Theism有神論

General Information 総合案内

Theism is a philosophically or theologically reasoned understanding of reality that affirms that the source and continuing ground of all things is in God; that the meaning and fulfillment of all things lie in their relation to God; and that God intends to realize that meaning and fulfillment. Thus theism is distinguished from Agnosticism in claiming it to be possible to know of God, or of ultimate reality. 有神論は、哲学的なあるいは肯定theologically理路整然として現実を理解して、ソースと地上のすべてのものは、継続的に神;ことの意味や充足感の全能の神と関連してうそをつく;とは、神の意図を実現することを意味すると充足感。従って有神論不可知論では区別される可能性を知っていると主張して神の、あるいは究極の現実だ。 It is distinguished from Pantheism in affirming that God is in some sense "personal" and so transcends the world even as a totality and is distinct from the world and its parts. 汎神論で区別することは肯定して神には、いくつかの意味で"個人"を超えたため、世界全体としても、世界とは異なるとその部品です。 Finally, it is distinguished from Deism, which denies God's active, present participation in the world's being and the world's history.最後に、 自然神と区別することはこれを否定する神のアクティブは、現在の参加は、世界の存在と、世界の歴史があります。 Historically, theism so understood represents a reasoned articulation of the understanding of God characteristic of the Jewish, Christian, and, to some extent, Islamic faiths.歴史的には、これに理解を表します有神論の理解を理路整然と調音的特徴は、ユダヤ教の神は、キリスト教、とは、ある程度までは、イスラムの宗教です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Langdon Gilkeyラングドンgilkey

Bibliography 文献情報
W W Fenn, Theism: The Implication of Experience (1969); J Hall, Knowledge, Belief, and Transcendence; Philosophical Problems in Religion (1975); L E Mascall, He Who Is: A Study in Traditional Theism (1966); C H Monson, ed., Great Issues Concerning Theism (1965).見てなかったフェン、有神論:経験という含意( 1969 ) ; jホールは、知識、信念、および超越;宗教哲学の問題点( 1975 ) ;ルマスカルは、誰が彼:伝統的な有神論の研究( 1966 ) ;チャンネルモンソン、エド。 、大きな問題に関する有神論( 1965 ) 。


Theism有神論

Advanced Information 高度情報

Theism is, literally, belief in the existence of God. Though the concept seems to be as old as philosophy, the term itself appears to be of relatively recent origin. 有神論は、文字通り、神の存在を信じることです。かかわらず、古い概念としての哲学と思われるとして、その用語自体は、比較的最近の起源と思われる。 Some have suggested that it appeared in the seventeenth century in England to take the place of such words as "deism" and "deistic" when referring to belief in God.いくつかあると示唆していたが、 17世紀の英国に取って代わるような言葉として"自然神"と"神教"を指すときに神への信仰です。 "Theism" is often used as the opposite of "atheism," the term for denial of the existence of God, and distinguishes a theist from an atheist or agnostic without attempting any technical philosophical or theological connection. "有神論"とはよく使われるとして、反対の"無神論"という用語は、神の存在を否定し、区別する有神論無神論者や不可知論者からの技術的な哲学や神学なしに任意の接続を試みています。 The term is also used as a label for religious believers, though again, there is no attempt to imply a particular theological or philosophical position.任期は、ラベルとして使用されるためにも宗教的な信仰する者よ、再びかかわらず、意味がない試みを、特定の神学や哲学の立場だ。 Finally, the term is used to denote certain philosophical or theological positions, regardless of whether this involves a religious relationship to the God of whom individuals speak.最後に、その用語が使用されて特定の哲学や神学的立場を表し、参加するか否かにかかわらず、この神の宗教関係者を個人に話す。

God as Ultimate Reference Point神としての究極の基準点

In its broadest sense theism denotes a belief in some ultimate reference point that gives meaning and unity to everything.有神論は、広い意味での信仰を示すいくつかの究極の基準点を与えると団結してすべてを意味する。 However, the God postulated in this sense is totally depersonalized and thoroughly transcendent, almost an abstract concept.しかし、この意味では完全に神の仮定を徹底的に超越depersonalizedとは、ほとんどが抽象的な概念です。 There are philosophical and theological positions that seem to use "God" and "theism" in this way.哲学と神学的にはポジションを使用すると思われる"神"と"有神論"をこのようにします。

(1) Paul Tillich's concept of theism is that God is whatever becomes a matter of ultimate concern, something that determines our being or nonbeing. ( 1 )ポールティリヒ有神論のは、神の概念は、どのような究極の関心事になって、何かしているか私たちの存在しないことを決定した。 Consequently, God is identified by Tillich as the ground of all being, or being - itself.したがって、神はティリヒとして識別され、地面のすべて、またはいる-そのものです。 While being - itself is certainly objective and not a mere creation of the mind, Tillich's God is totally depersonalized and abstract.受けている間に-それ自体は、確かに、単なる客観的ではなく、心の創出、そしてd epersonalizedティリヒの神とは全く抽象的です。 This is demonstrated by Tillich's claim that the only nonsymbolic statement one can make about God is that he is being - itself or the ground of being.これは実証されnonsymbolicティリヒの主張だけでできるように1つのステートメントについては、神は、彼れている-それ自体や、地面れている。 All words traditionally used to denote the attributes of God are entirely symbolic.伝統的に使用されるすべての単語には、完全に神の属性を表す象徴的だ。

(2) This broad sense of theism is also found in Hegel, who actually has several concepts of God, but at least one that fits this category. ( 2 )この広義のヘーゲル有神論でも発見さは、実際には、いくつかの概念を、神の人が、このカテゴリの少なくとも1つに合った。 In Hegel's thought, one concept is that God is equivalent to the infinite.ヘーゲルの考えでは、 1つの概念に相当するのは、神は無限です。 Philosophy, he says, rises to divinity or a divine viewpoint.哲学は、彼によれば、神や神の視点から上昇した。 Here "God" seems to be equivalent to transcendent, all encompassing thought, but is not a personal God.ここで"神"に相当すると思われる超越は、すべてを網羅するような思想が、これは個人的な神です。

God as Immanent神としての内在的な

A narrower concept of theism sees God also as depersonalized and as the ultimate reference point, but gives God some kind of concrete manifestation.有神論を見て、神の下位概念としても、究極の基準点としてdepersonalizedとは、神が与えある種の具体的な現れだ。 Nevertheless, the God of such theistic views is entirely immanent.にもかかわらず、このような有神論の神の見解は、完全に内在する。

One example is pantheism, the view that everything is God.汎神論の1つの例は、すべてが、神との見方をした。 The most famous philosophical form is that of Spinoza, who held there is only one substance in the universe, God.最も有名なのは、フォームのスピノザ哲学は、人の中で行われたが1つしかない宇宙の物質は、神です。 Consequently, everything is merely a mode of that one substance.したがって、すべてのモードでは、単に1つの物質のことです。 Such a God is not abstract but immanent.しかし、このような抽象的な神ではない内在する。

By contrast, the biblical concept speaks of God as infinite, meaning, among other things, that God has being to an infinite degree, but not to an infinite amount, a view that is qualitative but not quantitative being.これとは対照的に、聖書の神としての無限の概念が喋るのは、意味が、他のもののうち、神がいることを、無限度は、無限にはない金額は、ビューでは、定性的定量的にはできません。 Scripture further teaches that God is everywhere simultaneously (immensity) and is present at every spatial location in the totality of his being (omnipresence), i.e., God is present at but not as every point in space.啓典のさらなる至る所で同時に教えることは、神(無限)と空間が存在するあらゆる場所では、彼が皆既食(遍在)は、すなわち、神が存在するとしてではなく、宇宙のあらゆるポイントです。

The broad difference between the pantheistic and biblical concepts on these matters is that the pantheist thinks God is present, not only at every point in space, but as every point.汎神論との違いは、聖書の広範な概念上のは、これらの問題だと思って汎神論神が存在する場合、空間だけでなく、あらゆる点では、しかし、すべてのポイントです。 Furthermore, pantheism denies omnipresence, since the totality of God's being is present in no one place.また、遍在汎神論を否定は、神のれて以来、全体の1つの場所ではありませんが存在しています。

Another example of this concept is process theism, based on the process metaphysics of Alfred North Whitehead (Process and Reality), sometimes known as bipolar or dipolar theism. Some of the better known process theologians are Charles Hartshorne, Schubert Ogden, John Cobb, and David Griffin.別の例は、この概念は、 プロセスの有神論、形而上学のプロセスに基づいて、アルフレッドノースホワイトヘッド(プロセスと現実) 、時にはバイポーラまたは双極子として知られて有神論です。いくつかの神学者にはよく知られてプロセスチャールズハーツホーン、シューベルトオグデン、ジョンコッブ、およびデヴィッドグリフィンです。 According to this school, there are in God two poles: a primordial, eternal, potential pole, and a temporal, consequent, actual, pole.この学校によると、 2つの極には、神の存在:する原始は、永遠には、潜在的な柱は、時間と、結果は、実際には、極です。 In addition, there are certain eternal objects that may ingress into the world to become actual entities.また、オブジェクト内の特定の永遠の世界に進入して5月の実際のエンティティになる。 Such eternal objects are pure potentials, and, as such, cannot order and relate themselves as actual entities can.永遠のオブジェクトがこのような純粋な潜在力、そして、このように、関係づけることができないようにするために、実際のエンティティのことです。 To order these eternal entities some nontemporal actual entity is needed, and this is God in his primordial nature.永遠のためにこれらのエンティティは、必要に応じていくつかのエンティティnontemporal実際、これは、神が彼の原初的性質です。 Here God is like a backstage director who lines up the forms, getting them ready to ingress onto the stage of the temporal world.ここでは神のような人のラインアップのフォーム楽屋ディレクター、進入を取得して準備ができて頭に入ると、世界の舞台だ。

However, God's primordial nature should not be seen as distinct from the order of eternal objects; which means the order is his primordial nature.しかし、神の原初的性質からはっきりと見られてはならない永遠のオブジェクトの順序;これは、彼のためには、原始的性質です。 Consequently, God is not a creator before creation, but with it in its concrescence at its very beginning.したがって、神の前ではないクリエーターの創造とは関係なく、癒合することで、非常に始まりです。 In his primordial pole, God is the principle of concretion; and this entirely depersonalizes God and makes him finite.彼の原初の極は、神様が原則コンクリーション;そしてこの神とは彼を完全にdepersonalizes有限です。

The same is true for God in his actual role.同じことが真の役割を果たすために、神が彼の実際のです。 According to bipolar theism, every actual entity (and God is perceived as such) needs a physical pole to complete the "vision" of its potential pole.バイポーラ有神論によると、実際にすべてのエンティティ(そして神はこのように知覚)のニーズを完了して、物理的な極"ビジョン"の潜在的な柱です。 The consequent nature of God, then, refers to all the entities in being in the temporal order.神の帰結性は、その後、参照しているすべてのエンティティでは、時間的な順序です。 Given such a view, God can change and develop as his temporal pole does, and he is clearly finite.与えられたこのようなビューで、神は自分の側頭極として発展変化とは、はっきりと彼は有限です。 Moreover, God in his actual pole can perish, since all actual things can perish.しかも、彼の実際の柱の神で死ぬことは、実際に物事にはすべて消滅することです。 In such a concept God is not the creator of the world, but rather the director of a world process.このような概念は、神の創造の世界ではないのではなく、世界のプロセスの責任者です。 He is interdependent in the sense of being mutually dependent.彼は持ちつ持たれつでいるような感覚を相互に依存しています。 Moreover, he does not have all perfections eternally and concurrently, but attains them successively and endlessly.しかも、彼は永遠に完成度がないと同時にすべてが、かれらが相次いで延々とattains 。

A final example of this form of theism is found in Hegel's conception of God as Spirit.このフォームは、最終的な例が見つかった有神論ヘーゲルの概念として神の精神です。 This notion of Spirit does not allow God to be a person in the Judeo Christian sense, but sees him as a force, or general consciousness, uniting all finite consciousnesses.この概念は認められておりません精霊神は、ユダヤ人をキリスト教にする意味では、しかし彼を見て力として、あるいは意識総長は、すべての有限consciousnesses団結しています。 In other words, he is not just all finite consciousnesses taken together, but rather the force that underlies and unites all intersubjectivity.言い換えれば、彼だけではない有限consciousnessesすべてひっくるめてのではなく、すべての力をunderliesとunites間主観性です。 Such a God is clearly immanent and not personal.このような個人ではなく、神は明らかに内在する。

God as Personal個人としての神

A third sense of theism is that God is not an abstract concept nor even a concrete manifestation of some depersonalized idea.有神論するのは、神の3番目の感覚ではない抽象的な概念でさえも、いくつかの具体的な現れdepersonalizedアイデアだと思います。 In this sense, the concept of God does take on personhood, though this is not to suggest that in all forms of this view God has interactions with persons.その意味では、神という概念を人間には時間がかかりますが、この中ではないと示唆してこのビューを表示するすべての形態の神が人のやりとりをしています。 Despite the fact that such a God is an individual object (rather than a compilation of objects), he is not the equivalent of the Judeo Christian concept.にもかかわらず、このような事実が、神は、個々のオブジェクト(オブジェクトのコンパイルではなく) 、彼ではないのは、ユダヤキリスト教の概念と等価です。 Normally, such a concept of God sees him in some way as finite.通常、このような神の概念を見て、彼はいくつかの方法として有限です。 Two examples will illustrate this sense of theism.この感覚は、 2つの例を説明する有神論。

(1) Polytheism, of which the best known is perhaps the Greco Roman pantheon of gods. ( 1 ) 多神教、そのうち 、最もよく知られたのは、おそらくグレコローマンパンテオンの神々です。 Here there is a multiplicity of gods, each representing and personifying some aspect of life that of the created universe.ここでは、数え切れないほどの神々は、それぞれの人生を表すとpersonifyingいくつかの側面を作成して、宇宙空間です。 In spite of the fact that each god may represent only one quality of life (love, war etc.), each is perceived as a person.という事実にもかかわらず、各神の可能性を示す1つだけの生活の質(愛は、戦争など)は、それぞれのは、人として認識されます。 As such, the gods are perceived as separate from, but participating in, the world and interacting with men and with one another.このように、神々の認識としては別に、でも参加して、世界との相互作用して1つの別の男性としています。 In fact, the gods were perceived as having many of the foibles and failings of human beings.実際には、神として認知されたことの多くは、人間の欠点をfoiblesとします。 Such polytheistic perceptions of God view him as personal, but definitely finite.このような認識を多神の神としての彼の個人的な見解ではなく間違いなく有限だ。 Such concepts are not equivalent to the Judeo Christian notion of God.このような概念ではないと同等のユダヤキリスト教の神の概念です。

(2) There is also deism. According to this view, God is an individual being (personal in that sense), but one who does not interact with the world. ( 2 ) 自然神でもあるこの見解によれば、神は、個々が(その意味で個人的な)が、 1つの世界と情報をやりとりする人はありません。 He initially created the world, but since then has withdrawn himself from it (impersonal in that sense).彼は世界で最初に作成したが、その後は、自分自身から撤回すること(その意味で非人称) 。 He does not act in the world or sustain it, but remains thoroughly transdencent from it.彼は、世界ではありませんか行動を持続させることが、遺跡から徹底的にtransdencentことです。 There is a sense in which such a view renders God's existence inconsequential and certainly not equivalent to the Judeo Christian conception.そこでは、そのような意味で、神の存在を表示するレンダリング確かに重要ではないとしていないユダヤキリスト教の概念に相当する。

God as Personal Creator and Sustainer神としての個人的なクリエーターや支持者

A final perception is of God as creator and sustainer of the universe.最終的な認識としては、神の創造とは、宇宙の支持者だ。 He is infinite in attributes, and he is the only God.彼は無限の属性では、と彼は、神のみです。 This monotheistic concept of God is held within the Judeo Christian tradition, and there are three ways in particular that have appeared.一神教の神は、このコンセプトで開かれた内のユダヤキリスト教の伝統、そして特にそこには、 3つの方法がありますが出演しています。

(1) Theonomy. According to this view, God is the law in the universe, and in particular, his will is law. ( 1 ) 神律。この見解によると、同法では、宇宙の神、そして特に、彼の意思は、法律です。 Whatever rules of ethics, epistemology, etc., there are result from what God wills and could be otherwise if he so chose.どのような倫理規定は、認識論などでは、どのような結果から、神の意志とそうでないかもしれないのでもし彼を選んだ。 No action in the universe is intrinsically good or evil or better or worse, but has its value in regard to the value God places upon it.宇宙のアクションなしでは、本質的に良くも悪くもいいか悪いかではなく、その価値は、神の場所の値と関連しています。 The necessary rules are known through divine revelation rather than reason.必要なルールが理由ではなく、神様のお告げで知られています。

(2) Rationalism. This school is thought is represented by the work of Leibniz. ( 2 ) 合理主義。この学校は、その仕事の思想は、ライプニッツによって表される。 According to his system, all the laws of logic, ethics, and the like are necessary laws in the universe and are so in virtue of the principle of sufficient reason in accord with which everything must happen.彼によると、システムは、すべての法律の論理は、倫理、およびそのような法律が必要で、宇宙とはとても気が美徳の原則に合致する十分な理由で起こるすべてをする必要があります。 In such a system God must create a world, and he must create the best of all possible worlds (for Leibniz, the best world is intelligible).神は、このようなシステムを作成する必要があります世界では、と彼は最善を作成する必要がありますが、すべての可能な世界(ライプニッツのために、最善の世界が理解できる) 。 The circumstances in such a universe are discernible by the light of pure reason unaided by revelation.ユニバースは、このような状況下で識別される光の人の手を借りないで純粋理性啓示です。 If in theonomy the concept of God is prior to logic, in rationalism logic is prior to theology.もし神律という概念は、神の前には、ロジックは、合理主義の論理の前には、神学です。

(3) Modified Rationalism. There is a mediating position which, like theononmy, does not claim that everything is discernible by reason alone, nor that what is discernible is an expression of some necessary law. ( 3 ) 合理主義更新。調停にはどの位置には、 theononmyのように、すべてが認められると主張していないという理由だけでも、認められることは、何が必要ないくつかの表現法です。 Modified rationalism does not demand that God create a world, but asserts that creating a world is something fitting for God to do.合理主義更新需要がない世界を作成するには、神が、世界を作成する主張は、神のために何かを行うにふさわしい。 For a modified rationalist, there is no best possible world, only good and evil worlds.合理主義者は、更新がないので、可能な限り世界では、善と悪の世界だけです。 Modified rationalism differs from theonomy in that it claims that certain things are intrinsically good and intrinsically evil, apart from what God says about them.更新は合理主義と異なることを主張して特定の神律では、本質的に良好で、本質的に邪悪なことは、どのような神によれば約離れている。 In such a universe, and in many cases they are according to reason, and in many cases one can discern why something is the case and what the case is by means of reason, though some things can be known only by revelation, a view historically typical of Judeo Christian theologies.このような宇宙には、多くの場合、彼らは理由によると、多くの場合、何か1つの理由を識別することは、このケースの場合は、どのような理由により、いくつかのものを啓示されたことで知られるだけに、歴史的に見る典型的なユダヤキリスト教theologies 。

Conclusion結論

More needs to be said about theism as a philosophy, especially about certain questions traditionally attached to the philosophy of theism.もっとしなければならないと述べた有神論としての哲学については、特に特定の質問については、哲学の伝統的有神論に接続している。 For example, in speculating on theism, one of the questions that arises is about the relation of human language to God, i.e., How is human language (with its reference to finite beings) predicable of an infinite being?たとえば、有神論投機して、 1つの質問に答えることが発生するのは、人間の言語との関係については、神は、すなわち、人間の言語ではどのように(参考にして有限の生き物)珍しくもないが、無限のですか? Another question deals with whether it is possible to demonstrate rationally, or at least to justify rationally, belief in God's existence.別の質問を扱っていることを実証することが可能かどうかを合理的、あるいは少なくとも理性を正当化は、神の存在を信じることです。 Philosophers of religion also ask whether a particular mode of experience is specifically religious.宗教哲学者でも、特定のモードにするかどうか尋ねるのは、特に宗教的な経験をした。 Likewise, they ask about the relation of the providence and soverignty of God to the freedom and responsibility of man.同様に、彼らの関係について尋ねるとsoverignty神の摂理を人間の自由と責任を負う。 Finally, there is the question about the internal consistency of theological systems that hold to the existence of an all powerful, all loving God along with the presence of evil in the world.最後に、この質問については、内部の整合性を保持するシステムでは神学の存在するすべての強力な、すべての神を愛するとともに、世界には邪悪な存在だ。

Though many philosophers and theologians in our century (Barthians, existentialists, logical emphiricists, e.g.), and at other times, have argued that it is impossible to give a rational justification of theism, nonetheless, many are ready to answer to the contrary.多くの哲学者や神学者が我々の世紀( barthians 、 existentialists 、論理emphiricists 、例えば) 、およびまたある時は、それは不可能だと主張しても、合理的な正当性を与えるの有神論、にもかかわらず、多くの人はそれとは反対に答える準備ができています。

J S FeinbergフェインバーグれたJS
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
A M Farrar, Finite and Infinite; E Gilson, God and Philosophy; J Maritain, The Range of Reason; E L Mascall, Existence and Analog; S Ogden, The Reality of God and Other Essays; W Reese and E Freeman, Process and Divinity; B Spinoza, Ethics; P Tillich, Systematic Theology.ファーラー時は、有限と無限; eギルソンは、神と哲学; jマリタンは、その範囲の理由;エルマスカルは、存在とアナログ;秒オグデンは、神の現実やその他のエッセイ;ワットリーズおよびeフリーマンは、プロセスと神性;スピノザBには、倫理; pティリヒ、体系的神学。


Also, see:また、参照してください:
Pantheism 汎神論
Process Theology プロセス神学
Rationalism 合理主義
Agnosticism 不可知論
Panentheism 万有内在神論
Polytheism 多神教

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです