Trinity, Godheadトリニティ、神性

NOTE: The Christian Trinity concept is totally based on a single idea, that there is One True God as the First Commandment described.メモ:キリスト教の三位一体の概念に基づいて、 1つのアイデアとは全く、 真の神があることを1つの命令として最初に記述します。 No Christian has ever doubted that.キリスト教は今までにないことを疑問視しています。 But the New Testament contains a number of references to where Jesus was apparently speaking to "the Father" (God).しかし、新約聖書には、いくつかの言及をどこに言えば、イエスは明らかにして"父" (神) 。

Most modern Christian Theologians believe essentially this: That the One True God in Heaven Chose to share the human experience for 33 years; that He needed to make sure that all the other needs in the Universe were provided for during those years, so He needed to maintain a Presence in Heaven; that He wanted His human experience to be as "normal" as was possible, so He arranged a Birth through Mary, and a childhood and early adulthood which did not include His (earthly) knowledge of Whom He really was (possibly through a Kenosis type "emptying" of His Knowledge of His True Divinity)l and that His earthly knowledge only learned of His True Divinity rather late in His human life.本質的にこれを信じる最も近代的キリスト教神学:天国にして1つの真の神を選んだ人間の経験を共有するために、 33年間;ということを確認して必要に応じて他のすべてのニーズには、ここ数年宇宙のために提供されたので、彼は必要に応じて天国のプレゼンスを維持する;経験して彼は指名手配される彼の人間としての"普通の"可能性としては、そこで彼の誕生を介しメアリー配置すると、子供のころには含まれていないと成人早期彼の(この世の)知識を実際には心に適う(多分神性放棄の種類を介して"空"自分の知識を自分の真の神性) Lとして彼のこの世の知識を学んだ彼の真の神性というだけで彼の人間の生活後半。

This situation resulted in His human existence, as Jesus, sometimes oddly asking His Own Divine existence, Whom He called Father, about various things.このような状況につながった彼の人間の存在は、イエスキリストは、神の存在を時には奇妙にも、自分の要求は、誰の父と呼ばれる彼は、さまざまな物事について。 Early Christians were confused at why Jesus would want or need to comunicate with .初期のキリスト教徒が混乱したりする必要はなぜイエスをcomunicateしてやりたい。 . . Himself!自分自身! This was troubling to early Christian leaders and they decided that a "Trinity concept" was necessary to explain how the One True God could seem to be talking to Himself!これは初期キリスト教の指導者と彼らに厄介なことに決めた"三位一体コンセプト"とはどのように説明する必要があるように、 1つの真の神が自分自身に話をする!

The desired result was that our One True God has existed since before Genesis, and that necessity required that He remain in Heaven at the same time that He experienced the human condition.結果は、目的の1つが私たちの真の神が存在して以来創世記の前には、その必要性を必要として彼のままでは、天国と同じ時間で経験を積んだ彼は、人間の条件を指定します。 Since God has unlimited capability, He could certainly do this.神は無限の能力以来、彼は確かに便利です。 At no time has there ever been more than One True God, but we humans get confused because He seemed to be in more than one place during those 33 years!そこまでされていない時には、 2つ以上の真の神、しかし、我々人間になるとみられるため、混乱を複数の場所でそれらの中に33年間! So, the One True God is firmly back in Heaven, and the Trinity concept suggests that He may equally be thought of as being One True God or as being Three rather different experiences that humans have associated with Him, the Father experienced by ancient Jews, the Son, Jesus, physically experienced by people of two thousand years ago, and the Holy Spirit experienced by all believers ever since.だから、本当の自分に戻って、神が天にしっかりと、彼との三位一体の概念を示唆している可能性を均等に考えられるとして1つまたは3つの真の神というが関連付けられている人間のさまざまな体験をして彼には、古代ユダヤ人の父親が経験して、息子は、イエスキリストは、肉体的に経験された2000年前の人々 、そしてすべての信者は聖霊が経験して以来です。 The actual result was probably as much confusion as there had been before the Trinity concept was formulated!おそらく、実際の結果は、できるだけ多くの混乱があったとして、トリニティのコンセプトは、定式化する前に!

General Information 総合案内

The Trinity refers to the Christian understanding of God as a unity of three persons: Father, Son, and Holy Spirit. トリニティを指しているため、キリスト教の神として理解する3人の団結:父親は、息子と聖霊です。 All are equally God and so One, each sharing in the divine attributes of ultimacy, eternity, and changelessness; yet they are distinguishable in their relations to each other and in their roles within creaturely and human life and destiny. だからすべてが1つの神と同様に、それぞれの共有は、神の最後の属性は、永遠、そして変化の;区別していない彼らは彼らの関係をお互いにcreaturely内での役割とは、人間の生命と運命と。

The doctrine of the Trinity is a postscriptural attempt to bring to coherent expression diverse affirmations about God, all of which seemed necessary to a full statement of Christian experience and belief. First, from the Hebrew Scriptures and the clear tradition of Jesus' teaching, the church affirmed that not only is God One, but he is also the creative and sovereign Father and thus, by implication, transcendent of finite limits, time, and change - all of which characterize God's creatures. トリニティは、その教義のpostscripturalコヒーレント表現して多様な試みをもたらす神affirmationsについては、すべての必要があるように見えたが、完全な声明とキリスト教の信仰を経験する。第一に、ヘブライ語聖書からの伝統をクリアすると、イエスの教えは、教会は、神の1つだけ断言していないが、彼はまた、創造的で、父と主権したがって、含蓄的には、有限の限界を超越、時刻、および変更-神のすべての生き物を特徴付ける。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Second, it was affirmed that Jesus Christ was more than a great prophet adopted by God; rather he was "the Son of God," "the Word made flesh," the divine Logos itself incarnate in a man.第二に、イエスキリストは断言していた以上に大きな神の預言者で採択された;むしろ彼は"神の御子は、 " "の単語の前に肉は、 "神の化身のロゴ自体には一人の男。 Third, the Holy Spirit, from whose presence the community of believers received their faith, their confidence in the truth of that faith, their holiness, and, above all, the efficacy of both baptism and the Eucharist, was necessarily also God - God's presence in their midst. For Christians, then, the one God appeared in what they called a threefold "economy," in, so to speak, three forms or modes.第三に、 聖霊は、コミュニティの存在から受け取った彼らの信仰の信者たちは、彼らの自信があるが、真実の信仰は、彼らのホーリネス、そして、なによりも、その効果の両方の洗礼聖体とは、神は、必然的にも-神の存在彼らの中にいます。ためのキリスト教徒は、その後、彼らが出演して、 1つの神と呼ばれる三重"は、 "米経済は、いわば、フォームまたは3つのモードがあります。

Difficulties soon emerged in formulating and understanding this threefold "economy." Divergent views led early to numerous Trinitarian controversies such as those over subordinationism (the teaching that the Son is subordinate to the Father and the Holy Spirit to both; see Arianism ) and modalism (the view that the three modes are transitory; see Monarchianism and Sabellianism ). 困難をすぐに理解を策定し、この三重の登場で"経済"と述べた。主導早期に多数の意見を発散三位一体説を信奉する人以上のような論争subordinationism (部下の指導をして、父と息子は、聖霊の両方; アリウス主義を参照してください)とmodalism ( 3つのモードでは、との見方を一過; モナルキア主義サベリウス主義を参照してください) 。 The Councils of Nicaea (325) and Constantinople (381) outlined the dogma of the Trinity in express rejection of these teachings.ニカイア委員会( 325 )とコンスタンチノープル( 381 )のドグマに概説エクスプレス拒絶反応では、これらの教えトリニティ。

The Nicene, or Niceno - Constantinopolitan, Creed has defined through the ages, for both Catholic (Roman and Orthodox) and Reformation (Lutheran, Reformed, and Anglican) churches, the basic doctrine of the Trinity. Catholic and Protestant theology has sought in various ways to make the doctrine stated at Nicaea comprehensible. そのニカイア、またはniceno -c onstantinopolitan、信条は、大昔から定義は、両方のカトリック(ローマと正統派)と改革(ルター派、改革派、聖公会)の教会は、基本的な教義は、トリニティ。カトリックとプロテスタントが求められ、さまざまな神学教義を取得する方法を理解ニカイア。

Saint Augustine's lucid analogies of the divine Trinity in our experience of ourselves as memory, understanding, and will, and in our experience of our own existence as characterized by being, truth, and love, have been the point of departure for most subsequent study. In the religious thought of the Enlightenment (17th and 18th centuries), there was a strong reaction against Trinitarianism as an "orthodox" mystery without basis in either experience or reason - this was the view of Unitarianism and Deism and of much 19th century liberal theology. セントオーガスティンの明快な類似性は、私たちの神のトリニティメモリとしての自分自身の経験、理解、とは、私たちの経験と独自の存在として特徴付けられるが、真実は、愛とは、出発点が、その後の研究ではほとんどです。は、宗教思想は、悟り( 17,18世紀)は、三位一体説に対する強い反応があったとして"正統派"のどちらかに根拠なしの経験や謎の理由-これは、自然神との見方をu nitarianismと 1 9世紀の多くのリベラルな神学。 The great figures of 20th century theology - Karl Barth, Paul Tillich, and, most recently, Karl Rahner - despite their diversity of outlook, have again found the Trinity a central, in fact an unavoidable, structure for expressing the Christian understanding of God. 20世紀の偉大な人物の神学-カールバルト、パウルティリヒ、そして、最も最近では、カールラーナー-多様性にもかかわらず、見通しは、中央のトリニティが再び見つかったのは、実際には避けて通れない、構造を理解するために、キリスト教の神を表現します。

Langdon Gilkeyラングドンgilkey

Bibliography 文献情報
E J Fortman, The Triune God: A Historical Study of the Doctrine of the Trinity (1972); B J F Lonergan, The Way to Nicaea: The Dialectical Development of Trinitarian Theology (1976); B M Stephens, God's Last Metaphor: The Doctrine of the Trinity in New England Theology (1981); C Welch, In This Name: The Doctrine of the Trinity in Contemporary Theology (1952). ej fortmanは、三位一体の神:歴史的な研究の教義の三位一体( 1972 ) ; bjf lonergan 、その方法をニカイア:三位一体説を信奉する神学の弁証法的発展( 1976 ) ;バミューダ諸島スティーブンスは、神の最後のメタファー:その教義のトリニティニューイングランドの神学( 1981 ) ; cウェルチは、この名:トリニティでは、現代の教義神学( 1952年) 。




Trinityトリニティ

(Editor's Note) (編集者注)

The early Christian scholars attempted to make sense of many confusing aspects of Scripture.初期キリスト教の意味を試みたが、多くの学者の側面典ややこしい。 Many DIFFERENT ideas were proposed and considered.いろいろなアイデアを提案されたと考えられています。 After a number of generations of those scholars dealing with those "problems" it became generally accepted that a concept of a Trinity was able to "best" explain and describe the many situations that Scripture presents.それらの後に数多くの学者たちの世代の者の対処"の問題"一般に認められたことになったことをコンセプトに基づき、トリニティができるように"最高"と説明して多くの状況を説明して啓典をプレゼントします。

These articles in this BELIEVE presentation make it clear that the Trinity is not directly from Scripture.これらの記事このプレゼンテーションを行うことを明らかにしたと思われるのではないから直接トリニティ典です。 The articles do, however, point out the numerous references to "Father" (mostly by Jesus), the "Son" (again, often by Jesus), and the Holy Spirit (by many sources, including Jesus).この記事は、しかし、多くの言及を指摘し、 "父" (主イエス)は、 "息子" (繰り返しますが、頻繁にされたイエスキリスト)と聖霊(多くの情報源では、イエスキリストを含む) 。 We trust in Jesus' words.我々の信頼をイエスの言葉です。 He wouldn't have made irrational comments about such subjects.彼はそれを前に不合理なコメントについてはそのような科目です。 SOME explanation regarding these three clearly separate concepts seems necessary, since Scripture makes it so obvious that all Three apparently exist.これらの3つの明確な説明を個別にいくつかの概念については必要に応じて、啓典以来3つのすべてを明らかにすることは明らかだが存在します。 Given that both the Old and New Testaments make it absolutely clear that there is ONE God, those early scholars came up with the Trinity (or Godhead) as being the "best" available explanation.その両方を与えられた旧約聖書と新約絶対にクリアすることがあることを、神の1つは、これらの初期の学者を思い付いたのトリニティ(または神性)として、 "最高"の説明で利用可能です。

Throughout the centuries, many alternative explanations have been thought up to explain their individual Existences, but they have invariably failed, usually because they would necessitate some other number than "ONE" for how many Gods exist.世紀を通じて、多くの代替説明されてきた彼らの個々の存在を説明するが、それらは常に失敗しましたが、彼らが必要とするため、通常いくつかの他の数よりも"自分"をどのように多くの神々が存在します。

To this day, the Trinity "seems" to be the "best" explanation.この日には、トリニティ"ようだ"とされる"最善"と説明した。 Concerns about the "un-Scriptural" nature of the Trinity concept are valid.懸念については、 "国連の聖書"のコンセプトは、自然のトリニティ有効です。 It is not specifically mentioned in Scripture (although all Three are, generally separately).啓典を具体的に記載することではない(とはいえすべて三アール、通常別途) 。 Therefore, technically, it IS un-Scriptural, actually even somewhat "artificial".したがって、厳密に言えば、それは聖書をオフにし、実際にも多少"人工的"だ。 But the vast majority of modern Christian scholars do not think that necessarily means that it is wrong.しかし、大多数の近代的キリスト教の学者必ずしもないということだと思うのは間違っています。 Maybe consider it a "working" premise!それを検討するかもしれない"労働"を前提に! If, some day, someone comes up with a "better" explanation of the individual Presence of the Holy Spirit, and Jesus, and the Father, (which we all agree actually exist) while still confirming that we only have ONE God, maybe we will discard the concept of the Trinity for that "better" explanation.場合には、いくつかの日には、誰かが用意してくる"良い"との説明で、個々の存在は、聖霊とイエスは、父とは、 (私たちが実際に存在するすべての同意)であることを確認しながら1つしかない私たちの神は、私たちかもしれないトリニティを破棄すると、そのコンセプトは、 "良い"と説明した。 It's been close to 2000 years now, and a lot of the world's greatest minds have worked on these difficult matters, and the Trinity concept still seems to be the "best" available explanation.それは2000年に閉鎖され今で、たくさんの心、世界の最大の困難がこれらの問題に取り組んでおり、依然として三位一体の概念と思われる"最善"と説明利用可能です。

These comments are meant to explain why the concept of the Trinity, while being technically un-Scriptural, is such a central foundation of Christianity.これらのコメントは意図してその理由を説明するというコンセプトトリニティは、技術的にオフにされている間聖書は、キリスト教の財団は、このような中心です。 The article immediately following gives a pretty compelling logical argument for the concept of the Trinity, with massive Scriptural references.その記事のすぐ後に続く引数を与え、かなり説得力の論理は、トリニティのコンセプトは、大規模な聖書を参照してください。

As an observation, I think that Christians tend to confuse themselves by calling Jesus the SON of God, since He really IS God Himself!観測としては、キリスト教徒と思う傾向があることを混同して神の御子イエスキリストを呼び出すことによって、神は自分自身以来彼は本当に! Yes, the way that He entered human society, through Mary, certainly makes central the idea of "Son of man" and during His human life, even Jesus felt He was "Son of the Father".はい、人間社会の道を入力して彼は、メアリーを通して、確かにそのアイデアを中央の"男の息子である"と人間の中に彼の人生は、イエスキリストさえ感じていた"と息子は、父親の" 。 But when we get too carried away with the "Son" concept we tend to forget that He really is, was, and forever will be, the One and Only True God of the Universe.しかし、あまりにも取得する際に我々を奪われている"息子"の概念を忘れる傾向にあることを彼は本当に私たちは、は、永遠にされると、その1つのみと宇宙の真の神です。 Jews called Him Jehovah, Adonai, Elohim, YHWH and many other Names, but always knowing that there is One True God.エホバユダヤ人と呼ばれる彼は、上帝、 elohim 、 yhwhと他の多くの名前ではなく、常に真の神の1つがあることを知っています。 Christians call Him Father, or Son or Holy Spirit, but sometimes seem to forget that He is One!彼に電話するキリスト教徒の父親は、息子や聖霊たり、時には彼は1つのことを忘れないように見える! People in other Faiths often criticize Christians for this, in appearing to be Worshipping "more than one god"!ほかの宗教を批判する人々はしばしばキリスト教徒のためには、崇拝されるが表示される" 2つ以上の神" ! But we really only have One True God, who was initially called the God of Abraham.しかし、我々が本当に1つの真の神のみ、神と呼ばれていた当初のアブラハムです。 Muslims seem especially forthright in their criticism of Christians about this, particularly since they worship the very same God of Abraham (Whom they call Allah) with a clear insistence that He is the One True God.歯に衣を着せないように見えるが、特にイスラム教徒、キリスト教徒の批判については、特に彼らに仕えて以来、全く同じアブラハムの神(アッラー彼ら呼ぶ)の主張を明確にして彼は真の神の1つです。 If we Christians would just get a little more solid on stating that we Worship the One True God of Abraham, the One True God that Moses told us about in the First Commandment, we would receive far less criticism for "worshipping more than one god"!もし我々だけで、キリスト教徒は、もう少し固体を得ることを我々は、 1つの真の神を崇拝するアブラハムは、モーゼス氏は、 1つの真の神が私たちの最初の命令については、当社では、はるかに少ないの批判を受けるための" 2つ以上の神を崇拝する" !


Trinityトリニティ

General Information 総合案内

By the Trinity is meant the unity of three persons in one Godhead; Father, Son, and Holy Spirit.トリニティでは、 3人の結束を意味し、 1つの神性;父親は、息子と聖霊です。

Representing God as one, the Scriptures also ascribe divinity to Father, Son and Holy Spirit.神を表すの一つとして、聖書は神のせいにしても父親は、息子と聖霊です。

Outline of the Argument引数の概要

  1. God is One.神は一つです。 Unity is ascribed to God.神は、生得的に団結しています。
  2. The Father is divine: a distinct person.父親は、神:人を区別します。
  3. The Son is divine: a distinct person.息子は、神:人を区別します。
  4. The Holy Spirit is divine: a distinct person.聖霊は、神:人を区別します。
  5. The Father, Son, and Holy Spirit are classed together, separately from all other beings.父親は、息子、聖霊は、分類すると、他のすべての生き物は別に。

Details of the Argument詳細は、引数

  1. God is One . 神は一つです。

    Ex 20:3 De 4:35,39 6:4 1Sa 2:2 2Sa 7:22 1Ki 8:60 2Ki 19:15 Ne 9:6 Ps 86:10 Isa 44:6-8 45:22 Jer 10:10 Joe 2:27 Zec 14:9 Mr 12:29 Joh 17:3 Ro 1:21-23 1Co 8:4-6 Ga 3:20 Eph 4:6 1Ti 2:5 20時03分デ4:35,39 6時04分前1sa 2時02 2sa 7時22 1ki 8:60 2ki 19時15分のISA 86:10 ps 9時06分、ネブラスカ州44:6-8 45:22 jer 10:10 14時09分joh 12:29ミスタージョー2時27ゼチュ17時03分路1:21-23 1co 8:4-6街3:20 eph 4時06 1ti 2時05分

  2. The Father is divine and a distinct person. The word "Father" is used in the Scriptures in a two-fold sense in relation to the Godhead: sometimes as equivalent to God, sometimes to the first person of the Trinity. 父親は、神と人間を区別します。という言葉を"父"とは、聖書で使用されて2倍の感覚と関連して神性:時には神に相当するとして、時にはトリニティには、最初の人物です。

    1. Passages where "Father" is used as equivalent to God, not implying personal distinctions.通路どこに"父"が使用されて神に相当するとしてではなく、個人的な区別を示唆した。

      De 32:6 2Sa 7:14 1Ch 29:10 Ps 89:26 Isa 63:16 Jer 3:19 Mal 2:10 Mt 6:9 Mr 11:25 Lu 12:30 Joh 4:21,23,24 2Co 6:18 Php 4:20 Jas 1:17 1Jo 2:15,16デ32:6 2sa 7時14 1ch 29:10 ps 63:16 jer 3時19分マル2時10分のISA 89:26山11:25 LUの午前6時09分ミスター4:21,23,24 2co 6 joh 12:30 : 18 PHPの午前4時20分のJAS 1時17 1jo 2:15,16

    2. Passages applied to God in contrast with Christ, denoting a special relation to Christ as Son, in his office of Redeemer.通路に適用さとは対照的に、キリストの神は、キリストのしるしとして息子の特別な関係には、執務室の救い主です。

      Ps 2:1-11 Mt 11:27 25:34 Mr 8:38 14:36 Joh 5:18-23,26,27 Joh 10:15,30 17:1 Ac 2:33 Ro 15:6 1Co 8:6 15:24 2Co 11:31 Ga 1:1-4 Eph 1:2,3 4:5,6 Php 1:2 1Th 3:11,13 2Th 2:16 1Ti 1:2 2Ti 1:2 Tit 1:4 Phm 1:3 1Pe 1:2,3 2Pe 1:17 1Jo 1:3 1Jo 4:14 Jude 1:1 Re 3:21山11:27 25:34 ps 2:1-11ミスター8時38分14時36 joh 5:18-23,26,27 joh 10:15,30 17時01分交流15時06 1co 8路2時33分: 6 15時24 2co 11:31街1:1-4 eph 1:2,3 4:5,6 PHPの午前1時02分1th 3:11,13 2th 2時16 1ti 1時02 2ti 1時02 tit 1 : 4 phm 1時03 1pe 1:2,3 2pe 1時17 1jo 1時03 1jo 4時14ジュード1:1再度3時21分

  3. The Son divine, a distinct person from the Father. 神の息子は、父親からの明確な人物です。

    1. Christ pre-existent.キリスト事前に存在しない。 Existed as a distinct person before he came into the world.別個の存在として、彼の前に入ってきた人の世界です。

      Mic 5:2 Joh 8:56-58 17:5 1Co 15:47 Php 2:6,7 Col 1:17 1Jo 1:1 Re 22:13,16 * read 13 & 16 together情通部8:56-58 17時05 1co 15時47分PHPの午前5時02 joh 2:6,7 col 22:13,16 * 1 : 17 1jo 1:1の再読み込み13 & 16一緒

    2. Not merely pre-existent, but pre-eminent, above all things except the Father, co-eternal with the Father.事前に存在するだけではないが、著名な事前には、上記のすべてのものを除いて、父は、共同して、永遠の父です。

      Mt 11:27 28:18 Lu 20:41-44 Joh 3:13,31 Ac 10:36 Ro 14:9 Eph 1:20-22 Php 2:9,10 Col 1:15,17,18 Heb 1:4-6 1Pe 3:22 Re 1:5 3:14 20:41-44 LUの山11:27 28:18 joh 10:36交流3:13,31路2:9,10 col 14時09 eph 1:20-22 PHPの1:15,17,18 heb 1 : 4-6 1pe 3時22分再1時05分3時14分

    3. Creator of the universeユニバースの生みの親

      Joh 1:3 Col 1:16 Heb 1:2,10 heb 1時03 col 1時16 joh 1:2,10

    4. Divine attributes ascribed to him彼に神の属性を生得

      1. Omnipotence全能

        Isa 9:6 Mt 28:18 Joh 10:17,18 11:25 1Co 1:24 Php 3:21 Col 2:10 2Ti 1:10 Heb 1:3 Re 1:8 9時06分、モンタナ州のISA 28:18 joh 10:17,18 11:25 1co 1時24分PHPの午前3時21 col 2時10 2ti 1時10 heb 1時03分再1時08分

      2. Omnipresence遍在

        Mt 18:20 28:20 Eph 1:23山18:20 28:20 eph 1時23分

      3. Eternityエタニティ

        Mic 5:2 Joh 1:1 Re 1:8情通部5時02 joh 1:1再1時08分

      4. Omniscience全知

        Mt 11:27 Lu 10:22 Joh 2:24,25 21:17 Ac 1:24 Col 2:3 Re 2:23 2:24,25 joh 10:22山11:27 LUの午前1時24分交流21時17 col 2時03分再2時23分

      5. The divine name is applied to him as to no other being except the Father, implying supreme divinity.神の名前は、彼のように適用されていない他の父親を除いて、最高の教理を示唆した。

        Ps 102:24,25 Heb 1:8-10 Isa 7:14 9:6 Mal 3:1 Mt 1:23 Joh 1:1 20:28 Ac 20:28 Ro 9:5 Eph 5:5 Php 2:6 Col 2:9 Tit 1:3 2:13 Heb 1:8-10 Ps 102:24,25 2Pe 1:1 1Jo 5:20 Re 17:14 19:16午前7時14分9時06 ps 102:24,25 heb 1:8-10マル3時01分、モンタナ州のISA 1時23 joh 1:1 20時28分交流20時28路9時05 eph 5時05 PHPの午前2時06分tit 1時03分2時13 col 2時09 ps 1:8-10 heb 102:24,25 2pe 1:1 1jo 5時20分再17時14分19時16分

      6. Exhibited in the Scriptures as the object of religious worship.展示され、聖書は、宗教上のオブジェクトとして崇拝される。

        Mt 2:11 14:33 15:25 Lu 24:52 Joh 5:23 Ac 7:59,60 1Co 1:2 2Co 12:8,9 Ga 1:5 Php 2:10 1Th 3:11,12 2Ti 4:18 Heb 1:6 Ps 97:7 2Pe 3:18 Re 5:13 2時11分14時33分15時25 joh 24:52山LUの午前5時23分交流7:59,60 1co 1時02 2co 12:8,9街1時05分PHPの午前2時10分1th 3:11,12 2ti 4 : 18 heb 1時06 ps 97:7 2pe 3時18分再5時13分

  4. The Holy Spirit is divine and a distinct person from the Father and the Son. 聖霊は、神とは別個の人から、父と息子です。

    1. The Holy Spirit is divine.聖霊は、神のです。 Called the Spirit of the Father, the Spirit of the Son, the Holy Spirit, the Spirit of truth, the Spirit of life.精神の父と呼ばれ、その息子の精神には、聖霊は、真実の精神は、人生の精神です。

      Ge 1:2 6:3 Ne 9:30 Isa 63:10 Eze 36:27,28 Ac 2:16,17 Joe 2:28 Mt 10:20 Lu 12:12 Joh 14:16,17 15:26 Ac 5:3,4 28:25 Ro 8:14 1Co 3:16 Ga 4:6 Eph 1:13 1Th 4:8 Heb 2:4 1Pe 1:2 9:30 GEの午前1時02分6時03分、ネブラスカ州のISA 63:10 eze 36:27,28交流2:16,17ジョー2時28 joh 12:12山10:20 LUの5のAC 14:16,17 15:26 : 8時14 1co 3時16分、ジョージア州3,4 28:25路4時06 eph 1時13 1th 4時08 heb 2時04 1pe 1時02分

    2. Is distinct from Father and Son, and is personal.父親と息子からは、はっきりとは、個人的です。 The personal pronoun HE applied to him; personal acts ascribed to him.彼は彼に適用されるの人称代名詞;生得的に彼の個人的な行為だ。

      Mt 3:16,17 28:19 Mr 1:10,11 Lu 3:21,22 Joh 14:26 15:26 16:13 Ac 13:2,4 15:28 Ro 8:26 1Co 12:11山3:16,17 28:19ミスター1:10,11 LUの14時26分15:26 16時13 joh 3:21,22路8時26 1co 12:11交流13:2,4 15時28分

    3. Converting, regenerating power ascribed to himに変換し、再生力を生得ギフト

      Ne 9:20 Isa 44:3 Eze 36:26,27 37:14 Joe 2:28 Mt 3:11 Joh 3:5,6 14:26 Ac 9:31 Ro 8:9,11,14 1Co 6:11 2Co 1:22 5:5 Ga 4:6 5:22 Eph 1:13 3:16 1Th 1:6 2Th 2:13 Tit 3:5 1Pe 1:2 1Jo 3:24 Re 22:17 9時20分、ネブラスカ州のISA 44:3 eze 36:26,27 37:14 joh 3時11分ジョー2時28分山3:5,6 14時26分のAC 8:9,11,14 1co 6時11路9時31分2co 1時22分5時05分、ジョージア州4時06分5時22 eph 1時13分3時16 1th 1時06 2th 2時13 tit 3時05 1pe 1時02 1jo 3時24分再22時17分

  5. The Father, Son, and Spirit are classed together, separately from all other beings, as divine.父親は、息子が、精神は、分類すると、他のすべての生き物は別に、神のようです。

    Mt 28:19 Ro 8:9,14-17 2Co 13:14 1Pe 1:2 Jude 1:20,21 28:19山路8:9,14-17 2co 13時14 1pe 1時02分ジュード1:20,21

Result of the Biblical evidence in respect to the divinity of the Father, the Son, and the Holy Spirit.聖書の中で、結果を尊重する証拠を神性の父、子、聖霊です。

  1. That the Father, Son, and Holy Spirit are personally distinguished from each other.その父親は、息子と聖霊は、お互いに個人的に区別されます。 There is recognised throughout a personal relation of the Father and Son to each other.個人的な関係が認めを通して、父と息子、お互いに。 So of the Holy Spirit to both.だから、聖霊の両方です。

  2. They each have divine names and attributes.彼らは神の名とそれぞれの属性です。

  3. Yet there is only one God.しかし、神が1つしかない。

H B Smithスミスのhb


Trinityトリニティ

Advanced Information 高度情報

Trinity is a word not found in Scripture, but it is used to express the doctrine of the unity of God as subsisting in three distinct Persons.トリニティ啓典は、言葉が見つかりませんが、それが使用されて団結を表明するのは、神の教義として、 3つの別個の自給人です。 This word is derived from the Gr.この言葉の由来は、 gr 。 trias, first used by Theophilus (A.D. 168-183), or from the Lat.用Triasは、最初に使用されてテオフィロス(広告百六十八から百八十三まで) 、または緯度からです。 trinitas, first used by Tertullian (A.D. 220), to express this doctrine. trinitas 、最初に使用されてtertullian (広告220 )は、この説を表明した。

The propositions involved in the doctrine are these:この学説は、これらの提案に関与する:

  1. That God is one, and that there is but one God (Deut. 6:4; 1 Kings 8:60; Isa. 44:6; Mark 12:29, 32; John 10:30).神はその1つ、および1つの神があることをだが( deut. 6時04分; 1王8:60 ;のISA 。 44:6 ;マーク12:29 、 32 ;ヨハネ10:30 ) 。
  2. That the Father is a distinct divine Person (hypostasis, subsistentia, persona, suppositum intellectuale), distinct from the Son and the Holy Spirit.はっきりしたことは、神の人の父(下位、 subsistentia 、ペルソナ、 suppositum intellectuale )は、別個の息子と聖霊からです。
  3. That Jesus Christ was truly God, and yet was a Person distinct from the Father and the Holy Spirit.イエスキリストは神が真に、人は、まだはっきりと父と聖霊からです。
  4. That the Holy Spirit is also a distinct divine Person.聖霊は、別個の神でもある人物だ。


(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Trinityトリニティ

Advanced Information 高度情報

Trinity is the term designating one God in three persons.トリニティは、任期は3人の神の1つを指定します。 Although not itself a biblical term, "the Trinity" has been found a convenient designation for the one God self-revealed in Scripture as Father, Son, and Holy Spirit.聖書の言葉ではないが、それ自体は、 "トリニティ"が見いだされているため、 1つ指定するのに便利で明らかに啓典の神としての自己の父、息子、聖霊です。 It signifies that within the one essence of the Godhead we have to distinguish three "persons" who are neither three gods on the one side, nor three parts or modes of God on the other, but coequally and coeternally God.その内の1つのことを意味するの神性の本質私たちは3つを区別する"人"の3つの神々たちはどちらの側には、 1つ、またはモードの3つの部分でも、他の神の上ではなく、神coequallyとcoeternally 。

The main contribution of the OT to the doctrine is to emphasize the unity of God. otには、メインの貢献を強調するために、学説は、神の団結です。 God is not himself a plurality, nor is he one among many others.自分自身を複数個の神ではない、また他の多くは、彼のうちの1つです。 He is single and unique: "The Lord our God is one Lord" (Duet. 6:4), and he demands the exclusion of all pretended rivals (Deut. 5:7-11).そして彼は1つのユニーク: "私たちの神、主の主は一つ" ( duet. 6時04分) 、そして彼のすべての要求を排除するふりライバル( deut. 5:7-11 ) 。 Hence there can be no question of tritheism.したがって疑問の余地はないの三神論です。

Yet even in the OT we have clear intimations of the Trinity. otであっても、我々はまだ明確には、トリニティintimations 。 The frequent mention of the Spirit of God (Gen. 1:2 and passim) may be noted, as also, perhaps, the angel of the Lord in Exod.頻繁に言及したのは神の御霊( 1時02分、ここかしこに大将)有名かもしれない、としても、たぶん、天使のように、主にexod 。 23:23. 23時23分です。 Again, the plural in Gen. 1:26 and 11:7 is to be noted, as also the plural form of the divine name and the nature of the divine appearance to Abraham in Gen. 18.再び、大将の複数形では、午前1時26分、 11時07分に注意して、その複数形としても、神の名前とは、神の性質を外見で大将アブラハム18 。 The importance of the word (Ps. 33:6), and especially the wisdom, of God (Prov. 8:12ff.) is a further pointer, and in a mysterious verse like Isa.その言葉の重要性( ps. 33:6 ) 、特に知恵とは、神( FFのprov. 8時12分です。 )は、さらなるポインタとは、神秘的な詩のISAのようです。 48:16, in a strongly monotheistic context, we have a very close approach to Trinitarian formulation. 48:16 、強く一神教の文脈で、我々は、非常に緊密なアプローチを定式化三位一体説を信奉する。

In the NT there is no explict statement of the doctrine (apart from the rejected I John 5:7), but the Trinitarian evidence is overwhelming. NTのではないの声明explictドクトリン(私は別に、拒否されたジョン5時07分) 、しかし、三位一体説を信奉する証拠は圧倒的だ。 God is still preached as the one God (Gal. 3:20).神の1つとしては、まだ説教神( gal. 3:20 ) 。 Yet Jesus proclaims his own deity (john 8:58) and evokes and accepts the faith and worship of his disciples (Matt. 16:16; John 20:28).まだイエスproclaims彼自身の神(ヨハネ8時58分)で受け付けます連想させると、彼の弟子たちの信仰や崇拝( matt. 16 : 16 ;ヨハネ20時28分) 。 As the Son or Word, he can thus be equated with God (John 1:1) and associated with the Father, e.g., in the Pauline salutations (I Cor. 1:3, etc.).息子や単語としては、彼はこのようにして同等の神(ヨハネ1:1 )と関連付けられている父親は、例えば、ポーリーンは、 salutations (うわっ私です。 1時03分、等) 。 But the Spirit or Comforter is also brought into the same interrelationship (cf. John 14-16).しかし、精神や布団にも入っていくことは、同じ相互関係( cf.ヨハネ14-16 ) 。

It is not surprising, therefore, that while we have no dogmatic statement, there are clear references to the three persons of the Godhead in the NT.意外なことではない、したがって、その中には行っておらず、独断的な声明は、そこには明確な言及を、神の三位で、 NTのです。 All three are mentioned at the baptism of Jesus (Matt. 3:16-17).三アール言及は、すべてイエスキリストの洗礼( matt. 3:16-17 ) 。 The disciples are to baptize in the name of Father, Son, and Holy Ghost (Matt. 28:19).弟子に洗礼を施すのは、父の名の下、息子と聖霊( matt. 28:19 ) 。 The developed Pauline blessing includes the grace of the Son, the love of God, and the communion of the Holy Ghost (II Cor. 13:14).祝福の開発が含まれてグレースは、ポーリンの息子は、神の愛と聖霊の聖体拝領( ⅱうわっ。 13時14分) 。 Reference is made to the election of the Father, the sanctification of the Spirit, and the sprinkling of the blood of Jesus Christ (I Pet. 1:2) in relation to the salvation of believers.選挙に言及がなされ、父親は、その精神を清浄化し、血液中の少数のイエスキリストの(私のペットです。 1時02分)に関連して、救いの信者です。

The fact that Christian faith involves acceptance of Jesus as Savior and Lord meant that the Trinity quickly found its way into the creeds of the church as the confession of faith in God the Father, Jesus Christ his only Son, and the Holy Ghost.という事実を受け入れることは、イエスキリスト教の信仰を救い主として主を意味してトリニティとその方法を素早く発見する信条は、教会の信仰告白を神として、父親は、イエスキリストの彼の一人息子、聖霊のです。 The implications of this confession, especially in the context of monotheism, naturally became one of the first concerns of patristic theology, the main aim being to secure the doctrine against tritheism on the one side and monarchianism on the other.この自白の意味があるのは、文脈の中で特に、一神教、自然には、最初の1つの懸念patristic神学は、教義を確保している主な目的は、 1つの側面と三神論に反対して、他のモナルキア主義です。

In the fully developed doctrine the unity of God is safeguarded by insisting that there is only one essence or substance of God.ドクトリンの開発は、完全に保護されたが、神の結束が1つしかないと主張して、神の本質や物質です。 Yet the deity of Jesus Christ is fully asserted against those who would think of him as merely adopted to divine sonship, or preexistent, but in the last resort created.しかし、イエスキリストは完全に神の主張に反対の人々は彼を考えるだけで神の息子であることを採択した、または元からあるが、それまでの最後の手段として作成されます。 The individuality of Father, Son, and Holy Spirit is also preserved against the notion that these are only modes of God for the various purposes of dealing with man in creation or salvation.個性の父親は、息子、聖霊にも保存しているという考えに反対これらは、神のみモードでは、さまざまな目的のために創造への対処法や救世男です。 God is one, yet in himself and from all eternity he is Father, Son, and Holy Ghost, the triune God.神は、 1つは、まだすべての永遠から彼は自分自身と父、息子、聖霊は、三位一体の神です。

Trinitarian analogies have been found by many apologists both in nature generally and in the constitution of man.三位一体説を信奉する多くの類似性が発見されて擁護された自然の両方で通常とは、憲法の男です。 These are interesting, but are not to be thought of as providing a rationale of the divine being.これらは面白いが、考えてはいけないのは、神の根拠として提供することにした。 More pregnant is the suggestion of Augustine that without the Trinity there could be no fellowship or love in God, the divine Triunity involving an interrelationship in which the divine perfections find eternal exercise and expression independent of the creation of the world and man.こちらの提案は、アウグスティヌス妊娠していないことなく、三位一体の交わりがあるかもしれないが、神の愛や、関連する三つ組の神の相互関係で、神の永遠の完成度を見つけると表現の独立運動は、世界の創造と男は言った。

Rationalist objections to the Trinity break down on the fact that they insist on interpreting the Creator in terms of the creature, i.e., the unity of God in terms of mathematical unity.トリニティ合理主義者の反対を打破することを主張するという事実上の解釈の点で、生き物の創造者、すなわち、神の点で、数学的な団結団結しています。 More scientifically, the Christian learns to know God from God himself as he has acted for us and attested his action in Holy Scripture.もっと科学的には、キリスト教の神から学ぶことを知っている自分自身の神としての彼には彼の行動は、わたしたちと行動で証明教典。 He is not surprised if an element of mystery remains which defies ultimate analysis or understanding, for he is only man and God is God.彼は驚いている場合ではない遺跡ミステリーの要素を無視する究極の解析や理解は、神のために彼は人間とは、神のみです。 But in the divine work as recorded in the Bible the one God is self-revealed as Father, Son, and Holy Ghost, and therefore in true faith he must "acknowledge the glory of the eternal Trinity."しかし、神の作品としては、聖書に記録され、 1つの神の啓示としては、自己の父親は、息子、聖霊と、それゆえに、彼は真の信仰する必要があります"と、永遠の三位一体の栄光を認める"と述べた。

G W Bromileyギニアビサウbromiley
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
K. Barth, Church Dogmatics, I/1, 8-11; J.F. Bethune-Baker, An Introduction to the Early History of Christian Doctrine, 139ff.; W. H. Griffith Thomas, The Principles of Theology, 20-31; J. Moltmann, The Trinity and the Kingdom; R. W. Jensen, The Triune Identity; P. Toon and J. Spiceland, One God in Trinity; E. J. Fortman, The Triune God; D. M. Baillie, God Was in Christ; C. W. Lowry, The Trinity and Christian Devotation; E. Jungel, The Doctrine of the Trinity; K. Rahner, What Is the Trinity? k.バルトは、教会の教義学は、私/ 1 、 8-11 ; jfベシューン-ベーカーは、早期の歴史を紹介し、キリスト教の教義は、 139ff 。 ; whグリフィストーマスは、神学の原則は、二十から三十一; j.モルトマン、トリニティとその王国;イェンセンRWには、三位一体のアイデンティティ; p. spiceland j.漫画とは、 1つの神でトリニティ; fortman ejは、三位一体の神;機DM baillie 、神は、キリスト; cwのロウリーは、キリスト教の三位一体とdevotation ; e.ユンゲルは、その教義の三位一体; k.ラーナー、トリニティは何ですか? C. F. D. Moule, "The NT and the Doctrine of the Trinity," ExpT 78:16ff.; T. F. Torrance, "Toward an Ecumenical Consensus on the Trinity," TZ 31:337ff.マウル立方フィートで、 "三位一体の教義NTとは、 " FFのexpt 78:16 。 ; TF審議トーランスは、 "合意の上に向かって、エキュメニカルトリニティは、 " FFのはTZ 31:337 。



Another Editor's Note!別のエディタの注意!

In addition to these articles by noted Christian scholars, I believe a new and unique approach aimed at better comprehending and understanding the Trinity exists.これらの記事に加えてキリスト教の有名な学者で、ユニークなアプローチと思うと、新しいcomprehendingとより良い理解を狙ったのトリニティ存在しています。 This approach doesn't actually change any beliefs regarding the Father, Son or Holy Spirit.このアプローチは、実際の変更はありませんに関するいかなる信念の父親は、息子や聖霊です。 I (the Editor of BELIEVE) have written an essay which does not contradict any of these accepted thoughts, but allows a visualization of how it is simultaneously possible to be Three Persons and One Substance.私(エディタを信じる)が書かれた小論文を導入していないのいずれかの相反する考えを受け入れたが、どのように使用することで、可視化することが可能であると同時に3人と1つの物質です。 That essay is not actually part of the BELIEVE compilation of scholars' articles, but you are invited to read it at Trinity. (/public/trinity2.html).エッセイではないが、実際のコンパイルと思われる部分は、学者'の記事で、あなたはそれを読んでトリニティ招待します。 ( /public/trinity2.html ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです