。 Consciousness is merely an inefficacious by-product, an epiphenomenon which has never modified in any degree the movements of matter concerned in the history of the human race.効果のない意識は単なる副産物、付帯現象ではないが、いかなる度の更新での物質の動きを懸念、人類の歴史の中です。

(5) Psychological Proof ( 5 )心理学的証拠

The outcome of all the main theses of psychology, empirical and rational, in Catholic systems of philosophy is the establishment of a Spiritualistic Dualism, and the determination of the relations of soul and body.その結果、すべての主要な心理学の論文は、合理的な経験とは、カトリック教徒のシステムでは、哲学の唯心論的な二元論を設立する、との決意の魂と体の関係です。 Analysis of the higher activities of the soul, and especially of the operations of intellectual conception, judgment, reasoning, and self-conscious reflection, proves the faculty of intellect and the soul to which it belongs to be of a spiritual nature, distinct from matter, and not the outcome of a power inherent in a bodily organ.分析の高い活動には、魂は、その中でも特に知的活動の概念、判断、推論、自意識の反射や、証明学部の知性と魂をそれには、精神的な性質に属し、異なる物質は、電源の結果ではなく、身体の器官に内在する。 At the same time the Scholastic doctrine, better than any other system, furnishes a conception of the union of soul and body which accounts for the extrinsic dependence of the spiritual operations of the mind on the organism; whilst maintaining the spiritual nature of the soul, it safeguards the union of soul and body in a single person.それと同時に、修学教義は、他のシステムよりも、 furnishesする概念は、労働組合の魂と体を占めるのは、精神的な業務の外因依存して心の生物;間の精神的な性質の魂を維持し、セーフガードの労働組合のことで、たった一人の魂と体です。

Publication information Written by Michael Maher & Joseph Bolland.文献情報マーハー&マイケルジョセフBolland氏によって書かれた。 Transcribed by Janet Grayson.ジャネットグレイソン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.カトリック百科事典は、 14巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認は、 12年7月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Spiritism心霊術

Catholic Information カトリック情報

Spiritism is the name properly given to the belief that the living can and do communicate with the spirits of the departed, and to the various practices by which such communication is attempted.心霊術は、適切な名前を与えられたという信念を持って生活できることとのコミュニケーションを行うスピリッツの出発し、様々な取り組みをしては、どのようなコミュニケーションを試みた。 It should be carefully distinguished from Spiritualism, the philosophical doctrine which holds, in general, that there is a spiritual order of beings no less real than the material and, in particular, that the soul of man is a spiritual substance.スピリチュアリズム慎重に区別しなければならないことは、哲学的教義を保持し、一般的には、精神的には、一つの生き物の順序なし本物よりも少ない材料とは、特に、その男の魂は、霊的な物質です。 Spiritism, moreover, has taken on a religious character.心霊術は、また、コラボレーションして、宗教的なキャラクターだ。 It claims to prove the preamble of all religions, i.e., the existence of a spiritual world, and to establish a world-wide religion in which the adherents of the various traditional faiths, setting their dogmas aside, can unite.前文の主張を立証することはすべての宗教、すなわち、霊的な世界が存在する、との世界的な宗教を確立するには、様々な伝統的な宗教の支持者は、彼らの教義の設定はさておき、団結することです。 If it has formulated no definite creed, and if its representatives differ in their attitudes toward the beliefs of Christianity, this is simply because Spiritism is expected to supply a new and fuller revelation which will either substantiate on a rational basis the essential Christian dogmas or show that they are utterly unfounded.はっきりしたことがない場合に策定信条は、その代表者と異なる場合には、キリスト教の信仰への態度には、これは単に心霊術が予想されるため、新たな供給とフラーヨハネの黙示録のどちらかを立証する上で合理的な根拠は、本質的なキリスト教の教義やショー彼らは全く根拠のないことだ。 The knowledge thus acquired will naturally affect conduct, the more so because it is hoped that the discarnate spirits, in making known their condition, will also indicate the means of attaining to salvation or rather of progressing, by a continuous evolution in the other world, to a higher plane of existence and happiness.そのための知識を獲得したのは当然の行為に影響を与えるほど、より多くのことが望まれているため、肉体のない霊して、自分の状態を知られており、その手段を示しても、あるいは、幾分の救いを達成して進んで、連続的進化によっては、他の世界では、飛行機の存在を高くすると幸福です。

THE PHENOMENAこの現象

These are classified as physical and psychical.これらは物理的および精神的に分類されています。 The former include:前者を含める:

production of raps and other sounds; rapsの生産やその他の音;

movements of objects (tables, chairs) without contact or with contact insufficient to explain the movement:動きのオブジェクト(テーブル、椅子)に連絡せずに連絡したりして、運動不足を説明:

"apports" i.e., apparitions of visible agency to convey them; " apports "すなわち、 apparitionsかれらの目に見える代理店を伝える;

moulds, i.e., impressions made upon paraffin and similar substances; moulds 、すなわち、表示回数やパラフィン前に似たような物質;

luminous appearances, i.e., vague glimmerings or light or faces more or less defines;発光出演、すなわち、かすかな光や顔やglimmerings多かれ少なかれ定義;

levitation, i.e., raising of objects from the ground by supposed supernormal means;浮上、すなわち、地面から調達されたオブジェクトのはず超常的手段;

materialization or appearance of a spirit in visible human form;実体の外観や人間の目に見える形での精神;

spirit-photography, in which the feature or forms of deceased persons appear on the plate along with the likeness of a living photographed subject.精神-写真撮影、その人の特徴や形態の故人のプレートに表示されるとともに、肖像写真を撮影に服従する生活です。

The psychical, or significative, phenomena are those which express ideas or contain messages.の精神的、あるいは意味のある、または現象は、それらのアイデアを表明するメッセージが含まれています。 To this class belong:このクラスに属する:

table-rapping in answer to questions;表の質問に答えてハンマリング;

automatic writing; slate-writing;自動書き出しスレート-執筆;

trance-speaking;トランスを話す;

clairvoyance;透視;

descriptions of the spirit-world; andの精神世界の記述;と

communications from the dead.コミュニケーションから、死んでしまいました。

HISTORY歴史

For an account of Spiritistic practices in antiquity see NECROMANCY. spiritistic慣行では、アカウントの古代降霊術を参照してください。 The modern phase was ushered in by the exhibitions of mesmerism and clairvoyance. usheredされた段階で、現代の展覧会のメスメリズムと透視。 In its actual form, however, Spiritism dates from the year 1848 and from the experiences of the Fox family at Hydesville, and later at Rochester, in New York State.で、実際のフォームで、しかし、 1848年度から日程や心霊術の経験から、ご家族でhydesvilleフォックスは、ロチェスター以降では、ニューヨーク州です。 Strange "knockings" were heard in the house, pieces of furniture were moved about as though by invisible hands, and the noises became so troublesome that sleep was impossible.奇妙な" knockings "が聞こえて家の中で、家具が移動されたまるで見えざる手については、騒音と面倒なことになったので睡眠は不可能です。 At length the "rapper" began to answer questions, and a code of signals was arranged to facilitate communication.しまいには、 "ラッパー"を始めたの質問に答えるため、コードの信号とのコミュニケーションを円滑に配置された。 It was also found that to receive messages special qualifications were needed; these were possessed by Catherine and Margaret Fox, who are therefore regarded as the first "mediums" of modern times.ということも分かりました特別な資格が必要なメッセージを受け取る;これらのキャサリンとマーガレット保有していたキツネは、人と見なされては、そのための最初の"メディア"のモダンタイムスです。

Similar disturbances occurred in other parts of the country, notably at Stratford, Connecticut, in the house of Rev. Dr. Phelps, a Presbyterian minister, where the manifestations (1850-51) were often violent and the spirit-answers blasphemous.同様の障害が発生し、その国の他の部分で、特にストラットフォードでは、コネチカット州、家の中の博士フェルプス牧師は、長老部長官は、どこに、しばしば暴力的な症状を呈していた( 1850年から1851年)と御霊-冒とく的な回答です。 In 1851 the Fox girls were visited in Buffalo by three physicians who were professors in the university of that city.キツネの少女が訪れたのは1851年のバッファローされる3つの医師は、大学の教授たちが、その都市です。 As a result of their examination the doctors declared that the "raps" were simply "crackings" of the knee-joints.その結果として、医師の診察を宣言して" raps "とは単に" crackings "は、膝関節のです。 But this statement did not lessen either the popular enthusiasm or the interest of more serious persons.しかし、この声明はなかった熱意を少なくするかのどちらかの人気者の関心をさらに深刻だ。

The subject was taken up by men like Horace Greeley, Wm.件名には、男性のように取り上げられるホレスグリーリーは、ウインドウマネージャです。 Lloyd Garrison, Robert Hare, professor of chemistry in the University of Pennsylvania, and John Worth Edmonds, a judge of the Supreme Court of New York State.ロイドギャリソンは、ウサギのロバート教授は、ペンシルベニア大学の化学では、価値があるとジョンエドモンズは、最高裁判所の裁判官は、ニューヨーク州です。 Conspicuous among the Spiritists was Andrew Jackson Davis, whose work, "The Principles of Nature" (1847), dictated by him in trance, contained a theory of the universe, closely resembling the Swedenborgian.目立つの中には、アンドリュージャクソンデイビスspiritists 、その仕事は、 "自然の原理" ( 1847 ) 、トランス命令によって、彼は、宇宙の理論に含まれるのは、密接に似たのswedenborgian 。 Spiritism also found earnest advocates among clergymen of various denominations, especially the Universalists; it appealed strongly to many people who had lost all religious belief in a future life; and it was welcomed by those who were then agitating the question of a new social organization--the pioneers of modern Socialism.心霊術も見つかった牧師の熱心な支持者の間で様々な宗派、特にuniversalists ;ことを強く訴えていた多くの人々がすべて失われた宗教的信念で、将来の生活;と歓迎されていた当時かくはんされた者たちの質問には、新しい社会組織- -現代社会主義のパイオニアです。 So widespread was the belief in Spiritism that in 1854 Congress was petitioned to appoint a scientific commission for the investigation of the phenomena.だから広く知られたことで、 1854心霊術信念では、請願を議会に任命するための調査委員会の科学的な現象だ。 The petition, which bore some 13,000 signatures, was laid on the table, and no action was taken.嘆願書は、いくつかの口径の署名13000 、レイアウトは、テーブルの上に、そして何の処置が取られます。

In Europe the way had been prepared for Spiritism by the Swedenborgian movement and by an epidemic of table-turning which spread from the Continent to England and invaded all classes of society.していたヨーロッパの道のために準備された心霊術swedenborgian運動が流行するとされたテーブル-ターニングが広がり、大陸からの侵略にイングランドや社会のあらゆる階層です。 It was still a fashionable diversion when, in 1852, two mediums, Mrs. Hayden and Mrs. Roberts, came from America to London, and held séances which attracted the attention of scientists as well as popular interest.ファッショナブルなときに転用することは、まだ、 1852は、 2つのメディアは、ヘイデンとミセスミセスロバーツは、ロンドンから来たアメリカには、交霊術で開かれた科学者たちの注目を引き付けだけでなく、人気の高い関心。 Faraday, indeed, in 1853 showed that the table movements were due to muscular action, and Dr. Carpenter gave the same explanation; but many thoughtful persons, notably among the clergy, held to the Spiritistic interpretation.ファラデーは、実際、この表によると、 1853のために筋肉の動きが作用し、カーペンター博士は、同じ説明を与えた;しかし、多くの思慮深い人々は、聖職者のうち、特に、 spiritistic解釈して行われた。 This was accepted also by Robert Owen, the socialist, while Professor De Morgan, the mathematician, in his account of a sitting with Mrs. Hayden, was satisfied that "somebody or some spirit was reading his thoughts".これが受理されたロバートオーウェンにも、社会主義的で、ドモルガン教授は、数学者は、自分のアカウントでは、ヘイデンミセスに座って、満足していた"と誰かが読んで自分の考えやいくつかの精神" 。 The later development in England was furthered by mediums who came from America: Daniel Dunglas Home (Hume) in 1855, the Davenport Brothers in 1864, and Henry Slade in 1876.後で開発の進展によっては、イングランドのメディアから来たアメリカ:ダニエルdunglasホーム(ヒューム) 1855 、ダベンポート兄弟で、 1864 、および1876ヘンリースレイド中です。 Among the native mediums, Rev. William Stainton Moses became prominent in 1872, Miss Florence Cook in the same year, and William Eglinton in 1886.メディアの間では、ネイティブのは、牧師が1872年のウィリアムstaintonムーサーが目立つよう、ミスフィレンツェクックは同年、ウィリアムエグリントンは、 1886 。 Spiritism was advocated by various periodical publications, and defended in numerous works some of which were said to have been dictated by the spirits themselves, e.g., the "Spirit Teachings" of Stainton Moses, which purport to give an account of conditions in the other world and form a sort of Spiritistic theology.心霊術は、様々な定期刊行物を提唱し、数多くの作品を擁護していたいくつかの命令によるとしてきた自身の霊によって、例えば、 "精神の教え"のstaintonムーサーは、アカウントの条件を与える趣旨で、他の世界並べ替えを形成するとの神学spiritistic 。 During this period also, scientific opinion on the subject was divided.この期間中にも、科学的な意見が分かれて服従している。 While Professors Huxley and Tyndall sharply denounced Spiritism in practice and theory, Mr. (later Sir Wm.) Crookes and Dr. Alfred Russell Wallace regarded the phenomena as worthy of serious investigation.ハクスリー教授と非難しながら、大幅Tyndallの理論と実践心霊術で、ミスター(後で卿のWMです。 )クルックス博士アルフレッドラッセルウォレスと現象としての価値があると見なすことは重大な捜査だ。 The same view was expressed in the report which the Dialectical Society published in 1871 after an inquiry extending over eighteen months, and at the Glasgow meeting of the British Association in 1876 Professor Barrett, F.R.S., concluded his account of the phenomena he had observed by urging the appointment of a committee of scientific men for the systematic investigation of such phenomena.同じ見解を表明し、報告書には、弁証法的な社会出版1871 1876バレット教授は、 frs 、結論は、自分のアカウントに観測された現象を強めるよう勧告していた指名委員会の科学的な男性のための調査を系統的このような現象だ。

The growth of Spiritism on the Continent was marked by similar transitions from popular curiosity to serious inquiry.心霊術は、大陸の成長には似たようなトランジションでマークされてから人気が深刻な好奇心を照会します。 As far back as 1787, the Exegetic and Philanthropic Society of Stockholm, adhering to the Swedenborgian view, had interpreted the utterances of "magnetized" subjects as messages from the spirit world. 1787年にまでさかのぼる、ストックホルムの解釈や慈善協会は、守って、 swedenborgianビューで、発言の解釈していた"磁化"科目としての精神世界からのメッセージです。 This interpretation gradually won favour in France and Germany; but it was not until 1848 that Cahagnet published at Paris the first volume of his "Arcanes de la vie future dévoilées", containing what purported to be communications from the dead.徐々にウォンで、この解釈は、ドイツとフランスの恩恵;しかし、 1848までにはなかったパリcahagnet日付で、第1巻の"未来arcanesデラdévoilées競う"とは、どのような目的を含む通信に死んでからです。 The excitement aroused in Paris by table-turning and rapping led to an investigation by Count Agénor de Gasparin, whose conclusion ("Des Tables tournantes", (Paris, 1854) was that the phenomena originated in some physical force of the human body. Professor Thury of Geneva ("Les Tables tournantes", 1855) concurred in this explanation. Baron de Guldenstubbe ("La Réalité des Esprits" Paris, 1857), on the contrary, declared his belief in the reality of spirit intervention, and M. Rivail, known later as Allan Kardec, published the "spiritualistic philosophy" in "Le Livre des Esprits" (Paris, 1853), which became a guide-book to the whole subject.興奮興奮して表にはパリに転換されたとの調査を主導したハンマリングカウントagénorデガスパラン、その結論( "デテーブルtournantes " 、 (パリ、 1854 )の現象が発生していたいくつかの物理的な力では、人間の体です。教授thuryのジュネーブ( "レtournantesテーブル" 、 1855 ) 、この説明をconcurred 。バロンドguldenstubbe ( "デラréalité esprits "パリ、 1857 ) 、逆に、自分の信念を宣言の精神には、現実に介入し、 m. rivailは、アランカーデックとして知られて以降、日付の"唯心論的な哲学"は、 "ルデリーヴルesprits " (パリ、 1853 ) 、本ガイドのせいで、全体を対象にします。

In Germany also Spiritism was an outgrowth from "animal magnetism".ドイツでは、伸長よりも心霊術"動物磁気" 。 J.H.道路公団 Jung in his "Theorie der Geisterkunde" declared that in the state of trance the soul is freed from the body, but he regarded the trance itself as a diseased condition.ジョンは彼の" theorieデアgeisterkunde "と宣言したのは、トランス状態から解放して体の魂は、しかし、彼は昏睡状態と見なすこと自体として病的状態です。 Among the earliest German clairvoyants was Frau Frederica Hauffe, the "Seeress of Prevorst", whose experiences were related by Justinus Kerner in "Die Seherin von Prevorst" (Stuttgart, 1829).ドイツ語のうち、最古clairvoyantsはフラウhauffeフレデリカは、 " prevorst seerの女性が"と、その経験は、ビジネスに関連したjustinus "死ぬseherinフォンprevorst " (シュトゥットガルト、 1829 ) 。 In its later development Spiritism was represented in scientific and philosophical circles by men of prominence, e.g., Ulrici, Fichte, Züllner, Fechner, and Wm.心霊術は、その後の開発は、科学哲学界で表さ男性の隆起によって、例えば、ウルリツィ、フィヒテ、 züllner 、フェヒナー、およびウインドウマネージャです。 Weber.ウェーバー。 The last-named three conducted (1877-8) a series of experiments with the American medium Slade at Leipzig.最後の3つの実施と名付けられた一連の実験(一千八百七十七から八まで)で、アメリカのメディアでライプチヒスレイド。 The results were published in Züllner's "Wissenschaftliche Abhandlungen" (cf. Massey, "Transcendental Physics", London, 1880, in which the portions relating to spiritism are translated).この結果は公開さzüllnerの" wissenschaftliche abhandlungen " ( cf.マッシー、 "超越物理学"は、ロンドンでは、 1880年、心霊術では、翻訳に係る部分) 。 Though considered important at the time, this investigation, owing to lack of caution and accuracy, cannot be regarded as a satisfactory test.大事な時にも考慮さは、この調査の結果、警告や精度不足のため、満足のいくものと見なされることはできませんテストを実行します。 (Cf. "Report of the Seybert Commission", Philadelphia, 1887-, which also contains an account of an investigation conducted at the University of Pennsylvania with Slade and other mediums.) ( cf. " seybert委員会の報告書" 、フィラデルフィア、 1887 -は、アカウントを作成するにも含まれ、ペンシルベニア大学の調査を実施してスレイドやその他のメディアです。 )

The foregoing outline shows that modern Spiritism within a generation had passed beyond the limits of a merely popular movement and had challenged the attention of the scientific world.ただし、前述の大綱によると、現代の世代が渡された心霊術内の限界を超えて人気のある運動をするだけでは、科学の世界の注目を障害者です。 It had, moreover, brought about serious divisions among men of science.それは、また、深刻な分裂をもたらした科学の中の男だ。 For those who denied the existence of a soul distinct from the organism it was a foregone conclusion that there could be no such communications as the Spiritists claimed.人々の魂の存在を否定している微生物を区別することが既定の結論ではない可能性があるとして、このような通信spiritists主張した。 This negative view, of course, is still taken by all who accept the fundamental ideas of Materialism.この否定的な見方は、もちろん、すべての人は、まだ撮影された唯物論の基本的考え方を受け入れる。 But apart from any such a priori considerations, the opponents of Spiritism justified their position by pointing to innumerable cases of fraud which were brought to light either through closer examination of the methods employed or through the admissions of the mediums themselves.しかし、どのような演繹的な考察から離れて、自分の立場を正当化反対派の心霊術を差している無数の例が白日の下にさらさ詐欺緊密な審査の方法のいずれかを介して雇用や入学のメディアを通じて、自身です。

In spite, however, of repeated exposure, there occurred phenomena which apparently could not be ascribed to trickery of any sort.にもかかわらず、しかし、反復暴露のは、ある現象が発生していない可能性が明らかに生得的にはどんな卑劣な手段で並べ替えています。 The inexplicable character of these the sceptics attributed to faulty observation.この不可解な性格に起因する障害が発生し、これらの観測sceptics 。 The Spiritistic practices were simply set down as a new chapter in the long history of occultism, magic, and popular superstition. spiritistic慣行のダウンとして設定されただけでは、長い歴史の新しい章オカルティズム、魔術、迷信と人気です。 On the other hand, a certain number of thinkers felt obliged to confess that, after making due allowances for the element of fraud, there remained some facts which called for a more systematic investigation.その一方で、特定の数の思想家感じたことを告白する義務は、その要素を加えたら手当の不正行為により、そこにはいくつかの事実を、より体系的調査と呼ばれる。 In 1869 the London Dialectical Society appointed a committee of thirty-three members "to investigate the phenomena alleged to be spiritual manifestations, and to report thereon". 1869年、ロンドンの弁証法的な社会に任命する委員会のメンバー33 "とされる疑惑を調査する精神的な症状を呈し現象は、それを報告すると" 。 The committee's report (1871) declares that "motion may be produced in solid bodies without material contact, by some hitherto unrecognized force operating within an undefined distance from the human organism, an beyond the range of muscular action"; and that "this force is frequently directed by intelligence".同委員会の報告書( 1871 )を宣言して"運動で産生される可能性固体材料の遺体に連絡せずには、従来認識されていないいくつかの力によって動作する未定義からの距離内で、人間の生物は、筋肉の行動の範囲を越えて" ;とし"この部隊は、頻繁に監督されるの知能" 。 In 1882 there was organized in London the "Society for Psychical Research" for the scientific examination of what its prospectus terms "debatable phenomena". 1882年にロンドンで組織さがあった"心霊研究会"の審査のための科学的な条件は何の目論見書"論争の余地のある現象"です。 A motive for investigation was supplied by the history of hypnotism, which had been repeatedly ascribed to quackery and deception.動機を調査するために供給されるのは、催眠術の歴史は、生得的にされていた似非療法やごまかしを繰り返しています。 Nevertheless, patient research conducted by rigorous methods had shown that beneath the error and imposture there lay a real influence which was to be accounted for, and which finally was explained on the theory of suggestion.にもかかわらず、患者の厳密な方法で実施された調査の下にあるということを示していたとエラーが発生するリアルな詐欺行為の影響力が横たわっていた会計処理のために、そして最終的にはどの提案の理論を説明しています。 The progress of Spiritism, it was thought, might likewise yield a residuum of fact deserving scientific explanation.心霊術の進捗状況、それは、思想、同様に降伏するかもしれない残滓科学的な事実の説明を受けるに値する。

The Society for Psychical Research soon counted among its members distinguished representatives of science and philosophy in England and America; numerous associations with similar aims and methods were organized in various countries.心霊研究のために、社会の構成員の間ですぐに数えられる著名な科学哲学の代表でイングランドとアメリカ;多くの団体と同様の目的や方法は様々な国々から構成されています。 The "Proceedings" of the Society contain detailed reports of investigations in Spiritism and allied subjects, and a voluminous literature, expository and critical, has been created.その"手続き"の詳細なレポートが含まれ、社会との連合の調査で心霊術科目は、膨大な数の文学とは、批判的な解説と、が作成されています。 Among the most notable works are: "Phantasms of the Living" by Gurney, Myers, and Podmore (London, 1886); F.W.H.最も著名な作品のうち、以下の通りです: " phantasmsオブザリビング"をガーニー、マイヤーズ、およびpodmore ( 1886 ) ; fwh Myers, "Human Personality and Its Survival of Bodily Death" (London, 1903); and Sir Oliver Lodge, F.R.S., "The Survival of Man" (New York, 1909).マイヤーズは、 "人間の人格とその肉体的生存の死" (ロンドン、 1903 ) ;とサーオリバーロッジ、 frs 、 "人間の生存" (ニューヨーク、 1909 ) 。 In recent publications prominence is given to experiments with the mediums Mrs. Piper of Boston and Eusapia Palladino of Italy; and important contributions to the literature have been made by Professor Wm.最近の研究業績リストでは、与えられた隆起して実験をすると、メディアミセスボストンパイパーeusapiaパラディーノのイタリア;や重要な貢献をしてきた文学教授のWM作られる。 James of Harvard, Dr. Richard Hodgson of Boston, Professor Charles Richet (University of Paris), Professor Henry Sidgwick (Cambridge University), Professor Th.ジェームズ、ハーバード大学、ボストンホジソンリチャード博士は、シャルルリシェ教授(パリ大学) 、ヘンリーシジウィック教授(ケンブリッジ大学)は、教授の日です。 Flournoy (University of Geneva), Professor Morselli (University of Genoa), Professor Cesare Lombroso (University of Turin), Professor James H. Hyslop (Columbia University), Professor Wm.フルールノア(ジュネーブ大学)教授morselli (ジェノバ大学) 、チェーザレロンブローゾ教授(トリノ大学) 、ジェームズh.ハイスロップ教授(コロンビア大学)は、教授のWMです。 R. Newbold (University of Pennsylvania).共和党ニューボルド(ペンシルベニア大学) 。 While some of these writers maintain a critical attitude, others are outspoken in favour of Spiritism, and a few (Myers, James), lately deceased, arranged before death to establish communication with their surviving associates.これらの中には批判的な態度を維持する作家は、他には辛口の心霊術を支持して、いくつかの(マイヤーズ、ジェームズ)は、最近、故人は、死を前に並べて生き延びたアソシエイツの通信を確立する。

HYPOTHESES仮説

To explain the phenomena which after careful investigation and exclusion of fraud are regarded as authentic, three hypotheses have been proposed.現象を説明するのを排除した後、慎重に捜査とは見なされて本物の詐欺は、 3つの仮説が提唱されています。 The telepathic hypothesis takes as its starting-point the so-called subliminal consciousness.テレパシーの仮説は、その出発点として、いわゆる潜在意識です。 This, it is claimed, is subject to disintegration in such wise that segments of it may impress another mind (the percipient) even at a distance.これは、主張することは、このような賢明では、件名に崩壊して別のセグメントの心に感銘を与えることがあります(知覚)でさえある距離を置いています。 The personality is liberated, so to speak, from the organism and invades the soul of another.解放者の人格は、いわば、魂から侵入する微生物とは別です。 A medium, on this hypothesis, would obtain information by thought-transference either from the minds of persons present at the séance or from other minds concerning whom the sitters know nothing.メディアは、この仮説は、思考の転移は、どちらかの情報を入手するよりは、現在の人々の心のよりséanceまたは他の人の心に関するsitters何も知らない。 This view, it is held, would accord with the recognized facts of hypnosis and with the results of experimental telepathy; and it would explain what appear to be cases of possession.このビューで、行われたことは、事実を認識して合意して催眠術や実験の結果をテレパシー;とは何かを説明することに表示される例所持している。 Similar to this is the hypothesis of psychical radiations which distinguishes in man the material body, the soul, and an intermediate principle, the "perispirit".これは、仮説のと同様に放線心霊体材料の男を区別し、その魂は、中間原則とすると、 " perispirit " 。 This is a subtle fluid, or astral body, which in certain persons (mediums) can escape from the material organism and thus form a "double".これは、微妙な流体、または霊体で、これは特定の人(メディア)は、生物材料からの脱出を形成するために" double "です。 It also accompanied the soul after death and it is the means by which communication is established with the peri-spirit of the mediums.それにも同行した後、魂の死とすることは、コミュニケーションの手段が確立されると、メディアペリ-の精神です。 The Spiritistic hypothesis maintains that the communications are received from disembodied spirits.この仮説を維持してspiritisticコミュニケーションズは、肉体を霊から受け取った。 Its advocates declare that telepathy is insufficient to account for all the facts, that its sphere of influence would have to be enlarged so as to include all the mental states and memories of living persons, and that even with such extension it would not explain the selective character of the phenomena by which facts relevant for establishing the personal identity of the departed are discriminated from those that are irrelevant.その擁護派を宣言してテレパシーでは不十分すべての事実を説明するために、その影響圏を拡大しなければならないような精神状態を含むすべての人々の生活や思い出が、それにもかかわらずこのような拡張機能を説明することはない、選別キャラクターは、どの事実に関連する現象によって、個人のアイデンティティを確立するためには差別からの出発には、関連性の低いものです。 Telepathy at most may be the means by which discarnate spirits act upon the minds of living persons.テレパシーで最も可能性があるという意味では肉体のない精神に従って行動する人々の心の生活です。

For those who admit that the manifestations proceed from intelligences other than that of the medium, the next question in order is whether these intelligences are the spirits of the departed or beings that have never been embodied in human forms.人のための症状を呈して続行を認めることから、知性の他の媒体に比べて、次の質問にするためには、これらの知性をするかどうかは、故人の霊や生き物が人間の形で具体化されたことがない。 The reply had often been found difficult even by avowed believers in Spiritism, and some of these have been forced to admit the action of extraneous or non-human intelligences.頻繁に見つかっていたの返信を自認する人でさえ困難な信者で心霊術、およびこれらのいくつかのアクションを余儀なくされ認めるまたは非人間の知性とは無関係な。 This conclusion is based on several sorts of evidence:この結論は、いくつかの種類の証拠に基づいて:

the difficulty of establishing spirit-identity, i.e., of ascertaining whether the communicator is actually the personality he or it purports to be; the love of personation on the part of the spirits which leads them to introduce themselves as celebrities who once lived on earth, although on closer questioning they show themselves quite ignorant of those whom they personate;精神-アイデンティティを確立することの困難さは、すなわち、コミュニケーターのascertainingかどうかは、実際に彼の人柄や本にすること;の愛の役を演じることで、一部の霊をリードして著名人を紹介して一度として地球上に住んで、緊密な事情聴取を表示するにもかかわらず彼ら自身かなり無知な者の役を演じる彼ら;

the trivial character of the communications, so radically opposed to what would be expected from those who have passed into the other world and who naturally should be concerned to impart information on the most serious subjects;ささいなキャラクターは、通信のため、根本的に反対して何が予想されるから渡さを持っている人は、他の人の世界との関係を自然にしなければならない最も深刻なテーマに基づく情報を伝える;

the contradictory statements which the spirits make regarding their own condition, the relations of God and man, the fundamental precepts of morality;これは矛盾した発言については、自分の状態を作るの霊は、神と人間との関係は、基本的な道徳的教訓;

finally the low moral tone which often pervades these messages from spirits who pretend to enlighten mankind.最後に、道徳的な口調で、しばしば低pervadesスピリッツこれらの人からのメッセージ人類のふりを啓発する。

These deceptions and inconsistencies have been attributed by some authors to the subliminal consciousness (Flournoy), by others to spirits of a lower order, i.e., below the plane of humanity (Stainton Moses), while a third explanation refers them quite frankly to demonic intervention (Raupert, "Modern Spiritism", St. Louis, 1904; cf. Grasset, "The Marvels beyond Science," tr. Tubeuf, New York, 1910).これらdeceptionsと矛盾してきた著者のいくつかの原因によって意識サブリミナル(フルールノア)は、他の人が霊を低くするために、すなわち、飛行機、人類は以下のとおり( staintonムーサー)は、 3番目の説明を参照している間にかなり率直に介入抗力( raupert 、 "現代の心霊術" 、セントルイス、 1904 ; cf 。グラッセは、 "科学の驚異を超え、 " tr 。 tubeuf 、ニューヨーク、 1910年) 。 For the Christian believer this third view acquired special significance from the fact that the alleged communications antagonize the essential truths of religion, such as the Divinity of Christ, atonement and redemption, judgment and future retribution, while they encourage agnosticism, pantheism, and a belief in reincarnation.キリスト教信者のための特別な意味を獲得したこのビューから3番目という事実に疑惑の通信を敵にまわす宗教の本質的な真理のように、キリストの神性、償いと償還は、将来の報復と判断し、彼らを奨励する不可知論、汎神論、そして信念生まれ変わり。

Spiritism indeed claims that it alone furnishes an incontestable proof of immortality, a scientific demonstration of the future life that far surpasses any philosophical deduction of Spiritualism, while it gives the death-blow to Materialism.心霊術と主張して本当にそれだけでは疑う余地のない証拠furnishes不滅のは、科学的なデモは、将来の人生哲学をはるかに上回りますいかなる控除スピリチュアリズムは、死の中に打撃を与えることにより、唯物論です。 This claim, however, rests upon the validity of the hypothesis that the communications come from disembodied spirits; it gets no support from the telepathic hypothesis or from that of demonic intervention.この主張は、しかし、その妥当性を置きするという仮説に基づいて、通信の肉体から来るスピリッツ;サポートしていないことから、テレパシーの仮説を取得または悪魔からの介入している。 If either of the latter should be verified the phenomena would be explained without solving or even raising the problem of human immortality.後者の場合は、どちらかの現象を検証しなければならないだろうと説明なしに引き上げても、問題の解決や人間の不滅です。 If, again, it were shown that the argument based on the data of normal consciousness and the nature of the soul cannot stand the test of criticism, the same test would certainly be fatal to a theory drawn from the mediumistic utterances which are not only the outcome of abnormal conditions, but are also open to widely different interpretations.もし、再度、議論することが示されているデータに基づいて、通常の意識と魂の性質の試練に耐えることができないの批判は、同じテストを致命的になるのは確実にある理論巫女の中から選ばれただけではない発言異常な状態の結果が、違う解釈にも広く開放しています。 Even where all suspicion of fraud or collusion is removed--and this is seldom the case--a critical investigator will cling to the idea that phenomena which now seem inexplicable may eventually, like so many other marvels, be accounted for without having recourse to the Spiritistic hypothesis.詐欺の疑いでもどこかの癒着は、すべて削除-そしてこれはめったにないケース-重大な捜査官がいるという考えに固執する不可解な現象のように見えるかもしれませんが今最終的には、他の多くの驚異のように、償還請求をせずに占めるこの仮説spiritistic 。 Those who are convinced, on philosophical grounds, of the soul's immortality may say that communications from the spirit world, if any such there be, go to strengthen their conviction; but to abandon their philosophy and stake all on Spiritism would be more than hazardous; it would, indirectly at least, afford a pretext for a more complete rejection of soul and immortality.納得した人たちは、哲学的根拠にして、不滅の魂のコミュニケーションが何と言おうとしてから、精神世界では、どのような場合にあっても、自分の信念を強化しに行く;しかし、哲学を放棄して心霊術となる株式のすべてを超える有害;それは、間接的、少なくとも、余裕を口実には、より完全な拒絶反応の魂と不滅です。 In other words, if Spiritism were the sole argument for a future life, Materialism, instead of being crushed, would triumph anew as the only possible theory for science and common sense.言い換えれば、もし心霊術は、将来の生活のための唯一の引数は、唯物論は、代わりに押しつぶされている、とあらためて勝利のための科学的理論としてのみ可能と常識だ。

DANGERS危険

To this risk of philosophical error must be added the dangers, mental and moral, which Spiritistic practices involve.このエラーが発生する危険性を哲学的に追加しなければならないの危険性は、道徳的な精神とは、どのspiritistic慣行を伴う。

Whatever the explanations offered for the medium's "powers", their exercise sooner or later brings about a state of passivity which cannot but injure the mind.何の説明を提供するために、メディアの"権力"は、彼らの行使については、遅かれ早かれ状態受動性をもたらすことはできませんが、心を傷つける。 This is readily intelligible in the hypothesis of an invasion by extraneous spirits, since such a possession must weaken and tend to efface the normal personality.これは容易に理解できるのは、仮説スピリッツ無関係な侵略によって、所持する必要がありますのでこのような傾向を弱めると、通常の人格を消す。 But similar results may be expected if, as the alternate hypothesis maintains, a disintegration of the one personality takes place.しかし、似たような結果が予想される場合は、異なる仮説として維持し、 1つの人格の崩壊が行われるのです。 In either case, it is not surprising that the mental balance should be disturbed, and self-control impaired or destroyed.いずれの場合も、これは驚くべきことではなく、精神的な動揺してバランスをしなければならない、と自己制御障害または破棄してください。 Recourse to Spiritism frequently produces hallucinations and other aberrations, especially in subjects who are predisposed to insanity; and even those who are otherwise normal expose themselves to severe physical and mental strain (cf. Viollet, "Le spiritisme dans ses rapports avec la folie", Paris, 1908).償還請求を頻繁に作り出す幻覚やその他の収差心霊術は、被験者たちは、特に傾向がある精神病;とでもそれ以外の普通の人たちは自らをさらす重度の肉体的精神的ひずみ( cf.ビオレは、 "ルのSES rapports avecラspiritisme dans質問"は、パリ、 1908年) 。

More serious still is the danger of moral perversion.より深刻な危険性は、道徳的な倒錯まだです。 If to practise or encourage deception of any sort is reprehensible, the evil is certainly greater when fraud is resorted to in the inquiry concerning the future life.練習やごまかしを奨励する場合には、非難されるべき任意の並べ替えは、悪のは、確かに大きいときは、詐欺の手段には、将来の生活に関するお問い合わせください。 But apart from any intention to deceive, the methods employed would undermine the foundations of morality, either by producing a disintegration of personality or by inviting the invasion of an extraneous intelligence.しかし、別にどんな意図を欺き、そのメソッドの就業者は、道徳性の基盤を揺るがす、どちらかを産生する人格の崩壊を招いたりするの侵攻無関係な情報です。 It may be that the medium "yields, perhaps, innocently at first to the promptings of an impulse which may come to him as from a higher power, or that he is moved by an instinctive compulsion to aid in the development of his automatic romance--in any case, if he continues to abet and encourage this automatic prompting, it is not likely that he can long retain both honesty and sanity unimpaired. The man who looks on at his hand doing a thing, but acquits himself of responsibility for the thing done, can hardly claim to be considered as a moral agent; and the step is short to instigating and repeating a like action in the future, without the excuse of an overmastering impulse . . . To attend the séances of a professional medium is perhaps at worst to countenance a swindle; to watch the gradual development of innocent automatism into physical mediumship may be to assist at a process of moral degeneration" (Podmore, "Modern Spiritualism", II, 326 sqq.).媒体ことかもしれないが、 "利回りは、たぶん、何食わぬ顔では、最初に駆られpromptings彼が来てから高い電源として、あるいはその彼は、本能的衝動に動かされる開発援助は、彼の自動ロマンス- -いずれにせよ、もし彼を唆す続けていると、この自動奨励するよう求めることではないのだということ長く維持する可能性と健全性の両方に障害がなく正直。外見上、男の人の手で行うことが、自分自身の責任をacquits行わもの、と見なされることがほとんどクレームを代理店としてのモラル;とinstigatingのステップではショートを連発するような行動とは、将来的には、言い訳をすることなく、激しい衝動。 。 。交霊術に出席するのは、おそらく、プロの培地最悪の状態で顔を詐欺;を見るために徐々に物理的なオートマティズム霊媒無実の開発を支援するかもしれないの過程で、モラルの低下" ( podmore 、 "現代スピリチュアリズム"は、 2世、 326 sqq 。 ) 。

ACTION OF THE CHURCHアクションは、教会

As Spiritism has been closely allied with the practices of "animal magnetism" and hypnotism, these several classes of phenomena have also been treated under the same general head in the discussions of theologians and in the decisions of ecclesiastical authority.心霊術として実践されて密接に関連して、 "動物磁気"と催眠術は、これらの現象はいくつかのクラスの下でも、同じ扱いされ全般の議論の中に頭を神学や教会の意思決定の権限だ。 The Congregation of the Inquisition, 25 June, 1840, decreed:会衆は、異端審問は、 1840年6月25日、定め:

Where all error, sorcery, and invocation of the demon, implicit or explicit, is excluded, the mere use of physical means which are otherwise lawful, is not morally forbidden, provided it does not aim at unlawful or evil results.そこではすべてのエラーは、魔術は、悪魔との呼び出しは、明示または暗黙のは、除外されましたが、単なる物理的な手段では、それ以外の使用を合法的、道徳的に禁じられてではない、不法に提供することはありませんか悪の結果を狙う。 But the application of purely physical principles and means to things or effects that are really supernatural, in order to explain these on physical grounds, is nothing else than unlawful and heretical deception.しかし、アプリケーションの純粋に物理的な手段を原則として効果が本当に超自然的なことや、これらを説明するためには物理的な理由で、ほかは何もないよりも違法と異端のごまかしです。

This decision was reiterated on 28 July, 1847, and a further decree was issued on 30 July, 1856, which, after mentioning discourses about religion, evocation of departed spirits and "other superstitious practices" of Spiritism, exhorts the bishops to put forth every effort for the suppression of these abuses "in order that the flock of the Lord may be protected against the enemy, the deposit of faith safeguarded, and the faithful preserved from moral corruption".この決定を改めて強調していた1847年7月28日、令が出されたとし、さらに1856年7月30日、これは、宗教についての国について言及した後、故人の霊を呼び起こすと"他の迷信的慣行"の心霊術は、あらゆるexhortsの司教を出すこれらの侵害を抑制のための努力"を注文して、主の群れかもしれない敵に対する保護は、預金保護の信仰は、道徳的腐敗と、より忠実に保存" 。 The Second Plenary Council of Baltimore (1866), while making due allowance for fraudulent practice in Spiritism, declares that some at least of the manifestations are to be ascribed to Satanic intervention, and warns the faithful against lending any support to Spiritism or even, out of curiosity, attending séances (Decreta, nn. 33-41). 2番目の本審議会のボルチモア( 1866 )は、引当金詐欺によるつつ心霊術の練習では、少なくとも宣言して、いくつかの症状を呈しては、悪魔のように生得的に介入、と警告して任意の忠実な支持を心霊術に対する貸出あるいは、アウト好奇心は、出席した交霊術( decretumの複数形、 nn 。三三から四一) 。 The council points out, in particular, the anti-Christian character of Spiritistic teachings concerning religion, and characterizes them as an attempt to revive paganism and magic.評議会が指摘するように、特に、反キリスト教の性格について教えspiritistic宗教、そしてそれらを特徴づけるペイガニズムやマジックを復活する試みだ。 A decree of the Holy Office, 30 March, 1898, condemns Spiritistic practices, even though intercourse with the demon be excluded and communication sought with good spirits only.法令には、神聖なオフィスは、 1898年3月30日、慣行spiritistic非難にもかかわらず、悪魔と交際、除外されるとのコミュニケーションを求めて上機嫌のみです。 In all these documents the distinction is clearly drawn between legitimate scientific investigation and superstitious abuses.これらの文書は、すべての区別を明確に描かれたとの間で合法的な科学捜査の乱用迷信だ。 What the Church condemns in Spiritism is superstition with its evil consequences for religion and morality.心霊術の教会では、どのような迷信を非難してその結果を邪悪な宗教と道徳。

Publication information Written by Edward A. Pace.エドワードa.ペースで書かれた文献の情報です。 Transcribed by Janet Grayson.ジャネットグレイソン転写された。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.カトリック百科事典は、 14巻です。 Published 1912.日付1912 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認は、 12年7月1日です。 Remy Lafort, S.T.D., Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです