Ultradispensationalism ultradispensationalism

Advanced Information 高度情報

Dispensationalists distinguish Israel from the church and so look for a point in history at which God's redemptive program changed from the one form of administration to the other. The most common dispensationalism finds the beginning of the church in Acts 2 with the Spirit's coming at Pentecost. dispensationalistsイスラエルからの教会と区別するためのポイントを探すの歴史の中で、神の贖いのプログラムの1つの形式が変更されましたから投与して、他のです。天啓的史観を見つける最も共通の最初の2教会での行為では聖霊降臨日が来るの精神です。 From the standpoint of Acts 2 dispensationalism two other views seem extreme, or "ultra." According to Acts 13 dispensationalism the church began when Paul started his mission to Jews and Gentiles (Acts 13:2). 2行為天啓的史観の立場から見れば他の2つの極端なように見える景色、または"ウルトラ"と述べた。天啓的史観によると13日 、教会の行為を始めたときに自分の使命を始めたユダヤ人とポールgentiles (行為13 : 02 ) 。 According to Acts 28 dispensationalism the church began toward the end of Paul's ministry with his reference to Israel's rejection of the kingdom of God and the sending of God's salvation to the Gentiles (Acts 28:26 - 28).天啓的史観によると、教会の行為が始まった28日の終わりに向かって彼のポールの省では、拒絶反応を参考に、イスラエルの神の王国を送信すると、神の救いをgentiles (行為28:26 -2 8) 。

Acts 28 dispensationalism is sometimes called Bullingerism after its leading proponent, Ethelbert William Bullinger (1837 - 1913). 28天啓的史観と呼ばれる行為には、ときどきそのメイン主唱bullingerism後、エセルバートウィリアムブリンガー( 1837 -1 913) 。 Other writers holding this position include Charles H Welch, A E Knoch, Vladimir M Gelesnoff, and Otis R Sellers.このポジションに含まれて、ほかの作家の持ち株チャールズhウェルチは、愛クノッホ、ウラジーミルgelesnoff mには、売り手とオーティス研究。 Bullinger's analysis of the NT led to three dispensations where Acts 2 dispensationalism has two (Israel before Pentecost and the church after Pentecost). Bullingerの分析を中心に、 NTの3つの分配はどこ2天啓的史観には2つの行為(イスラエルと教会の前に聖霊降臨日後に聖霊降臨日)です。 Bullinger's first administration encompassed the time of the Gospels when Christ offered the kingdom of Jews only and entrance was signified by water baptism.ブリンガーの最初の投与時には、 encompassed gospels提供する際に、キリストの王国の入り口はユダヤ人だけのものであり、水の洗礼を意味します。 Second was the traditional period in Acts and the earlier NT epistles when the apostles offered the Jews participation in the "bride church" and practiced two baptisms, in water and in the Spirit. 2番目は、伝統的な行為とは、前のNTの期間中、使徒の書簡を提供する際、ユダヤ人の参加は、 "教会の花嫁"と2つの練習baptisms 、水との精神で。 Third was the oneness of Jew and Gentile in the body of Christ addressed in Paul's prison epistles (Ephesians, Colossians, Philippians, 1 Timothy, Titus, and 2 Timothy) and entered by Spirit baptism alone. 3番目は、一体性は、ユダヤ人とキリストの体ジェンティーレ宛の書簡が刑務所に服役中のポール(エペソ人は、コロサイ人への手紙、ピリピ人への手紙は、 1ティモシー、タイタス、および2ティモシー)と入力しただけで精神洗礼。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bullinger based some of his arguments upon dichotomies of words that did not refer to incompatible realities.ブリンガーをベースにいくつかの引数dichotomies彼の言葉を現実にしていないと互換性を参照してください。 For example, the ordinances of baptism and the Lord's Supper had to do with the flesh only and so had no place in the body of Christ alleged to be of the Spirit only.たとえば、この条例の洗礼と主の夕食は肉のみとしている場所ではなかったので、キリストの体には、疑惑の精神のみです。 Bullinger failed to understand that just as the inner and outer man can be one man, so the inner Spirit baptism and outer water baptism can constitute one baptism.ブリンガーに失敗したことを理解するのと同じように1つの内側と外側の男男できるので、水の内側と外側の精神洗礼洗礼洗礼を構成する1つです。 The church, as many recent studies have indicated, is made up of tangible people in bodies meeting together in visible gatherings for the purposes of ministering to the whole person, both spirit and body.教会では、できるだけ多くの最近の研究が示して、人々は、目に見える可視の集まりで一緒に会議室で遺体を目的として全体のministering人は、精神と身体の両方です。 Christ's reference to baptism in the Great Commission need not exclude it from application to today's church.キリストの洗礼は、偉大な委員会の参考にする必要はないから除外することを今日の教会のアプリケーションです。

Spokesmen for the Acts 13 dispensationalism are J C O'Hair, C R Stam, and Charles F Baker, author of a major textbook, A Dispensational Theology.スポークスマンは、 13行為jco'hair天啓的史観には、 crスタム、 fチャールズベイカーとは、主要な教科書の著者は、神学dispensational 。 Baker's name is associated with the Grand Rapids Grace Bible College, which prepares people for ministry in Grace Gospel Fellowship and the Worldwide Grace Testimony.ベイカーの名前が聖書に関連付けられてグランドラピッズグレースカレッジは、人々のために準備する猶予ゴスペルフェローシップ省は、全世界の恵みと証言した。

Answering the Acts 28 dispensationalism. 28天啓的史観の行為に答えることだ。 Baker notes that Paul's statement (Acts 28:28) does not mark the beginning of the body of Christ but should be understood in the past tense, the gospel had been sent to the Gentiles (R S V , N I V , and others).ベーカー注意してポールの声明(行為28:28 )の最初のマークがないキリストの体を理解しなければならないが、過去時制では、送信された福音いたgentiles (記されてあります節に記され、その他) 。 Baker also argues effectively for the unity of all the Pauline epistles in their teaching about the church.ベイカーにも効果的に主張するために団結して、すべてのパウロの書簡については、教会の教えです。 In Paul's letters he finds support for the practice of the Lord's Supper (1 Cor. 11) but not water baptism.パウロの手紙には、自分の練習をサポートして、主の晩餐( 1うわっ。 11 )水の洗礼はない。 Paul's transitional use of water baptism for Jews (he assumes) is not regarded as normative for Gentiles (1 Cor. 1:13 - 17).暫定ポールの洗礼の水を使用するためのユダヤ人(彼と仮定)ではないと見なされるための規範gentiles ( 1うわっ。 1時13 -1 7) 。 Baker interprets baptism in Rom.ベーカーROMの解釈で洗礼。 6:3 - 4 as mere Spirit baptism, but as has been noted, it may best be understood as both inner Spirit baptism and outer water baptism. 6時03分-4単なる精神洗礼としてではなく、記載されて、それが最善の精神として理解されるべきでバプテスマと外側の両方の水の洗礼インナーです。

In defense of Acts 2 dispensationalism Charles C Ryrie argues that the question is when God initially formed the church, not when it was first understood.防衛の行為で2天啓的史観チャールズcライリー主張して、質問には、結成当初は、教会の神のときは、最初のときには理解していない。 Baker replies that God plainly stated what he was doing earlier, bringing in the consummation of all prophecy and offering the kingdom to Israel (Acts 2:16; 3:24).端的に記載して返信神ベイカーさんはそうしたこれに先立って、全ての終焉をもたらすと予言して提供し、イスラエル王国(行為2時16分、 3時24分) 。 As late as Acts 11:16, he writes, the apostles preached only to Jews.行為11:16遅ければ、彼の書き込みは、ユダヤ人の使徒を説教のみです。 However, Baker failed to quote Acts 3:25, which explains that through the Jews all people on earth will be blessed.しかし、ベーカー3時25分に失敗した行為を引用し、ユダヤ人を介して説明して地球上のすべての人々に祝福される。 Is the message in the early chapters of Acts to the Jews exclusively, or to the Jews first, in order that Samaritans and Gentiles also may be added to the church?章の初めには、メッセージの行為を排他的には、ユダヤ人、あるいはユダヤ人を第一に、そのためにgentilesサマリア人と教会にも追加される可能性は? Baker's attempt to divorce the Pentecostal reception of power from the Spirit's baptism cannot stand in the light of the total development in Acts.離婚しようとベイカーの受信電力から、ペンテコステ派の洗礼の精神に照らして立つことができないの開発行為の合計です。 The church began when believers in the crucified and risen Christ were baptized by the Spirit into one body (Acts 2:38, 41, 44, 47; cf. 1 Cor. 12:13) to which the Spirit added Samaritans (Acts 8:17) and Gentiles (Acts 10:28, 34 - 35, 45 - 48; 11:18).教会の信者が始まったときには、キリストが十字架につけられ、バプテスマを受け、上昇したの精神を1つのボディ(行為2時38分、 41 、 44 、 47 ; cf 。 1うわっ。 12:13 )を追加しましたサマリア人の精神(行為8 : 17 )とgentiles (行為10:28 、 34 -3 5、 4 5- 48 ;1 1 :18)。

Baker's chief reason for objecting to Acts 2 dispensationalism is that what happened prior to Paul had been prophesied by the prophets, but nothing about the body of Christ was revealed before Paul.ベイカーのチーフ2天啓的史観行為に反対する理由は何が起こったの前にしていたポール預言予言されるが、キリストの体については、何も前にポールが明らかにした。 Such all or nothing reasoning is imposed upon Scripture, not drawn from it.のるかそるかは、このような推論課せられた啓典ではなく、描かれたからだ。 The fact that Paul most fully understood, explained, and received the mystery of uniting Jew and Gentile in one body need not imply that Peter, Cornelius, and the Jerusalem church had grasped nothing of this truth (Acts 10:30 - 38; 11:1 - 18).ほとんどのポールという事実を十分に理解、説明、およびその謎を受けたユダヤ人の団結と1つのボディジェンティーレピーターする必要はないことを意味する、コルネリウスは、何もないとエルサレムの教会は、この真理を把握(行為10:30 -3 8; 1 1: 1 -1 8) 。 Did not Jesus Christ lay the one foundation for the church and prepare the disciples to establish it?しなかったイエスキリスト教会の基礎を築く1つの弟子と準備を確立することですか? Robert L Saucy shows that the church is built upon the entire work of Christ's first coming and is sustained through his present leadership.ロバート信用生意気示しているのは、教会全体のビルドアップの最初の仕事が来るとは、キリストを通して彼の持続的なリーダーシップをプレゼントします。 But he also finds that the actual historical formation of the church occurred in Jerusalem on the day of Pentecost.しかし、彼はまた、歴史的な形成を検出して、実際のエルサレムで発生して、教会の聖霊降臨日です。

G R Lewis grルイス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
E W Bullinger, How to Enjoy the Bible; A H Freundt, Encyclopedia of Christianity, II; L S Chafer, "Bullingerism," BS 104; C F Baker, A Dispensational Theology; C C Ryrie, Dispensationalism Today; J B Graber, Ultradispensationalism; R L Saucy, The Church in God's Program.ニューブリンガーは、どのように聖書を楽しむ; freundtあぁ、キリスト教の百科事典は、 2世;コガネムシのLSは、 " bullingerism 、 " bs 104 ; cfベーカーは、神学dispensational ;受理官庁ライリー、天啓的史観今日; jbグレーバー、 ultradispensationalism ; rl生意気は、教会で、神のプログラムです。


Additional Note注記

Recently, a Minister who visited BELIEVE soundly criticized us for this author's presentation.最近では、健全な批判を信じて私たちを訪れた長官は、この作者のプレゼンテーションです。 The Minister felt that this author was consistently denigrating 'late Acts' Dispensationalism in preference for Acts 2 Dispensationalism.この本の著者は、一貫して感じた大臣denigrating '後半行為'天啓的史観に2天啓的史観行為を好む。 We do not see this bias, but we are now looking for a better overview article for our presentation.このバイアスを参照することはありません、しかし、我々は今より良い概要記事を探して我々のプレゼンテーション。 Unfortunately, it seems that the proponents for each of the possibilities tend to write articles that strongly support their own point while severely attacking the opposing positions.残念ながら、このようにそれぞれの可能性を支持する傾向があるために記事を書いて、自分の点を強く支持している間の対立姿勢を厳しく攻撃しています。 Normally, we would just include several articles, presenting each position, but there do not seem to be 'short' articles available, and having this presentation be a combination of three separate hundred-screen articles doesn't seem appropriate.通常、私たちはいくつかの記事を含めるだけで、それぞれの位置を示すが、そこにないように思える'短い'の記事で利用可能、との組み合わせが、このプレゼンテーションに画面上の3つの別々の100人に適切な記事れていないようです。

The Minister was not done with us (or this author)!私たちはまだ完了して大臣(またはこの作者) ! He was also extremely irate that we did not present or discuss Acts 9 Dispenstionalism.彼は非常に憤ることも存在していないかを話し合う9 dispenstionalism行為です。 Until his comment, we apparently had led sheltered lives, because we had been unaware that we had overlooked yet another alternative.彼のコメントになるまでは、我々が主導どうやら生活保護は、自覚していたので私たちは別の選択肢を見落としていない。 He claims that that position has existed since at least 1950, but we do not know how generally that position is held, or any facts on the matter.彼はその位置には存在したと主張して、少なくとも1950年以来、しかし、我々は分からないが通常の位置はどのように行われた、または任意の事実上の問題です。 We will look into it!我々はそれをのぞく!

And finally, the visitor was incensed that the author of the above article stated that C R Stam supported Acts 13 Dispensationalism, when he knew for a fact that Stam supported Acts 9 Dispensationalism.そして最後には、訪問者は激怒して、作者のは、上記の記事に記載してサポート行為crスタム13天啓的史観は、彼を知っていたときは、事実行為9スタム天啓的史観にサポートします。 Again, we have no way (yet) of confirming these potential shortcomings in this presentation.再び、我々は(まだ)ない方法でこれらの潜在的な欠点は、このプレゼンテーションを確認します。 Until we can accumulate facts, we decided to let visitors to this page know about these claims.事実を蓄積することができるまで、我々を訪問することを決定してこれらの主張については、このページに知っている。


Another Additional Note別の注記

It appears that the mid-Acts Dispensationalism, referred to above as Acts 13 Dispensationalism, has now split into at least four separate groups!それが表示されたら天啓的史観行為をして中旬には、上記のような行為13天啓的史観は、今すぐには、少なくとも4つの別々のグループに分割さ! They seem to be very closely related in concept, all essentially relying on Acts 13, but they see the actual process beginning in: Acts 8, Acts 9, Acts 11, or Acts 13.非常に密接に関連しているように見えますが、コンセプトは、本質的に依存するすべての行為を13日、かれらは、実際のプロセスの始まりを参照してください: 8行為は、行為9は、 11行為、または行為13 。 As witnessed by the passionate note just above from a visitor to BELIEVE, these various groups seem to have intense feelings regarding their specific positions as being correct and the others being wrong!目撃されるのは、ユーザーからの熱烈な注意の上だけを信じて、これらの様々な団体の激しい感情を持つように見える彼らの特定については、他のポジションとして正しいと間違っている! However, with a "larger perspective" we still see value in the article at the beginning of this presentation, as distinguishing the broader categories of early-, mid- and late-Acts Dispensationalisms, as being substantially different.しかし、 "大きな視点"我々はまだその記事を参照してください価値の初めにこのプレゼンテーションは、より広範なカテゴリとして区別するのは早、中旬と下旬- dispensationalisms行為は、実質的に異なる。 Where that article refers to Acts 13 Dispensationalism, we ask readers to realize that the author was apparently referring collectively to the four separate mid-Acts positions and groups.どこにその行為を指します13天啓的史観の記事は、読者を実感していただきますようお願いどうやら、作者は言及を総称して4つの別々のポジションとグループ中旬行為です。

The dialogue between the four mid-Acts groups is ongoing, and the positions seem to still be somewhat fluid.間の対話の4つのグループには、継続的な行為中旬には、いまだにれるようだと、ポジションをやや流動的だ。 BELIEVE tries to never get tangled in ongoing controversies, so that's why we are still willing to lump the four together, even though it seems to upset all four groups!信じるにしようとして継続的な論争に絡まっないので、だからこそ、私たちは、いまだに4つのしこりを喜んで一緒にもかかわらず、それを覆すようにすべての4つのグループに! We suspect that in a few years, the specific positions and credibility of each of the four positions will be better established, and at that time, it will be appropriate for BELIEVE to add presentations of their separate positions.我々の容疑者が、数年後には、それぞれに固有のポジションと信頼性を向上される4つのポジションを確立し、その時点で、それを信じるに追加されるための適切なプレゼンテーションが別々のポジションです。


Also, see:また、参照してください:
Dispensationalism 天啓的史観
Covenant 誓約
Progressive Dispensationalism プログレッシブ天啓的史観

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです